移行をテストする

移行計画は、組織全体に展開する前に、必ず実験用の制御された設定でテストしてください。テスト環境では、データの移行元のオペレーティング システムの種類ごとに、少なくとも 1 台のコンピューターが必要です。たとえば、Windows(R) XP または Windows Vista(R) を実行しているコンピューターからデータを移行する場合、各オペレーティング システムを実行している、少なくとも 1 台のコンピューターでテストする必要があります。

移行元の各オペレーティング システムを実行している 1 台のコンピューターで移行プロセス全体を十分にテストしたら、次に少人数のユーザーのグループで、試験的な移行を実施します。いくつかの典型的なユーザー状態を中間ストアに移行した後で、必要になった領域を記録し、それに応じて当初の計算を調整します。移行に必要な領域の見積もりに関して詳しくは、「移行ストアのサイズの見積もり」をご覧ください。移行規則ファイルのレジストリ設定とファイルの場所の情報も、調整が必要になることがあります。変更した場合は、移行をもう一度テストします。次に、すべてのデータと設定が予想どおりに移行されたことを確かめます。試験的な移行を行うと、中間ストアの領域の見積もりもテストできます。

テスト移行でエラーが起きた場合は、ScanState と LoadState ログを調べて、正確な ユーザー状態移行ツール (USMT) 5.0 リターン コードと、関連するエラー メッセージまたは Windows アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) エラー メッセージを確認します。USMT リターン コードとエラー メッセージについて詳しくは、「リターン コード」をご覧ください。Windows API エラー メッセージの詳しい情報を得るには、コマンド ラインで「net helpmsg」とエラー メッセージ番号を入力するという方法もあります。

ほとんどの場合、ScanState ログと LoadState ログを見れば、USMT での移行の失敗の理由がわかります。移行をテストするときには、/v*:5* オプションを使うことをお勧めします。この詳細レベルは、実際の移行を行うときには調整できます。詳細レベルを下げると、実際の移行の際に起きたエラーの診断が難しくなる場合があります。ログ ファイルをデバッガーに出力する場合は、もっと高い詳細レベルを使うことができます。

注意

ScanState と LoadState ツールを /v:5 オプションで実行すると、詳しいログ ファイルが作成されます。このオプションを使うとログ ファイルのサイズが大きくなりますが、移行のエラーが起きた場所を判断するために役立ちます。

試験的な移行によって、指定したファイルと設定が正しく移行されたことが確認できたら、Microsoft(R) System Center Configuration Manager (SCCM) または Microsoft 以外の管理テクノロジを実行しているサーバーに USMT を追加できます。詳しくは、Configuration Manager に関するページをご覧ください。

注意

テスト用に、/hardlink /nocompress オプションを使って、非圧縮のストアを作ることができます。圧縮が無効になっている場合、ScanState ツールはファイルと設定を StorePath\USMT の "File" という隠しフォルダーに保存します。非圧縮のストアを使うと、USMT によって何が保存されたかを確認したり、問題のトラブルシューティングを行ったりできます。また、ファイルに対してウイルス対策ユーティリティを実行することもできます。さらに、/listfiles コマンド ライン オプションと診断ログを使って、収集されたファイルの一覧を作ったり、移行の問題のトラブルシューティングを行ったりできます。

関連項目

他のリソース

移行の計画
ログ ファイル