Reset-SPSites

コンテンツ データベースを、ファームの構成データベースと同期します。

構文

Reset-SPSites
     [-Identity] <SPContentDatabasePipeBind>
     [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
     [-Confirm]
     [-WhatIf]
     [<CommonParameters>]

説明

Reset-SPSites コマンドレットは、コンテンツ デーベースに実際に存在するサイト コレクションに関して、コンテンツ データベースと、ファームの構成データベースを同期します。

また、コンテンツ データベース内のすべてのサイト コレクションが構成データベースに登録されていることを確認し、サイト コレクションがコンテンツ データベースに存在しない場合には構成データベース内のそのサイト コレクションへの参照を削除します。

SharePoint 製品のWindows PowerShellに関するアクセス許可と最新の情報については、SharePoint Server 2016 のWindows PowerShellのオンライン ドキュメントSharePoint Server 2019参照 (https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=671715).

----------------------EXAMPLE-----------------------

$contentdb = Get-SPContentDatabase ContentDbName
Reset-SPSites -Identity $contentDb

ContentDbName という名前のコンテンツ データベース内のサイトを構成データベースと同期します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

特定のコンテンツ データベースを指定します。 コンテンツ データベースの ID や 名前か、コンテンツ データベースの適切なインスタンス名のいずれかを指定できます。

Type:SPContentDatabasePipeBind
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

コマンドレットが実行されるとどうなるかを示します。 コマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

入力

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPContentDatabasePipeBind

Microsoft.SharePoint.PowerShell.SPAssignmentCollection

出力

System.Object