Share via


Windows Server への役割と機能の移行

 

対象: Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2

移行ドキュメントと移行ツールにより、サーバーの役割、機能、オペレーティング システムの設定、およびデータを、Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2012 R2 を実行している既存のサーバーから、Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターに移行するプロセスが容易になります。Windows Server 移行ツールの移行を行う際にこのページからアクセスできる移行ガイド (必要に応じて 役割、役割サービス、機能) を使用すると、新しいサーバー (Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2012 の Server Core インストール オプションを実行しているサーバー、仮想サーバーなど) の展開が容易になり、移行に伴うダウンタイムを短縮でき、より正確に移行プロセスを実施できます。さらに、移行プロセス中に発生する可能性がある競合の解消にも役立ちます。

このセクションで取り上げる移行ドキュメントや移行ツールのほとんどが、クロスアーキテクチャ移行 (x86 ベースから x64 ベースのコンピューティング プラットフォームへの移行)、物理環境と仮想環境間の移行、Windows Server オペレーティング システムのフル インストールと Server Core インストール間での移行 (使用できる場合) をサポートしています。

Windows Server 2012 およびそれ以降のリリースの Windows Server では、Windows Server 移行ツール がサブネット間の移行をサポートしています。

移行ガイド

役割を Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 に移行するための使用可能なリソースを次に示します。

Windows Server の役割、役割サービス、および機能

Windows Server の移行ガイドでは、1 つの役割、役割サービス、または機能を、Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 を実行しているサーバーに移行する方法について説明します。 移行元サーバーで複数の役割が実行されている場合の移行方法については取り上げていません。 サーバーで複数の役割が実行されている場合は、他の移行ガイドで説明されている情報に基づいて、サーバー環境に合わせたカスタムの移行手順を設計することが推奨されます。

Windows Server 移行ツール

Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2012 の機能として使用できる Windows Server 移行ツールを使用すると、管理者がサーバーの役割、機能、オペレーティング システムの設定、共有、およびその他のデータを、特定のエディションの Windows Server 2003、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターから、Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 を実行しているコンピューターに移行できます。

すべての移行で Windows Server 移行ツールが必要なわけではありません。Windows Server 移行ツールが必要な移行のガイドには、Windows Server 移行ツール セットアップが移行プロセスの一部であることが明示され、Windows Server 移行ツールを使用する具体的な方法が記載されています。

Windows Server 移行ツールを使用するには、次のガイドの説明に従って、移行元コンピューターと移行先コンピューターの両方に機能をインストールする必要があります。

関連項目

Windows Server への役割と機能の移行