次の方法で共有


Fabric Operations Status - Get

ファブリック操作の状態を取得します。
ファブリックでの非同期操作の結果を追跡します。

GET https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.DataReplication/replicationFabrics/{fabricName}/operations/{operationId}?api-version=2021-02-16-preview

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
fabricName
path True

string

ファブリック名。

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9]*$

operationId
path True

string

進行中の非同期操作の ID。

resourceGroupName
path True

string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

subscriptionId
path True

string

uuid

ターゲット サブスクリプションの ID。 値は UUID である必要があります。

api-version
query True

string

この操作に使用する API バージョン。

応答

名前 説明
200 OK

OperationStatus

Success

Other Status Codes

ErrorResponse

エラー

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー

型: oauth2
フロー: implicit
Authorization URL (承認 URL): https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

スコープ

名前 説明
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

FabricOperationsStatus_Get

要求のサンプル

GET https://management.azure.com/subscriptions/930CEC23-4430-4513-B855-DBA237E2F3BF/resourceGroups/rgrecoveryservicesdatareplication/providers/Microsoft.DataReplication/replicationFabrics/wPR/operations/dvfwerv?api-version=2021-02-16-preview

応答のサンプル

{
  "id": "sf",
  "name": "wzdasptnwlxgobklayoqapjcgcf",
  "status": "plbnngzfppdram",
  "startTime": "xuzwmfrhluafmwwsmzqxsytyehsh",
  "endTime": "nauyrfh"
}

定義

名前 説明
ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

OperationStatus

操作の状態を定義します。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorDetail[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
error

ErrorDetail

error オブジェクト。

OperationStatus

操作の状態を定義します。

名前 説明
endTime

string

終了時刻を取得または設定します。

id

string

ID を取得または設定します。

name

string

操作名を取得または設定します。

startTime

string

開始時刻を取得または設定します。

status

string

操作の状態を取得または設定します。 ARM は、ターミナルの状態が Succeeded/Failed/Canceled のいずれかであることを想定しています。 その他のすべての値は、操作がまだ実行されていることを意味します。