次の方法で共有


Microsoft Dynamics 365 ポータル、レガシ Adxstudio ポータル、オープン ソース ポータルのサポート

この記事では、Microsoft Dynamics 365 ポータル、レガシ Adxstudio ポータル、オープン ソース ポータルのサポート可能性について説明します。

適用対象: Microsoft Dynamics CRM 2011、Microsoft Dynamics CRM 2013、Microsoft Dynamics CRM 2015、Microsoft Dynamics CRM 2016
元の KB 番号: 3165165

概要

2015 年 9 月 28 日、Microsoft は Adxstudio Portals の開発者である Adxstudio Inc.の買収を発表しました。 この買収後、Microsoft はポータル アプリケーションの開発を続け、バージョン 8.x をDynamics 365のオプションのポータル アドオンとしてリリースしました。

ポータル アプリケーションのすべてのバージョンのサポート

バージョン 8.x の可用性により、ポータル アプリケーションの以前のリリースのサポート可能性が変更されました。 ポータル アプリケーションのすべてのバージョンのサポートを以下に定義します。

  • バージョン 8.x 以降 (CRM 2016 Update 1 以降) を実行しているすべての SaaS (Microsoft ホスト型) ポータル アドオン展開は、organizationの既存のDynamics 365サポート 契約を通じて Microsoft によってサポートされています。

    お客様は、通常のDynamics 365サポート ケースを開くのと同じ方法で、バージョン 8.x ポータル アドオン展開のサポート ケースを開くことができます。

  • すべてのレガシ Adxstudio ポータルの展開は、関連付けられているバージョンに応じて、2018 年 8 月 1 日まで Dynamics CRM 2015、Dynamics CRM 2016、およびDynamics 365で引き続きサポートされます。

    • 8.1.0 までのDynamics 365バージョンの場合、Adxstudio Portals バージョン 7.0.0018 以降が必要です。
    • バージョン 8.1.1 から 9.0.0 までのDynamics 365の場合、Adxstudio Portals バージョン 7.0.0024 以降が必要です。
    • バージョン 9.0.0 以降Dynamics 365場合は、Adxstudio Portals バージョン 7.0.0026 以降が必要です。

    各バージョンで行われた機能強化については、Adxstudio リリース ノート を参照してください。 この要件を満たす従来の Adxstudio ポータル展開のサポート ケースは、2018 年 8 月 1 日まで、Microsoft Premier チャネル、MPN パートナー チャネル、またはインシデントごとの支払いプロセスを介して https://support.microsoft.com 開くことができます。 レガシ Adxstudio Portals v7 の今後の変更に関するページで定義されているように、その日付以降は、レガシ製品のサポートは提供されません。

  • バージョン 7.0.0017 以降のすべてのレガシ Adxstudio ポータルの展開は、Dynamics CRM または Dynamics 365のバージョンではサポートされていません。

    サポートされている状態にするには、バージョン 7.0.0017 以降で Adxstudio Portals を展開している組織がバージョン 7.0.0018 以降にアップグレードし、関連付けられているorganizationが Dynamics CRM 2015 以降 (Dynamics 365 を含む) を実行していることを確認する必要があります。 バージョン 7.x にアップグレードする手順については、 従来の Adxstudio Community Web サイトを参照してください

  • バージョン 7.x 以下のポータルが既に含まれているDynamics 365 organizationに SaaS (Microsoft ホスト) ポータルをデプロイすることはサポートされておらず、機能が失われる可能性があるため、後ですべてのポータル ソリューション (したがってすべてのポータル データ) を完全に削除する必要があるため、非常に推奨されません。

    同様に、SaaS (Microsoft ホスト) ポータルが既に含まれているDynamics 365 organizationにバージョン 7.x 以下のポータルをデプロイすることもサポートされていません。これは、セルフホステッド オープンソース ポータルを、SaaS (Microsoft ホスト型) ポータルが既に含まれているorganizationにデプロイする場合と同様です。

  • Adxstudio インストーラー インターフェイスを介して使用できない従来の Adxstudio 製品とソリューションはすべてサポートされていません。

    これには、スタンドアロンの Adxstudio Productivity Pack、ALM Toolkit、Web サイト コピー ツールが含まれています。 さらに、Adxstudio Portals バージョン 7.0.0018 (2015 年 7 月 8 日) のリリース以降、ポータル Web サイトで使用した Adxstudio インストーラーで使用できるソリューションのみがサポートされています。

現在デプロイされているポータルのバージョンを確認するには、「Microsoft Dynamics 365 ポータルのバージョンを確認する方法」を参照してください。