次の方法で共有


Get Deleted Certificate - Get Deleted Certificate

指定した削除された証明書に関する情報を取得します。
GetDeletedCertificate 操作は、削除された証明書情報とその属性 (保持間隔、スケジュールされた完全削除、現在の削除復旧レベルなど) を取得します。 この操作には、証明書/取得アクセス許可が必要です。

GET {vaultBaseUrl}/deletedcertificates/{certificate-name}?api-version=7.4

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
certificate-name
path True

string

証明書の名前

vaultBaseUrl
path True

string

コンテナー名 (例: https://myvault.vault.azure.net)。

api-version
query True

string

クライアント API バージョン。

応答

名前 説明
200 OK

DeletedCertificateBundle

証明書とその属性の証明書バンドル

Other Status Codes

KeyVaultError

操作Key Vault失敗した理由を説明するエラー応答です。

GetDeletedCertificate

要求のサンプル

GET https://myvault.vault.azure.net//deletedcertificates/getDeletedCert?api-version=7.4

応答のサンプル

{
  "recoveryId": "https://myvault.vault.azure.net/deletedcertificates/getDeletedCert",
  "deletedDate": 1493938292,
  "scheduledPurgeDate": 1501714292,
  "id": "https://myvault.vault.azure.net/certificates/getDeletedCert/f60f2a4f8ae442cfb41ca2090bd4b769",
  "kid": "https://myvault.vault.azure.net/keys/getDeletedCert/f60f2a4f8ae442cfb41ca2090bd4b769",
  "sid": "https://myvault.vault.azure.net/secrets/getDeletedCert/f60f2a4f8ae442cfb41ca2090bd4b769",
  "x5t": "fLi3U52HunIVNXubkEnf8tP6Wbo",
  "cer": "MIICODCCAeagAwIBAgIQqHmpBAv+CY9IJFoUhlbziTAJBgUrDgMCHQUAMBYxFDASBgNVBAMTC1Jvb3QgQWdlbmN5MB4XDTE1MDQyOTIxNTM0MVoXDTM5MTIzMTIzNTk1OVowFzEVMBMGA1UEAxMMS2V5VmF1bHRUZXN0MIIBIjANBgkqhkiG9w0BAQEFAAOCAQ8AMIIBCgKCAQEA5bVAT73zr4+N4WVv2+SvTunAw08ksS4BrJW/nNliz3S9XuzMBMXvmYzU5HJ8TtEgluBiZZYd5qsMJD+OXHSNbsLdmMhni0jYX09h3XlC2VJw2sGKeYF+xEaavXm337aZZaZyjrFBrrUl51UePaN+kVFXNlBb3N3TYpqa7KokXenJQuR+i9Gv9a77c0UsSsDSryxppYhKK7HvTZCpKrhVtulF5iPMswWe9np3uggfMamyIsK/0L7X9w9B2qN7993RR0A00nOk4H6CnkuwO77dSsD0KJsk6FyAoZBzRXDZh9+d9R76zCL506NcQy/jl0lCiQYwsUX73PG5pxOh02OwKwIDAQABo0swSTBHBgNVHQEEQDA+gBAS5AktBh0dTwCNYSHcFmRjoRgwFjEUMBIGA1UEAxMLUm9vdCBBZ2VuY3mCEAY3bACqAGSKEc+41KpcNfQwCQYFKw4DAh0FAANBAGqIjo2geVagzuzaZOe1ClGKhZeiCKfWAxklaGN+qlGUbVS4IN4V1lot3VKnzabasmkEHeNxPwLn1qvSD0cX9CE=",
  "attributes": {
    "enabled": true,
    "nbf": 1430344421,
    "exp": 2208988799,
    "created": 1493938289,
    "updated": 1493938291,
    "recoveryLevel": "Recoverable+Purgeable"
  },
  "policy": {
    "id": "https://myvault.vault.azure.net/certificates/getDeletedCert/policy",
    "key_props": {
      "exportable": true,
      "kty": "RSA",
      "key_size": 2048,
      "reuse_key": false
    },
    "secret_props": {
      "contentType": "application/x-pkcs12"
    },
    "x509_props": {
      "subject": "CN=KeyVaultTest",
      "ekus": [],
      "key_usage": [],
      "validity_months": 297
    },
    "lifetime_actions": [
      {
        "trigger": {
          "lifetime_percentage": 80
        },
        "action": {
          "action_type": "EmailContacts"
        }
      }
    ],
    "issuer": {
      "name": "Unknown"
    },
    "attributes": {
      "enabled": true,
      "created": 1493938289,
      "updated": 1493938291
    }
  }
}

定義

名前 説明
Action

実行されるアクション。

CertificateAttributes

証明書管理属性。

CertificatePolicy

証明書の管理ポリシー。

CertificatePolicyAction

アクションの種類。

DeletedCertificateBundle

以前の ID、属性、およびそのタグ、および削除されるタイミングに関する情報で構成される削除済み証明書。

DeletionRecoveryLevel

現在のコンテナー内の証明書に対して現在有効になっている削除回復レベルを反映します。 "Purgeable" が含まれている場合は、特権ユーザーが証明書を完全に削除できます。それ以外の場合は、保持間隔の最後に証明書を消去できるのはシステムだけです。

Error

キー コンテナー サーバーエラー。

IssuerParameters

証明書の X509 コンポーネントの発行者のパラメーター。

JsonWebKeyCurveName

楕円曲線名。 有効な値については、「JsonWebKeyCurveName」を参照してください。

JsonWebKeyType

証明書に使用するキー ペアの種類。

KeyProperties

証明書をバックアップするキー ペアのプロパティ。

KeyUsageType

証明書のキーの使用方法を定義します。

KeyVaultError

キー コンテナーエラー例外。

LifetimeAction

証明書の有効期間にわたってKey Vaultによって実行されるアクションとそのトリガー。

SecretProperties

証明書をバッキングするキーのプロパティ。

SubjectAlternativeNames

X509 オブジェクトのサブジェクト代替名。

Trigger

アクションを実行するために満たす条件。

X509CertificateProperties

証明書の X509 コンポーネントのプロパティ。

Action

実行されるアクション。

名前 説明
action_type

CertificatePolicyAction

アクションの種類。

CertificateAttributes

証明書管理属性。

名前 説明
created

integer

作成時刻 (UTC)。

enabled

boolean

オブジェクトが有効かどうかを判断します。

exp

integer

有効期限 (UTC)。

nbf

integer

UTC の日付より前ではありません。

recoverableDays

integer

softDelete データ保持日数。 softDelete が有効な場合は >=7、 <=90、それ以外の場合は 0 にする必要があります。

recoveryLevel

DeletionRecoveryLevel

現在のコンテナー内の証明書に対して現在有効になっている削除回復レベルを反映します。 "Purgeable" が含まれている場合は、特権ユーザーが証明書を完全に削除できます。それ以外の場合は、保持間隔の最後に証明書を消去できるのはシステムだけです。

updated

integer

UTC での最終更新時刻。

CertificatePolicy

証明書の管理ポリシー。

名前 説明
attributes

CertificateAttributes

証明書の属性。

id

string

証明書 ID。

issuer

IssuerParameters

証明書の X509 コンポーネントの発行者のパラメーター。

key_props

KeyProperties

証明書をバッキングするキーのプロパティ。

lifetime_actions

LifetimeAction[]

証明書の有効期間にわたってKey Vaultによって実行されるアクション。

secret_props

SecretProperties

証明書をバックアップするシークレットのプロパティ。

x509_props

X509CertificateProperties

証明書の X509 コンポーネントのプロパティ。

CertificatePolicyAction

アクションの種類。

名前 説明
AutoRenew

string

EmailContacts

string

DeletedCertificateBundle

以前の ID、属性、およびそのタグ、および削除されるタイミングに関する情報で構成される削除済み証明書。

名前 説明
attributes

CertificateAttributes

証明書の属性。

cer

string

x509 証明書の CER コンテンツ。

contentType

string

シークレットのコンテンツ タイプ。 例: 'application/x-pem-file' または 'application/x-pkcs12',

deletedDate

integer

証明書が削除された時刻 (UTC)

id

string

証明書 ID。

kid

string

キー ID。

policy

CertificatePolicy

管理ポリシー。

recoveryId

string

削除された証明書を識別して回復するために使用される回復オブジェクトの URL。

scheduledPurgeDate

integer

証明書の消去がスケジュールされている時刻 (UTC)

sid

string

シークレット ID。

tags

object

キーと値のペアの形式のアプリケーション固有のメタデータ

x5t

string

証明書の拇印。

DeletionRecoveryLevel

現在のコンテナー内の証明書に対して現在有効になっている削除回復レベルを反映します。 "Purgeable" が含まれている場合は、特権ユーザーが証明書を完全に削除できます。それ以外の場合は、保持間隔の最後に証明書を消去できるのはシステムだけです。

名前 説明
CustomizedRecoverable

string

即時および永続的な削除 (つまり、7<= SoftDeleteRetentionInDays 90 の場合は消去) を行わずに削除を回復できるコンテナーの状態を < 示します。このレベルでは、保持期間中およびサブスクリプションが引き続き使用できる間に、削除されたエンティティの回復可能性が保証されます。

CustomizedRecoverable+ProtectedSubscription

string

7<= SoftDeleteRetentionInDays < 90 の場合、削除が回復可能で、即時および完全な削除 (消去) が許可されず、サブスクリプション自体を完全に取り消すことができないコンテナーとサブスクリプションの状態を示します。 このレベルでは、保持期間中に削除されたエンティティの回復可能性が保証され、サブスクリプション自体を取り消すことができないという事実も反映されます。

CustomizedRecoverable+Purgeable

string

削除が回復可能であり、即時および永続的な削除も許可されるコンテナーの状態を示します (つまり、7< = SoftDeleteRetentionInDays < 90 の場合は消去)。 このレベルでは、消去操作が要求されるか、サブスクリプションが取り消されない限り、保持期間中に削除されたエンティティの回復可能性が保証されます。

Purgeable

string

復旧の可能性がない、削除が元に戻せない操作であるコンテナーの状態を示します。 このレベルは、Delete 操作に対して使用できる保護に対応しません。エンティティ レベル以上 (コンテナー、リソース グループ、サブスクリプションなど) で Delete 操作を受け入れると、データが回復不能に失われます。

Recoverable

string

即時および永続的な削除 (つまり消去) を行わずに削除を回復できるコンテナーの状態を示します。 このレベルでは、保持期間 (90 日) の間、およびサブスクリプションがまだ使用可能な間に、削除されたエンティティの回復可能性が保証されます。 回復されていない場合、システムは90日後にそれを完全に削除します

Recoverable+ProtectedSubscription

string

保持期間内 (90 日以内)、即時削除と完全削除 (消去) が許可されず、サブスクリプション自体を完全に取り消すことができないコンテナーとサブスクリプションの状態を示します。 回復されていない場合、システムは90日後にそれを完全に削除します

Recoverable+Purgeable

string

削除が回復可能であり、即時および永続的な削除 (消去) も許可されるコンテナーの状態を示します。 このレベルでは、消去操作が要求されたか、サブスクリプションが取り消されない限り、保持期間中 (90 日間) に削除されたエンティティの回復可能性が保証されます。 回復されていない場合、システムは90日後にそれを完全に削除します

Error

キー コンテナー サーバーエラー。

名前 説明
code

string

エラー コード。

innererror

Error

キー コンテナー サーバーエラー。

message

string

エラー メッセージ。

IssuerParameters

証明書の X509 コンポーネントの発行者のパラメーター。

名前 説明
cert_transparency

boolean

このポリシーで生成された証明書を証明書の透過性ログに発行する必要があるかどうかを示します。

cty

string

プロバイダーでサポートされている証明書の種類 (省略可能)。;例: 'OV-SSL'、'EV-SSL'

name

string

参照先の発行者オブジェクトまたは予約名の名前。たとえば、'Self' や 'Unknown' などです。

JsonWebKeyCurveName

楕円曲線名。 有効な値については、「JsonWebKeyCurveName」を参照してください。

名前 説明
P-256

string

P-256K

string

P-384

string

P-521

string

JsonWebKeyType

証明書に使用するキー ペアの種類。

名前 説明
EC

string

EC-HSM

string

RSA

string

RSA-HSM

string

oct

string

oct-HSM

string

KeyProperties

証明書をバックアップするキー ペアのプロパティ。

名前 説明
crv

JsonWebKeyCurveName

楕円曲線名。 有効な値については、「JsonWebKeyCurveName」を参照してください。

exportable

boolean

秘密キーをエクスポートできるかどうかを示します。 エクスポート可能なキーの最初のバージョンを作成するときは、リリース ポリシーを指定する必要があります。

key_size

integer

キー サイズ (ビット単位)。 たとえば、RSA の場合は 2048、3072、4096 などです。

kty

JsonWebKeyType

証明書に使用するキー ペアの種類。

reuse_key

boolean

証明書の更新時に同じキー ペアが使用されるかどうかを示します。

KeyUsageType

証明書のキーの使用方法を定義します。

名前 説明
cRLSign

string

dataEncipherment

string

decipherOnly

string

digitalSignature

string

encipherOnly

string

keyAgreement

string

keyCertSign

string

keyEncipherment

string

nonRepudiation

string

KeyVaultError

キー コンテナーエラー例外。

名前 説明
error

Error

キー コンテナー サーバーエラー。

LifetimeAction

証明書の有効期間にわたってKey Vaultによって実行されるアクションとそのトリガー。

名前 説明
action

Action

実行されるアクション。

trigger

Trigger

アクションを実行する条件。

SecretProperties

証明書をバッキングするキーのプロパティ。

名前 説明
contentType

string

メディアの種類 (MIME の種類)。

SubjectAlternativeNames

X509 オブジェクトのサブジェクト代替名。

名前 説明
dns_names

string[]

ドメイン名。

emails

string[]

メール アドレス。

upns

string[]

ユーザー プリンシパル名。

Trigger

アクションを実行するために満たす条件。

名前 説明
days_before_expiry

integer

更新を試みるために有効期限が切れるまでの日数。 値は 1 から 27 validity_in_months乗算する必要があります。 validity_in_monthsが 36 の場合、値は 1 から 972 (36 * 27) の間である必要があります。

lifetime_percentage

integer

トリガーする有効期間の割合。 値は 1 から 99 の間にする必要があります。

X509CertificateProperties

証明書の X509 コンポーネントのプロパティ。

名前 説明
ekus

string[]

拡張キーの使用法。

key_usage

KeyUsageType[]

証明書のキーの使用方法を定義します。

sans

SubjectAlternativeNames

サブジェクトの別名。

subject

string

サブジェクト名。 有効な X509 識別名である必要があります。

validity_months

integer

証明書が有効な期間 (月単位)。