次の方法で共有


セキュリティ情報

Microsoft セキュリティ情報 MS12-030 - 重要

Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2663830)

公開日: 2012 年 5 月 8 日 |更新日: 2012 年 5 月 9 日

バージョン: 1.1

一般情報

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office で公開された 1 件と非公開で報告された 5 件の脆弱性を解決します。 この脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Office ファイルを開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者がこれらの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Excel 2003、Microsoft Excel 2007、Microsoft Office 2007、Microsoft Excel 2010、Microsoft Office 2010、Microsoft Office 2008 for Mac、および Microsoft Office for Mac 2011 でサポートされているすべてのエディションで重要と評価されます。また、サポートされているバージョンの Microsoft Excel Viewer と Microsoft Office 互換機能パックでも重要と評価されます。 詳細については、このセクションの「影響を受けるソフトウェア」および「影響を受けるソフトウェア」のサブセクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がデータを検証する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。 脆弱性の詳細については、次のセクション 「脆弱性情報」の下にある特定の脆弱性エントリについてよく寄せられる質問 (FAQ) サブセクションを参照してください。

推奨。 お客様は、Microsoft Update サービスを使用して、Microsoft Update からの更新プログラムをオンラインでチェックするように自動更新を構成できます。 自動更新を有効にして、Microsoft Update から更新プログラムをオンラインでチェックするように構成されているお客様は、通常、このセキュリティ更新プログラムが自動的にダウンロードおよびインストールされるため、何も行う必要はありません。 自動更新を有効にしていないお客様は、Microsoft Update から更新プログラムをチェックし、この更新プログラムを手動でインストールする必要があります。 サポートされているエディションの Windows XP および Windows Server 2003 での自動更新の特定の構成オプションについては、マイクロソフト サポート技術情報の記事294871を参照してください。 Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 のサポートされているエディションでの自動更新については、「Windows 自動更新について」を参照してください

管理者と企業のインストール、またはこのセキュリティ更新プログラムを手動でインストールするエンド ユーザーの場合は、更新管理ソフトウェアを使用するか、Microsoft Update サービスを使用して更新プログラムをチェックして、できるだけ早い機会に更新プログラムを適用することをお勧めします。

このセキュリティ情報の後半の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションも参照してください。

既知の問題。 なし。

影響を受けるソフトウェアと影響を受けないもの

次のソフトウェアは、影響を受けるバージョンまたはエディションを特定するためにテストされています。 その他のバージョンまたはエディションは、サポート ライフサイクルを過ぎたか、影響を受けません。 ソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフサイクルを決定するには、Microsoft サポート ライフサイクルにアクセスしてください。

影響を受けるソフトウェア

Microsoft Office

Microsoft Office Suite とその他のソフトウェア コンポーネント セキュリティへの影響の最大値 重大度の評価の集計 更新置換済み
Microsoft Office スイートとコンポーネント
Microsoft Office 2003 Service Pack 3 Microsoft Excel 2003 Service Pack 3 (KB (キロバイト)2597086) リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2596954MS11-096 が KB (キロバイト)2597086 に置き換えられました
Microsoft Office 2007 Service Pack 2 Microsoft Excel 2007 Service Pack 2[1](KB (キロバイト)2597161) リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2553073MS11-072 が KB (キロバイト)2597161 に置き換えられました
Microsoft Office 2007 Service Pack 2 (KB (キロバイト)2597969) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Microsoft Office 2007 Service Pack 3 Microsoft Excel 2007 Service Pack 3[1](KB (キロバイト)2597161) リモート コードの実行 重要 なし
Microsoft Office 2007 Service Pack 3 (KB (キロバイト)2597969) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Microsoft Office 2010 (32 ビット エディション) Microsoft Excel 2010 (32 ビット エディション) (KB (キロバイト)2597166) リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2553070MS11-072 を KB (キロバイト)2597166 に置き換える
Microsoft Office 2010 (32 ビット エディション) (KB (キロバイト)2553371) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (32 ビット エディション) Microsoft Excel 2010 Service Pack 1 (32 ビット エディション) (KB (キロバイト)2597166) リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2553070MS11-072 を KB (キロバイト)2597166 に置き換える
Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (32 ビット エディション) (KB (キロバイト)2553371) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Microsoft Office 2010 (64 ビット エディション) Microsoft Excel 2010 (64 ビット エディション) (KB (キロバイト)2597166) リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2553070MS11-072 を KB (キロバイト)2597166 に置き換える
Microsoft Office 2010 (64 ビット エディション) (KB (キロバイト)2553371) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (64 ビット エディション) Microsoft Excel 2010 Service Pack 1 (64 ビット エディション) (KB (キロバイト)2597166) リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2553070MS11-072 を KB (キロバイト)2597166 に置き換える
Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (64 ビット エディション) (KB (キロバイト)2553371) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Microsoft Office for Mac
Microsoft Office 2008 for Mac (KB (キロバイト)2665346) 適用なし リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2644354MS11-094 が KB (キロバイト)2665346 に置き換えられました
Microsoft Office for Mac 2011 (KB (キロバイト)2665351) 適用なし リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2644347MS11-089 が KB (キロバイト)2665351 に置き換えられました
その他の Microsoft Office ソフトウェア
Microsoft Excel Viewer[2](KB (キロバイト)2596842) 適用なし リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2553075MS11-072 が KB (キロバイト)2596842 に置き換えられました
Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 2 (KB (キロバイト)2597162) 適用なし リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2553074MS11-072 が KB (キロバイト)2597162 に置き換えられました
Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (KB (キロバイト)2597162) 適用なし リモート コードの実行 重要 KB (キロバイト)2553074MS11-072 が KB (キロバイト)2597162 に置き換えられました

[1]Microsoft Excel 2007 では、セキュリティ更新プログラム パッケージのKB (キロバイト)2597161に加えて、このセキュリティ情報で説明されている脆弱性から保護する Microsoft Office 互換機能パック (KB (キロバイト)2597162) のセキュリティ更新プログラムもインストールする必要があります。

[2]この更新プログラムをインストールする前に、Microsoft Excel Viewer をサポートされている Service Pack レベル (Excel Viewer 2007 Service Pack 2 または Excel Viewer 2007 Service Pack 3) に更新する必要があります。 サポートされている Office ビューアーの詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事 979860 を参照してください

影響を受けるソフトウェア以外のソフトウェア 

Office およびその他のソフトウェア
Microsoft SharePoint Server 2010 および Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 1
Microsoft Office Web アプリケーション コンパニオン (WAC)
Mac 用 Open XML ファイル形式コンバーター
Microsoft Visio 2010 および Microsoft Visio 2010 Service Pack 1 (32 ビット エディション)
Microsoft Visio 2010 および Microsoft Visio 2010 Service Pack 1 (64 ビット エディション)
Microsoft Office Word Viewer
Microsoft Visio Viewer 2010 および Microsoft Visio Viewer 2010 Service Pack 1
Microsoft Works 9

ファイル情報の詳細はどこにありますか?
ファイル情報の詳細の場所については、「セキュリティ更新プログラムの展開」セクションの参照表を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは MS12-029 とどのように関連していますか? このセキュリティ情報で提供されている Microsoft Office 2008 for Mac (KB (キロバイト)2665346) および Microsoft Office for Mac 2011 (KB (キロバイト)2665351) のセキュリティ更新プログラム パッケージも、MS12-029 セキュリティ情報で説明されている脆弱性に対処します。

この更新プログラムが影響を受けるすべてのバージョンの Excel でのみ重要と評価されるのはなぜですか?
Microsoft Excel 2002 以降のバージョンには、ドキュメントを開く前に開く、保存する、またはキャンセルするようにユーザーに求める機能が組み込まれています。 この軽減要因により、脆弱性が悪用を完了するために 1 人以上のユーザー アクションが必要になるため、脆弱性が重大から重要に減少します。

この脆弱性の攻撃ベクトルは、MicrosoftExcel を通じて行われます。これが Microsoft Office の更新プログラムである理由
このセキュリティ情報で説明されている脆弱性の攻撃ベクトルは、影響を受けるバージョンの Microsoft Excel のみを通じて行われますが、脆弱なコードは Microsoft Office の共有コンポーネントに含まれています。 Microsoft Access、Microsoft Word、および Microsoft PowerPoint のサポートされている一部のリリースを含む他の Microsoft Office ソフトウェアには、Microsoft Office の脆弱な共有コンポーネントが含まれていますが、脆弱なコードにアクセスしないため、この脆弱性の影響を受けません。 ただし、脆弱なコードが存在するため、この更新プログラムが提供されます。

この更新プログラムは、報告された複数のセキュリティ脆弱性に対処する理由
この更新プログラムには、これらの問題に対処するために必要な変更が関連ファイルに含まれているため、いくつかの脆弱性のサポートが含まれています。 ほぼ同じ複数の更新プログラムをインストールする代わりに、この更新プログラムのみをインストールする必要があります。

Microsoft Office 2007 Service Pack 2、MicrosoftOffice2007Service Pack 3、Microsoft Office 2010、MicrosoftOffice2010 Service Pack 1 で複数のパッケージ更新プログラムを利用できるのはなぜですか?
このセキュリティ情報に記載されている脆弱性に対処するために必要な更新プログラムは、Microsoft Office 2007 および Microsoft Office 2010 のコンポーネント化されたサービス モデルにより、影響を受けるソフトウェアの表に示されているように、さまざまなパッケージ更新プログラムで提供されます。 この脆弱性から保護するには、両方の更新プログラムが必要ですが、特定の順序でインストールする必要はありません。

このセキュリティ情報で更新される Microsoft Office 互換機能パックのコンポーネントは何ですか?
このセキュリティ情報に含まれる更新プログラムは、Microsoft Office 互換機能パック内の Microsoft Excel コンポーネントにのみ適用されます。

Microsoft Office スタンドアロン プログラムが脆弱性の影響を受ける方法
Microsoft Office スタンドアロン プログラムは、Microsoft Office Suite の対応するコンポーネントと同じ重大度評価の影響を受けます。 たとえば、Microsoft Excel のスタンドアロン インストールは、Microsoft Office Suite で提供された Microsoft Excel のインストールと同じ重大度評価の影響を受けます。

この記事で説明する Microsoft Office コンポーネントは、システムにインストールした Microsoft Office Suite の一部ですが、この特定のコンポーネントをインストールすることを選択しませんでした。この更新プログラムは提供されますか?
はい。このセキュリティ情報で説明されているコンポーネントが、システムにインストールされている Microsoft Office Suite のバージョンと共に配信された場合、コンポーネントがインストールされているかどうかに関係なく、システムに対する更新プログラムが提供されます。 影響を受けるシステムのスキャンに使用される検出ロジックは、特定の Microsoft Office Suite で提供されたすべてのコンポーネントの更新プログラムをチェックし、システムに更新プログラムを提供するように設計されています。 インストールされていないコンポーネントに対して更新プログラムを適用しないことを選択したが、そのバージョンの Microsoft Office Suite で提供されているユーザーは、そのシステムのセキュリティ リスクを高めません。 一方、更新プログラムのインストールを選択したユーザーは、システムのセキュリティやパフォーマンスに悪影響を及ぼしません。

Microsoft Office の脆弱性のないバージョンを更新するオファーは、Microsoft 更新メカニズムの問題になりますか?
いいえ。更新メカニズムは、更新プログラム パッケージよりもシステム上のファイルの下位バージョンを検出し、更新プログラムを提供するという点で正しく機能しています。

このセキュリティ情報で説明されているソフトウェアの以前のリリースを使用しています。 どうすればよいですか。
このセキュリティ情報に記載されている影響を受けるソフトウェアは、影響を受けるリリースを特定するためにテストされています。 他のリリースはサポート ライフサイクルを過ぎている。 製品ライフサイクルの詳細については、Microsoft サポート ライフサイクル Web サイトを参照してください。

ソフトウェアの古いリリースをお持ちのお客様は、脆弱性にさらされる可能性を防ぐために、サポートされているリリースに移行することが優先されます。 ソフトウェア リリースのサポート ライフサイクルを決定するには、「ライフサイクル情報の製品を選択する」を参照してください。 これらのソフトウェア リリースのサービス パックの詳細については、「Service Pack ライフサイクル サポート ポリシー」を参照してください

古いソフトウェアのカスタム サポートを必要とするお客様は、カスタム サポート オプションについて、Microsoft アカウント チームの担当者、テクニカル アカウント マネージャー、または適切な Microsoft パートナー担当者にお問い合わせください。 アライアンス、プレミア、または承認された契約を持たないお客様は、お住まいの地域の Microsoft 営業所にお問い合わせください。 連絡先情報については、Microsoft Worldwide Information Web サイトにアクセスし、[連絡先情報] リストで国を選択し、[移動] をクリックして電話番号の一覧を表示します。 お電話の際は、地元の Premier サポートセールスマネージャーにお問い合わせください。 詳細については、Microsoft サポート ライフサイクル ポリシーに関する FAQ を参照してください

脆弱性情報

重大度の評価と脆弱性識別子

次の重大度評価は、脆弱性の潜在的な最大影響を想定しています。 このセキュリティ情報のリリースから 30 日以内に、脆弱性の重大度評価とセキュリティへの影響に関する脆弱性の悪用可能性の可能性については、5 月のセキュリティ情報の概要にある Exploitability Index を参照してください。 詳細については、「Microsoft Exploitability Index」を参照してください

影響を受けるソフトウェア Excel ファイル形式のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2012-0141 EXCEL ファイル形式の OBJECTLINK レコードのメモリ破損の脆弱性 - CVE-2012-0142 さまざまな変更されたバイトを使用した Excel のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2012-0143 Excel SXLI レコードのメモリ破損の脆弱性 - CVE-2012-0184 Excel MergeCells レコード ヒープ オーバーフローの脆弱性 - CVE-2012-0185 Excel シリーズのレコード解析の種類の不一致の脆弱性 - CVE-2012-1847 重大度の評価の集計
Microsoft Office スイートとコンポーネント
Microsoft Excel 2003 Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Excel 2007 Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office 2007 Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Excel 2007 Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office 2007 Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Excel 2010 (32 ビット エディション) 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office 2010 (32 ビット エディション) 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Excel 2010 Service Pack 1 (32 ビット エディション) 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (32 ビット エディション) 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Excel 2010 (64 ビット エディション) 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office 2010 (64 ビット エディション) 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Excel 2010 Service Pack 1 (64 ビット エディション) 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office 2010 Service Pack 1 (64 ビット エディション) 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office for Mac
Microsoft Office 2008 for Mac 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office for Mac 2011 重要な リモート コード実行 適用なし 適用なし 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
その他の Microsoft Office ソフトウェア
Microsoft Excel Viewer 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 2 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要
Microsoft Office 互換機能パック Service Pack 3 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 適用なし 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要な リモート コード実行 重要

Excel ファイル形式のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2012-0141

Microsoft Excel が特別に細工された Excel ファイルを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2012-0141 を参照してください

「Excel のファイル形式のメモリ破損の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2012-0141

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Excel ファイルを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックして攻撃者の Web サイトに移動させ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーに誘導することで、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。
  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • この脆弱性は、電子メールを介して自動的に悪用されることはできません。 攻撃を成功させるには、ユーザーが電子メール メッセージで送信された添付ファイルを開く必要があります。

「Excel のファイル形式のメモリ破損の脆弱性」の回避策 - CVE-2012-0141

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • Microsoft Office ファイル ブロックポリシーを使用して、不明または信頼されていないソースと場所から Office 2003 以前のドキュメントを開くのをブロックする

    Microsoft Office ファイル ブロック ポリシーを使用すると、特定のファイル形式の種類が Microsoft Word、Microsoft Excel、および Microsoft PowerPoint で開くのをブロックできます。

    Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 の場合

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル ブロック ポリシーの設定に使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: Microsoft Office 2003 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Microsoft Office 2003 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。 Microsoft Office 2007 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Office 2007 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。

    Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
    Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001\
    Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001

    Microsoft Office 2010 の場合 

    Microsoft Excel 2010 を開き、次の手順を実行します。

    1. [ファイル] タブをクリックします。

    2. [ヘルプ] の [オプション] をクリックします

    3. [トラスト センター] をクリックし、[トラスト センターの設定] をクリックします。

    4. セキュリティ センターで、[ファイル ブロックの設定] をクリックします

    5. 次のファイルの種類に対して [チェックを開く] ボックスが選択されていることを確認します。

      Microsoft Excel 2010 の場合:

      • Excel 2007 以降のバイナリ ブック
      • Excel 97-2003 アドイン ファイル
      • Excel 97-2003 ブックとテンプレート
      • Excel 95-97 ブックとテンプレート
      • Excel 95 ブック
      • Excel 4 ブック
      • Excel 4 ワークシート
      • Excel 3 ワークシート
      • Excel 2 ワークシート
    6. 選択したファイルの種類の [開く] 動作で、[選択したファイルの種類を開かない] を選択するか、[保護ビューで選択したファイルの種類を開く] を選択します。 どちらの選択でも、脆弱なコードへの攻撃ベクトルがブロックされます。

    7. [OK]をクリックして、ファイル ブロック 設定を適用します

    または、グループ ポリシーを使用してファイル ブロックを適用することもできます。 詳細については、TechNet の記事 「Office 2010 のファイル ブロック設定を計画する」を参照してください。

    回避策の影響。 Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 の場合、ファイル ブロック ポリシーを構成し、特別な除外ディレクトリを構成していないユーザー、または信頼できる場所にファイルを移動していないユーザーは、Office 2003 ファイルまたはそれ以前のバージョンを開くことができません。 Microsoft Office 2010 の場合、Office 2003 ファイルまたはそれ以前のバージョンは、開くのをブロックされるか、選択された開いている動作に応じて保護モードで開かれます。 Microsoft Office ソフトウェアでのファイル ブロック設定の影響の詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事 922850 を参照してください

    回避策を元に戻す方法。

    Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 では、次のレジストリ スクリプトを使用して、ファイル ブロック ポリシーの設定に使用した設定を元に戻します。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\PowerPoint\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000

Microsoft Office 2010 の場合は、Microsoft Excel 2010 を開き、次の手順を実行します。

  1. [ファイル] タブをクリックします。
  2. [ヘルプ] の [オプション] をクリックします
  3. [トラスト センター] をクリックし、[トラスト センターの設定] をクリックします。
  4. セキュリティ センターで、[ファイル ブロックの設定] をクリックします
  5. 前に選択したファイルの種類の [チェックを開く] ボックスをオフにします。
  6. [OK]をクリック して、[ファイル ブロック]設定を適用します
  • 不明なソースまたは信頼されていないソースからファイルを開くときに Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) を使用する

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) は、Word、Excel、PowerPoint バイナリ形式のファイルをより安全に開くことで、Office 2003 のインストールを保護するのに役立ちます。

    MOICE をインストールするには、Office 2003 または Office 2007 がインストールされている必要があります。

    MOICE をインストールするには、Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式用互換パックも必要です。 互換性パックは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。

    MOICE では、すべての Office プログラムに推奨されるすべての更新プログラムが必要です。 Microsoft Update にアクセスして、推奨されるすべての更新プログラムをインストールしてください。

    MOICE を有効にする

    注: 自動化された Microsoft Fix it ソリューションを使用してこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft サポート技術情報の記事935865を参照してください

    MOICE を手動で有効にするには、次の表に示すようにコマンドを実行します。 コマンドを実行すると、Office アプリlication 拡張機能が MOICE に関連付けられます。

MOICE を登録済みハンドラーとして有効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=oice.word.document
Excel の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .XLS=oice.excel.sheet\ ASSOC から次のコマンドを実行します。XLT=oice.excel.template\ ASSOC .XLA=oice.excel.addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .PPT=oice.powerpoint.show\ ASSOC から次のコマンドを実行します。POT=oice.powerpoint.template\ ASSOC .PPS=oice.powerpoint.スライドショー

: Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 では、管理者特権でのコマンド プロンプトから上記のコマンドを実行します。

MOICE の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事935865を参照してください

回避策の影響。 MOICE によって Microsoft Office 2007 Open XML 形式に変換された Office 2003 以前の形式のドキュメントでは、マクロ機能は保持されません。 さらに、パスワードを含むドキュメントや Digital Rights Management で保護されているドキュメントは変換できません。

回避策を元に戻す方法。 次の表に示すように、コマンドを実行して MOICE を無効にします。

登録済みハンドラーとして MOICE を無効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=Word.Document.8
Excel の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .xls=Excel.Sheet.8\ ASSOC .xlt=Excel.Template\ ASSOC .xla=Excel.Addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .ppt=PowerPoint.Show.8\ ASSOC .pot=PowerPoint.Template.8\ ASSOC .pps=PowerPoint.SlideShow.8

: Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、および Windows Server 2008 R2 では、管理者特権でのコマンド プロンプトから上記のコマンドを実行します。

  • 信頼されていないソースから受信した Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Office ファイルを開かないでください

    信頼されていないソースから受信した Microsoft Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Microsoft Office ファイルを開いたり保存したりしないでください。 この脆弱性は、ユーザーが特別に細工されたファイルを開いたときに悪用される可能性があります。

「Excel のファイル形式のメモリ破損の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2012-0141

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がメモリを処理する方法で存在します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーとして任意のコードを実行する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
この脆弱性は、ユーザーが影響を受けるバージョンの Microsoft Excel で特別に細工された Excel ファイルを開く必要があります。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工された Excel ファイルをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者はこの脆弱性の悪用に使用される特別に細工された Excel ファイルを含む Web サイトをホストする必要があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 攻撃者は、特別に細工された Web サイトをユーザーに強制的に訪問させる方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに攻撃者のサイトに移動するリンクをクリックさせ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーを誘導することによって、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、Microsoft Excel が使用されているシステムは、主に危険にさらされます。 管理者がユーザーにサーバーへのログオンとプログラムの実行を許可すると、サーバーのリスクが高くなります。 ただし、ベスト プラクティスではこれを許可しないことを強くお勧めします。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がデータを検証する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、調整された脆弱性の開示を通じて、この脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

Microsoft Excel が特別に細工された Excel ファイルを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2012-0142 を参照してください

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Excel ファイルを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックして攻撃者の Web サイトに移動させ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーに誘導することで、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。
  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • この脆弱性は、電子メールを介して自動的に悪用されることはできません。 攻撃を成功させるには、ユーザーが電子メール メッセージで送信された添付ファイルを開く必要があります。

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • Microsoft Office ファイル ブロックポリシーを使用して、不明または信頼されていないソースと場所から Office 2003 以前のドキュメントを開くのをブロックする

    Microsoft Office ファイル ブロック ポリシーを使用すると、特定のファイル形式の種類が Microsoft Word、Microsoft Excel、および Microsoft PowerPoint で開くのをブロックできます。

    Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 の場合

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル ブロック ポリシーの設定に使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: Microsoft Office 2003 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Microsoft Office 2003 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。 Microsoft Office 2007 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Office 2007 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001\
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001
**For Microsoft Office 2010** 

Open Microsoft Excel 2010 and perform the following steps:

1. Click the **File** tab.
2. Under **Help**, click **Options**.
3. Click **Trust Center**, and then click **Trust Center Settings**.
4. In the Trust Center, click **File Block Settings**.
5. Ensure the **Open** check box is selected for the following file types:  

   In Microsoft Excel 2010:
   - Excel 2007 and later Binary Workbooks
   - Excel 97-2003 Add-in Files
   - Excel 97-2003 Workbooks and Templates
   - Excel 95-97 Workbooks and Templates
   - Excel 95 Workbooks
   - Excel 4 Workbooks
   - Excel 4 Worksheets
   - Excel 3 Worksheets
   - Excel 2 Worksheets
6. Under **Open behavior for selected file types**, select **Do not open selected file types** or select **Open selected file types in Protected View**. Either choice will block the attack vector to the vulnerable code.
7. Click **OK** to apply the File Block Settings.

Alternatively, file block can be applied using Group Policy. For more information, see the TechNet article, [Plan file block settings for Office 2010](https://technet.microsoft.com/library/cc179230.aspx).

**Impact of workaround.** For Microsoft Office 2003 and Microsoft Office 2007, users who have configured the File Block policy and have not configured a special exempt directory or have not moved files to a trusted location will be unable to open Office 2003 files or earlier versions. For Microsoft Office 2010, Office 2003 files or earlier versions will either be blocked from opening or will be opened in protected mode depending on the open behavior that was selected. For more information about the impact of file block setting in Microsoft Office software, see [Microsoft Knowledge Base Article 922850](https://support.microsoft.com/kb/922850).

**How to undo the workaround.**

For Microsoft Office 2003 and Microsoft Office 2007, use the following registry scripts to undo the settings used to set the File Block policy:
Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\PowerPoint\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000
For Microsoft Office 2010, open Microsoft Excel 2010 and perform the following steps:

1. Click the **File** tab.
2. Under **Help**, click **Options**.
3. Click **Trust Center**, and then click **Trust Center Settings**.
4. In the Trust Center, click **File Block Settings**.
5. Clear the **Open** check box for the file types that you previously selected.
6. Click **OK** to apply the File Block settings.
  • 不明なソースまたは信頼されていないソースからファイルを開くときに Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) を使用する

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) は、Word、Excel、PowerPoint バイナリ形式のファイルをより安全に開くことで、Office 2003 のインストールを保護するのに役立ちます。

    MOICE をインストールするには、Office 2003 または Office 2007 がインストールされている必要があります。

    MOICE をインストールするには、Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式用互換パックも必要です。 互換性パックは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。

    MOICE では、すべての Office プログラムに推奨されるすべての更新プログラムが必要です。 Microsoft Update にアクセスして、推奨されるすべての更新プログラムをインストールしてください。

    MOICE を有効にする

    注: 自動化された Microsoft Fix it ソリューションを使用してこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft サポート技術情報の記事935865を参照してください

    MOICE を手動で有効にするには、次の表に示すようにコマンドを実行します。 コマンドを実行すると、Office アプリlication 拡張機能が MOICE に関連付けられます。

MOICE を登録済みハンドラーとして有効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=oice.word.document
Excel の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .XLS=oice.excel.sheet\ ASSOC から次のコマンドを実行します。XLT=oice.excel.template\ ASSOC .XLA=oice.excel.addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .PPT=oice.powerpoint.show\ ASSOC から次のコマンドを実行します。POT=oice.powerpoint.template\ ASSOC .PPS=oice.powerpoint.スライドショー
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.

For more information on MOICE, see [Microsoft Knowledge Base Article 935865](https://support.microsoft.com/kb/935865).

**Impact of workaround.** Office 2003 and earlier formatted documents that are converted to the Microsoft Office 2007 Open XML format by MOICE will not retain macro functionality. Additionally, documents with passwords or that are protected with Digital Rights Management cannot be converted.

**How to undo the workaround.** Run the commands to disable MOICE as specified in the table below.
登録済みハンドラーとして MOICE を無効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=Word.Document.8
Excel の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .xls=Excel.Sheet.8\ ASSOC .xlt=Excel.Template\ ASSOC .xla=Excel.Addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .ppt=PowerPoint.Show.8\ ASSOC .pot=PowerPoint.Template.8\ ASSOC .pps=PowerPoint.SlideShow.8
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.
  • 信頼されていないソースから受信した Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Office ファイルを開かないでください

    信頼されていないソースから受信した Microsoft Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Microsoft Office ファイルを開いたり保存したりしないでください。 この脆弱性は、ユーザーが特別に細工されたファイルを開いたときに悪用される可能性があります。

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がメモリを処理する方法で存在します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーとして任意のコードを実行する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
この脆弱性は、ユーザーが影響を受けるバージョンの Microsoft Excel で特別に細工された Excel ファイルを開く必要があります。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工された Excel ファイルをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者はこの脆弱性の悪用に使用される特別に細工された Excel ファイルを含む Web サイトをホストする必要があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 攻撃者は、特別に細工された Web サイトをユーザーに強制的に訪問させる方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに攻撃者のサイトに移動するリンクをクリックさせ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーを誘導することによって、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、Microsoft Excel が使用されているシステムは、主に危険にさらされます。 管理者がユーザーにサーバーへのログオンとプログラムの実行を許可すると、サーバーのリスクが高くなります。 ただし、ベスト プラクティスではこれを許可しないことを強くお勧めします。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がデータを検証する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、調整された脆弱性の開示を通じて、この脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

さまざまな変更されたバイトを使用した Excel のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2012-0143

Microsoft Excel が特別に細工された Excel ファイルを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2012-0143 を参照してください

さまざまな変更されたバイトの脆弱性を使用した Excel のメモリ破損の問題を緩和する要素 - CVE-2012-0143

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Excel ファイルを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックして攻撃者の Web サイトに移動させ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーに誘導することで、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。
  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • この脆弱性は、電子メールを介して自動的に悪用されることはできません。 攻撃を成功させるには、ユーザーが電子メール メッセージで送信された添付ファイルを開く必要があります。

「さまざまな変更されたバイトを使用した Excel のメモリ破損の脆弱性」の回避策 - CVE-2012-0143

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • Microsoft Office ファイル ブロックポリシーを使用して、不明または信頼されていないソースと場所から Office 2003 以前のドキュメントを開くのをブロックする

    Microsoft Office ファイル ブロック ポリシーを使用すると、特定のファイル形式の種類が Microsoft Word、Microsoft Excel、および Microsoft PowerPoint で開くのをブロックできます。

    Microsoft Office 2003 の場合

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル ブロック ポリシーの設定に使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: Microsoft Office 2003 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Microsoft Office 2003 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001\
**Impact of workaround.** For Microsoft Office 2003, users who have configured the File Block policy and have not configured a special exempt directory or have not moved files to a trusted location will be unable to open Office 2003 files or earlier versions.

**How to undo the workaround.**

For Microsoft Office 2003, use the following registry scripts to undo the settings used to set the File Block policy:
Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\PowerPoint\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000
  • 不明なソースまたは信頼されていないソースからファイルを開くときに Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) を使用する

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) は、Word、Excel、PowerPoint バイナリ形式のファイルをより安全に開くことで、Office 2003 のインストールを保護するのに役立ちます。

    MOICE をインストールするには、Office 2003 または Office 2007 がインストールされている必要があります。

    MOICE をインストールするには、Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式用互換パックも必要です。 互換性パックは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。

    MOICE では、すべての Office プログラムに推奨されるすべての更新プログラムが必要です。 Microsoft Update にアクセスして、推奨されるすべての更新プログラムをインストールしてください。

    MOICE を有効にする

    注: 自動化された Microsoft Fix it ソリューションを使用してこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft サポート技術情報の記事935865を参照してください

    MOICE を手動で有効にするには、次の表に示すようにコマンドを実行します。 コマンドを実行すると、Office アプリlication 拡張機能が MOICE に関連付けられます。

MOICE を登録済みハンドラーとして有効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=oice.word.document
Excel の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .XLS=oice.excel.sheet\ ASSOC から次のコマンドを実行します。XLT=oice.excel.template\ ASSOC .XLA=oice.excel.addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .PPT=oice.powerpoint.show\ ASSOC から次のコマンドを実行します。POT=oice.powerpoint.template\ ASSOC .PPS=oice.powerpoint.スライドショー
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.

For more information on MOICE, see [Microsoft Knowledge Base Article 935865](https://support.microsoft.com/kb/935865).

**Impact of workaround.** Office 2003 and earlier formatted documents that are converted to the Microsoft Office 2007 Open XML format by MOICE will not retain macro functionality. Additionally, documents with passwords or that are protected with Digital Rights Management cannot be converted.

**How to undo the workaround.** Run the commands to disable MOICE as specified in the table below.
登録済みハンドラーとして MOICE を無効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=Word.Document.8
Excel の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .xls=Excel.Sheet.8\ ASSOC .xlt=Excel.Template\ ASSOC .xla=Excel.Addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .ppt=PowerPoint.Show.8\ ASSOC .pot=PowerPoint.Template.8\ ASSOC .pps=PowerPoint.SlideShow.8
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.
  • 信頼されていないソースから受信した Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Office ファイルを開かないでください

    信頼されていないソースから受信した Microsoft Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Microsoft Office ファイルを開いたり保存したりしないでください。 この脆弱性は、ユーザーが特別に細工されたファイルを開いたときに悪用される可能性があります。

「さまざまな変更されたバイトを使用した Excel のメモリ破損の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2012-0143

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がメモリを処理する方法で存在します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーとして任意のコードを実行する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
この脆弱性は、ユーザーが影響を受けるバージョンの Microsoft Excel で特別に細工された Excel ファイルを開く必要があります。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工された Excel ファイルをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者はこの脆弱性の悪用に使用される特別に細工された Excel ファイルを含む Web サイトをホストする必要があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 攻撃者は、特別に細工された Web サイトをユーザーに強制的に訪問させる方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに攻撃者のサイトに移動するリンクをクリックさせ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーを誘導することによって、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、Microsoft Excel が使用されているシステムは、主に危険にさらされます。 管理者がユーザーにサーバーへのログオンとプログラムの実行を許可すると、サーバーのリスクが高くなります。 ただし、ベスト プラクティスではこれを許可しないことを強くお勧めします。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がデータを検証する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
はい。 この脆弱性は一般に公開されています。 共通脆弱性と露出番号 CVE-2012-0143 が割り当てられます。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

Excel SXLI レコードのメモリ破損の脆弱性 - CVE-2012-0184

Microsoft Excel が特別に細工された Excel ファイルを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2012-0184 を参照してください

「Excel SXLI レコードのメモリ破損の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2012-0184

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Excel ファイルを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックして攻撃者の Web サイトに移動させ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーに誘導することで、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。
  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • この脆弱性は、電子メールを介して自動的に悪用されることはできません。 攻撃を成功させるには、ユーザーが電子メール メッセージで送信された添付ファイルを開く必要があります。

「Excel SXLI レコードのメモリ破損の脆弱性」の回避策 - CVE-2012-0184

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • Excel 2003 および Excel 2007 で検証に失敗したファイルの開きを無効にするように Office ファイルの検証を設定する

    注: この回避策を適用する前に、お使いのバージョンの Microsoft Office で Office ファイルの検証を有効にする必要があります。 Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 で Office ファイルの検証を有効にする方法については、TechNet の記事「 Office 2003 および Office 2007 の Office ファイルの検証」を参照してください。

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル検証に失敗したファイルの編集を無効にするために使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: 適切な Office ソフトウェアでこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft Fix it ソリューションを使用する2501584マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Office ソフトウェアに適したレジストリ スクリプトを使用します。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "InvalidFileUIOptions"=dword:00000001
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "InvalidFileUIOptions"=dword:00000001
**Impact of workaround.** Office File Validation will no longer allow the opening of suspicious files.

**How to undo the workaround.**

Use the appropriate registry script for your software to undo the settings set by this workaround.
Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "InvalidFileUIOptions"=dword:000000000
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "InvalidFileUIOptions"=dword:000000000
  • Excel 2010 で検証に失敗したファイルの保護ビューで編集を無効にするように Office ファイルの検証を設定する

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル検証に失敗したファイルの編集を無効にするために使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: 適切な Office ソフトウェアでこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft Fix it ソリューションを使用する2501584マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Office ソフトウェアに適したレジストリ スクリプトを使用します。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2010 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\14.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "DisableEditFromPV"=dword:00000001
**Impact of workaround.** Office File Validation will no longer allow the editing of suspicious files.

**How to undo the workaround.**

Use the appropriate registry script for your software to undo the settings set by this workaround.
Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2010 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\14.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "DisableEditFromPV"=dword:000000000
  • Microsoft Office ファイル ブロックポリシーを使用して、不明または信頼されていないソースと場所から Office 2003 以前のドキュメントを開くのをブロックする

    Microsoft Office ファイル ブロック ポリシーを使用すると、特定のファイル形式の種類が Microsoft Word、Microsoft Excel、および Microsoft PowerPoint で開くのをブロックできます。

    Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 の場合

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル ブロック ポリシーの設定に使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: Microsoft Office 2003 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Microsoft Office 2003 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。 Microsoft Office 2007 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Office 2007 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001\
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001
**For Microsoft Office 2010** 

Open Microsoft Excel 2010 and perform the following steps:

1.  Click the **File** tab.
2.  Under **Help**, click **Options**.
3.  Click **Trust Center**, and then click **Trust Center Settings**.
4.  In the Trust Center, click **File Block Settings**.
5.  Ensure the **Open** check box is selected for the following file types:  

    In Microsoft Excel 2010:
    - Excel 2007 and later Binary Workbooks
    - Excel 97-2003 Add-in Files
    - Excel 97-2003 Workbooks and Templates
    - Excel 95-97 Workbooks and Templates
    - Excel 95 Workbooks
    - Excel 4 Workbooks
    - Excel 4 Worksheets
    - Excel 3 Worksheets
    - Excel 2 Worksheets
6.  Under **Open behavior for selected file types**, select **Do not open selected file types** or select **Open selected file types in Protected View**. Either choice will block the attack vector to the vulnerable code.
7.  Click **OK** to apply the File Block Settings.

Alternatively, file block can be applied using Group Policy. For more information, see the TechNet article, [Plan file block settings for Office 2010](https://technet.microsoft.com/library/cc179230.aspx).

**Impact of workaround.** For Microsoft Office 2003 and Microsoft Office 2007, users who have configured the File Block policy and have not configured a special exempt directory or have not moved files to a trusted location will be unable to open Office 2003 files or earlier versions. For Microsoft Office 2010, Office 2003 files or earlier versions will either be blocked from opening or will be opened in protected mode depending on the open behavior that was selected. For more information about the impact of file block setting in Microsoft Office software, see [Microsoft Knowledge Base Article 922850](https://support.microsoft.com/kb/922850).

**How to undo the workaround.**

For Microsoft Office 2003 and Microsoft Office 2007, use the following registry scripts to undo the settings used to set the File Block policy:
Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\PowerPoint\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000
For Microsoft Office 2010, open Microsoft Excel 2010 and perform the following steps:

1.  Click the **File** tab.
2.  Under **Help**, click **Options**.
3.  Click **Trust Center**, and then click **Trust Center Settings**.
4.  In the Trust Center, click **File Block Settings**.
5.  Clear the **Open** check box for the file types that you previously selected.
6.  Click **OK** to apply the File Block settings.
  • 不明なソースまたは信頼されていないソースからファイルを開くときに Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) を使用する

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) は、Word、Excel、PowerPoint バイナリ形式のファイルをより安全に開くことで、Office 2003 のインストールを保護するのに役立ちます。

    MOICE をインストールするには、Office 2003 または Office 2007 がインストールされている必要があります。

    MOICE をインストールするには、Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式用互換パックも必要です。 互換性パックは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。

    MOICE では、すべての Office プログラムに推奨されるすべての更新プログラムが必要です。 Microsoft Update にアクセスして、推奨されるすべての更新プログラムをインストールしてください。

    MOICE を有効にする

    注: 自動化された Microsoft Fix it ソリューションを使用してこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft サポート技術情報の記事935865を参照してください

    MOICE を手動で有効にするには、次の表に示すようにコマンドを実行します。 コマンドを実行すると、Office アプリlication 拡張機能が MOICE に関連付けられます。

MOICE を登録済みハンドラーとして有効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=oice.word.document
Excel の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .XLS=oice.excel.sheet\ ASSOC から次のコマンドを実行します。XLT=oice.excel.template\ ASSOC .XLA=oice.excel.addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .PPT=oice.powerpoint.show\ ASSOC から次のコマンドを実行します。POT=oice.powerpoint.template\ ASSOC .PPS=oice.powerpoint.スライドショー
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.

For more information on MOICE, see [Microsoft Knowledge Base Article 935865](https://support.microsoft.com/kb/935865).

**Impact of workaround.** Office 2003 and earlier formatted documents that are converted to the Microsoft Office 2007 Open XML format by MOICE will not retain macro functionality. Additionally, documents with passwords or that are protected with Digital Rights Management cannot be converted.

**How to undo the workaround.** Run the commands to disable MOICE as specified in the table below.
登録済みハンドラーとして MOICE を無効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=Word.Document.8
Excel の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .xls=Excel.Sheet.8\ ASSOC .xlt=Excel.Template\ ASSOC .xla=Excel.Addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .ppt=PowerPoint.Show.8\ ASSOC .pot=PowerPoint.Template.8\ ASSOC .pps=PowerPoint.SlideShow.8
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.
  • 信頼されていないソースから受信した Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Office ファイルを開かないでください

    信頼されていないソースから受信した Microsoft Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Microsoft Office ファイルを開いたり保存したりしないでください。 この脆弱性は、ユーザーが特別に細工されたファイルを開いたときに悪用される可能性があります。

「Excel SXLI レコードのメモリ破損の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2012-0184

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がメモリを処理する方法で存在します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーとして任意のコードを実行する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
この脆弱性は、ユーザーが影響を受けるバージョンの Microsoft Excel で特別に細工された Excel ファイルを開く必要があります。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工された Excel ファイルをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者はこの脆弱性の悪用に使用される特別に細工された Excel ファイルを含む Web サイトをホストする必要があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 攻撃者は、特別に細工された Web サイトをユーザーに強制的に訪問させる方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに攻撃者のサイトに移動するリンクをクリックさせ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーを誘導することによって、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、Microsoft Excel が使用されているシステムは、主に危険にさらされます。 管理者がユーザーにサーバーへのログオンとプログラムの実行を許可すると、サーバーのリスクが高くなります。 ただし、ベスト プラクティスではこれを許可しないことを強くお勧めします。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がデータを検証する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、調整された脆弱性の開示を通じて、この脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

Excel MergeCells レコード ヒープ オーバーフローの脆弱性 - CVE-2012-0185

Microsoft Excel が特別に細工された Excel ファイルを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2012-0185 を参照してください

「Excel MergeCells のレコード ヒープ オーバーフローの脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2012-0185

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Excel ファイルを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックして攻撃者の Web サイトに移動させ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーに誘導することで、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。
  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • この脆弱性は、電子メールを介して自動的に悪用されることはできません。 攻撃を成功させるには、ユーザーが電子メール メッセージで送信された添付ファイルを開く必要があります。

「Excel MergeCells のレコード ヒープ オーバーフローの脆弱性」の回避策 - CVE-2012-0185

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • Excel 2007 で検証に失敗したファイルの開き方を無効にするように Office ファイルの検証を設定する

    注: この回避策を適用する前に、お使いのバージョンの Microsoft Office で Office ファイルの検証を有効にする必要があります。 Microsoft Office 2007 で Office ファイルの検証を有効にする方法については、TechNet の記事「 Office 2003 および Office 2007 の Office ファイルの検証」を参照してください。

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル検証に失敗したファイルの編集を無効にするために使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: 適切な Office ソフトウェアでこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft Fix it ソリューションを使用する2501584マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Office ソフトウェアに適したレジストリ スクリプトを使用します。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "InvalidFileUIOptions"=dword:00000001
**Impact of workaround.** Office File Validation will no longer allow the opening of suspicious files.

**How to undo the workaround.**

Use the appropriate registry script for your software to undo the settings set by this workaround.
Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "InvalidFileUIOptions"=dword:000000000
  • Excel 2010 で検証に失敗したファイルの保護ビューで編集を無効にするように Office ファイルの検証を設定する

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル検証に失敗したファイルの編集を無効にするために使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: 適切な Office ソフトウェアでこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft Fix it ソリューションを使用する2501584マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Office ソフトウェアに適したレジストリ スクリプトを使用します。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2010 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\14.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "DisableEditFromPV"=dword:00000001
**Impact of workaround.** Office File Validation will no longer allow the editing of suspicious files.

**How to undo the workaround.**

Use the appropriate registry script for your software to undo the settings set by this workaround.
Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2010 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\14.0\Excel\Security\FileValidation]\ \ "DisableEditFromPV"=dword:000000000
  • Microsoft Office ファイル ブロックポリシーを使用して、不明または信頼されていないソースと場所から Office 2003 以前のドキュメントを開くのをブロックする

    Microsoft Office ファイル ブロック ポリシーを使用すると、特定のファイル形式の種類が Microsoft Word、Microsoft Excel、および Microsoft PowerPoint で開くのをブロックできます。

    Microsoft Office 2007 の場合

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル ブロック ポリシーの設定に使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: Microsoft Office 2003 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Microsoft Office 2003 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。 Microsoft Office 2007 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Office 2007 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001
**For Microsoft Office 2010** 

Open Microsoft Excel 2010 and perform the following steps:

1.  Click the **File** tab.
2.  Under **Help**, click **Options**.
3.  Click **Trust Center**, and then click **Trust Center Settings**.
4.  In the Trust Center, click **File Block Settings**.
5.  Ensure the **Open** check box is selected for the following file types:  

    In Microsoft Excel 2010:
    - Excel 2007 and later Binary Workbooks
    - Excel 97-2003 Add-in Files
    - Excel 97-2003 Workbooks and Templates
    - Excel 95-97 Workbooks and Templates
    - Excel 95 Workbooks
    - Excel 4 Workbooks
    - Excel 4 Worksheets
    - Excel 3 Worksheets
    - Excel 2 Worksheets
6.  Under **Open behavior for selected file types**, select **Do not open selected file types** or select **Open selected file types in Protected View**. Either choice will block the attack vector to the vulnerable code.
7.  Click **OK** to apply the File Block Settings.

Alternatively, file block can be applied using Group Policy. For more information, see the TechNet article, [Plan file block settings for Office 2010](https://technet.microsoft.com/library/cc179230.aspx).

**Impact of workaround.** For Microsoft Office 2003 and Microsoft Office 2007, users who have configured the File Block policy and have not configured a special exempt directory or have not moved files to a trusted location will be unable to open Office 2003 files or earlier versions. For Microsoft Office 2010, Office 2003 files or earlier versions will either be blocked from opening or will be opened in protected mode depending on the open behavior that was selected. For more information about the impact of file block setting in Microsoft Office software, see [Microsoft Knowledge Base Article 922850](https://support.microsoft.com/kb/922850).

**How to undo the workaround.**

For Microsoft Office 2007, use the following registry scripts to undo the settings used to set the File Block policy:
Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000
For Microsoft Office 2010, open Microsoft Excel 2010 and perform the following steps:

1.  Click the **File** tab.
2.  Under **Help**, click **Options**.
3.  Click **Trust Center**, and then click **Trust Center Settings**.
4.  In the Trust Center, click **File Block Settings**.
5.  Clear the **Open** check box for the file types that you previously selected.
6.  Click **OK** to apply the File Block settings.
  • 不明なソースまたは信頼されていないソースからファイルを開くときに Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) を使用する

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) は、Word、Excel、PowerPoint バイナリ形式のファイルをより安全に開くことで、Office 2003 のインストールを保護するのに役立ちます。

    MOICE をインストールするには、Office 2003 または Office 2007 がインストールされている必要があります。

    MOICE をインストールするには、Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式用互換パックも必要です。 互換性パックは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。

    MOICE では、すべての Office プログラムに推奨されるすべての更新プログラムが必要です。 Microsoft Update にアクセスして、推奨されるすべての更新プログラムをインストールしてください。

    MOICE を有効にする

    注: 自動化された Microsoft Fix it ソリューションを使用してこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft サポート技術情報の記事935865を参照してください

    MOICE を手動で有効にするには、次の表に示すようにコマンドを実行します。 コマンドを実行すると、Office アプリlication 拡張機能が MOICE に関連付けられます。

MOICE を登録済みハンドラーとして有効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=oice.word.document
Excel の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .XLS=oice.excel.sheet\ ASSOC から次のコマンドを実行します。XLT=oice.excel.template\ ASSOC .XLA=oice.excel.addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .PPT=oice.powerpoint.show\ ASSOC から次のコマンドを実行します。POT=oice.powerpoint.template\ ASSOC .PPS=oice.powerpoint.スライドショー
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.

For more information on MOICE, see [Microsoft Knowledge Base Article 935865](https://support.microsoft.com/kb/935865).

**Impact of workaround.** Office 2003 and earlier formatted documents that are converted to the Microsoft Office 2007 Open XML format by MOICE will not retain macro functionality. Additionally, documents with passwords or that are protected with Digital Rights Management cannot be converted.

**How to undo the workaround.** Run the commands to disable MOICE as specified in the table below.
登録済みハンドラーとして MOICE を無効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=Word.Document.8
Excel の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .xls=Excel.Sheet.8\ ASSOC .xlt=Excel.Template\ ASSOC .xla=Excel.Addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .ppt=PowerPoint.Show.8\ ASSOC .pot=PowerPoint.Template.8\ ASSOC .pps=PowerPoint.SlideShow.8
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.
  • 信頼されていないソースから受信した Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Office ファイルを開かないでください

    信頼されていないソースから受信した Microsoft Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Microsoft Office ファイルを開いたり保存したりしないでください。 この脆弱性は、ユーザーが特別に細工されたファイルを開いたときに悪用される可能性があります。

「Excel MergeCells のレコード ヒープ オーバーフローの脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2012-0185

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がメモリを処理する方法で存在します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーとして任意のコードを実行する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
この脆弱性は、ユーザーが影響を受けるバージョンの Microsoft Excel で特別に細工された Excel ファイルを開く必要があります。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工された Excel ファイルをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者はこの脆弱性の悪用に使用される特別に細工された Excel ファイルを含む Web サイトをホストする必要があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 攻撃者は、特別に細工された Web サイトをユーザーに強制的に訪問させる方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに攻撃者のサイトに移動するリンクをクリックさせ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーを誘導することによって、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、Microsoft Excel が使用されているシステムは、主に危険にさらされます。 管理者がユーザーにサーバーへのログオンとプログラムの実行を許可すると、サーバーのリスクが高くなります。 ただし、ベスト プラクティスではこれを許可しないことを強くお勧めします。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がデータを検証する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、調整された脆弱性の開示を通じて、この脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

Excel シリーズのレコード解析の種類の不一致の脆弱性 - CVE-2012-1847

Microsoft Excel が特別に細工された Excel ファイルを処理する方法に、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を一般的な脆弱性と露出の一覧の標準エントリとして表示するには、CVE-2012-1847 を参照してください

「Excel Series のレコード解析の種類の不一致の脆弱性」の問題を緩和する要素 - CVE-2012-1847

軽減策とは、既定の状態で存在する設定、一般的な構成、または一般的なベスト プラクティスを指します。これにより、脆弱性の悪用の重大度が低下する可能性があります。 次の軽減要因は、状況に役立つ場合があります。

  • Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者がこの脆弱性の悪用に使用される Excel ファイルを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツまたは広告を受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 ただし、いずれの場合も、攻撃者はユーザーにこれらの Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックして攻撃者の Web サイトに移動させ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーに誘導することで、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。
  • 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーと同じユーザー権限を取得する可能性があります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。
  • この脆弱性は、電子メールを介して自動的に悪用されることはできません。 攻撃を成功させるには、ユーザーが電子メール メッセージで送信された添付ファイルを開く必要があります。

「Excel Series のレコード解析の種類の不一致の脆弱性」の回避策 - CVE-2012-1847

回避策とは、基になる脆弱性を修正しないが、更新プログラムを適用する前に既知の攻撃ベクトルをブロックするのに役立つ設定または構成の変更を指します。 Microsoft は、回避策によって機能が低下するかどうかを説明する中で、次の回避策と状態をテストしました。

  • Microsoft Office ファイル ブロックポリシーを使用して、不明または信頼されていないソースと場所から Office 2003 以前のドキュメントを開くのをブロックする

    Microsoft Office ファイル ブロック ポリシーを使用すると、特定のファイル形式の種類が Microsoft Word、Microsoft Excel、および Microsoft PowerPoint で開くのをブロックできます。

    Microsoft Office 2003 および Microsoft Office 2007 の場合

    次のレジストリ スクリプトは、レジストリ エントリ (.reg) ファイルに保存し、ファイル ブロック ポリシーの設定に使用できます。 レジストリ スクリプトの使用方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 310516を参照してください

    注: Microsoft Office 2003 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Microsoft Office 2003 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。 Microsoft Office 2007 で 'FileOpenBlock' を使用するには、Office 2007 の最新のセキュリティ更新プログラムをすべて適用する必要があります。

Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001\
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:00000001
**For Microsoft Office 2010** 

Open Microsoft Excel 2010 and perform the following steps:

1.  Click the **File** tab.
2.  Under **Help**, click **Options**.
3.  Click **Trust Center**, and then click **Trust Center Settings**.
4.  In the Trust Center, click **File Block Settings**.
5.  Ensure the **Open** check box is selected for the following file types:  

    In Microsoft Excel 2010:
    - Excel 2007 and later Binary Workbooks
    - Excel 97-2003 Add-in Files
    - Excel 97-2003 Workbooks and Templates
    - Excel 95-97 Workbooks and Templates
    - Excel 95 Workbooks
    - Excel 4 Workbooks
    - Excel 4 Worksheets
    - Excel 3 Worksheets
    - Excel 2 Worksheets
6.  Under **Open behavior for selected file types**, select **Do not open selected file types** or select **Open selected file types in Protected View**. Either choice will block the attack vector to the vulnerable code.
7.  Click **OK** to apply the File Block Settings.

Alternatively, file block can be applied using Group Policy. For more information, see the TechNet article, [Plan file block settings for Office 2010](https://technet.microsoft.com/library/cc179230.aspx).

**Impact of workaround.** For Microsoft Office 2003 and Microsoft Office 2007, users who have configured the File Block policy and have not configured a special exempt directory or have not moved files to a trusted location will be unable to open Office 2003 files or earlier versions. For Microsoft Office 2010, Office 2003 files or earlier versions will either be blocked from opening or will be opened in protected mode depending on the open behavior that was selected. For more information about the impact of file block setting in Microsoft Office software, see [Microsoft Knowledge Base Article 922850](https://support.microsoft.com/kb/922850).

**How to undo the workaround.**

For Microsoft Office 2003 and Microsoft Office 2007, use the following registry scripts to undo the settings used to set the File Block policy:
Microsoft Office ソフトウェア レジストリ スクリプト
Microsoft Excel 2003 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Microsoft\Office\11.0\PowerPoint\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000
Microsoft Excel 2007 Windows レジストリ エディター バージョン 5.00\ \ [HKEY_CURRENT_U Standard Edition R\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Excel\Security\FileOpenBlock]\ \ "BinaryFiles"=dword:000000000
For Microsoft Office 2010, open Microsoft Excel 2010 and perform the following steps:

1.  Click the **File** tab.
2.  Under **Help**, click **Options**.
3.  Click **Trust Center**, and then click **Trust Center Settings**.
4.  In the Trust Center, click **File Block Settings**.
5.  Clear the **Open** check box for the file types that you previously selected.
6.  Click **OK** to apply the File Block settings.
  • 不明なソースまたは信頼されていないソースからファイルを開くときに Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) を使用する

    レジストリ を誤って変更すると、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 Microsoft は、レジストリの誤った変更に起因する問題を解決できることを保証できません。 レジストリは、ご自身の責任で変更してください。

    Microsoft Office Isolated Conversion Environment (MOICE) は、Word、Excel、PowerPoint バイナリ形式のファイルをより安全に開くことで、Office 2003 のインストールを保護するのに役立ちます。

    MOICE をインストールするには、Office 2003 または Office 2007 がインストールされている必要があります。

    MOICE をインストールするには、Word、Excel、PowerPoint 2007 ファイル形式用互換パックも必要です。 互換性パックは、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。

    MOICE では、すべての Office プログラムに推奨されるすべての更新プログラムが必要です。 Microsoft Update にアクセスして、推奨されるすべての更新プログラムをインストールしてください。

    MOICE を有効にする

    注: 自動化された Microsoft Fix it ソリューションを使用してこの回避策を有効または無効にするには、Microsoft サポート技術情報の記事935865を参照してください

    MOICE を手動で有効にするには、次の表に示すようにコマンドを実行します。 コマンドを実行すると、Office アプリlication 拡張機能が MOICE に関連付けられます。

MOICE を登録済みハンドラーとして有効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=oice.word.document
Excel の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .XLS=oice.excel.sheet\ ASSOC から次のコマンドを実行します。XLT=oice.excel.template\ ASSOC .XLA=oice.excel.addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプト:\ ASSOC .PPT=oice.powerpoint.show\ ASSOC から次のコマンドを実行します。POT=oice.powerpoint.template\ ASSOC .PPS=oice.powerpoint.スライドショー
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.

For more information on MOICE, see [Microsoft Knowledge Base Article 935865](https://support.microsoft.com/kb/935865).

**Impact of workaround.** Office 2003 and earlier formatted documents that are converted to the Microsoft Office 2007 Open XML format by MOICE will not retain macro functionality. Additionally, documents with passwords or that are protected with Digital Rights Management cannot be converted.

**How to undo the workaround.** Run the commands to disable MOICE as specified in the table below.
登録済みハンドラーとして MOICE を無効にするコマンド
Word の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .doc=Word.Document.8
Excel の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .xls=Excel.Sheet.8\ ASSOC .xlt=Excel.Template\ ASSOC .xla=Excel.Addin
PowerPoint の場合は、コマンド プロンプトから次のコマンドを実行します:\ ASSOC .ppt=PowerPoint.Show.8\ ASSOC .pot=PowerPoint.Template.8\ ASSOC .pps=PowerPoint.SlideShow.8
**Note** On Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, and Windows Server 2008 R2, run the above commands from an elevated command prompt.
  • 信頼されていないソースから受信した Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Office ファイルを開かないでください

    信頼されていないソースから受信した Microsoft Office ファイルや、信頼できるソースから予期せず受信した Microsoft Office ファイルを開いたり保存したりしないでください。 この脆弱性は、ユーザーが特別に細工されたファイルを開いたときに悪用される可能性があります。

「Excel Series のレコード解析の種類の不一致の脆弱性」のよく寄せられる質問 - CVE-2012-1847

この脆弱性の範囲は何ですか?
これは、リモートでコードが実行される脆弱性です。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性の原因は何ですか?
この脆弱性は、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がメモリを処理する方法で存在します。

攻撃者はこの脆弱性を使用して何を行う可能性がありますか?
攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ログオンしているユーザーとして任意のコードを実行する可能性があります。 ユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用する方法
この脆弱性は、ユーザーが影響を受けるバージョンの Microsoft Excel で特別に細工された Excel ファイルを開く必要があります。

電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工された Excel ファイルをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者はこの脆弱性の悪用に使用される特別に細工された Excel ファイルを含む Web サイトをホストする必要があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 攻撃者は、特別に細工された Web サイトをユーザーに強制的に訪問させる方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、ユーザーに攻撃者のサイトに移動するリンクをクリックさせ、特別に細工された Excel ファイルを開くようユーザーを誘導することによって、Web サイトにアクセスするようにユーザーを誘導する必要があります。

どのシステムが主に脆弱性のリスクにさらされていますか?
ワークステーションやターミナル サーバーなど、Microsoft Excel が使用されているシステムは、主に危険にさらされます。 管理者がユーザーにサーバーへのログオンとプログラムの実行を許可すると、サーバーのリスクが高くなります。 ただし、ベスト プラクティスではこれを許可しないことを強くお勧めします。

更新プログラムは何を行いますか?
この更新プログラムは、特別に細工された Excel ファイルを開くときに Microsoft Excel がデータを検証する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

このセキュリティ情報が発行されたとき、この脆弱性は一般に公開されていましたか?
いいえ。 Microsoft は、調整された脆弱性の開示を通じて、この脆弱性に関する情報を受け取りました。

このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft はこの脆弱性が悪用されたという報告を受け取りましたか?
いいえ。 マイクロソフトは、このセキュリティ情報が最初に発行されたときに、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

情報の更新

検出と展開のツールとガイダンス

Security Central

組織内のサーバー、デスクトップ、モバイル システムに展開するために必要なソフトウェアとセキュリティの更新プログラムを管理します。 詳細については、TechNet Update Management Center参照してください。 Microsoft TechNet セキュリティ Web サイトには、Microsoft 製品のセキュリティに関する追加情報が記載されています。

セキュリティ更新プログラムは、Microsoft UpdateWindows Update から入手できます。 セキュリティ更新プログラムは、Microsoft ダウンロード センターからも入手できます。 "セキュリティ更新プログラム" のキーワード (keyword)検索を実行すると、最も簡単に見つけることができます。

Microsoft Office for Mac のお客様の場合、Microsoft AutoUpdate for Mac は Microsoft ソフトウェアを最新の状態に保つのに役立ちます。 Microsoft AutoUpdate for Mac の使用の詳細については、「ソフトウェア更新プログラムを自動的にチェックする」を参照してください

最後に、セキュリティ更新プログラムは Microsoft Update カタログからダウンロードできます。 Microsoft Update カタログには、セキュリティ更新プログラム、ドライバー、サービス パックなど、Windows Update と Microsoft Update を通じて利用できるコンテンツの検索可能なカタログが用意されています。 セキュリティ情報番号 ("MS07-036" など) を使用して検索すると、該当するすべての更新プログラムをバスケットに追加し (更新プログラムの異なる言語を含む)、選択したフォルダーにダウンロードできます。 Microsoft Update カタログの詳細については、Microsoft Update カタログに関する FAQ を参照してください

検出と展開のガイダンス

Microsoft では、セキュリティ更新プログラムの検出と展開に関するガイダンスを提供しています。 このガイダンスには、IT プロフェッショナルがセキュリティ更新プログラムの検出と展開にさまざまなツールを使用する方法を理解するのに役立つ推奨事項と情報が含まれています。 詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事961747を参照してください

Microsoft Baseline Security Analyzer

Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) を使用すると、管理者はローカル システムとリモート システムをスキャンして、不足しているセキュリティ更新プログラムや一般的なセキュリティ構成の誤りを確認できます。 MB (メガバイト)SA の詳細については、Microsoft Baseline Security Analyzer を参照してください

次の表に、このセキュリティ更新プログラムの MB (メガバイト)SA 検出の概要を示します。

ソフトウェア MB (メガバイト)SA
Microsoft Office 2003 Service Pack 3 はい
Microsoft Office 2007 Service Pack 2 と Microsoft Excel 2007 Service Pack 3 はい
Microsoft Office 2010 および Microsoft Excel 2010 Service Pack 1 (32 ビット エディション) はい
Microsoft Office 2010 および Microsoft Excel 2010 Service Pack 1 (64 ビット エディション) はい
Microsoft Office 2008 for Mac いいえ
Microsoft Office for Mac 2011 いいえ
Microsoft Excel Viewer はい
Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 2 と Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 はい

注: MB (メガバイト)SA、Microsoft Update、および Windows Server Update Services の最新リリースでサポートされていないレガシ ソフトウェアを使用しているお客様は、Microsoft Baseline Security Analyzer にアクセスし、レガシ ツールを使用して包括的なセキュリティ更新プログラムの検出を作成する方法に関するレガシ製品サポート セクションを参照してください。

Windows Server Update Services

Windows Server Update Services (WSUS) を使用すると、情報技術管理者は、Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューターに最新の Microsoft 製品更新プログラムを展開できます。 Windows Server Update Services を使用してセキュリティ更新プログラムを展開する方法の詳細については、TechNet の記事 「Windows Server Update Services」を参照してください。

Systems Management Server

次の表に、このセキュリティ更新プログラムの SMS 検出と展開の概要を示します。

ソフトウェア ITMU を使用した SMS 2003 Configuration Manager 2007
Microsoft Office 2003 Service Pack 3 はい はい
Microsoft Office 2007 Service Pack 2 と Microsoft Excel 2007 Service Pack 3 はい はい
Microsoft Office 2010 および Microsoft Excel 2010 Service Pack 1 (32 ビット エディション) はい はい
Microsoft Office 2010 および Microsoft Excel 2010 Service Pack 1 (64 ビット エディション) はい はい
Microsoft Office 2008 for Mac いいえ いいえ
Microsoft Office for Mac 2011 いいえ いいえ
Microsoft Excel Viewer はい はい
Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 2 と Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 はい はい

注: Microsoft は、2011 年 4 月 12 日に SMS 2.0 のサポートを終了しました。 SMS 2003 では、Microsoft は 2011 年 4 月 12 日にセキュリティ更新プログラム インベントリ ツール (SUIT) のサポートも終了しました。 お客様は、System Center Configuration Manager 2007アップグレードすることをお勧めします。 SMS 2003 Service Pack 3 でメインしているお客様の場合は、Microsoft 更新 (ITMU) 用インベントリ ツールもオプションです。

SMS 2003 の場合、SMS 2003 Inventory Tool for Microsoft 更新 (ITMU) を SMS で使用して、Microsoft Update によって提供され、Windows Server Update Servicesサポートされているセキュリティ更新プログラムを検出できます。 SMS 2003 ITMU の詳細については、「SMS 2003 Inventory Tool for Microsoft 更新」を参照してください。 SMS スキャン ツールの詳細については、「SMS 2003 Software Update Scanning Tools」を参照してください。 「Systems Management Server 2003 のダウンロード」も 参照してください。

System Center Configuration Manager 2007 では、更新プログラムの検出に WSUS 3.0 が使用されます。 Configuration Manager 2007 Software Update Management の詳細については、System Center Configuration Manager 2007 を参照してください

SMS の詳細については、SMS Web サイト参照してください。

詳細については、「 Microsoft サポート技術情報の記事 910723: 毎月の検出と展開のガイダンスに関する記事の概要一覧」を参照してください。

注: Office XP または Office 2003 の展開に 管理istrative Installation Point (AIP) を使用している場合は、元のベースラインから AIP を更新した場合、SMS を使用して更新プログラムを展開できないことがあります。 詳細については、このセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の見出しを参照してください。

Office 管理istrative Installation Point

サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。

  • サポートされているバージョンの Microsoft Office XP については、「管理のインストール ポイントの作成」を参照してください。 クライアント システムのソースを、更新された管理インストール ポイントから Office XP の元のベースライン ソースに変更する方法の詳細については、Microsoft サポート技術情報の記事 922665を参照してください
    注: 更新された管理イメージからソフトウェア更新プログラムを一元的に管理する場合は、「修正プログラムが適用された管理イメージから Office XP クライアントを更新する」の記事で詳細を確認できます。
  • サポートされているバージョンの Microsoft Office 2003 については、「管理インストール ポイントの作成」を参照してください。 クライアント コンピューターのソースを、更新された管理インストール ポイントから Office 2003 の元のベースライン ソースまたは Service Pack 3 (SP3) に変更する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 902349を参照してください
    注: 更新された管理イメージからソフトウェア更新プログラムを一元的に管理する場合は、「Office 2003 製品の配布」更新の記事で詳細を確認できます。
  • サポートされているバージョンの Microsoft Office のネットワーク インストール ポイントを作成するには、「Microsoft Office のネットワーク インストール ポイントを作成する」を参照してください
    注: セキュリティ更新プログラムを一元的に管理する場合は、Windows Server Update Services を使用します。 Microsoft Office のセキュリティ更新プログラムを展開する方法の詳細については、Windows Server Update Services の Web サイトを 参照してください

互換性エバリュエーターとアプリケーション互換性ツールキットの更新

更新多くの場合、アプリケーションの実行に必要なのと同じファイルとレジストリ設定に書き込みます。 これにより、非互換性がトリガーされ、セキュリティ更新プログラムの展開にかかる時間が長くなる可能性があります。 アプリケーション互換性ツールキットに含まれる Update Compatibility Evaluator コンポーネントを使用すると、インストールされているアプリケーションに対する Windows 更新プログラムのテストと検証を効率化できます。

Application Compatibility Toolkit (ACT) には、Windows Vista、Windows Update、Microsoft セキュリティ更新プログラム、または新しいバージョンの Windows インターネット エクスプローラーを環境内に展開する前に、アプリケーションの互換性の問題を評価して軽減するために必要なツールとドキュメントが含まれています。

セキュリティ更新プログラムの展開

影響を受けるソフトウェア

影響を受けるソフトウェアの特定のセキュリティ更新プログラムの詳細については、適切なリンクをクリックしてください。

Office 2003 (すべてのエディション)

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 追加情報については、以下の「デプロイ情報サブセクションを参照してください。

将来のサービス パックに含める このソフトウェアには、これ以上のサービス パックは計画されていません。 この問題の更新プログラムは、今後の更新プログラムのロールアップに含まれる可能性があります。
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Office2003-kb2597086-fullfile-enu.exe /q:a
再起動せずにインストールする Office2003-kb2597086-fullfile-enu.exe /r:n
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション「検出および展開ツールとガイダンス」を参照してください。\ \ \ 選択的にインストールできる機能については、このセクションの「管理インストールの Office 機能」サブセクションを参照してください
再起動の要件
再起動が必要ですか? 場合によっては、この更新プログラムを再起動する必要はありません。 必要なファイルが使用されている場合は、この更新プログラムを再起動する必要があります。 この動作が発生した場合は、再起動を推奨するメッセージが表示されます。\ \ 再起動が必要になる可能性を減らすには、影響を受けるすべてのサービスを停止し、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用するすべてのアプリケーションを閉じます。 再起動を求められる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事887012を参照してください
ホットパッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネル\\ の [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。\ \ この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに Microsoft Office 2003 CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目から更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事2597086を参照してください
レジストリ キーの検証 適用なし

Office の機能

次の表に、更新プログラムに再インストールする必要がある機能名 (大文字と小文字が区別される) の一覧を示します。 すべての機能をインストールするには、REINSTALL=ALL を使用するか、次の機能をインストールします。

Product 機能
STD11、BASIC11、PERS11、STDP11、PROI11、PRO11、PRO11SB すべて

マネージド環境で作業管理管理者は、Office 管理 Update Center で組織に Office 更新プログラムを展開するための完全なリソースを見つけることができます。 そのサイトで、下にスクロールし、更新する ソフトウェア バージョンの [リソース の更新] セクションを確認します。 Windows インストーラーのドキュメント には、Windows インストーラーでサポートされるパラメーターの詳細も記載されています。

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンがシステムにインストールされている必要があります。 サポートされているすべてのバージョンの Windows には、Windows インストーラー 2.0 以降のバージョンが含まれます。

2.0 以降のバージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次のいずれかの Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/q ファイルの抽出時に、サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。
/q:u ユーザーに一部のダイアログ ボックスを表示する、ユーザーの静かなモードを指定します。
/q:a ユーザーにダイアログ ボックスを表示しない管理者モードを指定します。
/t:path ファイルを抽出するターゲット フォルダーを指定します。
/c ファイルをインストールせずに抽出します。 /t:path が指定されていない場合は、ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/c:path 作成者によって定義されているインストール コマンドをオーバーライドします。 Setup.inf または .exe ファイルのパスと名前を指定します。
/r:n インストール後にシステムを再起動しないでください。
/r:I /q:a と共に使用する場合を除き、再起動が必要な場合は、システムの再起動をユーザーに求めます。
/r:a インストール後は常にシステムを再起動します。
/r:s ユーザーにメッセージを表示せずに、インストール後にシステムを再起動します。
/n:v チェックバージョンなし - 以前のバージョンにプログラムをインストールします。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに Microsoft Office 2003 CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目から更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
    3. [全般] タブで、ファイル のサイズと、セキュリティ情報のKB (キロバイト)に関する記事で提供されているファイル情報テーブルを比較します。
    4. [詳細] タブをクリックして、ファイルのバージョンや変更日などの情報を、セキュリティ情報KB (キロバイト)記事に記載されているファイル情報テーブルと比較することもできます。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックして、ファイルの以前のバージョンのファイル情報と、ファイルの新しいバージョンまたは更新されたバージョンのファイル情報を比較することもできます。

Office 2007 (すべてのエディション)

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、今後の Service Pack または更新プログラムのロールアップに含まれる予定です
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Microsoft Excel 2007:\ excel2007-kb2597161-fullfile-x86-glb.exe /passive の場合
Microsoft Office 2007:\ graph2007-kb2597969-fullfile-x86-glb.exe /passive の場合
Microsoft Excel Viewer の場合:\ xlview2007-kb2596842-fullfile-x86-glb.exe /passive
Microsoft Office 互換機能パックの場合:\ xlconv2007-kb2597162-fullfile-x86-glb.exe /passive
再起動せずにインストールする Microsoft Excel 2007:\ excel2007-kb2597161-fullfile-x86-glb.exe /norestart の場合
Microsoft Office 2007:\ graph2007-kb2597969-fullfile-x86-glb.exe /norestart の場合
Microsoft Excel Viewer の場合:\ xlview2007-kb2596842-fullfile-x86-glb.exe /norestart
Microsoft Office 互換機能パックの場合:\ xlconv2007-kb2597162-fullfile-x86-glb.exe /norestart
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション 「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? 場合によっては、この更新プログラムを再起動する必要はありません。 必要なファイルが使用されている場合は、この更新プログラムを再起動する必要があります。 この動作が発生した場合は、再起動を推奨するメッセージが表示されます。\ \ 再起動が必要になる可能性を減らすには、影響を受けるすべてのサービスを停止し、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用するすべてのアプリケーションを閉じます。 再起動を求められる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事887012を参照してください
ホットパッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。
ファイル情報 Microsoft Excel 2007 については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 2597161を参照してください
Microsoft Office 2007 については、マイクロソフト サポート技術情報の記事 2597969を参照してください
Microsoft Excel ビューアーについては、Microsoft サポート技術情報の記事2596842を参照してください
Microsoft Office 互換機能パックについては、Microsoft サポート技術情報の記事2597162を参照してください
レジストリ キーの検証 適用なし

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 3.1 以降のバージョンをシステムにインストールする必要があります。

3.1 以降のバージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次のいずれかの Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/? または /help 使用状況ダイアログを表示します。
/passive パッシブ モードを指定します。 ユーザーの操作は必要ありません。ユーザーには基本的な進行状況ダイアログが表示されますが、取り消すことはできません。
/quiet ファイルの抽出時に、サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。
/norestart 更新で再起動が必要な場合は、システムの再起動を抑制します。
/forcerestart 更新プログラムの再起動が必要かどうかに関係なく、更新プログラムの適用後にシステムを自動的に再起動します。
/抽出 ファイルをインストールせずに抽出します。 ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/extract:<path> 作成者によって定義されているインストール コマンドをオーバーライドします。 Setup.inf または .exe ファイルのパスと名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラム パッケージがその言語をサポートしている場合は、特定の言語を強制的に使用します。
/log:<log ファイル> 更新プログラムのインストール中に、Vnox とインストーラーの両方でログ記録を有効にします。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目から更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
    3. [全般] タブで、ファイル のサイズと、セキュリティ情報のKB (キロバイト)に関する記事で提供されているファイル情報テーブルを比較します。
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されている一部のファイルがインストールされない場合があります。
    4. [詳細] タブをクリックして、ファイルのバージョンや変更日などの情報を、セキュリティ情報KB (キロバイト)記事に記載されているファイル情報テーブルと比較することもできます。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックして、ファイルの以前のバージョンのファイル情報と、ファイルの新しいバージョンまたは更新されたバージョンのファイル情報を比較することもできます。

Office 2010 (すべてのエディション)

参照テーブル

次の表に、このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を示します。 その他の情報については、 このセクションのサブセクション「デプロイ情報」を参照してください。

将来のサービス パックに含める この問題の更新プログラムは、今後の Service Pack または更新プログラムのロールアップに含まれる予定です
デプロイ
ユーザーの介入なしでインストールする Microsoft Excel 2010 (32 ビット エディション):\ excel2010-kb2597166-fullfile-x86-glb.exe /passive
Microsoft Office 2010 (32 ビット エディション) の場合:\ graph2010-kb2553371-fullfile-x86-glb.exe /passive
Microsoft Excel 2010 (64 ビット エディション) の場合):\ excel2010-kb2597166-fullfile-x64-glb.exe /passive
Microsoft Office 2010 (64 ビット エディション) の場合:\ graph2010-kb2553371-fullfile-x64-glb.exe /passive
再起動せずにインストールする Microsoft Excel 2010 (32 ビット エディション):\ excel2010-kb2597166-fullfile-x86-glb.exe /norestart
Microsoft Office 2010 (32 ビット エディション): \ graph2010-kb2553371-fullfile-x86-glb.exe /norestart
Microsoft Excel 2010 (64 ビット エディション): \ excel2010-kb2597166-fullfile-x64-glb.exe /norestart
Microsoft Office 2010 (64 ビット エディション): \ graph2010-kb2553371-fullfile-x64-glb.exe /norestart
ログ ファイルを更新する 適用なし
詳細情報 検出と展開については、前のセクション 「検出と展開のツールとガイダンス」を参照してください。
再起動の要件
再起動が必要ですか? 場合によっては、この更新プログラムを再起動する必要はありません。 必要なファイルが使用されている場合は、この更新プログラムを再起動する必要があります。 この動作が発生した場合は、再起動を推奨するメッセージが表示されます。\ \ 再起動が必要になる可能性を減らすには、影響を受けるすべてのサービスを停止し、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるファイルを使用するすべてのアプリケーションを閉じます。 再起動を求められる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事887012を参照してください
ホットパッチ 適用なし
削除情報 コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。
ファイル情報 Microsoft サポート技術情報の記事2597166マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください2553371
レジストリ キーの検証 適用なし

デプロイ情報

更新プログラムのインストール

更新プログラムは、[影響を受けるソフトウェア] セクションと [影響を受けないもの] セクションの適切なダウンロード リンクからインストールできます。 サーバーの場所からアプリケーションをインストールした場合、サーバー管理者は代わりに管理更新プログラムを使用してサーバーの場所を更新し、その更新プログラムをシステムに展開する必要があります。 管理インストール ポイントの詳細については、「検出および展開ツールとガイダンス」サブセクションの「Office 管理istrative Installation Point」の情報を参照してください。

このセキュリティ更新プログラムでは、Windows インストーラー 3.1 以降のバージョンをシステムにインストールする必要があります。

3.1 以降のバージョンの Windows インストーラーをインストールするには、次のいずれかの Microsoft Web サイトを参照してください。

修正プログラムなど、このセキュリティ情報に表示される用語の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事824684を参照してください

このセキュリティ更新プログラムは、次のセットアップ スイッチをサポートしています。

サポートされているセキュリティ更新プログラムのインストール スイッチ

Switch 説明
/? または /help 使用状況ダイアログを表示します。
/passive パッシブ モードを指定します。 ユーザーの操作は必要ありません。ユーザーには基本的な進行状況ダイアログが表示されますが、取り消すことはできません。
/quiet ファイルの抽出時に、サイレント モードを指定するか、プロンプトを非表示にします。
/norestart 更新で再起動が必要な場合は、システムの再起動を抑制します。
/forcerestart 更新プログラムの再起動が必要かどうかに関係なく、更新プログラムの適用後にシステムを自動的に再起動します。
/抽出 ファイルをインストールせずに抽出します。 ターゲット フォルダーの入力を求められます。
/extract:<path> 作成者によって定義されているインストール コマンドをオーバーライドします。 Setup.inf または .exe ファイルのパスと名前を指定します。
/lang:<LCID> 更新プログラム パッケージがその言語をサポートしている場合は、特定の言語を強制的に使用します。
/log:<log ファイル> 更新プログラムのインストール中に、Vnox とインストーラーの両方でログ記録を有効にします。

注: これらのスイッチを 1 つのコマンドに結合できます。 下位互換性のために、セキュリティ更新プログラムは、以前のバージョンのセットアップ プログラムで使用されるセットアップ スイッチの多くもサポートしています。 サポートされているインストール スイッチの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事262841を参照してください

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目を使用します。

注: この更新プログラムを削除すると、CD ドライブに 2007 Microsoft Office CD を挿入するように求められる場合があります。 また、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] 項目から更新プログラムをアンインストールするオプションがない場合もあります。 この問題には、いくつかの原因が考えられます。 削除の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事903771を参照してください

更新プログラムが適用されたことを確認する

  • Microsoft Baseline Security Analyzer

    影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムが適用されたことを確認するために、Microsoft Baseline Security Analyzer (MB (メガバイト)SA) ツールを使用できる場合があります。 詳細については、 このセキュリティ情報の「検出と展開のツールとガイダンス」セクションを参照してください。

  • ファイル バージョンの検証

    Microsoft Windows には複数のエディションがあるため、システムで次の手順が異なる場合があります。 該当する場合は、製品のドキュメントを参照して、これらの手順を完了してください。

    1. [スタート] をクリックし、[検索の開始] ボックスに更新ファイル名を入力します。
    2. [プログラム] の下にファイルが表示されたら、ファイル名を右クリックし、[プロパティ] をクリックします
    3. [全般] タブで、ファイル のサイズと、セキュリティ情報のKB (キロバイト)に関する記事で提供されているファイル情報テーブルを比較します。
      : オペレーティング システムのエディション、またはシステムにインストールされているプログラムによっては、ファイル情報テーブルに一覧表示されている一部のファイルがインストールされない場合があります。
    4. [詳細] タブをクリックして、ファイルのバージョンや変更日などの情報を、セキュリティ情報KB (キロバイト)記事に記載されているファイル情報テーブルと比較することもできます。
      注: ファイル バージョン以外の属性は、インストール中に変更される可能性があります。 他のファイル属性とファイル情報テーブル内の情報の比較は、更新プログラムが適用されたことを確認するサポートされている方法ではありません。 また、場合によっては、インストール時にファイルの名前が変更されることがあります。 ファイルまたはバージョンの情報が存在しない場合は、他のいずれかの方法を使用して更新プログラムのインストールを確認します。
    5. 最後に、[以前のバージョン] タブをクリックして、ファイルの以前のバージョンのファイル情報と、ファイルの新しいバージョンまたは更新されたバージョンのファイル情報を比較することもできます。

Office 2008 for Mac

デプロイ情報

前提条件

  • Intel、PowerPC G5、または PowerPC G4 (500 MHz 以上) プロセッサ上の Mac OS X バージョン 10.4.9 以降のバージョン
  • このセキュリティ更新プログラムをインストールするには、Mac OS X ユーザー アカウントに管理者特権が必要です

更新プログラムのインストール

Microsoft ダウンロード センターから、適切な言語バージョンの Microsoft Office 2008 for Mac 12.3.3 Update をダウンロードして インストールします

  • ウイルス対策アプリケーション、すべての Microsoft Office アプリlications、Microsoft Messenger for Mac、Office 通知など、実行中のアプリケーションはインストールに干渉する可能性があるため、終了します。
  • デスクトップで Microsoft Office 2008 for Mac 12.3.3 Update ボリュームを開きます。 この手順が実行されている可能性があります。
  • 更新プロセスを開始するには、Microsoft Office 2008 for Mac 12.3.3 Update ボリューム ウィンドウで、Microsoft Office 2008 for Mac 12.3.3 Update アプリケーションをダブルクリックし、画面の指示に従います。
  • インストールが正常に完了した場合は、ハード ディスクから更新プログラムインストーラーを削除できます。 インストールが正常に完了したことを確認するには、次の「更新プログラムのインストールの確認」の見出しを参照してください。 更新プログラムのインストーラーを削除するには、まず Microsoft Office 2008 for Mac 12.3.3 Update ボリュームをごみ箱にドラッグし、ダウンロードしたファイルをごみ箱にドラッグします。

更新プログラムのインストールの確認

影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムがインストールされていることを確認するには、次の手順に従います。

  1. Finder で、アプリケーション フォルダー (Microsoft Office 2008: Office) に移動します。
  2. ファイル 、Microsoft コンポーネント プラグインを選択します。
  3. [ファイル] メニューの [情報の取得] または [情報の表示] をクリックします

バージョン番号が 12.3.3 の場合、更新プログラムは正常にインストールされています。

再起動の要件

この更新プログラムでは、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムはアンインストールできません。

追加情報

この更新プログラムのダウンロードまたは使用に関する技術的な質問や問題がある場合は、Microsoft for Mac サポートにアクセスして、利用可能なサポート オプションについて確認してください。

Office for Mac 2011

デプロイ情報

前提条件

  • Intel プロセッサ上の Mac OS X バージョン 10.5.8 以降のバージョン
  • このセキュリティ更新プログラムをインストールするには、Mac OS X ユーザー アカウントに管理者特権が必要です

更新プログラムのインストール

Microsoft ダウンロード センターから、適切な言語バージョンの Microsoft Office for Mac 2011 14.2.2 Update をダウンロードして インストールします

  • ウイルス対策アプリケーションやすべての Microsoft Office アプリアプリケーションなど、実行中のアプリケーションはインストールに干渉する可能性があるため、終了します。
  • デスクトップで Microsoft Office for Mac 2011 14.2.2 Update ボリュームを開きます。 この手順が実行されている可能性があります。
  • 更新プロセスを開始するには、Microsoft Office for Mac 2011 14.2.2 Update ボリューム ウィンドウで、Microsoft Office for Mac 2011 14.2.2 Update アプリケーションをダブルクリックし、画面の指示に従います。
  • インストールが正常に完了したら、ハード ディスクから更新プログラムのインストーラーを削除できます。 インストールが正常に完了したことを確認するには、次の「更新プログラムのインストールの確認」の見出しを参照してください。 更新プログラムのインストーラーを削除するには、まず Microsoft Office for Mac 2011 14.2.2 Update ボリュームをごみ箱にドラッグし、ダウンロードしたファイルをごみ箱にドラッグします。

更新プログラムのインストールの確認

影響を受けるシステムにセキュリティ更新プログラムがインストールされていることを確認するには、次の手順に従います。

  1. Finder で、アプリケーション フォルダー (Microsoft Office 2011) に移動します。
  2. Word、Excel、PowerPoint、または Outlook を選択し、アプリケーションを起動します。
  3. [アプリケーション] メニューの [バージョン情報] Application_Name (Application_Nameは Word、Excel、PowerPoint、Outlook) をクリックします

インストールされている最新の更新プログラムのバージョン番号が 14.2.2 の場合、更新プログラムは正常にインストールされています。

再起動の要件

この更新プログラムでは、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの削除

このセキュリティ更新プログラムはアンインストールできません。

追加情報

この更新プログラムのダウンロードまたは使用に関する技術的な質問や問題がある場合は、Microsoft for Mac サポートにアクセスして、利用可能なサポート オプションについて確認してください。

その他の情報

謝辞

Microsoft は、お客様を保護するために Microsoft と協力していただきありがとうございます。

Microsoft Active Protections Program (MAPP)

お客様のセキュリティ保護を強化するために、Microsoft は、毎月のセキュリティ更新プログラムのリリースの前に、主要なセキュリティ ソフトウェア プロバイダーに脆弱性情報を提供します。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーは、この脆弱性情報を使用して、ウイルス対策、ネットワークベースの侵入検出システム、ホストベースの侵入防止システムなどのセキュリティ ソフトウェアまたはデバイスを介して、お客様に更新された保護を提供できます。 セキュリティ ソフトウェア プロバイダーからアクティブな保護を利用できるかどうかを判断するには、Microsoft Active Protections Program (MAPP) パートナーに記載されているプログラム パートナーによって提供されるアクティブな保護 Web サイトを参照してください。

サポート

このセキュリティ更新プログラムのヘルプとサポートを取得する方法

免責情報

Microsoft サポート技術情報で提供される情報は、いかなる種類の保証もなく"現状のまま" 提供されます。 Microsoft は、商品性と特定の目的に対する適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、すべての保証を放棄します。 Microsoft Corporation またはそのサプライヤーは、Microsoft Corporation またはそのサプライヤーがこのような損害の可能性について通知された場合でも、直接的、間接的、付随的、派生的、ビジネス上の利益の損失、または特別な損害を含む一切の損害について一切の責任を負いません。 一部の州では、派生的損害または付随的損害に対する責任の除外または制限が認められていないため、前述の制限は適用されない場合があります。

リビジョン

  • V1.0 (2012 年 5 月 8 日): セキュリティ情報が公開されました。
  • V1.1 (2012 年 5 月 9 日): エグゼクティブサマリーから既知の問題への誤った参照を削除し、CVE-2012-1847 のタイトルを更新しました。

ビルド日: 2014-04-18T13:49:36Z-07:00