継続的インテグレーション ビルドが中断した後のコード チャーンの最小化

[継続的インテグレーション] トリガーまたは [ビルドのロール] トリガーを使用するようにビルドを構成すると、チェックイン操作を行うたびにビルドが開始されます。 これらの継続的な統合ビルドの 1 つがブレークした場合、追加の関連しない変更をコードベースに加える前に、まずビルドをブレークした問題を修正することがチームにとって重要です。 ビルド ブレークが修正されるまで、ビルドのチェックイン ポリシーをコードベースに対する追加の変更を制限するツールとして使用できます。

ビルド ポリシーを有効にすると、[継続的インテグレーション] トリガーまたは [ビルドのロール] トリガーによってトリガーされるビルド定義で、チーム メンバーが作業フォルダーであるソース管理フォルダーに新しいファイルを追加するのをブロックできます。 このイベントが発生すると、チェックイン操作を実行しようとするチーム メンバーに次のメッセージが表示されます。

ユーザー <ユーザー名> によって開始された、定義 <ビルド定義名> の前回のビルドが失敗しました。

必要なアクセス許可

この手順を完了するには、[プロジェクトレベル情報を編集します] のアクセス許可が [許可] に設定されている必要があります。 詳細については、「Team Foundation Server のアクセス許可」を参照してください。

ビルド ポリシーを有効にするには

  1. チーム エクスプローラーで、次の作業を行います。

    1. 作業するチーム プロジェクトにまだ接続されていない場合は、チーム プロジェクトに接続します

    2. [ホーム] アイコン [ホーム] を選択し、[設定] アイコン [設定] を選択します。

    3. [チーム プロジェクト][設定] ページで、[ソース管理] を選択します。

    [ビルド定義の新規作成] ウィンドウが開きます。

    [ソース管理の設定] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [チェックイン ポリシー] タブで、[追加] をクリックします。

    [チェックイン ポリシーの追加] ダイアログ ボックスが表示されます。

  3. [チェックイン ポリシー] ボックスの一覧の [ビルド] を選択し、[OK] をクリックします。

  4. [ソース管理の設定] ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

参照

概念

ビルド トリガーと理由の指定

その他の技術情報

CI ビルドのセットアップ