AzureDLFile クラス

ADL キーをファイルとして開きます。 データはオンデマンドでのみ読み込まれ、キャッシュされます。

継承
builtins.object
AzureDLFile

コンストラクター

AzureDLFile(azure, path, mode='rb', blocksize=33554432, delimiter=None)

パラメーター

azure
<xref:<xref:azure connection>>
必須
path
AzureDLPath
必須

ファイルの場所

mode
<xref:<xref:str {'wb'>, <xref:'rb'>, >
既定値: rb
blocksize
int
既定値: 33554432

書き込みバッファーまたは先読みバッファーのサイズ。 書き込み (および追加の場合、 は 4 MB (2**22) に切り捨てられます。

delimiter
bytes または None
既定値: None

と を書き込みモードで指定した場合、各フラッシュは、このバイト文字列で終了するデータを送信し、バッファーにデータを残す可能性があります。


>>> adl = AzureDLFileSystem()  
>>> with adl.open('my-dir/my-file.txt', mode='rb') as f:  
...     f.read(10)  

メソッド

close

ファイルを閉じる

書き込みモードの場合は、書き込まれていないデータがフラッシュされます。

flush

バッファーに格納されたデータを ADL に書き込みます。

区切り記号なし: 現在のバッファーをアップロードします。

区切り記号を使用する: バッファーがブロックサイズより小さくなるまで、区切り記号で終わるブロック サイズ以下のデータ量を書き込みます。 ブロックに区切り記号がない場合は、ブロック全体をアップロードします。

force=True の場合、区切り記号で終わっていない場合でも、バッファー内のすべてのデータがフラッシュされます。ファイルを閉じるときに適切です。

info

このパスに関するファイル情報

next
read

キャッシュからデータを返すか、必要に応じて部分をフェッチします

read1

キャッシュからデータを返すか、必要に応じて部分をフェッチします

readable

読み取り用に AzureDLFile が開かれたかどうかを返します

readinto

バッファー b にデータを読み取ります

readline

ストリームから行を読み取って返します。

length を指定すると、最大サイズバイトが読み取られます。

readlines

ファイル内のすべての行をリストとして返す

seek

現在のファイルの場所を設定する

seekable

AzureDLFile がシーク可能かどうかを返します (読み取りモードでのみ)

tell

現在のファイルの場所

writable

AzureDLFile が書き込み用に開かれたかどうかを返します

write

バッファーにデータを書き込みます。

バッファーは flush() で ADL に送信されるか、バッファーがブロックサイズより大きい場合にのみ送信されます。

close

ファイルを閉じる

書き込みモードの場合は、書き込まれていないデータがフラッシュされます。

close()

flush

バッファーに格納されたデータを ADL に書き込みます。

区切り記号なし: 現在のバッファーをアップロードします。

区切り記号を使用する: バッファーがブロックサイズより小さくなるまで、区切り記号で終わるブロック サイズ以下のデータ量を書き込みます。 ブロックに区切り記号がない場合は、ブロック全体をアップロードします。

force=True の場合、区切り記号で終わっていない場合でも、バッファー内のすべてのデータがフラッシュされます。ファイルを閉じるときに適切です。

flush(syncFlag='METADATA', force=False)

パラメーター

syncFlag
既定値: METADATA
force
既定値: False

info

このパスに関するファイル情報

info()

next

next()

read

キャッシュからデータを返すか、必要に応じて部分をフェッチします

read(length=- 1)

パラメーター

length
int(<xref:-1>)
既定値: -1

読み取るバイト数。0 の場合 <、残りのすべてのバイト。

read1

キャッシュからデータを返すか、必要に応じて部分をフェッチします

read1(length=- 1)

パラメーター

length
int(<xref:-1>)
既定値: -1

読み取るバイト数。0 の場合 <、残りのすべてのバイト。

readable

読み取り用に AzureDLFile が開かれたかどうかを返します

readable()

readinto

バッファー b にデータを読み取ります

readinto(b)

パラメーター

b
bytearray
必須

バイトの読み取り先のバッファー

の戻り値の型 :

<xref:<xref:Returns number of bytes read.>>

readline

ストリームから行を読み取って返します。

length を指定すると、最大サイズバイトが読み取られます。

readline(length=- 1)

パラメーター

length
既定値: -1

readlines

ファイル内のすべての行をリストとして返す

readlines()

seek

現在のファイルの場所を設定する

seek(loc, whence=0)

パラメーター

loc
int
必須

バイト位置

whence
<xref:{0>, <xref:1>, <xref:2}>
既定値: 0

ファイルの先頭、現在の場所、またはファイルの末尾から、resp。

seekable

AzureDLFile がシーク可能かどうかを返します (読み取りモードでのみ)

seekable()

tell

現在のファイルの場所

tell()

writable

AzureDLFile が書き込み用に開かれたかどうかを返します

writable()

write

バッファーにデータを書き込みます。

バッファーは flush() で ADL に送信されるか、バッファーがブロックサイズより大きい場合にのみ送信されます。

write(data)

パラメーター

data
bytes
必須

書き込まれるバイトのセット。