Set-SPUsageService

利用状況サービスのプロパティを更新します。

構文

Set-SPUsageService
   [[-Identity] <SPUsageServicePipeBind>]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-Confirm]
   [-LoggingEnabled <Boolean>]
   [-UsageLogCutTime <UInt32>]
   [-UsageLogLocation <String>]
   [-UsageLogMaxFileSizeKB <UInt32>]
   [-UsageLogMaxSpaceGB <UInt32>]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]

説明

コマンドレットは Set-SPUsageService 、使用状況サービスのプロパティを更新します。 Identity パラメーターを指定しない場合は、ローカルの利用状況サービスに変更が適用されます。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、「SharePoint Server コマンドレット」のオンライン ドキュメントをご覧ください。

-------------------- 例 -----------------

Set-SPUsageService -LoggingEnabled $false
Set-SPUsageService -UsageLogLocation "D:\\testusagelogdir"
Set-SPUsageService -UsageLogCutTime 5

この例では、使用状況ログを無効にし、使用状況ファイルが格納されているディレクトリを変更し、5 分ごとに新しい使用状況ログ ファイルを作成します。

パラメーター

-AssignmentCollection

Manages objects for the purpose of proper disposal. Use of objects, such as SPWeb or SPSite, can use large amounts of memory and use of these objects in Windows PowerShell scripts requires proper memory management. Using the SPAssignment object, you can assign objects to a variable and dispose of the objects after they are needed to free up memory. When SPWeb, SPSite, or SPSiteAdministration objects are used, the objects are automatically disposed of if an assignment collection or the Global parameter is not used.

When the Global parameter is used, all objects are contained in the global store. If objects are not immediately used, or disposed of by using the Stop-SPAssignment command, an out-of-memory scenario can occur.

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Confirm

コマンドを実行する前に確認メッセージを表示します。 詳細については、次のコマンドを入力します。get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-Identity

更新する利用状況サービスを指定します。

この型は、次のいずれかの形式でなければなりません。

--12345678-90ab-cdef-1234-567890bcdefgh --使用状況サービスの有効な名前 (UsageService1 など) --有効な SPUsageService オブジェクトのインスタンス。

Type:SPUsageServicePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-LoggingEnabled

利用状況データを利用状況ファイルに記録することを指定します。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UsageLogCutTime

各利用状況ログ ファイルで利用状況データを収集する時間を分単位で指定します。 既定値は 5 分です。

この値は、1 ~ 1440 の範囲の整数であることが必要です。

Type:UInt32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UsageLogLocation

ファーム内の各コンピューター上でログ ファイルを作成するパスを指定します。

この値は、次の形式の有効なローカル パスであることが必要です。

  • C:\folder_name
Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UsageLogMaxFileSizeKB

すべての利用状況プロバイダーに適用される 1 つの利用状況ファイルの最大サイズを指定します。

最小値は 512 キロバイト (KB)、最大値は 65536 KB です。

Type:UInt32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-UsageLogMaxSpaceGB

使用ログに許可される最大容量 (ギガバイト単位)。 このパラメーターは、以降の SharePoint Server バージョンに存在しますが、SharePoint Server 2010 にのみ適用されます。

Type:UInt32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition

-WhatIf

Displays a message that describes the effect of the command instead of executing the command. For more information, type the following command: get-help about_commonparameters

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server Subscription Edition