Move Collections - Initiate Move

要求本文に含まれるリソースのセットを移動します。 移動操作は、moveResources が moveState 'MovePending' または 'MoveFailed' 内にある後にトリガーされます。正常に完了すると、moveResource moveState は CommitPending に遷移します。 ユーザーが操作の前提条件を満たすのを支援するために、クライアントは validateOnly プロパティを true に設定して操作を呼び出すことができます。

POST https://management.azure.com/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.Migrate/moveCollections/{moveCollectionName}/initiateMove?api-version=2021-01-01

URI パラメーター

Name In Required Type Description
moveCollectionName
path True
  • string

コレクション名の移動。

resourceGroupName
path True
  • string

リソース グループ名。

subscriptionId
path True
  • string

サブスクリプション ID。

api-version
query True
  • string

クライアント API のバージョン。

要求本文

Name Required Type Description
moveResources True
  • string[]

リソース ID の一覧を取得または設定します。入力の種類が moveResourceInputType プロパティを使用して切り替えされない限り、既定では移動リソース ID を受け入れます。

moveResourceInputType

移動リソースの入力の種類を定義します。

validateOnly
  • boolean

操作が前提条件のみを実行する必要があるかどうかを示す値を取得または設定します。

応答

Name Type Description
200 OK

OK

202 Accepted

承認済み

Other Status Codes

操作に失敗した理由を説明するエラー応答。

セキュリティ

azure_auth

OAuth2 FlowをAzure Active Directoryする

Type: oauth2
Flow: implicit
Authorization URL: https://login.microsoftonline.com/common/oauth2/authorize

Scopes

Name Description
user_impersonation ユーザー アカウントを偽装する

MoveCollections_InitiateMove

Sample Request

POST https://management.azure.com/subscriptions/subid/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.Migrate/moveCollections/movecollection1/initiateMove?api-version=2021-01-01

{
  "validateOnly": false,
  "moveResources": [
    "/subscriptions/subid/resourceGroups/rg1/providers/Microsoft.Migrate/MoveCollections/movecollection1/MoveResources/moveresource1"
  ]
}

Sample Response

{
  "id": "/subscriptions/e80eb9fa-c996-4435-aa32-5af6f3d3077c/resourceGroups/RegionMoveRG-southcentralus-southeastasia/providers/Microsoft.Migrate/MoveCollections/MoveCollection-southcentralus-southeastasia/operations/1e4193c3-206e-4916-b124-1da16175eb0e",
  "name": "1e4193c3-206e-4916-b124-1da16175eb0e",
  "status": "Succeeded",
  "startTime": "6/17/2020 6:45:55 AM",
  "endTime": "6/17/2020 6:45:56 AM",
  "error": null,
  "properties": {}
}

定義

AffectedMoveResource

RP カスタム操作エラー情報。

CloudError

サービスからのエラー応答。

CloudErrorBody

サービスからのエラー応答。

MoveErrorInfo

カスタム エラー情報の移動。

MoveResourceInputType

移動リソースの入力の種類を定義します。

OperationErrorAdditionalInfo

操作エラー情報。

OperationStatus

操作状態 REST リソース。

OperationStatusError

操作状態エラーのクラス。

OperationStatusProperties

操作結果プロパティのクラス。

ResourceMoveRequest

リソース移動操作の要求本文を定義します。

AffectedMoveResource

RP カスタム操作エラー情報。

Name Type Description
id
  • string

影響を受ける移動リソース ID。

moveResources

影響を受ける移動リソース。

sourceId
  • string

影響を受ける移動リソース ソース ID。

CloudError

サービスからのエラー応答。

Name Type Description
error

クラウド エラー本文。

CloudErrorBody

サービスからのエラー応答。

Name Type Description
code
  • string

エラーの識別子。 コードは不変であり、プログラムによって使用されることを意図しています。

details

エラーに関するその他の詳細の一覧。

message
  • string

ユーザー インターフェイスでの表示に適したエラーを説明するメッセージ。

target
  • string

特定のエラーのターゲット。 たとえば、エラーのプロパティの名前です。

MoveErrorInfo

カスタム エラー情報の移動。

Name Type Description
moveResources

影響を受ける移動リソース。

MoveResourceInputType

移動リソースの入力の種類を定義します。

Name Type Description
MoveResourceId
  • string
MoveResourceSourceId
  • string

OperationErrorAdditionalInfo

操作エラー情報。

Name Type Description
info

操作エラー情報。

type
  • string

エラーの種類。

OperationStatus

操作状態 REST リソース。

Name Type Description
endTime
  • string

終了時刻。

error

操作のすべてのエラーの詳細を示すエラー。

id
  • string

リソース ID。

name
  • string

操作の名前。

properties

カスタム データ。

startTime
  • string

開始時刻。

status
  • string

操作の状態。 ARM は、ターミナルの状態が Succeeded/Failed/Canceled のいずれかであると想定しています。 他のすべての値は、操作がまだ実行されていることを意味します。

OperationStatusError

操作状態エラーのクラス。

Name Type Description
additionalInfo

追加情報。

code
  • string

エラー コード。

details

エラーの詳細です。

message
  • string

エラー メッセージ。

OperationStatusProperties

操作結果プロパティのクラス。

ResourceMoveRequest

リソース移動操作の要求本文を定義します。

Name Type Description
moveResourceInputType

移動リソースの入力の種類を定義します。

moveResources
  • string[]

リソース ID の一覧を取得または設定します。入力の種類が moveResourceInputType プロパティを使用して切り替えされない限り、既定では移動リソース ID を受け入れます。

validateOnly
  • boolean

操作が前提条件のみを実行する必要があるかどうかを示す値を取得または設定します。