次の方法で共有


Private Endpoint Connections - Delete

指定した名前のプライベート エンドポイント接続を削除します。

DELETE https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.DBforPostgreSQL/servers/{serverName}/privateEndpointConnections/{privateEndpointConnectionName}?api-version=2018-06-01

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
privateEndpointConnectionName
path True

string

resourceGroupName
path True

string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

serverName
path True

string

サーバーの名前。

subscriptionId
path True

string

ターゲット サブスクリプションの ID。

api-version
query True

string

この操作に使用する API バージョン。

応答

名前 説明
200 OK

プライベート エンドポイント接続が正常に削除されました。

202 Accepted

同意

204 No Content

プライベート エンドポイント接続が存在しません。

Other Status Codes

CloudError

操作に失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー

型: oauth2
フロー: implicit
Authorization URL (承認 URL): https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

スコープ

名前 説明
user_impersonation ユーザー アカウントの借用

Deletes a private endpoint connection with a given name.

要求のサンプル

DELETE https://management.azure.com/subscriptions/00000000-1111-2222-3333-444444444444/resourceGroups/Default/providers/Microsoft.DBforPostgreSQL/servers/test-svr/privateEndpointConnections/private-endpoint-connection-name?api-version=2018-06-01

応答のサンプル

定義

名前 説明
CloudError

Batch サービスからのエラー応答。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorResponse

エラー応答

CloudError

Batch サービスからのエラー応答。

名前 説明
error

ErrorResponse

エラー応答
失敗した操作のエラーの詳細を返す、すべての Azure Resource Manager API に対する一般的なエラー応答 (これは OData エラー応答形式にも従います)。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

名前 説明
info

object

追加情報。

type

string

追加情報の種類。

ErrorResponse

エラー応答

名前 説明
additionalInfo

ErrorAdditionalInfo[]

エラーの追加情報。

code

string

エラー コード。

details

ErrorResponse[]

エラーの詳細です。

message

string

エラー メッセージ。

target

string

エラーのターゲット。