Share via


SharePoint 2013 の URL とトークン

SharePoint で、URL を作成する方法と URL トークンを使用する方法について説明します。

SharePoint の URL の種類

SharePoint は URL 文字列を解析し、指定されたプロトコル (たとえば、 http:) または文字列内のスラッシュ (/) の位置に基づいて URL の形式を特定します。 個々のメンバに応じて、以下の URL の形式を使用できます。

  • 絶対 URL は、最初にプロトコルを指定して、完全なパスを指定します。 たとえば、 http://domain_or_server/[ sites/] Web_Site/ Lists/ List_Title/ AllItems.aspx

  • ドメイン相対 URL は、ドメイン (サーバーの名前の場合もある) アドレスを基準とし、常にスラッシュで始まります。 これは、最上位の Web サイトからファイル名までの完全なパスを指定します。 たとえば、/[ sites/] Web_Site/ Lists/ List_Title/ AllItems.aspx のようになります。

  • Web サイト相対 URL は、Web サイト オブジェクト ( SPWeb ) のアドレスを基準とします。 これは、最初にスラッシュを 含めずに、Web サイト アドレスからファイル名までの完全なパスを指定します。 たとえば、 Lists/List_Title/ AllItems.aspx

  • ファイルまたはフォルダーを基準とする URL は、ファイルを含むフォルダーに基づいています。 スラッシュは含まれません。 ファイルの名前を指定するだけです。 たとえば、「 AllItems.aspx 」のように入力します。

注:

"サイト コレクション相対 URL" という考え方はありません。そのような URL を渡すと、コードが失敗する可能性があります。

画像 URL に関する推奨

%ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\Web サーバー拡張機能\15\TEMPLATE\LAYOUTS\1033\IMAGES ディレクトリにあるイメージ ファイルの URL を作成する場合は、サイト コレクションのルート Web サイトを使用するパスを指定しますが、パス内にサブサイトは含まれません。 たとえば、画像ファイルには、/MySubsite/_layouts/images/MyImage.gif ではなく、/_layouts/images/MyImage.gif を使用してください。 これは、サブサイト URL はそれが使用されている場所によって解決方法が異なるためです。 ルート Web サイト相対 URL を常に使用すれば、このような違いは無視されます。

SharePoint の URL トークン

SharePoint は、SharePoint アドイン またはファーム ソリューションにおいて以下の表に挙げられているトークンの使用をサポートします。 いくつかのトークンはアプリでのみ使用可能です。 詳細については、「 SharePoint アドインの URL 文字列とトークン」を参照してください。

このセクションの表に示されたトークンは、カスタム アクションやカスタム ページのリンクなど、SharePoint を開発する際のさまざまな状況の URL で使用できます。 場合によっては、これらのトークンの一部は使用できません。 制限付きトークンのリストのみを使用できる最も重要な場所の 3 つは、アプリのスタート ページ、ホスト Web 上のカスタム アクション、アプリ パーツの Src プロパティです。 これらについては別の列で説明されていますが、トークンを使用できるのはこれら 3 つの場所だけではありません。

" StartPage " 列では、アプリ マニフェストの StartPage 要素にトークンを使用できるかどうかを指定します。 " カスタム アクション " 列では、ホスト Web のカスタム アクションの URL にトークンを使用できるかどうかを指定します。 " アプリ パーツ " 列では、アプリ パーツの Src プロパティにトークンを使用できるかどうかを指定します。

URL の先頭で使用できるトークン

トークン 解決先 スタート ページ カスタム アクション アプリ パーツ 注釈
~controlTemplates
現在の Web サイトの ControlTemplates 仮想フォルダーの URL
いいえ
いいえ
いいえ
~layouts
現在の Web サイトの Layouts 仮想フォルダーの URL
いいえ
いいえ
いいえ
~site
現在の Web サイトの URL
いいえ
いいえ
はい
~sitecollection
現在の Web サイトの親サイト コレクションの URL
いいえ
いいえ
はい

特に示されていない場合を除き、次のテーブルのこれらのトークンは、アプリ 部分の Src プロパティ値のパス部分で使用できません。 "アプリ パーツ" は、値のクエリ文字列部分での使用を示しています。

URL 内で使用できるトークン

トークン 解決先 スタート ページ カスタム アクション アプリ パーツ 注釈
{ControlTemplates}
現在の Web サイトの ControlTemplates 仮想フォルダーの URL
いいえ
いいえ
いいえ
{ItemId}
リストまたはライブラリ内の項目の ID (整数)。
いいえ
はい
いいえ
{ItemUrl}
作用対象のアイテムの URL
いいえ
はい
いいえ
{Layouts}
現在の Web サイトの Layouts 仮想フォルダーの URL
いいえ
いいえ
いいえ
{ListId}
現在のリストの ID (GUID)
いいえ
はい
いいえ
{RecurrenceId}
再帰イベントの再帰インデックス
いいえ
はい
いいえ
このトークンは、リスト アイテムのコンテキスト メニューでの使用がサポートされていません。
{Site}
現在の Web サイトの URL
いいえ
はい
はい
{SiteCollection}
現在の Web サイトの親サイトの URL
いいえ
はい
はい
{SiteUrl}
現在の Web サイトの URL
いいえ
はい
いいえ
{Source}
HTTP 要求の URL。
いいえ
はい
いいえ

関連項目