次の方法で共有


Microsoft セキュリティ情報 MS15-069 - 重要

Windows の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3072631)

公開日: 2015 年 7 月 14 日 |更新日: 2015 年 7 月 29 日

バージョン: 1.1

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Windows の脆弱性を解決します。 この脆弱性により、攻撃者が最初に特別に細工されたダイナミック リンク ライブラリ (DLL) ファイルをターゲット ユーザーの現在の作業ディレクトリに配置した後、RTF ファイルを開くか、信頼できる DLL ファイルを読み込む代わりに攻撃者の特別に細工された DLL ファイルを読み込むように設計されたプログラムを起動するようユーザーに誘導した場合、リモート コード実行が起こる可能性があります。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

このセキュリティ更新プログラムは、サポートされているすべてのエディションの Windows Server 2003 (Itanium を除く)、Windows Vista、Windows Server 2008 (Itanium を除く)、Windows 7、Windows Server 2008 R2 (Itanium を除く)、Windows 8.1、Windows 2012 R2、および Windows RT 8.1 で重要と評価されます。 詳細については、「影響を受けるソフトウェア」セクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、Windows が特定の DLL ファイルを読み込む方法と、Windows Media デバイス マネージャーが特定のバイナリを読み込む方法を修正することで、この脆弱性を解決します。 脆弱性の詳細については、「脆弱性情報」セクションを参照してください。

この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事3072631を参照してください

影響を受けるソフトウェア

次のソフトウェア バージョンまたはエディションが影響を受ける。 一覧にないバージョンまたはエディションは、サポート ライフサイクルを過ぎたか、影響を受けません。 ソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフサイクルを確認するには、「Microsoft サポート ライフサイクル」を参照してください

オペレーティング システム コンポーネント セキュリティへの影響の最大値 重大度の評価の集計 更新置換済み
Windows Server 2003
Windows Server 2003 Service Pack 2 (3067903) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows Server 2003 Service Pack 2 Windows Media Format SDK 11[1](3067903) リモート コードの実行 重要 なし
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 (3067903) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 Windows Media Format SDK 11[1](3067903) リモート コードの実行 重要 なし
Windows Vista
Windows Vista Service Pack 2 (3067903) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 (3067903) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows Server 2008
Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2[2](3067903) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
x64 ベースシステム Service Pack 2 用 Windows Server 2008[2](3067903) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows 7
Windows 7 for 32 ビット システム Service Pack 1 (3067903) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows 7 for 32 ビット システム Service Pack 1[3](3070738) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows 7 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (3067903) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows 7 for x64 ベースのシステム Service Pack 1[3](3070738) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows Server 2008 R2
x64 ベース システム Service Pack 1 用 Windows Server 2008 R2[2](3067903) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
x64 ベース システム Service Pack 1 用 Windows Server 2008 R2[3](3070738) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows 8.1
Windows 8.1 for 32 ビット システム (3061512) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
x64 ベース システム 用 Windows 8.1 (3061512) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012 R2 (3061512) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし
Windows RT 8.1
Windows RT 8.1[1](3061512) 適用なし リモート コードの実行 重要 なし

[1]この更新プログラムは、Windows Update でのみ使用できます

[2]Windows Server 2008 および Windows 2008 R2 システムは、デスクトップ エクスペリエンスがインストールされている場合にのみ影響を受けます。

[3]システムは、RDP 8.1 がインストールされている場合にのみ影響を受ける。

更新に関する FAQ

フォーマット ソフトウェア開発キット (FSDK) とは 
Microsoft Windows Media Format Software Development Kit (SDK) を使用すると、開発者は、Advanced Systems Format (ASF) ファイル構造に準拠したファイルに格納されているデジタル メディアを操作するアプリケーションを作成できます。 詳細については、「Windows Media Format SDK について」を参照してください

重大度の評価と脆弱性識別子

次の重大度評価は、脆弱性の潜在的な最大影響を想定しています。 このセキュリティ情報のリリースから 30 日以内に、脆弱性の重大度評価とセキュリティへの影響に関する脆弱性の悪用可能性に関する情報については、7 月のセキュリティ情報の概要にある Exploitability Index を参照してください。

脆弱性の重大度評価と影響を受けるソフトウェアによる最大のセキュリティ影響
影響を受けるソフトウェア Windows DLL のリモートでコードが実行される脆弱性 - CVE-2015-2368 DLL の植え付けのリモート コード実行の脆弱性 - CVE-2015-2369 重大度の評価の集計
Windows Server 2003
Windows Server 2003 Service Pack 2 (3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows Server 2003 Service Pack 2 の Windows Media Format SDK 11 (3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 (3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows Server 2003 x64 Edition Service Pack 2 の Windows Media Format SDK 11 (3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows Vista
Windows Vista Service Pack 2 (3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows Vista x64 Edition Service Pack 2 (3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows Server 2008
Windows Server 2008 for 32 ビット システム Service Pack 2[1](3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
x64 ベース システム Service Pack 2 用 Windows Server 2008[1](3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows 7
Windows 7 for 32 ビット システム Service Pack 1 (3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows 7 for 32 ビット システム Service Pack 1[2](3070738) 重要な リモート コード実行 適用なし 重要
Windows 7 for x64 ベースのシステム Service Pack 1 (3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows 7 for x64 ベースのシステム Service Pack 1[2](3070738) 重要な リモート コード実行 適用なし 重要
Windows Server 2008 R2
x64 ベース システム Service Pack 1 用 Windows Server 2008 R2[1](3067903) 適用なし 重要な リモート コード実行 重要
Windows Server 2008 R2 for x64 ベースシステム Service Pack 1[2](3070738) 重要な リモート コード実行 適用なし 重要
Windows 8.1
Windows 8.1 for 32 ビット システム (3061512) 重要な リモート コード実行 適用なし 重要
x64 ベース システム用 Windows 8.1 (3061512) 重要な リモート コード実行 適用なし 重要
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012 R2 (3061512) 重要な リモート コード実行 適用なし 重要
Windows RT 8.1
Windows RT 8.1 (3061512) 重要な リモート コード実行 適用なし 重要

[1]Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 システムは、デスクトップ エクスペリエンスがインストールされている場合にのみ影響を受けます。

[2]システムは、RDP 8.1 がインストールされている場合にのみ影響を受ける。

脆弱性情報

Windows DLL のリモートでコードが実行される脆弱性 - CVE-2015-2368

Microsoft Windows がダイナミック リンク ライブラリ (DLL) ファイルの読み込みを不適切に処理すると、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を悪用するには、攻撃者はまず、特別に細工された DLL ファイルをターゲット ユーザーの現在の作業ディレクトリに配置し、信頼できる DLL ファイルを読み込むように設計されたプログラムを起動するようにユーザーを誘導する必要がありますが、その代わりに攻撃者の特別に細工された DLL ファイルを読み込みます。 この更新プログラムは、Windows が特定の DLL ファイルの読み込みを処理する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

Microsoft は、調整された脆弱性の開示を通じて、この脆弱性に関する情報を受け取りました。 このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

軽減要因

Microsoft は、この脆弱性の 軽減要因 を特定していません。

対処方法

Microsoft は、この脆弱性の 回避策を 特定していません。

DLL の植え付けのリモート コード実行の脆弱性 - CVE-2015-2369

Microsoft Windows Media デバイス マネージャーが特定の特別に細工された DLL ファイルの読み込みを不適切に処理すると、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を悪用するには、攻撃者は最初に、特別に細工された DLL ファイルをターゲット ユーザーの現在の作業ディレクトリに配置し、特別に細工された DLL ファイルを開くようユーザーに誘導する必要があります。RTF ファイル。 攻撃者は、ユーザーにファイルを強制的に開く方法はありません。 この更新プログラムは、Windows Media デバイス マネージャーが特定のバイナリを読み込む方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

Microsoft は、調整された脆弱性の開示を通じて、この脆弱性に関する情報を受け取りました。 このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

軽減要因

Microsoft は、この脆弱性の 軽減要因 を特定していません。

対処方法

状況によっては、次 回避策が役立つ場合があります。

レジストリを変更して、Office ドキュメントが WMDMCESP を読み込むのを防ぎます。WMDMCESP ActiveX コントロール

警告 レジストリ エディターを正しく使用しない場合は、オペレーティング システムを再インストールする必要がある重大な問題が発生する可能性があります。 レジストリ エディターの不適切な使用によって生じた問題については、解決を保証できません。 リスクを理解した上でレジストリ エディターを使用してください。

  1. 次のテキストを含むWMDMCESP-disable.regという名前のテキスト ファイルを作成します。
Windows Registry Editor Version 5.00  
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Common\COM Compatibility\{067B4B81-B1EC-489f-B111-940EBDC44EBE}]  
"Compatibility Flags"=dword:00000400
  1. regedit.exe を実行します。
  2. レジストリ エディターで、[ファイル] メニューをクリックし、[インポート] をクリックします
  3. 最初の手順で作成した WMDMCESP-disable.reg ファイルに移動して選択します。 (注: ファイルが想定される場所に一覧表示されていない場合は、ファイル拡張子が自動的に.txtされていないことを確認するか、ダイアログのファイル拡張子パラメーターを [すべてのファイル] に変更します)。
  4. [開く] をクリックし、[OK] をクリックしてレジストリ エディターを閉じます。

回避策の影響。 WMDMCESP を使用するドキュメント。WMDMCESP ActiveX コントロールが正しく機能しない可能性があります。

回避策を元に戻す方法。

  1. 次のテキストを含むWMDMCESP-enable.regという名前のテキスト ファイルを作成します。
Windows Registry Editor Version 5.00  
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\Common\COM Compatibility\{067B4B81-B1EC-489f-B111-940EBDC44EBE}]  
"Compatibility Flags"=dword:00000000
  1. regedit.exe を実行します。
  2. レジストリ エディターで、[ファイル] メニューをクリックし、[インポート] をクリックします
  3. 最初の手順で作成した WMDMCESP-enable.reg ファイルに移動して選択します。 (注: ファイルが想定される場所に一覧表示されていない場合は、ファイル拡張子が自動的に.txtされていないことを確認するか、ダイアログのファイル拡張子パラメーターを [すべてのファイル] に変更します)。
  4. [開く] をクリックし、[OK] をクリックしてレジストリ エディターを閉じます。

セキュリティ更新プログラムの展開

セキュリティ更新プログラムの展開情報については、「エグゼクティブの概要」で参照されている Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

謝辞

Microsoft は、連携した脆弱性の開示を通じてお客様を保護するのに役立つセキュリティ コミュニティの人々の取り組みを認識しています。 詳細については、「 受信確認 」を参照してください。

免責情報

Microsoft サポート技術情報で提供される情報は、いかなる種類の保証もなく"現状のまま" 提供されます。 Microsoft は、商品性と特定の目的に対する適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、すべての保証を放棄します。 Microsoft Corporation またはそのサプライヤーは、Microsoft Corporation またはそのサプライヤーがこのような損害の可能性について通知された場合でも、直接的、間接的、付随的、派生的、ビジネス上の利益の損失、または特別な損害を含む一切の損害について一切の責任を負いません。 一部の州では、派生的損害または付随的損害に対する責任の除外または制限が認められていないため、前述の制限は適用されない場合があります。

リビジョン

  • V1.0 (2015 年 7 月 14 日): セキュリティ情報が公開されました。
  • V1.1 (2015 年 7 月 29 日): 影響を受けるソフトウェア セクションのデスクトップ エクスペリエンス脚注を修正するために、このセキュリティ情報が改訂されました。 Windows Server 2008 R2 および Windows Server 2008 R2 の更新プログラムの3067903に適用する必要がある場合、脚注が Windows Server 2008 R2 の更新3070738に正しく適用されませんでした。 また、RDP 8.1 がインストールされているシステムのみが影響を受けるのを明確にするために、3070738更新プログラムの脚注も追加しました。 これらは情報に関する変更のみです。 更新プログラムを既に正常に適用しているお客様は、何も行う必要はありません。 必要な更新プログラムをまだインストールしていないお客様は、その更新プログラムが対処する脆弱性から保護されるようにする必要があります。

Page generated 2015-07-29 18:08Z-07:00.