Share via


コード表示ブロック

コード表示ブロックは、ページが表示されるときに実行されるインライン コードやインライン式を定義します。 コード表示ブロックのインライン コードとインライン式の使用方法は次のとおりです。 インライン コードは、コードの独立した行やブロックを定義する場合に使用します。 インライン式は、Write メソッドを呼び出すためのショートカットとして使用します。

<% inline code %>
<%=inline expression %>

解説

コード表示ブロックの内部に一連の文字 %> を含めると、コンパイル エラーが発生します。 この一連の文字は、コード表示ブロックを閉じる場合にだけ使用できます。 たとえば、次のコードはエラーになります。

<%@ page language="C#" %>
   <%
      Response.Write(" %>");
   %>
<%@ page language="VB" %>
   <%
      Response.Write("%>)
   %>

このエラーを回避するには、次のコード例に示すように、これら一連の文字を含んだ文字列を作成します。

<%@ page language="C#" %>
   <%
      String s = "%" + ">";
      Response.Write(s);
   %>
<%@ page language="VB" %>
    <%
      Dim s as String 
      s = "%" & ">"
      Response.Write(s)
    %>
メモメモ

Active Server Pages (ASP) とは異なり、ASP.NET では、コード表示ブロック内部 (<% タグと %> タグの間) で関数やサブルーチンを宣言しても無効になります。

使用例

コード表示ブロックを使って、同じ HTML テキストを一連の異なるフォント サイズで表示するコード例を次に示します。

<% for (int i=0; i<10; i++) { %>
     <font size="<%=i %>"> Hello World! </font>
<% } %>
<% Dim I as Integer
   For I=0 to 9 %>
     <font size="<%=i%>"> Hello World! </font>
<% Next %>

参照

概念

ASP.NET Web ページの構文の概要

ASP.NET Web ページのプログラミングの概要