次の方法で共有


with ステートメント

ステートメントで使用する既定のオブジェクトを設定します。

with (object)
   statements 

引数

  • object
    新しい既定のオブジェクトを指定します。
  • statements
    object を既定のオブジェクトとして使用する 1 つ以上のステートメントを指定します。

解説

一般に、with ステートメントは特定の場面で、記述するコードの量を少なくするために使用します。たとえば、次のコードは Math を繰り返し使用する例です。

x = Math.cos(3 * Math.PI) + Math.sin(Math.LN10) 
y = Math.tan(14 * Math.E)

with ステートメントを使用すると、次のように簡単で読みやすいコードになります。

with (Math){
   x = cos(3 * PI) + sin (LN10)  
   y = tan(14 * E)
}

必要条件

バージョン 1

参照

this ステートメント