次の方法で共有


Pools - Create Or Update

リソース グループ内の指定された容量プールをCreateまたは更新する
容量プールをCreateまたは更新する

PUT https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/{accountName}/capacityPools/{poolName}?api-version=2023-11-01

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
accountName
path True

string

NetApp アカウントの名前

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9\-_]{0,127}$

poolName
path True

string

容量プールの名前

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9\-_]{0,63}$

resourceGroupName
path True

string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

subscriptionId
path True

string

uuid

ターゲット サブスクリプションの ID。 値は UUID である必要があります。

api-version
query True

string

この操作に使用する API バージョン。

要求本文

名前 必須 説明
location True

string

リソースが保存されている地理的な場所

properties.serviceLevel True

ServiceLevel

serviceLevel
ファイル システムのサービス レベル

properties.size True

integer

size
プールのプロビジョニング済みサイズ (バイト単位)。 使用できる値は 1TiB チャンクです (値は1099511627776の乗算である必要があります)。

properties.coolAccess

boolean

有効 (true) の場合、プールにはクールなアクセスが有効なボリュームを含めることができます。

properties.encryptionType

encryptionType

encryptionType
容量プールの暗号化の種類。このプールとその中のすべてのボリュームの保存データの暗号化の種類を設定します。 この値は、新しいプールを作成する場合にのみ設定できます。

properties.qosType

qosType

qosType
プールの qos の種類

tags

object

リソース タグ。

応答

名前 説明
200 OK

capacityPool

OK - プールが更新されました

201 Created

capacityPool

作成されたプール

Other Status Codes

ErrorResponse

操作に失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー

型: oauth2
フロー: implicit
Authorization URL (承認 URL): https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

スコープ

名前 説明
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

Pools_CreateOrUpdate

要求のサンプル

PUT https://management.azure.com/subscriptions/D633CC2E-722B-4AE1-B636-BBD9E4C60ED9/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/account1/capacityPools/pool1?api-version=2023-11-01

{
  "location": "eastus",
  "properties": {
    "size": 4398046511104,
    "serviceLevel": "Premium",
    "qosType": "Auto"
  }
}

応答のサンプル

{
  "id": "/subscriptions/D633CC2E-722B-4AE1-B636-BBD9E4C60ED9/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/account1/capacityPools/pool1",
  "name": "account1/pool1",
  "type": "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools",
  "location": "eastus",
  "properties": {
    "provisioningState": "Succeeded",
    "poolId": "9760acf5-4638-11e7-9bdb-020073ca7778",
    "serviceLevel": "Premium",
    "size": 4398046511104,
    "qosType": "Auto",
    "totalThroughputMibps": 281.474
  }
}
{
  "id": "/subscriptions/D633CC2E-722B-4AE1-B636-BBD9E4C60ED9/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/account1/capacityPools/pool1",
  "name": "account1/pool1",
  "type": "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools",
  "location": "eastus",
  "properties": {
    "provisioningState": "Succeeded",
    "poolId": "9760acf5-4638-11e7-9bdb-020073ca7778",
    "serviceLevel": "Premium",
    "size": 4398046511104,
    "qosType": "Auto",
    "totalThroughputMibps": 281.474
  }
}

定義

名前 説明
capacityPool

容量プール リソース

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

encryptionType

encryptionType

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

qosType

qosType

ServiceLevel

serviceLevel

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

capacityPool

容量プール リソース

名前 規定値 説明
etag

string

リソースが更新されるたびに変更される一意の読み取り専用文字列。

id

string

リソースの完全修飾リソース ID。 例: "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/{resourceProviderNamespace}/{resourceType}/{resourceName}"

location

string

リソースが保存されている地理的な場所

name

string

リソースの名前

properties.coolAccess

boolean

False

有効 (true) の場合、プールにはクールなアクセスが有効なボリュームを含めることができます。

properties.encryptionType

encryptionType

Single

encryptionType
容量プールの暗号化の種類。このプールとその中のすべてのボリュームの保存データの暗号化の種類を設定します。 この値は、新しいプールを作成する場合にのみ設定できます。

properties.poolId

string

poolId
プールを識別するために使用される UUID v4

properties.provisioningState

string

Azure ライフサイクル管理

properties.qosType

qosType

Auto

qosType
プールの qos の種類

properties.serviceLevel

ServiceLevel

Premium

serviceLevel
ファイル システムのサービス レベル

properties.size

integer

0

size
プールのプロビジョニング済みサイズ (バイト単位)。 使用できる値は 1TiB チャンクです (値は1099511627776の乗算である必要があります)。

properties.totalThroughputMibps

number

MiB/秒でのプールの合計スループット

properties.utilizedThroughputMibps

number

MiB/秒でのプールのスループットの利用

systemData

systemData

createdBy および modifiedBy 情報を含む Azure Resource Manager メタデータ。

tags

object

リソース タグ。

type

string

リソースの型。 例: "Microsoft.Compute/virtualMachines" または "Microsoft.Storage/storageAccounts"

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

名前 説明
Application

string

Key

string

ManagedIdentity

string

User

string

encryptionType

encryptionType

名前 説明
Double

string

EncryptionType Double、ボリュームでは保存時に二重暗号化が使用されます

Single

string

EncryptionType 単一、ボリュームでは保存時に単一の暗号化が使用されます

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorDetail[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
error

ErrorDetail

error オブジェクト。

qosType

qosType

名前 説明
Auto

string

qos タイプ Auto

Manual

string

qos の種類:手動

ServiceLevel

serviceLevel

名前 説明
Premium

string

Premium サービス レベル

Standard

string

Standard サービス レベル

StandardZRS

string

ゾーン冗長ストレージ サービス レベル

Ultra

string

Ultra サービス レベル

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

名前 説明
createdAt

string

リソース作成のタイムスタンプ (UTC)。

createdBy

string

リソースを作成した ID。

createdByType

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

lastModifiedAt

string

リソースの最終変更のタイムスタンプ (UTC)

lastModifiedBy

string

リソースを最後に変更した ID。

lastModifiedByType

createdByType

リソースを最後に変更した ID の種類。