次の方法で共有


Broker Authentication - Delete

BrokerAuthenticationResource を削除する

DELETE https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.IoTOperationsMQ/mq/{mqName}/broker/{brokerName}/authentication/{authenticationName}?api-version=2023-10-04-preview

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
authenticationName
path True

string

MQ ブローカー/認証リソースの名前

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9-]{3,24}$

brokerName
path True

string

MQ ブローカー・リソースの名前

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9-]{3,24}$

mqName
path True

string

MQ リソースの名前

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9-]{3,24}$

resourceGroupName
path True

string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

subscriptionId
path True

string

ターゲット サブスクリプションの ID。

api-version
query True

string

この操作に使用する API バージョン。

応答

名前 説明
202 Accepted

リソースの削除が受け入れられます。

ヘッダー

  • Location: string
  • Retry-After: integer
204 No Content

リソースが存在しません。

Other Status Codes

ErrorResponse

予期しないエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー。

型: oauth2
フロー: implicit
Authorization URL (承認 URL): https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

スコープ

名前 説明
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

BrokerAuthentication_Delete

要求のサンプル

DELETE https://management.azure.com/subscriptions/2408F1A7-C077-406C-814C-FBD93E129C00/resourceGroups/rgiotoperationsmq/providers/Microsoft.IoTOperationsMQ/mq/N-1WF4----CTI4Eh6-q-/broker/6I-BP5KO5TyY3-2-JcP2/authentication/-1o-h26O?api-version=2023-10-04-preview

応答のサンプル

location: https://contoso.com/operationstatus

定義

名前 説明
ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorDetail[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
error

ErrorDetail

error オブジェクト。