次の方法で共有


Infrastructure Resources - Create Or Update

InfrastructureResource を作成する

PUT https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.IntegrationSpaces/spaces/{spaceName}/infrastructureResources/{infrastructureResourceName}?api-version=2023-11-14-preview

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
infrastructureResourceName
path True

string

空間内のインフラストラクチャ リソースの名前。

正規表現パターン: [a-zA-Z0-9_.()-]{0,79}$

resourceGroupName
path True

string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

spaceName
path True

string

スペースの名前

正規表現パターン: [a-zA-Z0-9_.()-]{0,79}$

subscriptionId
path True

string

ターゲット サブスクリプションの ID。

api-version
query True

string

この操作に使用する API バージョン。

要求本文

名前 必須 説明
properties.resourceId True

string

インフラストラクチャ リソースの ID。

properties.resourceType True

string

インフラストラクチャ リソースの種類。

応答

名前 説明
200 OK

InfrastructureResource

リソース 'InfrastructureResource' の更新操作が成功しました

201 Created

InfrastructureResource

リソース 'InfrastructureResource' の作成操作が成功しました

Other Status Codes

ErrorResponse

予期しないエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー。

型: oauth2
フロー: implicit
Authorization URL (承認 URL): https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

スコープ

名前 説明
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

CreateOrUpdateInfrastructureResource

要求のサンプル

PUT https://management.azure.com/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.IntegrationSpaces/spaces/Space1/infrastructureResources/InfrastructureResource1?api-version=2023-11-14-preview

{
  "properties": {
    "resourceType": "Microsoft.ApiManagement/service",
    "resourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.ApiManagement/service/APIM1"
  }
}

応答のサンプル

{
  "id": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.IntegrationSpaces/spaces/Space1/infrastructureResources/InfrastructureResource1",
  "name": "InfrastructureResource1",
  "type": "Microsoft.IntegrationSpaces/spaces/infrastructureresources",
  "properties": {
    "provisioningState": "Succeeded",
    "resourceType": "Microsoft.ApiManagement/service",
    "resourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.ApiManagement/service/APIM1"
  }
}
{
  "id": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.IntegrationSpaces/spaces/Space1/infrastructureResources/InfrastructureResource1",
  "name": "InfrastructureResource1",
  "type": "Microsoft.IntegrationSpaces/spaces/infrastructureresources",
  "properties": {
    "provisioningState": "Succeeded",
    "resourceType": "Microsoft.ApiManagement/service",
    "resourceId": "/subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/testrg/providers/Microsoft.ApiManagement/service/APIM1"
  }
}

定義

名前 説明
createdByType

リソースを作成した ID の種類。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

InfrastructureResource

[スペース] の下のインフラストラクチャ リソース。

object

モデルを表す

ProvisioningState

現在の操作のステータス。

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

名前 説明
Application

string

Key

string

ManagedIdentity

string

User

string

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorDetail[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
error

ErrorDetail

error オブジェクト。

InfrastructureResource

[スペース] の下のインフラストラクチャ リソース。

名前 説明
id

string

リソースの完全修飾リソース ID。 例 - /subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/{resourceProviderNamespace}/{resourceType}/{resourceName}

name

string

リソースの名前

properties.provisioningState

ProvisioningState

最後の操作の状態。

properties.resourceId

string

インフラストラクチャ リソースの ID。

properties.resourceType

string

インフラストラクチャ リソースの種類。

systemData

systemData

createdBy および modifiedBy 情報を含む Azure Resource Manager メタデータ。

type

string

リソースの型。 例: "Microsoft.Compute/virtualMachines" または "Microsoft.Storage/storageAccounts"

object

モデルを表す

ProvisioningState

現在の操作のステータス。

名前 説明
Accepted

string

Canceled

string

リソースの作成が取り消されました。

Deleting

string

Failed

string

リソースの作成に失敗しました。

Provisioning

string

Succeeded

string

リソースが作成されました。

Updating

string

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

名前 説明
createdAt

string

リソース作成のタイムスタンプ (UTC)。

createdBy

string

リソースを作成した ID。

createdByType

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

lastModifiedAt

string

リソースの最終変更のタイムスタンプ (UTC)

lastModifiedBy

string

リソースを最後に変更した ID。

lastModifiedByType

createdByType

リソースを最後に変更した ID の種類。