Database Accounts - List By Resource Group

特定のリソース グループで使用可能なすべての Azure Cosmos DB データベース アカウントを一覧表示します。

GET https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.DocumentDB/databaseAccounts?api-version=2021-11-15-preview

URI パラメーター

Name In Required Type Description
resourceGroupName
path True
  • string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

subscriptionId
path True
  • string

ターゲット サブスクリプションの ID。

api-version
query True
  • string

この操作に使用する API バージョン。

応答

Name Type Description
200 OK

操作は正常に完了しました。

セキュリティ

azure_auth

OAuth2 FlowをAzure Active Directoryする

Type: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

Name Description
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

CosmosDBDatabaseAccountListByResourceGroup

Sample Request

GET https://management.azure.com/subscriptions/subid/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.DocumentDB/databaseAccounts?api-version=2021-11-15-preview

Sample Response

{
  "value": [
    {
      "id": "/subscriptions/subid/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.DocumentDB/databaseAccounts/ddb1",
      "name": "ddb1",
      "location": "West US",
      "type": "Microsoft.DocumentDB/databaseAccounts",
      "kind": "GlobalDocumentDB",
      "tags": {},
      "properties": {
        "provisioningState": "Succeeded",
        "documentEndpoint": "https://ddb1.documents.azure.com:443/",
        "ipRules": [],
        "databaseAccountOfferType": "Standard",
        "disableKeyBasedMetadataWriteAccess": false,
        "consistencyPolicy": {
          "defaultConsistencyLevel": "Session",
          "maxIntervalInSeconds": 5,
          "maxStalenessPrefix": 100
        },
        "writeLocations": [
          {
            "id": "ddb1-eastus",
            "locationName": "East US",
            "documentEndpoint": "https://ddb1-eastus.documents.azure.com:443/",
            "provisioningState": "Succeeded",
            "failoverPriority": 0
          }
        ],
        "readLocations": [
          {
            "id": "ddb1-eastus",
            "locationName": "East US",
            "documentEndpoint": "https://ddb1-eastus.documents.azure.com:443/",
            "provisioningState": "Succeeded",
            "failoverPriority": 0
          }
        ],
        "locations": [
          {
            "id": "ddb1-eastus",
            "locationName": "East US",
            "documentEndpoint": "https://ddb1-eastus.documents.azure.com:443/",
            "provisioningState": "Succeeded",
            "failoverPriority": 0
          }
        ],
        "failoverPolicies": [
          {
            "id": "ddb1-eastus",
            "locationName": "East US",
            "failoverPriority": 0
          }
        ],
        "cors": [],
        "enableFreeTier": false,
        "instanceId": "d9b26648-2f53-4541-b3d8-3044f4f9810d",
        "createMode": "Default",
        "defaultIdentity": "FirstPartyIdentity",
        "backupPolicy": {
          "type": "Periodic",
          "periodicModeProperties": {
            "backupIntervalInMinutes": 240,
            "backupRetentionIntervalInHours": 720,
            "backupStorageRedundancy": "Geo"
          }
        },
        "networkAclBypass": "None",
        "networkAclBypassResourceIds": []
      },
      "systemData": {
        "createdAt": "2021-03-12T22:05:09Z"
      },
      "identity": {
        "type": "SystemAssigned,UserAssigned",
        "principalId": "52f4fef3-3c3f-4ff3-b52e-b5c9eeb68656",
        "tenantId": "33e01921-4d64-4f8c-a055-5bdaffd5e33d",
        "userAssignedIdentities": {
          "/subscriptions/fa5fc227-a624-475e-b696-cdd604c735bc/resourceGroups/eu2cgroup/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/id1": {
            "clientId": "fbe75b66-01c5-4f87-a220-233af3270436",
            "principalId": "33e01921-4d64-4f8c-a055-5bdaffd5e33d"
          }
        }
      }
    }
  ]
}

定義

AnalyticalStorageConfiguration

分析ストレージ固有のプロパティ。

AnalyticalStorageSchemaType

分析ストレージのスキーマの種類について説明します。

ApiProperties
BackupPolicyMigrationState

バックアップ ポリシー間の移行の状態を表すオブジェクト。

BackupPolicyMigrationStatus

バックアップ ポリシーの種類間の移行の状態について説明します。

BackupPolicyType

バックアップのモードについて説明します。

BackupStorageRedundancy

バックアップ ストレージの冗長性の種類を示す列挙型。

Capability

DB 機能オブジェクトのCosmos

Capacity

アカウントの容量の適用に関連するすべてのプロパティを表すオブジェクト。

ConnectorOffer

Cosmos DB C* データベース アカウントの cassandra コネクタ オファーの種類。

ConsistencyPolicy

Cosmos DB データベース アカウントの整合性ポリシー。

ContinuousModeBackupPolicy

連続モードのバックアップ ポリシーを表すオブジェクト。

CorsPolicy

Cosmos DB データベース アカウントの CORS ポリシー。

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

CreateMode

アカウント作成モードを示す列挙型。

DatabaseAccountGetResults

Azure Cosmos DB データベース アカウント。

DatabaseAccountKind

データベース アカウントの種類を示します。 これは、データベース アカウントの作成時にのみ設定できます。

DatabaseAccountOfferType

Cosmos DB データベース アカウントのオファーの種類。

DatabaseAccountsListResult

データベース アカウントとそのプロパティを含む List 操作応答。

DatabaseRestoreResource

復元する特定のデータベース。

DefaultConsistencyLevel

Cosmos DB アカウントの既定の整合性レベルと構成設定。

DiagnosticLogSettings

有効にする診断ログ設定を示します。

EnableFullTextQuery

クエリのログ記録に使用する詳細レベルについて説明します。

FailoverPolicy

データベース アカウントの特定のリージョンのフェールオーバー ポリシー。

GremlinDatabaseRestoreResource

復元する特定の Gremlin データベース。

IpAddressOrRange

IpAddressOrRange オブジェクト

Location

Azure Cosmos DB データベース アカウントがデプロイされているリージョン。

ManagedServiceIdentity

リソースの ID。

NetworkAclBypass

ファイアウォール チェックをバイパスできるサービスを示します。

PeriodicModeBackupPolicy

定期的なモードのバックアップ ポリシーを表すオブジェクト。

PeriodicModeProperties

定期モード バックアップの構成値

PrivateEndpointConnection

プライベート エンドポイント接続

PrivateEndpointProperty

接続が属するプライベート エンドポイント。

PrivateLinkServiceConnectionStateProperty

プライベート エンドポイント接続の接続状態。

PublicNetworkAccess

パブリック ネットワークからの要求が許可されるかどうか

ResourceIdentityType

リソースに使用される ID の種類。 型 'SystemAssigned,UserAssigned' には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 型 'None' は、サービスから ID を削除します。

RestoreMode

復元のモードについて説明します。

RestoreParameters

復元に関する情報を示すパラメーター。

ServerVersion

MongoDB アカウントの ServerVersion について説明します。

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

UserAssignedIdentities

リソースに関連付けられているユーザー ID の一覧。 ユーザー ID ディクショナリ キーの参照は、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}' という形式の ARM リソース ID になります。

VirtualNetworkRule

VIRTUAL NETWORK ACL Rule オブジェクト

AnalyticalStorageConfiguration

分析ストレージ固有のプロパティ。

Name Type Description
schemaType

分析ストレージのスキーマの種類について説明します。

AnalyticalStorageSchemaType

分析ストレージのスキーマの種類について説明します。

Name Type Description
FullFidelity
  • string
WellDefined
  • string

ApiProperties

Name Type Description
serverVersion

MongoDB アカウントの ServerVersion について説明します。

BackupPolicyMigrationState

バックアップ ポリシー間の移行の状態を表すオブジェクト。

Name Type Description
startTime
  • string

バックアップ ポリシーの移行が開始された時刻 (ISO-8601 形式)。

status

バックアップ ポリシーの種類間の移行の状態について説明します。

targetType

バックアップ ポリシー移行のターゲット バックアップ ポリシーの種類について説明します。

BackupPolicyMigrationStatus

バックアップ ポリシーの種類間の移行の状態について説明します。

Name Type Description
Completed
  • string
Failed
  • string
InProgress
  • string
Invalid
  • string

BackupPolicyType

バックアップのモードについて説明します。

Name Type Description
Continuous
  • string
Periodic
  • string

BackupStorageRedundancy

バックアップ ストレージの冗長性の種類を示す列挙型。

Name Type Description
Geo
  • string
Local
  • string
Zone
  • string

Capability

DB 機能オブジェクトのCosmos

Name Type Description
name
  • string

Cosmos DB 機能の名前。 たとえば、"name": "EnableCassandra" です。 現在の値には、"EnableTable" と "EnableGremlin" も含まれます。

Capacity

アカウントの容量の適用に関連するすべてのプロパティを表すオブジェクト。

Name Type Description
totalThroughputLimit
  • integer

アカウントに課される合計スループット制限。 totalThroughputLimit が 2000 の場合、そのアカウントでプロビジョニングできる最大スループットの厳密な制限は 2000 になります。 totalThroughputLimit の -1 は、スループットのプロビジョニングに制限がないことを示します。

ConnectorOffer

Cosmos DB C* データベース アカウントの cassandra コネクタ オファーの種類。

Name Type Description
Small
  • string

ConsistencyPolicy

Cosmos DB データベース アカウントの整合性ポリシー。

Name Type Description
defaultConsistencyLevel

Cosmos DB アカウントの既定の整合性レベルと構成設定。

maxIntervalInSeconds
  • integer

有界整合性レベルで使用する場合、この値は、許容される失効の時間 (秒単位) を表します。 この値の許容範囲は 5 ~ 86400 です。 defaultConsistencyPolicy が 'BoundedStaleness' に設定されている場合に必要です。

maxStalenessPrefix
  • integer

有界整合性レベルで使用する場合、この値は許容される古い要求の数を表します。 この値の許容範囲は、1 ~ 2,147,483,647 です。 defaultConsistencyPolicy が 'BoundedStaleness' に設定されている場合に必要です。

ContinuousModeBackupPolicy

連続モードのバックアップ ポリシーを表すオブジェクト。

Name Type Description
migrationState

バックアップ ポリシー間の移行の状態を表すオブジェクト。

type string:
  • Continuous

バックアップのモードについて説明します。

CorsPolicy

Cosmos DB データベース アカウントの CORS ポリシー。

Name Type Description
allowedHeaders
  • string

元のドメインが CORS 要求に指定できる要求ヘッダー。

allowedMethods
  • string

元のドメインが CORS 要求で使用できるメソッド (HTTP 要求の動詞)。

allowedOrigins
  • string

CORS 経由でサービスに対して要求を行うために許可されている配信元ドメイン。

exposedHeaders
  • string

CORS 要求への応答で送信され、ブラウザーが要求の発行元に公開できる応答ヘッダー。

maxAgeInSeconds
  • integer

ブラウザーがプレフライト OPTIONS 要求をキャッシュする最大時間。

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

Name Type Description
Application
  • string
Key
  • string
ManagedIdentity
  • string
User
  • string

CreateMode

アカウント作成モードを示す列挙型。

Name Type Description
Default
  • string
Restore
  • string

DatabaseAccountGetResults

Azure Cosmos DB データベース アカウント。

Name Type Default Value Description
id
  • string

ARM リソースの一意のリソース識別子。

identity

リソースの ID。

kind GlobalDocumentDB

データベース アカウントの種類を示します。 これは、データベース アカウントの作成時にのみ設定できます。

location
  • string

リソースが属しているリソース グループの場所。

name
  • string

ARM リソースの名前。

properties.analyticalStorageConfiguration

分析ストレージ固有のプロパティ。

properties.apiProperties

API 固有のプロパティ。

properties.backupPolicy BackupPolicy:

アカウントでバックアップを作成するためのポリシーを表すオブジェクト。

properties.capabilities

アカウントの Cosmos DB 機能の一覧

properties.capacity

アカウントでの容量の適用に関連するすべてのプロパティを表すオブジェクト。

properties.connectorOffer

Cosmos DB データベース C* アカウントの cassandra コネクタ オファーの種類。

properties.consistencyPolicy

Cosmos DB データベース アカウントの整合性ポリシー。

properties.cors

Cosmos DB データベース アカウントの CORS ポリシー。

properties.createMode Default

アカウントの作成モードを示す列挙型。

properties.databaseAccountOfferType

Cosmos DB データベース アカウントのオファーの種類。 既定値: Standard。

properties.defaultIdentity
  • string

カスタマー マネージド キーなどの機能で使用されるキー コンテナーにアクセスするための既定の ID。 既定の ID は、ユーザーが明示的に設定する必要があります。 "FirstPartyIdentity"、"SystemAssignedIdentity" などです。

properties.diagnosticLogSettings

Cosmos DB アカウントのさまざまな診断ログ設定を表すオブジェクト。

properties.disableKeyBasedMetadataWriteAccess
  • boolean

アカウント キーを使用してメタデータ リソース (データベース、コンテナー、スループット) に対する書き込み操作を無効にする

properties.disableLocalAuth
  • boolean

ローカル認証をオプトアウトし、MSI と AAD のみを認証に排他的に使用できることを確認します。

properties.documentEndpoint
  • string

Cosmos DB データベース アカウントの接続エンドポイント。

properties.enableAnalyticalStorage
  • boolean

ストレージ分析を有効にするかどうかを示すフラグ。

properties.enableAutomaticFailover
  • boolean

障害が原因でリージョンが利用できないまれな場合に、書き込みリージョンの自動フェールオーバーを有効にします。 自動フェールオーバーにより、アカウントの新しい書き込みリージョンが作成され、アカウントに対して構成されたフェールオーバーの優先順位に基づいて選択されます。

properties.enableCassandraConnector
  • boolean

Cosmos DB C* アカウントで cassandra コネクタを有効にします

properties.enableFreeTier
  • boolean

Free レベルが有効かどうかを示すフラグ。

properties.enableMaterializedViews
  • boolean

Cosmos DB アカウントで MaterializedViews を有効にするかどうかを示すフラグ

properties.enableMultipleWriteLocations
  • boolean

アカウントが複数の場所に書き込める

properties.failoverPolicies

フェールオーバーの優先順位で並べ替えられたリージョンを含む配列。

properties.instanceId
  • string

データベース アカウントに割り当てられた一意の識別子

properties.ipRules

IpRules の一覧。

properties.isVirtualNetworkFilterEnabled
  • boolean

VIRTUAL NETWORK ACL 規則を有効または無効にするかどうかを示すフラグ。

properties.keyVaultKeyUri
  • string

キー コンテナーの URI

properties.locations

Cosmos DB アカウントで有効になっているすべての場所を含む配列。

properties.networkAclBypass

ファイアウォールチェックをバイパスできるサービスを示します。

properties.networkAclBypassResourceIds
  • string[]

Cosmos DB アカウントのネットワーク ACL バイパスのリソース ID を含む配列。

properties.privateEndpointConnections

Cosmos DB アカウント用に構成されたプライベート エンドポイント接続の一覧。

properties.provisioningState
  • string

操作が呼び出されたときのCosmos DB アカウントの状態。 状態は、次のいずれかになります。 '作成中' – Cosmos DB アカウントが作成されています。 アカウントが作成中の状態の場合、Cosmos DB アカウントの作成操作の入力として指定されたプロパティのみが返されます。 'Succeeded' – Cosmos DB アカウントがアクティブで使用されます。 '更新中' - Cosmos DB アカウントが更新中です。 '削除中' - Cosmos DB アカウントが削除されています。 'Failed' – Cosmos DB アカウントの作成に失敗しました。 'DeletionFailed' – Cosmos DB アカウントの削除に失敗しました。

properties.publicNetworkAccess

パブリック ネットワークからの要求が許可されるかどうか

properties.readLocations

Cosmos DB アカウントで有効になっている読み取り場所を含む配列。

properties.restoreParameters

復元に関する情報を示すパラメーター。

properties.virtualNetworkRules

Cosmos DB アカウント用に構成されたVIRTUAL NETWORK ACL 規則の一覧。

properties.writeLocations

Cosmos DB アカウントの書き込み場所を含む配列。

systemData

このリソースに関連するシステム メタデータ。

tags
  • object

タグは、リソースを記述するキーと値のペアの一覧です。 これらのタグはリソース グループをまたがってこのリソースを表示およびグループ化する際に使用できます。 リソースには最大 15 個のタグを指定できます。 各タグには 128 文字以内のキーと、256 文字以内の値が必要です。 たとえば、テンプレートの種類の既定のエクスペリエンスは、"defaultExperience": "Cassandra" に設定されます。 現在の "defaultExperience" 値には、"Table"、"Graph"、"DocumentDB"、"MongoDB" も含まれます。

type
  • string

Azure リソースの種類。

DatabaseAccountKind

データベース アカウントの種類を示します。 これは、データベース アカウントの作成時にのみ設定できます。

Name Type Description
GlobalDocumentDB
  • string
MongoDB
  • string
Parse
  • string

DatabaseAccountOfferType

Cosmos DB データベース アカウントのオファーの種類。

Name Type Description
Standard
  • string

DatabaseAccountsListResult

データベース アカウントとそのプロパティを含む List 操作応答。

Name Type Description
value

データベース アカウントとそのプロパティの一覧。

DatabaseRestoreResource

復元する特定のデータベース。

Name Type Description
collectionNames
  • string[]

復元に使用できるコレクションの名前。

databaseName
  • string

復元に使用できるデータベースの名前。

DefaultConsistencyLevel

Cosmos DB アカウントの既定の整合性レベルと構成設定。

Name Type Description
BoundedStaleness
  • string
ConsistentPrefix
  • string
Eventual
  • string
Session
  • string
Strong
  • string

DiagnosticLogSettings

有効にする診断ログ設定を示します。

Name Type Description
enableFullTextQuery

クエリのログ記録に使用する詳細レベルについて説明します。

EnableFullTextQuery

クエリのログ記録に使用する詳細レベルについて説明します。

Name Type Description
False
  • string
None
  • string
True
  • string

FailoverPolicy

データベース アカウントの特定のリージョンのフェールオーバー ポリシー。

Name Type Description
failoverPriority
  • integer

リージョンのフェールオーバー優先度。 フェールオーバー優先度 0 は、書き込みリージョンを示します。 フェールオーバー優先度の最大値 = (リージョンの合計数 - 1)。 フェールオーバーの優先度の値は、データベース アカウントが存在するリージョンごとに一意である必要があります。

id
  • string

データベース アカウントがレプリケートされるリージョンの一意識別子。 例: <accountName-locationName>><。

locationName
  • string

データベース アカウントが存在するリージョンの名前。

GremlinDatabaseRestoreResource

復元する特定の Gremlin データベース。

Name Type Description
databaseName
  • string

復元に使用できる gremlin データベースの名前。

graphNames
  • string[]

復元に使用できるグラフの名前。

IpAddressOrRange

IpAddressOrRange オブジェクト

Name Type Description
ipAddressOrRange
  • string

1 つの IPv4 アドレスまたは CIDR 形式の単一の IPv4 アドレス範囲。 IP アドレスは IP アドレス フィルターによって強制されないため、適切な形式で、10.0.0.0/8、100.64.0.0/10、172.16.0.0/12、192.168.0.0/16 のいずれかの範囲に含めることはできません。 有効な入力の例: "23.40.210.245" または "23.40.210.0/8"

Location

Azure Cosmos DB データベース アカウントがデプロイされているリージョン。

Name Type Description
documentEndpoint
  • string

特定のリージョンの接続エンドポイント。 例: https://< accountName-locationName.documents.azure.com:443/><>

failoverPriority
  • integer

リージョンのフェールオーバー優先度。 フェールオーバー優先度 0 は、書き込みリージョンを示します。 フェールオーバー優先度の最大値 = (リージョンの合計数 - 1)。 フェールオーバーの優先度の値は、データベース アカウントが存在するリージョンごとに一意である必要があります。

id
  • string

データベース アカウント内のリージョンの一意識別子。 例: <accountName-locationName>><。

isZoneRedundant
  • boolean

このリージョンが AvailabilityZone リージョンかどうかを示すフラグ

locationName
  • string

領域の名前。

provisioningState
  • string

操作が呼び出されたときのCosmos DB アカウントの状態。 状態は次のいずれかになります。 '作成中' – Cosmos DB アカウントが作成されています。 アカウントが作成中状態の場合、Cosmos DB アカウントの作成操作の入力として指定されたプロパティのみが返されます。 'Succeeded' – Cosmos DB アカウントがアクティブです。 '更新中' – Cosmos DB アカウントが更新されています。 '削除中' – Cosmos DB アカウントが削除されています。 'Failed' – Cosmos DB アカウントの作成に失敗しました。 'DeletionFailed' – Cosmos DB アカウントの削除に失敗しました。

ManagedServiceIdentity

リソースの ID。

Name Type Description
principalId
  • string

システム割り当て ID のプリンシパル ID。 このプロパティは、システム割り当て ID に対してのみ提供されます。

tenantId
  • string

システム割り当て ID のテナント ID。 このプロパティは、システム割り当て ID に対してのみ提供されます。

type

リソースに使用される ID の種類。 型 'SystemAssigned,UserAssigned' には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 型 'None' は、サービスから ID を削除します。

userAssignedIdentities

リソースに関連付けられているユーザー ID の一覧。 ユーザー ID ディクショナリ キー参照は、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}' という形式の ARM リソース ID になります。

NetworkAclBypass

ファイアウォール チェックをバイパスできるサービスを示します。

Name Type Description
AzureServices
  • string
None
  • string

PeriodicModeBackupPolicy

定期的なモードのバックアップ ポリシーを表すオブジェクト。

Name Type Description
migrationState

バックアップ ポリシー間の移行の状態を表すオブジェクト。

periodicModeProperties

定期モード バックアップの構成値

type string:
  • Periodic

バックアップのモードについて説明します。

PeriodicModeProperties

定期モード バックアップの構成値

Name Type Description
backupIntervalInMinutes
  • integer

2 つのバックアップ間の間隔を分単位で表す整数

backupRetentionIntervalInHours
  • integer

各バックアップが保持される時間 (時間単位) を表す整数

backupStorageRedundancy

バックアップの所在地の種類を示す列挙型

PrivateEndpointConnection

プライベート エンドポイント接続

Name Type Description
id
  • string

リソースの完全修飾リソース ID。 例 - /subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/{resourceProviderNamespace}/{resourceType}/{resourceName}

name
  • string

リソースの名前

properties.groupId
  • string

プライベート エンドポイントのグループ ID。

properties.privateEndpoint

接続が属するプライベート エンドポイント。

properties.privateLinkServiceConnectionState

プライベート エンドポイント接続の接続状態。

properties.provisioningState
  • string

プライベート エンドポイントのプロビジョニング状態。

type
  • string

リソースの型。 "Microsoft.Compute/virtualMachines" や "Microsoft" など。Storage/storageAccounts"

PrivateEndpointProperty

接続が属するプライベート エンドポイント。

Name Type Description
id
  • string

プライベート エンドポイントのリソース ID。

PrivateLinkServiceConnectionStateProperty

プライベート エンドポイント接続の接続状態。

Name Type Description
actionsRequired
  • string

基本的なワークフローを超えて必要なアクション (承認/拒否/切断)

description
  • string

プライベート リンク サービス接続の説明。

status
  • string

プライベート リンク サービスの接続状態。

PublicNetworkAccess

パブリック ネットワークからの要求が許可されるかどうか

Name Type Description
Disabled
  • string
Enabled
  • string

ResourceIdentityType

リソースに使用される ID の種類。 型 'SystemAssigned,UserAssigned' には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 型 'None' は、サービスから ID を削除します。

Name Type Description
None
  • string
SystemAssigned
  • string
SystemAssigned,UserAssigned
  • string
UserAssigned
  • string

RestoreMode

復元のモードについて説明します。

Name Type Description
PointInTime
  • string

RestoreParameters

復元に関する情報を示すパラメーター。

Name Type Description
databasesToRestore

復元に使用できる特定のデータベースの一覧。

gremlinDatabasesToRestore

復元に使用できる特定の gremlin データベースの一覧。

restoreMode

復元のモードについて説明します。

restoreSource
  • string

復元を開始する必要がある復元可能なデータベース アカウントの ID。 例: /subscriptions/{subscriptionId}/providers/Microsoft.DocumentDB/locations/{location}/restorableDatabaseAccounts/{restorableDatabaseAccountName}

restoreTimestampInUtc
  • string

アカウントを復元する必要がある時間 (ISO-8601 形式)。

tablesToRestore
  • string[]

復元に使用できる特定のテーブルの一覧。

ServerVersion

MongoDB アカウントの ServerVersion について説明します。

Name Type Description
3.2
  • string
3.6
  • string
4.0
  • string

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

Name Type Description
createdAt
  • string

リソース作成のタイムスタンプ (UTC)。

createdBy
  • string

リソースを作成した ID。

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

lastModifiedAt
  • string

リソースの最終変更のタイムスタンプ (UTC)

lastModifiedBy
  • string

リソースを最後に変更した ID。

lastModifiedByType

リソースを最後に変更した ID の種類。

UserAssignedIdentities

リソースに関連付けられているユーザー ID の一覧。 ユーザー ID ディクショナリ キーの参照は、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}' という形式の ARM リソース ID になります。

Name Type Description

VirtualNetworkRule

VIRTUAL NETWORK ACL Rule オブジェクト

Name Type Description
id
  • string

サブネットのリソース ID (例: /subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{groupName}/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/{virtualNetworkName}/subnets/{subnetName})。

ignoreMissingVNetServiceEndpoint
  • boolean

仮想ネットワークで vnet サービス エンドポイントが有効になる前に、ファイアウォール規則を作成します。