次の方法で共有


Volumes - Get

ボリュームについて説明する
指定したボリュームの詳細を取得する

GET https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/{accountName}/capacityPools/{poolName}/volumes/{volumeName}?api-version=2023-11-01

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
accountName
path True

string

NetApp アカウントの名前

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9\-_]{0,127}$

poolName
path True

string

容量プールの名前

正規表現パターン: ^[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9\-_]{0,63}$

resourceGroupName
path True

string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

subscriptionId
path True

string

uuid

ターゲット サブスクリプションの ID。 値は UUID である必要があります。

volumeName
path True

string

ボリュームの名前

正規表現パターン: ^[a-zA-Z][a-zA-Z0-9\-_]{0,63}$

api-version
query True

string

この操作に使用する API バージョン。

応答

名前 説明
200 OK

volume

OK

Other Status Codes

ErrorResponse

操作に失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー

型: oauth2
フロー: implicit
Authorization URL (承認 URL): https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

スコープ

名前 説明
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

Volumes_Get

要求のサンプル

GET https://management.azure.com/subscriptions/D633CC2E-722B-4AE1-B636-BBD9E4C60ED9/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/account1/capacityPools/pool1/volumes/volume1?api-version=2023-11-01

応答のサンプル

{
  "id": "/subscriptions/D633CC2E-722B-4AE1-B636-BBD9E4C60ED9/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.NetApp/netAppAccounts/account1/capacityPools/pool1/volumes/volume1",
  "name": "account1/pool1/volume1",
  "type": "Microsoft.NetApp/netAppAccounts/capacityPools/volumes",
  "location": "eastus",
  "properties": {
    "fileSystemId": "9760acf5-4638-11e7-9bdb-020073ca7778",
    "creationToken": "some-amazing-filepath",
    "usageThreshold": 107374182400,
    "serviceLevel": "Premium",
    "provisioningState": "Succeeded",
    "throughputMibps": 128,
    "subnetId": "/subscriptions/9760acf5-4638-11e7-9bdb-020073ca7778/resourceGroups/myRP/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/testvnet3/subnets/testsubnet3",
    "networkFeatures": "Standard",
    "networkSiblingSetId": "0f434a03-ce0b-4935-81af-d98652ffb1c4",
    "storageToNetworkProximity": "T2"
  }
}

定義

名前 説明
avsDataStore

avsDataStore

ChownMode

このパラメーターは、ファイルの所有権を変更する権限を持つユーザーを指定します。 restricted - ルート ユーザーのみがファイルの所有権を変更できます。 unrestricted - 非ルート ユーザーは、所有するファイルの所有権を変更できます。

coolAccessRetrievalPolicy

coolAccessRetrievalPolicy は、クール アクセスが有効なボリュームの読み取りパターンに基づいて、クール層から Standard ストレージへのデータ取得動作を決定します。 このフィールドに指定できる値は次のとおりです。Default - データは、ランダム読み取り時にクール層から Standard ストレージにプルされます。 このポリシーが既定です。 OnRead - すべてのクライアント駆動型データ読み取りは、順次読み取りとランダム読み取りの両方でクール層から標準ストレージにプルされます。 [なし] - クライアント駆動型データはクール層から Standard ストレージにプルされません。

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

DataProtection

DataProtection

enableSubvolumes

ボリュームでサブボリューム操作が有効かどうかを示すフラグ

EncryptionKeySource

ボリューム内のデータを暗号化するために使用されるキーのソース。 NetApp アカウントに encryption.keySource = 'Microsoft.KeyVault' がある場合に適用されます。 指定できる値 (大文字と小文字は区別されません) は、'Microsoft.NetApp, Microsoft.KeyVault' です。

EndpointType

ローカル ボリュームがボリューム レプリケーションのソースか宛先かを示します

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

ExportPolicy

exportPolicy

exportPolicyRule

ボリューム エクスポート ポリシー規則

fileAccessLogs

ボリュームに存在するアクティブな診断設定に基づいて、ボリュームに対してファイル アクセス ログが有効になっているかどうかを示すフラグ。

mountTargetProperties

ターゲット プロパティをマウントする

NetworkFeatures

ネットワーク機能

placementKeyValuePairs

ボリューム グループ内のボリュームの配置に関するアプリケーション固有のパラメーター

replicationObject

レプリケーションのプロパティ

ReplicationSchedule

スケジュール

SecurityStyle

ボリュームのセキュリティ スタイル (既定の unix)、デュアル プロトコルまたは CIFS プロトコルの場合、既定値は ntfs です

ServiceLevel

serviceLevel

smbAccessBasedEnumeration

smbAccessBasedEnumeration

smbNonBrowsable

smbNonBrowsable

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

volume

ボリューム リソース

volumeBackupProperties

ボリューム バックアップのプロパティ

volumeRelocationProperties

ボリューム再配置プロパティ

volumeSnapshotProperties

ボリューム スナップショットのプロパティ

VolumeStorageToNetworkProximity

記憶域からネットワークへの近接性

avsDataStore

avsDataStore

名前 説明
Disabled

string

avsDataStore が無効になっている

Enabled

string

avsDataStore が有効になっている

ChownMode

このパラメーターは、ファイルの所有権を変更する権限を持つユーザーを指定します。 restricted - ルート ユーザーのみがファイルの所有権を変更できます。 unrestricted - 非ルート ユーザーは、所有するファイルの所有権を変更できます。

名前 説明
Restricted

string

Unrestricted

string

coolAccessRetrievalPolicy

coolAccessRetrievalPolicy は、クール アクセスが有効なボリュームの読み取りパターンに基づいて、クール層から Standard ストレージへのデータ取得動作を決定します。 このフィールドに指定できる値は次のとおりです。Default - データは、ランダム読み取り時にクール層から Standard ストレージにプルされます。 このポリシーが既定です。 OnRead - すべてのクライアント駆動型データ読み取りは、順次読み取りとランダム読み取りの両方でクール層から標準ストレージにプルされます。 [なし] - クライアント駆動型データはクール層から Standard ストレージにプルされません。

名前 説明
Default

string

Never

string

OnRead

string

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

名前 説明
Application

string

Key

string

ManagedIdentity

string

User

string

DataProtection

DataProtection

名前 説明
backup

volumeBackupProperties

Backup
バックアップのプロパティ

replication

replicationObject

レプリケーション
レプリケーションのプロパティ

snapshot

volumeSnapshotProperties

スナップショット
スナップショットのプロパティ。

volumeRelocation

volumeRelocationProperties

VolumeRelocation
VolumeRelocation プロパティ

enableSubvolumes

ボリュームでサブボリューム操作が有効かどうかを示すフラグ

名前 説明
Disabled

string

サブボリュームが有効になっていない

Enabled

string

サブボリュームが有効になっている

EncryptionKeySource

ボリューム内のデータを暗号化するために使用されるキーのソース。 NetApp アカウントに encryption.keySource = 'Microsoft.KeyVault' がある場合に適用されます。 指定できる値 (大文字と小文字は区別されません) は、'Microsoft.NetApp, Microsoft.KeyVault' です。

名前 説明
Microsoft.KeyVault

string

カスタマー マネージド キー暗号化

Microsoft.NetApp

string

Microsoft マネージド キーの暗号化

EndpointType

ローカル ボリュームがボリューム レプリケーションのソースか宛先かを示します

名前 説明
dst

string

src

string

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorDetail[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
error

ErrorDetail

error オブジェクト。

ExportPolicy

exportPolicy

名前 説明
rules

exportPolicyRule[]

ポリシー ルールをエクスポートする
ポリシー ルールをエクスポートする

exportPolicyRule

ボリューム エクスポート ポリシー規則

名前 規定値 説明
allowedClients

string

IPv4 CIDR、IPv4 ホスト アドレス、ホスト名を使用したコンマ区切り文字列としてのクライアント イングレス仕様

chownMode

ChownMode

Restricted

このパラメーターは、ファイルの所有権を変更する権限を持つユーザーを指定します。 restricted - ルート ユーザーのみがファイルの所有権を変更できます。 unrestricted - 非ルート ユーザーは、所有するファイルの所有権を変更できます。

cifs

boolean

CIFS プロトコルを許可する

hasRootAccess

boolean

True

ボリュームへのルート アクセス権を持つ

kerberos5ReadOnly

boolean

False

Kerberos5 読み取り専用アクセス。 swagger バージョン 2020-05-01 以降で使用する

kerberos5ReadWrite

boolean

False

Kerberos5 読み取りおよび書き込みアクセス。 swagger バージョン 2020-05-01 以降で使用する

kerberos5iReadOnly

boolean

False

Kerberos5i 読み取り専用アクセス。 swagger バージョン 2020-05-01 以降で使用する

kerberos5iReadWrite

boolean

False

Kerberos5i 読み取りおよび書き込みアクセス。 swagger バージョン 2020-05-01 以降で使用する

kerberos5pReadOnly

boolean

False

Kerberos5p 読み取り専用アクセス。 swagger バージョン 2020-05-01 以降で使用する

kerberos5pReadWrite

boolean

False

Kerberos5p 読み取りおよび書き込みアクセス。 swagger バージョン 2020-05-01 以降で使用する

nfsv3

boolean

NFSv3 プロトコルを許可します。 NFSv3 タイプ ボリュームに対してのみ有効にする

nfsv41

boolean

NFSv4.1 プロトコルを許可します。 NFSv4.1 タイプ ボリュームに対してのみ有効にする

ruleIndex

integer

注文インデックス

unixReadOnly

boolean

読み取り専用アクセス

unixReadWrite

boolean

読み書きアクセス

fileAccessLogs

ボリュームに存在するアクティブな診断設定に基づいて、ボリュームに対してファイル アクセス ログが有効になっているかどうかを示すフラグ。

名前 説明
Disabled

string

fileAccessLogs が有効になっていません

Enabled

string

fileAccessLogs が有効になっている

mountTargetProperties

ターゲット プロパティをマウントする

名前 説明
fileSystemId

string

fileSystemId
MountTarget を識別するために使用される UUID v4

ipAddress

string

ipAddress
マウント ターゲットの IPv4 アドレス

mountTargetId

string

mountTargetId
MountTarget を識別するために使用される UUID v4

smbServerFqdn

string

smbServerFQDN
SMB サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN)

NetworkFeatures

ネットワーク機能

名前 説明
Basic

string

基本的なネットワーク機能。

Basic_Standard

string

Basic から Standard ネットワーク機能への更新。

Standard

string

標準ネットワーク機能。

Standard_Basic

string

Standard から Basic のネットワーク機能への更新。

placementKeyValuePairs

ボリューム グループ内のボリュームの配置に関するアプリケーション固有のパラメーター

名前 説明
key

string

ボリューム グループにボリュームを配置するためのアプリケーション固有のパラメーターのキー

value

string

ボリューム グループ内のボリュームの配置に対するアプリケーション固有のパラメーターの値

replicationObject

レプリケーションのプロパティ

名前 説明
endpointType

EndpointType

ローカル ボリュームがボリューム レプリケーションのソースか宛先かを示します

remoteVolumeRegion

string

ボリューム レプリケーションのもう一方の端のリモート リージョン。

remoteVolumeResourceId

string

リモート ボリュームのリソース ID。

replicationId

string

Id

replicationSchedule

ReplicationSchedule

スケジュール

ReplicationSchedule

スケジュール

名前 説明
_10minutely

string

daily

string

hourly

string

SecurityStyle

ボリュームのセキュリティ スタイル (既定の unix)、デュアル プロトコルまたは CIFS プロトコルの場合、既定値は ntfs です

名前 説明
ntfs

string

unix

string

ServiceLevel

serviceLevel

名前 説明
Premium

string

Premium サービス レベル

Standard

string

Standard サービス レベル

StandardZRS

string

ゾーン冗長ストレージ サービス レベル

Ultra

string

Ultra サービス レベル

smbAccessBasedEnumeration

smbAccessBasedEnumeration

名前 説明
Disabled

string

smbAccessBasedEnumeration 共有設定が無効になっている

Enabled

string

smbAccessBasedEnumeration 共有設定が有効になっている

smbNonBrowsable

smbNonBrowsable

名前 説明
Disabled

string

smbNonBrowsable 共有設定が無効になっている

Enabled

string

smbNonBrowsable 共有設定が有効になっている

systemData

リソースの作成と最後の変更に関連するメタデータ。

名前 説明
createdAt

string

リソース作成のタイムスタンプ (UTC)。

createdBy

string

リソースを作成した ID。

createdByType

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

lastModifiedAt

string

リソースの最終変更のタイムスタンプ (UTC)

lastModifiedBy

string

リソースを最後に変更した ID。

lastModifiedByType

createdByType

リソースを最後に変更した ID の種類。

volume

ボリューム リソース

名前 規定値 説明
etag

string

リソースが更新されるたびに変更される一意の読み取り専用文字列。

id

string

リソースの完全修飾リソース ID。 例: "/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/{resourceProviderNamespace}/{resourceType}/{resourceName}"

location

string

リソースが保存されている地理的な場所

name

string

リソースの名前

properties.actualThroughputMibps

number

size と serviceLevel に基づいて計算された自動 qosType ボリュームの実際のスループット (MiB/秒)

properties.avsDataStore

avsDataStore

Disabled

avsDataStore
Azure VMware Solution (AVS) データストアの目的でボリュームを有効にするかどうかを指定します

properties.backupId

string

バックアップ ID
バックアップを識別するために使用されるリソース識別子。

properties.baremetalTenantId

string

Baremetal テナント ID
一意の Baremetal テナント識別子。

properties.capacityPoolResourceId

string

ボリューム グループを使用してボリュームを作成する場合に使用されるプール リソース ID

properties.cloneProgress

integer

ボリュームが別のボリュームのスナップショットから復元されている場合、この複製プロセスの完了率が表示されます。 この値が空または null の場合、このボリュームで現在発生している複製プロセスはありません。 この値は、複製中に 5 分ごとに更新されます。

properties.coolAccess

boolean

False

ボリュームに対してクール アクセス (階層化) を有効にするかどうかを指定します。

properties.coolAccessRetrievalPolicy

coolAccessRetrievalPolicy

coolAccessRetrievalPolicy は、クール アクセスが有効なボリュームの読み取りパターンに基づいて、クール層から Standard ストレージへのデータ取得動作を決定します。 このフィールドに使用できる値は次のとおりです。既定値 - データはランダム読み取り時にクール 層から Standard ストレージにプルされます。 このポリシーが既定です。 OnRead - すべてのクライアント駆動型データ読み取りは、シーケンシャル読み取りとランダム読み取りの両方でクール層から Standard ストレージにプルされます。 [なし] - クライアント駆動型データはクール 層から Standard ストレージにプルされません。

properties.coolnessPeriod

integer

クライアントがアクセスしないデータを階層化するまでの日数を指定します。

properties.creationToken

string

作成トークンまたはファイル パス
ボリュームの一意のファイル パス。 マウント ターゲットを作成するときに使用されます

properties.dataProtection

DataProtection

DataProtection
DataProtection の種類のボリュームには、レプリケーションの詳細を含むオブジェクトが含まれます

properties.dataStoreResourceId

string[]

dataStoreResourceId
データ ストア リソースの一意識別子

properties.defaultGroupQuotaInKiBs

integer

0

KiB のボリュームの既定のグループ クォータ。 isDefaultQuotaEnabled が設定されている場合、最小値の 4 KiB が適用されます。

properties.defaultUserQuotaInKiBs

integer

0

KiB のボリュームの既定のユーザー クォータ。 isDefaultQuotaEnabled が設定されている場合、最小値の 4 KiB が適用されます。

properties.deleteBaseSnapshot

boolean

有効 (true) の場合、ボリュームの作成操作が完了した後、ボリュームが作成されたスナップショットは自動的に削除されます。 既定値は false

properties.enableSubvolumes

enableSubvolumes

Disabled

ボリュームでサブボリューム操作が有効かどうかを示すフラグ

properties.encrypted

boolean

ボリュームが暗号化されているかどうかを指定します。 2022-01-01 以降に作成または更新されたボリュームでのみ使用できます。

properties.encryptionKeySource

EncryptionKeySource

Microsoft.NetApp

ボリューム内のデータを暗号化するために使用されるキーのソース。 NetApp アカウントに encryption.keySource = 'Microsoft.KeyVault' がある場合に適用されます。 使用できる値 (大文字と小文字は区別されません) は、'Microsoft.NetApp, Microsoft.KeyVault' です。

properties.exportPolicy

ExportPolicy

exportPolicy
エクスポート ポリシー ルールのセット

properties.fileAccessLogs

fileAccessLogs

Disabled

ボリュームに存在するアクティブな診断設定に基づいて、ボリュームに対してファイル アクセス ログが有効かどうかを示すフラグ。

properties.fileSystemId

string

FileSystem ID
一意のファイルシステム識別子。

properties.isDefaultQuotaEnabled

boolean

False

ボリュームに対して既定のクォータを有効にするかどうかを指定します。

properties.isLargeVolume

boolean

False

ボリュームが大きい
ボリュームが大ボリュームか通常ボリュームかを指定します。

properties.isRestoring

boolean

Restoring

properties.kerberosEnabled

boolean

False

ボリュームが KerberosEnabled であるかどうかを説明します。 swagger バージョン 2020-05-01 以降で使用する

properties.keyVaultPrivateEndpointResourceId

string

KeyVault のプライベート エンドポイントのリソース ID。 ボリュームと同じ VNET に存在する必要があります。 encryptionKeySource = 'Microsoft.KeyVault' の場合にのみ適用されます。

properties.ldapEnabled

boolean

False

特定の NFS ボリュームに対して LDAP を有効にするかどうかを指定します。

properties.maximumNumberOfFiles

integer

許可されるファイルの最大数。 変更するにはサービス要求が必要です。 ボリューム クォータが 4TiB を超える場合にのみ変更できます。

properties.mountTargets

mountTargetProperties[]

mountTargets
マウント ターゲットの一覧

properties.networkFeatures

NetworkFeatures

Basic

ネットワーク機能
ボリュームで使用できるネットワーク機能、または更新の現在の状態。

properties.networkSiblingSetId

string

ネットワーク 兄弟セット ID
ネットワーク リソースを共有するボリュームのグループのネットワーク 兄弟セット ID。

properties.originatingResourceId

string

発信元リソース ID
ボリュームの復元元のスナップショットまたはバックアップの ID。

properties.placementRules

placementKeyValuePairs[]

ボリューム配置ルール
特定のボリュームに対するアプリケーション固有の配置規則

properties.protocolTypes

string[]

protocolTypes
一連のプロトコルの種類、既定の NFSv3、SMB プロトコルの CIFS

properties.provisionedAvailabilityZone

string

プロビジョニングされた可用性ゾーン
ボリュームがプロビジョニングされている可用性ゾーン。 これは、ボリュームが存在する論理可用性ゾーンを指します。

properties.provisioningState

string

Azure ライフサイクル管理

properties.proximityPlacementGroup

string

ボリュームに関連付けられている近接配置グループ

properties.securityStyle

SecurityStyle

unix

ボリュームのセキュリティ スタイル (既定の unix)、デュアル プロトコルまたは CIFS プロトコルの場合、既定値は ntfs です

properties.serviceLevel

ServiceLevel

Premium

serviceLevel
ファイル システムのサービス レベル

properties.smbAccessBasedEnumeration

smbAccessBasedEnumeration

smbAccessBasedEnumeration
SMB 共有のアクセスベースの列挙共有プロパティを有効にします。 SMB/DualProtocol ボリュームにのみ適用されます

properties.smbContinuouslyAvailable

boolean

False

smb ボリュームに対して継続的に使用可能な共有プロパティを有効にします。 SMB ボリュームにのみ適用されます

properties.smbEncryption

boolean

False

転送中の smb3 データの暗号化を有効にします。 SMB/DualProtocol ボリュームにのみ適用されます。 swagger バージョン 2020-08-01 以降で使用する

properties.smbNonBrowsable

smbNonBrowsable

smbNonBrowsable
SMB 共有に対してブロウ不可能なプロパティを有効にします。 SMB/DualProtocol ボリュームにのみ適用されます

properties.snapshotDirectoryVisible

boolean

True

有効 (true) の場合、ボリュームには、各ボリュームのスナップショットへのアクセスを提供する読み取り専用のスナップショット ディレクトリが含まれます (既定値は true)。

properties.snapshotId

string

スナップショット ID
スナップショットを識別するために使用されるリソース識別子。

properties.storageToNetworkProximity

VolumeStorageToNetworkProximity

記憶域からネットワークへの近接
ボリュームのネットワーク近接情報へのストレージを提供します。

properties.subnetId

string

委任されたサブネットの Azure リソース URI。 委任 Microsoft.NetApp/ボリュームが必要です

properties.t2Network

string

T2 ネットワーク情報

properties.throughputMibps

number

このボリュームで実現できる MiB/秒の最大スループット。これは手動 qosType ボリュームの入力としてのみ受け入れられます

properties.unixPermissions

string

NFS ボリュームに対する UNIX アクセス許可を 8 進数の 4 桁の形式で受け入れます。 最初の桁は、設定されたユーザー ID (4)、グループ ID (2) およびスティッキー (1) 属性を選択します。 2 番目の桁は、ファイルの所有者のアクセス許可を選択します。read (4)、write (2)、execute (1)。 3 番目は、同じグループ内の他のユーザーのアクセス許可を選択します。 グループに含まれていない他のユーザーの 4 番目のユーザー。 0755 - 所有者に対する読み取り/書き込み/実行アクセス許可を付与し、グループやその他のユーザーに対して読み取り/実行を行います。

properties.usageThreshold

integer

0

usageThreshold
ファイル システムに対して許可される最大ストレージ クォータ (バイト単位)。 これは、アラートにのみ使用されるソフト クォータです。 最小サイズは 100 GiB です。 上限は、100TiB、LargeVolume の場合は 500Tib、LargeVolume の場合は 2400Tib です。 バイト単位で指定します。

properties.volumeGroupName

string

ボリューム グループ名

properties.volumeSpecName

string

ボリューム スペック名は、データ、ログなどのボリューム グループ内の特定のボリュームのアプリケーション固有の指定または識別子です

properties.volumeType

string

ボリュームの種類は何ですか。 リージョン間レプリケーションの宛先ボリュームの場合は、種類を DataProtection に設定します

systemData

systemData

createdBy および modifiedBy 情報を含む Azure Resource Manager メタデータ。

tags

object

リソース タグ。

type

string

リソースの型。 例: "Microsoft.Compute/virtualMachines" または "Microsoft.Storage/storageAccounts"

zones

string[]

可用性ゾーン

volumeBackupProperties

ボリューム バックアップのプロパティ

名前 説明
backupPolicyId

string

バックアップ ポリシー リソース ID

backupVaultId

string

Backup Vault リソース ID

policyEnforced

boolean

ポリシーの適用

volumeRelocationProperties

ボリューム再配置プロパティ

名前 説明
readyToBeFinalized

boolean

再配置が完了し、クリーンアップする準備が整いました

relocationRequested

boolean

このボリュームの再配置が要求されました

volumeSnapshotProperties

ボリューム スナップショットのプロパティ

名前 説明
snapshotPolicyId

string

スナップショット ポリシー ResourceId

VolumeStorageToNetworkProximity

記憶域からネットワークへの近接性

名前 説明
AcrossT2

string

ネットワーク接続への Standard AcrossT2 ストレージ。

Default

string

ネットワーク接続への基本的なストレージ。

T1

string

Standard T1 Storage からネットワークへの接続。

T2

string

Standard T2 Storage からネットワークへの接続。