次の方法で共有


Microsoft セキュリティ情報 MS15-070 - 重要

Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される (3072620)

公開日: 2015 年 7 月 14 日

バージョン: 1.0

概要

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office の脆弱性を解決します。 最も深刻な脆弱性により、ユーザーが特別に細工された Microsoft Office ファイルを開いた場合に、リモートでコードが実行される可能性があります。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードを実行する可能性があります。 システムに対するユーザー権限が少ないほどアカウントが構成されているお客様は、管理者権限を使用して操作するユーザーよりも影響を受けにくい可能性があります。

このセキュリティ更新プログラムは、次のソフトウェアでサポートされているすべてのエディションで重要と評価されます。

  • Microsoft Excel 2007、Microsoft PowerPoint 2007、Microsoft Word 2007
  • Microsoft Office 2010、Microsoft Excel 2010、Microsoft PowerPoint 2010、Microsoft Word 2010
  • Microsoft Excel 2013、Microsoft PowerPoint 2013、Microsoft Word 2013
  • Microsoft Excel 2013 RT、Microsoft PowerPoint 2013 RT、Microsoft Word 2013 RT
  • Microsoft Excel for Mac 2011
  • Microsoft Excel Viewer、Microsoft Office 互換機能パック、Microsoft Word Viewer
  • Microsoft SharePoint Server 2007 の Excel Services
  • Microsoft SharePoint Server 2010 の Excel Services
  • Microsoft SharePoint Server 2013 の Excel Services

詳細については、「影響を受けるソフトウェア」セクションを参照してください。

このセキュリティ更新プログラムは、Office がメモリ内のファイルを処理する方法を修正し、Excel が特定の特別に細工されたバイナリの読み込みを処理する方法を修正し、メモリ情報の開示方法を修正することで、この脆弱性を解決します。 脆弱性の詳細については、「脆弱性情報」セクションを参照してください。

この更新プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事3072620を参照してください。 

影響を受けるソフトウェア

次のソフトウェア バージョンまたはエディションが影響を受ける。 一覧にないバージョンまたはエディションは、サポート ライフサイクルを過ぎたか、影響を受けません。 ソフトウェアのバージョンまたはエディションのサポート ライフサイクルを確認するには、「Microsoft サポート ライフサイクル」を参照してください。 

Microsoft Office ソフトウェア

Microsoft Office スイート ソフトウェア コンポーネント セキュリティへの影響の最大値 重大度の評価の集計 更新置換済み
Microsoft Office 2007
Microsoft Office 2007 Service Pack 3 Microsoft Excel 2007 Service Pack 3 (2965281) リモート コードの実行 重要 MS15-022 の 2956103
Microsoft PowerPoint 2007 Service Pack 3 Microsoft PowerPoint 2007 Service Pack 3 (2965283) リモート コードの実行 重要 MS15-022 の 2899580
Microsoft Office 2007 Service Pack 3 Microsoft Word 2007 Service Pack 3 (3054996) リモート コードの実行 重要 MS15-033 の 2965284
Microsoft Office 2010
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) (3054971) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3054841
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) (3054971) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3054841
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) Microsoft Excel 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) (3054981) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3054845
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) Microsoft Excel 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) (3054981) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3054845
Microsoft PowerPoint 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) Microsoft PowerPoint 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) (3054963) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3054835
Microsoft PowerPoint 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) Microsoft PowerPoint 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) (3054963) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3054835
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) Microsoft Word 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) (3054973) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3054842
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) Microsoft Word 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) (3054973) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3054842
Microsoft Office 2013
Microsoft Office 2013 Service Pack 1 (32 ビット エディション) Microsoft Excel 2013 Service Pack 1 (32 ビット エディション) (3054949) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 2986216
Microsoft Office 2013 Service Pack 1 (64 ビット エディション) Microsoft Excel 2013 Service Pack 1 (64 ビット エディション) (3054949) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 2986216
Microsoft PowerPoint 2013 Service Pack 1 (32 ビット エディション) Microsoft PowerPoint 2013 Service Pack 1 (32 ビット エディション) (3054999) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 2975816
Microsoft PowerPoint 2013 Service Pack 1 (64 ビット エディション) Microsoft PowerPoint 2013 Service Pack 1 (64 ビット エディション) (3054999) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 2975816
Microsoft Office 2013 Service Pack 1 (32 ビット エディション) Microsoft Word 2013 Service Pack 1 (32 ビット エディション) (3054990) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 2965307
Microsoft Office 2013 Service Pack 1 (64 ビット エディション) Microsoft Word 2013 Service Pack 1 (64 ビット エディション) (3054990) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 2965307
Microsoft Office 2013 RT
Microsoft Office 2013 RT Service Pack 1 Microsoft Excel 2013 RT Service Pack 1 (3054949) [1] リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 2986216
Microsoft Office 2013 RT Service Pack 1 Microsoft PowerPoint 2013 RT Service Pack 1 (3054999) [1] リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 2975816
Microsoft Office 2013 RT Service Pack 1 Microsoft Word 2013 RT Service Pack 1 (3054990) [1] リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 2965307
Microsoft Office for Mac
Microsoft Office for Mac 2011 Microsoft Excel for Mac 2011 (3073865) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3048688
その他の Office ソフトウェア
Microsoft Excel Viewer 2007 Service Pack 3 Microsoft Excel Viewer 2007 Service Pack 3 (2965209) リモート コードの実行 重要 MS15-022 の 2956189
Microsoft Office 互換機能パック Service Pack 3 Microsoft Office Compatibility Pack Service Pack 3 (2965208) リモート コードの実行 重要 MS15-022 の 2956106
Microsoft Word ビューアー Microsoft Word ビューアー (3054958) リモート コードの実行 重要 MS15-033 の 2965289

[1]この更新プログラムは、Windows Update から入手できます。 

Microsoft Office Services と Web Apps

Microsoft Office Services と Web Apps コンポーネント セキュリティへの影響の最大値 重大度の評価の集計 更新置換済み
Microsoft SharePoint Server 2007
Microsoft SharePoint Server 2007 Service Pack 3 (32 ビット エディション) Excel Services (2837612) リモート コードの実行 重要 MS13-084 の 2827327
Microsoft SharePoint Server 2007 Service Pack 3 (64 ビット エディション) Excel Services (2837612) リモート コードの実行 重要 MS13-084 の 2827327
Microsoft SharePoint Server 2010
Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 2 Excel Services (3054968) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3054839
Microsoft SharePoint Server 2013
Microsoft SharePoint Server 2013 Service Pack 1 Excel Services (3054861) リモート コードの実行 重要 MS15-046 の 3039725

 

更新に関する FAQ

Microsoft Word 2010 がインストールされています。 3054971更新プログラムが提供されないのはなぜですか? 
3054971更新プログラムは、Microsoft Office 2010 の特定の構成を実行しているシステムにのみ適用されます。 一部の構成では、更新プログラムは提供されません。

影響を受けるソフトウェアの表に特に記載されていないソフトウェアに対して、この更新プログラムが提供されています。 この更新プログラムが提供される理由
更新プログラムは、複数の Microsoft Office 製品間で共有される、または同じ Microsoft Office 製品の複数のバージョン間で共有されるコンポーネントに存在する脆弱なコードに対処する場合、更新プログラムは、脆弱なコンポーネントを含むすべてのサポートされている製品とバージョンに適用されると見なされます。

たとえば、更新プログラムが Microsoft Office 2007 製品に適用される場合、影響を受けるソフトウェアの表に Microsoft Office 2007 のみが具体的に表示されることがあります。 ただし、更新プログラムは、Microsoft Word 2007、Microsoft Excel 2007、Microsoft Visio 2007、Microsoft Compatibility Pack、Microsoft Excel Viewer、または影響を受けるソフトウェアの表に特に記載されていないその他の Microsoft Office 2007 製品に適用される可能性があります。

たとえば、更新プログラムが Microsoft Office 2010 製品に適用される場合は、影響を受けるソフトウェアの表に Microsoft Office 2010 のみが具体的に表示されることがあります。 ただし、更新プログラムは、影響を受けるソフトウェアの表に特に記載されていない Microsoft Word 2010、Microsoft Excel 2010、Microsoft Visio 2010、Microsoft Visio Viewer、またはその他の Microsoft Office 2010 製品に適用される可能性があります。

たとえば、更新プログラムが Microsoft Office 2013 製品に適用される場合、影響を受けるソフトウェアの表に Microsoft Office 2013 のみが具体的に表示されることがあります。 ただし、更新プログラムは、Microsoft Word 2013、Microsoft Excel 2013、Microsoft Visio 2013、または影響を受けるソフトウェアの表に特に記載されていないその他の Microsoft Office 2013 製品に適用される可能性があります。

重大度の評価と脆弱性識別子

次の重大度評価は、脆弱性の潜在的な最大影響を想定しています。 このセキュリティ情報のリリースから 30 日以内に、脆弱性の重大度評価とセキュリティへの影響に関する脆弱性の悪用可能性に関する情報については、7 月のセキュリティ情報の概要にある Exploitability Index を参照してください。  

Microsoft Office ソフトウェア

脆弱性の重大度評価と影響を受けるソフトウェアによる最大のセキュリティ影響
影響を受けるソフトウェア Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2376 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2377 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2379 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2380 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2415 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2424 Microsoft Excel ASLR のバイパスの脆弱性 - CVE-2015-2375 Microsoft Excel DLL のリモート でコードが実行される脆弱性 - CVE-2015-2378 重大度の評価の集計
Microsoft Office 2007
Microsoft Excel 2007 Service Pack 3 重要なリモート コード実行 (2965281) 重要なリモート コード実行 (2965281) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (2965281) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (2965281) 重要
Microsoft PowerPoint 2007 Service Pack 3 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (2965283) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Word 2007 Service Pack 3 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054996) 重要なリモート コード実行 (3054996) 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054996) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Office 2010
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054971) 重要なリモート コード実行 (3054971) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Office 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054971) 重要なリモート コード実行 (3054971) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Excel 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) 重要なリモート コード実行 (3054981) 重要なリモート コード実行 (3054981) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054981) 適用なし 重要情報の開示(3054981) 重要なリモート コード実行 (3054981) 重要
Microsoft Excel 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) 重要なリモート コード実行 (3054981) 重要なリモート コード実行 (3054981) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054981) 適用なし 重要情報の開示(3054981) 重要なリモート コード実行 (3054981) 重要
Microsoft PowerPoint 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054963) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft PowerPoint 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054963) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Word 2010 Service Pack 2 (32 ビット エディション) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054973) 重要なリモート コード実行 (3054973) 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054973) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Word 2010 Service Pack 2 (64 ビット エディション) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054973) 重要なリモート コード実行 (3054973) 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054973) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Office 2013
Microsoft Excel 2013 Service Pack 1 (32 ビット エディション) 重要なリモート コード実行 (3054949) 重要なリモート コード実行 (3054949) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054949) 適用なし 重要情報の開示(3054949) 適用なし 重要
Microsoft Excel 2013 Service Pack 1 (64 ビット エディション) 重要なリモート コード実行 (3054949) 重要なリモート コード実行 (3054949) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054949) 適用なし 重要情報の開示(3054949) 適用なし 重要
Microsoft PowerPoint 2013 Service Pack 1 (32 ビット エディション) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054999) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft PowerPoint 2013 Service Pack 1 (64 ビット エディション) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054999) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Word 2013 Service Pack 1 (32 ビット エディション) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054990) 重要なリモート コード実行 (3054990) 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054990) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Word 2013 Service Pack 1 (64 ビット エディション) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054990) 重要なリモート コード実行 (3054990) 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054990) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Office 2013 RT
Microsoft Excel 2013 RT Service Pack 1 重要なリモート コード実行 (3054949) 重要なリモート コード実行 (3054949) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054949) 適用なし 重要情報の開示(3054949) 適用なし 重要
Microsoft PowerPoint 2013 RT Service Pack 1 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054999) 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Word 2013 RT Service Pack 1 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054990) 重要なリモート コード実行 (3054990) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要
Microsoft Office for Mac
Microsoft Office for Mac 2011 重要なリモート コード実行 (3073865) 適用なし 重要なリモート コード実行 (3073865) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要
その他の Office ソフトウェア
Microsoft Excel Viewer 2007 Service Pack 3 重要なリモート コード実行 (2965209) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (2965209) 重要
Microsoft Office 互換機能パック Service Pack 3 重要なリモート コード実行 (2965208) 重要なリモート コード実行 (2965208) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (2965208) 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (2965208) 重要
Microsoft Word ビューアー 適用なし 適用なし 重要なリモート コード実行 (3054958) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要

 

Microsoft Office Services と Web Apps

脆弱性の重大度評価と影響を受けるソフトウェアによる最大のセキュリティ影響
影響を受けるソフトウェア Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2376 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2377 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2379 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2380 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2415 Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 - CVE-2015-2424 Microsoft Excel ASLR のバイパスの脆弱性 - CVE-2015-2375 Microsoft Excel DLL のリモート でコードが実行される脆弱性 - CVE-2015-2378 重大度の評価の集計
Microsoft SharePoint Server 2007
Microsoft SharePoint Server 2007 Service Pack 3 の Excel Services (32 ビット エディション) 重要なリモート コード実行 (2837612) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要
Microsoft SharePoint Server 2007 Service Pack 3 の Excel Services (64 ビット エディション) 重要なリモート コード実行 (2837612) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要
Microsoft SharePoint Server 2010
Microsoft SharePoint Server 2010 Service Pack 2 の Excel Services 重要なリモート コード実行 (3054968) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要情報の開示(3054968) 適用なし 重要
Microsoft SharePoint Server 2013
Microsoft SharePoint Server 2013 Service Pack 1 の Excel Services 重要なリモート コード実行 (3054861) 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 適用なし 重要情報の開示(3054861) 適用なし 重要

 

脆弱性情報

複数の Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性

Office ソフトウェアがメモリ内のオブジェクトを適切に処理できない場合、Microsoft Office ソフトウェアにリモート コード実行の脆弱性が存在します。

これらの脆弱性を悪用するには、影響を受けるバージョンの Microsoft Office ソフトウェアを含む特別に細工されたファイルをユーザーが開く必要があります。 電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工されたファイルをユーザーに送信し、ユーザーにファイルを開くよう誘導することで、この脆弱性を悪用する可能性があります。 Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者は、脆弱性を悪用するように設計された特別に細工されたファイルを含む Web サイトをホストする (または、ユーザーが提供したコンテンツを受け入れる、またはホストする侵害された Web サイトを利用する) 可能性があります。 攻撃者は、ユーザーに Web サイトへのアクセスを強制する方法はありません。 代わりに、攻撃者はユーザーにリンクをクリックするよう誘導する必要があります。通常は、電子メールまたはインスタント メッセンジャーのメッセージに誘導されます。

攻撃者がこれらの脆弱性を悪用した場合、現在のユーザーのコンテキストで任意のコードが実行される可能性があります。 現在のユーザーが管理者権限でログオンしている場合、攻撃者は影響を受けるシステムを完全に制御する可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。 システム上でアカウントのユーザー権限が少なく構成されているユーザーは、管理ユーザー権限で作業するユーザーに比べて、受ける影響は少ない可能性があります。

このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office がメモリ内のファイルを処理する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

次の表には、一般的な脆弱性と露出の一覧の各脆弱性の標準エントリへのリンクが含まれています。

脆弱性のタイトル CVE 番号 公開 悪用
Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 CVE-2015-2376 いいえ いいえ
Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 CVE-2015-2377 いいえ いいえ
Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 CVE-2015-2379 いいえ いいえ
Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 CVE-2015-2380 いいえ いいえ
Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 CVE-2015-2415 いいえ いいえ
Microsoft Office のメモリ破損の脆弱性 CVE-2015-2424 いいえ はい

 

軽減要因

Microsoft は、これらの脆弱性の 軽減要因 を特定していません。

対処方法

Microsoft は、これらの脆弱性の 回避策を 特定していません。 

Microsoft Excel ASLR のバイパスの脆弱性 - CVE-2015-2375

意図しない方法でメモリが解放されると、Microsoft Excel にセキュリティ機能バイパスの脆弱性が存在します。 この脆弱性により、攻撃者はアドレス空間レイアウトランダム化 (ASLR) セキュリティ機能をバイパスし、リモートでコードが実行される可能性があります。 セキュリティ機能のバイパス自体では、任意のコード実行は許可されません。 ただし、攻撃者は、このセキュリティ機能のバイパスの脆弱性を、リモート コード実行の脆弱性などの別の脆弱性と組み合わせて使用して、任意のコードを実行する可能性があります。

攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、ASLR セキュリティ機能をバイパスする可能性があります。

この脆弱性を悪用するには、ユーザーが影響を受けるバージョンの Microsoft Office ソフトウェアで特別に細工された Excel (.xls) ファイルを開く必要があります。 電子メール攻撃のシナリオでは、攻撃者は特別に細工された Excel (.xls) ファイルをユーザーに送信し、影響を受けるバージョンの Microsoft Office ソフトウェアでファイルを開くようユーザーに誘導することにより、この脆弱性を悪用する可能性があります。

Web ベースの攻撃シナリオでは、攻撃者は脆弱性の悪用を試みるために使用されるファイルを含む Web サイトをホストする可能性があります。 さらに、侵害された Web サイトや、ユーザーが提供するコンテンツを受け入れる、またはホストする Web サイトには、この脆弱性を悪用する可能性がある特別に細工されたコンテンツが含まれている可能性があります。 攻撃者は、特別に細工された Web サイトをユーザーに強制的に訪問させる方法はありません。 代わりに、攻撃者は、通常、電子メール メッセージまたはインスタント メッセンジャー メッセージ内のリンクをクリックして攻撃者のサイトに誘導し、影響を受けるバージョンの Microsoft Office ソフトウェアで特別に細工された Excel (.xls) ファイルを開くよう誘導することで、Web サイトにアクセスするように誘導する必要があります。

この更新プログラムは、メモリ情報の開示方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

Microsoft は、調整された脆弱性の開示を通じて、脆弱性に関する情報を受け取りました。 このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

軽減要因

Microsoft は、この脆弱性の 軽減要因 を特定していません。

対処方法

Microsoft は、この脆弱性の 回避策を 特定していません。 

Microsoft Excel DLL のリモート でコードが実行される脆弱性 - CVE-2015-2378

Microsoft Excel がダイナミック リンク ライブラリ (DLL) ファイルの読み込みを正しく処理しない場合、リモートでコードが実行される脆弱性が存在します。 攻撃者がこの脆弱性を悪用した場合、影響を受けるシステムを完全に制御できる可能性があります。 このような攻撃者はプログラムをインストールしたり、データの閲覧、変更、削除を行ったり、完全なユーザー権限を持つ新しいアカウントを作成したりできるようになります。

この脆弱性を悪用するには、攻撃者はまず、特別に細工された DLL ファイルをターゲット ユーザーの現在の作業ディレクトリに配置する必要があります。 その後、攻撃者は、信頼できる DLL を読み込むように設計されたプログラムを起動するようにユーザーを誘導する必要がありますが、悪意のある特別に細工された DLL ファイルを誤って読み込みます。 この更新プログラムは、Excel が特定の特別に細工されたバイナリの読み込みを処理する方法を修正することで、この脆弱性を解決します。

Microsoft は、調整された脆弱性の開示を通じて、脆弱性に関する情報を受け取りました。 このセキュリティ情報が発行されたとき、Microsoft は、この脆弱性が顧客を攻撃するために一般に使用されたことを示す情報を受け取っていませんでした。

軽減要因

Microsoft は、この脆弱性の 軽減要因 を特定していません。

対処方法

Microsoft は、この脆弱性の 回避策を 特定していません。 

セキュリティ更新プログラムの展開

セキュリティ更新プログラムの展開情報については、「エグゼクティブの概要」で参照されている Microsoft サポート技術情報の記事を参照してください。

謝辞

Microsoft は、連携した脆弱性の開示を通じてお客様を保護するのに役立つセキュリティ コミュニティの人々の取り組みを認識しています。 詳細については、「 受信確認 」を参照してください。 

免責情報

Microsoft サポート技術情報で提供される情報は、いかなる種類の保証もなく"現状のまま" 提供されます。 Microsoft は、商品性と特定の目的に対する適合性の保証を含め、明示または黙示を問わず、すべての保証を放棄します。 Microsoft Corporation またはそのサプライヤーは、Microsoft Corporation またはそのサプライヤーがこのような損害の可能性について通知された場合でも、直接的、間接的、付随的、派生的、ビジネス上の利益の損失、または特別な損害を含む一切の損害について一切の責任を負いません。 一部の州では、派生的損害または付随的損害に対する責任の除外または制限が認められていないため、前述の制限は適用されない場合があります。

リビジョン

  • V1.0 (2015 年 7 月 14 日): セキュリティ情報が公開されました。

Page generated 2015-07-14 13:22Z-07:00.