次の方法で共有


Server Security Alert Policies - Create Or Update

脅威検出ポリシーを作成または更新します。

PUT https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.DBforPostgreSQL/servers/{serverName}/securityAlertPolicies/Default?api-version=2017-12-01

URI パラメーター

名前 / 必須 説明
resourceGroupName
path True

string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

securityAlertPolicyName
path True

SecurityAlertPolicyName

脅威検出ポリシーの名前。

serverName
path True

string

サーバーの名前。

subscriptionId
path True

string

ターゲット サブスクリプションの ID。

api-version
query True

string

この操作に使用する API バージョン。

要求本文

名前 必須 説明
properties.state True

ServerSecurityAlertPolicyState

ポリシーの状態を指定します。有効か無効かを指定します。

properties.disabledAlerts

string[]

無効になっているアラートの配列を指定します。 使用できる値: Sql_Injection、Sql_Injection_Vulnerability、Access_Anomaly

properties.emailAccountAdmins

boolean

アラートがアカウント管理者に送信されることを指定します。

properties.emailAddresses

string[]

アラートの送信先となる電子メール アドレスの配列を指定します。

properties.retentionDays

integer

脅威検出監査ログに保持する日数を指定します。

properties.storageAccountAccessKey

string

脅威検出監査ストレージ アカウントの識別子キーを指定します。

properties.storageEndpoint

string

BLOB ストレージ エンドポイント (例: ) を指定します。 https://MyAccount.blob.core.windows.net この BLOB ストレージには、すべての脅威検出監査ログが保持されます。

応答

名前 説明
200 OK

ServerSecurityAlertPolicy

脅威検出ポリシーが正常に更新されました。

202 Accepted

サーバー脅威検出ポリシーを設定する要求を作成しました。

Other Status Codes

セキュリティ アラート ポリシーを設定する操作が失敗した理由を説明するエラー応答。

Update a server's threat detection policy with all parameters
Update a server's threat detection policy with minimal parameters

Update a server's threat detection policy with all parameters

Sample request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/00000000-1111-2222-3333-444444444444/resourceGroups/securityalert-4799/providers/Microsoft.DBforPostgreSQL/servers/securityalert-6440/securityAlertPolicies/Default?api-version=2017-12-01

{
  "properties": {
    "state": "Enabled",
    "emailAccountAdmins": true,
    "emailAddresses": [
      "testSecurityAlert@microsoft.com"
    ],
    "disabledAlerts": [
      "Access_Anomaly",
      "Usage_Anomaly"
    ],
    "retentionDays": 5,
    "storageAccountAccessKey": "sdlfkjabc+sdlfkjsdlkfsjdfLDKFTERLKFDFKLjsdfksjdflsdkfD2342309432849328476458/3RSD==",
    "storageEndpoint": "https://mystorage.blob.core.windows.net"
  }
}

Sample response

{
  "id": "/subscriptions/00000000-1111-2222-3333-444444444444/resourceGroups/securityalert-4799/providers/Microsoft.DBforPostgreSQL/servers/securityalert-6440/securityAlertPolicies/default",
  "name": "Default",
  "type": "Microsoft.DBforPostgreSQL/servers/securityAlertPolicies",
  "properties": {
    "state": "Enabled",
    "emailAccountAdmins": true,
    "emailAddresses": [
      "testSecurityAlert@microsoft.com"
    ],
    "disabledAlerts": [
      "Access_Anomaly",
      "Usage_Anomaly"
    ],
    "retentionDays": 5,
    "storageEndpoint": "https://mystorage.blob.core.windows.net"
  }
}

Update a server's threat detection policy with minimal parameters

Sample request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/00000000-1111-2222-3333-444444444444/resourceGroups/securityalert-4799/providers/Microsoft.DBforPostgreSQL/servers/securityalert-6440/securityAlertPolicies/Default?api-version=2017-12-01

{
  "properties": {
    "state": "Disabled",
    "emailAccountAdmins": true
  }
}

Sample response

{
  "id": "/subscriptions/00000000-1111-2222-3333-444444444444/resourceGroups/securityalert-4799/providers/Microsoft.DBforPostgreSQL/servers/securityalert-6440/securityAlertPolicies/default",
  "name": "Default",
  "type": "Microsoft.DBforPostgreSQL/servers/securityAlertPolicies",
  "properties": {
    "state": "Enabled",
    "emailAccountAdmins": true,
    "emailAddresses": [
      ""
    ],
    "disabledAlerts": [
      ""
    ],
    "retentionDays": 0,
    "storageEndpoint": ""
  }
}

定義

名前 説明
SecurityAlertPolicyName

脅威検出ポリシーの名前。

ServerSecurityAlertPolicy

サーバー セキュリティ アラート ポリシー。

ServerSecurityAlertPolicyState

ポリシーの状態を指定します。有効か無効かを指定します。

SecurityAlertPolicyName

脅威検出ポリシーの名前。

名前 説明
Default

string

ServerSecurityAlertPolicy

サーバー セキュリティ アラート ポリシー。

名前 説明
id

string

リソースの完全修飾リソース ID。 例 - /subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/{resourceProviderNamespace}/{resourceType}/{resourceName}

name

string

リソースの名前

properties.disabledAlerts

string[]

無効になっているアラートの配列を指定します。 使用できる値: Sql_Injection、Sql_Injection_Vulnerability、Access_Anomaly

properties.emailAccountAdmins

boolean

アラートがアカウント管理者に送信されることを指定します。

properties.emailAddresses

string[]

アラートの送信先となる電子メール アドレスの配列を指定します。

properties.retentionDays

integer

脅威検出監査ログに保持する日数を指定します。

properties.state

ServerSecurityAlertPolicyState

ポリシーの状態を指定します。有効か無効かを指定します。

properties.storageAccountAccessKey

string

脅威検出監査ストレージ アカウントの識別子キーを指定します。

properties.storageEndpoint

string

BLOB ストレージ エンドポイント (例: ) を指定します。 https://MyAccount.blob.core.windows.net この BLOB ストレージには、すべての脅威検出監査ログが保持されます。

type

string

リソースの型。 例: "Microsoft.Compute/virtualMachines" または "Microsoft.Storage/storageAccounts"

ServerSecurityAlertPolicyState

ポリシーの状態を指定します。有効か無効かを指定します。

名前 説明
Disabled

string

Enabled

string