次の方法で共有


セキュリティ情報

Microsoft セキュリティ情報 MS09-062 - 重大

GDI+ の脆弱性により、リモートでコードが実行される (957488)

公開日: 2009 年 10 月 13 日 |更新日: 2010 年 1 月 12 日

バージョン: 2.2

一般情報

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows GDI+ で非公開で報告されたいくつかの脆弱性を解決します。 これらの脆弱性により、ユーザーが影響を受けるソフトウェアを使用して特別に細工されたイメージ ファイルを表示したり、特別に細工されたコンテンツを含む Web サイトを参照したりした場合、リモートでコードが実行される可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

このセキュリティ更新プログラムは、Windows XP および Windows Server 2003 でサポートされているすべてのエディションで重大と評価されます。Windows Vista および Windows Vista Service Pack 1;Windows Vista x64 Edition および Windows Vista x64 Edition Service Pack 1;32 ビット システム用 Windows Server 2008、x64 ベース システム用 Windows Server 2008、Itanium ベースシステム用 Windows Server 2008。Microsoft Internet エクスプローラー 6 Service Pack 1 が Microsoft Windows 2000 Service Pack 4、SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2、SQL Server 2005、Microsoft Report Viewer 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ、Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ、および Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ Service Pack 1 にインストールされている場合。

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows 2000 でサポートされているすべてのエディションの Microsoft .NET Framework 1.1 および Microsoft .NET Framework 2.0 で重要と評価されます。Microsoft Office XP;Microsoft Office 2003;Microsoft Office 2003 の影響を受けるすべての Office Viewer ソフトウェア。2007 Microsoft Office System;2007 Microsoft Office System の影響を受けるすべての Office Viewer ソフトウェア。Microsoft Office 互換機能パック。Microsoft Office Project 2002;Microsoft Visio 2002;Microsoft Works 8.5;および Microsoft Forefront Client Security 1.0。

詳細については、このセクションの「影響を受けるソフトウェア」および「影響を受けるソフトウェア」のサブセクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、WMF イメージをレンダリングするときに GDI+ 内で適切なデータ検証を導入することで、この脆弱性を解決します。PNG ファイルを読み取るときに GDI+ がヒープ バッファーを管理する方法を変更する。GDI+ が TIFF ファイルを読み取るときに使用されるバッファーを割り当てる方法を変更する。特定の .NET API 呼び出しが行われたときに GDI+ がバッファーを管理する方法を変更する。PNG イメージの解析中に GDI+ がバッファーの必要なサイズを計算する方法を変更する。特別に細工されたファイルを開く方法を変更します。 脆弱性の詳細については、次のセクション 「脆弱性情報」の下にある特定の脆弱性エントリについてよく寄せられる質問 (FAQ) サブセクションを参照してください。

推奨。 Microsoft では、お客様が更新プログラムを直ちに適用することをお勧めします。

既知の問題。Microsoft サポート技術情報の記事957488 、このセキュリティ更新プログラムのインストール時にユーザーが発生する可能性がある現在の既知の問題について説明しています。 この記事では、これらの問題に対して推奨される解決策についても説明します。

影響を受けるソフトウェアと影響を受けないもの

次のソフトウェアは、影響を受けるバージョンまたはエディションを特定するためにテストされています。 その他のバージョンまたはエディションは、サポート ライフサイクルを過ぎたか、影響を受けません。 ソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフサイクルを決定するには、Microsoft サポート ライフサイクルにアクセスしてください。

Microsoft Windows とコンポーネント

オペレーティング システム コンポーネント セキュリティへの影響の最大値 重大度の評価の集計 この更新プログラムに置き換えられたセキュリティ情報
Microsoft Windows
Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3 (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
Windows Server 2003 Service Pack 2 (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
Itanium ベース システム用 Windows Server 2003 SP2 (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
Windows Vista および Windows Vista Service Pack 1 (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
Windows Vista x64 Edition および Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
32 ビット システム用 Windows Server 2008* (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
x64 ベース システム用 Windows Server 2008* (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
Windows Server 2008 for Itanium ベースのシステム (KB (キロバイト)958869) 適用なし リモート コードの実行 重大 MS08-052
Internet Explorer
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 Microsoft Internet エクスプローラー 6 Service Pack 1 (KB (キロバイト)958869) リモート コードの実行 重大 MS08-052
Microsoft .NET フレームワーク
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 (KB (キロバイト)971108) Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 (KB (キロバイト)971110) リモート コードの実行 重要 MS08-052
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (KB (キロバイト)971111) リモート コードの実行 重要 なし

*Server Core のインストールは影響を受けません。 この更新プログラムで対処される脆弱性は、Server Core インストール オプションを使用してインストールされた場合、示されているように、サポートされている Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 のエディションには影響しません。 このインストール オプションの詳細については、MSDN の記事、Windows Server 2008 R2 の Server Core および Server Core を参照してください。 Server Core のインストール オプションは、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 の特定のエディションには適用されないことに注意してください。「Server Core インストール オプションの比較」を参照してください。

Microsoft Office

Office Suite とその他のソフトウェア セキュリティへの影響の最大値 重大度の評価の集計 この更新プログラムに置き換えられたセキュリティ情報
Microsoft Office スイート
Microsoft Office XP Service Pack 3 (KB (キロバイト)974811)* リモート コードの実行 重要 MS08-052
Microsoft Office 2003 Service Pack 3 (KB (キロバイト)972580)** リモート コードの実行 重要 MS08-052
2007 Microsoft Office System Service Pack 1 (KB (キロバイト)972581)*** リモート コードの実行 重要 MS08-052
2007 Microsoft Office System Service Pack 2 (KB (キロバイト)972581)*** リモート コードの実行 重要 なし
その他の Office ソフトウェア
Microsoft Office Project 2002 Service Pack 1 (KB (キロバイト)974811)* リモート コードの実行 重要 MS08-052
Microsoft Visio 2002 Service Pack 2 (KB (キロバイト)975365) リモート コードの実行 重要 MS08-052
Microsoft Word Viewer 2003 Service Pack 3 と Microsoft Office Excel Viewer 2003 Service Pack 3 (KB (キロバイト)972580)** リモート コードの実行 重要 MS08-052
Microsoft Office Excel Viewer Service Pack 2、Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 1、および Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 2 (KB (キロバイト)972581)*** リモート コードの実行 重要 MS08-052
PowerPoint Viewer 2007 Service Pack 2 (KB (キロバイト)972581)*** リモート コードの実行 重要 なし
Microsoft Office Compatibility Pack for Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式 Service Pack 1 (KB (キロバイト)972581)*** リモート コードの実行 重要 MS08-052
Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式 Service Pack 2 (KB (キロバイト)972581)*** 用 Microsoft Office 互換機能パック リモート コードの実行 重要 なし
Microsoft Works 8.5 (KB (キロバイト)973636) リモート コードの実行 重要 MS09-024

*これらの更新プログラムは同じです。

**これらの更新プログラムは同じです。

これらの更新プログラムは同じです。

注: Office Communicator 2005 と Office Communicator 2007 は、影響を受けるコードを含むgdiplus.dllのコピーを配布します。 ただし、Microsoft の分析では、これらの製品に公開されている信頼性の高い攻撃ベクトルがないことを示しています。

Microsoft SQL Server

ソフトウェアのバージョンまたはエディションによっては、Microsoft ダウンロード センターから更新プログラムを手動でインストールするために、以下の GDR と QFE ソフトウェア更新プログラムのリンクを選択する必要がある場合があります。 システムにインストールする更新プログラムを決定する方法の詳細については、 このセクションの「このセキュリティ更新プログラム に関連するよく寄せられる質問 (FAQ)」サブセクションを参照してください。

GDR ソフトウェア 更新 QFE ソフトウェア 更新 セキュリティへの影響の最大値 重大度の評価の集計 この更新プログラムに置き換えられたセキュリティ情報
適用なし SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2\ (KB (キロバイト)970899) リモート コードの実行 重大 MS08-052
SQL Server 2005 Service Pack 2\ (KB (キロバイト)970895)* SQL Server 2005 Service Pack 2\ (KB (キロバイト)970896)* リモート コードの実行 重大 MS09-004
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 2\ (KB (キロバイト)970895)* SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 2\ (KB (キロバイト)970896)* リモート コードの実行 重大 MS09-004
SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2\ (KB (キロバイト)970895)* SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2\ (KB (キロバイト)970896)* リモート コードの実行 重大 MS09-004
SQL Server 2005 Service Pack 3\ (KB (キロバイト)970892)** SQL Server 2005 Service Pack 3\ (KB (キロバイト)970894)** リモート コードの実行 重大 なし
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 3\ (KB (キロバイト)970892)** SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 3\ (KB (キロバイト)970894)** リモート コードの実行 重大 なし
SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 3\ (KB (キロバイト)970892)** SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 3\ (KB (キロバイト)970894)** リモート コードの実行 重大 なし

*Reporting Services SharePoint 依存関係を持つ SQL Server 2005 Service Pack 2 のお客様は、Microsoft ダウンロード センターから Service Pack 2 用 Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services アドインをインストールする必要もあります。

**Reporting Services SharePoint 依存関係を持つ SQL Server 2005 Service Pack 3 のお客様は、Microsoft ダウンロード センターから Service Pack 3 用 Microsoft SQL Server 2005 Reporting Services アドインをインストールする必要もあります。

開発者ツール

ソフトウェア セキュリティへの影響の最大値 重大度の評価の集計 この更新プログラムに置き換えられたセキュリティ情報
Microsoft Visual Studio .NET 2003 Service Pack 1\ (KB (キロバイト)971022) なし None[1] MS08-052
Microsoft Visual Studio 2005 Service Pack 1\ (KB (キロバイト)971023) なし None[1] MS08-052
Microsoft Visual Studio 2008\ (KB (キロバイト)972221) なし None[1] MS08-052
Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1\ (KB (キロバイト)972222) なし None[1] なし
Microsoft Report Viewer 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ\ (KB (キロバイト)971117) リモート コードの実行 重大 MS08-052
Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ\ (KB (キロバイト)971118) リモート コードの実行 重大 MS08-052
Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ Service Pack 1\ (KB (キロバイト)971119) リモート コードの実行 重大 なし
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4\ (KB (キロバイト)971104) にインストールされている場合の Microsoft Visual FoxPro 8.0 Service Pack 1 なし None[1] MS08-052
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4\ にインストールされている場合の Microsoft Visual FoxPro 9.0 Service Pack 2\ (KB (キロバイト)971105) なし None[1] MS08-052
Microsoft Platform SDK 再頒布可能パッケージ: GDI+\ (KB (キロバイト)975337) なし None[1] MS08-052

[1]マイクロソフトは、これらのソフトウェアに固有のこのセキュリティ情報で説明されている脆弱性に関連する攻撃ベクトルを特定していないため、この更新プログラムには重大度評価は適用されません。 ただし、このセキュリティ更新プログラムは、独自の更新バージョンのアプリケーションを発行できるように、このソフトウェアを使用する開発者に提供されています。 以下の 「このセキュリティ更新プログラム に関連するよく寄せられる質問 (FAQ)」セクションのエントリを参照してください。

セキュリティ ソフトウェア

ソフトウェア セキュリティへの影響の最大値 重大度の評価の集計 この更新プログラムに置き換えられたセキュリティ情報
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4\ (KB (キロバイト)975962) にインストールされている場合の Microsoft Forefront Client Security 1.0 リモート コードの実行 重要 MS08-052

影響を受けるソフトウェア以外のソフトウェア

ソフトウェア コンポーネント
オペレーティング システムとコンポーネント
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 適用なし
Windows Vista Service Pack 2 適用なし
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 適用なし
Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2 適用なし
x64 ベースシステム Service Pack 2 用 Windows Server 2008 適用なし
Windows Server 2008 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2 適用なし
Windows 7 for 32 ビット システム 適用なし
Windows 7 for x64 ベースのシステム 適用なし
x64 ベース システム用 Windows Server 2008 R2 適用なし
Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems 適用なし
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 Microsoft Internet エクスプローラー 5.01 Service Pack 4 Windows Messenger 5.1
Windows XP Service Pack 2 と Windows XP Service Pack 3 Microsoft Internet エクスプローラー 6 Windows Internet エクスプローラー 7 Windows Internet エクスプローラー 8 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7 Windows Messenger 5.1
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 Microsoft Internet エクスプローラー 6 Windows Internet エクスプローラー 7 Windows Internet エクスプローラー 8 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7 Windows Messenger 5.1
Windows Server 2003 Service Pack 2 Microsoft Internet エクスプローラー 6 Windows Internet エクスプローラー 7 Windows Internet エクスプローラー 8 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7 Windows Messenger 5.1
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 Microsoft Internet エクスプローラー 6 Windows Internet エクスプローラー 7 Windows Internet エクスプローラー 8 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7 Windows Messenger 5.1
Itanium ベースのシステム用 Windows Server 2003 SP2 Microsoft Internet エクスプローラー 6 Windows Internet エクスプローラー 7 Windows Internet エクスプローラー 8 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7
Windows Vista、Windows Vista Service Pack 1、Windows Vista Service Pack 2 Windows Internet エクスプローラー 7 Windows Internet エクスプローラー 8 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5 Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7
Windows Vista x64 Edition、Windows Vista x64 Edition Service Pack 1、Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 Windows Internet エクスプローラー 7 Windows Internet エクスプローラー 8 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5 Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7
32 ビット システムの場合は Windows Server 2008、32 ビット システム Service Pack 2 の場合は Windows Server 2008 Windows Internet エクスプローラー 7 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 1 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5 Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7
x64 ベースのシステムの場合は Windows Server 2008、x64 ベースのシステム Service Pack 2 の場合は Windows Server 2008 Windows Internet エクスプローラー 7 Windows Internet エクスプローラー 8 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5 Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7
Itanium ベースのシステム用 Windows Server 2008 と Itanium ベースのシステム Service Pack 2 用 Windows Server 2008 Windows Internet エクスプローラー 7 Windows Internet エクスプローラー 8 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 Microsoft .NET Framework 3.0 Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5 Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 Windows Messenger 4.7
その他の Office ソフトウェア
Microsoft Visio 2003 ビューアー 適用なし
Microsoft Office SharePoint Server 2007 適用なし
Microsoft Office SharePoint Server 2007 Service Pack 1 適用なし
Microsoft Works 9.0 適用なし
Microsoft Works Suite 2005 適用なし
Microsoft Works Suite 2006 適用なし
Microsoft Office 2004 for Mac 適用なし
Microsoft Office 2008 for Mac 適用なし
Microsoft SQL Server
SQL Server 7.0 Service Pack 4 適用なし
SQL Server 2000 Service Pack 4 適用なし
SQL Server 2000 Itanium ベースのエディション Service Pack 4 適用なし
32 ビット システム用 SQL Server 2008 適用なし
SQL Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 1 適用なし
x64 ベースシステム用 SQL Server 2008 適用なし
x64 ベースシステム Service Pack 1 用 SQL Server 2008 適用なし
Itanium ベースシステム用 SQL Server 2008 適用なし
SQL Server 2008 for Itanium ベースのシステム Service Pack 1 適用なし
Microsoft データ エンジン (MSDE) 1.0 適用なし
Microsoft SQL Server 2000 デスクトップ エンジン (MSDE 2000) 適用なし
Microsoft SQL Server 2005 Express Edition Service Pack 2 と Microsoft SQL Server 2005 Express Edition Service Pack 3 適用なし

2010 年 1 月 12 日にこのセキュリティ情報が改訂された理由
このセキュリティ情報は、いくつかの修正と追加を行うために改訂されました。

  • Microsoft Expression Web と Microsoft Office Groove を削除して、影響を受けるソフトウェアの一覧を、エグゼクティブサマリーの重要度レーティング 「重要」で修正しました。
  • [影響を受けるソフトウェア] テーブルの [その他の Office ソフトウェア] セクションの複数のエントリを修正しました。
  • このセクションの FAQ 「脆弱性のないバージョンのソフトウェアがインストールされていて、なぜこの更新プログラムが提供されているのですか」を修正しました。
  • このセクションでは、FAQ 「脆弱性のないバージョンのソフトウェアを更新するオファーは、Microsoft の更新メカニズムの問題を構成しますか」と追加しました。
  • [重大度の評価と脆弱性識別子] テーブルの [その他の Office ソフトウェア] セクションのいくつかのエントリを 修正しました。
  • 検出および展開ツールとガイダンス セクションの MB (メガバイト)SA 2.1 テーブルの "Microsoft Office スイートとその他の Office ソフトウェア" セクションのいくつかのエントリを修正しました。
  • [検出および展開ツールとガイダンス] セクションの Systems Management Server テーブルの [Microsoft Office Suite and Other Office Software]\(Microsoft Office スイートとその他の Office ソフトウェア\) セクションのエントリを修正しました。
  • "The 2007 Microsoft Office System (all editions),The 2007 Microsoft Office System Viewers, and Microsoft Office Compatibility Pack for Word, Excel and PowerPoint 2007 File Formats"の検出および展開ツールとガイダンスセクションの見出しを変更しました。

ファイル情報の詳細はどこにありますか?
ファイル情報の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の 記事957488を参照してください

このセキュリティ更新プログラムをインストールするときに発生する可能性がある既知の問題は何ですか?
Microsoft サポート技術情報の記事957488 、お客様がこのセキュリティ更新プログラムのインストール時に発生する可能性がある現在の既知の問題について説明しています。 この記事では、これらの問題に対して推奨される解決策についても説明します。

SQL のバージョンには、GDR と QFE の両方の更新プログラムが提供されています。 使用する更新プログラム操作方法知っていますか?
まず、SQL Server のバージョン番号を確認します。 SQL Server のバージョン番号の決定の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事321185を参照してください。

次に、次の表で、SQL Server のバージョン番号が含まれるバージョン範囲を見つけます。 対応する更新プログラムは、インストールする必要がある更新プログラムです。

: SQL Server のバージョン番号が次の表のどの範囲内にも含まれていない場合、SQL Server のバージョンはサポートされなくなりました。 このセキュリティ更新プログラムと今後のセキュリティ更新プログラムを適用するには、最新の Service Pack または SQL Server 製品にアップグレードしてください。

9.00.3042-9.00.3079 9.00.3150-9.00.3352 9.00.4035-9.00.4052 9.00.4205-9.00.4261
SQL Server Update
SQL Server 2005 Service Pack 2 GDR (KB (キロバイト)970895) SQL Server 2005 Service Pack 2 QFE (KB (キロバイト)970896) SQL Server 2005 Service Pack 3 GDR (KB (キロバイト)970892) SQL Server 2005 Service Pack 3 QFE (KB (キロバイト)970894)

追加のインストール手順については、「更新情報」セクションの「SQL Server エディションのセキュリティ更新情報」サブセクションを参照してください。

システムに Microsoft Works 8 がありませんが、Microsoft Office によって、gdiplus.dllを含む Works サブディレクトリがインストールされました。 システムは脆弱ですか?
Works サブディレクトリ内のgdiplus.dllのコピーは、脆弱なソフトウェアでは使用されないため、Microsoft Works がインストールされていない場合は更新する必要はありません。

脆弱性のないバージョンのソフトウェアがインストールされているのに、なぜこの更新プログラムが提供されるのですか?
Microsoft SQL Server 2005 Express Edition Service Pack 3 や Microsoft Office Compatibility Pack for Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式など、影響を受けにくいソフトウェアの一部には、脆弱な共有 Office コンポーネントが含まれていますが、脆弱なコードにアクセスしないため、この脆弱性の影響を受けません。 ただし、脆弱なコードが存在するため、この更新プログラムが提供されます。 Expression Web と Groove の両方が影響を受けるソフトウェア テーブルから削除されました。これらの製品は影響を受けるバイナリと共に提供されますが、影響を受けないためです。 影響を受ける製品や提供されていない製品など、2007 Microsoft Office System リリースによって更新されたソフトウェアの完全な一覧については、マイクロソフト サポート技術情報の記事972581を参照してください

脆弱性のないバージョンのソフトウェアを更新するオファーは、Microsoft 更新メカニズムの問題を構成しますか?
いいえ。更新メカニズムは、更新プログラム パッケージよりも古いビルド番号を持つファイルのバージョンをシステムで検出し、更新プログラムを提供するという点で正しく機能しています。

GDI+、MS04-028、MS08-052 の最後の 2 つの Microsoft セキュリティ情報は、このセキュリティ情報に記載されていない影響を受けるソフトウェアと影響を受けなかったソフトウェアの一覧です。 なぜですか?
このセキュリティ情報に記載されているソフトウェアは、どのサポートされているバージョンまたはエディションが影響を受け、どのサポートされているバージョンが影響を受けないことを確認するためにテストされています。 MS04-028 および MS08-052記載されているその他のバージョンまたはエディションは、サポート ライフサイクルを過ぎている。 ソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフサイクルを決定するには、Microsoft サポート ライフサイクルにアクセスしてください。

このセキュリティ情報で説明されている脆弱性の影響を受けなければ、Microsoft Visual Studio、Microsoft Visual FoxPro、および Microsoft Platform SDK 再頒布可能パッケージ GDI+ が影響を受けるソフトウェアの表に記載されているのはなぜですか?
Microsoft は、Microsoft Visual Studio、Microsoft Visual FoxPro、または Microsoft Platform SDK 再頒布可能パッケージ (GDI+) 用に更新された影響を受けるソフトウェアに固有のこれらの脆弱性に対する攻撃ベクトルを特定していません。 このセキュリティ更新プログラムは、独自の更新バージョンのアプリケーションを発行できるように、Microsoft Visual Studio、Microsoft Visual FoxPro、または Microsoft Platform SDK 再頒布可能パッケージ GDI+ を使用する開発者に提供されています。

Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 は、このセキュリティ情報に記載されている脆弱性の影響を受けますか?
いいえ。 既定では、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 は影響を受けず、更新プログラムは提供されません。 ただし、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールすると、次のソフトウェアが脆弱になります。

  • Microsoft インターネット エクスプローラー 6*
  • Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1**
  • Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1**
  • Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2**
  • RSClientPrint ActiveX コントロール*
  • Microsoft Forefront Client Security 1.0*

*これらのソフトウェアは、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合にのみ脆弱です。

**これらのソフトウェアは、サポートされているすべてのオペレーティング システムで脆弱です。 これらのソフトウェアのセキュリティ更新プログラムは、Windows 2000 Service Pack 4 でのみ提供されます。 サポートされているエディションの Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、および Windows Server 2008 のセキュリティ更新プログラムを適用したお客様も、これらのソフトウェアの脆弱性によって保護されます。

さらに、Microsoft Visual FoxPro 8.0 Service Pack 1、Microsoft Visual FoxPro 9.0 Service Pack 2、および Microsoft Platform SDK 再頒布可能パッケージを使用する開発者向けの更新プログラム: GDI+ は、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 を実行するシステムでソフトウェアを開発するアプリケーション開発者にのみ適用されます。

Windows Server 2008 Server Core がこの更新プログラムを提供するのはなぜですか?
この更新プログラムで対処される脆弱性は、これらの脆弱性の影響を受けるファイルがシステムに存在する可能性がある場合でも、Server Core インストール オプションを使用して Windows Server 2008 がインストールされている場合、サポートされている Windows Server 2008 のエディションには影響しません。 ただし、更新ファイルは現在システム上にあるファイルよりも新しい (バージョン番号が大きい) ため、影響を受けるファイルを持つユーザーには引き続きこの更新プログラムが提供されます。 このインストール オプションの詳細については、「Server Core」を参照してください。 Server Core のインストール オプションは、Windows Server 2008 の特定のエディションには適用されないことに注意してください。「Server Core インストール オプションの比較」を参照してください

Microsoft Office 2003 Service Pack 2 を使用しています。 この更新プログラムには追加のセキュリティ機能が含まれていますか?
はい。Microsoft Office 2003 Service Pack 2 のサービス モデルの一部として、Microsoft Office 2003 Service Pack 2 のユーザーがこの更新プログラムをインストールすると、システムは Microsoft Office 2003 Service Pack 3 で最初にリリースされたセキュリティ機能にアップグレードされます。 Microsoft Office 2003 Service Pack 2 の 2008 年 1 月 1 日以降にリリースされたすべての更新プログラムには、Microsoft Office 2003 Service Pack 3 で導入されたこれらのセキュリティ機能が含まれます。 この更新プログラムは十分にテストされていますが、すべての更新プログラムと同様に、ユーザーはシステムの環境と構成に適したテストを実行することをお勧めします。 この問題の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事951646を参照してください。

SQL Server のインストールがある場合、どのような影響がありますか?
SQL Server Reporting Services をインストールすると、影響を受ける SQL Server ソフトウェアのインストールで RSClientPrint ActiveX コントロールがホストされる場合があります。 この ActiveX コントロールは、影響を受けるコードを含むgdiplus.dllのコピーを配布します。 お客様は、RSClientPrint ActiveX コントロールが Microsoft Windows 2000 オペレーティング システムにインストールされている場合にのみ影響を受けます。 RSClientPrint ActiveX コントロールが他のオペレーティング システムにインストールされている場合は、GDI+ のシステム バージョンが使用され、対応するオペレーティング システムの更新プログラムによって保護されます。

Windows 2000 オペレーティング システムにインストールされ、RSClientPrint ActiveX コントロールを持つ SQL Server の影響を受けるインストールをお持ちのお客様は、直ちに更新プログラムを適用する必要があります。

SQL Server Reporting Services はオプションのコンポーネントであり、このセキュリティ更新プログラムを適用するにはインストールする必要があります。 SQL Server Reporting Services がインストールされていない SQL Server インスタンスは脆弱ではありませんが、この更新プログラムは引き続き提供されます。

Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 のどのエディションに SQL Server Reporting Services が含まれていますか?
SQL Server Reporting Services は、Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 2 の次のエディションのオプション コンポーネントです。

  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 ワークグループ エディション
  • Microsoft SQL Server 2005 Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Enterprise X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard X64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Developer x64 Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Evaluation x64 Edition
  • Itanium ベースシステム用 Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition
  • Itanium ベースシステム用 Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition
  • Itanium ベースシステム用 Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition
  • Itanium ベースシステム用 Microsoft SQL Server 2005 Evaluation Edition
  • Microsoft SQL Server 2005 Express Edition with Advanced Services

RSClientPrint ActiveX コントロールとは
Microsoft ActiveX コントロール RSClientPrint は、HTML ビューアーで表示されるレポートのクライアント側印刷を提供します。 このコントロールには [印刷] ダイアログ ボックスがあり、印刷ジョブの開始、レポートのプレビュー、印刷するページの指定、余白の変更を行うことができます。 クライアント側の印刷操作中、レポート サーバーはレポートを拡張メタファイル (EMF) イメージとして表示し、オペレーティング システムの印刷機能を使用して印刷ジョブを作成し、プリンターに送信します。 RSClientPrint ActiveX コントロールの詳細については、「カスタム アプリケーションでの RSClientPrint コントロールの使用」を参照してください

SQL Server Reporting Services がインストールされており、Microsoft Windows 2000 クライアントがあります。 必要な対応
まず、SQL Server Reporting Services サーバーにセキュリティ更新プログラムを適用する必要があります。 インストールが完了したら、Microsoft Windows 2000 クライアントを SQL Server Reporting Services サーバーに接続する必要があります。これにより、Microsoft Windows 2000 システムの ActiveX コントロールが自動的に更新されます。

SQL Server Reporting Services がインストールされており、Microsoft Windows 2000 以外のバージョンの Windows クライアントがあります。 必要な対応
Windows クライアント システムに適した Microsoft Windows のバージョンで使用できるセキュリティ更新プログラムを適用する必要があります。 Microsoft Windows 2000 クライアントをお持ちでないお客様は、SQL Server Reporting Services サーバーに更新プログラムを適用する必要はありません。 これらのお客様は、SQL Server Reporting Services サーバーが Microsoft Windows 2000 クライアントをサポートする可能性がある場合は、できるだけ早く SQL Server の影響を受けるインストールに更新プログラムをインストールすることをお勧めします。

多層防御手段として、ActiveX Kill Bits の今後の更新プログラム ロールアップには、RSClientPrint ActiveX コントロールがインターネット エクスプローラーで実行されないようにするために、キル ビットが含まれます。 この将来のキル ビット更新プログラムを適用し、現時点で SQL Server の影響を受けるインストールを更新していないお客様は、SQL Server がこのセキュリティ更新プログラムで更新されるまで、印刷ジョブを開始できません。

SQL Server のオペレーティング システムとインストールを更新する場合、推奨される順序はありますか。
このセキュリティ更新プログラムで対処される脆弱性は、RSClientPrint ActiveX コントロールを使用する Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 オペレーティング システムおよび影響を受ける SQL Server ソフトウェアに影響します。

セキュリティ更新プログラムを適用していない SQL Server ソフトウェアの影響を受けるインストールの場合:

  • 影響を受ける SQL Server ソフトウェアのインストールが、RSClientPrint ActiveX コントロールがインストールされている Microsoft Windows 2000 オペレーティング システムにインストールされているお客様は、セキュリティを最大限に高めるセキュリティ更新プログラムを適用する必要があります。
  • RSClientPrint ActiveX コントロールがインストールされている Microsoft Windows 2000 オペレーティング システムをお持ちのお客様は、RSClientPrint ActiveX コントロールに対して指定されたキル ビット回避策を手動で適用して、セキュリティを最大限に高める必要があります。 お客様は、影響を受ける SQL Server のインストールがセキュリティ更新プログラムで更新されるまで、これらのシステムから印刷ジョブを開始することはできません。
  • Windows XP 以降を実行していて、オペレーティング システムの更新プログラムをインストールしているお客様は、RSClientPrint ActiveX コントロールがオペレーティング システムバージョンのgdiplus.dllを使用するため、これ以上の操作を行う必要はありません。

セキュリティ更新プログラムを適用した SQL Server ソフトウェアの影響を受けるインストールの場合:

  • RSClientPrint ActiveX コントロールがインストールされている Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 オペレーティング システムをお持ちのお客様は、次回印刷ジョブを開始しようとしたときに、更新された ActiveX コントロールが提供されます。
  • Windows XP 以降を実行していて、オペレーティング システムの更新プログラムをインストールしているお客様は、RSClientPrint ActiveX コントロールがオペレーティング システムバージョンのgdiplus.dllを使用するため、これ以上の操作を行う必要はありません。 ただし、これらのクライアントは、次に印刷ジョブを開始しようとしたときに、更新された ActiveX コントロールも提供されます。

私はサードパーティのアプリケーション開発者であり、アプリケーションでgdiplus.dllを使用しています。 アプリケーションは脆弱であり、どのように更新すればよいですか?
gdiplus.dllを再配布する開発者は、このセキュリティ情報に記載されている更新プログラムをダウンロードして、アプリケーションにインストールされているgdiplus.dllのバージョンを更新する必要があります。 開発者は、共有コンポーネントを使用するための推奨されるベスト プラクティスに従うことをお勧めします。 共有コンポーネントの使用に関するベスト プラクティスの詳細については、分離されたアプリケーションに 関する Microsoft サポート技術情報の記事835322 を参照してください。

私は再頒布可能ファイルgdiplus.dllを含むソフトウェアを開発しています。 どうすればよいですか。
開発ソフトウェアのこのセキュリティ情報に含まれているセキュリティ更新プログラムをインストールする必要があります。 アプリケーションでgdiplus.dll再配布した場合は、開発ソフトウェアのこのセキュリティ更新プログラムのダウンロードに含まれるこのファイルの更新バージョンを使用して、アプリケーションの更新バージョンを顧客に発行する必要があります。

サードパーティ製アプリケーションが影響を受けるgdiplus.dll コンポーネントを使用またはインストールする場合、必要なすべての Microsoft セキュリティ更新プログラムをインストールした後でも、脆弱性が発生する可能性はありますか。
いいえ。このセキュリティ更新プログラムは、オペレーティング システムに付属する影響を受けるコンポーネントを置き換えて再登録します。 サード パーティ製アプリケーションが、サイド バイ サイド アセンブリとして共有コンポーネントを使用するための推奨されるベスト プラクティスに従っている場合、それらのアプリケーションも影響を受けません。 サード パーティのアプリケーションが推奨されるベスト プラクティスに従わず、代わりに古いバージョンのgdiplus.dllをアプリケーションに再配布しない場合、お客様は危険にさらされる可能性があります。 登録されている影響を受けるファイルを手動でチェックする場合は、システムにインストールされているアプリケーションを、Microsoft サポート技術情報の記事の957488記載されているものと比較できます。 お客様は、サード パーティのソリューション開発者に連絡して追加情報を確認することをお勧めします。

この更新プログラムは、報告された複数のセキュリティ脆弱性に対処する理由
この更新プログラムには、これらの問題に対処するために必要な変更が関連ファイルに含まれているため、いくつかの脆弱性のサポートが含まれています。 ほぼ同じ複数の更新プログラムをインストールする代わりに、この更新プログラムのみをインストールする必要があります。

この更新プログラムには、機能に対するセキュリティ関連の変更が含まれていますか?
このセキュリティ更新プログラムをインストールした後、お客様は特定のファイル形式に対して GDI+ イメージ パーサーを選択的に無効にすることができます。 多層防御手段として、お客様はレジストリを編集して BMP、EMF、GIF、ICO、JPEG、PNG、TIFF、WMF の形式を無効にすることで、攻撃対象領域を減らすことができます。 BMP、GIF、ICO、JPEG、PNG、TIFF の形式を無効にする手順については、Microsoft サポート技術情報の 記事958911を参照してください。 EMF 形式と WMF 形式を無効にする手順については、 Microsoft サポート技術情報の記事941835を参照してください

GDI+とは
GDI+ は、2 次元ベクター グラフィックス、イメージング、および文字体裁をアプリケーションやプログラマに提供するグラフィックス デバイス インターフェイスです。

VML とは
Vector Markup Language (VML) は、生産性の高いユーザーとグラフィック デザインの専門家の両方のニーズを満たす、Web 上の高品質ベクター グラフィックスの XML ベースの交換、編集、配信形式です。 XML は、HTML を補完するシンプルで柔軟でオープンなテキストベースの言語です。 VML の詳細については、製品のドキュメントを 参照してください

このセキュリティ情報で説明されているソフトウェアの以前のリリースを使用しています。 どうすればよいですか。
このセキュリティ情報に記載されている影響を受けるソフトウェアは、影響を受けるリリースを特定するためにテストされています。 他のリリースはサポート ライフサイクルを過ぎている。 ソフトウェア リリースのサポート ライフサイクルを確認するには、Microsoft サポート ライフサイクルにアクセスしてください。

ソフトウェアの古いリリースをお持ちのお客様は、脆弱性にさらされる可能性を防ぐために、サポートされているリリースに移行することが優先されます。 Windows 製品ライフサイクルの詳細については、「Microsoft サポート ライフサイクル」を参照してください。 これらのソフトウェア バージョンまたはエディションの延長されたセキュリティ更新プログラムのサポート期間の詳細については、Microsoft 製品サポート サービスを参照してください

以前のリリースでカスタム サポートを必要とするお客様は、カスタム サポート オプションについて、Microsoft アカウント チームの担当者、テクニカル アカウント マネージャー、または適切な Microsoft パートナー担当者にお問い合わせください。 アライアンス、プレミア、または承認された契約を持たないお客様は、お住まいの地域の Microsoft 営業所にお問い合わせください。 連絡先情報については、Microsoft Worldwide Information にアクセスし、国を選択し、[移動] をクリックして電話番号の一覧を表示します お電話の際は、地元の Premier サポートセールスマネージャーにお問い合わせください。 詳細については、Windows オペレーティング システム製品サポート ライフサイクルに関する FAQ を参照してください

脆弱性情報

重大度の評価と脆弱性識別子

次の重大度評価は、脆弱性の潜在的な最大影響を想定しています。 このセキュリティ情報のリリースから 30 日以内に、重大度評価とセキュリティへの影響に関連する脆弱性の悪用可能性に関する情報については、10 月のセキュリティ情報の概要にある Exploitability Index を参照してください。 詳細については、「Microsoft Exploitability Index」を参照してください

影響を受けるソフトウェア GDI+ WMF の整数オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-2500 GDI+ PNG ヒープ オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-2501 GDI+ TIFF バッファー オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-2502 GDI+ TIFF のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2009-2503 GDI+ .NET API の脆弱性 - CVE-2009-2504 GDI+ PNG 整数オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-3126 メモリ破損の脆弱性 - CVE-2009-2528 Office BMP の整数オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-2518 重大度の評価の集計
Windows 2000 とコンポーネント
Microsoft Internet エクスプローラー 6 Service Pack 1 が Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 None[1] None[1] None[1] None[1] 重要な リモート コード実行 None[1] 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 None[1] None[1] None[1] None[1] 重要な リモート コード実行 None[1] 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 None[1] None[1] None[1] None[1] 重要な リモート コード実行 None[1] 適用なし 適用なし 重要
Windows XP とコンポーネント
Windows XP Service Pack 2 と Windows XP Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 適用なし 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 該当なし 重大
Windows Server 2003 とコンポーネント
Windows Server 2003 Service Pack 2 適用なし 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 該当なし 重大
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 適用なし 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 該当なし 重大
Itanium ベースのシステム用 Windows Server 2003 SP2 適用なし 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 該当なし 重大
Windows Vista とコンポーネント
Windows Vista および Windows Vista Service Pack 1 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 該当なし 重大
Windows Vista x64 Edition および Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 該当なし 重大
Windows Server 2008 とコンポーネント
32 ビット システム用 Windows Server 2008* 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 該当なし 重大
x64 ベースシステム用 Windows Server 2008* 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 該当なし 重大
Windows Server 2008 for Itanium ベースのシステム 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 該当なし 重大
Microsoft Office スイート
Microsoft Office XP Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office 2003 Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
2007 Microsoft Office System Service Pack 1 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
2007 Microsoft Office System Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
その他の Office ソフトウェア
Microsoft Office Project 2002 Service Pack 1 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Visio 2002 Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Word Viewer 2003 Service Pack 3 と Microsoft Office Excel Viewer 2003 Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Office Excel Viewer Service Pack 2、Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 1、および Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Office PowerPoint Viewer 2007 Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式 Service Pack 1 用 Microsoft Office 互換機能パック 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式 Service Pack 2 用 Microsoft Office 互換機能パック 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Works 8.5 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要
SQL Server
SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
SQL Server 2005 Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
SQL Server 2005 Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
開発者ツール
Microsoft Visual Studio .NET 2003 Service Pack 1 None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] 適用なし 適用なし None[1]
Microsoft Visual Studio 2005 Service Pack 1 None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] 適用なし 適用なし None[1]
Microsoft Visual Studio 2008 None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] 適用なし 適用なし None[1]
Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] 適用なし 適用なし None[1]
Microsoft Report Viewer 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ Service Pack 1 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 該当なし 重大
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合の Microsoft Visual FoxPro 8.0 Service Pack 1 None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] 適用なし 適用なし None[1]
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合の Microsoft Visual FoxPro 9.0 Service Pack 2 None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] 適用なし 適用なし None[1]
Microsoft Platform SDK 再頒布可能パッケージ: GDI+ None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] None[1] 適用なし 適用なし None[1]
セキュリティ ソフトウェア
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合の Microsoft Forefront Client Security 1.0 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要

*Server Core のインストールは影響を受けません。 この更新プログラムで対処される脆弱性は、Server Core インストール オプションを使用してインストールされた場合、示されているように、サポートされている Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 のエディションには影響しません。 このインストール オプションの詳細については、MSDN の記事、Windows Server 2008 R2 の Server Core および Server Core を参照してください。 Server Core のインストール オプションは、Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 の特定のエディションには適用されないことに注意してください。「Server Core インストール オプションの比較」を参照してください。

[1]マイクロソフトは、これらのソフトウェアに固有のこのセキュリティ情報で説明されている脆弱性に関連する攻撃ベクトルを特定していないため、この更新プログラムには重大度評価は適用されません。 ただし、このセキュリティ更新プログラムは、独自の更新バージョンのアプリケーションを発行できるように、このソフトウェアを使用する開発者に提供されています。 以下の 「このセキュリティ更新プログラム に関連するよく寄せられる質問 (FAQ)」セクションのエントリを参照してください。

GDI+ WMF の整数オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-2500

GDI+ が WMF イメージ ファイルを処理するときにバッファー サイズを割り当てる方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された WMF イメージ ファイルを開くか、特別に細工されたコンテンツを含む Web サイトを参照した場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2009-2500 を参照してください

「GDI+ WMF の整数オーバーフローの脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2009-2500

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ローカル ユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Web ページを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする侵害された Web サイトや Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれる可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導する電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックするようにユーザーに誘導する必要があります。
  • 既定では、Windows Server 2003 および Windows Server 2008 のインターネット エクスプローラーは、セキュリティ強化構成と呼ばれる制限付きモードで実行されます。 このモードでは、インターネット ゾーンのセキュリティ レベルが [高] に設定されます。 これは、インターネット エクスプローラー信頼済みサイト ゾーンに追加していない Web サイトの軽減要因です。 インターネット エクスプローラーセキュリティ強化の構成の詳細については、この脆弱性の FAQ サブセクションを参照してください。
  • この脆弱性は、特別に細工されたファイルを開くようユーザーに誘導した攻撃者によって悪用される可能性があります。 攻撃者が特別に細工されたファイルをユーザーに強制的に開く方法はありません。

「GDI+ WMF の整数オーバーフローの脆弱性」の回避策 - CVE-2009-2500

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • メタファイル処理を無効にする

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「Regedit」と入力して、[OK] をクリックします

    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\GRE_Initialize

    1. [編集] メニューの [新規作成] を選択し、[DWORD] をクリックします

    2. 「DisableMetaFiles」と入力し、Enter キーを押します

    3. [編集] メニューの [変更] をクリックして DisableMetaFiles レジストリ エントリを変更します。

    4. [値データ] ボックスに「1」と入力し、[OK] をクリックします

    5. レジストリ エディターを終了します。

    6. コンピューターを再起動します。

    回避策の影響。 メタファイル処理は動作を停止します。

    回避策を元に戻す方法。

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「Regedit」と入力して、[OK] をクリックします

    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\GRE_Initialize

    1. [編集] メニューの [DisableMetaFiles] レジストリ エントリの [変更] をクリックします

    2. [値データ] ボックスに「0」と入力し、[OK] をクリックします

    3. レジストリ エディターを終了します。

    4. コンピューターを再起動します。

  • GPO を使用してメタファイル処理を無効にする

    1. 次のコードをファイルに保存します。REG 拡張機能 (例: Disable_MetaFiles.reg):

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\GRE_Initialize]

    "DisableMetaFiles"=dword:00000001

    1. 管理者コマンド プロンプトから次のコマンドを使用して、ターゲット コンピューターで上記のレジストリ スクリプトを実行します。

    /s Disable_MetaFiles.regをRegedit.exeする

    1. コンピューターを再起動します。

    回避策の影響。 メタファイル処理は動作を停止します。

  • gdiplus.dllへのアクセスを制限する

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    
    1. 再起動。

    回避策の影響。 Windows ピクチャおよび FAX ビューアー (Windows Vista より前のエディション) や GDI+ に依存するその他のアプリケーションでは、イメージを表示できません。 また、Windows エクスプローラー (Vista より前のバージョン) のサムネイルは表示されません。

    回避策を元に戻す方法。

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    
    1. 再起動。
  • vgx.dllの登録解除

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe-u "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録解除プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

    回避策の影響。 VGX.DLLの登録が解除されると、VML をレンダリングするアプリケーションでは、この操作は行われなくなります。

    回避策を元に戻す方法。

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe」 "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

  • インターネット エクスプローラーで RSClientPrint が実行されないようにする

    レジストリ内のコントロールの強制終了ビットを設定することで、インターネット エクスプローラーで RSClientPrint をインスタンス化する試行を無効にすることができます。

    警告 レジストリ エディターを正しく使用しない場合は、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリ エディターの不適切な使用によって生じた問題については、解決を保証できません。 リスクを理解した上でレジストリ エディターを使用してください。

    インターネット エクスプローラーでコントロールが実行されないようにするために使用できる詳細な手順については、Microsoft サポート技術情報の記事240797を参照してください。 この記事の以下の手順に従って、レジストリに互換性フラグの値を作成して、RSClientPrint がインターネット エクスプローラーでインスタンス化されないようにします。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

    回避策の影響。 オブジェクトがインターネット エクスプローラーで使用されることを意図していない限り、影響はありません。

    回避策を元に戻す方法。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

  • プレーンテキストで電子メールを読み取る

    電子メール攻撃ベクトルから身を守るために、プレーンテキスト形式で電子メール メッセージを読み取ります。

    Office XP Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook 2002 ユーザーと、インターネット エクスプローラー 6 Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook Express 6 ユーザーは、この設定を有効にして、デジタル署名されていない電子メール メッセージやプレーン テキストのみで暗号化されていない電子メール メッセージを表示できます。

    デジタル署名された電子メール メッセージまたは暗号化された電子メール メッセージは、設定の影響を受けず、元の形式で読み取ることができます。 Outlook 2002 でこの設定を有効にする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事307594を参照してください

    Outlook Express 6 のこの設定の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事291387を参照してください

    回避策の影響。 プレーンテキスト形式で表示される電子メール メッセージには、画像、特殊なフォント、アニメーション、その他のリッチ コンテンツは含まれません。 さらに、

    • 変更がプレビュー ウィンドウに適用され、メッセージが開きます。
    • 画像が失われないように添付ファイルになります。
    • メッセージはストア内のリッチ テキスト形式または HTML 形式のままであるため、オブジェクト モデル (カスタム コード ソリューション) が予期せず動作する可能性があります。

「GDI+ WMF の整数オーバーフローの脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2009-2500

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、GDI+ がヒープに渡されるバッファーの長さを不適切に検証し、制限することによって生じます。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
攻撃者は、インターネット エクスプローラーを介してこの脆弱性を悪用するように設計された特別に細工された Web サイトをホストし、ユーザーにその Web サイトを表示させる可能性があります。 これには、ユーザーが提供するコンテンツや広告を受け入れる、またはホストする、侵害された Web サイトや Web サイトも含まれます。 これらの Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者はユーザーに Web サイトへのアクセスを誘導する必要があります。通常は、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー要求内のリンクをクリックさせ、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導します。 また、バナー広告を使用するか、他の方法を使用して影響を受けるシステムに Web コンテンツを配信することで、特別に細工された Web コンテンツを表示することもできます。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は Outlook ユーザーに特別に細工された電子メールを送信するか、特別に細工された Office ドキュメントをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くかメッセージを読むよう誘導することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。

攻撃者は、ネットワーク共有で悪意のあるイメージをホストし、ユーザーに Windows エクスプローラー 内のフォルダーを参照するよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性もあります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
この脆弱性を利用するには、悪意のあるアクションが発生するために、ユーザーがログオンして電子メール メッセージを読み取ったり、Web サイトにアクセスしたり、ネットワーク共有からファイルを開いたりする必要があります。 したがって、電子メール メッセージが読み取られたり、インターネット エクスプローラーが頻繁に使用されたり、ワークステーションやターミナル サーバーなどのユーザーがネットワーク共有にアクセスできるシステムは、この脆弱性のリスクが最も高まります。 通常、Web サイトへのアクセスに使用されないシステム (ほとんどのサーバー システムなど) は、リスクが軽減されます。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、WMF イメージをレンダリングするときに GDI+ 内で適切なデータ検証を導入することで、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、責任ある開示を通じてこの脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取らず、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに公開された概念実証コードの例を見ていませんでした。

GDI+ PNG ヒープ オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-2501

GDI+ がメモリを割り当てる方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された PNG イメージ ファイルを開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と公開の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2009-2501 を参照してください

「GDI+ PNG ヒープ オーバーフローの脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2009-2501

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ローカル ユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Web ページを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする侵害された Web サイトや Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれる可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導する電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックするようにユーザーに誘導する必要があります。
  • 既定では、Windows Server 2003 および Windows Server 2008 のインターネット エクスプローラーは、セキュリティ強化構成と呼ばれる制限付きモードで実行されます。 このモードでは、インターネット ゾーンのセキュリティ レベルが [高] に設定されます。 これは、インターネット エクスプローラー信頼済みサイト ゾーンに追加していない Web サイトの軽減要因です。 インターネット エクスプローラーセキュリティ強化の構成の詳細については、この脆弱性の FAQ サブセクションを参照してください。

「GDI+ PNG ヒープ オーバーフローの脆弱性」の回避策 - CVE-2009-2501

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • gdiplus.dllへのアクセスを制限する

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    
    1. 再起動。

    回避策の影響。 Windows ピクチャおよび FAX ビューアー (Windows Vista より前のエディション) や GDI+ に依存するその他のアプリケーションでは、イメージを表示できません。 また、Windows エクスプローラー (Vista より前のバージョン) のサムネイルは表示されません。

    回避策を元に戻す方法。

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    
    1. 再起動。
  • vgx.dllの登録解除

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe-u "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録解除プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

    回避策の影響。 VGX.DLLの登録が解除されると、VML をレンダリングするアプリケーションでは、この操作は行われなくなります。

    回避策を元に戻す方法。

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe」 "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

  • インターネット エクスプローラーで RSClientPrint が実行されないようにする

    レジストリ内のコントロールの強制終了ビットを設定することで、インターネット エクスプローラーで RSClientPrint をインスタンス化する試行を無効にすることができます。

    警告 レジストリ エディターを正しく使用しない場合は、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリ エディターの不適切な使用によって生じた問題については、解決を保証できません。 リスクを理解した上でレジストリ エディターを使用してください。

    インターネット エクスプローラーでコントロールが実行されないようにするために使用できる詳細な手順については、Microsoft サポート技術情報の記事240797を参照してください。 この記事の以下の手順に従って、レジストリに互換性フラグの値を作成して、RSClientPrint がインターネット エクスプローラーでインスタンス化されないようにします。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

    回避策の影響。 オブジェクトがインターネット エクスプローラーで使用されることを意図していない限り、影響はありません。

    回避策を元に戻す方法。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

  • プレーンテキストで電子メールを読み取る

    電子メール攻撃ベクトルから身を守るために、プレーンテキスト形式で電子メール メッセージを読み取ります。

    Office XP Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook 2002 ユーザーと、インターネット エクスプローラー 6 Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook Express 6 ユーザーは、この設定を有効にして、デジタル署名されていない電子メール メッセージやプレーン テキストのみで暗号化されていない電子メール メッセージを表示できます。

    デジタル署名された電子メール メッセージまたは暗号化された電子メール メッセージは、設定の影響を受けず、元の形式で読み取ることができます。 Outlook 2002 でこの設定を有効にする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事307594を参照してください

    Outlook Express 6 のこの設定の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事291387を参照してください

    回避策の影響。 プレーンテキスト形式で表示される電子メール メッセージには、画像、特殊なフォント、アニメーション、その他のリッチ コンテンツは含まれません。 さらに、

    • 変更がプレビュー ウィンドウに適用され、メッセージが開きます。
    • 画像が失われないように添付ファイルになります。
    • メッセージはストア内のリッチ テキスト形式または HTML 形式のままであるため、オブジェクト モデル (カスタム コード ソリューション) が予期せず動作する可能性があります。

「GDI+ PNG ヒープ オーバーフローの脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2009-2501

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、GDI+ による PNG 処理でチェックされていないバッファーが原因で発生します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
攻撃者は、インターネット エクスプローラーを介してこの脆弱性を悪用するように設計された特別に細工された Web サイトをホストし、ユーザーにその Web サイトを表示させる可能性があります。 これには、ユーザーが提供するコンテンツや広告を受け入れる、またはホストする、侵害された Web サイトや Web サイトも含まれます。 これらの Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者はユーザーに Web サイトへのアクセスを誘導する必要があります。通常は、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー要求内のリンクをクリックさせ、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導します。 また、バナー広告を使用するか、他の方法を使用して影響を受けるシステムに Web コンテンツを配信することで、特別に細工された Web コンテンツを表示することもできます。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は Outlook ユーザーに特別に細工された電子メールを送信するか、特別に細工された Office ドキュメントをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くかメッセージを読むよう誘導することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。 .

攻撃者は、ネットワーク共有で悪意のあるイメージをホストし、ユーザーに Windows エクスプローラー 内のフォルダーを参照するよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性もあります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
この脆弱性を利用するには、悪意のあるアクションが発生するために、ユーザーがログオンして電子メール メッセージを読み取ったり、Web サイトにアクセスしたり、ネットワーク共有からファイルを開いたりする必要があります。 したがって、電子メール メッセージが読み取られたり、インターネット エクスプローラーが頻繁に使用されたり、ワークステーションやターミナル サーバーなどのユーザーがネットワーク共有にアクセスできるシステムは、この脆弱性のリスクが最も高まります。 通常、Web サイトへのアクセスに使用されないシステム (ほとんどのサーバー システムなど) は、リスクが軽減されます。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、PNG ファイルを読み取るときに GDI+ がヒープ バッファーを管理する方法を変更することで、この脆弱性を排除します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、責任ある開示を通じてこの脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取らず、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに公開された概念実証コードの例を見ていませんでした。

GDI+ TIFF バッファー オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-2502

GDI+ がメモリを割り当てる方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された TIFF ファイルを開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2009-2502 を参照してください

「GDI+ TIFF バッファー オーバーフローの脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2009-2502

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ローカル ユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Web ページを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする侵害された Web サイトや Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれる可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導する電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックするようにユーザーに誘導する必要があります。
  • 既定では、Windows Server 2003 および Windows Server 2008 のインターネット エクスプローラーは、セキュリティ強化構成と呼ばれる制限付きモードで実行されます。 このモードでは、インターネット ゾーンのセキュリティ レベルが [高] に設定されます。 これは、インターネット エクスプローラー信頼済みサイト ゾーンに追加していない Web サイトの軽減要因です。 インターネット エクスプローラーセキュリティ強化の構成の詳細については、この脆弱性の FAQ サブセクションを参照してください。

「GDI+ TIFF バッファー オーバーフローの脆弱性」の回避策 - CVE-2009-2502

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • gdiplus.dllへのアクセスを制限する

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    
    1. 再起動。

    回避策の影響。 Windows ピクチャおよび FAX ビューアー (Windows Vista より前のエディション) や GDI+ に依存するその他のアプリケーションでは、イメージを表示できません。 また、Windows エクスプローラー (Vista より前のバージョン) のサムネイルは表示されません。

    回避策を元に戻す方法。

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    
    1. 再起動。
  • vgx.dllの登録解除

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe-u "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録解除プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

    回避策の影響。 VGX.DLLの登録が解除されると、VML をレンダリングするアプリケーションでは、この操作は行われなくなります。

    回避策を元に戻す方法。

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe」 "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

  • インターネット エクスプローラーで RSClientPrint が実行されないようにする

    レジストリ内のコントロールの強制終了ビットを設定することで、インターネット エクスプローラーで RSClientPrint をインスタンス化する試行を無効にすることができます。

    警告 レジストリ エディターを正しく使用しない場合は、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリ エディターの不適切な使用によって生じた問題については、解決を保証できません。 リスクを理解した上でレジストリ エディターを使用してください。

    インターネット エクスプローラーでコントロールが実行されないようにするために使用できる詳細な手順については、Microsoft サポート技術情報の記事240797を参照してください。 この記事の以下の手順に従って、レジストリに互換性フラグの値を作成して、RSClientPrint がインターネット エクスプローラーでインスタンス化されないようにします。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

    回避策の影響。 オブジェクトがインターネット エクスプローラーで使用されることを意図していない限り、影響はありません。

    回避策を元に戻す方法。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

  • プレーンテキストで電子メールを読み取る

    電子メール攻撃ベクトルから身を守るために、プレーンテキスト形式で電子メール メッセージを読み取ります。

    Office XP Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook 2002 ユーザーと、インターネット エクスプローラー 6 Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook Express 6 ユーザーは、この設定を有効にして、デジタル署名されていない電子メール メッセージやプレーン テキストのみで暗号化されていない電子メール メッセージを表示できます。

    デジタル署名された電子メール メッセージまたは暗号化された電子メール メッセージは、設定の影響を受けず、元の形式で読み取ることができます。 Outlook 2002 でこの設定を有効にする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事307594を参照してください

    Outlook Express 6 のこの設定の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事291387を参照してください

    回避策の影響。 プレーンテキスト形式で表示される電子メール メッセージには、画像、特殊なフォント、アニメーション、その他のリッチ コンテンツは含まれません。 さらに、

    • 変更がプレビュー ウィンドウに適用され、メッセージが開きます。
    • 画像が失われないように添付ファイルになります。
    • メッセージはストア内のリッチ テキスト形式または HTML 形式のままであるため、オブジェクト モデル (カスタム コード ソリューション) が予期せず動作する可能性があります。

「GDI+ TIFF バッファー オーバーフローの脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2009-2502

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、GDI+ による TIFF 処理でチェックされていないバッファーが原因で発生します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
攻撃者は、インターネット エクスプローラーを介してこの脆弱性を悪用するように設計された特別に細工された Web サイトをホストし、ユーザーにその Web サイトを表示させる可能性があります。 これには、ユーザーが提供するコンテンツや広告を受け入れる、またはホストする、侵害された Web サイトや Web サイトも含まれます。 これらの Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者はユーザーに Web サイトへのアクセスを誘導する必要があります。通常は、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー要求内のリンクをクリックさせ、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導します。 また、バナー広告を使用するか、他の方法を使用して影響を受けるシステムに Web コンテンツを配信することで、特別に細工された Web コンテンツを表示することもできます。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は Outlook ユーザーに特別に細工された電子メールを送信するか、特別に細工された Office ドキュメントをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くかメッセージを読むよう誘導することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。

攻撃者は、ネットワーク共有で悪意のあるイメージをホストし、ユーザーに Windows エクスプローラー 内のフォルダーを参照するよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性もあります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
この脆弱性を利用するには、悪意のあるアクションが発生するために、ユーザーがログオンして電子メール メッセージを読み取ったり、Web サイトにアクセスしたり、ネットワーク共有からファイルを開いたりする必要があります。 したがって、電子メール メッセージが読み取られたり、インターネット エクスプローラーが頻繁に使用されたり、ワークステーションやターミナル サーバーなどのユーザーがネットワーク共有にアクセスできるシステムは、この脆弱性のリスクが最も高まります。 通常、Web サイトへのアクセスに使用されないシステム (ほとんどのサーバー システムなど) は、リスクが軽減されます。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、GDI+ が TIFF ファイルの読み取り時に使用されるバッファーを割り当てる方法を変更することで、この脆弱性を排除します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、責任ある開示を通じてこの脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取らず、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに公開された概念実証コードの例を見ていませんでした。

GDI+ TIFF のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2009-2503

GDI+ がメモリを割り当てる方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された TIFF ファイルを開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2009-2503 を参照してください

「GDI+ TIFF のメモリ破損の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2009-2503:

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ローカル ユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Web ページを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする侵害された Web サイトや Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれる可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導する電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックするようにユーザーに誘導する必要があります。
  • 既定では、Windows Server 2003 および Windows Server 2008 のインターネット エクスプローラーは、セキュリティ強化構成と呼ばれる制限付きモードで実行されます。 このモードでは、インターネット ゾーンのセキュリティ レベルが [高] に設定されます。 これは、インターネット エクスプローラー信頼済みサイト ゾーンに追加していない Web サイトの軽減要因です。 インターネット エクスプローラーセキュリティ強化の構成の詳細については、この脆弱性の FAQ サブセクションを参照してください。

「GDI+ TIFF のメモリ破損の脆弱性」の回避策 - CVE-2009-2503

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • gdiplus.dllへのアクセスを制限する

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    
    1. 再起動。

    回避策の影響。 Windows ピクチャおよび FAX ビューアー (Windows Vista より前のエディション) や GDI+ に依存するその他のアプリケーションでは、イメージを表示できません。 また、Windows エクスプローラー (Vista より前のバージョン) のサムネイルは表示されません。

    回避策を元に戻す方法。

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    
    1. 再起動。
  • vgx.dllの登録解除

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe-u "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録解除プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

    回避策の影響。 VGX.DLLの登録が解除されると、VML をレンダリングするアプリケーションでは、この操作は行われなくなります。

    回避策を元に戻す方法。

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe」 "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

  • インターネット エクスプローラーで RSClientPrint が実行されないようにする

    レジストリ内のコントロールの強制終了ビットを設定することで、インターネット エクスプローラーで RSClientPrint をインスタンス化する試行を無効にすることができます。

    警告 レジストリ エディターを正しく使用しない場合は、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリ エディターの不適切な使用によって生じた問題については、解決を保証できません。 リスクを理解した上でレジストリ エディターを使用してください。

    インターネット エクスプローラーでコントロールが実行されないようにするために使用できる詳細な手順については、Microsoft サポート技術情報の記事240797を参照してください。 この記事の以下の手順に従って、レジストリに互換性フラグの値を作成して、RSClientPrint がインターネット エクスプローラーでインスタンス化されないようにします。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

    回避策の影響。 オブジェクトがインターネット エクスプローラーで使用されることを意図していない限り、影響はありません。

    回避策を元に戻す方法。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

  • プレーンテキストで電子メールを読み取る

    電子メール攻撃ベクトルから身を守るために、プレーンテキスト形式で電子メール メッセージを読み取ります。

    Office XP Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook 2002 ユーザーと、インターネット エクスプローラー 6 Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook Express 6 ユーザーは、この設定を有効にして、デジタル署名されていない電子メール メッセージやプレーン テキストのみで暗号化されていない電子メール メッセージを表示できます。

    デジタル署名された電子メール メッセージまたは暗号化された電子メール メッセージは、設定の影響を受けず、元の形式で読み取ることができます。 Outlook 2002 でこの設定を有効にする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事307594を参照してください

    Outlook Express 6 のこの設定の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事291387を参照してください

    回避策の影響。 プレーンテキスト形式で表示される電子メール メッセージには、画像、特殊なフォント、アニメーション、その他のリッチ コンテンツは含まれません。 さらに、

    • 変更がプレビュー ウィンドウに適用され、メッセージが開きます。
    • 画像が失われないように添付ファイルになります。
    • メッセージはストア内のリッチ テキスト形式または HTML 形式のままであるため、オブジェクト モデル (カスタム コード ソリューション) が予期せず動作する可能性があります。

「GDI+ TIFF のメモリ破損の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2009-2503

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、GDI+ による TIFF 処理でチェックされていないバッファーが原因で発生します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
攻撃者は、インターネット エクスプローラーを介してこの脆弱性を悪用するように設計された特別に細工された Web サイトをホストし、ユーザーにその Web サイトを表示させる可能性があります。 これには、ユーザーが提供するコンテンツや広告を受け入れる、またはホストする、侵害された Web サイトや Web サイトも含まれます。 これらの Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者はユーザーに Web サイトへのアクセスを誘導する必要があります。通常は、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー要求内のリンクをクリックさせ、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導します。 また、バナー広告を使用するか、他の方法を使用して影響を受けるシステムに Web コンテンツを配信することで、特別に細工された Web コンテンツを表示することもできます。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は Outlook ユーザーに特別に細工された電子メールを送信するか、特別に細工された Office ドキュメントをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くかメッセージを読むよう誘導することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。

攻撃者は、ネットワーク共有で悪意のあるイメージをホストし、ユーザーに Windows エクスプローラー 内のフォルダーを参照するよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性もあります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
この脆弱性を利用するには、悪意のあるアクションが発生するために、ユーザーがログオンして電子メール メッセージを読み取ったり、Web サイトにアクセスしたり、ネットワーク共有からファイルを開いたりする必要があります。 したがって、電子メール メッセージが読み取られたり、インターネット エクスプローラーが頻繁に使用されたり、ワークステーションやターミナル サーバーなどのユーザーがネットワーク共有にアクセスできるシステムは、この脆弱性のリスクが最も高まります。 通常、Web サイトへのアクセスに使用されないシステム (ほとんどのサーバー システムなど) は、リスクが軽減されます。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、GDI+ が TIFF ファイルの読み取り時に使用されるバッファーを割り当てる方法を変更することで、この脆弱性を排除します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、責任ある開示を通じてこの脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取らず、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに公開された概念実証コードの例を見ていませんでした。

GDI+ .NET API の脆弱性 - CVE-2009-2504

GDI+ にリモートコード実行の脆弱性が存在し、悪意のある Microsoft .NET アプリケーションがアンマネージ コード実行特権を取得する可能性があります。 悪意のない Microsoft .NET アプリケーションは、この脆弱性のために侵害されるリスクはありません。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2009-2504 を参照してください

「GDI+ .NET API の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2009-2504:

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • 攻撃者が悪意のない .NET アプリケーションに現実的に影響を与え、脆弱性をトリガーする適切な方法で脆弱な関数に API 呼び出しを行う可能性はほとんどありません。
  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ローカル ユーザーまたは ASP.NET アカウントと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Web ページを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする侵害された Web サイトや Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれる可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導する電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックするようにユーザーに誘導する必要があります。
  • 既定では、Windows Server 2003 および Windows Server 2008 のインターネット エクスプローラーは、セキュリティ強化構成と呼ばれる制限付きモードで実行されます。 このモードでは、インターネット ゾーンのセキュリティ レベルが [高] に設定されます。 これは、インターネット エクスプローラー信頼済みサイト ゾーンに追加していない Web サイトの軽減要因です。 インターネット エクスプローラーセキュリティ強化の構成の詳細については、この脆弱性の FAQ サブセクションを参照してください。
  • この脆弱性は、特別に細工されたファイルを開くようユーザーに誘導した攻撃者によって悪用される可能性があります。 攻撃者が特別に細工されたファイルをユーザーに強制的に開く方法はありません。
  • この脆弱性は、電子メールを介して自動的に悪用される可能性はありません。 攻撃を成功させるには、ユーザーが添付ファイルを開く必要があります。これは電子メール メッセージで送信されます。

「GDI+ .NET API の脆弱性」の回避策 - CVE-2009-2504

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • gdiplus.dllへのアクセスを制限する

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N   
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    
    1. 再起動。

    回避策の影響。 Windows ピクチャおよび FAX ビューアー (Windows Vista より前のエディション) や GDI+ に依存するその他のアプリケーションでは、イメージを表示できません。 また、Windows エクスプローラー (Vista より前のバージョン) のサムネイルは表示されません。

    回避策を元に戻す方法。

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    
    1. 再起動。
  • インターネット エクスプローラーで XAML ブラウザー アプリケーションを無効にする

    この脆弱性から保護するには、XAML ブラウザー アプリケーションを実行する前にプロンプトを表示するように設定を変更するか、インターネットとローカル イントラネットのセキュリティ ゾーンで XAML ブラウザー アプリケーションを完全に無効にします。 この操作を行うには、次の手順に従います。

    1. [インターネット エクスプローラー] の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします

    2. [セキュリティ] タブをクリックします。

    3. [インターネット] をクリックし、[カスタム レベル] をクリックします

    4. 設定の [.NET Framework] セクションの [XAML ブラウザー アプリケーション] で、[プロンプト] または [無効] をクリックし、[OK] をクリックします

    5. [ローカル イントラネット] をクリックし、[カスタム レベル] をクリックします

    6. 設定の [.NET Framework] セクションの [XAML ブラウザー アプリケーション] で、[プロンプト] または [無効] をクリックし、[OK] をクリックします

    7. これらの設定を変更することを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします

    8. [OK] をクリックしてインターネット エクスプローラーに戻ります。

    回避策の影響。 XBAP アプリケーションは実行されず、プロンプトなしでは実行されません。

    注: インターネットおよびローカル イントラネット セキュリティ ゾーンで XAML ブラウザー アプリケーションを無効にすると、一部の Web サイトが正しく動作しない可能性があります。 この設定を変更した後に Web サイトの使用が困難で、サイトが安全に使用できる場合は、そのサイトを信頼済みサイトの一覧に追加できます。 これにより、サイトが正常に動作できるようになります。

    回避策を元に戻す方法。

    1. [インターネット エクスプローラー] の [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックします

    2. [セキュリティ] タブをクリックします。

    3. [インターネット] をクリックし、[カスタム レベル] をクリックします

    4. 設定の [.NET Framework] セクションの [XAML ブラウザー アプリケーション] で、[有効] をクリックし、[OK] をクリックします

    5. [ローカル イントラネット] をクリックし、[カスタム レベル] をクリックします

    6. 設定の [.NET Framework] セクションの [XAML ブラウザー アプリケーション] で、[有効] をクリックし、[OK] をクリックします

    7. これらの設定を変更することを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします

    8. [OK] をクリックしてインターネット エクスプローラーに戻ります。

  • 部分的に信頼された .NET アプリケーションを無効にする

    完全な信頼を持たないすべての .NET アプリケーションが実行されないようにすることで、完全な信頼を持つ .NET アプリケーションが既にシステムに変更を加えることができるので、この脆弱性は効果的に保護されます。 部分信頼で実行されているすべての .NET アプリケーションを無効にするには、管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

    caspol -pp offcaspol -m -resetlockdowncaspol -pp on

    回避策の影響。 一部の .NET アプリケーションは実行されません。

    回避策を元に戻す方法。

    .NET セキュリティ ポリシーを既定値にリセットするには、管理者特権のコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

    caspol -pp offcaspol -m -resetcaspol -pp on

  • インターネット エクスプローラーで RSClientPrint が実行されないようにする

    レジストリ内のコントロールの強制終了ビットを設定することで、インターネット エクスプローラーで RSClientPrint をインスタンス化する試行を無効にすることができます。

    警告 レジストリ エディターを正しく使用しない場合は、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリ エディターの不適切な使用によって生じた問題については、解決を保証できません。 リスクを理解した上でレジストリ エディターを使用してください。

    インターネット エクスプローラーでコントロールが実行されないようにするために使用できる詳細な手順については、Microsoft サポート技術情報の記事240797を参照してください。 この記事の以下の手順に従って、レジストリに互換性フラグの値を作成して、RSClientPrint がインターネット エクスプローラーでインスタンス化されないようにします。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

    回避策の影響。 オブジェクトがインターネット エクスプローラーで使用されることを意図していない限り、影響はありません。

    回避策を元に戻す方法。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

「GDI+ .NET API の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2009-2504:

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、現在ログオンしているユーザーのコンテキスト、またはアプリケーション プール ID に関連付けられているサービス アカウントのコンテキストでコードを実行する可能性があります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、.NET Framework アプリケーションからアクセスできる特定の GDI+ API で整数オーバーフローが発生した結果です。

CAS とは
コード アクセス セキュリティ (CAS) は、コードが保護されたリソースと操作に対して持つアクセスを制限するのに役立つメカニズムです。 CAS の詳細については、MSDN の記事「 コード アクセス セキュリティの概要」を参照してください。

XBAP とは
XAML ブラウザー アプリケーション (XBAP) は、Web アプリケーションとリッチ クライアント アプリケーションの両方の機能を組み合わせたものになります。 Web アプリケーションと同様に、XBAP を Web サーバーに発行し、インターネット エクスプローラーから起動できます。 また、リッチ クライアント アプリケーションと同様、WPF の機能を利用することができます。 XBAP の詳細については、MSDN の記事「 Windows Presentation Foundation XAML ブラウザー アプリケーションの概要」を参照してください。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

Web ホスティング シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、Microsoft .NET アプリケーションが実行されているアプリケーション プールのアプリケーション プール ID に関連付けられているサービス アカウントと同じアクセス許可を取得する可能性があります。 アプリケーション プール分離の構成とサービス アカウントに付与されるアクセス許可によっては、攻撃者が Web サーバー上の他のアプリケーション プールを制御したり、影響を受けるシステムを完全に制御したりできる可能性があります。 アプリケーション プールの ID と構成の詳細については、TechNet の記事 「アプリケーション プール ID の構成」を参照してください。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
この脆弱性の悪用には、Web ブラウズ シナリオ、Web ホスティング シナリオ、Microsoft .NET Framework アプリケーション シナリオの 3 つのシナリオがあります。 これらのシナリオについては、以下で説明します。

  • Web 閲覧シナリオ
    攻撃者は、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工された XBAP (XAML ブラウザー アプリケーション) を含む特別に細工された Web サイトをホストし、ユーザーに Web サイトを表示するよう誘導する可能性があります。 攻撃者は、ユーザーが提供するコンテンツや広告を受け入れる、またはホストする、侵害された Web サイトや Web サイトを利用する可能性もあります。 これらの Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者はユーザーに Web サイトへのアクセスを誘導する必要があります。通常は、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックさせ、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導します。 また、バナー広告を使用するか、他の方法を使用して影響を受けるシステムに Web コンテンツを配信することで、特別に細工された Web コンテンツを表示することもできます。
  • Web ホスティング シナリオ
    Web ホスティング環境でユーザーがカスタム ASP.NET アプリケーションをアップロードできる場合、攻撃者は、この脆弱性を使用する悪意のある ASP.NET アプリケーションをアップロードして、ホスティング会社が使用する CAS サンドボックスから抜け出して、ASP.NET コードがサーバー システムに対して有害なアクションを実行しないようにする可能性があります。
  • Microsoft .NET Framework アプリケーション シナリオ
    攻撃者は、悪意のある Microsoft .NET Framework アプリケーションをネットワーク共有に配置し、そのネットワーク上のユーザーを誘導してこのアプリケーションを実行する可能性があります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
この脆弱性の危険にさらされるシステムには、以下に示す 2 種類のシステムがあります。Web ブラウズ シナリオを使用しているシステムと、Web ホスティング シナリオを使用しているシステムです。

  • Web 閲覧シナリオ
    この脆弱性が悪用された場合、ユーザーがログオンし、XBAP をインスタンス化できる Web ブラウザーを使用して Web サイトにアクセスしている必要があります。 したがって、ワークステーションやターミナル サーバーなど、Web ブラウザーが頻繁に使用されるシステムは、この脆弱性のリスクが最も高まります。 管理者がユーザーにサーバー上の電子メールの参照と読み取りを許可すると、サーバーのリスクが高くなります。 ただし、ベスト プラクティスではこれを許可しないことを強くお勧めします。
  • Web ホスティング シナリオ
    ユーザーがカスタム ASP.NET アプリケーションをアップロードできる Web ホスティング サイトは、リスクが高まります。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、特定の .NET API 呼び出しが行われたときに GDI+ がバッファーを管理する方法を変更します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、責任ある開示を通じてこの脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取らず、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに公開された概念実証コードの例を見ていませんでした。

GDI+ PNG 整数オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-3126

GDI+ がメモリを割り当てる方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された PNG イメージ ファイルを開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2009-3126 を参照してください

「GDI+ PNG 整数オーバーフローの脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2009-3126:

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ローカル ユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Web ページを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする侵害された Web サイトや Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれる可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導する電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックするようにユーザーに誘導する必要があります。
  • 既定では、Windows Server 2003 および Windows Server 2008 のインターネット エクスプローラーは、セキュリティ強化構成と呼ばれる制限付きモードで実行されます。 このモードでは、インターネット ゾーンのセキュリティ レベルが [高] に設定されます。 これは、インターネット エクスプローラー信頼済みサイト ゾーンに追加していない Web サイトの軽減要因です。 インターネット エクスプローラーセキュリティ強化の構成の詳細については、この脆弱性の FAQ サブセクションを参照してください。
  • この脆弱性は、特別に細工されたファイルを開くようユーザーに誘導した攻撃者によって悪用される可能性があります。 攻撃者が特別に細工されたファイルをユーザーに強制的に開く方法はありません。
  • この脆弱性は、電子メールを介して自動的に悪用される可能性はありません。 攻撃を成功させるには、ユーザーが添付ファイルを開く必要があります。これは電子メール メッセージで送信されます。

「GDI+ PNG 整数オーバーフローの脆弱性」の回避策 - CVE-2009-3126

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • gdiplus.dllへのアクセスを制限する

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /P everyone:N
    
    1. 再起動。

    回避策の影響。 Windows ピクチャおよび FAX ビューアー (Windows Vista より前のエディション) や GDI+ に依存するその他のアプリケーションでは、イメージを表示できません。 また、Windows エクスプローラー (Vista より前のバージョン) のサムネイルは表示されません。

    回避策を元に戻す方法。

    1. 管理者特権でのコマンド プロンプトから次のコマンドを実行する
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\Microsoft.NET\Framework\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s %windir%\winsxs\gdiplus.dll') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%windir%\Downloaded Program Files\gdiplus.dll^"') DO cacls %G /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    for /F "tokens=*" %G IN ('dir /b /s ^"%programfiles^(86^)%\microsoft office\gdiplus.dll^"') DO cacls "%G" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft Shared\VFP\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 8\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Visual FoxPro 9\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Digital Image 2006\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Common Files\Microsoft shared\Works Shared\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\Microsoft Works\gdiplus.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    cacls "%programfiles(x86)%\ Common Files\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" /E /R everyone
    
    1. 再起動。
  • vgx.dllの登録解除

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe-u "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録解除プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

    回避策の影響。 VGX.DLLの登録が解除されると、VML をレンダリングするアプリケーションでは、この操作は行われなくなります。

    回避策を元に戻す方法。

    1. [スタート] をクリックし、[実行] をクリックし、「%SystemRoot%\System32\regsvr32.exe」 "%CommonProgramFiles%\Microsoft Shared\VGX\vgx.dll" と入力して、[OK] をクリックします

    2. 登録プロセスが成功したことを確認するダイアログ ボックスが表示されます。 [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

  • インターネット エクスプローラーで RSClientPrint が実行されないようにする

    レジストリ内のコントロールの強制終了ビットを設定することで、インターネット エクスプローラーで RSClientPrint をインスタンス化する試行を無効にすることができます。

    警告 レジストリ エディターを正しく使用しない場合は、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリ エディターの不適切な使用によって生じた問題については、解決を保証できません。 リスクを理解した上でレジストリ エディターを使用してください。

    インターネット エクスプローラーでコントロールが実行されないようにするために使用できる詳細な手順については、Microsoft サポート技術情報の記事240797を参照してください。 この記事の以下の手順に従って、レジストリに互換性フラグの値を作成して、RSClientPrint がインターネット エクスプローラーでインスタンス化されないようにします。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=dword:00000400

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

    回避策の影響。 オブジェクトがインターネット エクスプローラーで使用されることを意図していない限り、影響はありません。

    回避策を元に戻す方法。

    メモ帳などのテキスト エディターに次のテキストを貼り付けます。 次に、.regファイル名拡張子を使用してファイルを保存します。

    Windows レジストリ エディター バージョン 5.00

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Internet エクスプローラー\ActiveX Compatibility\{41861299-EAB2-4DCC-986C-802AE12AC499}]

    "互換性フラグ"=-

    この.regファイルは、ダブルクリックして個々のシステムに適用できます。 グループ ポリシーを使用して、doメイン 全体に適用することもできます。 グループ ポリシーの詳細については、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

    注: 変更を有効にするには、インターネット エクスプローラーを再起動する必要があります。

「GDI+ PNG 整数オーバーフローの脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2009-3126:

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、GDI+ によって処理される PNG の解析に必要なメモリの計算が正しく行されていないことが原因で発生します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
攻撃者は、インターネット エクスプローラーを介してこの脆弱性を悪用するように設計された特別に細工された Web サイトをホストし、ユーザーにその Web サイトを表示させる可能性があります。 これには、ユーザーが提供するコンテンツや広告を受け入れる、またはホストする、侵害された Web サイトや Web サイトも含まれます。 これらの Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者はユーザーに Web サイトへのアクセスを誘導する必要があります。通常は、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー要求内のリンクをクリックさせ、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導します。 また、バナー広告を使用するか、他の方法を使用して影響を受けるシステムに Web コンテンツを配信することで、特別に細工された Web コンテンツを表示することもできます。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
この脆弱性を利用するには、悪意のあるアクションが発生するために、ユーザーがログオンして電子メール メッセージを読み取ったり、Web サイトにアクセスしたり、ネットワーク共有からファイルを開いたりする必要があります。 したがって、電子メール メッセージが読み取られたり、インターネット エクスプローラーが頻繁に使用されたり、ワークステーションやターミナル サーバーなどのユーザーがネットワーク共有にアクセスできるシステムは、この脆弱性のリスクが最も高まります。 通常、Web サイトへのアクセスに使用されないシステム (ほとんどのサーバー システムなど) は、リスクが軽減されます。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、PNG イメージの解析中に GDI+ がバッファーの必要なサイズを計算する方法を変更することで、この脆弱性を排除します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、責任ある開示を通じてこの脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取らず、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに公開された概念実証コードの例を見ていませんでした。

メモリ破損の脆弱性 - CVE-2009-2528

Microsoft Office にリモートコード実行の脆弱性が存在します。これにより、ユーザーが不正な形式のオブジェクトを含む特別に細工された Office ファイルを開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2009-2528 を参照してください

「メモリ破損の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2009-2528

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ローカル ユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Web ページを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする侵害された Web サイトや Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれる可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導する電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックするようにユーザーに誘導する必要があります。
  • この脆弱性は、電子メールを介して自動的に悪用される可能性はありません。 攻撃を成功させるには、ユーザーが添付ファイルを開く必要があります。これは電子メール メッセージで送信されます。

「メモリ破損の脆弱性」の回避策 - CVE-2009-2528

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • 信頼されていないソースから受信した Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Office ファイルは開かないでください。 この脆弱性は、ユーザーが特別に細工されたファイルを開いたときに悪用される可能性があります。

「メモリ破損の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2009-2528

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムをリモートで完全に制御できる可能性があります。 攻撃者はその後、プログラムをインストールしたり、データを表示、変更、または削除したりする可能性があります。または、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成します。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、特別に細工された Office ドキュメントを開くときに、Microsoft Office が Office アート プロパティ テーブルを解析する方法で存在します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーとして任意のコードを実行する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
この脆弱性を利用するには、ユーザーが影響を受けるバージョンの Microsoft Office で特別に細工された Office ドキュメントを開く必要があります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、Microsoft Office が使用されているシステムは、主に危険にさらされます。 管理者がユーザーにサーバーへのログオンとプログラムの実行を許可すると、サーバーのリスクが高くなります。 ただし、ベスト プラクティスではこれを許可しないことを強くお勧めします。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、Microsoft Office が特別に細工された Office ドキュメントを開く方法を変更することで、この脆弱性を排除します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、責任ある開示を通じてこの脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取らず、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに公開された概念実証コードの例を見ていませんでした。

Office BMP の整数オーバーフローの脆弱性 - CVE-2009-2518

BMP イメージを含む特別に細工された Office ドキュメントを Microsoft Office が処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 この脆弱性により、Outlook ユーザーが特別に細工された電子メールを開いたり、形式が正しくないビットマップ ファイルを含む Office ドキュメントを開いたりした場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2009-2518 を参照してください

「Office BMP の整数オーバーフローの脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2009-2518

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ローカル ユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Web ページを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする侵害された Web サイトや Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性のある特別に細工されたコンテンツが含まれる可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーを攻撃者の Web サイトに誘導する電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックするようにユーザーに誘導する必要があります。

「Office BMP の整数オーバーフローの脆弱性」の回避策 - CVE-2009-2518

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • 信頼されていないソースから受信した Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Office ファイルを開かないでください

    この脆弱性は、ユーザーが特別に細工されたファイルを開いたときに悪用される可能性があります。

  • プレーンテキストで電子メールを読み取る

    電子メール攻撃ベクトルから身を守るために、プレーンテキスト形式で電子メール メッセージを読み取ります。

    Office XP Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook 2002 ユーザーと、インターネット エクスプローラー 6 Service Pack 1 以降のバージョンを適用した Microsoft Office Outlook Express 6 ユーザーは、この設定を有効にして、デジタル署名されていない電子メール メッセージやプレーン テキストのみで暗号化されていない電子メール メッセージを表示できます。

    デジタル署名された電子メール メッセージまたは暗号化された電子メール メッセージは、設定の影響を受けず、元の形式で読み取ることができます。 Outlook 2002 でこの設定を有効にする方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事307594を参照してください

    Outlook Express 6 のこの設定の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事291387を参照してください

    回避策の影響。 プレーンテキスト形式で表示される電子メール メッセージには、画像、特殊なフォント、アニメーション、その他のリッチ コンテンツは含まれません。 さらに、

    • 変更がプレビュー ウィンドウに適用され、メッセージが開きます。
    • 画像が失われないように添付ファイルになります。
    • メッセージはストア内のリッチ テキスト形式または HTML 形式のままであるため、オブジェクト モデル (カスタム コード ソリューション) が予期せず動作する可能性があります。

「Office BMP の整数オーバーフローの脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2009-2518

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性の原因は何ですか?
ユーザーが特別に細工された BMP を含む特別に細工された Office ファイルを開くと、攻撃者が任意のコードを実行できるような方法でシステム メモリが破損する可能性があります。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーとして任意のコードを実行する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は Outlook ユーザーに特別に細工された電子メールを送信するか、特別に細工された Office ドキュメントをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くかメッセージを読むよう誘導することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者はこの脆弱性を悪用するために使用される Office ドキュメントを含む Web サイトをホストする必要があります。 さらに、侵害された Web サイトと、ユーザーが提供するコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 攻撃者は、ユーザーに特別に細工された Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は Web サイトにアクセスするように誘導する必要があります。通常は、攻撃者のサイトに移動するリンクをクリックしてもらう必要があります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
影響を受けるソフトウェアが使用されているシステム (ワークステーションやターミナル サーバーを含む) は、主に危険にさらされます。 管理者がユーザーにサーバーへのログオンとプログラムの実行を許可すると、サーバーのリスクが高くなります。 ただし、ベスト プラクティスではこれを許可しないことを強くお勧めします。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、Microsoft Office が特別に細工されたファイルを開く方法を変更することで、この脆弱性を排除します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、責任ある開示を通じてこの脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取らず、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに公開された概念実証コードの例を見ていませんでした。

情報の更新

検出と展開のツールとガイダンス

組織内のサーバー、デスクトップ、モバイル システムに展開するために必要なソフトウェアとセキュリティの更新プログラムを管理します。 詳細については、TechNet Update Management Center参照してください。 Microsoft TechNet セキュリティ Web サイトは、Microsoft 製品のセキュリティに関する追加情報を提供します。

セキュリティ更新プログラムは、Microsoft UpdateWindows Update から入手できます。 セキュリティ更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターからも入手できます。 "セキュリティ更新プログラム" のキーワード (keyword)検索を実行すると、最も簡単に見つけることができます。

最後に、セキュリティ更新プログラムは Microsoft Update カタログからダウンロードできます。 Microsoft Update カタログには、セキュリティ更新プログラム、ドライバー、サービス パックなど、Windows Update と Microsoft Update を通じて利用できるコンテンツの検索可能なカタログが用意されています。 セキュリティ情報番号 ("MS07-036" など) を使用して検索すると、該当するすべての更新プログラムをバスケットに追加し (更新プログラムの異なる言語を含む)、選択したフォルダーにダウンロードできます。 Microsoft Update カタログの詳細については、Microsoft Update カタログに関する FAQ を参照してください

Microsoft は、2009 年 8 月 1 日をもって Office Update と Office Update Inventory Tool のサポートを終了しました。 Microsoft Office 製品の最新の更新プログラムを引き続き入手するには、Microsoft Update を使用 します。 詳細については、「Microsoft Office Update について: よく寄せられる質問」を参照してください。

検出と展開のガイダンス

Microsoft では、セキュリティ更新プログラムの検出と展開に関するガイダンスを提供しています。 このガイダンスには、IT プロフェッショナルがセキュリティ更新プログラムの検出と展開にさまざまなツールを使用する方法を理解するのに役立つ推奨事項と情報が含まれています。 詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事961747を参照してください

Microsoft Baseline Security Analyzer

Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) を使用すると、管理者はローカル システムとリモート システムをスキャンして、不足しているセキュリティ更新プログラムや一般的なセキュリティ構成の誤りを確認できます。 MB (メガバイト)SA の詳細については、Microsoft Baseline Security Analyzer を参照してください

次の表に、このセキュリティ更新プログラムの MB (メガバイト)SA 検出の概要を示します。

ソフトウェア MB (メガバイト)SA 2.1
Windows オペレーティング システムとコンポーネント
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 はい
Windows XP Service Pack 2 と Windows XP Service Pack 3 はい
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 はい
Windows Server 2003 Service Pack 2 はい
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 はい
Itanium ベースのシステム用 Windows Server 2003 SP2 はい
Windows Vista および Windows Vista Service Pack 1 はい
Windows Vista x64 Edition および Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 はい
32 ビット システム用 Windows Server 2008 はい
x64 ベースシステム用 Windows Server 2008 はい
Windows Server 2008 for Itanium ベースのシステム はい
Microsoft Office スイートとその他の Office ソフトウェア
Microsoft Office XP Service Pack 3 はい
Microsoft Office 2003 Service Pack 3 はい
2007 Microsoft Office System Service Pack 1 はい
2007 Microsoft Office System Service Pack 2 はい
Microsoft Office Project 2002 Service Pack 1 はい
Microsoft Visio 2002 Service Pack 2 はい
Microsoft Word Viewer 2003 Service Pack 3 と Microsoft Office Excel Viewer 2003 Service Pack 3 はい
Microsoft Office Excel Viewer Service Pack 2、Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 1、および Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 2 はい
Microsoft Office PowerPoint Viewer 2007 Service Pack 2 はい
Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式 Service Pack 1 および Microsoft Office Compatibility Pack for Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式 Service Pack 2 用 Microsoft Office 互換パック はい
Works 8.5 はい
Microsoft SQL Server
SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2 はい
SQL Server 2005 Service Pack 2 はい
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 2 はい
SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2 はい
SQL Server 2005 Service Pack 3 はい
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 3 はい
SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 3 はい
開発者ツール
Microsoft Visual Studio .NET 2003 Service Pack 1 いいえ
Microsoft Visual Studio 2005 Service Pack 1 はい
Microsoft Visual Studio 2008 はい
Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 はい
Microsoft Report Viewer 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ はい
Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ はい
Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ Service Pack 1 はい
Microsoft Visual FoxPro 8.0 Service Pack 1 いいえ
Microsoft Visual FoxPro 9.0 Service Pack 2 いいえ
Microsoft Platform SDK 再頒布可能パッケージ: GDI+ いいえ
セキュリティ ソフトウェア
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合の Microsoft Forefront Client Security 1.0 はい

MB (メガバイト)SA 2.1 の詳細については、「MB (メガバイト)SA 2.1 に関するよく寄せられる質問」を参照してください。

Windows Server Update Services

Windows Server Update Services (WSUS) を使用すると、管理者は Windows 2000 オペレーティング システム以降、Office XP 以降、Exchange Server 2003、および SQL Server 2000 の最新の重要な更新プログラムとセキュリティ更新プログラムを展開できます。 Windows Server Update Services を使用してこのセキュリティ更新プログラムを展開する方法の詳細については、Windows Server Update Services Web サイト参照してください。

Systems Management Server

次の表に、このセキュリティ更新プログラムの SMS 検出と展開の概要を示します。

ソフトウェア SMS 2.0 SMS 2003 with SUIT ITMU を使用した SMS 2003 Configuration Manager 2007
Windows オペレーティング システムとコンポーネント
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 はい イエス イエス はい
Windows XP Service Pack 2 と Windows XP Service Pack 3 はい イエス イエス はい
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
Windows Server 2003 Service Pack 2 はい イエス イエス はい
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
Itanium ベースのシステム用 Windows Server 2003 SP2 いいえ 番号 イエス はい
Windows Vista および Windows Vista Service Pack 1 いいえ いいえ 以下の Windows Vista および Windows Server 2008 の注を参照してください はい
Windows Vista x64 Edition および Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 いいえ いいえ 以下の Windows Vista および Windows Server 2008 の注を参照してください はい
32 ビット システム用 Windows Server 2008 いいえ いいえ 以下の Windows Vista および Windows Server 2008 の注を参照してください はい
x64 ベースシステム用 Windows Server 2008 いいえ いいえ 以下の Windows Vista および Windows Server 2008 の注を参照してください はい
Windows Server 2008 for Itanium ベースのシステム いいえ いいえ 以下の Windows Vista および Windows Server 2008 の注を参照してください はい
Microsoft Office スイートとその他の Office ソフトウェア
Microsoft Office XP Service Pack 3 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Office 2003 Service Pack 3 いいえ 番号 イエス はい
2007 Microsoft Office System Service Pack 1 いいえ 番号 イエス はい
2007 Microsoft Office System Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Office Project 2002 Service Pack 1 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Visio 2002 Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Word Viewer 2003 Service Pack 3 と Microsoft Office Excel Viewer 2003 Service Pack 3 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Office Excel Viewer Service Pack 2、Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 1、および Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Office PowerPoint Viewer 2007 Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式 Service Pack 1 および Microsoft Office Compatibility Pack for Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式 Service Pack 2 用 Microsoft Office 互換パック いいえ 番号 イエス はい
Works 8.5 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft SQL Server
SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
SQL Server 2005 Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 2 いいえ 番号 イエス はい
SQL Server 2005 Service Pack 3 いいえ 番号 イエス はい
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 3 いいえ 番号 イエス はい
SQL Server 2005 for Itanium ベースのシステム Service Pack 3 いいえ 番号 イエス はい
開発者ツール
Microsoft Visual Studio .NET 2003 Service Pack 1 いいえ 番号 番号 いいえ
Microsoft Visual Studio 2005 Service Pack 1 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Visual Studio 2008 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Report Viewer 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ Service Pack 1 いいえ 番号 イエス はい
Microsoft Visual FoxPro 8.0 Service Pack 1 はい はい いいえ いいえ
Microsoft Visual FoxPro 9.0 Service Pack 2 いいえ 番号 番号 いいえ
Microsoft Platform SDK 再頒布可能パッケージ: GDI+ いいえ 番号 番号 いいえ
セキュリティ ソフトウェア
Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合の Microsoft Forefront Client Security 1.0 いいえ 番号 イエス はい

SMS 2.0 および SMS 2003 の場合、セキュリティ更新プログラムインベントリ ツール (SUIT) を SMS で使用してセキュリティ更新プログラムを検出できます。 「Systems Management Server 2.0 のダウンロード」も参照してください。

SMS 2003 の場合、SMS 2003 Inventory Tool for Microsoft 更新 (ITMU) を SMS で使用して、Microsoft Update によって提供され、Windows Server Update Servicesサポートされているセキュリティ更新プログラムを検出できます。 SMS 2003 ITMU の詳細については、「SMS 2003 Inventory Tool for Microsoft 更新」を参照してください。 SMS スキャン ツールの詳細については、「SMS 2003 Software Update Scanning Tools」を参照してください。 「Systems Management Server 2003 のダウンロード」も 参照してください。

System Center Configuration Manager 2007 では、更新プログラムの検出に WSUS 3.0 が使用されます。 Configuration Manager 2007 Software Update Management の詳細については、System Center Configuration Manager 2007 を参照してください

Windows Vista および Windows Server 2008 Microsoft Systems Management Server 2003 Service Pack 3 の注には、Windows Vista と Windows Server 2008 の管理容易性のサポートが含まれています。

SMS の詳細については、SMS Web サイト参照してください。

詳細については、「 Microsoft サポート技術情報の記事 910723: 毎月の検出と展開のガイダンスに関する記事の概要一覧」を参照してください。

互換性エバリュエーターとアプリケーション互換性ツールキットの更新

更新多くの場合、アプリケーションの実行に必要なのと同じファイルとレジストリ設定に書き込みます。 これにより、非互換性がトリガーされ、セキュリティ更新プログラムの展開にかかる時間が長くなる可能性があります。 アプリケーション互換性ツールキットに含まれる Update Compatibility Evaluator コンポーネントを使用すると、インストールされているアプリケーションに対する Windows 更新プログラムのテストと検証を効率化できます。

アプリケーション互換性ツールキット (ACT) には、Microsoft Windows Vista、Windows Update、Microsoft セキュリティ更新プログラム、または新しいバージョンの Windows インターネット エクスプローラーを環境内に展開する前に、アプリケーションの互換性の問題を評価して軽減するために必要なツールとドキュメントが含まれています。

セキュリティ更新プログラムの展開

影響を受けるソフトウェア

影響を受けるソフトウェアの特定のセキュリティ更新プログラムの詳細については、適切なリンクをクリックしてください。

Windows 2000 (すべてのエディション)

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、今後の更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする IE6.0sp1-KB (キロバイト)958869-Windows2000-x86-enu /quiet
再起動せずにインストールする IE6.0sp1-KB (キロバイト)958869-Windows2000-x86-enu /norestart
ログ ファイルを更新する KB (キロバイト)958869-IE6SP1-20090818.120000.log
詳細情報 サブセクション 、検出と展開のツールとガイダンスを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? はい。このセキュリティ更新プログラムを適用した後、システムを再起動する必要があります。
ホットパッチ 適用なし
削除情報 %Windir%\$NtUninstall KB (キロバイト)958869-IE6SP1-20090818.120000$\spuninst フォルダーにあるコントロール パネルまたはSpuninst.exe ユーティリティの [プログラムの追加と削除] ツールを使用する
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事958869を参照してください
レジストリ キーの検証 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Internet エクスプローラー 6\SP1\KB (キロバイト)958869-IE6SP1-20090818.120000\Filelist

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

このセキュリティ更新プログラムをインストールすると、インストーラーは、システムで更新されるファイルの 1 つ以上が以前に Microsoft 修正プログラムによって更新されたかどうかをチェックします。

これらのファイルのいずれかを更新する修正プログラムを以前にインストールした場合、インストーラーは RTMQFE、SP1QFE、または SP2QFE ファイルをシステムにコピーします。 それ以外の場合、インストーラーは RTMGDR、SP1GDR、または SP2GDR ファイルをシステムにコピーします。 セキュリティ更新プログラムには、これらのファイルのすべてのバリエーションが含まれていない場合があります。 この動作の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824994を参照してください

インストーラーの詳細については、Microsoft TechNet Web サイト参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/help コマンド ライン オプションを表示します。
セットアップ モード
/passive 無人セットアップ モード。 ユーザーの操作は必要ありませんが、インストールの状態が表示されます。 セットアップの終了時に再起動が必要な場合は、コンピューターが 30 秒以内に再起動することを示すタイマー警告が表示されるダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。
/quiet 非表示モードです。 これは無人モードと同じですが、状態またはエラー メッセージは表示されません。
再起動オプション
/norestart インストールが完了しても再起動しません。
/forcerestart インストール後にコンピューターを再起動し、最初に開いているファイルを保存せずに、シャットダウン時に他のアプリケーションを強制的に閉じます。
/warnrestart[:x] コンピューターが x 秒で再起動することをユーザーに警告するタイマーを含むダイアログ ボックスを表示します。 (既定の設定は 30 秒です)。/quiet スイッチまたは /passive スイッチでの使用を目的としています。
/promptrestart 再起動を許可するようにローカル ユーザーに求めるダイアログ ボックスを表示します。
特別なオプション
/overwriteoem プロンプトを表示せずに OEM ファイルを上書きします。
/nobackup アンインストールに必要なファイルはバックアップしません。
/forceappsclose コンピューターのシャットダウン時に他のプログラムを強制的に閉じます。
/log:path インストール ログ ファイルのリダイレクトを許可します。
/extract[:p ath] セットアップ プログラムを起動せずにファイルを抽出します。
/Er 拡張エラー報告を有効にします。
/verbose 詳細ログを有効にします。 インストール中に、%Windir%\CabBuild.log を作成します。 このログには、コピーされたファイルの詳細が表示されます。 このスイッチを使用すると、インストールが遅くなる可能性があります。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムでは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチもサポートされています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/help コマンド ライン オプションを表示します。
セットアップ モード
/passive 無人セットアップ モード。 ユーザーの操作は必要ありませんが、インストールの状態が表示されます。 セットアップの終了時に再起動が必要な場合は、コンピューターが 30 秒以内に再起動することを示すタイマー警告が表示されるダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。
/quiet 非表示モードです。 これは無人モードと同じですが、状態またはエラー メッセージは表示されません。
再起動オプション
/norestart インストールが完了しても再起動しません。
/forcerestart インストール後にコンピューターを再起動し、最初に開いているファイルを保存せずに、シャットダウン時に他のアプリケーションを強制的に閉じます。
/warnrestart[:x] コンピューターが x 秒で再起動することをユーザーに警告するタイマーを含むダイアログ ボックスを表示します。 (既定の設定は 30 秒です)。/quiet スイッチまたは /passive スイッチでの使用を目的としています。
/promptrestart 再起動を許可するようにローカル ユーザーに求めるダイアログ ボックスを表示します。
特別なオプション
/forceappsclose コンピューターのシャットダウン時に他のプログラムを強制的に閉じます。
/log:path インストール ログ ファイルのリダイレクトを許可します。

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします
    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします
    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします
    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。
    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。
  • レジストリ キーの検証

    このセクションの参照表に記載されているレジストリ キーを確認することで、このセキュリティ更新プログラムがインストールしたファイルを確認することもできます。

    これらのレジストリ キーには、インストールされているファイルの完全な一覧が含まれていない場合があります。 また、管理者または OEM がこのセキュリティ更新プログラムを Windows インストール ソース ファイルに統合またはスリップストリームすると、これらのレジストリ キーが正しく作成されない場合があります。

Windows XP (すべてのエディション)

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、今後の Service Pack または更新プログラムのロールアップに含まれる予定です
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3:\ WindowsXP-KB (キロバイト)958869-x86-enu /quiet の場合
Windows XP Professional x64 Edition および Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2:\ WindowsServer2003.WindowsXP-KB (キロバイト)958869-x64-enu /quiet の場合
再起動せずにインストールする Windows XP Service Pack 2 および Windows XP Service Pack 3:\ WindowsXP-KB (キロバイト)958869-x86-enu /norestart の場合
Windows XP Professional x64 Edition および Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2:\ WindowsServer2003.WindowsXP-KB (キロバイト)958869-x64-enu /norestart の場合
ログ ファイルを更新する KB (キロバイト)958869.log
詳細情報 サブセクション 、検出と展開のツールとガイダンスを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? はい。このセキュリティ更新プログラムを適用した後、システムを再起動する必要があります。
ホットパッチ 適用なし
削除情報 %Windir%$NTUninstall KB (キロバイト)958869$\Spuninst フォルダーにある コントロール パネル または Spuninst.exe ユーティリティの [プログラムの追加と削除] ツールを使用する
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事958869を参照してください
レジストリ キーの検証 サポートされているすべての 32 ビット エディションの Windows XP:\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Windows XP\SP4\KB (キロバイト)958869\Filelist
サポートされているすべての x64 ベースエディションの Windows XP:\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Windows Server 2003\SP3\KB (キロバイト)958869\Filelist

注: サポートされているバージョンの Windows XP Professional x64 Edition の場合、このセキュリティ更新プログラムは、Windows Server 2003 x64 Edition セキュリティ更新プログラムのサポートされているバージョンと同じです。

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

このセキュリティ更新プログラムをインストールすると、インストーラーは、システムで更新されるファイルの 1 つ以上が以前に Microsoft 修正プログラムによって更新されたかどうかをチェックします。

これらのファイルのいずれかを更新する修正プログラムを以前にインストールした場合、インストーラーは RTMQFE、SP1QFE、または SP2QFE ファイルをシステムにコピーします。 それ以外の場合、インストーラーは RTMGDR、SP1GDR、または SP2GDR ファイルをシステムにコピーします。 セキュリティ更新プログラムには、これらのファイルのすべてのバリエーションが含まれていない場合があります。 この動作の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824994を参照してください

インストーラーの詳細については、Microsoft TechNet Web サイト参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/help コマンド ライン オプションを表示します。
セットアップ モード
/passive 無人セットアップ モード。 ユーザーの操作は必要ありませんが、インストールの状態が表示されます。 セットアップの終了時に再起動が必要な場合は、コンピューターが 30 秒以内に再起動することを示すタイマー警告が表示されるダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。
/quiet 非表示モードです。 これは無人モードと同じですが、状態またはエラー メッセージは表示されません。
再起動オプション
/norestart インストールが完了しても再起動しません。
/forcerestart インストール後にコンピューターを再起動し、最初に開いているファイルを保存せずに、シャットダウン時に他のアプリケーションを強制的に閉じます。
/warnrestart[:x] コンピューターが x 秒で再起動することをユーザーに警告するタイマーを含むダイアログ ボックスを表示します。 (既定の設定は 30 秒です)。/quiet スイッチまたは /passive スイッチでの使用を目的としています。
/promptrestart 再起動を許可するようにローカル ユーザーに求めるダイアログ ボックスを表示します。
特別なオプション
/overwriteoem プロンプトを表示せずに OEM ファイルを上書きします。
/nobackup アンインストールに必要なファイルはバックアップしません。
/forceappsclose コンピューターのシャットダウン時に他のプログラムを強制的に閉じます。
/log:path インストール ログ ファイルのリダイレクトを許可します。
/integrate:path Windows ソース ファイルに更新プログラムを統合します。 これらのファイルは、スイッチで指定されているパスにあります。
/extract[:p ath] セットアップ プログラムを起動せずにファイルを抽出します。
/Er 拡張エラー報告を有効にします。
/verbose 詳細ログを有効にします。 インストール中に、%Windir%\CabBuild.log を作成します。 このログには、コピーされたファイルの詳細が表示されます。 このスイッチを使用すると、インストールが遅くなる可能性があります。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムでは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチもサポートされています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/help コマンド ライン オプションを表示します。
セットアップ モード
/passive 無人セットアップ モード。 ユーザーの操作は必要ありませんが、インストールの状態が表示されます。 セットアップの終了時に再起動が必要な場合は、コンピューターが 30 秒以内に再起動することを示すタイマー警告が表示されるダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。
/quiet 非表示モードです。 これは無人モードと同じですが、状態またはエラー メッセージは表示されません。
再起動オプション
/norestart インストールが完了したときに再起動しない
/forcerestart インストール後にコンピューターを再起動し、最初に開いているファイルを保存せずに、シャットダウン時に他のアプリケーションを強制的に閉じます。
/warnrestart[:x] コンピューターが x 秒で再起動することをユーザーに警告するタイマーを含むダイアログ ボックスを表示します。 (既定の設定は 30 秒です)。/quiet スイッチまたは /passive スイッチでの使用を目的としています。
/promptrestart 再起動を許可するようにローカル ユーザーに求めるダイアログ ボックスを表示します。
特別なオプション
/forceappsclose コンピューターのシャットダウン時に他のプログラムを強制的に閉じます。
/log:path インストール ログ ファイルのリダイレクトを許可します。

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします
    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします
    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします
    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。
    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。
  • レジストリ キーの検証

    このセクションの参照表に記載されているレジストリ キーを確認することで、このセキュリティ更新プログラムがインストールしたファイルを確認することもできます。

    これらのレジストリ キーには、インストールされているファイルの完全な一覧が含まれていない場合があります。 また、管理者または OEM がこのセキュリティ更新プログラムを Windows インストール ソース ファイルに統合またはスリップストリームすると、これらのレジストリ キーが正しく作成されない場合があります。

Windows Server 2003 (すべてのエディション)

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、今後の Service Pack または更新プログラムのロールアップに含まれる予定です
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする サポートされているすべての 32 ビット エディションの Windows Server 2003:\ WindowsServer2003-KB (キロバイト)958869-x86-enu /quiet
サポートされているすべての x64 ベースエディションの Windows Server 2003:\ WindowsServer2003.WindowsXP-KB (キロバイト)958869-x64-enu /quiet
サポートされているすべての Itanium ベースのエディションの Windows Server 2003:\ WindowsServer2003-KB (キロバイト)958869-ia64-enu /quiet
再起動せずにインストールする サポートされているすべての 32 ビット エディションの Windows Server 2003:\ WindowsServer2003-KB (キロバイト)958869-x86-enu /norestart
サポートされているすべての x64 ベースエディションの Windows Server 2003:\ WindowsServer2003.WindowsXP-KB (キロバイト)958869-x64-enu /norestart
サポートされているすべての Itanium ベースのエディションの Windows Server 2003:\ WindowsServer2003-KB (キロバイト)958869-ia64-enu /norestart
ログ ファイルを更新する KB (キロバイト)958869.log
詳細情報 サブセクション 、検出と展開のツールとガイダンスを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? はい。このセキュリティ更新プログラムを適用した後、システムを再起動する必要があります。
ホットパッチ このセキュリティ更新プログラムは、HotPatching をサポートしていません。 HotPatching の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事897341を参照してください。
削除情報 %Windir%$NTUninstall KB (キロバイト)958869$\Spuninst フォルダーにある コントロール パネル または Spuninst.exe ユーティリティの [プログラムの追加と削除] ツールを使用する
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事958869を参照してください
レジストリ キーの検証 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Windows Server 2003\SP3\KB (キロバイト)958869\Filelist

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

このセキュリティ更新プログラムをインストールすると、インストーラーチェック、システムで更新されている 1 つ以上のファイルが以前に Microsoft 修正プログラムによって更新されているかどうかを確認します。

これらのファイルのいずれかを更新する修正プログラムを以前にインストールした場合、インストーラーは RTMQFE、SP1QFE、または SP2QFE ファイルをシステムにコピーします。 それ以外の場合、インストーラーは RTMGDR、SP1GDR、または SP2GDR ファイルをシステムにコピーします。 セキュリティ更新プログラムには、これらのファイルのすべてのバリエーションが含まれていない場合があります。 この動作の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824994を参照してください

インストーラーの詳細については、Microsoft TechNet Web サイト参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/help コマンド ライン オプションを表示します。
セットアップ モード
/passive 無人セットアップ モード。 ユーザーの操作は必要ありませんが、インストールの状態が表示されます。 セットアップの終了時に再起動が必要な場合は、コンピューターが 30 秒以内に再起動することを示すタイマー警告が表示されるダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。
/quiet 非表示モードです。 これは無人モードと同じですが、状態またはエラー メッセージは表示されません。
再起動オプション
/norestart インストールが完了しても再起動しません。
/forcerestart インストール後にコンピューターを再起動し、最初に開いているファイルを保存せずに、シャットダウン時に他のアプリケーションを強制的に閉じます。
/warnrestart[:x] コンピューターが x 秒で再起動することをユーザーに警告するタイマーを含むダイアログ ボックスを表示します。 (既定の設定は 30 秒です)。/quiet スイッチまたは /passive スイッチでの使用を目的としています。
/promptrestart 再起動を許可するようにローカル ユーザーに求めるダイアログ ボックスを表示します。
特別なオプション
/overwriteoem プロンプトを表示せずに OEM ファイルを上書きします。
/nobackup アンインストールに必要なファイルはバックアップしません。
/forceappsclose コンピューターのシャットダウン時に他のプログラムを強制的に閉じます。
/log:path インストール ログ ファイルのリダイレクトを許可します。
/integrate:path Windows ソース ファイルに更新プログラムを統合します。 これらのファイルは、スイッチで指定されているパスにあります。
/extract[:p ath] セットアップ プログラムを起動せずにファイルを抽出します。
/Er 拡張エラー報告を有効にします。
/verbose 詳細ログを有効にします。 インストール中に、%Windir%\CabBuild.log を作成します。 このログには、コピーされたファイルの詳細が表示されます。 このスイッチを使用すると、インストールが遅くなる可能性があります。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/help コマンド ライン オプションを表示します。
セットアップ モード
/passive 無人セットアップ モード。 ユーザーの操作は必要ありませんが、インストールの状態が表示されます。 セットアップの終了時に再起動が必要な場合は、コンピューターが 30 秒以内に再起動することを示すタイマー警告が表示されるダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。
/quiet 非表示モードです。 これは無人モードと同じですが、状態またはエラー メッセージは表示されません。
再起動オプション
/norestart インストールが完了しても再起動しません。
/forcerestart インストール後にコンピューターを再起動し、最初に開いているファイルを保存せずに、シャットダウン時に他のアプリケーションを強制的に閉じます。
/warnrestart[:x] コンピューターが x 秒で再起動することをユーザーに警告するタイマーを含むダイアログ ボックスを表示します。 (既定の設定は 30 秒です)。/quiet スイッチまたは /passive スイッチでの使用を目的としています。
/promptrestart 再起動を許可するようにローカル ユーザーに求めるダイアログ ボックスを表示します。
特別なオプション
/forceappsclose コンピューターのシャットダウン時に他のプログラムを強制的に閉じます。
/log:path インストール ログ ファイルのリダイレクトを許可します。

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします
    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします
    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします
    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。
    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。
  • レジストリ キーの検証

    このセクションの参照表に記載されているレジストリ キーを確認することで、このセキュリティ更新プログラムがインストールしたファイルを確認することもできます。

    これらのレジストリ キーには、インストールされているファイルの完全な一覧が含まれていない場合があります。 また、管理者または OEM がこのセキュリティ更新プログラムを Windows インストール ソース ファイルに統合またはスリップストリームすると、これらのレジストリ キーが正しく作成されない場合があります。

Windows Vista

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、今後の Service Pack または更新プログラムのロールアップに含まれる予定です
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Windows Vista および Windows Vista Service Pack 1:\ Windows6.0-KB (キロバイト)958869-x86 /quiet\ \ For Windows Vista x64 Edition および Windows Vista x64 Edition Service Pack 1:\ Windows6.0-KB (キロバイト)958869-x64 /quiet
再起動せずにインストールする Windows Vista および Windows Vista Service Pack 1:\ Windows6.0-KB (キロバイト)958869-x86 /quiet /norestart\ \ For Windows Vista x64 Edition および Windows Vista x64 Edition Service Pack 1:\ Windows6.0-KB (キロバイト)958869-x64 /quiet /norestart
詳細情報 サブセクション 、検出と展開のツールとガイダンスを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? はい。このセキュリティ更新プログラムを適用した後、システムを再起動する必要があります。
ホットパッチ 適用不可。
削除情報 WUSA.exeでは、更新プログラムのアンインストールはサポートされていません。 WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。 [Windows Update] の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事958869を参照してください
レジストリ キーの検証 注: この更新プログラムの存在を検証するためのレジストリ キーは存在しません。

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

このセキュリティ更新プログラムをインストールすると、インストーラーは、システムで更新されるファイルの 1 つ以上が以前に Microsoft 修正プログラムによって更新されたかどうかをチェックします。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/?、/h、/help サポートされているスイッチのヘルプを表示します。
/quiet 状態またはエラー メッセージの表示を抑制します。
/norestart /quiet組み合わせると、インストールを完了するために再起動が必要な場合でも、インストール後にシステムは再起動されません。

注: wusa.exe インストーラーの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事934307を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] に更新ファイル名を入力します
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
    3. [全般] タブで、ファイル サイズと、セキュリティ情報のKB (キロバイト)に関する記事で提供されているファイル情報テーブルを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックして、ファイルのバージョンや変更日などの情報を、セキュリティ情報KB (キロバイト)記事に記載されているファイル情報テーブルと比較することもできます。
    5. 最後に、[以前の バージョン ] タブをクリックして、以前のバージョンのファイル情報と、ファイルの新しいバージョンまたは更新されたバージョンのファイル情報を比較することもできます。

Windows サーバー 2008

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、今後の Service Pack または更新プログラムのロールアップに含まれる予定です
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Windows Server 2008 for 32-bit Systems の場合:\ Windows6.0-KB (キロバイト)958869-x86 /quiet\ \ \ For Windows Server 2008 for x64-based Systems:\ Windows6. 0-KB (キロバイト)958869-x64 /quiet\ \ \ For Windows Server 2008 for Itanium-based Systems:\ Windows6.0-KB (キロバイト)958869-ia64 /quiet
再起動せずにインストールする 32 ビット システム用 Windows Server 2008 の場合:\ Windows6.0-KB (キロバイト)958869-x86 /quiet /norestart\ \ \ For Windows Server 2008 for x64-based Systems:\ Windows6.0-KB (キロバイト)958869-x64 /quiet /norestart\ \ \ For Windows Server 2008 for Itanium-based Systems:\ Windows6.0-KB (キロバイト)958869-ia64 /quiet /norestart
詳細情報 サブセクション 、検出と展開のツールとガイダンスを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? はい。このセキュリティ更新プログラムを適用した後、システムを再起動する必要があります。
ホットパッチ 適用不可。
削除情報 WUSA.exeでは、更新プログラムのアンインストールはサポートされていません。 WUSA によってインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル] をクリックし、[セキュリティ] をクリックします。 [Windows Update] の [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事958869を参照してください
レジストリ キーの検証 注: この更新プログラムの存在を検証するためのレジストリ キーは存在しません。

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

このセキュリティ更新プログラムをインストールすると、インストーラーは、システムで更新されるファイルの 1 つ以上が以前に Microsoft 修正プログラムによって更新されたかどうかをチェックします。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/?、/h、/help サポートされているスイッチのヘルプを表示します。
/quiet 状態またはエラー メッセージの表示を抑制します。
/norestart /quiet組み合わせると、インストールを完了するために再起動が必要な場合でも、インストール後にシステムは再起動されません。

注: wusa.exe インストーラーの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事934307を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] に更新ファイル名を入力します
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
    3. [全般] タブで、ファイル サイズと、セキュリティ情報のKB (キロバイト)に関する記事で提供されているファイル情報テーブルを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックして、ファイルのバージョンや変更日などの情報を、セキュリティ情報KB (キロバイト)記事に記載されているファイル情報テーブルと比較することもできます。
    5. 最後に、[以前の バージョン ] タブをクリックして、以前のバージョンのファイル情報と、ファイルの新しいバージョンまたは更新されたバージョンのファイル情報を比較することもできます。

Microsoft .NET Framework 1.1

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 2 に含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1:\ NDP1.1sp1-KB (キロバイト)971108-X86 /qn の場合
再起動せずにインストールする Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1:\ NDP1.1sp1-KB (キロバイト)971108-X86 /norestart の場合
ログ ファイルを更新する KB (キロバイト)971108.log
詳細情報 「Microsoft の検出と展開のツールとガイダンス」のサブセクション を参照してください
再起動の要件
再起動が必要 このセキュリティ更新プログラムを適用した後、システムを再起動する必要があります。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用する
ファイル情報 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1:\ については、Microsoft サポート技術情報の記事971108を参照してください
レジストリ キーの検証 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1:\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新。NETFramework\1.1\M971108\ "Installed" = dword:1

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

このセキュリティ更新プログラムをインストールすると、インストーラーチェック、システムで更新されている 1 つ以上のファイルが以前に Microsoft 修正プログラムによって更新されているかどうかを確認します。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/help 使用状況ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
**/q[n b r f]** ユーザー インターフェイス レベルを設定します
n - UI なし
b - 基本的な UI
r - UI の削減
f - 完全な UI (既定)
インストール オプション
/extract [directory] 指定したディレクトリにパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールが完了しても再起動しません。
/forcerestart インストール後に必ずコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要に応じて、ユーザーに再起動を求めます。
ログ オプション
**/l[i w e a r u c m o P v x + ! *] <LogFile>** ログ オプションを設定します
i - ステータス メッセージ
w - 致命的でない警告
e - すべてのエラー メッセージ
a - アクションの起動
r - アクション固有のレコード
u - ユーザー要求
c - 初期 UI パラメーター
m - メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク領域不足メッセージ
p - ターミナルのプロパティ
v - 詳細出力
x - 追加のデバッグ情報
+ - 既存のログ ファイルに追加する
! - 各行をログにフラッシュする
* - v および x オプションを除くすべての情報をログに記録します
/log <LogFile> /l* <LogFile と同等>

更新プログラムのインストールの確認

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンがあるため、コンピューター上で次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft .NET Framework 2.0

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 3 に含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1:\ NDP20SP1-KB (キロバイト)971110-x86 /qn の場合
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:\ NDP20SP2-KB (キロバイト)971111-x86 /qn の場合
再起動せずにインストールする Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1:\ NDP20SP1-KB (キロバイト)971110-x86 /norestart の場合
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:\ NDP20SP2-KB (キロバイト)971111-x86 /norestart の場合
ログ ファイルを更新する KB (キロバイト)971110.logまたはKB (キロバイト)971111.log
詳細情報 「Microsoft の検出と展開のツールとガイダンス」のサブセクション を参照してください
再起動の要件
再起動が必要 このセキュリティ更新プログラムを適用した後、システムを再起動する必要があります。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用する
ファイル情報 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1:\ については 、Microsoft サポート技術情報の記事 971110\ \ \ For Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:\ に関するサポート技術情報の記事を参照してください 971111
レジストリ キーの検証 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1:\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1\SP1\KB (キロバイト)971110\ "Installed" = dword:1
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2:\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Microsoft .NET Framework 2.0\KB (キロバイト)971111\ "Installed" = dword:1

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/help 使用状況ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
**/q[n b r f]** ユーザー インターフェイス レベルを設定します
n - UI なし
b - 基本的な UI
r - UI の削減
f - 完全な UI (既定)
インストール オプション
/extract [directory] 指定したディレクトリにパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールが完了しても再起動しません。
/forcerestart インストール後に必ずコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要に応じて、ユーザーに再起動を求めます。
ログ オプション
**/l[i w e a r u c m o P v x + ! *] <LogFile>** ログ オプションを設定します
i - ステータス メッセージ
w - 致命的でない警告
e - すべてのエラー メッセージ
a - アクションの起動
r - アクション固有のレコード
u - ユーザー要求
c - 初期 UI パラメーター
m - メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク領域不足メッセージ
p - ターミナルのプロパティ
v - 詳細出力
x - 追加のデバッグ情報
+ - 既存のログ ファイルに追加する
! - 各行をログにフラッシュする
* - v および x オプションを除くすべての情報をログに記録します
/log <LogFile> /l* <LogFile と同等>

削除情報 この更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

更新プログラムのインストールの確認

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンがあるため、コンピューター上で次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Office XP (すべてのエディション) と Microsoft Office Project 2002

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める このソフトウェアには、これ以上のサービス パックは計画されていません。 この問題の更新プログラムは、今後の更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする OfficeXP-KB (キロバイト)974811-FullFile-enu /q:a
再起動せずにインストールする OfficeXP-KB (キロバイト)974811-FullFile-enu /r:n
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出および展開ツールとガイダンス」を参照してください。\ \ \ 選択的にインストールできる機能については、このセクションの「管理インストールの Office 機能」サブセクションを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? 場合によっては、この更新プログラムを再起動する必要はありません。 必要なファイルが使用されている場合は、この更新プログラムを再起動する必要があります。 この動作が発生した場合は、再起動を推奨するメッセージが表示されます。\ \ 再起動が必要になる可能性を減らすには、影響を受けるすべてのサービスを停止し、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用するすべてのアプリケーションを閉じます。 再起動を求められる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事887012を参照してください
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに Microsoft Office XP CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事974811を参照してください
レジストリ キーの検証 適用なし

Office の機能

次の表に、更新プログラムに再インストールする必要がある機能名 (大文字と小文字が区別される) の一覧を示します。 すべての機能をインストールするには、REINSTALL=ALL を使用するか、次の機能をインストールします。

Product 機能
ACCESS、FP、OUTLOOK、PPT、ACCESSRT、PUB ProductFiles
PIPC1、PROPLUS、PRO、SBE、STD、STDEDU ProductFiles
EXCEL EXCELNonBootFiles、ProductFiles

マネージド環境で作業管理管理者は、Office 管理 Update Center で組織に Office 更新プログラムを展開するための完全なリソースを見つけることができます。 そのサイトで、下にスクロールし、更新する ソフトウェア バージョンの [リソース の更新] セクションを確認します。 Windows インストーラーのドキュメント には、Windows インストーラーでサポートされるパラメーターの詳細も記載されています。

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

2.0 以降のバージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次のいずれかの Microsoft Web サイトにアクセスします。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/q ファイルの抽出時に、サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。
/q:u ユーザーに一部のダイアログ ボックスを表示する、ユーザーの静かなモードを指定します。
/q:a ユーザーにダイアログ ボックスを表示しない管理者モードを指定します。
/t:path ファイルを抽出するターゲット フォルダーを指定します。
/c ファイルをインストールせずに抽出します。 /t:path が指定されていない場合は、ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/c:path 作成者によって定義されているインストール コマンドをオーバーライドします。 Setup.inf または .exe ファイルのパスと名前を指定します。
/r:n インストール後にシステムを再起動しないでください。
/r:I /q:a と共に使用する場合を除き、再起動が必要な場合は、システムの再起動をユーザーに求めます。
/r:a インストール後は常にシステムを再起動します。
/r:s ユーザーにメッセージを表示せずに、インストール後にシステムを再起動します。
/n:v チェックバージョンなし - 以前のバージョンにプログラムをインストールします。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムでは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチもサポートされています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。 注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに Microsoft Office XP CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします
    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします
    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします
    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      注: インストールされているオペレーティング システムまたはプログラムのバージョンによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされていない可能性があります。
    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Office 2003 (すべてのエディション) と Office 2003 閲覧者

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める このソフトウェアには、これ以上のサービス パックは計画されていません。 この問題の更新プログラムは、今後の更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Office2003-KB (キロバイト)972580-FullFile-enu /q:a
再起動せずにインストールする Office2003-KB (キロバイト)972580-FullFile-enu /r:n
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出および展開ツールとガイダンス」を参照してください。\ \ \ 選択的にインストールできる機能については、このセクションの「管理インストールの Office 機能」サブセクションを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? 場合によっては、この更新プログラムを再起動する必要はありません。 必要なファイルが使用されている場合は、この更新プログラムを再起動する必要があります。 この動作が発生した場合は、再起動を推奨するメッセージが表示されます。\ \ 再起動が必要になる可能性を減らすには、影響を受けるすべてのサービスを停止し、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用するすべてのアプリケーションを閉じます。 再起動を求められる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事887012を参照してください
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに Microsoft Office 2003 CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事 972580 を参照してください
レジストリ キーの検証 適用なし

Office の機能

次の表に、更新プログラムに再インストールする必要がある機能名 (大文字と小文字が区別される) の一覧を示します。 すべての機能をインストールするには、REINSTALL=ALL を使用するか、次の機能をインストールします。

Product 機能
VISVEA、PPT11、RMS、STD11、ACCESSRT、 ACC11、BASIC11、FP11、ONOTE11、OUTLS11、OUTL11、OUTLSM11、PERS11、PRO11SB、PROI11、PRO11、PUB11、STDP11、WORD11、INF11、EXCEL11、PRJPROE、PRJPRO、PRJSTDE、PRJSTD、VISPRO、VISPROR、VISSTD、VISSTDR ProductNonBootFiles
WORDVIEW WORDVIEWFiles
XLVIEW ExcelViewer

マネージド環境で作業管理管理者は、Office 管理 Update Center で組織に Office 更新プログラムを展開するための完全なリソースを見つけることができます。 そのサイトで、下にスクロールし、更新する ソフトウェア バージョンの [リソース の更新] セクションを確認します。 Windows インストーラーのドキュメント には、Windows インストーラーでサポートされるパラメーターの詳細も記載されています。

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

2.0 以降のバージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次のいずれかの Microsoft Web サイトにアクセスします。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/q ファイルの抽出時に、サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。
/q:u ユーザーに一部のダイアログ ボックスを表示する、ユーザーの静かなモードを指定します。
/q:a ユーザーにダイアログ ボックスを表示しない管理者モードを指定します。
/t:path ファイルを抽出するターゲット フォルダーを指定します。
/c ファイルをインストールせずに抽出します。 /t:path が指定されていない場合は、ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/c:path 作成者によって定義されているインストール コマンドをオーバーライドします。 Setup.inf または .exe ファイルのパスと名前を指定します。
/r:n インストール後にシステムを再起動しないでください。
/r:I /q:a と共に使用する場合を除き、再起動が必要な場合は、システムの再起動をユーザーに求めます。
/r:a インストール後は常にシステムを再起動します。
/r:s ユーザーにメッセージを表示せずに、インストール後にシステムを再起動します。
/n:v チェックバージョンなし - 以前のバージョンにプログラムをインストールします。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに Microsoft Office 2003 CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] に更新ファイル名を入力します
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
    3. [全般] タブで、ファイル サイズと、セキュリティ情報のKB (キロバイト)に関する記事で提供されているファイル情報テーブルを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックして、ファイルのバージョンや変更日などの情報を、セキュリティ情報KB (キロバイト)記事に記載されているファイル情報テーブルと比較することもできます。
    5. 最後に、[以前の バージョン ] タブをクリックして、以前のバージョンのファイル情報と、ファイルの新しいバージョンまたは更新されたバージョンのファイル情報を比較することもできます。

2007 Microsoft Office System (すべてのエディション)、2007 Microsoft Office システム ビューアー、および Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換パック

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、今後の Service Pack または更新プログラムのロールアップに含まれる予定です
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Office2007-KB (キロバイト)972581-FullFile-x86-glb /passive
再起動せずにインストールする Office2007-KB (キロバイト)972581-FullFile-x86-glb /norestart
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション 「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? 場合によっては、この更新プログラムを再起動する必要はありません。 必要なファイルが使用されている場合は、この更新プログラムを再起動する必要があります。 この動作が発生した場合は、再起動を推奨するメッセージが表示されます。\ \ 再起動が必要になる可能性を減らすには、影響を受けるすべてのサービスを停止し、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用するすべてのアプリケーションを閉じます。 再起動を求められる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事887012を参照してください
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事972581を参照してください
レジストリ キーの検証 適用なし

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 3.1 以降をシステムにインストールする必要があります。

3.1 以降のバージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次のいずれかの Microsoft Web サイトにアクセスします。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/? または /help 使用状況ダイアログを表示します。
/passive パッシブ モードを指定します。 ユーザーの操作は必要ありません。ユーザーには基本的な進行状況ダイアログが表示されますが、取り消すことはできません。
/quiet ファイルの抽出時に、サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。
/norestart 更新で再起動が必要な場合は、システムの再起動を抑制します。
/forcerestart 更新プログラムの再起動が必要かどうかに関係なく、更新プログラムの適用後にシステムを自動的に再起動します。
/抽出 ファイルをインストールせずに抽出します。 ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/extract:<path> 作成者によって定義されているインストール コマンドをオーバーライドします。 Setup.inf または .exe ファイルのパスと名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラム パッケージがその言語をサポートしている場合は、特定の言語を強制的に使用します。
/log:<log ファイル> 更新プログラムのインストール中に、Vnox とインストーラーの両方でログ記録を有効にします。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] に更新ファイル名を入力します
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
    3. [全般] タブで、ファイル サイズと、セキュリティ情報のKB (キロバイト)に関する記事で提供されているファイル情報テーブルを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックして、ファイルのバージョンや変更日などの情報を、セキュリティ情報KB (キロバイト)記事に記載されているファイル情報テーブルと比較することもできます。
    5. 最後に、[以前の バージョン ] タブをクリックして、以前のバージョンのファイル情報と、ファイルの新しいバージョンまたは更新されたバージョンのファイル情報を比較することもできます。

Visio 2002

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める このソフトウェアには、これ以上のサービス パックは計画されていません。 この問題の更新プログラムは、今後の更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Visio2002-KB (キロバイト)975365-FullFile-enu /q:a
再起動せずにインストールする Visio2002-KB (キロバイト)975365-FullFile-enu /r:n
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「**検出および展開ツールとガイダンス」を参照してください。**選択的にインストールできる機能については、このセクションの「管理インストールの Office 機能」サブセクションを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムでは、再起動は必要ありません。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 この更新プログラムはアンインストールできません。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事975365を参照してください
レジストリ キーの検証 適用なし

Office の機能

次の表に、更新プログラムに再インストールする必要がある機能名 (大文字と小文字が区別される) の一覧を示します。 すべての機能をインストールするには、REINSTALL=ALL を使用するか、次の機能をインストールします。

Product 機能
VISVEA、VISPRO、VISPROR Building_Plan_Unitless、CAD_Drawing_Display_Unitless、Database_Design_Unitless、Organization_Charts_Unitless、Software_Design_Unitless、VisioCore
VISSTD、VISSTDR Building_Plan_Unitless、CAD_Drawing_Display_Unitless、Organization_Charts_Unitless、VisioCore

マネージド環境で作業管理管理者は、Office 管理 Update Center で組織に Office 更新プログラムを展開するための完全なリソースを見つけることができます。 そのサイトで、下にスクロールし、更新する ソフトウェア バージョンの [リソース の更新] セクションを確認します。 Windows インストーラーのドキュメント には、Windows インストーラーでサポートされるパラメーターの詳細も記載されています。

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次のいずれかの Microsoft Web サイトにアクセスしてください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/q ファイルの抽出時に、サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。
/q:u ユーザーに一部のダイアログ ボックスを表示する、ユーザーの静かなモードを指定します。
/q:a ユーザーにダイアログ ボックスを表示しない管理者モードを指定します。
/t:path ファイルを抽出するターゲット フォルダーを指定します。
/c ファイルをインストールせずに抽出します。 /t:path が指定されていない場合は、ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/c:path 作成者によって定義されているインストール コマンドをオーバーライドします。 Setup.inf または .exe ファイルのパスと名前を指定します。
/r:n インストール後にシステムを再起動しないでください。
/r:I /q:a と共に使用する場合を除き、再起動が必要な場合は、システムの再起動をユーザーに求めます。
/r:a インストール後は常にシステムを再起動します。
/r:s ユーザーにメッセージを表示せずに、インストール後にシステムを再起動します。
/n:v チェックバージョンなし - 以前のバージョンにプログラムをインストールします。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムでは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチもサポートされています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

この更新プログラムはアンインストールできません。

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、このセキュリティ情報の「検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン セキュリティ アナライザー」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      注: インストールされているオペレーティング システムまたはプログラムのバージョンによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされていない可能性があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Works 8.5

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Works8_KB (キロバイト)973636_en-US /パッシブ
再起動せずにインストールする Works8_KB (キロバイト)973636_en-US /norestart
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション 「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? 場合によっては、この更新プログラムを再起動する必要はありません。 必要なファイルが使用されている場合は、この更新プログラムを再起動する必要があります。 この動作が発生した場合は、再起動を推奨するメッセージが表示されます。\ \ 再起動が必要になる可能性を減らすには、影響を受けるすべてのサービスを停止し、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用するすべてのアプリケーションを閉じます。 再起動を求められる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事887012を参照してください
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事973636を参照してください
レジストリ キーの検証 適用なし

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 3.1 以降をシステムにインストールする必要があります。

3.1 以降のバージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次のいずれかの Microsoft Web サイトにアクセスします。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/? または /help 使用状況ダイアログを表示します。
/passive パッシブ モードを指定します。 ユーザーの操作は必要ありません。ユーザーには基本的な進行状況ダイアログが表示されますが、取り消すことはできません。
/quiet ファイルの抽出時に、サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。
/norestart 更新で再起動が必要な場合は、システムの再起動を抑制します。
/forcerestart 更新プログラムの再起動が必要かどうかに関係なく、更新プログラムの適用後にシステムを自動的に再起動します。
/抽出 ファイルをインストールせずに抽出します。 ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/extract:<path> 作成者によって定義されているインストール コマンドをオーバーライドします。 Setup.inf または .exe ファイルのパスと名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラム パッケージがその言語をサポートしている場合は、特定の言語を強制的に使用します。
/log:<log ファイル> 更新プログラムのインストール中に、Vnox とインストーラーの両方でログ記録を有効にします。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] に更新ファイル名を入力します
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
    3. [全般] タブで、ファイル サイズと、セキュリティ情報のKB (キロバイト)に関する記事で提供されているファイル情報テーブルを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックして、ファイルのバージョンや変更日などの情報を、セキュリティ情報KB (キロバイト)記事に記載されているファイル情報テーブルと比較することもできます。
    5. 最後に、[以前の バージョン ] タブをクリックして、以前のバージョンのファイル情報と、ファイルの新しいバージョンまたは更新されたバージョンのファイル情報を比較することもできます。

SQL Server 2000 Reporting Services

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める 今後のサービス パックは計画されていません
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2:\ SQL2000.RS-KB (キロバイト)970899-v8.00.1067.00-enu /quiet の場合
再起動せずにインストールする SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2:\ SQL2000.RS-KB (キロバイト)970899-v8.00.1067.00-enu /norestart の場合
単一インスタンスのインストール SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2:\ SQL2000.RS-KB (キロバイト)970899-v8.00.1067.00-enu /quiet /InstanceName={instance} の場合
ログ ファイルを更新する SQL2000.RS-KB (キロバイト)970899-v8.00.1067.00-language<>.log
詳細情報 サブセクション 、検出と展開のツールとガイダンスを参照してください
再起動の要件
再起動が必要 SQL Server 2000 Reporting Services Service Pack 2:依存サービスを再起動するには、更新プログラムのインストール後に再起動することをお勧めします。 詳細については、「更新プログラムの再起動が必要かどうかを確認する方法」を参照してください。 このセキュリティ情報の「更新プログラムに関する FAQ」セクションを参照してください。 再起動が必要な場合、インストーラーは終了コード 3010 を求めるメッセージを表示または返します。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 この更新プログラムはアンインストールできません。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事970899を参照してください

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

このセキュリティ更新プログラムをインストールすると、インストーラーチェック、システムで更新されている 1 つ以上のファイルが以前に Microsoft 修正プログラムによって更新されているかどうかを確認します。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/help コマンド ライン オプションを表示します
セットアップ モード
/passive 無人セットアップ モード。 ユーザーの操作は必要ありませんが、インストールの状態が表示されます。 セットアップの終了時に再起動が必要な場合は、コンピューターが 30 秒以内に再起動することを示すタイマー警告が表示されるダイアログ ボックスがユーザーに表示されます。
/quiet 非表示モードです。 これは無人モードと同じですが、状態またはエラー メッセージは表示されません。
再起動オプション
/norestart インストールが完了したときに再起動しない
/forcerestart インストール後にコンピューターを再起動し、最初に開いているファイルを保存せずに、シャットダウン時に他のアプリケーションを強制的に閉じます。
/warnrestart[:x] コンピューターが x 秒で再起動することをユーザーに警告するタイマーを含むダイアログ ボックスを表示します。 (既定の設定は 30 秒です)。/quiet スイッチまたは /passive スイッチでの使用を目的としています。
/promptrestart 再起動を許可するようにローカル ユーザーに求めるダイアログ ボックスを表示する
特別なオプション
/overwriteoem プロンプトを表示せずに OEM ファイルを上書きする
/nobackup アンインストールに必要なファイルをバックアップしない
/forceappsclose コンピューターのシャットダウン時に他のプログラムを強制的に閉じる
/log:path インストール ログ ファイルのリダイレクトを許可します
/integrate:path Windows ソース ファイルに更新プログラムを統合します。 これらのファイルは、スイッチで指定されているパスにあります。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください。 Update.exe インストーラーの詳細については、Microsoft TechNet Web サイト参照してください。

更新プログラムの削除

この更新プログラムはアンインストールできません。

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のバージョンがあるため、コンピューター上で次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

SQL Server 2005 (すべてのエディション)

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める SQL Server 2005 Service Pack 4
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする SQL Server 2005 Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970895-x86-enu /quiet /allinstances の GDR 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970895-x64-enu /quiet /allinstances の GDR 更新プログラムの場合
Itanium ベースシステム Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970895-ia64-enu /quiet /allinstances 用 SQL Server 2005 の GDR 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970896-x86-enu /quiet /allinstances の QFE 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970896-x64-enu /quiet /allinstances の QFE 更新プログラムの場合
Itanium ベースシステム Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970896-ia64-enu /quiet /allinstances 用 SQL Server 2005 の QFE 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970892-x86-enu /quiet /allinstances の GDR 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970892-x64-enu /quiet /allinstances の GDR 更新プログラムの場合
Itanium ベースシステム Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970892-ia64-enu /quiet /allinstances 用 SQL Server 2005 の GDR 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970894-x86-enu /quiet /allinstances の QFE 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970894-x64-enu /quiet /allinstances の QFE 更新プログラムの場合
Itanium ベースシステム Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970894-ia64-enu /quiet /allinstances 用 SQL Server 2005 の QFE 更新プログラムの場合
単一インスタンスのインストール SQL Server 2005 Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970895-x86-enu /quiet /InstanceName={instance} の GDR 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970895-x64-enu /quiet /InstanceName={instance} の GDR 更新プログラムの場合
Itanium ベースシステム Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970895-IA64-enu /quiet /InstanceName={instance} 用 SQL Server 2005 の GDR 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970896-x86-enu /quiet /InstanceName={instance} の QFE 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970896-x64-enu /quiet /InstanceName={instance} の QFE 更新プログラムの場合
Itanium ベースシステム Service Pack 2:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970896-ia64-enu /quiet /InstanceName={instance} 用 SQL Server 2005 の QFE 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970892-x86-enu /quiet /InstanceName={instance} の GDR 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970892-x64-enu /quiet /InstanceName={instance} の GDR 更新プログラムの場合
Itanium ベースシステム Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970892-ia64-enu /quiet /InstanceName={instance} 用 SQL Server 2005 の GDR 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970894-x86-enu /quiet /InstanceName={instance} の QFE 更新プログラムの場合
SQL Server 2005 x64 Edition Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970894-x64-enu /quiet /InstanceName={instance} の QFE 更新プログラムの場合
Itanium ベースシステム Service Pack 3:\ SQLServer2005-KB (キロバイト)970894-ia64-enu /quiet /InstanceName={instance} 用 SQL Server 2005 の QFE 更新プログラムの場合
ログ ファイルを更新する %programfiles%\Microsoft SQL Server\90\Setup Bootstrap\LOG\Hotfix\Summary.log
特別な手順 この更新プログラムは、クラスター化された SQL Server 2005 インスタンスにも提供されます。 SQL Server 2005 クラスターの更新にはユーザー操作が必要です。\ \ SQL Server 2005 クラスターにパッシブ ノードがある場合は、まずアクティブ ノードに更新プログラムをスキャンして適用してから、パッシブ ノードをスキャンして適用することをお勧めします。 パッシブ ノード上のすべてのコンポーネントが更新されると、更新プログラムは提供されなくなります。
詳細情報 サブセクション 、検出と展開のツールとガイダンスを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? 再起動が必要な場合、インストーラーは終了コード 3010 を求めるメッセージを表示または返します。
ホット パッチ このセキュリティ更新プログラムは、HotPatching をサポートしていません。 HotPatching の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事897341を参照してください
削除情報 サポートされているすべてのエディションの SQL Server 2005:\ コントロール パネルでプログラムの追加と削除ツールを使用する
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事957488を参照してください

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

このセキュリティ更新プログラムをインストールすると、インストーラーチェック、システムで更新されている 1 つ以上のファイルが以前に Microsoft 修正プログラムによって更新されているかどうかを確認します。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/? [ヘルプ] ダイアログを表示します
/quiet サイレント モードでセットアップを実行する
/reportonly このパッケージが更新できる機能を表示します
/allinstances すべての SQL Server インスタンスとすべての共有コンポーネントをアップグレードします
/Instancename 特定の SQL Server インスタンスとすべての共有コンポーネントをアップグレードします
/sapwd スクリプトを実行するための SQL Server sa アカウントのパスワード
/ユーザー リモート クラスター ノードに接続するためのユーザー アカウント
/パスワード リモート クラスター ノードに接続するためのユーザー アカウントのパスワード
/rsupgradedatabaseaccount Reporting Services をアップグレードするためのユーザー アカウント
/rsupgradepassword Reporting Services をアップグレードするためのユーザー アカウントのパスワード
/rsupgradedatabase パラメーターが 0 の場合に Reporting Services データベースがアップグレードされないようにします。
/allinstances すべてのインスタンスに更新を適用します
/InstanceName={instance} 指定したインスタンスに更新プログラムを適用します

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください。 Update.exe インストーラーの詳細については、Microsoft TechNet Web サイト参照してください。

更新プログラムの削除

単一インスタンスから QFE を削除する方法の例:

%windir%\SQL9_KB (キロバイト)960090_ENU\hotfix.exe /quiet /uninstall /instancename=foo

すべてのインスタンスから QFE を削除する方法の例:

%windir%\SQL9_KB (キロバイト)960090_ENU\hotfix.exe /quiet /uninstall /allinstances

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のバージョンがあるため、コンピューター上で次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします
    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします
    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします
    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      注: インストールされているオペレーティング システムまたはプログラムのバージョンによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされていない可能性があります。
    5. [バージョン] タブで、コンピューターにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft Visual Studio .NET 2003

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、Visual Studio .NET 2003 Service Pack 2 に含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする VS7.1sp1-KB (キロバイト)971022-x86 /q
再起動せずにインストールする VS7.1sp1-KB (キロバイト)971022-x86 /q
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。\ \ 選択してインストールできる機能については、このセクションの「インストールの管理に関する Office 機能」サブセクションを参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムには再起動が必要です。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事971022を参照してください
レジストリ キーの検証 HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\更新\Visual Studio\7.1\M971022\ "Installed" = dword:1

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/? または /h または /help [使用状況の表示] ダイアログ ボックス。
セットアップ モード ** **
/q[n b r f] ユーザー インターフェイス レベル\ n - UI なし\ b - 基本 UI\ r - 縮小された UI\ f - 完全な UI を設定します。
/quiet /q と同じ
/passive /qb と同じ
インストール オプション ** **
/extract [directory] 指定したディレクトリにパッケージを抽出します。
/uninstall または /u この更新プログラムをアンインストールします。
/addsource または /as 製品 msi のソース パスを指定します。 このオプションは、更新プログラムをインストールすると、製品のインストール ソース メディアを挿入するように求めるプロンプトが表示される場合に使用できます。 例:\ <実行可能ファイル> /addsource "C:\Product MSI\Visual Studio\enu\vs_setup.msi" /addsource "C:\Product MSI\Net\Netfx.msi" を更新します
再起動オプション ** **
/norestart インストールが完了した後は再起動しないでください
/promptrestart 必要に応じてユーザーに再起動を求めるメッセージを表示します
/forcerestart インストール後は常にコンピューターを再起動する
ログ オプション ** **
/l[i w e a r u c m o P v x + ! *] <LogFile> i - Status messages\ w - Nonfatal warnings\ e - All error messages\ a - Start up of actions\ r - Action-specific records\ u - User requests\ c - Initial UI parameters\ m - Out-of-memory or fatal exit information\ o - Out-of-disk-space messages\ p - Terminal properties\ v - Verbose output\ x - Extra debugging information\ + - Append to existing log file\ ! - 各行を log\ * にフラッシュする - v オプションと x オプションを除くすべての情報をログに記録する
/log <LogFile> /l* <LogFile と同等>
/sendreport この更新プログラムのインストール データを Watson レポートとして Microsoft に送信します。 個人を特定できる情報は送信されません。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 「Microsoft 検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン Security Analyzer」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft Visual Studio 2005

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、Visual Studio 2005 Service Pack 2 に含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする VS80sp1-KB (キロバイト)971023-x86-INTL /qn
再起動せずにインストールする VS80sp1-KB (キロバイト)971023-x86-INTL /norestart
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。\ \ 選択してインストールできる機能については、このセクションの「インストールの管理に関する Office 機能」サブセクションを参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムには再起動が必要です。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事971023を参照してください
レジストリ キーの検証 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition - ENU\KB (キロバイト)971023\ "Installed" = dword:1

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/? または /h または /help [使用状況の表示] ダイアログ ボックス。
セットアップ モード ** **
/q[n b r f] ユーザー インターフェイス レベル\ n - UI なし\ b - 基本 UI\ r - 縮小された UI\ f - 完全な UI を設定します。
/quiet /q と同じ
/passive /qb と同じ
インストール オプション ** **
/extract [directory] 指定したディレクトリにパッケージを抽出します。
/uninstall または /u この更新プログラムをアンインストールします。
/addsource または /as 製品 msi のソース パスを指定します。 このオプションは、更新プログラムをインストールすると、製品のインストール ソース メディアを挿入するように求めるプロンプトが表示される場合に使用できます。 例:\ <実行可能ファイル> /addsource "C:\Product MSI\Visual Studio\enu\vs_setup.msi" /addsource "C:\Product MSI\Net\Netfx.msi" を更新します
再起動オプション ** **
/norestart インストールが完了した後は再起動しないでください
/promptrestart 必要に応じてユーザーに再起動を求めるメッセージを表示します
/forcerestart インストール後は常にコンピューターを再起動する
ログ オプション ** **
/l[i w e a r u c m o P v x + ! *] <LogFile> i - Status messages\ w - Nonfatal warnings\ e - All error messages\ a - Start up of actions\ r - Action-specific records\ u - User requests\ c - Initial UI parameters\ m - Out-of-memory or fatal exit information\ o - Out-of-disk-space messages\ p - Terminal properties\ v - Verbose output\ x - Extra debugging information\ + - Append to existing log file\ ! - 各行を log\ * にフラッシュする - v オプションと x オプションを除くすべての情報をログに記録する
/log <LogFile> /l* <LogFile と同等>
/sendreport この更新プログラムのインストール データを Watson レポートとして Microsoft に送信します。 個人を特定できる情報は送信されません。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 「Microsoft 検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン Security Analyzer」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft Visual Studio 2008

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、Visual Studio 2008 Service Pack 2 に含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Microsoft Visual Studio 2008\ VS90-KB (キロバイト)972221-x86 /q の場合
Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1\ VS90SP1-KB (キロバイト)972222-x86 /q の場合
再起動せずにインストールする Microsoft Visual Studio 2008\ VS90-KB (キロバイト)972221-x86 /norestart の場合
Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1\ VS90SP1-KB (キロバイト)972222-x86 /norestart の場合
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。\ \ 選択してインストールできる機能については、このセクションの「インストールの管理に関する Office 機能」サブセクションを参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムには再起動が必要です。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft Visual Studio 2008\ については 、Microsoft サポート技術情報の記事 972221\ \ \ For Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1\ に関するサポート技術情報の記事を参照してください 972222
レジストリ キーの検証 Microsoft Visual Studio 2008\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition - ENU\KB (キロバイト)972221\ "ThisVersionInstalled" = REG_SZ:"Y "\ \ For Microsoft Visual Studio 2008 Service Pack 1\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Microsoft Visual Studio 2005 Professional Edition - ENU\KB (キロバイト)972222\ "ThisVersionInstalled" = REG_SZ:"Y"

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/? または /h または /help [使用状況の表示] ダイアログ ボックス。
セットアップ モード ** **
/q[n b r f] ユーザー インターフェイス レベル\ n - UI なし\ b - 基本 UI\ r - 縮小された UI\ f - 完全な UI を設定します。
/quiet /q と同じ
/passive /qb と同じ
インストール オプション ** **
/extract [directory] 指定したディレクトリにパッケージを抽出します。
/uninstall または /u この更新プログラムをアンインストールします。
/addsource または /as 製品 msi のソース パスを指定します。 このオプションは、更新プログラムをインストールすると、製品のインストール ソース メディアを挿入するように求めるプロンプトが表示される場合に使用できます。 例:\ <実行可能ファイル> /addsource "C:\Product MSI\Visual Studio\enu\vs_setup.msi" /addsource "C:\Product MSI\Net\Netfx.msi" を更新します
再起動オプション ** **
/norestart インストールが完了した後は再起動しないでください
/promptrestart 必要に応じてユーザーに再起動を求めるメッセージを表示します
/forcerestart インストール後は常にコンピューターを再起動する
ログ オプション ** **
/l[i w e a r u c m o P v x + ! *] <LogFile> i - Status messages\ w - Nonfatal warnings\ e - All error messages\ a - Start up of actions\ r - Action-specific records\ u - User requests\ c - Initial UI parameters\ m - Out-of-memory or fatal exit information\ o - Out-of-disk-space messages\ p - Terminal properties\ v - Verbose output\ x - Extra debugging information\ + - Append to existing log file\ ! - 各行を log\ * にフラッシュする - v オプションと x オプションを除くすべての情報をログに記録する
/log <LogFile> /l* <LogFile と同等>
/sendreport この更新プログラムのインストール データを Watson レポートとして Microsoft に送信します。 個人を特定できる情報は送信されません。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 「Microsoft 検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン Security Analyzer」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft Report Viewer 2005 再頒布可能パッケージ

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、レポート ビューアー 2005 Service Pack 2 再頒布可能パッケージに含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Microsoft Report Viewer 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージの場合:\ ReportViewer /q:a /c:"install.exe /q" /r:n
再起動せずにインストールする Microsoft Report Viewer 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージの場合:\ ReportViewer /r:n
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。\ \ 選択してインストールできる機能については、このセクションの「インストールの管理に関する Office 機能」サブセクションを参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムには再起動が必要です。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事971117を参照してください
レジストリ キーの検証 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Microsoft Report Viewer 再頒布可能パッケージ 2005\KB (キロバイト)971117

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/? コマンド ライン オプションを表示します。
セットアップ モード
/q[:u :a] /q - サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。\ /q:u - ユーザーに一部のダイアログ ボックスを表示するユーザー静かなモードを指定します。\ /q:a - ユーザーにダイアログ ボックスを表示しない管理者 -quiet モードを指定します。
インストール オプション
/C ファイルをインストールせずに抽出します。 /t: パスが指定されていない場合は、ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/T:path ファイルを抽出するターゲット フォルダーを指定します。
/C:path Setup .inf または .exe ファイルの UNC パスと名前を指定します。
/n:v バージョンチェックなし - 以前のバージョンにパッケージをインストールします。
再起動オプション
/r:n インストール後にコンピューターを再起動しないでください。
/r:i /q:a と共に使用する場合を除き、再起動が必要な場合は、コンピューターの再起動をユーザーに求めます。
/r:a インストール後に必ずコンピューターを再起動します。
/r:s ユーザーにメッセージを表示せずに、インストール後にコンピューターを再起動します。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 「Microsoft 検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン Security Analyzer」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、レポート ビューアー 2008 Service Pack 2 再頒布可能パッケージに含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする ReportViewer /q:a /c:"install.exe /q" /r:n
再起動せずにインストールする ReportViewer /r:n
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。\ \ 選択してインストールできる機能については、このセクションの「インストールの管理に関する Office 機能」サブセクションを参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムでは、再起動は必要ありません。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージの場合\ Microsoft サポート技術情報記事 971118\ \ Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ Service Pack 1\ については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください 971119
レジストリ キーの検証 Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Microsoft Report Viewer 再頒布可能パッケージ 2008 (KB (キロバイト)971118)\KB (キロバイト)971118\ \ For Microsoft Report Viewer 2008 再頒布可能パッケージ Service Pack 1\ HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\更新\Microsoft Report Viewer 再頒布可能パッケージ 2008 (KB (キロバイト)971119)\KB (キロバイト)971119

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/? コマンド ライン オプションを表示します。
セットアップ モード
/q[:u :a] /q - サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。\ /q:u - ユーザーに一部のダイアログ ボックスを表示するユーザー静かなモードを指定します。\ /q:a - ユーザーにダイアログ ボックスを表示しない管理者 -quiet モードを指定します。
インストール オプション
/C ファイルをインストールせずに抽出します。 /t: パスが指定されていない場合は、ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/T:path ファイルを抽出するターゲット フォルダーを指定します。
/C:path Setup .inf または .exe ファイルの UNC パスと名前を指定します。
/n:v バージョンチェックなし - 以前のバージョンにパッケージをインストールします。
再起動オプション
/r:n インストール後にコンピューターを再起動しないでください。
/r:i /q:a と共に使用する場合を除き、再起動が必要な場合は、コンピューターの再起動をユーザーに求めます。
/r:a インストール後に必ずコンピューターを再起動します。
/r:s ユーザーにメッセージを表示せずに、インストール後にコンピューターを再起動します。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 「Microsoft 検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン Security Analyzer」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft Visual FoxPro 8.0

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、Visual FoxPro 8.0 Service Pack 2 に含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Microsoft Windows 2000 Service Pack 4\ VFP8.0sp1-KB (キロバイト)971104-x86-enu /q にインストールされている場合の Microsoft Visual FoxPro 8.0 Service Pack 1
再起動せずにインストールする Microsoft Windows 2000 Service Pack 4\ VFP8.0sp1-KB (キロバイト)971104-x86-enu /q にインストールされている場合
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。\ \ 選択してインストールできる機能については、このセクションの「インストールの管理に関する Office 機能」サブセクションを参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムには再起動が必要です。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事971104を参照してください
レジストリ キーの検証 SOFTWARE\Microsoft\更新\Visual Studio\8.0\M971104\ "Installed" = dword:1

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/? または /h または /help [使用状況の表示] ダイアログ ボックス。
セットアップ モード ** **
/q[n b r f] ユーザー インターフェイス レベルを設定します
n - UI なし
b - 基本 UI
r - UI の削減
f - 完全な UI
/quiet /q と同じ
/passive /qb と同じ
インストール オプション ** **
/extract [directory] 指定したディレクトリにパッケージを抽出します。
/uninstall または /u この更新プログラムをアンインストールします。
/addsource または /as 製品 msi のソース パスを指定します。 このオプションは、更新プログラムをインストールすると、製品のインストール ソース メディアを挿入するように求めるプロンプトが表示される場合に使用できます。 例:\ <実行可能ファイル> /addsource "C:\Product MSI\Visual Studio\enu\vs_setup.msi" /addsource "C:\Product MSI\Net\Netfx.msi" を更新します
再起動オプション ** **
/norestart インストールが完了した後は再起動しないでください
/promptrestart 必要に応じてユーザーに再起動を求めるメッセージを表示します
/forcerestart インストール後は常にコンピューターを再起動する
ログ オプション ** **
/l[i w e a r u c m o P v x + ! *] <LogFile> i - ステータス メッセージ
w - 致命的でない警告
e - すべてのエラー メッセージ
a - アクションの開始
r - アクション固有のレコード
u - ユーザー要求
c - 初期 UI パラメーター
m - メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク領域不足メッセージ
p - ターミナルのプロパティ
v - 詳細出力
x - 追加のデバッグ情報
+ - 既存のログ ファイルに追加する
! - 各行をログにフラッシュする
* - v オプションと x オプションを除くすべての情報をログに記録する
/log <LogFile> /l* <LogFile と同等>
/sendreport この更新プログラムのインストール データを Watson レポートとして Microsoft に送信します。 個人を特定できる情報は送信されません。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 「Microsoft 検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン Security Analyzer」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft Visual FoxPro 9.0

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、Visual FoxPro 9.0 Service Pack 3 に含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Microsoft Windows 2000 Service Pack 4:\ VFP9.0sp2-KB (キロバイト)971105-x86-enu /q にインストールされている場合の Microsoft Visual FoxPro 9.0 Service Pack 2
再起動せずにインストールする Microsoft Windows 2000 Service Pack 4:\ VFP9.0sp2-KB (キロバイト)971105-x86-enu /q にインストールされている場合の Microsoft Visual FoxPro 9.0 Service Pack 2
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。\ \ 選択してインストールできる機能については、このセクションの「インストールの管理に関する Office 機能」サブセクションを参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムには再起動が必要です。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事971105を参照してください
レジストリ キーの検証 Microsoft Windows 2000 Service Pack 4:\ SOFTWARE\Microsoft\更新\Visual Studio\9.0\M971105\ "Installed" = dword:1 にインストールされている Microsoft Visual FoxPro 9.0 Service Pack 2

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/? または /h または /help [使用状況の表示] ダイアログ ボックス。
セットアップ モード ** **
/q[n b r f] ユーザー インターフェイス レベルを設定します
n - UI なし
b - 基本 UI
r - UI の削減
f - 完全な UI
/quiet /q と同じ
/passive /qb と同じ
インストール オプション ** **
/extract [directory] 指定したディレクトリにパッケージを抽出します。
/uninstall または /u この更新プログラムをアンインストールします。
/addsource または /as 製品 msi のソース パスを指定します。 このオプションは、更新プログラムをインストールすると、製品のインストール ソース メディアを挿入するように求めるプロンプトが表示される場合に使用できます。 例:\ <実行可能ファイル> /addsource "C:\Product MSI\Visual Studio\enu\vs_setup.msi" /addsource "C:\Product MSI\Net\Netfx.msi" を更新します
再起動オプション ** **
/norestart インストールが完了した後は再起動しないでください
/promptrestart 必要に応じてユーザーに再起動を求めるメッセージを表示します
/forcerestart インストール後は常にコンピューターを再起動する
ログ オプション ** **
/l[i w e a r u c m o P v x + ! *] <LogFile> i - ステータス メッセージ
w - 致命的でない警告
e - すべてのエラー メッセージ
a - アクションの開始
r - アクション固有のレコード
u - ユーザー要求
c - 初期 UI パラメーター
m - メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク領域不足メッセージ
p - ターミナルのプロパティ
v - 詳細出力
x - 追加のデバッグ情報
+ - 既存のログ ファイルに追加する
! - 各行をログにフラッシュする
* - v オプションと x オプションを除くすべての情報をログに記録する
/log <LogFile> /l* <LogFile と同等>
/sendreport この更新プログラムのインストール データを Watson レポートとして Microsoft に送信します。 個人を特定できる情報は送信されません。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 「Microsoft 検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン Security Analyzer」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft Platform SDK 再頒布可能パッケージ: GDI+

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする WindowsXP-KB (キロバイト)975337-x86-enu /q
再起動せずにインストールする WindowsXP-KB (キロバイト)975337-x86-enu /r:n
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション 「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムでは、再起動は必要ありません。
ホット パッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルで [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事975337を参照してください

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

Switch 説明
/? コマンド ライン オプションを表示します。
セットアップ モード
/q[:u :a] /q - サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。\ /q:u - ユーザーに一部のダイアログ ボックスを表示するユーザー静かなモードを指定します。\ /q:a - ユーザーにダイアログ ボックスを表示しない管理者 -quiet モードを指定します。
インストール オプション
/C ファイルをインストールせずに抽出します。 /t: パスが指定されていない場合は、ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/T:path ファイルを抽出するターゲット フォルダーを指定します。
/C:path Setup .inf または .exe ファイルの UNC パスと名前を指定します。
/n:v バージョンチェックなし - 以前のバージョンにパッケージをインストールします。
再起動オプション
/r:n インストール後にコンピューターを再起動しないでください。
/r:i /q:a と共に使用する場合を除き、再起動が必要な場合は、コンピューターの再起動をユーザーに求めます。
/r:a インストール後に必ずコンピューターを再起動します。
/r:s ユーザーにメッセージを表示せずに、インストール後にコンピューターを再起動します。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールを使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] ツールから更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 「Microsoft 検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン Security Analyzer」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

Microsoft Forefront Client Security 1.0

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、Microsoft Forefront Client Security 1.0 Service Pack 2 に含まれます
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする FCSSSA-KB (キロバイト)975962-x86-enu /quiet
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。\ \ 選択してインストールできる機能については、このセクションの「インストールの管理に関する Office 機能」サブセクションを参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? この更新プログラムには再起動が必要です
ホット パッチ 適用なし
削除情報 Msiexec.exe /i {E8B56B38-A826-11DB-8C83-0011430C73A4} MSIPATCHREMOVE={1D07A92B-5945-4369-84B7-6BE19AF5714D}
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事975962を参照してください
レジストリ キーの検証 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\83B65B8E628ABD11C838001134C0374A\Patchs\B29A70D154959634487BB61EA95F17D4%PROGRAMFILES%\Microsoft Forefront\Client Security\Client\Antimalware\gdiplus.dll

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降をシステムにインストールする必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

最新バージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次の Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/quiet ファイルの抽出時に、サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。
/抽出 ファイルをインストールせずに抽出します。 ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/extract:<path> 作成者によって定義されているインストール コマンドをオーバーライドします。 Setup.inf または .exe ファイルのパスと名前を指定します。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 「Microsoft 検出および展開ツールとガイダンス」セクションの「Microsoft ベースライン Security Analyzer」の見出しを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    注: Microsoft Windows には複数のバージョンとエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索] をクリックします

    2. [検索結果] ウィンドウで、[検索コンパニオン] の [すべてのファイルとフォルダー] をクリックします。

    3. [ファイル名のすべてまたは一部] ボックスに、適切なファイル情報テーブルのファイル名を入力し、[検索] をクリックします

    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報テーブルのファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されているファイルの一部がインストールされない場合があります。

    5. [バージョン] タブで、システムにインストールされているファイルのバージョンを、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較して確認します。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。

その他の情報

謝辞

Microsoft は、お客様を保護するために Microsoft と協力していただきありがとうございます。

Microsoft Active Protections Program (MAPP)

お客様のセキュリティ保護を強化するために、Microsoft は、毎月のセキュリティ更新プログラムのリリースの前に、主要なセキュリティ ソフトウェア プロバイダーに脆弱性情報を提供します。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーは、この脆弱性情報を使用して、ウイルス対策、ネットワークベースの侵入検出システム、ホストベースの侵入防止システムなどのセキュリティ ソフトウェアまたはデバイスを介して、お客様に更新された保護を提供できます。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーからアクティブな保護を利用できるかどうかを判断するには、Microsoft Active Protections Program (MAPP) パートナーに記載されているプログラム パートナーによって提供されるアクティブな保護 Web サイトにアクセスしてください。

サポート

  • 米国およびカナダのお客様は、セキュリティ サポートまたは 1-866-PCSAFETY から テクニカル サポート を受けることができます。 セキュリティ更新プログラムに関連付けられているサポート呼び出しには料金はかかりません。 使用可能なサポート オプションの詳細については、Microsoft のヘルプとサポートを参照してください
  • 海外のお客様は、現地の Microsoft 子会社からサポートを受けることができます。 セキュリティ更新プログラムに関連付けられているサポートに対する料金はかかりません。 サポートの問題について Microsoft に問い合わせる方法の詳細については、国際サポート Web サイト参照してください。

免責情報

Microsoft サポート技術情報で提供される情報は、いかなる種類の保証もなく"現状のまま" 提供されます。 Microsoft は、商品性と特定の目的に対する適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、すべての保証を放棄します。 Microsoft Corporation またはそのサプライヤーは、Microsoft Corporation またはそのサプライヤーがこのような損害の可能性について通知された場合でも、直接的、間接的、付随的、派生的、ビジネス上の利益の損失、または特別な損害を含む一切の損害について一切の責任を負いません。 一部の州では、派生的損害または付随的損害に対する責任の除外または制限が認められていないため、前述の制限は適用されない場合があります。

リビジョン

  • V1.0 (2009 年 10 月 13 日): セキュリティ情報が公開されました。
  • V1.1 (2009 年 10 月 14 日): 影響を受けるソフトウェア以外の表に Microsoft SQL Server 2005 Express Edition Service Pack 3 を追加し、[検出および展開ツールとガイダンス] セクションの [開発者ツール] エントリを更新しました。
  • V2.0 (2009 年 10 月 28 日): 影響を受けるソフトウェアとして Microsoft Office Visio Viewer 2007、Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 1、および Microsoft Office Visio Viewer 2007 Service Pack 2 を追加し、SQL Server 2008 および SQL Server 2008 Service Pack 1 を非影響ソフトウェア テーブルに追加しました。 また、Reporting Services SharePoint の依存関係を持つ SQL Server 2005 のお客様の影響を受けるソフトウェア テーブルにメモを追加しました。は、Microsoft レポート ビューアーの MB (メガバイト)SA 検出エントリを修正し、Microsoft Windows 2000 Service Pack 4 にインストールされている場合に Microsoft Internet エクスプローラー 6 Service Pack 1 のログ ファイルとレジストリ キー検証情報を修正しました。
  • V2.1 (2009 年 11 月 4 日): 影響を受けるソフトウェアとして、Microsoft Office Visio Viewer 2007 の元のリリース バージョンへの誤った参照を削除しました。Microsoft .NET Framework 1.1 および Microsoft .NET Framework 2.0 のセットアップ スイッチを修正しました。FAQ セクションの「SQL Server のインストールがある場合、影響を受けるか」というエントリを明確にしました。Microsoft Windows 2000 の削除情報を修正しました。
  • V2.2 (2010 年 1 月 12 日): さまざまな Microsoft Office ソフトウェアへの参照を修正しました。 このリビジョンについて説明する「 このセキュリティ更新プログラム に関連するよく寄せられる質問 (FAQ)」セクションのエントリを参照してください。 この更新プログラムを正常にインストールしたお客様は、再インストールする必要はありません。

ビルド日: 2014-04-18T13:49:36Z-07:00