Modeling - Create Or Update

モデリング リソースを作成または更新します。

PUT https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.RecommendationsService/accounts/{accountName}/modeling/{modelingName}?api-version=2022-02-01

URI パラメーター

Name In Required Type Description
accountName
path True
  • string

RecommendationsService アカウント リソースの名前。

modelingName
path True
  • string

モデリング リソースの名前。

resourceGroupName
path True
  • string

リソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。

subscriptionId
path True
  • string

ターゲット サブスクリプションの ID。

api-version
query True
  • string

この操作に使用する API バージョン。

要求本文

Name Required Type Description
location True
  • string

リソースが存在する地理的な場所

properties

リソース プロパティのモデリング。

tags
  • object

リソース タグ。

応答

Name Type Description
200 OK

成功した。

201 Created

モデリング リソースが作成または更新されています。

Other Status Codes

操作に失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

Azure Active Directory OAuth2 フロー。

Type: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

Name Description
user_impersonation ユーザー アカウントを偽装します。

Create or update Modeling resource

Sample Request

PUT https://management.azure.com/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/rg/providers/Microsoft.RecommendationsService/accounts/sampleAccount/modeling/c1?api-version=2022-02-01

{
  "location": "West US",
  "tags": {
    "Environment": "Prod"
  },
  "properties": {
    "features": "Standard",
    "frequency": "High",
    "size": "Medium",
    "inputData": {
      "connectionString": "https://storageAccount.blob.core.windows.net/container/root"
    }
  }
}

Sample Response

{
  "id": "/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/rg/providers/Microsoft.RecommendationsService/accounts/sampleAccount/modeling/c1",
  "name": "c1",
  "type": "Microsoft.RecommendationsService/accounts/modeling",
  "location": "West US",
  "tags": {
    "Environment": "Prod"
  },
  "systemData": {},
  "properties": {
    "features": "Standard",
    "frequency": "High",
    "size": "Medium",
    "inputData": {
      "connectionString": "https://storageAccount.blob.core.windows.net/container/root"
    },
    "provisioningState": "Succeeded"
  }
}
{
  "id": "/subscriptions/xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx/resourceGroups/rg/providers/Microsoft.RecommendationsService/accounts/sampleAccount/modeling/c1",
  "name": "c1",
  "type": "Microsoft.RecommendationsService/accounts/modeling",
  "location": "West US",
  "tags": {
    "Environment": "Prod"
  },
  "systemData": {},
  "properties": {
    "features": "Standard",
    "frequency": "High",
    "size": "Medium",
    "inputData": {
      "connectionString": "https://storageAccount.blob.core.windows.net/container/root"
    },
    "provisioningState": "Accepted"
  }
}

定義

AccountConfiguration

アカウントの構成。 これは RecommendationsService アカウントの作成時にのみ設定できます。

CorsRule

CORS の詳細。

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

EndpointAuthentication

サービス エンドポイントの認証の詳細。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

ErrorDetail

エラーの詳細。

ErrorResponse

エラー応答

ModelingFeatures

モデリング機能は、計算されるサポートされているシナリオとモデルのセットを制御します。 これは、モデリングの作成時にのみ設定できます。

ModelingFrequency

モデリング頻度は、モデリングの計算頻度を制御します。

ModelingInputData

モデリング リソース入力として使用する生 CDM データへの構成。

ModelingResource

リソースの詳細のモデリング。

ModelingSize

モデリング サイズは、サポートされる最大入力データ サイズを制御します。

principalType

AAD プリンシパルの種類。

Properties

アカウント リソースのプロパティ。

systemData

リソースの作成と最後の変更に関するメタデータ。

AccountConfiguration

アカウントの構成。 これは RecommendationsService アカウントの作成時にのみ設定できます。

Name Type Description
Capacity
  • string
Free
  • string

CorsRule

CORS の詳細。

Name Type Description
allowedHeaders
  • string[]

元のドメインが CORS 要求に指定できる要求ヘッダー。

allowedMethods
  • string[]

元のドメインが CORS 要求で使用できるメソッド (HTTP 要求の動詞)。

allowedOrigins
  • string[]

CORS 経由でサービスに対して要求を行うために許可されている配信元ドメイン。

exposedHeaders
  • string[]

CORS クライアントに公開する応答ヘッダー。

maxAgeInSeconds
  • integer

クライアント/ブラウザーがプレフライト応答をキャッシュする秒数。

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

Name Type Description
Application
  • string
Key
  • string
ManagedIdentity
  • string
User
  • string

EndpointAuthentication

サービス エンドポイントの認証の詳細。

Name Type Description
aadTenantID
  • string

AAD テナント ID。

principalID
  • string

AAD プリンシパル ID。

principalType

AAD プリンシパルの種類。

ErrorAdditionalInfo

リソース管理エラーの追加情報。

Name Type Description
info
  • object

追加情報。

type
  • string

追加情報の種類。

ErrorDetail

エラーの詳細。

Name Type Description
additionalInfo

エラーの追加情報。

code
  • string

エラー コード。

details

エラーの詳細です。

message
  • string

エラー メッセージ。

target
  • string

エラーターゲット。

ErrorResponse

エラー応答

Name Type Description
error

エラー オブジェクト。

ModelingFeatures

モデリング機能は、計算されるサポートされているシナリオとモデルのセットを制御します。 これは、モデリングの作成時にのみ設定できます。

Name Type Description
Basic
  • string
Premium
  • string
Standard
  • string

ModelingFrequency

モデリング頻度は、モデリングの計算頻度を制御します。

Name Type Description
High
  • string
Low
  • string
Medium
  • string

ModelingInputData

モデリング リソース入力として使用する生 CDM データへの構成。

Name Type Description
connectionString
  • string

生の入力データへの接続文字列。

ModelingResource

リソースの詳細のモデリング。

Name Type Description
id
  • string

リソースの完全修飾リソース ID。 例 - /subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/{resourceProviderNamespace}/{resourceType}/{resourceName}

location
  • string

リソースが存在する地理的な場所

name
  • string

リソースの名前

properties

リソース プロパティのモデリング。

systemData

リソースの作成と最後の変更に関するメタデータ。

tags
  • object

リソース タグ。

type
  • string

リソースの型。 例: "Microsoft.Compute/virtualMachines" または "Microsoft.Storage/storageAccounts"

ModelingSize

モデリング サイズは、サポートされる最大入力データ サイズを制御します。

Name Type Description
Large
  • string
Medium
  • string
Small
  • string

principalType

AAD プリンシパルの種類。

Name Type Description
Application
  • string
User
  • string

Properties

アカウント リソースのプロパティ。

Name Type Description
configuration

アカウントの構成。 これは RecommendationsService アカウントの作成時にのみ設定できます。

cors

CORS の詳細の一覧。

endpointAuthentications

サービス エンドポイントの認証の詳細の一覧。

provisioningState
  • string

リソースのプロビジョニング状態。

reportsConnectionString
  • string

アカウント レポートを書き込む接続文字列。

systemData

リソースの作成と最後の変更に関するメタデータ。

Name Type Description
createdAt
  • string

リソース作成のタイムスタンプ (UTC)。

createdBy
  • string

リソースを作成した ID。

createdByType

リソースを作成した ID の種類。

lastModifiedAt
  • string

リソースの最終変更 (UTC) のタイムスタンプ

lastModifiedBy
  • string

リソースを最後に変更した ID。

lastModifiedByType

リソースを最後に変更した ID の種類。