次の方法で共有


DeployedServiceTypeInfo v82

ノードにデプロイされたサービスの種類に関する情報、ノードでのサービスの種類の登録の状態などの情報。

プロパティ

名前 Type 必須
ServiceTypeName string いいえ
ServiceManifestName string いいえ
CodePackageName string いいえ
Status string (enum) いいえ
ServicePackageActivationId string いいえ

ServiceTypeName

: string
必須: いいえ

サービス マニフェストで指定されたサービスの種類の名前。


ServiceManifestName

: string
必須: いいえ

このサービスの種類が定義されているサービス マニフェストの名前。


CodePackageName

: string
必須: いいえ

サービスの種類を登録したコード パッケージの名前。


Status

: string (enum)
必須: いいえ

ノードでのサービスの種類の登録の状態。

次のいずれかの値になります。

  • Invalid - 登録状態が無効であることを示します。 すべての Service Fabric 列挙体の型が無効です。 値は 0 です。
  • Disabled - このノードでサービスの種類が無効になっていることを示します。 サービスの種類をホストしているコード パッケージのエラーが多すぎると、型が無効になります。 サービスの種類が無効になっている場合、そのサービスの種類の新しいレプリカは、再度有効になるまでノードに配置されません。 サービスの種類は、ホストするプロセスが起動し、型または事前構成済みの時間間隔が経過した後に再度有効になります。 値は 1 です。
  • Enabled - このノードでサービスの種類が有効になっていることを示します。 このサービスの種類のレプリカは、コード パッケージがサービスの種類を登録するときに、このノードに配置できます。 値は 2 です。
  • Registered - サービスの種類が有効になっており、コード パッケージによってノードに登録されていることを示します。 このサービスの種類のレプリカをこのノードに配置できるようになりました。 値は 3 です。

ServicePackageActivationId

: string
必須: いいえ

デプロイされたサービス パッケージの ActivationId。 サービスの作成時に指定された ServicePackageActivationMode が 'SharedProcess' の場合 (または指定されていない場合は既定で 'SharedProcess' になります)、ServicePackageActivationId の値は常に空の文字列になります。