次の方法で共有


リスト アイテムの対象ユーザーを設定する

最終更新日: 2009年11月25日

適用対象: SharePoint Server 2010

対象ユーザーのメンバシップを認識する Web パーツを使用することにより、リスト内のアイテムまたはリンクの対象を 1 人または複数の対象ユーザーに設定し、これらの対象ユーザーのメンバだけが Web パーツ内の対象アイテムを表示できるようにすることができます。たとえば、人事部と呼ばれる既定の領域で、その領域のサイト管理者またはマネジャーがニュース Web パーツ内にニュース項目を追加することを選択できます。このアイテムでは、すべての新入社員で構成される対象ユーザーをターゲットに設定し、新入社員向けサイトに案内することができます。

次の例では、リスト アイテムの対象ユーザーを設定する方法を示します。

   AudienceLoader audienceLoader = AudienceLoader.GetAudienceLoader();
   foreach (SPListItem listItem in list.Items)
   {
      // get roles the list item is targeted to
     string audienceFieldValue = (string)listItem[k_AudienceColumn];

      // quickly check if the user belongs to any of those roles
     if (AudienceManager.IsCurrentUserInAudienceOf(audienceLoader,
        audienceFieldValue,
        false))
                {
                    // is a member
                }
                else
                {
                    // not a member
                }
            }

関連項目

概念

[方法] Web パーツの対象ユーザーを設定する

その他の技術情報

Audience オブジェクト モデルの概要

対象ユーザーを使用してコンテンツを設定する