Client ServiceLoadMetricDescription v82

実行時にサービスの負荷分散を行うメトリックを指定します。

Properties

名前 Type 必須
Name string はい
Weight string (enum) いいえ
PrimaryDefaultLoad 整数 (integer) いいえ
SecondaryDefaultLoad 整数 (integer) いいえ
AuxiliaryDefaultLoad 整数 (integer) いいえ
DefaultLoad 整数 (integer) いいえ

Name

: 文字列
必須: はい

メトリックの名前。 サービスが実行時に読み込みをレポートすることを選択した場合、読み込みメトリック名は[名前] で指定された名前と正確に一致する必要があります。 メトリック名では大文字と小文字が区別されることに注意してください。


Weight

: 文字列 (列挙型)
必須: いいえ

サービスの負荷メトリックの相対的な重みで、このサービス用に構成されたその他のメトリックと比較し、数値で表します。

このサービス用に構成されている他のメトリックに対する、メトリックの相対的な重みを決定します。 実行時に、2 つのメトリックが最終的に競合する場合、クラスター リソース マネージャーは重みの大きいメトリックを優先します。

設定可能な値は、次のとおりです。

  • Zero - このメトリックのリソース分散を無効にします。 この値は 0 です。
  • Low - サービス負荷のメトリックの重みを低として指定します。 値は 1 です。
  • Medium - サービス負荷のメトリックの重みを中として指定します。 値は 2 です。
  • High - サービス負荷のメトリックの重みを高として指定します。 値は 3 です。

PrimaryDefaultLoad

: 整数
必須: いいえ

ステートフル サービスでのみ使用されます。 サービスがプライマリ レプリカである場合、このサービスがメトリックのために作成する既定の負荷量で、数値で表されます。


SecondaryDefaultLoad

: 整数
必須: いいえ

ステートフル サービスでのみ使用されます。 サービスがセカンダリ レプリカである場合、このサービスがメトリックのために作成する既定の負荷量で、数値で表されます。


AuxiliaryDefaultLoad

: 整数
必須: いいえ

ステートフル サービスでのみ使用されます。 補助レプリカの場合にこのメトリックに対してこのサービスによって作成される既定の負荷量 (数値)。


DefaultLoad

: 整数
必須: いいえ

ステートレス サービスでのみ使用されます。 このメトリックに対してこのサービスによって作成される既定の負荷量 (数値)。