次の方法で共有


Validate Probe - Validate Probe

プローブ パスが有効なパスであり、ファイルにアクセスできるかどうかを確認します。 プローブ パスは、CDN エンドポイントを介した動的コンテンツの配信を高速化するために、配信元サーバーでホストされているファイルへのパスです。 このパスは、エンドポイント構成で指定された配信元パスに対する相対パスです。

POST https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/providers/Microsoft.Cdn/validateProbe?api-version=2024-02-01

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
subscriptionId
path True

string

Azure サブスクリプション ID。

api-version
query True

string

クライアント要求で使用される API のバージョン。 現在のバージョンは 2024-02-01 です。

要求本文

名前 必須 説明
probeURL True

string

検証するプローブ URL。

応答

名前 説明
200 OK

ValidateProbeOutput

OK です。 要求は成功しました。

Other Status Codes

ErrorResponse

操作が失敗した理由を説明する CDN エラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー。

型: oauth2
フロー: implicit
Authorization URL (承認 URL): https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

スコープ

名前 説明
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

ValidateProbe

要求のサンプル

POST https://management.azure.com/subscriptions/subid/providers/Microsoft.Cdn/validateProbe?api-version=2024-02-01

{
  "probeURL": "https://www.bing.com/image"
}

応答のサンプル

{
  "isValid": true,
  "errorCode": "None",
  "message": null
}

定義

名前 説明
ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

ValidateProbeInput

プローブ検証 API の入力。

ValidateProbeOutput

プローブ検証 API の出力。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorDetail[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
error

ErrorDetail

error オブジェクト。

ValidateProbeInput

プローブ検証 API の入力。

名前 説明
probeURL

string

検証するプローブ URL。

ValidateProbeOutput

プローブ検証 API の出力。

名前 説明
errorCode

string

プローブ URL が受け入れられない場合のエラー コードを指定します。

isValid

boolean

プローブ URL が受け入れられるかどうかを示します。

message

string

プローブ URL が受け入れられない理由を説明する詳細なエラー メッセージ。