マイクロソフト セキュリティ情報 MS10-070 - 重要

ASP.NET の脆弱性により、情報漏えいが起こる (2418042)

公開日: 2010年9月29日 | 最終更新日: 2011年10月28日

バージョン: 4.2

概説

概要

このセキュリティ更新プログラムは ASP.NET に存在する一般に公開された脆弱性を解決します。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ビュー ステートなどのサーバーによって暗号化されたデータを読み取る可能性があります。この脆弱性はデータの改ざんにも使用される可能性があります。この脆弱性の悪用に成功した場合、サーバーによって暗号化されたデータが解読され、改ざんされる可能性があります。Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前の Microsoft .NET Framework のバージョンはこの脆弱性のファイルのコンテンツの漏えいの影響は受けません。

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3 以外のすべてのサポートされている ASP.NET について、深刻度「重要」と評価されています。詳細情報については、このセクションの「影響を受けるソフトウェアおよび影響を受けないソフトウェア」のサブセクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、ASP.NET により暗号化されたすべてのデータに追加の署名を行うことにより、この脆弱性を解決します。この脆弱性に関する詳細については、次の「脆弱性の情報」のセクションの特定の脆弱性に関するサブセクション「よく寄せられる質問 (FAQ)」を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、最初にマイクロソフト セキュリティ アドバイザリ 2416728 で説明した脆弱性も解決します。

推奨する対応策: マイクロソフトはお客様が、できるだけ早い機会にこの更新プログラムを適用することを推奨します。

このセキュリティ情報の後半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

既知の問題: サポート技術情報 2418042 で、このセキュリティ更新プログラムをインストールする際に起こる可能性のある既知の問題に関して説明しています。また、これらの問題に対する推奨される解決策についても説明しています。

影響を受けるソフトウェアと影響を受けないソフトウェア

ここに記載されているソフトウェアをテストし、影響を受けるバージョンまたはエディションを確認しました。その他のバージョンまたはエディションはサポート ライフサイクルが終了したか、または影響を受けません。ご使用中のソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフサイクルを確認するには、マイクロソフト サポート ライフサイクルの Web サイトを参照してください。

影響を受けるソフトウェア

オペレーティング システム コンポーネント 最も深刻な脆弱性の影響 総合的な深刻度 この更新プログラムにより置き換えられるセキュリティ情報
Windows XP
Windows XP Service Pack 3 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) 情報漏えい 重要 [MS10-041](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-041)
Windows XP Service Pack 3 [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=3d31fd37-eb58-4169-b6b9-4cf854524e46&displaylang=ja) (KB2418241) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=d284237b-e4d9-460a-98f0-7a18252f5780&displaylang=ja) (KB2416468) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) 情報漏えい 重要 [MS10-041](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-041)
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=3d31fd37-eb58-4169-b6b9-4cf854524e46&displaylang=ja) (KB2418241) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=d284237b-e4d9-460a-98f0-7a18252f5780&displaylang=ja) (KB2416468) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2003
Windows Server 2003 Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=71f0daad-e2df-421c-9818-58e1e40cdb65&displaylang=ja) (KB2416451) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=3d31fd37-eb58-4169-b6b9-4cf854524e46&displaylang=ja) (KB2418241) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=d284237b-e4d9-460a-98f0-7a18252f5780&displaylang=ja) (KB2416468) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) 情報漏えい 重要 [MS10-041](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-041)
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=3d31fd37-eb58-4169-b6b9-4cf854524e46&displaylang=ja) (KB2418241) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=d284237b-e4d9-460a-98f0-7a18252f5780&displaylang=ja) (KB2416468) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) 情報漏えい 重要 [MS10-041](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms10-041)
Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=3d31fd37-eb58-4169-b6b9-4cf854524e46&displaylang=ja) (KB2418241) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=d284237b-e4d9-460a-98f0-7a18252f5780&displaylang=ja) (KB2416468) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Vista
Windows Vista Service Pack 1 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Vista Service Pack 1 [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=7ad59265-9dca-4731-ac09-46c162c1832a&displaylang=ja) (KB2416469) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ac1c77df-34d5-48d4-9a9d-33dc017ffe93&displaylang=ja) (KB2416474) 情報漏えい 重要 [MS09-036](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms09-036)
Windows Vista Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=45aa5666-3454-443c-a224-2076215fef04&displaylang=ja) (KB2416470) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=7ad59265-9dca-4731-ac09-46c162c1832a&displaylang=ja) (KB2416469) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ac1c77df-34d5-48d4-9a9d-33dc017ffe93&displaylang=ja) (KB2416474) 情報漏えい 重要 [MS09-036](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms09-036)
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=45aa5666-3454-443c-a224-2076215fef04&displaylang=ja) (KB2416470) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008
Windows Server 2008 for 32-bit Systems [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja)\*\* (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja)\*\* (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja)\*\* (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)\*\*[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008 for 32-bit Systems [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=7ad59265-9dca-4731-ac09-46c162c1832a&displaylang=ja)\*\* (KB2416469) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ac1c77df-34d5-48d4-9a9d-33dc017ffe93&displaylang=ja)\*\* (KB2416474) 情報漏えい 重要 [MS09-036](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms09-036)
Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja)\*\* (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=45aa5666-3454-443c-a224-2076215fef04&displaylang=ja)\*\* (KB2416470) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja)\*\* (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja)\*\* (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)\*\*[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008 for x64-based Systems [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja)\*\* (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja)\*\* (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja)\*\* (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)\*\*[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008 for x64-based Systems [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=7ad59265-9dca-4731-ac09-46c162c1832a&displaylang=ja)\*\* (KB2416469) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ac1c77df-34d5-48d4-9a9d-33dc017ffe93&displaylang=ja)\*\* (KB2416474) 情報漏えい 重要 [MS09-036](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms09-036)
Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja)\*\* (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=45aa5666-3454-443c-a224-2076215fef04&displaylang=ja)\*\* (KB2416470) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja)\*\* (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja)\*\* (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)\*\*[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=7ad59265-9dca-4731-ac09-46c162c1832a&displaylang=ja) (KB2416469) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ac1c77df-34d5-48d4-9a9d-33dc017ffe93&displaylang=ja) (KB2416474) 情報漏えい 重要 [MS09-036](https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms09-036)
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 [Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=a7990e61-21fd-4942-9dfe-af7961cb0282&displaylang=ja) (KB2416447) [Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=45aa5666-3454-443c-a224-2076215fef04&displaylang=ja) (KB2416470) [Microsoft .NET Framework 3.5](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=00d95a85-f3e8-464d-a10c-85c6d91b4aae&displaylang=ja) (KB2418240) [Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=ae42d6cc-6d4e-425a-9b4f-379f66fc506a&displaylang=ja) (KB2416473) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows 7
Windows 7 for 32-bit Systems [Microsoft .NET Framework 3.5.1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5e7dcf51-74f1-43cc-aece-0cd5df05ddb7&displaylang=ja) (KB2416471) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1 [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows 7 for x64-based Systems [Microsoft .NET Framework 3.5.1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5e7dcf51-74f1-43cc-aece-0cd5df05ddb7&displaylang=ja) (KB2416471) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1 [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems [Microsoft .NET Framework 3.5.1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5e7dcf51-74f1-43cc-aece-0cd5df05ddb7&displaylang=ja)\* (KB2416471) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)\*[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems [Microsoft .NET Framework 3.5.1](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=5e7dcf51-74f1-43cc-aece-0cd5df05ddb7&displaylang=ja) (KB2416471) [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 [Microsoft .NET Framework 4.0](https://www.microsoft.com/download/details.aspx?familyid=6ce703b7-08a5-4eff-a062-d5dc720908f6&displaylang=ja)[1] (KB2416472) 情報漏えい 重要 なし
\*Server Core インストールは影響を受けます。サポートされているエディションの Windows Server 2008 R2 では、Server Core インストール オプションを使用してインストールされているかどうかに関わらず、同じ深刻度でこの更新プログラムが適用されます。このインストール オプションの詳細については、TechNet の記事 [Server Core](https://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/technologies/server-core.mspx) および [Windows Server 2008 R2 の Server Core](https://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/technologies/server-core.mspx) を参照してください。Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 の特定のエディションでは、Server Core インストール オプションが使用できないことに注意してください。詳細については、[Server Core インストール オプションの比較](https://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/editions/core-installation.mspx)を参照してください。

**Server Core インストールは影響を受けません。Server Core インストール オプションを使用してインストールしている場合、サポートされているエディションのWindows Server 2008 はこのアドバイザリで説明している脆弱性の影響を受けません。このインストール オプションの詳細については、TechNet の記事 Server Core および Windows Server 2008 R2 の Server Core を参照してください。Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 の特定のエディションでは、Server Core インストール オプションが使用できないことに注意してください。詳細については、Server Core インストール オプションの比較を参照してください。

[1].NET Framework 4.0 Client Profile は影響を受けません。.NET Framework version 4 の再配布可能パッケージは、次の 2 種類のプロファイルで利用可能です:.NET Framework 4.0 および .NET Framework 4.0 Client Profile が影響を受けます。.NET Framework 4.0 Client Profile は、.NET Framework 4.0 のサブセットです。この更新プログラムで解決されている脆弱性は .NET Framework 4.0 に影響を及ぼしますが、.NET Framework 4.0 Client Profile には影響しません。詳細については、 「NET Framework のインストール」を参照してください。

影響を受けないソフトウェア

オペレーティング システム コンポーネント
Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3:
Windows XP Service Pack 3 Microsoft .NET Framework 1.0 Service Pack 3: Windows XP Media Center Edition 2005 および Windows XP Tablet PC Edition 2005 のみ
Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 Microsoft .NET Framework 3.5.1
このセキュリティ更新プログラムに関するよく寄せられる質問 (FAQ) --------------------------------------------------------------

なぜこのセキュリティ情報は 2011 年 2 月 23 日に更新されたのですか?
マイクロソフトは、Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1、Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1、Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 を実行しているシステムに Microsoft .NET Framework 4.0 (KB2416472) の更新プログラム パッケージを提供するよう検出を変更したことをお知らせするために、このセキュリティ情報を更新しました。この検出の変更は、Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1、Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1、Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 または Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 をインストールした後、Microsoft .NET Framework 4.0 をインストールしたお客様のみに適用されます。システムを正常に更新済みのお客様は、措置を講じる必要はありません。

なぜこのセキュリティ情報は 2010 年 12 月 15 日に更新されたのですか?
マイクロソフトは、Microsoft .NET Framework 4.0 (KB2416472) 用の新しい更新プログラムが利用可能であることをお知らせするために、このセキュリティ情報を更新しました。これらの新しい更新プログラムは、他の更新プログラムが正常にインストールされるのを妨げるセットアップの問題を修正します。この問題によって他の製品や更新プログラムのインストールに影響のあるお客様は、マイクロソフト サポート技術情報 2473228 の追加情報を参照してください。システムを正常に更新済みのお客様は、措置を講じる必要はありません。

.NET Framework 3.0 Service Pack 2 をインストールしていますが、このバージョンはこのセキュリティ情報の影響を受けるソフトウェアとして記載されていません。この更新プログラムをインストールする必要はありますか?
このセキュリティ情報は .NET Framework 2.0 および .NET Framework 3.5 の機能層に存在する脆弱性について説明しています。.NET Framework 3.0 Service Pack 2 のインストーラーは .NET Framework 2.0 Service Pack 2 のセットアップに連鎖しています。このため、前者をインストールすると後者もインストールされます。したがって、.NET Framework 3.0 Service Pack 2 をインストールしているお客様は .NET Framework 2.0 Service Pack 2 用のセキュリティ更新プログラムをインストールする必要があります。

.NET Framework 3.5 をインストールしています。更新プログラムを追加でインストールする必要がありますか?
このセキュリティ情報は .NET Framework 2.0 および .NET Framework 3.5 の機能層に存在する脆弱性について説明しています。.NET Framework 3.5 のインストーラーは .NET Framework 2.0 Service Pack 1 のセットアップと .NET Framework 3.0 Service Pack 1 のセットアップの両方と連鎖しています。このため、.NET Framework 3.5 をインストールしているお客様は、.NET Framework 3.5 用の更新プログラムに加え、.NET Framework 2.0 Service Pack 1 用のセキュリティ更新プログラムもインストールする必要があります。

ご使用のコンピューターにその他のバージョンの .NET Framework がインストールされているかどうかを確認するためには、下記の「インストールされている Microsoft .NET Framework のバージョンはどのように確認できますか?」の項目をご覧ください。

.NET Framework 3.5 Service Pack 1 をインストールしています。更新プログラムを追加でインストールする必要がありますか?
このセキュリティ情報は .NET Framework 2.0 および .NET Framework 3.5 の機能層に存在する脆弱性について説明しています。.NET Framework 3.5 Service Pack 1 のインストーラーは .NET Framework 2.0 Service Pack 2 のセットアップと .NET Framework 3.0 Service Pack 2 のセットアップの両方と連鎖しています。したがって、.NET Framework 3.5 Service Pack 1 をインストールしているお客様は .NET Framework 2.0 Service Pack 2 用のセキュリティ更新プログラムもインストールする必要があります。

ご使用のコンピューターにその他のバージョンの .NET Framework がインストールされているかどうかを確認するためには、下記の「インストールされている Microsoft .NET Framework のバージョンはどのように確認できますか?」の項目をご覧ください。

なぜこのセキュリティ情報は 2010 年 10 月 1 日に更新されたのですか?
マイクロソフトはこのセキュリティ情報ページを更新し、更新プログラムが Windows Update および Microsoft Update などのすべての配布方法により、利用可能になったことをお知らせしました。さらに、この更新では次の説明と訂正を追加しました。

  • 影響を受けるソフトウェアの一覧に次の訂正を行いました。更新プログラム KB2418241 に関するセキュリティ情報の説明を変更し、Windows XP および Windows Server 2003 systems 上の .NET Framework 3.5 Service Pack 1 を追加しました。これはセキュリティ情報の変更のみです。お客様が更新プログラム KB2418241 を正常にインストールした場合、この更新プログラムを再インストールする必要はありません。Windows XP または Windows Server 2003 systems 上の .NET Framework 3.5 Service Pack 1 を実行中のお客様で、更新プログラム KB2418241 をインストールしていない場合、.NET Framework 3.5 Service Pack 1 用の更新プログラム KB2416473 をすでに適用済みだとしても、この更新プログラムを可能な限り早期に適用する必要があります。お客様は、各システムにインストールされているソフトウェア向けに提供されている、すべての更新プログラムを適用する必要があります。
  • 更新プログラム KB2416474 に関するセキュリティ情報の説明を変更し、Windows Vista および Windows Server 2008 systems 上の .NET Framework 3.5 Service Pack 1 を追加しました。これはセキュリティ情報の変更のみです。お客様が更新プログラム KB2416474 を正常にインストールした場合、この更新プログラムを再インストールする必要はありません。Windows Vista または Windows Server 2008 systems 上の .NET Framework 3.5 Service Pack 1 を実行中のお客様で、更新プログラム KB2416474 をインストールしていない場合、すでに .NET Framework 3.5 Service Pack 1 用の更新プログラム KB2416473 を適用済みだとしても、この更新プログラムを可能な限り早期に適用する必要があります。お客様は、各システムにインストールされているソフトウェア向けに提供されている、すべての更新プログラムを適用する必要があります。
  • 更新プログラム KB2416470 に関するセキュリティ情報の説明を変更し、Windows Vista および Windows Server 2008 systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 を追加しました。これはセキュリティ情報の変更のみです。お客様が更新プログラム KB2416470 を正常にインストール済みの場合、この更新プログラムを再インストールする必要はありません。Windows Vista または Windows Server 2008 systems 上の .NET Framework 3.5 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 を実行中のお客様で、更新プログラム KB2416470 をインストールしていない場合、すでに .NET Framework 3.5 用の更新プログラム KB2418240 および .NET Framework 3.5 Service Pack 1 用の更新プログラム KB2416473 を適用済みだとしても、この更新プログラムを可能な限り早期に適用する必要があります。お客様は、各システムにインストールされているソフトウェア向けに提供されている、すべての更新プログラムを適用する必要があります。
  • セキュリティ更新プログラム KB2418240 は、.NET Framework 3.5 for Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista Service Pack 1 および Windows Server 2008 systems 用の更新プログラムとして追加しました。これはセキュリティ情報の変更のみです。お客様が更新プログラム KB2418240 を正常にインストール済みである場合、この更新プログラムを再インストールする必要はありません。Windows XP, Windows Server 2003、Windows Vista および Windows Server 2008 systems 上の .NET Framework 3.5 を実行中のお客様で、更新プログラム KB2418240 をインストールしていない場合は、.NET Framework 3.5 用の別の更新プログラムをインストール済みであっても、できる限り早期にこの更新プログラムを適用する必要があります。お客様は、各システムにインストールされているソフトウェア向けに提供されている、すべての更新プログラムを適用する必要があります。
    • FAQ (よく寄せられる質問) のセクションに、「インストールされている Microsoft .NET Framework のバージョンはどのように確認できますか? 」を追加しました。
  • FAQ (よく寄せられる質問) のセクションに、「所有のシステムに Microsoft .NET Framework のバージョン用の更新プログラムがふたつインストールされています。両方の更新プログラムをインストールする必要がありますか? 」を追加しました。
  • FAQ (よく寄せられる質問) のセクションに、「これらのセキュリティ更新プログラムは、特別な順番でインストールする必要がありますか?」 を追加しました。

インストールされている Microsoft .NET Framework のバージョンはどのように確認できますか?
複数のバージョンの.NET Framework をシステムにインストールおよび実行可能で、どの順番でもインストールできます。現在インストールされている .NET Framework のバージョンを判断する方法がいくつかあります。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 318785 を参照してください。

所有のシステムに Microsoft .NET Framework のバージョン用の更新プログラムがふたつインストールされています。両方の更新プログラムをインストールする必要がありますか?
はい。お客様は、各システムにインストールされているソフトウェア向けに提供されている、すべての更新プログラムを適用する必要があります。

これらのセキュリティ更新プログラムは、特別な順番でインストールする必要がありますか?
いいえ。.NET Framework の同じバージョン向けの複数の更新プログラムは、どのような順番でもインストール可能です。マイクロソフトは、異なるバージョンの .NET Framework 向けの複数の更新プログラムは、数字の低いバージョンから高いバージョンの順番でインストールすることを推奨していますが、必須ではありません。

ファイル情報の詳細はどこにありますか?
ファイル情報の詳細の場所については、「セキュリティ更新プログラムの適用」の参照表をご覧ください。

このセキュリティ情報で説明しているソフトウェアの旧バージョンを使用しています。どうすればよいですか?
このセキュリティ情報に記載されている影響を受けるソフトウェアのテストを行い、影響を受けるリリースを確認しました。その他のリリースは、サポート ライフサイクルが終了しました。製品のライフサイクルに関する詳細については、マイクロソフト サポート ライフサイクルの Web ページを参照してください。

今後、脆弱性の影響を受けないようにするため、旧リリースのソフトウェアを使用しているお客様は、サポート対象のリリースに移行することを強く推奨します。使用するソフトウェアのサポート ライフサイクルを確認するには、プロダクト サポート ライフサイクル - 製品一覧を参照してください。これらのソフトウェアのリリースのサービス パックの詳細については、ライフサイクル サポート対象サービスパックを参照してください。

以前のソフトウェアに関するカスタム サポートが必要なお客様は、担当営業、またはマイクロソフト アカウント チームの担当者、担当テクニカル アカウント マネージャー (TAM)、またはカスタム サポート オプションのマイクロソフト パートナー担当者までご連絡ください。プレミア契約をお持ちでないお客様は、マイクロソフト サポート契約センター (営業時間 9:30-12:00 13:00-19:00 土日祝祭日を除く TEL:0120-17-0196 FAX:03-5388-8253) までお問い合わせください。連絡先の情報は、Microsoft Worldwide Information Web サイトの Contact Information のプルダウン リストから、国を選択し、[Go] ボタンをクリックすると、連絡先の電話番号が表示されます。お問い合わせの際、お住まいの地域のプレミア サポート営業担当にご連絡ください。詳細については、マイクロソフト サポート ライフサイクル ポリシー FAQ を参照してください。

脆弱性の情報

深刻度および脆弱性識別番号

次の深刻度の評価は、脆弱性の影響が最も深刻な場合を想定しています。深刻度の評価およびセキュリティ上の影響に関連して、このセキュリティ情報の公開から 30 日間でこの脆弱性が悪用される可能性に関する情報については、9 月のセキュリティ情報の概要の Exploitability Index を参照してください。詳細については、Microsoft Exploitability Index (悪用可能性指標) を参照してください。

影響を受けるソフトウェアごとの脆弱性の深刻度および最大のセキュリティ上の影響
影響を受けるソフトウェア ASP.NET のパディング オラクルの脆弱性 - CVE-2010-3332 総合的な深刻度
Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
Windows XP Service Pack 3 にインストールされている Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 Itanium-based Edition Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2にインストールされた Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 \*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 \*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1
Windows Vista Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 \*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2
Windows XP Service Pack 3 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 重要  情報漏えい 重要
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems にインストールされている Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2\*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 \*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 重要  情報漏えい 重要
Microsoft .NET Framework 3.5
Windows XP Service Pack 3 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5 重要  情報漏えい 重要
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for 32-bit Systems にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5 \*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for x64-based Systems にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5 \*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 重要  情報漏えい 重要
Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows XP Service Pack 3 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1\*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1\*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 重要  情報漏えい 重要
Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows 7 for 32-bit Systems の Microsoft .NET Framework 3.5.1 重要  情報漏えい 重要
Windows 7 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1 \* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1 \* 重要  情報漏えい 重要
Microsoft .NET Framework 4.0
Windows XP Service Pack 3 にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0\*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0 on Windows Server 2008 \*\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows 7 for 32-bit Systems および Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows 7 for x64-based Systems および Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 4.0\* 重要  情報漏えい 重要
Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 4.0 重要  情報漏えい 重要
\*Server Core インストールは影響を受けます。サポートされているエディションの Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 では、Server Core インストール オプションを使用してインストールされているかどうかに関わらず、この更新プログラムの深刻度は同じです。このインストール オプションの詳細については、TechNet の記事 [Server Core](https://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/technologies/server-core.mspx) および [Windows Server 2008 R2 の Server Core](https://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/technologies/server-core.mspx) を参照してください。Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 の特定のエディションでは、Server Core インストール オプションが使用できないことに注意してください。詳細については、[Server Core インストール オプションの比較](https://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/r2/editions/core-installation.mspx)を参照してください。

**Server Core インストールは影響を受けません。サポートされているエディションの Windows Server 2008 または Windows Server 2008 R2 では、Server Core インストール オプションを使用してインストールされている場合、この更新プログラムにより解決される脆弱性の影響を受けません。このインストール オプションの詳細については、TechNet の記事 Server Core および Windows Server 2008 R2 の Server Core を参照してください。Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 の特定のエディションでは、Server Core インストール オプションが使用できないことに注意してください。詳細については、Server Core インストール オプションの比較を参照してください。

ASP.NET のパディング オラクルの脆弱性 - CVE-2010-3332

暗号化のパディングの検証中にエラー処理が正しく行われないため、ASP.NET に情報公開の脆弱性が存在します。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ビュー ステートなどのサーバーによって暗号化されたデータを読み取る可能性があります。この脆弱性はデータの改ざんにも使用される可能性があります。この脆弱性の悪用に成功した場合、サーバーによって暗号化されたデータが解読され、改ざんされる可能性があります。この脆弱性により、攻撃者は直接コードを実行したり、ユーザーの権限を昇格させたりできませんが、攻撃者はこの脆弱性を悪用し、攻撃に使用する情報を作成し、影響を受けるコンピューターをさらに侵害しようとする可能性があります。Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 およびそれ以降のバージョンでは、攻撃者がこの脆弱性を悪用して web.config などの ASP.NET のアプリケーションのすべてのファイルのコンテンツを入手する可能性があります。

Common Vulnerabilities and Exposures のリストの標準のエントリとしてこの脆弱性を確認するには、CVE-2010-3332 を参照してください。

「ASP.NET のパディング オラクルの脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2010-3332

緩和する要素は、既定の状態における設定、一般的な構成または最善策を示し、脆弱性悪用の深刻度が下がる場合があります。お客様の状況で、次の「緩和する要素」が役立つ場合があります。

  • Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 以前の Microsoft .NET Framework のバージョンはこの脆弱性のファイルのコンテンツの漏えいの影響は受けません。

「ASP.NET のパディング オラクルの脆弱性」の回避策 - CVE-2010-3332

回避策は、根本的な脆弱性を正すものではありませんが、更新プログラムを適用するまでの間、既知の攻撃方法の阻止に役立つ設定または構成の変更を示します。マイクロソフトは次の回避策をテストし、回避策が機能性を低下させるかどうかの情報を提供しています。

  • UrlScan または要求フィルターの規則を有効にし、ASP.NET カスタム エラーを有効にし、すべてのエラー コードを同じエラー ページにマップする

    ASP.NET のカスタム エラー機能を有効にし、サーバーで発生したエラーに関わらず、常に同じエラー ページを返すようアプリケーションを明示的に構成すると、現在の悪用コードを悪用している攻撃者がサーバーで発生するエラーの種類を区別することがさらに困難になると考えられます。

    .NET Framework バージョン 3.5 Service Pack 1 またはそれ以降のバージョンを使用しているコンピューターで、この回避策は現在確認している悪用コードのタイミング攻撃 (timing attack) の部分に対する保護も行うことにより、さらに保護を提供します。この回避策は customErrors 機能の redirectMode="ResponseRewrite" オプションを使用し、エラー ページにランダムな遅延を導入します。これらの対策が共に機能することで、サーバーがエラーを受け取るために要する時間を計測することにより、攻撃者がサーバーで発生したエラーの種類を推測することをさらに困難にします。

    さらに、この回避策では、クエリ文字列のアプリケーション エラー パスを指定するリクエストをブロックする必要があります。これは、管理者により定義された規則を基にリクエストを選択的にブロックするインターネット インフォメーション サービス (IIS) 用の無償ツールである URLScan を使用して行うことができます。ご使用のコンピューターが Windows Vista Service Pack 2、Windows Server 2008 Service Pack 2、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 上でインターネット インフォメーション サービス (IIS) を実行している場合、代わりに要求フィルター機能を使用することもできます。

    リクエストのクエリ文字列上の ASP.NET アプリケーション エラー パスを変更するリクエストをブロックする

    UrlScan を使用する:

    1. UrlScan 3.1 をダウンロードし、インストールします。UrlScan の構成および使用に関する説明は、UrlScan 3 Reference (英語情報) をご覧ください。

    2. UrlScan.ini (%windir%\system32\inetsrv\urlscan にあります) を変更します。Urlscan.ini ファイルの [DenyQueryStringSequences] セクションの下に次の行を挿入します。

    aspxerrorpath=

    その後、[DenyQueryStringSequences] セクションはこのようになります。(セクション内の追加の行は問題ありません。また、回避策に影響を及ぼすことはありません。)

    [DenyQueryStringSequences]aspxerrorpath=

    1. 管理者としてログインし、コマンド プロンプトから iisreset を実行します。

    IIS 要求フィルターを使用する:

    これらの方法は Windows Vista Service Pack 2、Windows Server 2008 Service Pack 2、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 上で IIS を実行しているコンピューターについて、上記の UrlScan を使用する方法の代わりとなるものです。

    1. [プログラムの追加と削除] または [ロール マネージャー] により IIS の要求フィルター機能をインストールします。[ロール マネージャー] では、[インターネット インフォメーション サービス]-[World Wide Web サービス]-[セキュリティ] の下の機能を選択します。

    2. [インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー] を起動します。

    3. 左ウィンドウのサーバー ノードを選択します。

    4. [要求フィルター] をダブルクリックします。

    5. [クエリ文字列] タブを選択し、[操作ウィンドウ] の [拒否するクエリ文字列…] をクリックします。

    6. ダイアログ ボックスに aspxerrorpath= と入力し、[OK] を選択します。

    または、次の appcmdコマンドを使用してこのリクエスト クエリ文字列を設定することもできます。

    appcmd set config /section:requestfiltering /+denyQueryStringSequences.[sequence='aspxerrorpath=']

    appcmd を使用して IIS を構成することに関する詳細情報は、Getting Started with AppCmd.exe (英語情報) をご覧ください。

    単一のカスタム エラーを使用するよう ASP.NET アプリケーションを構成する

    各 ASP.NET の Web アプリケーションのルート フォルダーで、フォルダー内に web.config ファイルが存在するかどうかを確認してください。この回避策を実装するには、対象ディレクトリでファイルを作成する権限がある必要があります。

    ASP.NET アプリケーションに web.config ファイルが存在しない場合:

    NET Framework 3.5 およびそれ以前の製品

    1. ASP.NET アプリケーションのルート フォルダー内に、web.config といファイル名のテキストファイルを作成し、次のコンテンツに挿入する。
    <configuration><location allowOverride="false"><system.web><customErrors mode="On" defaultRedirect="~/error.html" /></system.web></location></configuration>
    
    1. 一般的なエラー メッセージを含む error.html というファイル名のテキスト ファイルを作成し、ASP.NET アプリケーションのルート フォルダーに保存します。

    2. または、web.config ファイルの error. html をリネームし、既存のエラー ページにポイントすることもできます。しかし、そのエラーページは、特定のコンテンツではなく、一般的なコンテンツを表示する必要があります。

    .NET Framework 3.5 Service Pack 1 またはそれ以降の製品:

    1. ASP.NET アプリケーションのルート フォルダー内に、web.config といファイル名のテキストファイルを作成し、次のコンテンツに挿入する。
    <configuration><location allowOverride="false"><system.web><customErrors mode="On" redirectMode="ResponseRewrite" defaultRedirect="~/ErrorPage.aspx" /></system.web></location></configuration>
    
    1. C# が使用できる場合は、次の ErrorPage.aspx ファイルを使用することを推奨します。
    <%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="true" %><%@ Import Namespace="System.Security.Cryptography" %><%@ Import Namespace="System.Threading" %><script runat="server">void Page_Load() {byte[] delay = new byte[1];RandomNumberGenerator prng = new RNGCryptoServiceProvider();prng.GetBytes(delay);Thread.Sleep((int)delay[0]);IDisposable disposable = prng as IDisposable;if (disposable != null) { disposable.Dispose(); }}</script><!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "https://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"><html xmlns="https://www.w3.org/1999/xhtml"><head runat="server"><title></title></head><body><div>An error occurred while processing your request.</div></body></html>
    
    1. Visual Basic .NET が使用できる場合は、次の ErrorPage.aspx ファイルを使用することを推奨します。
    <%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="true" %><%@ Import Namespace="System.Security.Cryptography" %><%@ Import Namespace="System.Threading" %><script runat="server">Sub Page_Load()Dim delay As Byte() = New Byte(0) {}Dim prng As RandomNumberGenerator = New RNGCryptoServiceProvider()prng.GetBytes(delay)Thread.Sleep(CType(delay(0), Integer))Dim disposable As IDisposable = TryCast(prng, IDisposable)If Not disposable Is Nothing Then disposable.Dispose()End IfEnd Sub</script><!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "https://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"><html xmlns="https://www.w3.org/1999/xhtml"><head runat="server"><title></title></head><body><div>An error occurred while processing your request.</div></body></html>
    

    ASP.NET アプリケーションに web.config ファイルが既に存在する場合:

    NET Framework 3.5 出荷版 (RTM 版) またはそれ以前の製品:

    1. 既存の web.config ファイルに次のサンプル内の [ ] で囲まれたテキストを挿入します。
    <?xml version="1.0"?><configuration><configSections>...</configSections><appSettings>...</appSettings><connectionStrings>...</connectionStrings>[<location allowOverride="false"><system.web><customErrors mode="On" defaultRedirect="~/error.html" /></system.web></location>]<system.web>...</system.web><system.codedom>...</system.codedom></configuration>
    
    1. 一般的なエラー メッセージを含む error.html というファイル名のテキスト ファイルを作成し、ASP.NET アプリケーションのルート フォルダーに保存します。

    2. または、web.config ファイルの error html をリネームし、既存のエラー ページにポイントすることもできます。しかし、そのエラーページは、特定のコンテンツではなく、一般的なコンテンツを表示する必要があります。

    .NET Framework 3.5 Service Pack 1 またはそれ以降の製品:

    1. 既存の web.config ファイルに次のサンプル内の [ ] で囲まれたテキストを挿入します。
    <?xml version="1.0"?><configuration><configSections>...</configSections><appSettings>...</appSettings><connectionStrings>...</connectionStrings>[<location allowOverride="false"><system.web><customErrors mode="On" redirectMode="ResponseRewrite" defaultRedirect="~/ErrorPage.aspx" /></system.web></location>]</configuration><system.web>...</system.web><system.codedom>...</system.codedom></configuration>
    
    1. C# が使用できる場合は、次の ErrorPage.aspx ファイルを使用することを推奨します。
    <%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="true" %><%@ Import Namespace="System.Security.Cryptography" %><%@ Import Namespace="System.Threading" %><script runat="server">void Page_Load() {byte[] delay = new byte[1];RandomNumberGenerator prng = new RNGCryptoServiceProvider();prng.GetBytes(delay);Thread.Sleep((int)delay[0]);IDisposable disposable = prng as IDisposable;if (disposable != null) { disposable.Dispose(); }}</script><!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "https://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"><html xmlns="https://www.w3.org/1999/xhtml"><head runat="server"><title></title></head><body><div>An error occurred while processing your request.</div></body></html>
    
    1. Visual Basic .NET が使用できる場合は、次の ErrorPage.aspx ファイルを使用することを推奨します。
    <%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="true" %><%@ Import Namespace="System.Security.Cryptography" %><%@ Import Namespace="System.Threading" %><script runat="server">Sub Page_Load()Dim delay As Byte() = New Byte(0) {}Dim prng As RandomNumberGenerator = New RNGCryptoServiceProvider()prng.GetBytes(delay)Thread.Sleep(CType(delay(0), Integer))Dim disposable As IDisposable = TryCast(prng, IDisposable)If Not disposable Is Nothing Thendisposable.Dispose()End IfEnd Sub</script><!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "https://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"><html xmlns="https://www.w3.org/1999/xhtml"><head runat="server"><title></title></head><body><div>An error occurred while processing your request.</div></body></html>
    

    回避策の影響 :Web トランザクション中にエラーが発生した場合、実際発生しているエラーに関わらず、Web クライアントでもサーバー上と同様の一般的なエラー メッセージが発生します。さらに、URL のクエリ文字列の部分に文字列 aspxerrropath= を含む Web ページのリクエストがブロックされ、HTTP エラーメッセージがクライアントに返されるようになります。

「ASP.NET のパディング オラクルの脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2010-3332

この脆弱性により、どのようなことが起こる可能性がありますか?
これは情報漏えいの脆弱性です。攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ビュー ステートなどのサーバーによって暗号化されたデータを読み取ることができる可能性があります。この脆弱性はデータの改ざんにも使用される可能性があります。この脆弱性の悪用に成功した場合、サーバーによって暗号化されたデータが解読され、改ざんされる可能性があります。Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 およびそれ以降のバージョンでは、攻撃者がこの脆弱性を悪用して web.config などの ASP.NET のアプリケーションのすべてのファイルのコンテンツを入手する可能性があります。この脆弱性により、攻撃者は直接コードを実行したり、ユーザーの権限を昇格させたりできませんが、攻撃者はこの脆弱性を悪用し、攻撃に使用する情報を作成し、影響を受けるコンピューターをさらに侵害しようとする可能性があります。

何が原因で起こりますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ASP.NET の暗号化の埋め込みによって、エラー応答内で提供された情報を悪用し、暗号化されたデータを読み取って、改ざんする可能性があります。

ASP.NET とは何ですか?
<link xlinkShow="new" xlinkHref="https://www.asp.net/Default.aspx?tabindex=0&tabid=1">ASP.NET</link> (英語情報) は <link xlinkShow="new" xlinkHref="https://msdn.microsoft.com/ja-jp/netframework/default.aspx">Microsoft .NET Framework</link> の中の技術の集合体で、これにより、開発者は Web アプリケーションおよび XML Web サービスを構築することができます。

ASP.NET では、静的な HTML およびスクリプトの組み合わせを使用する従来の Web ページとは異なり、コンパイルされたイベント主導のページが使用されます。ASP.NET は Web ベースのアプリケーション環境であるため、基本的な HTTP 機能を提供するために基本となる Web サーバーが必要であり、ASP.NET は インターネット インフォメーション サービス (IIS) 上で実行されます。詳細については、Microsoft ASP.NET の公式サイトを参照してください。

ASP.NET のビュー ステートとは何ですか?
Microsoft ASP.NET のビュー ステートは ASP.NET Web ページによって使用される技術で、ポストバックを通したWeb フォームの状態に対する変更を維持するために使われます。ページのビュー ステートは既定で、__VIEWSTATE と名付けられた、非表示のフォーム フィールドに置かれています。ASP.NET のビュー ステートに関する詳細は、ASP.NET のビュー ステートの理解を参照してください。

この脆弱性により、攻撃者は何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ビュー ステートなどのサーバーによって暗号化されたデータを読み取ることができる可能性があります。その後、攻撃者は web.config のような Web サイトのディレクトリまたはサブディレクトリ内のすべてのファイルのコンテンツを読み取る可能性があります。web.config ファイルには、機密情報が保存されることがよくあります。その場合の情報漏えいの影響は、情報の性質自体により異なります。

攻撃者によりこの脆弱性が悪用された場合、標的となるサーバー上で Web サイトのディレクトリやサブディレクトリに存在するファイルからデータが読み取られる可能性もあります。

攻撃者はこの脆弱性をどのように悪用する可能性がありますか?
この脆弱性を悪用するには、攻撃者は Web リクエストを介して影響を受けるサーバーに暗号テキストを送信し、Web サイトが返したエラー コードを検証して、テキストが適切に解読されたかを判断します。このリクエストを何度も実行した攻撃者は、十分な情報を入手して暗号化データを読み取る、または改残する可能性があります。

主にどのコンピューターがこの脆弱性による危険にさらされますか?
主に ASP.NET がインストールされた Web サーバーがこの脆弱性の影響を受けます。

下記の回避策を使用する代わりに、エラー ページにリダイレクトするカスタム ログ モジュールがある場合、この脆弱性の影響を受けますか?
カスタム ログ モジュールから応答が送られた場合、クライアントにエラー応答がそのコンテンツによるものか、またはサービスを提供するために要する時間によるものであるのかを識別させないようすることで、このようなモジュールは customErrors の回避策の代わりとして有効です。これらの応答には、HTTP 応答全体と HTTP エラー コードの両方が含まれています。これらの条件がすべて当てはまらない場合は、回避策の代わりとして十分ではありません。

カスタム 404 ページおよび既定のリダイレクトをすべてのエラーに作成し、この問題に対する保護を行うことはできますか?
いいえ。攻撃者は依然として 404 エラーとその他のエラーの区別をつけることができる可能性があります。エラーの均一化が、この攻撃に対する保護を行うための重要な要素となります。

ビュー ステートに機密情報を保存していない場合、この脆弱性に対応する必要がありますか?
はい。Web アプリケーションのファイルに機密情報を保存している場合、この脆弱性が悪用され、そのファイルのコンテンツが攻撃者に公開される可能性があります。

web.config ファイルのデータを安全にするためにはどのような最善策がありますか?
最善策は、web.config ファイルの機密性の高い構成データを暗号化することです。構成セクションの暗号化に関する詳細については、MSDN コラム: 構成セクションの暗号化と複号化を参照してください。

この問題は ASP.NET Web フォームと ASP.NET MVC Web アプリケーションの両方に影響を及ぼしますか?
はい。一般に公開された悪用コードは Web フォーラムと MVC の両方を含む、すべての種類の ASP.NET アプリケーションに対し悪用される可能性があります。ASP.NET MVC に関する追加情報は、MSDN コラム: ASP.NET MVC の概要を参照してください。

SharePoint や Exchange などの ASP.NET プラットフォームに基づいたその他のアプリケーションはこの問題の影響を受けますか?
ASP.NET プラットフォームに依存するすべてのアプリケーションがこの問題による影響を受けます。これらのアプリケーションの管理者は、このアドバイザリで説明している推奨策に従ってください。

AES 暗号から Triple DES暗号に変更することは、使用している ASP.NET アプリケーションを保護するのに役立ちますか?
いいえ。暗号の脆弱性が存在するということは、PKCS#7 パディングを使用しているアルゴリズムに対するクライアントに暗号の埋め込みエラーが公開されることを含みます。トリプル DES はこのパディング モードを AES と共有しているため、トリプル DES に変更することはこの脆弱性を緩和しません。

トリプル DES (3DES) とは何ですか?
トリプル DES (3DES) とは、データの各セグメント上で暗号操作を 3 回繰り返すことを採用したデータ暗号化標準 (DES) 暗号の実装です。それぞれの繰り返しは暗号化に 56 ビット キーを使用し、これはデータに 168 ビットの暗号化をもたらします。3DES が追加の暗号化の計算のため、DES よりも遅くても、その保護は DES よりもはるかに強力です。

高度暗号化標準 (AES) とは何ですか?
高度暗号化標準 (AES) とは、2001 年に米国政府により採用された暗号化の形式です。

PKCS#7 埋め込みとは何ですか?
公開キー暗号化標準 (PKCS) #7 は、デジタル署名や暗号化など、暗号化がデータに対して適用する一般的な構文です。PKCS#7 は、証明書や証明書失効リスト、およびタイムスタンプなどのその他のメッセージ属性をメッセージに配布するための構文も提供します。PKCS #7 埋め込み文字列は、追加された埋め込みバイトの総数と等しいバイトのシーケンスで構成されています。

この問題は、オラクルのデーターベース製品に影響を与えますか?
いいえ。この問題は、どのデータベース製品にも関連しません。この場合の”オラクル(Oracle)”の用語は、暗号用語の一つを指しています。

この更新プログラムはどのように問題を修正しますか?
この更新プログラムは ASP.NET で暗号化された全データに署名することにより、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報の公開時に、この脆弱性は一般に知られていましたか?
はい。この脆弱性は一般で公開されていました。これは Common Vulnerability and Exposure の CVE-2010-3332 にアサインされています。

このセキュリティ情報の公開時に、マイクロソフトはこの脆弱性が悪用されたという報告を受けていましたか?
はい。マイクロソフトはこの脆弱性を悪用しようとする限定的な標的型攻撃を確認しています。

更新プログラムに関する情報

検出および適用ツールとガイダンス

組織のサーバー、デスクトップ、モバイル コンピューターに適用する必要があるソフトウェアおよびセキュリティ更新プログラムを管理してください。詳細については、TechNet 更新プログラム管理センターを参照してください。Microsoft TechNet セキュリティ センターでは、マイクロソフト製品に関するセキュリティ情報を提供しています。

セキュリティ更新プログラムは、Microsoft Update および Windows Update から入手できます。セキュリティ更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターからもダウンロードできます。「セキュリティ更新プログラム」のキーワード探索で容易に見つけられます。

さらに、セキュリティ更新プログラムは、Microsoft Update カタログからダウンロードできます。Microsoft Update カタログは、セキュリティ更新プログラム、ドライバーおよび Service Pack などが含まれるコンテンツを検索するカタログで、Windows Update および Microsoft Update でご利用になれます。セキュリティ情報番号 (たとえば「MS07-036」など) を使用して検索することで、バスケットに適用可能な更新プログラムをすべて追加でき (異なる言語の更新プログラムを含む)、選択しているフォルダーにダウンロードできます。「Microsoft Update カタログ」の詳細については、Microsoft Update Catalog FAQ (英語情報) を参照してください。

検出および適用のガイダンス

マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラムの検出および適用に関して、ガイダンスを提供しています。このガイダンスには、IT プロフェッショナルがセキュリティ更新プログラムの検出および適用のための多様なツールの使用方法を理解するのに役立つ推奨策および情報が含まれています。詳細については、サポート技術情報 961747 を参照してください。

Microsoft Baseline Security Analyzer

Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) を使用して、管理者はローカルおよびリモートで一般的に誤った構成のセキュリティ更新プログラムと不足しているセキュリティ更新プログラムをスキャンできます。MBSA の詳細については、Microsoft Baseline Security Analyzer を参照してください。

次の表にこのセキュリティ更新プログラムについての MBSA の検出の概要を記載します。

ソフトウェア MBSA
Windows XP Service Pack 3
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2
Windows Server 2003 Service Pack 2
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2
Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2
Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2
Windows 7 for 32-bit Systems および Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1
Windows 7 for x64-based Systems および Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1
Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems および Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1
Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1

注: MBSA、Microsoft Update および Windows Server Update Services でサポートされていないレガシ製品をご使用のお客様は、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) をご覧のうえ、レガシ製品のサポート セクションのレガシ ツールで包括的にセキュリティ更新プログラムを検出する方法をご参照ください。

Windows Server Update Services

Microsoft Windows Server Update Services (WSUS) により、情報技術の管理者は最新のマイクロソフト製品の更新プログラムを Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューターに適用できます。Windows Server Update Services を使用して、セキュリティ更新プログラムを展開する方法の詳細については、TechNet の記事 Windows Server Update Services (WSUS) を参照してください。

Systems Management Server

次の表は、このセキュリティ更新プログラムに関する SMS の検出および適用についての概要です。

ソフトウェア SMS 2.0 SUIT と SMS 2003 SMS 2003 with ITMU Configuration Manager 2007
Windows XP Service Pack 3 不可 不可
Windows XP Professional x64 Edition Service Pack 2 不可 不可
Windows Server 2003 Service Pack 2 不可 不可
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 不可 不可
Windows Server 2003 with SP2 for Itanium-based Systems 不可 不可
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 不可 不可
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 不可 不可
Windows Server 2008 for 32-bit Systems および Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 不可 不可
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 不可 不可
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 不可 不可
Windows 7 for 32-bit Systems および Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1 不可 不可
Windows 7 for x64-based Systems および Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1 不可 不可
Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems および Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 不可 不可
Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 不可 不可

SMS 2.0 および SMS 2003 について、Security Update Inventory Tool (SUIT) は、セキュリティ更新プログラムを検出するために SMS により使用可能です。Systems Management Server 2.0 ダウンロードも参照してください。

SMS 2003 では、SMS 2003 Inventory Tool for Microsoft Updates (ITMU) を SMS で使用すると、Microsoft Update によって提供され Windows Server Update Service によってサポートされるセキュリティ更新プログラムを検出できます。SMS 2003 ITMU の詳細については、Microsoft 更新プログラム用 SMS 2003 インベントリ ツールを参照してください。SMS のスキャンニング ツールの詳細については、SMS 2003 Software Update Scanning Tools を参照してください。Systems Management Server 2003 ダウンロードも参照してください。

System Center Configuration Manager 2007 は WSUS 3.0 を使用して更新プログラムを検出します。Configuration Manager 2007 Software Update Management の詳細については、System Center Configuration Manager 2007 を参照してください。

SMS の詳細については、SMS Web サイトを参照してください。

詳細については、サポート技術情報 910723 を参照してください。「毎月リリースされる検出と展開の手引きの一覧」

Update Compatibility Evaluator および Application Compatibility Toolkit

更新プログラムはアプリケーションを実行させるために、たびたび同じファイルやレジストリ構成に書き込みをすることがあります。これにより、非互換性が起こったり、セキュリティ更新プログラムの適用時間が長くなったりする可能性があります。Application Compatibility Toolkit (英語情報) に含まれている Update Compatibility Evaluator (英語情報) コンポーネントでインストールされているアプリケーションに対し、Windows の更新プログラムのテストおよび確認を効率化することができます。

Application Compatibility Toolkit (ACT) には、お客様の環境に Microsoft Windows Vista、Windows Update、Microsoft Security Update または Windows Internet Explorer の新しいバージョンを適用する前に、アプリケーションの互換性問題を評価し、緩和するために必要なツールやドキュメントが含まれています。

セキュリティ更新プログラムの展開

影響を受けるソフトウェア

影響を受けるソフトウェア用の特定のセキュリティ更新プログラムについては、該当リンクの情報を参照してください。

Windows XP (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /qn
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-x86.exe /q
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-x86.exe /q
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x86.exe /quiet
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x86.exe /q
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /q
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /qn
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-x64.exe /q
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-x64.exe /q
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x64.exe /quiet
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x64.exe /q
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /q
再起動しないでインストールする Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /quiet /norestart /er
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-x86.exe /q /norestart
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-x86.exe /quiet /norestart
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x86.exe /quiet /norestart
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x86.exe /quiet /norestart
Windows XP 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /q /norestart
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /quiet /norestart /er
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-x64.exe /q /norestart
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-x64.exe /quiet /norestart
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x64.exe /quiet /norestart
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x64.exe /quiet /norestart
Windows XP Professional Edition x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /q /norestart
ログ ファイル Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1:
NDP1.1SP1-KB2416447-x86-msi.0.log
NDP1.1SP1-KB2416447-x86-wrapper.log
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2418241_\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2418241_\*.html
Microsoft .NET Framework 3.5
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416468_\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416468_\*.html Microsoft .NET Framework 2.0-KB 2418240 _\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB 2418240 _\*.html
Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1:
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416473_\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416473_\*.html
Microsoft .NET Framework 4.0
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416472_\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416472_\*.html
詳細情報 サブセクション「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: すべてのサポートされている Microsoft .NET Framework に対し、[コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2418042 を参照してください。
レジストリ キーの確認 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\.NETFramework\1.1\M2416447
"Installed" = dword:1
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2\SP2\KB2418241
"ThisVersionInstalled" = "Y"
Microsoft .NET Framework 3.5
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1\SP1\KB2416468
"ThisVersionInstalled" = "Y"
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 3.5\KB2418240
"ThisVersionInstalled" = "Y"
Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 3.5 SP1\SP1\KB2416473
"ThisVersionInstalled" = "Y"
Microsoft .NET Framework 4.0
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB2416472
"ThisVersionInstalled" = "Y"

注: サポートされているバージョンの Windows XP Professional x64 Edition では、このセキュリティ更新プログラムはサポートされているバージョンの Windows Server 2003 x64 Edition のセキュリティ更新プログラムと同じです。

適用に関する情報

Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 用の更新プログラムをインストールする (KB2416447)

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q\[n|b|r|f\] ユーザー インターフェイスのレベルを設定します。
n – UI なし
b - 基本的なユーザー インターフェイス
r – 低減されたユーザー インターフェイス
f - 完全なユーザー インターフェイス (既定)
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
インストーラーの詳細については、[MSDN Web サイト](https://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa367988(vs.85).aspx)を参照してください。

このセキュリティ情報で使用されている用語 (修正プログラムなど) については、サポート技術情報 824684 を参照してください。

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (KB2418241)、Microsoft .NET Framework 3.5 (KB2416468)、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (KB2416473) および Microsoft .NET Framework 4.0 (KB2416472) 用の更新プログラムをインストールする

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q: ユーザー インターフェイスのレベルを設定します。
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (KB2418241) の注意: このセキュリティ更新プログラムをインストールする際、インストーラーは Microsoft 修正プログラムが製品またはコンポーネントを、過去にアップデートしているかどうか確認します。

過去に修正プログラムをインストールしていずれかのファイルをアップデートしている場合は、インストーラーは LDR (または QFE) バージョンのファイルをシステムにコピーします それ以外の場合は、インストーラーが GDR バージョンのファイルをシステムにコピーします。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 Article 960043 を参照してください。

Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 用の更新プログラムを削除する (KB2416447)

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q\[n|b|r|f\] ユーザー インターフェイスのレベルを設定します。
n – UI なし
b - 基本的なユーザー インターフェイス
r – 低減されたユーザー インターフェイス
f - 完全なユーザー インターフェイス (既定)
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
Removing the Update for Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (KB2418241)、Microsoft .NET Framework 3.5 (KB2416468)、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (KB2416473) および Microsoft .NET Framework 4.0 (KB2416472) 用の更新プログラムを削除する

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q: ユーザー インターフェイスなし
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法
  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、次に [検索] をクリックします。
    2. [検索結果] のウィンドウの [検索コンパニオン] の下の [ファイルとフォルダーすべて] をクリックします。
    3. [ファイル名のすべてまたは一部] のボックスで、適切なファイル情報の表からファイル名を入力し、次に [検索] をクリックします。
    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報の表からファイル名を右クリックし、次に [プロパティ] をクリックします。 注: オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールしたプログラムのエディションにより、ファイル情報に記載されているファイルのいずれかがインストールされない場合もあります。
    5. [バージョン] タブで、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較し、コンピューターにインストールされているファイルのバージョンを確認します。 注: ファイルのバージョン以外の属性はインストール中に変更される場合があります。その他のファイルの属性とファイル情報の表の情報を比較することは、更新プログラムの適用を確認する方法としてサポートされていません。また、インストール中にファイル名が変更される場合があります。ファイルまたはバージョン情報が存在しない場合、その他の利用可能な方法のひとつを使用して、更新プログラムのインストールを確認してください。
  • レジストリ キーの確認

    このセクションの「参照表」に記載されているレジストリ キーで、このセキュリティ更新プログラムがインストールしたファイルを確認することもできます。

    これらのレジストリ キーには、インストールされるファイルの完全な一覧が含まれない場合があります。管理者または OEM メーカーがセキュリティ更新プログラムを Windows インストール ソース ファイルに統合またはスリップストリーム化している場合、これらのレジストリ キーが適切に作成されない場合もあります。

Windows Server 2003 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
WindowsServer2003-KB2416451-x86-JPN.exe /quiet
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-x86.exe /q
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-x86.exe /q
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x86.exe /quiet
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x86.exe /q
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /q
Windows Server 2003 x64-based systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /qn
Windows Server 2003 x64-based systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 または Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-x64.exe /q
Windows Server 2003 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-x64.exe /q
Windows Server 2003 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x64.exe /quiet
Windows Server 2003 x64-based systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x64.exe /q
Windows Server 2003 x64-based systems 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /q
Windows Server 2003 Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /qn
Windows Server 2003 Itanium-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-ia64 /q
Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-ia64 /q
Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-ia64.exe /quiet
Windows Server 2003 Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-ia64 /q
Windows Server 2003 Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-ia64 /q
再起動しないでインストールする Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
WindowsServer2003-KB2416451-x86-JPN.exe /quiet /norestart
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-x86.exe /q /norestart
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-x86.exe /q /norestart
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x86.exe /quiet /norestart
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x86.exe /quiet /norestart
Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /q /norestart
Windows Server 2003 x64-based systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /quiet /norestart /er
Windows Server 2003 x64-based systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 または Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-x64.exe /q /norestart
Windows Server 2003 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-x64.exe /q /norestart
Windows Server 2003 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x64.exe /quiet /norestart
Windows Server 2003 x64-based systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x64.exe /quiet /norestart
Windows Server 2003 x64-based systems 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /q /norestart
Windows Server 2003 Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /quiet /norestart /er
Windows Server 2003 Itanium-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP20SP2-KB2418241-ia64 /q /norestart
Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP20SP1-KB2416468-ia64 /q /norestart
Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-ia64.exe /quiet /norestart
Windows Server 2003 Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-ia64 /quiet /norestart
Windows Server 2003 Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-ia64 /q /norestart
ログ ファイル Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
KB2416451.log
Windows Server 2003 x64 および Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86-msi.0.log
NDP1.1SP1-KB2416447-x86-wrapper.log
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2418241_\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2418241_\*.html
Microsoft .NET Framework 3.5
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416468_\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416468_\*.html Microsoft .NET Framework 2.0-KB 2418240 _\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB 2418240 _\*.html
Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1:
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416473_\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416473_\*.html
Microsoft .NET Framework 4.0
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416472_\*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 2.0-KB2416472_\*.html
詳細情報 サブセクション「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を低減するために、このセキュリティ更新プログラムのインストール前に、すべての影響を受けるサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用している可能性のあるすべてのアプリケーションを閉じてください。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
ホットパッチ このセキュリティ更新プログラムはホットパッチをサポートしません。ホットパッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 897341 を参照してください。
削除に関する情報: Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 については、[コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] または %Windir%\$NTUninstallKB2416451$\Spuninst フォルダーの Spuninst.exe ユーティリティを使用します。
Windows Server 2003 x64-based systems および Windows Server 2003 Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 については、[コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] を使用します。
Microsoft .NET Framework 3.5、Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 については、[コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] を使用してください。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2418042 を参照してください。
レジストリ キーの確認 Windows Server 2003 32-bit systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Windows Server 2003\SP3\KB2416451\Filelist
Windows Server 2003 x64 および Itanium-based systems 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\.NETFramework\1.1\M2416447
"Installed" = dword:1
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2\SP2\KB2418241
"ThisVersionInstalled" = "Y"
Microsoft .NET Framework 3.5
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1\SP1\KB2416468
"ThisVersionInstalled" = "Y"
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 3.5\KB2418240
"ThisVersionInstalled" = "Y"
Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 3.5 SP1\SP1\KB2416473
"ThisVersionInstalled" = "Y"
Microsoft .NET Framework 4.0
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB2416472
"ThisVersionInstalled" = "Y"

適用に関する情報

Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 用の更新プログラムをインストールする (KB2416451)

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help インストール メッセージの一覧を表示します。
セットアップ モード
/passive 無人モード (進行状況バーのみ) です。ユーザーの操作は必要ありませんが、インストールの状態は表示されます。もし、セットアップの終わりで再起動が必要な場合は、コンピューターが 30 秒で再起動するという、タイマーの警告とともにダイアログ ボックスが表示されます。
/quiet QUIET モード (ユーザー入力を必要としません。表示もしません。) バックグラウンド モードと同じです。しかし、ステータスまたは、エラー メッセージは表示されません。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、再起動します。
/warnrestart\[:<秒数>\] 必要な場合に自動的に警告を表示し再起動します (既定のタイムアウト時間は x 秒)。(既定のタイムアウト時間は 30 秒)。/quiet または /passive スイッチと共に使用します。
/promptrestart 再起動が必要なときに確認メッセージを表示します。
特別なオプション
/overwriteoem 確認メッセージを表示せずに OEM ファイルを上書きします。
/nobackup アンインストールに必要なファイルのバックアップを作成しません。
/forceappsclose シャットダウン時に他のプログラムを強制終了します。
/log:<完全なパス> ログ ファイルを <完全なパス> に作成します。
/integrate:<完全なパス> このソフトウェア更新を <完全なパス> に統合します。これらのファイルはスイッチの指定されたパスにあります。
/extract<:完全なパス> セットアップを実行せずにファイルを抽出します。
/ER エラー レポートの延長を有効にします。
/verbose 詳細ログを有効にします。インストール中、%Windir%\\CabBuild.log を作成します。このログはコピーされるファイルを詳述します。このスイッチを使用すると、インストールがさらに遅くなる場合があります。
注 : これらのスイッチを 1 つのコマンドに組み込むことができます。旧バージョンとの互換性のため、このセキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムが使用しているセットアップ スイッチもサポートしています。サポートされるインストール スイッチに関する詳細は、[マイクロソフト サポート技術情報 262841](https://support.microsoft.com/kb/262841) をご覧ください。

Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 用の更新プログラムをインストールする (KB2416447)

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q\[n|b|r|f\] ユーザー インターフェイスのレベルを設定します。
n – UI なし
b - 基本的なユーザー インターフェイス
r – 低減されたユーザー インターフェイス
f - 完全なユーザー インターフェイス (既定)
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
インストーラーの詳細については、[MSDN Web サイト](https://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa367988(vs.85).aspx)を参照してください。

このセキュリティ情報で使用されている用語 (修正プログラムなど) については、サポート技術情報 824684 を参照してください。

Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (KB2418241)、Microsoft .NET Framework 3.5 (KB2416468)、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (KB2416473) および Microsoft .NET Framework 4.0 (KB2416472) 用の更新プログラムをインストールする

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q: ユーザー インターフェイスなし
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (KB2418241) の注意:  このセキュリティ更新プログラムをインストールする際、インストーラーは Microsoft 修正プログラムが製品またはコンポーネントを、過去にアップデートしているかどうか確認します。

過去に修正プログラムをインストールしていずれかのファイルをアップデートしている場合は、インストーラーは LDR (または QFE) バージョンのファイルをシステムにコピーします それ以外の場合は、インストーラーが GDR バージョンのファイルをシステムにコピーします。詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 960043 を参照してください。

インストーラーの詳細については、MSDN Web サイトを参照してください。

このセキュリティ情報で使用されている用語 (修正プログラムなど) については、サポート技術情報 824684 を参照してください。

Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 用の更新プログラムを削除する (KB2416451)

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされている Spuninst.exe スイッチ
スイッチ 説明
/help インストール メッセージの一覧を表示します。
セットアップ モード
/passive 無人モード (進行状況バーのみ) です。ユーザーの操作は必要ありませんが、インストールの状態は表示されます。もし、セットアップの終わりで再起動が必要な場合は、コンピューターが 30 秒で再起動するという、タイマーの警告とともにダイアログ ボックスが表示されます。
/quiet QUIET モード (ユーザー入力を必要としません。表示もしません。) バックグラウンド モードと同じです。しかし、ステータスまたは、エラー メッセージは表示されません。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません
/forcerestart インストール後、再起動します。
/warnrestart\[:<秒数>\] 必要な場合に自動的に警告を表示し再起動します (既定のタイムアウト時間は x 秒)。(既定のタイムアウト時間は 30 秒)。/quiet または /passive スイッチと共に使用します。
/promptrestart 再起動が必要なときに確認メッセージを表示します。
特別なオプション
/forceappsclose シャットダウン時に他のプログラムを強制終了します。
/log:<完全なパス> ログ ファイルを <完全なパス> に作成します。
Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 用の更新プログラムを削除する (KB2416447)

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q\[n|b|r|f\] ユーザー インターフェイスのレベルを設定します。
n – UI なし
b - 基本的なユーザー インターフェイス
r – 低減されたユーザー インターフェイス
f - 完全なユーザー インターフェイス (既定)
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
Removing the Update for Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (KB2418241)、Microsoft .NET Framework 3.5 (KB2416468)、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (KB2416473) および Microsoft .NET Framework 4.0 (KB2416472) 用の更新プログラムを削除する

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q: ユーザー インターフェイスなし
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法
  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、次に [検索] をクリックします。
    2. [検索結果] のウィンドウの [検索コンパニオン] の下の [ファイルとフォルダーすべて] をクリックします。
    3. [ファイル名のすべてまたは一部] のボックスで、適切なファイル情報の表からファイル名を入力し、次に [検索] をクリックします。
    4. ファイルの一覧で、適切なファイル情報の表からファイル名を右クリックし、次に [プロパティ] をクリックします。 注: オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールしたプログラムのエディションにより、ファイル情報に記載されているファイルのいずれかがインストールされない場合もあります。
    5. [バージョン] タブで、適切なファイル情報テーブルに記載されているバージョンと比較し、コンピューターにインストールされているファイルのバージョンを確認します。 注: ファイルのバージョン以外の属性はインストール中に変更される場合があります。その他のファイルの属性とファイル情報の表の情報を比較することは、更新プログラムの適用を確認する方法としてサポートされていません。また、インストール中にファイル名が変更される場合があります。ファイルまたはバージョン情報が存在しない場合、その他の利用可能な方法のひとつを使用して、更新プログラムのインストールを確認してください。
  • レジストリ キーの確認

    このセクションの「参照表」に記載されているレジストリ キーで、このセキュリティ更新プログラムがインストールしたファイルを確認することもできます。

    これらのレジストリ キーには、インストールされるファイルの完全な一覧が含まれない場合があります。管理者または OEM メーカーがセキュリティ更新プログラムを Windows インストール ソース ファイルに統合またはスリップストリーム化している場合、これらのレジストリ キーが適切に作成されない場合もあります。

Windows Vista (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /qn
Windows Vista Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-x86.msu /quiet
Windows Vista Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-x86.msu /quiet
Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-x86.msu /quiet
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x86.exe /quiet
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x86.exe /quiet
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /quiet
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /qn
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-x64.msu /quiet
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 または Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-x64.msu /quiet
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-x64.msu /quiet
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x64.exe /quiet
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x64.exe /quiet
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /quiet
再起動しないでインストールする Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /quiet /norestart /er
Windows Vista Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-x86.msu /quiet /norestart
Windows Vista Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-x86.msu /quiet /norestart
Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-x86.msu /quiet /norestart
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x86.exe /quiet /norestart
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x86.exe /quiet /norestart
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /q /norestart
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /quiet /norestart
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-x64.msu /quiet /norestart
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 または Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-x64.msu /quiet /norestart
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-x64.msu /quiet /norestart
Windows Vista Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x64.exe /quiet /norestart
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x64.exe /quiet /norestart
Windows Vista x64 Edition Service Pack 1 および Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /q /norestart
詳細情報 サブセクション「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムは再起動が必要です。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。
ホットパッチ 対象外
削除に関する情報: Windows Vista 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 (KB2416447) については、コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] を使用します。
Windows Vista 上のその他のすべてのサポートされているバージョンの Microsoft .NET Framework については、WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA.exe によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル] をクリックし、次に [セキュリティ センター] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2418042 を参照してください。
レジストリ キーの確認 注: これらの更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。
#### 適用に関する情報 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 用の更新プログラムをインストールする (KB2416447) このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q\[n|b|r|f\] ユーザー インターフェイスのレベルを設定します。
n – UI なし
b - 基本的なユーザー インターフェイス
r – 低減されたユーザー インターフェイス
f - 完全なユーザー インターフェイス (既定)
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5 (KB2416469)、 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (KB2416474)、Microsoft .NET Framework 3.5 (KB2418240)、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (KB2416473) および Microsoft .NET Framework 4.0 (KB2416472) の更新プログラムをインストールする

このセキュリティ更新プログラムをインストールする際、インストーラーは Microsoft 修正プログラムがコンピューター上のアップデート対象ファイルのいずれかを、過去にアップデートしているかどうか確認します。

このセキュリティ情報で使用されている用語 (修正プログラムなど) については、サポート技術情報 824684 を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストールスイッチ

スイッチ 説明
/?、/h、/help サポートされているスイッチでヘルプを表示します。
/quiet 状態またはエラー メッセージを表示しません。
/norestart /quiet と組み合わされた場合、コンピューターはインストールを完了するために再起動が必要であっても、インストール後に再起動しません。

注 : wusa.exe インストーラーの詳細については、サポート技術情報 934307 を参照してください。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索開始] に更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブの下で、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較します。

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする Windows Server 2008 および Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /qn
Windows Server 2008 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-x86.msu /quiet
Windows Server 2008 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-x86.msu /quiet
Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-x86.msu /quiet
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x86.exe /quiet
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x86.exe /quiet
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /quiet
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /qn
Windows Server 2008 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 または Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-x64.msu /quiet
Windows Server 2008 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 または Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-x64.msu /quiet
Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-x64.msu /quiet
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x64.exe /quiet
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x64.exe /quiet
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /quiet
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /qn
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-ia64.msu /quiet
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 または Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-ia64.msu /quiet
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-ia64.msu /quiet
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-ia64.exe /quiet
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-ia64.exe /quiet
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-ia64.exe /quiet
再起動しないでインストールする Windows Server 2008 および Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /quiet /norestart /er
Windows Server 2008 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-x86.msu /quiet /norestart
Windows Server 2008 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-x86.msu /quiet /norestart
Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-x86.msu /quiet /norestart
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x86.exe /quiet /norestart
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x86.exe /quiet /norestart
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /q /norestart
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /quiet /norestart /er
Windows Server 2008 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 または Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-x64.msu /quiet /norestart
Windows Server 2008 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 または Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-x64.msu /quiet /norestart
Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-x64.msu /quiet /norestart
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-x64.exe /quiet /norestart
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-x64.exe /quiet /norestart
Windows Server 2008 for x64-based Systems および Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /q /norestart
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1
NDP1.1SP1-KB2416447-x86.exe /quiet /norestart /er
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5
Windows6.0-KB2416469-ia64.msu /quiet /norestart
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 または Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416474-ia64.msu /quiet /norestart
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2、Microsoft .NET Framework 3.5、および Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
Windows6.0-KB2416470-ia64.msu /quiet /norestart
Windows Server 2008 および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5
NDP35-KB2418240-ia64.exe /quiet /norestart
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
NDP35SP1-KB2416473-ia64.exe /quiet /norestart
Windows Server 2008 for Itanium-based Systems および Windows Server 2008 for Itanium-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-ia64.exe /q /norestart
詳細情報 サブセクション「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。
ホットパッチ 対象外です。
削除に関する情報: WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA.exe によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル] をクリックし、次に [セキュリティ センター] をクリックします。[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2418042 を参照してください。
レジストリ キーの確認 注: この更新プログラムが存在しているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。
#### 適用に関する情報 Microsoft .NET Framework 1.1 Service Pack 1 用の更新プログラムをインストールする (KB2416447) このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ
スイッチ 説明
/help 使用ダイアログ ボックスを表示します。
セットアップ モード
/q\[n|b|r|f\] ユーザー インターフェイスのレベルを設定します。
n – UI なし
b - 基本的なユーザー インターフェイス
r – 低減されたユーザー インターフェイス
f - 完全なユーザー インターフェイス (既定)
インストール オプション
/extract \[ディレクトリ\] 特定されたディレクトリに対してパッケージを抽出します。
再起動オプション
/norestart インストールの完了後、再起動しません。
/forcerestart インストール後、常にコンピューターを再起動します。
/promptrestart 必要な場合、ユーザーに再起動のダイアログが出されます
ログのオプション
/l\[i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x| + |!|\*\] <ログファイル> ログ オプションを設定します
i – ステータス メッセージ
w – 非致命的な警告
e – すべてのエラー メッセージ
a - 動作のスタート アップ
r - 特定のアクションの記録
u – ユーザー リクエスト
c – 初期の UI のパラメーター
m – メモリ不足または致命的な終了情報
o - ディスク スペース不足のメッセージ
p – ターミナル プロパティ
v - 詳細なアウトプット
x - デバッグの追加情報
+ - 既存のログ ファイルへの追加
! - ログに各行をフラッシュする
\* - すべての情報を記録 (v および x のオプションを除く)
/log <ログファイル> /l\* に等しい <ログファイル>
Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 1 および Microsoft .NET Framework 3.5 (KB2416469)、 Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (KB2416474)、Microsoft .NET Framework 3.5 (KB2418240)、Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (KB2416473) および Microsoft .NET Framework 4.0 (KB2416472) の更新プログラムをインストールする

このセキュリティ更新プログラムをインストールする際、インストーラーは Microsoft 修正プログラムがコンピューター上のアップデート対象ファイルのいずれかを、過去にアップデートしているかどうか確認します。

このセキュリティ情報で使用されている用語 (修正プログラムなど) については、サポート技術情報 824684 を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストールスイッチ

スイッチ 説明
/?、/h、/help サポートされているスイッチでヘルプを表示します。
/quiet 状態またはエラー メッセージを表示しません。
/norestart /quiet と組み合わされた場合、コンピューターはインストールを完了するために再起動が必要であっても、インストール後に再起動しません。

注 : wusa.exe インストーラーの詳細については、サポート技術情報 934307 を参照してください。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索開始] に更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブの下で、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較します。

Windows 7 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする すべてのサポートされている 32-bit エディションの Windows 7 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows6.1-KB2416471-x86.msu /quiet
すべてのサポートされている 32-bit エディションの Windows 7 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /quiet
すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 7 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows6.1-KB2416471-x64.msu /quiet
すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 7 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /quiet
再起動しないでインストールする すべてのサポートされている 32-bit エディションの Windows 7 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows6.1-KB2416471-x86.msu /q /norestart
すべてのサポートされている 32-bit エディションの Windows 7 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x86.exe /q /norestart
すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 7 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows6.1-KB2416471-x64.msu /q /norestart
すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 7 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /q /norestart
詳細情報 サブセクション「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。
ホットパッチ 対象外です。
削除に関する情報: WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするためには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するあるいは、[コントロール パネル] をクリックし、[システムとセキュリティ] をクリックし、[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2418042 を参照してください。
レジストリ キーの確認 注: この更新プログラムが存在しているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール このセキュリティ更新プログラムをインストールする際、インストーラーは Microsoft 修正プログラムがコンピューター上のアップデート対象ファイルのいずれかを、過去にアップデートしているかどうか確認します。 このセキュリティ情報で使用されている用語 (修正プログラムなど) については、[サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。 サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストールスイッチ
スイッチ 説明
/?、/h、/help サポートされているスイッチでヘルプを表示します。
/quiet 状態またはエラー メッセージを表示しません。
/norestart /quiet と組み合わされた場合、コンピューターはインストールを完了するために再起動が必要であっても、インストール後に再起動しません。

注 : wusa.exe インストーラーの詳細については、サポート技術情報 934307 を参照してください。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索開始] に更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブの下で、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較します。

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参照表

次の表では、このソフトウェア用のセキュリティ更新プログラムの情報を記載しています。追加情報については、このセクションのサブセクション「展開に関する情報」を参照してください。

この修正を含む予定のサービス パック この問題に対する更新プログラムは今後リリースされるサービス パックまたは更新プログラムのロールアップに含まれる予定です。
適用
ユーザーの操作なしでインストールする すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 2008 R2 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows6.1-KB2416471-x64.msu /quiet
すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 2008 R2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /quiet
すべてのサポートされている itanium-based エディションの Windows 2008 R2 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows6.1-KB2416471-ia64.msu /quiet
すべてのサポートされている Itanium-based エディションの Windows 2008 R2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-ia64.exe /quiet
再起動しないでインストールする すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 2008 R2 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows6.1-KB2416471-x64.msu /q /norestart
すべてのサポートされている 64-based エディションの Windows 2008 R2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-x64.exe /q /norestart
すべてのサポートされている itanium-based エディションの Windows 2008 R2 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1
Windows6.1-KB2416471-ia64.msu /q /norestart
すべてのサポートされている Itanium-based エディションの Windows 2008 R2 上の Microsoft .NET Framework 4.0
NDP40-KB2416472-ia64.exe /q /norestart
詳細情報 サブセクション「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の必要性
再起動の必要性: このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。この動作が起きた場合、再起動のメッセージが表示されます。
ホットパッチ 対象外です。
削除に関する情報: WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするためには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するあるいは、[コントロール パネル] をクリックし、[システムとセキュリティ] をクリックし、[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報: サポート技術情報 2418042 を参照してください。
レジストリ キーの確認 注: この更新プログラムが存在しているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。
#### 適用に関する情報 更新プログラムのインストール このセキュリティ更新プログラムをインストールする際、インストーラーは Microsoft 修正プログラムがコンピューター上のアップデート対象ファイルのいずれかを、過去にアップデートしているかどうか確認します。 このセキュリティ情報で使用されている用語 (修正プログラムなど) については、[サポート技術情報 824684](https://support.microsoft.com/kb/824684) を参照してください。 このセキュリティ更新プログラムは次のセットアップ スイッチをサポートします。 サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストールスイッチ
スイッチ 説明
/?、/h、/help サポートされているスイッチでヘルプを表示します。
/quiet 状態またはエラー メッセージを表示しません。
/norestart /quiet と組み合わされた場合、コンピューターはインストールを完了するために再起動が必要であっても、インストール後に再起動しません。

注 : wusa.exe インストーラーの詳細については、サポート技術情報 934307 を参照してください。

更新プログラムが適用されたかどうかを確認する方法

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるコンピューターにセキュリティ更新プログラムが適用されていることを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MBSA) ツールが使用できます。詳細については、このセキュリティ情報の前半の「検出および適用のツールとガイダンス」を参照してください。

  • ファイル バージョンの確認

    Microsoft Windows にはいくつかのエディションがあるため、次のステップは使用中のシステムにより異なる場合があります。その場合、製品の説明書をご覧いただきステップを完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索開始] に更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    3. [全般] タブの下で、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表とファイルのサイズを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックし、ファイル バージョンや変更された日付などの情報を、このセキュリティ情報のサポート技術情報で提供しているファイル情報の表と比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックし、ファイルの新しいまたは更新されたバージョンについて、ファイルの以前のバージョンをファイル情報と比較します。

関連情報

Microsoft Active Protections Program (MAPP)

お客様のセキュリティ保護をより向上させるために、マイクロソフトは、月例のセキュリティ更新プログラムの公開に先立ち、脆弱性情報を主要なセキュリティ ソフトウェア プロバイダーに提供しています。セキュリティ ソフトウェア プロバイダーは、この脆弱性の情報を使用し、ウイルス対策、ネットワーク ベースの侵入検出システムまたはホスト ベースの侵入防止システムを介して、お客様に最新の保護環境を提供します。このような保護環境を提供するセキュリティ ソフトウェア ベンダーの情報については、Microsoft Active Protections Program (MAPP) パートナーに記載されている各社の Web サイトを参照してください。

サポート

  • セキュリティ関連、およびセキュリティ更新プログラムに関するご質問や、ご不明な点などがありましたら、マイクロソフト セキュリティ情報センターまでご連絡ください。マイクロソフトでは、お問い合わせの内容が弊社製品の不具合が原因である場合、無償でサポートをご提供いたします。利用可能なサポート オプションの詳細については、マイクロソフト サポート オンラインを参照してください。
  • その他、製品に関するご質問は、マイクロソフト プロダクト サポートまでご連絡ください。マイクロソフトでは、お問い合わせの内容が弊社製品の不具合が原因である場合、無償またはインシデントの未消費にてサポートをご提供いたします。マイクロソフト プロダクト サポートへの連絡方法については、こちらを参照してください。

免責

この文書に含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation 及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行いません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。

更新履歴

  • V1.0 (2010/9/29): このセキュリティ情報ページを公開しました。
  • V2.0 (2010/10/01): マイクロソフトはこのセキュリティ情報を更新し、Microsoft Update または Windows Update を含む全ての配布方法を介して、更新プログラムが利用可能になったことをお知らせしました。このセキュリティ情報の FAQ (よく寄せられる質問) を更新し、説明および訂正を追加しました。
  • V2.1 (2010/10/14): このセキュリティ情報ページを更新し、「このセキュリティ更新プログラムに関するよく寄せられる質問 (FAQ)」に項目を 3 つ追加し、影響を受けるソフトウェアを明確にしました。
  • V2.2 (2010/11/04): このセキュリティ情報を更新し、「影響を受けるソフトウェア」の一覧に、.NET Framework 4.0 Client Profile が影響を受けないことについて、説明を追加しました。
  • V3.0 (2010/12/15): このセキュリティ情報を更新し、他の更新プロフラムおよび/または製品が正常にインストールされるのを妨げるセットアップの問題を修正する .NET Framework 4.0 (KB2416472) 用の新しい更新プログラムが利用可能になったことを、「よく寄せられる質問」に追加しました。システムを正常に更新済みのお客様は、措置を講じる必要はありません。
  • V4.0 (2011/02/23): このセキュリティ情報ページを更新し、Windows 7 for 32-bit Systems Service Pack 1、Windows 7 for x64-based Systems Service Pack 1、Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems Service Pack 1 または Windows Server 2008 R2 for Itanium-based Systems Service Pack 1 をインストールした後、Microsoft .NET Framework 4.0 をインストールしたお客様に Microsoft .NET Framework 4.0 (KB2416472) の更新プログラム パッケージを提供するよう検出を変更したことをお知らせしました。既にコンピューターを正常に更新したお客様は何の操作も行う必要はありません。
  • V4.1 (2011/04/21): このセキュリティ情報を更新し、Windows XP および Windows Server 2003 にインストールされた Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 のレジストリ キーの確認を修正しました。
  • V4.2 (2010/10/28): Windows Server 2008 R2 for x64-based Systems 上の .NET Framework 4 に対する Server Core インストールの適用性を修正しました。

Built at 2014-04-18T01:50:00Z-07:00