次の方法で共有


対象ユーザー概要

対象ユーザー とは、Microsoft Exchange 配布リスト (DL) または SharePoint グループのメンバシップによって、あるいはポータル管理者が設定したルールによって決定されたユーザーのグループを指します。たとえば、新入社員、経営陣、販売担当者、レドモンドのユーザーなどを対象ユーザーとして設定できます。 Microsoft Office SharePoint Server 2007 では、対象ユーザー ルールはユーザー プロファイル情報、Active Directory ディレクトリ サービス セキュリティ グループまたは Exchange 配布リストのメンバシップ、あるいは組織のレポート構造 (この情報が、Active Directory に保存されている場合) に基づくことができます。

対象ユーザーを使用すると、SharePoint グループまたは配布リストのメンバシップ、組織のレポート構造、ユーザー プロファイルのパブリック プロパティの定義に従って、組織がユーザーのジョブやタスクに基づいてユーザー向けのコンテンツを設定できます。

Microsoft Office SharePoint Portal Server 2003 では、ルールに基づくコンパイル済み対象ユーザーのみサポートします。 Office SharePoint Server 2007 では対象ユーザー、SharePoint グループ、および DL メンバシップに基づいたターゲッティングがサポートされています。また、Office SharePoint Server 2007 ではリスト レベルだけでなくリスト アイテム レベルへのターゲッティングもサポートされています。

注意

Office SharePoint Server 2007 には、特定ユーザーを対象とするすべての Office SharePoint Server 2007 サイトを検索する Web サービスもあります。 詳細については、「[方法] 発行されたリンク Web サービスを使用する」を参照してください。

コンテンツのターゲット

Web パーツのコンテンツは 3 つの方法でターゲッティングできます。第 1 に、さまざまな対象ユーザーのメンバがページ上でさまざまな Web パーツを見ることができるように、Web パーツをターゲッティングできます。第 2 に、対象ユーザー メンバシップを識別する Web パーツを使用して、リスト内のアイテムまたはリンクを 1 つまたは複数の対象ユーザーにターゲッティングして、それらの対象ユーザーのみが Web パーツ内の対象アイテムを表示できるように設定できます。たとえば、人事という既定の領域で、その領域のサイト管理者またはマネージャはニュース Web パーツ内で新規アイテムを追加できます。このアイテムでは、すべての新入社員で構成される対象ユーザーをターゲットに設定し、新入社員向けサイトに案内することができます。第 3 に、ナビゲーション コントロールをさまざまな対象ユーザーにターゲッティングできます。

対象ユーザーとルールの管理

グローバルな対象ユーザーおよび DL は、Office SharePoint Server 2007 をホストする 1 つまたは複数のサーバー ファームで集中管理されます。 展開時に 1 つまたは複数のポータルに適用されますが、個別の領域、サイト、アイテムには適用されません。ルールに基づいて対象ユーザーを管理するには、"対象ユーザー管理"" 権限が必要です。対象ユーザー マネージャは、特定の対象ユーザーのすべてのメンバを表示し、対象ユーザーを定義するルールを管理し、ルールおよび対象ユーザー のメンバが変更されたら対象ユーザーをコンパイルすることができます。

注意

対象ユーザーは Microsoft Exchange 配布リスト (DL) および SharePoint グループのメンバシップに基づいて、コンパイルせずに直接使用することができます。コンパイルが必要なのは、ルールに基づく対象ユーザーだけです。

DL および SharePoint グループは直接使用することができます。ルールに基づく対象ユーザーを効果的に使用するには、まず対象ユーザーおよびその対象ユーザーのメンバであるユーザーを決定するルールを作成する必要があります。次に、ドキュメントやニュース アイテムなどのアイテムを 1 つまたは複数の対象ユーザーにターゲッティングします。最後に、ターゲッティングされたアイテムをターゲッティングされたコンテンツ Web パーツを使用するリストに保存して、アイテムがポータル サイトのユーザーに表示されるようにします。

注意

対象ユーザーは、権限やアクセス許可の割り当てには使用されません。 Office SharePoint Server 2007 ではサイト グループを使用して権限やアクセス許可をポータル内のユーザーに割り当てます。対象ユーザーはセキュリティを強制するためでなく、コンテンツの配布方法を管理するために使用されます。ユーザーに情報を配信しますが、情報へのアクセスを制限したり許可したりはしません。

対象ユーザーはユーザー プロファイル ストアにも収容されますが、ユーザー プロファイルとは別のテーブルに収容されます。対象ユーザーの作成には、ルールの作成および対象ユーザーのコンパイルも伴います。ルールにより、対象ユーザーに含めるまたは対象ユーザーから除外するユーザー アカウントが定義されます。対象ユーザーのルールは、ユーザー プロファイル ストアの別個のテーブルにも格納されます。

対象ユーザーがコンパイルされる際、ルールがユーザー プロファイルの完全リストのフィルタとして使用されます。これは、ユーザー プロファイル データベースにすべてのアカウント情報がインポートされるわけではないためです。対象ユーザーのコンパイル時には、Active Directory も照会されます。ルールに合致するアカウントはコピーされて、対象ユーザーのメンバを収容する別個のテーブルに入れられます。このテーブルはルールを格納するテーブルとは別のテーブルであり、ポータルのすべての対象ユーザーのメンバが含まれます。対象ユーザーのメンバを含むテーブルは更新されず、対象ユーザーが再コンパイルされるまで静的なままになります。

対象ユーザーを使用してリスト アイテムをターゲッティングする

次のコード例では、リスト アイテムの対象を特定のユーザーに設定する方法を示します。

   AudienceLoader audienceLoader = AudienceLoader.GetAudienceLoader();
   foreach (SPListItem listItem in list.Items)
   {
    // get roles the list item is targeted to
     string audienceFieldValue = (string)listItem[k_AudienceColumn];

    // quickly check if the user belongs to any of those roles
     if (AudienceManager.IsCurrentUserInAudienceOf(audienceLoader,                           audienceFieldValue, false))
                {
                    // is a member
                }
                else
                {
                    // not a member
                }
            }

See Also

概念

Audience オブジェクト モデルの概要

その他のリソース

対象ユーザーを使用してコンテンツを設定する