次の方法で共有


Accounts - Get

NetApp アカウントについて説明する
NetApp アカウントを取得する

GET https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/{accountName}?api-version=2023-11-01

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
accountName
path True

string

NetApp アカウントの名前

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9\-_]{0,127}$

resourceGroupName
path True

string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

subscriptionId
path True

string

uuid

ターゲット サブスクリプションの ID。 値は UUID である必要があります。

api-version
query True

string

この操作に使用する API バージョン。

応答

名前 説明
200 OK

netAppAccount

OK

Other Status Codes

ErrorResponse

操作に失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー

型: oauth2
フロー: implicit
Authorization URL (承認 URL): https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

スコープ

名前 説明
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

Accounts_Get

要求のサンプル

GET https://management.azure.com/subscriptions/D633CC2E-722B-4AE1-B636-BBD9E4C60ED9/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/account1?api-version=2023-11-01

応答のサンプル

{
  "id": "/subscriptions/D633CC2E-722B-4AE1-B636-BBD9E4C60ED9/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/account1",
  "name": "account1",
  "type": "Microsoft.NetApp/netAppAccounts",
  "location": "eastus",
  "properties": {
    "provisioningState": "Succeeded",
    "activeDirectories": [
      {
        "site": "SiteName",
        "activeDirectoryId": "02da3711-6c58-2d64-098a-e3af7afaf936",
        "username": "ad_user_name",
        "domain": "10.10.10.3",
        "dns": "10.10.10.3",
        "status": "InUse",
        "smbServerName": "SMBServer",
        "organizationalUnit": "OU=Engineering",
        "statusDetails": "Status Details",
        "aesEncryption": true,
        "ldapSigning": true
      }
    ]
  }
}

定義

名前 説明
accountEncryption

暗号化の設定

activeDirectory

Active Directory

ActiveDirectoryStatus

Active Directory の状態

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

EncryptionIdentity

キー コンテナーで認証するために使用される ID。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

KeySource

暗号化キーソース (プロバイダー)。 使用できる値 (大文字と小文字は区別されません): Microsoft.NetApp、Microsoft.KeyVault

KeyVaultProperties

キー コンテナーのプロパティ。

KeyVaultStatus

KeyVault 接続の状態。

ldapSearchScopeOpt

LDAP 検索範囲

ManagedServiceIdentity

マネージド サービス ID (システム割り当て ID またはユーザー割り当て ID)

ManagedServiceIdentityType

マネージド サービス ID の種類 (SystemAssigned 型と UserAssigned 型の両方が許可されます)。

netAppAccount

NetApp アカウント リソース

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

UserAssignedIdentity

ユーザー割り当て ID プロパティ

accountEncryption

暗号化の設定

名前 規定値 説明
identity

EncryptionIdentity

KeyVault に対する認証に使用される ID。 keySource が 'Microsoft.KeyVault' の場合に適用されます。

keySource

KeySource

Microsoft.NetApp

暗号化キーソース (プロバイダー)。 使用できる値 (大文字と小文字は区別されません): Microsoft.NetApp、Microsoft.KeyVault

keyVaultProperties

KeyVaultProperties

KeVault によって提供されるプロパティ。 keySource が 'Microsoft.KeyVault' の場合に適用されます。

activeDirectory

Active Directory

名前 規定値 説明
activeDirectoryId

string

Active Directory の ID

adName

string

Active Directory コンピューターの名前。 この省略可能なパラメーターは、kerberos ボリュームの作成時にのみ使用されます

administrators

string[]

組み込みの Administrators Active Directory グループに追加するユーザー。 ドメイン指定子のない一意のユーザー名の一覧

aesEncryption

boolean

有効にすると、SMB 通信に対して AES 暗号化が有効になります。

allowLocalNfsUsersWithLdap

boolean

有効にすると、NFS クライアント ローカル ユーザーは(LDAP ユーザーに加えて) NFS ボリュームにアクセスすることもできます。

backupOperators

string[]

組み込みのバックアップ オペレーター Active Directory グループに追加するユーザー。 ドメイン指定子のない一意のユーザー名の一覧

dns

string

Active Directory ドメインの DNS サーバー IP アドレスのコンマ区切りリスト (IPv4 のみ)

domain

string

Active Directory ドメインの名前

encryptDCConnections

boolean

有効にすると、SMB サーバーからドメイン コントローラー (DC) へのトラフィックが暗号化されます。

kdcIP

string

Active Directory マシンの kdc サーバー IP アドレス。 この省略可能なパラメーターは、kerberos ボリュームの作成時にのみ使用されます。

ldapOverTLS

boolean

LDAP トラフィックを TLS 経由で保護する必要があるかどうかを指定します。

ldapSearchScope

ldapSearchScopeOpt

LDAP Search スコープ オプション

ldapSigning

boolean

LDAP トラフィックに署名する必要があるかどうかを指定します。

organizationalUnit

string

CN=Computers

Windows Active Directory 内の組織単位 (OU)

password

string

Active Directory ドメイン管理者のプレーン テキスト パスワード。値は応答でマスクされます

preferredServersForLdapClient

string

LDAP クライアントの優先サーバーの IPv4 アドレスのコンマ区切りリスト。 最大 2 つのコンマ区切りの IPv4 アドレスを渡すことができます。

securityOperators

string[]

SeSecurityPrivilege 特権が付与される Active Directory 内のドメイン ユーザー (SQL に対して SMB 継続的に使用可能な共有に必要)。 ドメイン指定子のない一意のユーザー名の一覧

serverRootCACertificate

string

LDAP over SSL/TLS が有効になっている場合、LDAP クライアントは base64 でエンコードされた Active Directory 証明書サービスの自己署名ルート CA 証明書を持っている必要があります。この省略可能なパラメーターは、LDAP ユーザー マッピング ボリュームを持つデュアル プロトコルにのみ使用されます。

site

string

サービスがドメイン コントローラーの検出を制限する Active Directory サイト

smbServerName

string

SMB サーバーの NetBIOS 名。 この名前は、AD のコンピューター アカウントとして登録され、ボリュームのマウントに使用されます

status

ActiveDirectoryStatus

Active Directory の状態

statusDetails

string

Active Directory の状態に関する詳細

username

string

マシン アカウントを作成するアクセス許可を持つドメイン ユーザー アカウント

ActiveDirectoryStatus

Active Directory の状態

名前 説明
Created

string

Active Directory は作成されますが、使用中ではありません

Deleted

string

Active Directory が削除されました

Error

string

Active Directory でのエラー

InUse

string

SMB ボリュームで使用中の Active Directory

Updating

string

Active Directory の更新中

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

名前 説明
Application

string

Key

string

ManagedIdentity

string

User

string

EncryptionIdentity

キー コンテナーで認証するために使用される ID。

名前 説明
principalId

string

キー コンテナーでの認証に使用される ID のプリンシパル ID (オブジェクト ID)。 読み取り専用です。

userAssignedIdentity

string

キー コンテナーでの認証に使用されるユーザー割り当て ID の ARM リソース識別子。 identity.type に 'UserAssigned' がある場合に適用されます。 これは、identity.userAssignedIdentities のキーと一致する必要があります。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorDetail[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
error

ErrorDetail

error オブジェクト。

KeySource

暗号化キーソース (プロバイダー)。 使用できる値 (大文字と小文字は区別されません): Microsoft.NetApp、Microsoft.KeyVault

名前 説明
Microsoft.KeyVault

string

カスタマー マネージド キー暗号化

Microsoft.NetApp

string

Microsoft マネージド キーの暗号化

KeyVaultProperties

キー コンテナーのプロパティ。

名前 説明
keyName

string

KeyVault キーの名前。

keyVaultId

string

Azure Key Vault構成を識別するために使用される UUID v4

keyVaultResourceId

string

KeyVault のリソース ID。

keyVaultUri

string

KeyVault の URI。

status

KeyVaultStatus

KeyVault 接続の状態。

KeyVaultStatus

KeyVault 接続の状態。

名前 説明
Created

string

KeyVault 接続は作成されましたが、使用中ではありません

Deleted

string

KeyVault 接続が削除されました

Error

string

KeyVault 接続でエラーが発生しました

InUse

string

SMB ボリュームで使用されている KeyVault 接続

Updating

string

KeyVault 接続の更新中

ldapSearchScopeOpt

LDAP 検索範囲

名前 説明
groupDN

string

これにより、グループ DN が指定され、グループ参照のベース DN がオーバーライドされます。

groupMembershipFilter

string

これは、LDAP サーバーからグループ メンバーシップを検索するときに使用するカスタム LDAP 検索フィルターを指定します。

userDN

string

これにより、ユーザー DN が指定され、ユーザー検索のベース DN がオーバーライドされます。

ManagedServiceIdentity

マネージド サービス ID (システム割り当て ID またはユーザー割り当て ID)

名前 説明
principalId

string

システム割り当て ID のサービス プリンシパル ID。 このプロパティは、システム割り当て ID に対してのみ提供されます。

tenantId

string

システム割り当て ID のテナント ID。 このプロパティは、システム割り当て ID に対してのみ提供されます。

type

ManagedServiceIdentityType

マネージド サービス ID の種類 (SystemAssigned 型と UserAssigned 型の両方が許可されます)。

userAssignedIdentities

<string,  UserAssignedIdentity>

User-Assigned ID
リソースに関連付けられているユーザー割り当て ID のセット。 userAssignedIdentities ディクショナリ キーは、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName} という形式の ARM リソース ID になります。 ディクショナリ値は、要求で空のオブジェクト ({}) にすることができます。

ManagedServiceIdentityType

マネージド サービス ID の種類 (SystemAssigned 型と UserAssigned 型の両方が許可されます)。

名前 説明
None

string

SystemAssigned

string

SystemAssigned,UserAssigned

string

UserAssigned

string

netAppAccount

NetApp アカウント リソース

名前 説明
etag

string

リソースが更新されるたびに変更される一意の読み取り専用文字列。

id

string

リソースの完全修飾リソース ID。 例: "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/{resourceProviderNamespace}/{resourceType}/{resourceName}"

identity

ManagedServiceIdentity

リソースに使用される ID。

location

string

リソースが保存されている地理的な場所

name

string

リソースの名前

properties.activeDirectories

activeDirectory[]

アクティブなディレクトリ

properties.disableShowmount

boolean

サブスクリプションのすべてのボリュームの disableShowmount の状態を示します。null は false です

properties.encryption

accountEncryption

暗号化の設定

properties.provisioningState

string

Azure ライフサイクル管理

systemData

systemData

createdBy および modifiedBy 情報を含む Azure Resource Manager メタデータ。

tags

object

リソース タグ。

type

string

リソースの型。 例: "Microsoft.Compute/virtualMachines" または "Microsoft.Storage/storageAccounts"

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

名前 説明
createdAt

string

リソース作成のタイムスタンプ (UTC)。

createdBy

string

リソースを作成した ID。

createdByType

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

lastModifiedAt

string

リソースの最終変更のタイムスタンプ (UTC)

lastModifiedBy

string

リソースを最後に変更した ID。

lastModifiedByType

createdByType

リソースを最後に変更した ID の種類。

UserAssignedIdentity

ユーザー割り当て ID プロパティ

名前 説明
clientId

string

割り当てられた ID のクライアント ID。

principalId

string

割り当てられた ID のプリンシパル ID。