次の方法で共有


showHelp

showHelp showHelp *
*前のトピック: setTimeout
*次のトピック: showModalDialog

showHelp

解説

ヘルプファイルを表示する。このメソッドはWinHelpまたはHTMLHelpのどちらも利用できる。

構文

object**.showHelp(URL [,** arguments])

パラメータ 解説
URL 表示するドキュメントのURL。
contextID オプション。ヘルプファイルの中のヘルプコンテキストIDの識別子。.hlpファイルを表示するために必要。

戻り値

戻り値なし。

注意事項

このメソッドを実装するとき、ユーザーがF1キーまたはメニューバーのヘルプをクリックした場合には、2番目のヘルプダイアログボックスが開いてしまう。これを防ぐためには、window.event.returnValue=falseを実行しなければならない。

contextIDパラメータは、Windowsヘルプファイルを呼ぶ場合に必要である。contextIDが適切に指定されていないと、URLでWindowsヘルプファイルを指定してもヘルプはロードされない。

適用

window

Up トップに戻る
© 1997 Microsoft Corporation. All rights reserved. Terms of Use.