New-FASTSearchSecurityRegexAliaser

正規表現エイリアサーを作成します。

構文

New-FASTSearchSecurityRegexAliaser
   [-InputUserStoreId] <String>
   [-OutputUserStoreIds] <String[]>
   [-Patterns] <System.Collections.Generic.List`1[Microsoft.SharePoint.Search.Extended.Security.Config.RegExAliasPatternMapConfig]>
   [[-Identity] <String>]
   [[-CaseSensitive] <Boolean>]
   [[-UnicodeCaseSensitive] <Boolean>]
   [-ObjectToClone <SecurityRegexAliaser>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットでは、正規表現パターンに基づいて、ユーザー ストア間でユーザーまたはグループをマップする正規表現エイリアサーを作成します。

SharePoint コマンドレットの FAST Search Server 2010 のアクセス許可と最新の情報については、オンライン ドキュメント (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=163227)) を参照してください。

---------------例 1----------------- (FAST Server for SharePoint 2010)

New-FASTSearchSecurityRegexAliaserPattern -Regex .* -MapToUsername \1 | New-FASTSearchSecurityRegexAliaser -Identity regex1 -InputUserStoreId ln1 -OutputUserStoreIds ln2

この例では、正規表現エイリアサーのパターン オブジェクトを作成し、それを New-FASTSearchSecurityRegexAliaser コマンドレットにパイプ処理して、正規表現エイリアサーを作成します。

---------------例 2----------------- (FAST Server for SharePoint 2010)

New-FASTSearchSecurityRegexAliaserPattern -Regex .* -MapToUsername \1 | New-FASTSearchSecurityRegexAliaser -InputUserStoreId ln1 -OutputUserStoreIds ln2,ln3 -CaseSensitive $False -UnicodeCaseSensitive $False

この例では、正規表現エイリアサーのパターン オブジェクトを作成し、それを New-FASTSearchSecurityRegexAliaser コマンドレットにパイプ処理して、正規表現エイリアサーを作成します。 また、パターンの照合時に大文字と小文字を区別しないようにフラグを設定します。 OutputUserStoreIds パラメーターは、ユーザー/グループを "ln2" と "ln3" の 2 つのユーザー ストアにマップします。 さらに、エイリアサーの ID を生成します。

パラメーター

-CaseSensitive

RegExAliasPatternMapConfig リストで定義された正規表現パターンを大文字小文字を区別する一致ルールに基づいて照合するかどうかを指定します。 既定値は true です。

Type:Boolean
Position:5
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-Identity

エイリアサーの ID。

Type:String
Position:4
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-InputUserStoreId

マップ元のユーザー ストアの ID。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-ObjectToClone

SecurityRegexAliaser オブジェクト。このオブジェクトのプロパティ値を使用して SecurityRegexAliaser エイリアサーを作成します。

Type:SecurityRegexAliaser
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-OutputUserStoreIds

マップ先のユーザー ストアの ID を示す、コンマ区切りのリスト。

Type:String[]
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-Patterns

マッピングに使用する正規表現パターンを含む RegExAliasPatternMapConfig インスタンスのリスト。

Type:System.Collections.Generic.List`1[Microsoft.SharePoint.Search.Extended.Security.Config.RegExAliasPatternMapConfig]
Position:3
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-UnicodeCaseSensitive

RegExAliasPatternMapConfig リストで定義された正規表現パターンを大文字小文字を区別する Unicode 一致ルールに基づいて照合するかどうかを指定します。

Type:Boolean
Position:6
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010