次の方法で共有


Resource Sync Rules - Delete

リソース同期規則を削除します。
指定したリソース同期規則名、カスタムの場所のリソース名、リソース グループ、サブスクリプション ID を使用して、リソース同期規則を削除します。

DELETE https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ExtendedLocation/customLocations/{resourceName}/resourceSyncRules/{childResourceName}?api-version=2021-08-31-preview

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
childResourceName
path True

string

リソース同期規則の名前。

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9]$|^[a-zA-Z0-9][-_a-zA-Z0-9]{0,61}[a-zA-Z0-9]$

resourceGroupName
path True

string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

resourceName
path True

string

カスタムの場所名。

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9]$|^[a-zA-Z0-9][-_a-zA-Z0-9]{0,61}[a-zA-Z0-9]$

subscriptionId
path True

string

ターゲット サブスクリプションの ID。

api-version
query True

string

この操作に使用する API バージョン。

応答

名前 説明
200 OK

OK です。 応答は、削除操作が成功したことを示します。

204 No Content

NoContent。 応答は、resourceSyncRule リソースが既に削除されていることを示します。

Other Status Codes

ErrorResponse

操作に失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー

型: oauth2
フロー: implicit
Authorization URL (承認 URL): https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

スコープ

名前 説明
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

Delete Resource Sync Rule

要求のサンプル

DELETE https://management.azure.com/subscriptions/11111111-2222-3333-4444-555555555555/resourceGroups/testresourcegroup/providers/Microsoft.ExtendedLocation/customLocations/customLocation01/resourceSyncRules/resourceSyncRule01?api-version=2021-08-31-preview

応答のサンプル

定義

名前 説明
ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorDetail[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
error

ErrorDetail

error オブジェクト。