JDBC ドライバーのシステム要件

JDBC ドライバーのダウンロード

Microsoft JDBC Driver for SQL Server を使用して SQL Server または Azure SQL Database からデータにアクセスするには、コンピューターに次のコンポーネントがインストールされている必要があります。

Java Runtime Environment の要件

Microsoft JDBC Driver 11.2 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 18.0 と Java Runtime Environment (JRE) 18.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 10.2 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 17.0 と Java Runtime Environment (JRE) 17.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 9.4 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 16.0 と Java Runtime Environment (JRE) 16.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 9.2 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 15.0 と Java Runtime Environment (JRE) 15.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 8.4 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 14.0 と Java Runtime Environment (JRE) 14.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 8.2 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 13.0 と Java Runtime Environment (JRE) 13.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 12.0 と Java Runtime Environment (JRE) 12.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 7.2 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 11.0 と Java Runtime Environment (JRE) 11.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 7.0 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 10.0 と Java Runtime Environment (JRE) 10.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 9.0 と Java Runtime Environment (JRE) 9.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 8.0 と Java Runtime Environment (JRE) 8.0 がサポートされています。 JDBC Spec API のサポートが拡張され、JDBC 4.1 と 4.2 API が対象になりました。

Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server の時点で、Java Development Kit (JDK) 7.0 と Java Runtime Environment (JRE) 7.0 がサポートされています。

Microsoft JDBC Driver 4.0 for SQL Server の時点で、JDBC Spec API に対する JDBC ドライバー サポートが拡張され、JDBC 4.0 API が含まれるようになりました。 JDBC 4.0 API は、Java Development Kit (JDK) 6.0 および Java Runtime Environment (JRE) 6.0 の一部として導入されました。 JDBC 4.0 は、JDBC 3.0 API のスーパーセットです。

Windows および UNIX オペレーティング システムに Microsoft JDBC Driver for SQL Server を展開する場合は、インストール パッケージ (sqljdbc_<バージョン>_enu.exesqljdbc_<バージョン>_enu.tar.gz) をそれぞれ使用する必要があります。 JDBC ドライバー の展開方法の詳細については、「JDBC ドライバーの展開」を参照してください。

Microsoft JDBC Driver 11.2 for SQL Server:

JDBC Driver 11.2 の各インストール パッケージには、4 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-11.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre11.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre17.jarmssql-jdbc-11.2.0.jre18.jar) が含まれています。

JDBC Driver 11.2は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 1.8、OpenJDK 11.0、OpenJDK 17.0、OpenJDK 18.0、Azul Zulu JRE 1.8、Azul Zulu JRE 11.0、Azul Zulu JRE 17.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Drivers 11.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-11.2.0.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 1.8 が必要です。 JRE 1.7 以前を使用すると、例外がスローされます。
mssql-jdbc-11.2.0.jre11.jar 4.3 11 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。 JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。
mssql-jdbc-11.2.0.jre17.jar 4.3 17 Java Runtime Environment (JRE) 17.0 が必要です。 JRE 16.0 以前を使用すると、例外がスローされます。
mssql-jdbc-11.2.0.jre18.jar 4.3 18 Java Runtime Environment (JRE) 18.0 が必要です。 JRE 17.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

JDBC Driver 10.2 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます。

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>11.2.0.jre11</version>
</dependency> 

Microsoft JDBC Driver 10.2 for SQL Server:

JDBC Driver 10.2 の各インストール パッケージには、3 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-10.2.0.jre8.jarmssql-jdbc-10.2.0.jre11.jarmssql-jdbc-10.2.0.jre17.jar) が含まれています。

JDBC Driver 10.2 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 1.8、OpenJDK 11.0、OpenJDK 17.0、Azul Zulu JRE 1.8、Azul Zulu JRE 11.0、Azul Zulu JRE 17.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Drivers 10.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-10.2.0.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 1.8 が必要です。 JRE 1.7 以前を使用すると、例外がスローされます。
mssql-jdbc-10.2.0.jre11.jar 4.3 11 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。 JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。
mssql-jdbc-10.2.0.jre17.jar 4.3 17 Java Runtime Environment (JRE) 17.0 が必要です。 JRE 16.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

JDBC Driver 11.2 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます。

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>11.2.0.jre11</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 9.4 for SQL Server:

JDBC Driver 9.4 の各インストール パッケージには、3 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-9.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.4.1.jre11.jarmssql-jdbc-9.4.1.jre16.jar) が含まれています。

JDBC Driver 9.4 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 1.8、OpenJDK 11.0、OpenJDK 16.0、Azul Zulu JRE 1.8、Azul Zulu JRE 11.0、Azul Zulu JRE 16.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Drivers 9.4 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-9.4.1.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 1.8 が必要です。 JRE 1.7 以前を使用すると、例外がスローされます。
mssql-jdbc-9.4.1.jre11.jar 4.3 11 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。 JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。
mssql-jdbc-9.4.1.jre16.jar 4.3 16 Java Runtime Environment (JRE) 16.0 が必要です。 JRE 15.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

JDBC Driver 9.4 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます。

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>9.4.1.jre11</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 9.2 for SQL Server:

JDBC Driver 9.2 の各インストール パッケージには、3 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-9.2.1.jre8.jarmssql-jdbc-9.2.1.jre11.jar、および mssql-jdbc-9.2.1.jre15.jar) が含まれています。

JDBC Driver 9.2 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 1.8、OpenJDK 11.0、OpenJDK 15.0、Azul Zulu JRE 1.8、Azul Zulu JRE 11.0、Azul Zulu JRE 15.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Drivers 9.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-9.2.1.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 1.8 が必要です。 JRE 1.7 以前を使用すると、例外がスローされます。

9\.2 の新機能: JDK 15 サポート、Azure Active Directory 対話型認証のサポート、Azure Active Directory サービス プリンシパル認証のサポート、および Azure Synapse Analytics サーバー以外での useBulkCopyForBatchInsert のサポート。
mssql-jdbc-9.2.1.jre11.jar 4.3 11 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。 JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

9\.2 の新機能: JDK 15 サポート、Azure Active Directory 対話型認証のサポート、Azure Active Directory サービス プリンシパル認証のサポート、および Azure Synapse Analytics サーバー以外での useBulkCopyForBatchInsert のサポート。
mssql-jdbc-9.2.1.jre15.jar 4.3 15 Java Runtime Environment (JRE) 15.0 が必要です。 JRE 14.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

9\.2 の新機能: JDK 15 サポート、Azure Active Directory 対話型認証のサポート、Azure Active Directory サービス プリンシパル認証のサポート、および Azure Synapse Analytics サーバー以外での useBulkCopyForBatchInsert のサポート。

JDBC Driver 9.2 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます。

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>9.2.1.jre11</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 8.4 for SQL Server:

JDBC Driver 8.4 の各インストール パッケージには、3 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-8.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-8.4.1.jre11.jar、および mssql-jdbc-8.4.1.jre14.jar) が含まれています。

JDBC Driver 8.4 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 1.8、OpenJDK 11.0、OpenJDK 14.0、Azul Zulu JRE 1.8、Azul Zulu JRE 11.0、Azul Zulu JRE 14.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Drivers 8.4 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-8.4.1.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 1.8 が必要です。 JRE 1.7 以前を使用すると、例外がスローされます。

8\.4 の新機能:JDK 14 のサポート、マネージド ID を使用した Azure Key Vault への認証のサポート、Azure Data Warehouse の一括コピーの拡張サポート、Azure SQL DNS キャッシュ、LOB オブジェクトのストリーミングとの下位互換性のサポート、Loopback シナリオにおけるクライアント証明書の認証。
mssql-jdbc-8.4.1.jre11.jar 4.3 11 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。 JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

8\.4 の新機能:JDK 14 のサポート、マネージド ID を使用した Azure Key Vault への認証のサポート、Azure Data Warehouse の一括コピーの拡張サポート、Azure SQL DNS キャッシュ、LOB オブジェクトのストリーミングとの下位互換性のサポート、Loopback シナリオにおけるクライアント証明書の認証。
mssql-jdbc-8.4.1.jre13.jar 4.3 14 Java Runtime Environment (JRE) 14.0 が必要です。 JRE 13.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

8\.4 の新機能:JDK 14 のサポート、マネージド ID を使用した Azure Key Vault への認証のサポート、Azure Data Warehouse の一括コピーの拡張サポート、Azure SQL DNS キャッシュ、LOB オブジェクトのストリーミングとの下位互換性のサポート、Loopback シナリオにおけるクライアント証明書の認証。

JDBC Driver 8.4 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます。

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>8.4.1.jre11</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 8.2 for SQL Server:

JDBC Driver 8.2 の各インストール パッケージには、3 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-8.2.2.jre8.jarmssql-jdbc-8.2.2.jre11.jar、および mssql-jdbc-8.2.2.jre13.jar) が含まれています。

JDBC Driver 8.2 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 1.8、OpenJDK 11.0、OpenJDK 13.0、Azul Zulu JRE 1.8、Azul Zulu JRE 11.0、Azul Zulu JRE 13.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Drivers 8.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-8.2.2.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 1.8 が必要です。 JRE 1.7 以前を使用すると、例外がスローされます。

8\.2 の新機能: JDK 13 サポート、セキュリティで保護されたエンクレーブを使用する Always Encrypted、テンポラル データ型のパフォーマンスの向上。
mssql-jdbc-8.2.2.jre11.jar 4.3 11 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。 JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

8\.2 の新機能: JDK 13 サポート、セキュリティで保護されたエンクレーブを使用する Always Encrypted、テンポラル データ型のパフォーマンスの向上。
mssql-jdbc-8.2.2.jre13.jar 4.3 13 Java Runtime Environment (JRE) 13.0 が必要です。 JRE 11.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

8\.2 の新機能: JDK 13 サポート、セキュリティで保護されたエンクレーブを使用する Always Encrypted、テンポラル データ型のパフォーマンスの向上。

JDBC Driver 8.2 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます。

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>8.2.2.jre11</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server:

JDBC Driver 7.4 の各インストール パッケージには、3 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre11.jarmssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar) が含まれています。

JDBC Driver 7.4 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 1.8、OpenJDK 11.0、OpenJDK 12.0、Azul Zulu JRE 1.8、Azul Zulu JRE 11.0、Azul Zulu JRE 12.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Drivers 7.4 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-7.4.1.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 1.8 が必要です。 JRE 1.7 以前を使用すると、例外がスローされます。

7\.4 の新機能:JDK 12 のサポート、NTLM 認証、useFmtOnly。
mssql-jdbc-7.4.1.jre11.jar 4.3 11 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。 JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

7\.4 の新機能:JDK 12 のサポート、NTLM 認証、useFmtOnly。
mssql-jdbc-7.4.1.jre12.jar 4.3 12 Java Runtime Environment (JRE) 12.0 が必要です。 JRE 11.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

7\.4 の新機能:JDK 12 のサポート、NTLM 認証、useFmtOnly。

JDBC Driver 7.4 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます。

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>7.4.1.jre11</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 7.2 for SQL Server:

JDBC Driver 7.2 の各インストール パッケージには、2 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar および mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar) が含まれています。

JDBC Driver 7.2 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 8.0、OpenJDK 11.0、Azul Zulu JRE 8.0、Azul Zulu JRE 11.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Drivers 7.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-7.2.2.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。 JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

7\.2 の新機能:JDK 11 のサポート、Active Directory マネージド ID (MSI) 認証、OSGi のサポート、SQLServerError API。
mssql-jdbc-7.2.2.jre11.jar 4.3 10 Java Runtime Environment (JRE) 11.0 が必要です。 JRE 10.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

7\.2 の新機能:JDK 11 のサポート、Active Directory マネージド ID (MSI) 認証、OSGi のサポート、SQLServerError API。

JDBC Driver 7.2 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます。

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>7.2.2.jre11</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 7.0 for SQL Server:

JDBC Driver 7.0 の各インストール パッケージには、2 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar および mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar) が含まれています。

JDBC Driver 7.0 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 8.0 と 10.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Drivers 7.0 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-7.0.0.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。 JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

7.0 の新機能には、JDK 10 のサポート、JDBC 4.2 仕様に更新された既定の準拠レベル、空間データ型のサポート、cancelQueryTime 接続プロパティ、要求境界メソッド、useBulkCopyForBatchInsert 接続プロパティ、データ検出および分類情報、UTF-8 機能の拡張、および CityHash のサポートが含まれます。
mssql-jdbc-7.0.0.jre10.jar 4.3 10 Java Runtime Environment (JRE) 10.0 が必要です。 JRE 9.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

7.0 の新機能には、JDK 10 のサポート、JDBC 4.2 仕様に更新された既定の準拠レベル、空間データ型のサポート、cancelQueryTime 接続プロパティ、要求境界メソッド、useBulkCopyForBatchInsert 接続プロパティ、データ検出および分類情報、UTF-8 機能の拡張、および CityHash のサポートが含まれます。

JDBC Driver 7.0 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます。

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>7.0.0.jre10</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server:

JDBC Driver 6.4 の各インストール パッケージには、3 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre8.jarmssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar) が含まれています。

JDBC Driver 6.4 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは OpenJDK 7.0、8.0、9.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Driver 6.4 for SQL Server に含まれている 3 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-6.4.0.jre7.jar 4.1 7 Java Runtime Environment (JRE) 7.0 が必要です。 JRE 6.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

6\.4 の新機能:Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの使用、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用。
mssql-jdbc-6.4.0.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。 JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

6\.4 の新機能:Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの使用、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用。
mssql-jdbc-6.4.0.jre9.jar 4.3 9 Java Runtime Environment (JRE) 9.0 が必要です。 JRE 8.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

6\.4 の新機能:Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの使用、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用。

JDBC Driver 6.4 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>6.4.0.jre9</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 6.2 for SQL Server:

JDBC Driver 6.2 の各インストール パッケージには、2 つの JAR クラス ライブラリ (mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jar および mssql-jdbc-6.2.2.jre8.jar) が含まれています。

JDBC Driver 6.2 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは Sun JRE 5.0、6.0、7.0、8.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Driver 6.0 for SQL Server および Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
mssql-jdbc-6.2.2.jre7.jar 4.1 7 Java Runtime Environment (JRE) 7.0 が必要です。 JRE 6.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

6\.2 の新機能:Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの使用、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用。
mssql-jdbc-6.2.3.jre8.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。 JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

6\.2 の新機能:Linux 用の Azure AD 認証、Kerberos でのプリンシパル/パスワードの使用、クロスドメイン認証での SPN 内の REALM の自動検証、Kerberos 制約付き委任、クエリのタイムアウト、ソケットのタイムアウト、および準備されたステートメントのハンドルの再利用

JDBC Driver 6.2 は Maven Central Repository 上で使用でき、POM.XML 内の次のコードによって Maven プロジェクトに追加できます

<dependency>
   <groupId>com.microsoft.sqlserver</groupId>
   <artifactId>mssql-jdbc</artifactId>
   <version>6.2.2.jre8</version>
</dependency>

Microsoft JDBC Driver 6.0 for SQL Server および Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server:

JDBC Drivers 6.0 および 4.2 には、各インストール パッケージに 2 つの JAR クラス ライブラリ (sqljdbc41.jar および sqljdbc42.jar) が含まれています。

JDBC Driver 6.0 と 4.2 は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは Sun JRE 5.0、6.0、7.0、8.0 上でのみ実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Driver 6.0 for SQL Server および Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server に含まれている 2 つの JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC バージョン準拠 推奨される Java のバージョン 説明
sqljdbc41.jar 4.1 7 Java Runtime Environment (JRE) 7.0 が必要です。 JRE 6.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

6.0 および 4.2 パッケージの新機能: JDBC 4.1 への準拠と一括コピー

それ以外に 6.0 パッケージのみの新機能: Always Encrypted、テーブル値パラメーター、Azure Active Directory 認証、Always On 可用性グループへの透過的な接続、準備されたクエリと国際化ドメイン名 (IDN) でのパラメーターのメタデータ取得の機能強化
sqljdbc42.jar 4.2 8 Java Runtime Environment (JRE) 8.0 が必要です。 JRE 7.0 以前を使用すると、例外がスローされます。

6.0 および 4.2 パッケージの新機能: JDBC 4.1 への準拠、JDBC 4.2 への準拠、一括コピー

それ以外に 6.0 パッケージのみの新機能: Always Encrypted、テーブル値パラメーター、Azure Active Directory 認証、Always On 可用性グループへの透過的な接続、準備されたクエリと国際化ドメイン名 (IDN) でのパラメーターのメタデータ取得の機能強化

Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server:

JDBC Driver 4.1 には、各インストール パッケージに 1 つの JAR クラス ライブラリ (sqljdbc41.jar) が含まれます。

JAR 説明
sqljdbc41.jar sqljdbc41.jar クラス ライブラリでは、JDBC 4.0 API のサポートが提供されます。 これには、JDBC 4.0 ドライバーのすべての機能と JDBC 4.0 API メソッドが含まれています。 JDBC 4.1 はサポートされていません ("SQLFeatureNotSupportedException" の例外がスローされます)。

sqljdbc41.jar クラス ライブラリを使用するには、Java Runtime Environment (JRE) 7.0 が必要です。 JRE 6.0 および 5.0 で sqljdbc41.jar を使用すると、例外がスローされます。

JDBC Driver は、すべての主要な Java 仮想マシンと連携するように設計され、それらをサポートしますが、テストは Sun JRE 5.0、6.0、7.0 上で実行されます。

次の表に、Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server に含まれている JAR ファイルによって提供されるサポートの概要を示します。

JAR JDBC のバージョン JRE (実行可能) JDK (コンパイル可能)
sqljdbc41.jar 4 7 7 6 5

SQL Server の要件

JDBC ドライバーは、Azure SQL Database と SQL Server への接続をサポートします。 Microsoft JDBC Driver 4.2 for SQL Server と Microsoft JDBC Driver 4.1 for SQL Server では、SQL Server 2008 以降をサポートします。

オペレーティング システムの要件

JDBC ドライバーは、Java 仮想マシン (JVM) の使用をサポートするすべてのオペレーティング システムで機能するように設計されています。 しかし、公式にテストされているのは、Sun Solaris、SUSE Linux、Ubuntu Linux、CentOS Linux、macOS、および Windows オペレーティング システムだけです。

サポートされている言語

JDBC ドライバーでは、SQL Server 列の照合順序がすべてサポートされます。 JDBC ドライバーでサポートされる照合順序の詳細については、「JDBC Driver の国際化機能」をご覧ください。

照合順序の詳細については、SQL Server オンライン ブックの「照合順序の使用」を参照してください。

関連項目

JDBC ドライバーの概要