Integration Services のエラーおよびメッセージのリファレンス

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure Data Factory の SSIS Integration Runtime

次の表に、 Integration Services で事前定義されているエラー メッセージ、警告メッセージ、および情報メッセージの一覧を示します。この一覧では、数値コードおよびシンボル名と共に、メッセージをカテゴリごとに昇順の番号順に示します。 ここに示す各エラーは、Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime 名前空間の Microsoft.SqlServer.Dts.Runtime.Hresults クラスのフィールドとして定義されています。

この一覧は、説明のないエラー コードが表示された場合に便利です。 現時点では、この一覧にトラブルシューティング情報は含まれていません。

この一覧には、次のメッセージのグループが含まれています。

重要

Integration Services の使用時に表示されるエラー メッセージの多くは、他のコンポーネントが原因です。 このトピックには、 Integration Services コンポーネントが原因で発生するすべてのエラーを記載しています。 一覧でエラーが見つからない場合、そのエラーは Integration Services以外のコンポーネントが原因です。 これには、OLE DB プロバイダー、データベース エンジン や Analysis Services などの他のデータベース コンポーネント、またはファイル システム、SMTP サーバー、メッセージ キュー (MSMQ) などの他のサービスやコンポーネントなどがあります。 このような外部エラー メッセージの情報については、コンポーネント固有のドキュメントを参照してください。

エラー メッセージ

Integration Services のエラー メッセージのシンボル名は、 DTS_E_ で始まります。

16 進コード 10 進コード シンボル名 説明
0x8002F347 -2147290297 DTS_E_STOREDPROCSTASK_OVERWRITINGSPATDESTINATION 転送先でストアド プロシージャ "%1" を上書きしています。
0x8020837E -2145352834 DTS_E_ADOSRCUNKNOWNTYPEMAPPEDTONTEXT 列 "%2" のデータ型 "%1" は、%3 に対してはサポートされていません。 この列は DT_NTEXT に変換されます。
0x8020838C -2145352820 DTS_E_XMLSRCSCHEMACOLUMNNOTINEXTERNALMETADATA XML スキーマのテーブル %2 の列 %1 には、外部メタデータ列のマッピングがありません。
0xC0000032 -1073741774 DTS_E_NOTINITIALIZED 内部オブジェクトまたは変数が初期化されませんでした。 これは製品の内部エラーです。 変数に有効な値が指定されている必要がありますが、指定されていない場合にこのエラーが返されます。
0xC0000033 -1073741773 DTS_E_EXPIRED Integration Services の評価期間が終了しました。
0xC0000034 -1073741772 DTS_E_NEGATIVEVALUESNOTALLOWED このプロパティには負の値を代入できません。 このエラーは、COUNT プロパティのような正の値のみを含むことができるプロパティに負の値を代入した場合に発生します。
0xC0000035 -1073741771 DTS_E_NEGATIVEINDEXNOTALLOWED インデックスに負の値を指定することはできません。 このエラーは、コレクションへのインデックスとして負の値が使用された場合に発生します。
0xC00060AB -1073717077 DTS_E_INVALIDSSISSERVERNAME サーバー名 "%1" は無効です。 SSIS サービスは複数インスタンスをサポートしていません。"server name\instance" ではなく、サーバー名のみを使用してください。
0xC0008445 -1073707963 DTS_E_SCRIPTMIGRATIONFAILED64BIT Visual Tools for Applications デザイナー サポートがないため、64 ビット プラットフォーム上で VSA スクリプトの移行を実行できません。 64 ビット プラットフォーム上では、WOW64 を利用して移行を実行してください。
0xC000931A -1073704166 DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_ERRORSINCOMMAND コマンドの実行でエラーが発生しました。
0xC000F427 -1073679321 DTS_E_SSISSTANDALONENOTINSTALLED SQL Server Data Tools (SSDT) の外部で SSIS パッケージを実行するには、Integration Services %1 以上をインストールする必要があります。
0xC0010001 -1073676287 DTS_E_VARIABLENOTFOUND 変数が見つかりません。 これは、パッケージの実行中にコンテナーの Variables コレクションから変数を取得しようとしたときに、その変数がない場合に発生します。 変数名が変更されたか、変数が作成されていない可能性があります。
0xC0010003 -1073676285 DTS_E_VARIABLEREADONLY 読み取り専用の変数 "%1" に書き込もうとして、エラーが発生しました。
0xC0010004 -1073676284 DTS_E_MANAGEDCOMPONENTSTORENOTFOUND タスクとデータ フロー タスクのコンポーネントを含んでいるディレクトリが見つかりません。 インストールの整合性を確認してください。
0xC0010006 -1073676282 DTS_E_PACKAGENAMETOOLONG パッケージ名が長すぎます。 上限は 128 文字です。 パッケージ名を短くしてください。
0xC0010007 -1073676281 DTS_E_PACKAGEDESCRIPTIONTOOLONG パッケージの説明が長すぎます。 上限は 1,024 文字です。 パッケージの説明を短くしてください。
0xC0010008 -1073676280 DTS_E_VERCOMMENTSTOOLONG VersionComments プロパティが長すぎます。 上限は 1,024 文字です。 VersionComments を短くしてください。
0xC0010009 -1073676279 DTS_E_ELEMENTNOTFOUND 要素がコレクションに見つかりません。 このエラーは、パッケージの実行中、コンテナーのコレクションから要素を取得しようとしたときに、要素がコレクションにない場合に発生します。
0xC001000A -1073676278 DTS_E_PACKAGENOTFOUND 指定されたパッケージを SQL Server データベースから読み込めませんでした。
0xC001000C -1073676276 DTS_E_INVALIDVARIABLEVALUE 変数値の代入が無効です。 このエラーは、クライアントまたはタスクがランタイム オブジェクトを変数値に代入した場合に発生します。
0xC001000D -1073676275 DTS_E_RESERVEDNAMESPACE 変数へ名前空間を割り当て中にエラーが発生しました。 "System" という名前空間は、システムで使用するために予約されています。 このエラーは、コンポーネントまたはタスクが、"System" という名前空間で変数を作成しようとした場合に発生します。
0xC001000E -1073676274 DTS_E_CONNECTIONNOTFOUND 接続 "%1" が見つかりません。 このエラーは、特定の接続要素が見つからない場合に接続のコレクションによってスローされます。
0xC001000F -1073676273 DTS_E_64BITVARIABLERECAST 変数 "%1" は、このオペレーティング システムでサポートされていない 64 ビット整数変数です。 この変数は 32 ビット整数に再キャストされました。
0xC0010010 -1073676272 DTS_E_CANTCHANGEREADONLYATRUNTIME 変数 "%1" の読み取り専用属性を変更しようとしました。 このエラーは、変数の読み取り専用属性が実行時に変更されたときに発生します。 読み取り専用の属性を変更できるのはデザイン時のみです。
0xC0010011 -1073676271 DTS_E_VARIABLEINVALIDCONTAINERREF コンテナー参照に変数を設定しようとしましたが、これは無効です。 コンテナー参照には変数を設定できません。
0xC0010013 -1073676269 DTS_E_INVALIDVARVALUE 変数 "%1" に無効な値またはオブジェクトを代入しています。 このエラーは、変数に指定した値が適切でない場合に発生します。
0xC0010014 -1073676268 DTS_E_GENERICERROR 1 つ以上のエラーが発生しました。 このエラーの前により具体的なエラーが発生していて、そのエラーで詳細が説明されています。 このメッセージは、エラーの原因となった関数からの戻り値として使用されます。
0xC0010016 -1073676266 DTS_E_INVALIDARRAYVALUE 配列値の取得時または設定時にエラーが発生しました。 型 "%1" は使用できません。 このエラーは、配列を変数に読み込んだときに発生します。
0xC0010017 -1073676265 DTS_E_UNSUPPORTEDARRAYTYPE 配列でサポートされていない型です。 このエラーは、サポートされていない型の配列を変数に保存したときに発生します。
0xC0010018 -1073676264 DTS_E_PERSISTENCEERROR ノード "%2" から値 "%1" を読み込み中にエラーが発生しました。
0xC0010019 -1073676263 DTS_E_INVALIDNODE ノード "%1" は有効なノードではありません。 このエラーは、保存が失敗した場合に発生します。
0xC0010020 -1073676256 DTS_E_ERRORLOADINGTASK タスク "%1"、種類 "%2" を読み込めませんでした。 このタスクの連絡先に関する情報は "%3" です。
0xC0010021 -1073676255 DTS_E_ERRORELEMENTNOTINCOLL 要素 "%1" がコレクション "%2" に存在しません。
0xC0010022 -1073676254 DTS_E_MISSINGOBJECTDATA ホストされたオブジェクトの XML ブロックに ObjectData 要素が見つかりません。 これは、XML パーサーによってオブジェクトのデータ要素が検索され、見つからなかった場合に発生します。
0xC0010023 -1073676253 DTS_E_VARIABLENOTFOUNDINCOLL 変数 "%1" が見つかりません。 このエラーは、パッケージの実行中にコンテナーの変数のコレクションから変数を取得しようとしたときに、その変数がない場合に発生します。 変数名が変更されたか、変数が作成されていない可能性があります。
0xC0010025 -1073676251 DTS_E_HASEMPTYTASKHOSTS 読み込めなかったタスクがパッケージに含まれているので、パッケージを実行できません。
0xC0010026 -1073676250 DTS_E_TASKISEMPTY タスクを読み込めませんでした。 このタスクの連絡先に関する情報は "%1" です。
0xC0010027 -1073676249 DTS_E_ERRORLOADINGTASKNOCONTACT タスク "%1" を読み込み中にエラーが発生しました。
0xC0010028 -1073676248 DTS_E_ERRORATLOADTASK タスクを読み込み中にエラーが発生しました。 このエラーは、XML からのタスクの読み込みに失敗した場合に発生します。
0xC0010200 -1073675776 DTS_E_MULTIPLECACHEWRITES キャッシュは、%2 が既に書き込んでいるため、%1 は書き込むことができません。
0xC0010201 -1073675775 DTS_E_SETCACHEFORINSERTFAILED 新しいデータ用のキャッシュを準備できませんでした。
0xC0010202 -1073675774 DTS_E_SETCACHEFORFILLFAILED データでいっぱいのため、キャッシュを設定できませんでした。
0xC0010203 -1073675773 DTS_E_READUNINITIALIZEDCACHE キャッシュは初期化されていないので、%1 は読み取ることができません。
0xC0010204 -1073675772 DTS_E_SETCACHEFORREADFAILED データを提供するためのキャッシュを準備できませんでした。
0xC0010205 -1073675771 DTS_E_READNOTFILLEDCACHE キャッシュは %1 が書き込んでいるため、%2 が読み取ることはできません。
0xC0010206 -1073675770 DTS_E_WRITEWHILECACHEINUSE キャッシュは %1 から読み取られているため、%2 が書き込むことはできません。
0xC0011001 -1073672191 DTS_E_CANTLOADFROMNODE 指定された XML ノードからランタイム オブジェクトを読み込めません。 これは、SSIS 以外の XML ノードなど、正しくない種類の XML ノードからパッケージや他のオブジェクトを読み込もうとしたときに発生します。
0xC0011002 -1073672190 DTS_E_OPENPACKAGEFILE エラー 0x%2!8.8X! "%3" により、パッケージ ファイル "%1" を開けませんでした 。 これは、パッケージを読み込もうとして、ファイルを開けなかったり、XML ドキュメントに正しく読み込めなかったりした場合に発生します。 これは、LoadPackage の呼び出し時に正しくないファイル名が指定されたか、または指定された XML ファイルの形式が正しくなかった結果と考えられます。
0xC0011003 -1073672189 DTS_E_LOADPACKAGEXML エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、XML を読み込めませんでした 。 このエラーは、パッケージを読み込もうとして、ファイルを開けなかったり、XML ドキュメントに正しく読み込めなかった場合に発生します。 これは、LoadPackage メソッドに正しくないファイル名が渡されたか、または指定された XML ファイルの形式が正しくなかった結果と考えられます。
0xC0011004 -1073672188 DTS_E_LOADPACKAGEXMLFILE エラー 0x%2!8.8X! "%3" により、パッケージ ファイル "%1" から XML を読み込めませんでした 。 これは、パッケージを読み込もうとして、ファイルを開けなかったり、XML ドキュメントに正しく読み込めなかったりした場合に発生します。 これは、LoadPackage メソッドに正しくないファイル名が渡されたか、または指定された XML ファイルの形式が正しくなかった結果と考えられます。
0xC0011005 -1073672187 DTS_E_OPENFILE パッケージ ファイルを開けませんでした。 このエラーは、パッケージを読み込もうとして、ファイルを開けなかったり、XML ドキュメントに正しく読み込めなかった場合に発生します。 これは、LoadPackage メソッドに正しくないファイル名が渡されたか、または指定された XML ファイルの形式が正しくなかった結果と考えられます。
0xC0011006 -1073672186 DTS_E_UNABLETODECODEBINARYFORMAT パッケージでバイナリ形式をデコードできません。
0xC0011007 -1073672185 DTS_E_FUNDAMENTALLOADINGERROR パッケージが有効な XML 形式を保持していないので、パッケージを XML として読み込めません。 特定の XML パーサー エラーが通知されます。
0xC0011008 -1073672184 DTS_E_LOADFROMXML XML からの読み込み中にエラーが発生しました。 詳細なエラー情報を格納できる Events オブジェクトが渡されなかったので、この問題に関する詳細なエラー情報を特定できません。
0xC0011009 -1073672183 DTS_E_XMLDOMERROR XML ドキュメント オブジェクト モデルのインスタンスを作成できません。 MSXML を登録できない可能性があります。
0xC001100D -1073672179 DTS_E_CANNOTLOADOLDPACKAGES パッケージを読み込めません。 このエラーは、古いバージョンのパッケージを読み込もうとしたか、パッケージ ファイルが無効な構造化オブジェクトを参照している場合に発生します。
0xC001100E -1073672178 DTS_E_SAVEFILE パッケージ ファイルを保存できませんでした。
0xC001100F -1073672177 DTS_E_SAVEPACKAGEFILE パッケージ ファイル "%1" を保存できませんでした。エラー 0x%2!8.8X! "%3" が発生しました 。
0xC001200D -1073668083 DTS_E_IDTSNAMENOTSUPPORTED オブジェクトが IDTSName100 から継承される必要がありましたが、継承されませんでした。
0xC0012018 -1073668072 DTS_E_CONFIGFORMATINVALID_PACKAGEDELIMITER 構成エントリ "%1" は、パッケージ区切り記号で開始されていないため、形式が正しくありません。 "\package" 区切り記号がありませんでした。
0xC0012019 -1073668071 DTS_E_CONFIGFORMATINVALID 構成エントリ "%1" の形式が正しくありませんでした。 このエラーは、区切り記号がないか、配列の区切り記号が無効であるなどの形式エラーが原因で発生する可能性があります。
0xC001201B -1073668069 DTS_E_CONFIGFILEFAILEDEXPORT 構成ファイルのエクスポート中にエラーが発生しました。
0xC0012021 -1073668063 DTS_E_PROPERTIESCOLLECTIONREADONLY プロパティのコレクションは変更できません。
0xC0012022 -1073668062 DTS_E_DTRXMLSAVEFAILURE 構成ファイルの保存に失敗しました。 ファイルが読み取り専用である可能性があります。
0xC0012023 -1073668061 DTS_E_FAILPACKAGEONFAILURENA FailPackageOnFailure プロパティはパッケージ コンテナーには適用できません。
0xC0012024 -1073668060 DTS_E_TASKPRODUCTLEVEL インストールされている Integration Services %2 ではタスク "%1" を実行できません。 %3 以上が必要です。
0xC0012029 -1073668055 DTS_E_UNABLETOSAVETOFILE XML を "%1" に保存できません。 ファイルが読み取り専用である可能性があります。
0xC0012037 -1073668041 DTS_E_CONFIGTYPECONVERSIONFAILED パッケージ パス "%2" の構成 "%1" の型を変換できませんでした。 これは、構成値を文字列から適切な変換先の型に変換できない場合に発生します。 構成値を確実に変換先のプロパティまたは変数の型に変換できるように、構成値を確認してください。
0xC0012049 -1073668023 DTS_E_CONFIGFAILED 構成エラーです。 これは、構成の種類すべてに対する汎用警告です。 この警告の前に他の警告が発生していて、その警告で詳細が説明されています。
0xC0012050 -1073668016 DTS_E_REMOTEPACKAGEVALIDATION ExecutePackage タスクからパッケージを検証できませんでした。 パッケージを実行できません。
0xC0013001 -1073663999 DTS_E_FAILTOCREATEMUTEX エラー 0x%2!8.8X! により、ミューテックス "%1" を作成できませんでした。
0xC0013002 -1073663998 DTS_E_MUTEXOWNBYDIFFUSER ミューテックス "%1" は既に存在し、別のユーザーによって所有されています。
0xC0013003 -1073663997 DTS_E_WAITFORMUTEXFAILED エラー 0x%2!8.8X! により、ミューテックス "%1" を取得できませんでした。
0xC0013004 -1073663996 DTS_E_FAILTORELEASEMUTEX エラー 0x%2!8.8X! により、ミューテックス "%1" を解放できませんでした。
0xC0014003 -1073659901 DTS_E_INVALIDTASKPOINTER ラッパーのタスク ポインターが無効です。 ラッパーがタスクへの無効なポインターを保持しています。
0xC0014004 -1073659900 DTS_E_ALREADYADDED この実行可能ファイルは、別のコンテナーの実行可能ファイルのコレクションに追加されています。 これは、クライアントが、ある実行可能ファイルを複数の実行可能ファイルのコレクションに追加しようとした場合に発生します。 別の実行可能ファイルのコレクションに追加する前に、この実行可能ファイルを現在のコレクションから削除してください。
0xC0014005 -1073659899 DTS_E_UNKNOWNCONNECTIONMANAGERTYPE 接続マネージャー "%2" に指定されている接続の種類 "%1" は、有効な接続マネージャーの種類として認識されません。 このエラーは、接続の種類が不明な接続マネージャーを作成しようとした場合に返されます。 接続の種類の名前が、正しいスペルになっていることを確認してください。
0xC0014006 -1073659898 DTS_E_COLLECTIONCOULDNTADD オブジェクトが作成されましたが、コレクションに追加できませんでした。 このエラーは、メモリ不足の状態が原因で発生する可能性があります。
0xC0014007 -1073659897 DTS_E_ODBCERRORENV Open Database Connectivity (ODBC) 環境を作成中にエラーが発生しました。
0xC0014008 -1073659896 DTS_E_ODBCERRORDBC Open Database Connectivity (ODBC) データベース接続を作成中にエラーが発生しました。
0xC0014009 -1073659895 DTS_E_ODBCERRORCONNECT データベース サーバーとの Open Database Connectivity (ODBC) 接続を確立中にエラーが発生しました。
0xC001400A -1073659894 DTS_E_CONNECTIONMANAGERQUALIFIERALREADYSET この接続マネージャー インスタンスには、既に修飾子が設定されています。 各インスタンスに修飾子を設定できるのは一度だけです。
0xC001400B -1073659893 DTS_E_CONNECTIONMANAGERQUALIFIERNOTSET この接続マネージャーのインスタンスには、修飾子が設定されていません。 初期化を完了するには、修飾子を設定する必要があります。
0xC001400C -1073659892 DTS_E_CONNECTIONMANAGERQUALIFIERNOTSUPPORTED この接続マネージャーでは、修飾子の指定がサポートされていません。
0xC001400D -1073659891 DTS_E_CANNOTCLONECONNECTIONMANAGER アウト プロセスで実行するために接続マネージャー "0x%1" を複製することはできません。
0xC001400E -1073659890 DTS_E_NOSQLPROFILERDLL SQL Server Profiler のログ プロバイダーは、pfclnt.dll を読み込めませんでした。 SQL Server Profiler がインストールされていることを確認してください。
0xC001400F -1073659889 DTS_E_LOGFAILED エラー コード 0x%1!8.8X! により、SSIS ログ記録インフラストラクチャが失敗しました。 このエラーは、特定のログ プロバイダーに起因しないログ記録エラーを示します。
0xC0014010 -1073659888 DTS_E_LOGPROVIDERFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! (%3) により、SSIS ログ記録プロバイダー "%1" が失敗しました。 (%3)。 これは、指定されたログ プロバイダーに起因するログ記録エラーを示します。
0xC0014011 -1073659887 DTS_E_SAVETOSQLSERVER_OLEDB SaveToSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。
0xC0014012 -1073659886 DTS_E_LOADFROMSQLSERVER_OLEDB LoadFromSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。
0xC0014013 -1073659885 DTS_E_REMOVEFROMSQLSERVER_OLEDB RemoveFromSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。
0xC0014014 -1073659884 DTS_E_EXISTSONSQLSERVER_OLEDB ExistsOnSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。
0xC0014015 -1073659883 DTS_E_CONNECTIONSTRING 指定された接続文字列が使用されたときに、OLE DB によるデータベース接続が失敗しました。
0xC0014016 -1073659882 DTS_E_FROMEXECISNOTCHILD 優先順位制約を追加するときに、このコンテナーの子ではない From 実行可能ファイルが指定されました。
0xC0014017 -1073659881 DTS_E_TOEXECISNOTCHILD 優先順位制約を追加するときに、このコンテナーの子ではない To 実行可能ファイルが指定されました。
0xC0014018 -1073659880 DTS_E_ODBCTRANSACTIONENLIST トランザクションで ODBC 接続への参加を試行中にエラーが発生しました。 SQLSetConnectAttr で、SQL_ATTR_ENLIST_IN_DTC 属性を設定できませんでした。
0xC0014019 -1073659879 DTS_E_CONNECTIONOFFLINE パッケージの OfflineMode プロパティが True に設定されているため、接続マネージャー "%1" は接続を取得できません。 OfflineMode が True に設定されている場合は、接続を取得できません。>
0xC001401A -1073659878 DTS_E_BEGINTRANSACTION エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、SSIS ランタイムは分散トランザクションを開始できませんでした 。 DTC トランザクションを開始できませんでした。 これは、MSDTC サービスが実行されていないことが原因で発生する可能性があります。
0xC001401B -1073659877 DTS_E_SETQUALIFIERDESIGNTIMEONLY パッケージの実行中は、接続マネージャーで SetQualifier メソッドを呼び出すことができません。 このメソッドを使用できるのはデザイン時のみです。
0xC001401C -1073659876 DTS_E_SQLPERSISTENCEVERSION SQL Server にパッケージを格納するか SQL Server でパッケージを変更するには、SSIS ランタイムおよびデータベースのバージョンが同じである必要があります。 古いバージョンのパッケージの格納はサポートされていません。
0xC001401D -1073659875 DTS_E_CONNECTIONVALIDATIONFAILED 接続 "%1" を検証できませんでした。
0xC001401E -1073659874 DTS_E_INVALIDFILENAMEINCONNECTION 接続に指定されたファイル名 "%1" は無効です。
0xC001401F -1073659873 DTS_E_MULTIPLEFILESONRETAINEDCONNECTION Retain プロパティが True の場合、接続に対して複数のファイル名を指定できません。 複数のファイル名が指定されていることを意味する縦棒が接続文字列に含まれています。また、Retain プロパティが True になっています。
0xC0014020 -1073659872 DTS_E_ODBCERROR ODBC エラー %1!d! が 発生しました。
0xC0014021 -1073659871 DTS_E_PRECEDENCECONSTRAINT "%1" から "%2" までの範囲の優先順位制約でエラーが発生しました。
0xC0014022 -1073659870 DTS_E_FAILEDPOPNATIVEFEE 次のエラー コードにより、ForEachEnumeratorInfos コレクションにネイティブ ForEachEnumerators を設定できませんでした: %1。
0xC0014023 -1073659869 DTS_E_GETENUMERATOR エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、ForEach 列挙子の GetEnumerator メソッドが失敗しました 。 このエラーは、ForEach 列挙子が列挙を実行できない場合に発生します。
0xC0014024 -1073659868 DTS_E_CANTGETCERTDATA 指定された証明書オブジェクトから未加工の証明書データを取得できませんでした (エラー: %1)。 これは、CPackage::put_CertificateObject が ManagedHelper オブジェクトのインスタンスを作成できない場合、ManagedHelper オブジェクトが失敗した場合、または ManagedHelper オブジェクトから正しくない形式の配列が返された場合に発生します。
0xC0014025 -1073659867 DTS_E_CANTCREATECERTCONTEXT 証明書コンテキストを作成できませんでした (エラー: %1)。 これは、対応する CryptoAPI 関数が失敗した場合に CPackage::put_CertificateObject または CPackage::LoadFromXML で発生します。
0xC0014026 -1073659866 DTS_E_CANTOPENCERTSTORE エラー "%1" により、MY 証明書ストアを開けませんでした。このエラーは、CPackage::LoadUserCertificateByName および CPackage::LoadUserCertificateByHash で発生します。
0xC0014027 -1073659865 DTS_E_CANTFINDCERTBYNAME 名前で指定された MY ストアの証明書が見つかりません (エラー: %1)。 このエラーは、CPackage::LoadUserCertificateByName で発生します。
0xC0014028 -1073659864 DTS_E_CANTFINDCERTBYHASH ハッシュで指定された証明書が "MY" ストアに見つかりません (エラー: %1)。 このエラーは、CPackage::LoadUserCertificateByHash で発生します。
0xC0014029 -1073659863 DTS_E_INVALIDCERTHASHFORMAT ハッシュ値はバイトの 1 次元配列ではありません (エラー: %1)。 このエラーは、CPackage::LoadUserCertificateByHash で発生します。
0xC001402A -1073659862 DTS_E_CANTACCESSARRAYDATA 配列のデータにアクセスできません (エラー: %1)。 このエラーは、GetDataFromSafeArray が呼び出されるたびに発生する可能性があります。
0xC001402B -1073659861 DTS_E_CREATEMANAGEDHELPERFAILED エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、SSIS マネージド ヘルパー オブジェクトの作成中に失敗しました 。 このエラーは、CoCreateInstance CLSID_DTSManagedHelper が失敗するたびに発生します。
0xC001402C -1073659860 DTS_E_OLEDBTRANSACTIONENLIST エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、SSIS ランタイムは OLE DB 接続を分散トランザクションに参加させることができませんでした 。
0xC001402D -1073659859 DTS_E_SIGNPACKAGEFAILED エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、パッケージに署名できませんでした 。 このエラーは、ManagedHelper.SignDocument メソッドが失敗した場合に発生します。
0xC001402E -1073659858 DTS_E_CHECKENVELOPEFAILED エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、パッケージ XML の XML 署名エンベロープを確認できませんでした 。 このエラーは、CPackage::LoadFromXML で発生します。
0xC001402F -1073659857 DTS_E_GETXMLSOURCEFAILED エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、XML DOM オブジェクトから XML ソースを取得できませんでした 。 このエラーは、IXMLDOMDocument::get_xml が失敗した場合に発生します。
0xC0014030 -1073659856 DTS_E_PACKAGEVERIFICATIONFAILED エラー 0x%1!8.8X!"%2" により、パッケージの暗号化署名を検証できませんでした 。 このエラーは、署名の検証操作に失敗した場合に発生します。
0xC0014031 -1073659855 DTS_E_GETKEYFROMCERTFAILED エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、指定された証明書に関連付けられた暗号化キー ペアを取得できませんでした 。 発行された証明書のキー ペアを所持していることを確認してください。 このエラーは、通常、個人が秘密キーを所持していない証明書を使用してドキュメントに署名しようとした場合に発生します。
0xC0014032 -1073659854 DTS_E_INVALIDSIGNATURE デジタル署名が無効です。 パッケージのコンテンツが変更されています。
0xC0014033 -1073659853 DTS_E_UNTRUSTEDSIGNATURE デジタル署名は有効ですが、署名者が信頼されていないので、信頼性は保証できません。
0xC0014034 -1073659852 DTS_E_TRANSACTIONENLISTNOTSUPPORTED この接続では、分散トランザクションへの参加がサポートされていません。
0xC0014035 -1073659851 DTS_E_PACKAGEPROTECT エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、パッケージの保護を適用できませんでした 。 このエラーは、XML に保存するときに発生します。
0xC0014036 -1073659850 DTS_E_PACKAGEUNPROTECT エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、パッケージの保護を削除できませんでした 。 このエラーは、CPackage::LoadFromXML メソッドで発生します。
0xC0014037 -1073659849 DTS_E_PACKAGEPASSWORD パッケージはパスワードで暗号化されています。 パスワードが指定されなかったか、正しくありません。
0xC0014038 -1073659848 DTS_E_DUPLICATECONSTRAINT 優先順位制約が、指定された実行可能ファイル間に既に存在します。 複数の優先順位制約は許可されていません。
0xC0014039 -1073659847 DTS_E_PACKAGELOADFAILED エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、パッケージを読み込めませんでした 。 このエラーは、CPackage::LoadFromXML が失敗した場合に発生します。
0xC001403A -1073659846 DTS_E_PACKAGEOBJECTNOTENVELOPED エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、署名付き XML エンベロープでパッケージ オブジェクトが見つかりませんでした 。 このエラーは、署名付き XML に SSIS パッケージが予想どおりに含まれていない場合に発生します。
0xC001403B -1073659845 DTS_E_JAGGEDEVENTINFO パラメーター名、型、および説明の配列の長さが異なります。 これらの配列の長さは同じにする必要があります。 このエラーは、配列の長さが一致しない場合に発生します。 各配列の各パラメーターに設定できるエントリは 1 つです。
0xC001403C -1073659844 DTS_E_GETPACKAGEINFOS パッケージの列挙中に OLE DB エラー 0x%1!8.8X! (%2) が発生しました。 SQL ステートメントが発行されましたが失敗しました。
0xC001403D -1073659843 DTS_E_UNKNOWNLOGPROVIDERTYPE ログ プロバイダー "%2" に指定されたログ プロバイダーの種類 "%1" は、有効なログ プロバイダーの種類として認識されません。 このエラーは、不明なログ プロバイダーの種類のログ プロバイダーを作成しようとした場合に発生します。 ログ プロバイダーの種類の名前が、正しいスペルになっていることを確認してください。
0xC001403E -1073659842 DTS_E_UNKNOWNLOGPROVIDERTYPENOSUBS ログ プロバイダーの種類は、有効なログ プロバイダーの種類として認識されません。 このエラーは、不明なログ プロバイダーの種類のログ プロバイダーを作成しようとした場合に発生します。 ログ プロバイダーの種類の名前が、正しいスペルになっていることを確認してください。
0xC001403F -1073659841 DTS_E_UNKNOWNCONNECTIONMANAGERTYPENOSUBS 接続マネージャーに指定されている接続の種類が、有効な接続マネージャーの種類ではありません。 このエラーは、接続の種類が不明な接続マネージャーを作成しようとした場合に発生します。 接続の種類の名前の綴りを確認してください。
0xC0014040 -1073659840 DTS_E_PACKAGEREMOVEFAILED SQL Server からパッケージ "%1" を削除中にエラーが発生しました。
0xC0014042 -1073659838 DTS_E_FOLDERADDFAILED "%1" という名前の SQL Server で、フォルダー "%2" にフォルダーを作成中にエラーが発生しました。
0xC0014043 -1073659837 DTS_E_CREATEFOLDERONSQLSERVER_OLEDB CreateFolderOnSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。
0xC0014044 -1073659836 DTS_E_FOLDERRENAMEFAILED SQL Server にある "%1\\%2" というフォルダーの名前を "%1\\%3" に変更中にエラーが発生しました。
0xC0014045 -1073659835 DTS_E_RENAMEFOLDERONSQLSERVER_OLEDB RenameFolderOnSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。
0xC0014046 -1073659834 DTS_E_FOLDERDELETEFAILED SQL Server フォルダー "%1" を削除中にエラーが発生しました。
0xC0014047 -1073659833 DTS_E_REMOVEFOLDERFROMSQLSERVER_OLEDB RemoveFolderOnSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。
0xC0014048 -1073659832 DTS_E_INVALIDPATHTOPACKAGE 指定されたパッケージ パスにパッケージ名が含まれていません。 このエラーは、パスに円記号またはスラッシュがまったく含まれていない場合に発生します。
0xC0014049 -1073659831 DTS_E_FOLDERNOTFOUND フォルダー "%1" が見つかりません。
0xC001404A -1073659830 DTS_E_FINDFOLDERONSQLSERVER_OLEDB SQL のフォルダーを検索中に、OLE DB エラーが発生し、エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。
0xC001404B -1073659829 DTS_E_OPENLOGFAILED SSIS ログ記録プロバイダーは、ログを開けませんでした。 エラー コード:0x%1!8.8X!。
0xC001404C -1073659828 DTS_E_GETCONNECTIONINFOS エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、ConnectionInfos コレクションを取得できませんでした 。 このエラーは、IDTSApplication100::get_ConnectionInfos への呼び出しが失敗した場合に発生します。
0xC001404D -1073659827 DTS_E_VARIABLEDEADLOCK 変数をロックしようとしたときに、デッドロックが検出されました。 16 回試行しましたがロックを取得できません。 ロックはタイムアウトしました。
0xC001404E -1073659826 DTS_E_NOTDISPENSED VariableDispenser から Variables コレクションが返されませんでした。 ディスペンサーで管理されているコレクションのみで許可されている操作が試行されました。
0xC001404F -1073659825 DTS_E_VARIABLESALREADYUNLOCKED この Variables コレクションのロックは既に解除されています。 ディスペンサーで管理されている Variables コレクションでは、Unlock メソッドが 1 回だけ呼び出されます。
0xC0014050 -1073659824 DTS_E_VARIABLEUNLOCKFAILED 1 つ以上の変数のロックを解除できませんでした。
0xC0014051 -1073659823 DTS_E_DISPENSEDREADONLY Variables コレクションは VariableDispenser から返されましたが、変更できません。 ディスペンサーで管理されているコレクションに対して、項目を追加または削除することはできません。
0xC0014052 -1073659822 DTS_E_VARIABLEALREADYONREADLIST 変数 "%1" は読み取り一覧に既に存在します。 変数は、読み取りロック一覧または書き込みロック一覧に一度だけ追加できます。
0xC0014053 -1073659821 DTS_E_VARIABLEALREADYONWRITELIST 変数 "%1" は書き込み一覧に既に存在します。 変数は、読み取りロック一覧または書き込みロック一覧に一度だけ追加できます。
0xC0014054 -1073659820 DTS_E_LOCKVARIABLEFORREAD エラー 0x%2!8.8X! "%3" により、読み取りアクセス用の変数 "%1" をロックできませんでした 。
0xC0014055 -1073659819 DTS_E_LOCKVARIABLEFORWRITE エラー 0x%2!8.8X! "%3" により、読み取り/書き込みアクセス用の変数 "%1" をロックできませんでした 。
0xC0014056 -1073659818 DTS_E_CUSTOMEVENTCONFLICT カスタム イベント "%1" は、別のパラメーター リストで既に宣言されています。 タスクにより、異なるパラメーター リストで別のタスクが既に宣言されているカスタム イベントを宣言しようとしています。
0xC0014057 -1073659817 DTS_E_EVENTHANDLERNOTALLOWED カスタム イベント "%1" が指定されているタスクでは、パッケージ内でこのイベントを処理できません。 このカスタム イベントは、AllowEventHandlers が False に指定された状態で宣言されました。
0xC0014059 -1073659815 DTS_E_UNSAFEVARIABLESALREADYSET VariableDispenser が安全ではない Variables コレクションを受け取りました。 この操作を繰り返すことはできません。
0xC001405A -1073659814 DTS_E_INVALIDPARENTPACKAGEPATH GetPackagePath が ForEachEnumerator で呼び出されましたが、ForEachLoop パッケージ パスが指定されていませんでした。
0xC001405B -1073659813 DTS_E_VARIABLEDEADLOCK_READ 読み取りアクセス用の変数 "%1" をロックしようとしたときに、デッドロックが検出されました。 16 回試行しましたがロックを取得できなかったため、ロックはタイムアウトしました。
0xC001405C -1073659812 DTS_E_VARIABLEDEADLOCK_READWRITE 読み取り/書き込みアクセス用の変数 "%1" をロックしようとしたときに、デッドロックが検出されました。 16 回試行しましたがロックを取得できなかったため、 ロックはタイムアウトしました。
0xC001405D -1073659811 DTS_E_VARIABLEDEADLOCK_BOTH 読み取りアクセス用の変数 "%1" と読み取り/書き込みアクセス用の変数 "%2" をロックしようとしたときに、デッドロックが検出されました。 16 回試行しましたがロックを取得できなかったため、 >ロックはタイムアウトしました。
0xC001405E -1073659810 DTS_E_PACKAGEPASSWORDEMPTY パッケージの保護レベルではパスワードが必要ですが、PackagePassword プロパティが空です。
0xC001405F -1073659809 DTS_E_DECRYPTXML_PASSWORD XML ノードの暗号化解除または暗号化に失敗しました。パスワードが指定されなかったか、正しくありませんでした。 暗号化された情報を読み込まずに、パッケージの読み込みが続行されます。>
0xC0014060 -1073659808 DTS_E_DECRYPTPACKAGE_USERKEY ユーザー キーで暗号化されたパッケージの暗号化を解除できませんでした。 別のユーザーがこのパッケージを暗号化したか、パッケージの保存に使用されたコンピューターが使用されていません。
0xC0014061 -1073659807 DTS_E_SERVERSTORAGEDISALLOWED この保存先に保存する場合は、保護レベル ServerStorage を使用できません。 保存先にセキュリティで保護されたストレージ機能があることをシステムで確認できませんでした。
0xC0014062 -1073659806 DTS_E_LOADFROMSQLSERVER LoadFromSQLServer メソッドが失敗しました。
0xC0014063 -1073659805 DTS_E_SIGNATUREPOLICYVIOLATION デジタル署名の状態が署名ポリシーに違反しているのでパッケージを読み込めません。 エラー 0x%1!8.8X! "%2"
0xC0014064 -1073659804 DTS_E_SIGNATURENOTPRESENT パッケージが署名されていません。
0xC0014065 -1073659803 DTS_E_SQLPROFILERDLL_ONLY_X86 SQL Server Profiler のログ プロバイダーは、pfclnt.dll を読み込めませんでした。このプロバイダーは、32 ビット システムでのみサポートされています。
0xC0014100 -1073659648 DTS_E_NAMEALREADYADDED 同じ名前のオブジェクトがコレクション内に既に存在するので、オブジェクトを追加できません。 このエラーを解決するには、別の名前を指定してください。
0xC0014101 -1073659647 DTS_E_NAMEALREADYEXISTS 同じ名前のオブジェクトが既にコレクション内に存在するので、オブジェクト名を "%1" から "%2" に変更できません。 このエラーを解決するには、別の名前を指定してください。
0xC0014103 -1073659645 DTS_E_FAILEDDEPENDENCIES パッケージの依存関係を列挙中にエラーが発生しました。 詳細については、他のメッセージを確認してください。
0xC0014104 -1073659644 DTS_E_INVALIDCHECKPOINT_TRANSACTION 現在のパッケージ設定はサポートされていません。 SaveCheckpoints プロパティまたは TransactionOption プロパティを変更してください。
0xC001410E -1073659634 DTS_E_CONNECTIONMANAGERJOINTRANSACTION 接続マネージャーは、トランザクションから参加解除できませんでした。
0xC0015001 -1073655807 DTS_E_BPDUPLICATE 指定されたブレークポイント ID は既に存在します。 このエラーは、タスクが同じ ID で CreateBreakpoint を複数回呼び出した場合に発生します。 タスクが最初に作成したブレークポイントで RemoveBreakpoint を呼び出してから 2 つ目のブレークポイントを作成すると、同じ ID でブレークポイントが複数回作成される可能性があります。
0xC0015002 -1073655806 DTS_E_BPUNKNOWNID 指定されたブレークポイント ID が存在しません。 このエラーは、存在しないブレークポイントをタスクが参照した場合に発生します。
0xC0015004 -1073655804 DTS_E_CANTWRITETOFILE 書き込み用にファイル "%1" を開けませんでした。 ファイルが読み取り専用であるか、適切な権限がありません。
0xC0015005 -1073655803 DTS_E_NOROWSETRETURNED 結果行セットがこのクエリの実行に関連付けられていません。 結果が正しく指定されていません。
0xC0015105 -1073655547 DTS_E_DUMP_FAILED デバッグ ダンプ ファイルを正しく生成できませんでした。 hresult は 0x%1!8.8X! です。
0xC0016001 -1073651711 DTS_E_INVALIDURL 指定された URL が無効です。 このエラーは、サーバーまたはプロキシの URL に NULL が指定されたか、または URL の形式が正しくない場合に発生する可能性があります。 有効な URL 形式は、https://ServerName:Port/>ResourcePath または https://ServerName:Port/ResourcePath. です。
0xC0016002 -1073651710 DTS_E_INVALIDSCHEME 指定された URL %1 が無効です。 このエラーは、http または https 以外の構成が指定されたか、または URL の形式が正しくない場合に発生する可能性があります。 有効な URL 形式は、>https://ServerName:Port/ResourcePath または https://ServerName:Port/ResourcePath. です。
0xC0016003 -1073651709 DTS_E_WINHTTPCANNOTCONNECT サーバー %1 への接続を確立できません。 このエラーは、サーバーが存在しない場合、またはプロキシの設定が正しくない場合に発生する可能性があります。
0xC0016004 -1073651708 DTS_E_CONNECTIONTERMINATED サーバーとの接続がリセットされたか、終了しました。 後で再試行してください。
0xC0016005 -1073651707 DTS_E_LOGINFAILURE %1 のログインに失敗しました。 このエラーは、指定されたログイン資格情報が正しくない場合に発生します。 ログイン資格情報を確認してください。
0xC0016006 -1073651706 DTS_E_INVALIDSERVERNAME URL %1 で指定されたサーバー名を解決できません。
0xC0016007 -1073651705 DTS_E_PROXYAUTH プロキシ認証が失敗しました。 このエラーは、ログイン資格情報を入力していない場合、または資格情報が正しくない場合に発生します。
0xC0016008 -1073651704 DTS_E_SECUREFAILURE サーバーから取得した TLS/SSL 証明書の応答が無効です。 要求を処理できません。
0xC0016009 -1073651703 DTS_E_TIMEOUT 要求がタイムアウトしました。このエラーは、指定したタイムアウト値が小さすぎる場合や、サーバーまたはプロキシへの接続を確立できなかった場合に発生する可能性があります。 サーバーとプロキシの URL が正しいことを確認してください。
0xC001600A -1073651702 DTS_E_CLIENTAUTH クライアント証明書がありません。 このエラーは、サーバーで TLS/SSL クライアント証明書が必要とされているときに、ユーザーが無効な証明書を指定したか、または証明書を指定しなかった場合に発生します。 この接続用にクライアント証明書を構成する必要があります。
0xC001600B -1073651701 DTS_E_REDIRECTFAILURE 指定されたサーバーの URL %1 にはリダイレクトが含まれていますが、リダイレクトの要求に失敗しました。
0xC001600C -1073651700 DTS_E_SERVERAUTH サーバー認証が失敗しました。 このエラーは、ログイン資格情報を入力していない場合、または資格情報が正しくない場合に発生します。
0xC001600D -1073651699 DTS_E_WINHTTPUNKNOWNERROR 要求を処理できません。 後で再試行してください。
0xC001600E -1073651698 DTS_E_UNKNOWNSTATUSCODE サーバーが状態コード %1!u!: %2 を返しました。 : %2 を返しました。 このエラーは、サーバーで問題が発生したときに発生します。
0xC001600F -1073651697 DTS_E_WINHTTPNOTSUPPORTED このプラットフォームは、WinHttp サービスによってサポートされていません。
0xC0016010 -1073651696 DTS_E_INVALIDTIMEOUT タイムアウト値が無効です。 タイムアウトは %1!d! 秒から %2!d! 秒までの範囲内で、 秒単位で 指定する必要があります。
0xC0016011 -1073651695 DTS_E_INVALIDCHUNKSIZE チャンク サイズが無効です。 Chunksize プロパティは %1!d! から %2!d! までの範囲内で、 秒単位で 指定する必要があります。
0xC0016012 -1073651694 DTS_E_CERTERROR クライアント証明書を処理中にエラーが発生しました。 このエラーは、指定されたクライアント証明書が個人証明書ストアに見つからなかった場合に発生する可能性があります。 クライアント証明書が有効であることを確認してください。
0xC0016013 -1073651693 DTS_E_FORBIDDEN サーバーからエラー コード "403 - アクセス不可" が返されました。 このエラーは、"https" によるアクセスが必要な指定リソースにアクセスしたときに証明書の有効期限が終了している場合、要求した使用法に対して有効でない証明書が使用されている場合、または証明書が失効しているか失効を確認できない場合に発生する可能性があります。
0xC0016014 -1073651692 DTS_E_WINHTTPOPEN プロキシ "%1" で HTTP セッションを初期化できませんでした。 このエラーは、無効なプロキシが指定された場合に発生する可能性があります。 HTTP 接続マネージャーは CERN 型のプロキシのみをサポートしています。
0xC0016015 -1073651691 DTS_E_OPENCERTSTORE 証明書ストアを開くときにエラーが発生しました。
0xC0016016 -1073651690 DTS_E_UNPROTECTXMLFAILED エラー 0x%2!8.8X! "%3" により、保護された XML ノード "%1" の暗号化を解除できませんでした 。 この情報にアクセスする権限がない可能性があります。 このエラーは、暗号化エラーが起きた場合に発生します。 正しいキーが使用可能であることを確認してください。
0xC0016017 -1073651689 DTS_E_UNPROTECTCONNECTIONSTRINGFAILED エラー 0x%2!8.8X! "%3" により、サーバー "%1" の保護された接続文字列の暗号化を解除できませんでした 。 この情報にアクセスする権限がない可能性があります。 このエラーは、暗号化エラーが起きた場合に発生します。 正しいキーが使用可能であることを確認してください。
0xC0016018 -1073651688 DTS_E_NEGATIVEVERSION バージョン番号には負の値を指定できません。 このエラーは、パッケージの VersionMajor、VersionMinor、または VersionBuild プロパティが負の値に設定されている場合に発生します。
0xC0016019 -1073651687 DTS_E_PACKAGEMIGRATED 読み込み中に、パッケージがより新しいバージョンに移行されました。 処理を完了するには、パッケージを再読み込みする必要があります。 これは内部エラー コードです。
0xC0016020 -1073651680 DTS_E_PACKAGEMIGRATIONFAILED エラー 0x%3!8.8X! "%4" により、 パッケージを バージョン %1!d! から %2!d! に 移行できませんでした。
0xC0016021 -1073651679 DTS_E_PACKAGEMIGRATIONMODULELOAD パッケージ移行モジュールが読み込みに失敗しました。
0xC0016022 -1073651678 DTS_E_PACKAGEMIGRATIONMODULE パッケージ移行モジュールが失敗しました。
0xC0016023 -1073651677 DTS_E_CANTDETERMINEWHICHPROPTOPERSIST 既定の永続性を使用してオブジェクトを永続化できません。 このエラーは、既定の永続性で、ホストされたオブジェクトに存在するオブジェクトを特定できない場合に発生します。
0xC0016024 -1073651676 DTS_E_CANTADDREMOVEWHENEXECUTING ランタイム モードでパッケージに要素を追加、またはパッケージから要素を削除できませんでした。 このエラーは、パッケージの実行中に、コレクションに対してオブジェクトを追加または削除しようとした場合に発生します。
0xC0016025 -1073651675 DTS_E_NODENOTFOUND カスタムの既定の永続性で "%1" ノードが見つかりません。 このエラーは、拡張可能なオブジェクトの既定の保存済み XML が変更され、保存したオブジェクトが見つからなくなった場合に発生します。または、拡張可能なオブジェクト自体が変更された場合に発生します。
0xC0016026 -1073651674 DTS_E_COLLECTIONLOCKED パッケージの検証中または実行中にこのコレクションを変更することはできません。
0xC0016027 -1073651673 DTS_E_COLLOCKED パッケージの検証中または実行中に "%1" コレクションを変更することはできません。 "%2" はこのコレクションに追加できません。
0xC0016029 -1073651671 DTS_E_FTPNOTCONNECTED FTP サーバーとの接続が確立されていません。
0xC001602A -1073651670 DTS_E_FTPERROR 要求された FTP 操作でエラーが発生しました。 エラーの詳細説明: %1。
0xC001602B -1073651669 DTS_E_FTPINVALIDRETRIES 再試行回数が無効です。 再試行回数には、%1!d! から %2!d! までの値を指定する必要があります。 指定する必要があります。
0xC001602C -1073651668 DTS_E_LOADWININET FTP 接続マネージャーが機能するためには、次の DLL が必要です: %1。
0xC001602D -1073651667 DTS_E_FTPINVALIDCONNECTIONSTRING 接続文字列で指定されたポートが無効です。 ConnectionString の形式は ServerName:Port です。 ポートには、%1!d! から %2!d! までの整数値を 指定する必要があります。
0xC001602E -1073651666 DTS_E_FTPCREATEFOLDER フォルダー "%1" を作成しています... %2。
0xC001602F -1073651665 DTS_E_FTPDELETEFOLDER フォルダー "%1" を削除しています... %2。
0xC0016030 -1073651664 DTS_E_FTPCHANGEFOLDER 現在のディレクトリを "%1" に変更しています。 %2。
0xC0016031 -1073651663 DTS_E_FTPFILESEMPTY 転送するファイルがありません。 このエラーは、送信操作または受信操作を実行したときに、転送用に指定されたファイルがない場合に発生する可能性があります。
0xC0016032 -1073651662 DTS_E_FTPINVALIDLOCALPATH 指定したローカル パスは無効です。 有効なローカル パスを指定してください。 このエラーは、指定したローカル パスが NULL の場合に発生する可能性があります。
0xC0016033 -1073651661 DTS_E_FTPNOFILESTODELETE 削除するファイルが指定されていません。
0xC0016034 -1073651660 DTS_E_WINHTTPCERTDECODE 証明書の読み込み中に内部エラーが発生しました。 このエラーは、証明書のデータが無効である場合に発生します。
0xC0016035 -1073651659 DTS_E_WINHTTPCERTENCODE 証明書のデータを保存中に内部エラーが発生しました。
0xC0016049 -1073651639 DTS_E_CHECKPOINTMISMATCH チェックポイント ファイル "%1" がこのパッケージに一致しません。 パッケージの ID とチェックポイント ファイルの ID が一致していません。
0xC001604A -1073651638 DTS_E_CHECKPOINTFILEALREADYEXISTS 既存のチェックポイント ファイルが見つかりましたが、このパッケージ用ではないと思われるコンテンツが含まれています。そのため、このファイルを上書きして新しいチェックポイントの保存を開始することはできません。 既存のチェックポイント ファイルを削除してから再試行してください。 このエラーは、チェックポイント ファイルが存在し、パッケージが、チェックポイント ファイルを使用せず、チェックポイントを保存するように設定されている場合に発生します。 既存のチェックポイント ファイルは上書きされません。
0xC001604B -1073651637 DTS_E_CHECKPOINTFILELOCKED チェックポイント ファイル "%1" が別のプロセスによってロックされています。 このエラーは、このパッケージの別のインスタンスが現在実行中である場合に発生します。
0xC001604C -1073651636 DTS_E_OPENCHECKPOINTFILE エラー 0x%2!8.8X! "%3" により、チェックポイント ファイル "%1" を開けませんでした 。
0xC001604D -1073651635 DTS_E_CREATECHECKPOINTFILE エラー 0x%2!8.8X!"%3" により、チェックポイント ファイル "%1" を作成できませんでした 。
0xC0016050 -1073651632 DTS_E_FTPINVALIDPORT FTP ポートに無効な値が含まれています。 FTP ポートの値には、%1!d! から %2!d! までの整数値を 指定する必要があります。
0xC00160AA -1073651542 DTS_E_CONNECTTOSERVERFAILED コンピューター "%1" の SSIS サービスに接続できませんでした:

%2。
0xC0017002 -1073647614 DTS_E_PROPERTYEXPRESSIONSDISABLEDONVARIABLES Expression プロパティは Variable オブジェクトでサポートされていません。 代わりに、EvaluateAsExpression プロパティを使用してください。
0xC0017003 -1073647613 DTS_E_PROPERTYEXPRESSIONEVAL プロパティ "%2" の式 "%1" を評価できません。 有効な式に変更してください。
0xC0017004 -1073647612 DTS_E_PROPERTYEXPRESSIONSET プロパティ "%2" の式 "%1" の結果をそのプロパティに書き込めません。 式は評価されましたが、プロパティに設定できません。
0xC0017005 -1073647611 DTS_E_FORLOOPEVALEXPRESSIONINVALID ループの評価式が無効です。 式を変更する必要があります。 関連するエラー メッセージが表示されます。
0xC0017006 -1073647610 DTS_E_EXPRESSIONNOTBOOLEAN 式 "%1" は、True または False に評価される必要があります。 評価結果がブール値になるように式を変更してください。
0xC0017007 -1073647609 DTS_E_FORLOOPHASNOEXPRESSION 評価するループの式がありません。 このエラーは、For ループの式が空の場合に発生します。 式を追加してください。
0xC0017008 -1073647608 DTS_E_FORLOOPASSIGNEXPRESSIONINVALID ループの代入式が無効であるため、式を変更する必要があります。 関連するエラー メッセージが表示されます。
0xC0017009 -1073647607 DTS_E_FORLOOPINITEXPRESSIONINVALID ループの初期化式が無効であるため、式を変更する必要があります。 関連するエラー メッセージが表示されます。
0xC001700A -1073647606 DTS_E_INVALIDVERSIONNUMBER パッケージに含まれるバージョン番号が無効です。 バージョン番号を現在のバージョン番号より大きくすることはできません。
0xC001700C -1073647604 DTS_E_INVALIDVERNUMCANTBENEGATIVE パッケージに含まれるバージョン番号が無効です。 バージョン番号が負の値です。
0xC001700D -1073647603 DTS_E_PACKAGEUPDATEDISABLED パッケージの形式が古いバージョンですが、パッケージ形式の自動アップグレードは無効になっています。
0xC001700E -1073647602 DTS_E_EXPREVALTRUNCATIONASERROR 式の評価中に切り捨てが発生しました。
0xC0019001 -1073639423 DTS_E_FAILEDSETEXECVALVARIABLE ラッパーが ExecutionValueVariable プロパティに指定された変数の値を設定できませんでした。
0xC0019004 -1073639420 DTS_E_VARIABLEEXPRESSIONERROR 変数 "%1" の式を評価できませんでした。 式にエラーがありました。
0xC0019305 -1073638651 DTS_E_UNSUPPORTEDSQLVERSION 試行された操作は、このデータベース バージョンではサポートされていません。
0xC001A003 -1073635325 DTS_E_TXNSPECINVALID 保持されている接続が使用されている場合、トランザクションを指定できません。 このエラーは、接続マネージャーで Retain が True に設定されているにもかかわらず、AcquireConnection が NULL 以外のトランザクション パラメーターを使用して呼び出された場合に発生します。
0xC001A004 -1073635324 DTS_E_INCOMPATIBLETRANSACTIONCONTEXT 保持されている接続で互換性のないトランザクション コンテキストが指定されました。 この接続は別のトランザクション コンテキストで確立されています。 >保持されている接続は 1 つのトランザクション コンテキストのみで使用できます。
0xC001B001 -1073631231 DTS_E_NOTSUSPENDED パッケージが中断されていないため、Resume を呼び出せませんでした。 このエラーは、クライアントが Resume を呼び出したときにパッケージが中断されていない場合に発生します。
0xC001B002 -1073631230 DTS_E_ALREADYEXECUTING 実行可能ファイルが既に実行中であるため、Execute を呼び出せませんでした。 このエラーは、前回の Execute 呼び出しにより継続して実行されているコンテナーで、クライアントが Execute を呼び出した場合に発生します。
0xC001B003 -1073631229 DTS_E_NOTEXECUTING 実行可能ファイルが実行されていないか、または最上位の実行可能ファイルではないため、Suspend または Resume の呼び出しに失敗しました。 これは、Execute 呼び出しが現在処理中ではない実行可能ファイルで、クライアントが Suspend または Resume を呼び出した場合に発生します。
0xC001C002 -1073627134 DTS_E_INVALIDFILE For Each File 列挙子に指定されたファイルが無効です。 For Each File 列挙子に指定されたファイルが存在することを確認してください。
0xC001C010 -1073627120 DTS_E_VALUEINDEXNOTINTEGER 値インデックスが整数ではありません。 For Each 変数番号 %1!d! を変数 "%2" に マッピングしています。
0xC001C011 -1073627119 DTS_E_VALUEINDEXNEGATIVE 値インデックスが負の値です 変数 "%2" への ForEach 変数マッピング番号 %1!d! です。
0xC001C012 -1073627118 DTS_E_FOREACHVARIABLEMAPPING ForEach 変数マッピング番号 %1!d! を 変数 "%2" に適用できません。
0xC001C013 -1073627117 DTS_E_OBJECTNOTINFOREACHLOOP ForEachLoop コンテナーの直接の子ではない ForEachPropertyMapping にオブジェクトを追加しているときにエラーが発生しました。
0xC001F001 -1073614847 DTS_E_FAILEDSYSTEMVARIABLEREMOVE システム変数を削除できませんでした。 このエラーは、必要な変数を削除しようとした場合に発生します。 必要な変数は、タスクとランタイムの間の通信を行うためにランタイムで作成される変数です。
0xC001F002 -1073614846 DTS_E_CHANGESYSTEMVARIABLEREADONLYFAILED システム変数なので、変数のプロパティを変更できませんでした。 システム変数は読み取り専用です。
0xC001F003 -1073614845 DTS_E_CHANGESYSTEMVARIABLENAMEFAILED システム変数なので、変数の名前を変更できませんでした。 システム変数は読み取り専用です。
0xC001F004 -1073614844 DTS_E_CHANGESYSTEMVARIABLENAMESPACEFAILED システム変数なので、変数の名前空間を変更できませんでした。 システム変数は読み取り専用です。
0xC001F006 -1073614842 DTS_E_EVENTHANDLERNAMEREADONLY イベント ハンドラー名を変更できませんでした。 イベント ハンドラー名は読み取り専用です。
0xC001F008 -1073614840 DTS_E_PATHUNKNOWN オブジェクトへのパスを取得できません。 これはシステム エラーです。
0xC001F009 -1073614839 DTS_E_RUNTIMEVARIABLETYPECHANGE 変数 "%1" に代入されている値の型が、現在の変数の型と異なります。 変数の型は実行中に変更できません。 変数の型は厳密に一致している必要があります。ただし、オブジェクト型の変数は除きます。
0xC001F010 -1073614832 DTS_E_INVALIDSTRING 文字列に無効な文字が含まれています: "%1"。 このエラーは、印刷できない文字を含む文字列がプロパティ値に指定された場合に発生します。
0xC001F011 -1073614831 DTS_E_INVALIDOBJECTNAME SSIS オブジェクト名が無効です。 名前付けの問題が的確に説明された、より具体的なエラーが発生している可能性があります。
0xC001F021 -1073614815 DTS_E_PROPERTYREADONLY プロパティ "%1" は読み取り専用です。 このエラーは、読み取り専用のプロパティを変更しようとした場合に発生します。
0xC001F022 -1073614814 DTS_E_FAILEDGETTYPEINFO オブジェクトでは、型情報がサポートされていません。 このエラーは、ランタイムがオブジェクトから型情報を取得して、プロパティのコレクションを設定しようとした場合に発生します。 >オブジェクトでは型情報がサポートされている必要があります。
0xC001F023 -1073614813 DTS_E_FAILEDPROPERTYGET プロパティ "%1" の値を取得中に、エラーが発生しました。 エラー コードは 0x%2!8.8X! です。
0xC001F024 -1073614812 DTS_E_FAILEDPROPERTYGET_ERRORINFO プロパティ "%1" の値を取得中に、エラーが発生しました。 エラー コードは 0x%2!8.8X! 。
0xC001F025 -1073614811 DTS_E_FAILEDPROPERTYSET プロパティ "%1" の値を設定中に、エラーが発生しました。 返されたエラーは 0x%2!8.8X! です。
0xC001F026 -1073614810 DTS_E_FAILEDPROPERTYSET_ERRORINFO プロパティ "%1" の値を設定中に、エラーが発生しました。 返されたエラーは 0x%2!8.8X! 。
0xC001F027 -1073614809 DTS_E_PROPERTYWRITEONLY プロパティ "%1" は書き込み専用です。 このエラーは、プロパティ オブジェクトを使用してプロパティの値を取得しようとしたときに、そのプロパティが書き込み専用である場合に発生します。
0xC001F028 -1073614808 DTS_E_NODISPATCH オブジェクトには IDispatch インターフェイスが実装されていません。 このエラーは、プロパティ オブジェクトまたはプロパティのコレクションでオブジェクトの IDispatch インターフェイスにアクセスしようとした場合に発生します。
0xC001F029 -1073614807 DTS_E_NOCONTAININGTYPELIB オブジェクトのタイプ ライブラリを取得できません。 このエラーは、プロパティのコレクションで IDispatch インターフェイスによりオブジェクトのタイプ ライブラリを取得しようとした場合に発生します。
0xC001F02A -1073614806 DTS_E_INVALIDTASKMONIKER XML からタスクを作成できません。タスク "%1!s!"、型 "%2!s!"。エラー: 0x%3!8.8X! %4!s!"。
0xC001F02C -1073614804 DTS_E_FAILEDCREATEXMLDOCUMENT XML ドキュメント "%1" を作成できませんでした。
0xC001F02D -1073614803 DTS_E_PMVARPROPTYPESDIFFERENT 型の異なる変数からプロパティへのプロパティ マッピングが存在したため、エラーが発生しました。 プロパティの型は変数の型と一致する必要があります。
0xC001F02E -1073614802 DTS_E_PMINVALIDPROPMAPTARGET プロパティ マッピングで、サポートされていないオブジェクト型を対象に設定しようとしました。 このエラーは、サポートされていないオブジェクト型をプロパティ マッピングに渡した場合に発生します。
0xC001F02F -1073614801 DTS_E_COULDNOTRESOLVEPACKAGEPATH パッケージ "%1" のオブジェクトへのパッケージ パスを解決できません。 パッケージ パスが有効であることを確認してください。
0xC001F030 -1073614800 DTS_E_PMNODESTPROPERTY プロパティ マッピングの変換先プロパティが空です。 変換先プロパティの名前を設定してください。
0xC001F031 -1073614799 DTS_E_INVALIDPROPERTYMAPPINGSFOUND パッケージで、少なくとも 1 つのプロパティ マッピングを復元できませんでした。
0xC001F032 -1073614798 DTS_E_AMBIGUOUSVARIABLENAME この名前を持つ複数の変数が、異なる名前空間に存在するため、変数名があいまいになります。 名前空間で修飾された名前を指定して、変数名があいまいにならないようにしてください。
0xC001F033 -1073614797 DTS_E_DESTINATIONOBJECTPARENTLESS プロパティ マッピングの変換先オブジェクトには親オブジェクトがありません。 変換先オブジェクトはどのコンテナーの子オブジェクトでもありません。 パッケージから削除された可能性があります。
0xC001F036 -1073614794 DTS_E_INVALIDPROPERTYMAPPING プロパティ マッピングが無効です。 マッピングは無視されました。
0xC001F038 -1073614792 DTS_E_PMFAILALERTREMOVE プロパティ マッピングの警告時のエラー。プロパティ マッピングの対象を削除しています。
0xC001F03A -1073614790 DTS_E_INVALIDFOREACHPROPERTYMAPPING For Each ループで見つかったプロパティ マッピングが無効です。 このエラーは、For Each プロパティ マッピングの復元に失敗した場合に発生します。
0xC001F040 -1073614784 DTS_E_PMPROPERTYINVALID プロパティ マッピングで、無効な変換先プロパティが指定されました。 これは、変換先オブジェクトに、そのオブジェクトで見つからないプロパティが指定された場合に発生します。
0xC001F041 -1073614783 DTS_E_INVALIDTASKMONIKERNOPARAM XML からタスクを作成できません。 このエラーは、ランタイムがタスクを作成するための名前を解決できない場合に発生します。 名前が正しいことを確認してください。
0xC001F080 -1073614720 DTS_E_COULDNOTREPLACECHECKPOINTFILE 既存のチェックポイント ファイルを、更新されたチェックポイント ファイルに置き換えることができません。 チェックポイントは一時ファイルに正常に作成されましたが、既存のファイルを新しいファイルに置き換えることができませんでした。
0xC001F081 -1073614719 DTS_E_CHECKPOINTFILENOTSPECIFIED パッケージは常にチェックポイントから再開するように構成されていますが、チェックポイント ファイルが指定されていません。
0xC001F082 -1073614718 DTS_E_CHECKPOINTLOADXML エラー 0x%2!8.8X!"%3" により、XML チェックポイント ファイル "%1" を読み込めませんでした 。 指定されたファイル名が正しいこと、およびそのファイルが存在することを確認してください。
0xC001F083 -1073614717 DTS_E_LOADCHECKPOINT チェックポイント ファイルを読み込めないのでパッケージを実行できませんでした。 これ以上のパッケージの実行にはチェックポイント ファイルが必要です。 このエラーは、通常、パッケージが常にチェックポイントから再開されるように指定する ALWAYS に CheckpointUsage プロパティが設定されている場合に発生します。
0xC001F185 -1073614459 DTS_E_NOEVALEXPRESSION For ループの評価条件式 "%1" が空です。 For ループにはブール型の評価式が必要です。
0xC001F186 -1073614458 DTS_E_EXPREVALASSIGNMENTTYPEMISMATCH 代入式 "%1" の結果を、代入先の変数と互換性のある型に変換できません。
0xC001F187 -1073614457 DTS_E_EXPREVALASSIGNMENTTOREADONLYVARIABLE 代入式の読み取り専用の変数 "%1"を使用中にエラーが発生しました。 この変数は読み取り専用なので、式の結果を代入することはできません。 書き込み可能な変数を選択するか、この変数から式を削除してください。
0xC001F188 -1073614456 DTS_E_EXPREVALASSIGNMENTVARIABLELOCKFORWRITEFAILED 変数 "%2" が存在しないか、または書き込みアクセスができないため、式 "%1" を評価できません。 変数が見つからなかったか、または書き込みアクセス用にロックできなかったので、式の結果は変数に代入されません。
0xC001F189 -1073614455 DTS_E_EXPREVALRESULTTYPENOTSUPPORTED 式 "%1" の結果の型 "%2" を、サポートされている型に変換できません。
0xC001F18A -1073614454 DTS_E_EXPREVALRESULTTYPECONVERSIONFAILED エラー コード 0x%3!8.8X! により、式 "%1" の結果を型 "%2" からサポートされている型に変換できませんでした。 型変換はサポートされていますが、ランタイム エンジンで式の結果をサポートされている型に変換しようとしたときに、予期しないエラーが発生しました。
0xC001F200 -1073614336 DTS_E_DTSNAME_NOTNULL オブジェクト名が無効です。 名前を NULL にすることはできません。
0xC001F201 -1073614335 DTS_E_DTSNAME_NOTEMPTY オブジェクト名が無効です。 名前を空にすることはできません。
0xC001F202 -1073614334 DTS_E_DTSNAME_LEGAL オブジェクト名 "%1" は無効です。 名前には次のどの文字も含めることができません: / \ : [ ] . =
0xC001F203 -1073614333 DTS_E_DTSNAME_PRINTABLE オブジェクト名 "%1" は無効です。 名前の印刷が不可能になる制御文字を含めることはできません。
0xC001F204 -1073614332 DTS_E_DTSNAME_NOLEADWHITESP オブジェクト名 "%1" は無効です。 名前の先頭を空白にすることはできません。
0xC001F205 -1073614331 DTS_E_DTSNAME_NOTRAILWHITESP オブジェクト名 "%1" は無効です。 名前の末尾を空白にすることはできません。
0xC001F206 -1073614330 DTS_E_DTSNAME_BEGINSWITHALPHA オブジェクト名 "%1" は無効です。 名前の先頭は英文字にする必要があります。
0xC001F207 -1073614329 DTS_E_DTSNAME_BEGINSWITHALPHAUNDERBAR オブジェクト名 "%1" は無効です。 名前の先頭は英文字またはアンダースコア "_" にする必要があります。
0xC001F208 -1073614328 DTS_E_DTSNAME_ALPHADIGITUNDERBAR オブジェクト名 "%1" は無効です。 名前には英数字またはアンダースコア "_" のみを指定する必要があります。
0xC001F209 -1073614327 DTS_E_DTSNAME_VALIDFILENAME オブジェクト名 "%1" は無効です。 名前には次のどの文字も含めることができません: / \ : ? " <> |
0xC001F420 -1073613792 DTS_E_FAILLOADINGPROPERTY 既定の永続性を使用して値プロパティ "%1" を読み込めませんでした。
0xC001F422 -1073613790 DTS_E_NODELISTENUM_INVALIDCONNMGRTYPE 接続マネージャー "%1" の種類は "%2" ではありません
0xC001F423 -1073613789 DTS_E_NODELISTENUM_XPATHISEMPTY "%1" が空です
0xC001F424 -1073613788 DTS_E_NODELISTENUM_INVALIDDATANODE ノード一覧の列挙子セクションに無効なデータ ノードがあります
0xC001F425 -1073613787 DTS_E_NODELISTENUM_NOENUMERATORCREATED 列挙子を作成できません
0xC001F427 -1073613785 DTS_E_OPERATIONFAILCACHEINUSE キャッシュが使用中のため、操作は失敗しました。
0xC001F428 -1073613784 DTS_E_PROPERTYCANNOTBEMODIFIED プロパティは変更できません。
0xC001F429 -1073613783 DTS_E_PACKAGEUPGRADEFAILED パッケージのアップグレードに失敗しました。
0xC00220DE -1073602338 DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNABLETOLOADFILE エラー 0x%1!8.8X! がパッケージ ファイル "%3" の読み込み中に発生しました。 %2。
0xC00220DF -1073602337 DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNSPECIFIEDPACKAGE パッケージが指定されていません。
0xC00220E0 -1073602336 DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNSPECIFIEDCONNECTION 接続が指定されていません。
0xC00220E2 -1073602334 DTS_E_TKEXECPACKAGE_INCORRECTCONNECTIONMANAGERTYPE 接続マネージャー "%1" は、サポートされていない種類 "%2" です。 ファイル接続マネージャーおよび OLE DB 接続マネージャーのみがサポートされています。
0xC00220E3 -1073602333 DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNABLETOLOADXML エラー 0x%1!8.8X! がパッケージ ファイル "%3" を XML ドキュメントに読み込み中に発生しました。 %2。
0xC00220E4 -1073602332 DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNABLETOLOAD エラー 0x%1!8.8X! がパッケージの読み込みを準備中に発生しました。 %2。
0xC0024102 -1073594110 DTS_E_TASKVALIDATIONFAILED タスクの Validate メソッドが失敗し、エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。 タスクの Validate メソッドが成功し、"out" パラメーターを使用して結果が示される必要があります。
0xC0024104 -1073594108 DTS_E_TASKEXECUTEFAILED タスクの Execute メソッドが失敗し、エラー コード 0x%1!8.8X! (%2) が検出されました。 タスクの Execute メソッドは成功し、"out" パラメーターを使用して結果が示される必要があります。
0xC0024105 -1073594107 DTS_E_RETRIEVINGDEPENDENCIES タスク "%1" で依存関係を取得中にエラー 0x%2!8.8X! 発生しました。 エラーが発生したとき、ランタイムがタスクの依存関係のコレクションから依存関係を取得しようとしていました。 タスクにより、いずれかの依存関係のインターフェイスが正しく実装されなかった可能性があります。
0xC0024107 -1073594105 DTS_E_TASKVALIDATIONERROR タスクの検証中にエラーが発生しました。
0xC0024108 -1073594104 DTS_E_CONNECTIONSTRINGFORMAT 接続文字列の形式が無効です。 セミコロンで区切った X=Y という形式が 1 つ以上含まれている必要があります。 このエラーは、データベース接続マネージャーに、コンポーネントを持たない接続文字列が設定されている場合に発生します。
0xC0024109 -1073594103 DTS_E_UNQUOTEDSEMICOLON 接続文字列コンポーネントには、引用符で囲まれていないセミコロンを含めることはできません。 値にセミコロンを含める必要がある場合は、値全体を引用符で囲みます。 このエラーは、InitialCatalog プロパティなどの接続文字列の値に引用符で囲まれていないセミコロンが含まれている場合に発生します。
0xC002410A -1073594102 DTS_E_LOGPROVIDERVALIDATIONFAILED 1 つ以上のログ プロバイダーの検証に失敗しました。 パッケージを実行できません。 ログ プロバイダーによる検証が失敗した場合、パッケージは実行されません。
0xC002410B -1073594101 DTS_E_INVALIDVALUEINARRAY 配列内の値が無効です。
0xC002410C -1073594100 DTS_E_ENUMERATIONELEMENTNOTENUMERABLE ForEach 列挙子から返された列挙子の要素が IEnumerator を実装していません。ForEach 列挙子の CollectionEnumerator プロパティと矛盾しています。
0xC002410D -1073594099 DTS_E_INVALIDENUMERATORINDEX 列挙子はインデックス "%1!d!" で要素を取得できませんでした。
0xC0029100 -1073573632 DTS_E_AXTASK_MISSING_ENTRY_METHOD_NAME 関数が見つかりませんでした。
0xC0029101 -1073573631 DTS_E_AXTASK_EMPTY_SCRIPT 関数が見つかりませんでした。
0xC0029102 -1073573630 DTS_E_AXTASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT ActiveX スクリプト タスクは正しくない XML 要素を使用して開始されました。
0xC0029105 -1073573627 DTS_E_AXTASK_HANDLER_NOT_FOUND ハンドラーが見つかりませんでした。
0xC0029106 -1073573626 DTS_E_AXTASKUTIL_ENUMERATE_LANGUAGES_FAILED システムにインストールされているスクリプト言語を取得中にエラーが発生しました。
0xC0029107 -1073573625 DTS_E_AXTASKUTIL_SCRIPTHOST_CREATE_FAILED ActiveX スクリプト ホストを作成中にエラーが発生しました。 スクリプト ホストが正しくインストールされていることを確認してください。
0xC0029108 -1073573624 DTS_E_AXTASKUTIL_SCRIPTHOSTINIT_FAILED 選択した言語のスクリプト ホストのインスタンスを作成中にエラーが発生しました。 選択したスクリプト言語がシステムにインストールされていることを確認してください。
0xC0029109 -1073573623 DTS_E_AXTASKUTIL_ADDVARIABLES_FAILED SSIS 変数をスクリプト ホストの名前空間に追加中にエラーが発生しました。 これにより、タスクでスクリプト内の SSIS 変数が使用されない可能性があります。
0xC002910A -1073573622 DTS_E_AXTASKUTIL_SCRIPT_PARSING_FAILED スクリプト テキストを解析中に致命的なエラーが発生しました。 選択した言語のスクリプト エンジンが正しくインストールされていることを確認してください。
0xC002910B -1073573621 DTS_E_AXTASKUTIL_MSG_BAD_FUNCTION 入力した関数名が無効です。 有効な関数名を指定したかどうかを確認してください。
0xC002910C -1073573620 DTS_E_AXTASKUTIL_EXECUTION_FAILED スクリプトを実行中にエラーが発生しました。 選択した言語のスクリプト エンジンが正しくインストールされていることを確認してください。
0xC002910D -1073573619 DTS_E_AXTASKUTIL_ADDTYPELIB_FAILED マネージド タイプ ライブラリをスクリプト ホストに追加中にエラーが発生しました。 DTS 2000 ランタイムがインストールされていることを確認してください。
0xC002910E -1073573618 DTS_E_BITASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT 正しくない XML 要素を使用して、一括挿入タスクが開始されました。
0xC002910F -1073573617 DTS_E_BITASK_DATA_FILE_NOT_SPECIFIED データ ファイル名が指定されていません。
0xC0029110 -1073573616 DTS_E_BITASK_HANDLER_NOT_FOUND ハンドラーが見つかりませんでした。
0xC0029111 -1073573615 DTS_E_BITASK_CANNOT_ACQUIRE_CONNECTION 指定された接続を取得できませんでした: "%1"。
0xC0029112 -1073573614 DTS_E_BITASK_NO_CONNECTION_MANAGER_SPECIFIED 接続マネージャーを取得できませんでした。
0xC0029113 -1073573613 DTS_E_BITASK_INVALID_CONNECTION 接続が無効です。
0xC0029114 -1073573612 DTS_E_BITASK_NULL_CONNECTION 接続が NULL です。
0xC0029115 -1073573611 DTS_E_BITASK_EXECUTE_FAILED 実行に失敗しました。
0xC0029116 -1073573610 DTS_E_BITASK_CANNOT_RETRIEVE_TABLES データベースからテーブルを取得中にエラーが発生しました。
0xC0029117 -1073573609 DTS_E_BITASK_CANNOT_RETRIEVE_COLUMN_INFO テーブルの列を取得中にエラーが発生しました。
0xC0029118 -1073573608 DTS_E_BITASK_ERROR_IN_DB_OPERATION データベース操作でエラーが発生しました。
0xC0029119 -1073573607 DTS_E_BITASK_INVALIDSOURCECONNECTIONNAME 指定された接続 "%1" は無効であるか、無効なオブジェクトを参照しています。 続行するには、有効な接続を指定してください。
0xC002911A -1073573606 DTS_E_BITASK_INVALIDDESTCONNECTIONNAME 対象になる接続の指定が無効です。 続行するには、有効な接続を指定してください。
0xC002911B -1073573605 DTS_E_BITASK_DESTINATION_TABLE_NOT_SPECIFIED 続行するには、テーブル名を指定する必要があります。
0xC002911C -1073573604 DTS_E_BITASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML LoadFromXML のタグ "%1" でエラーが発生しました。
0xC002911D -1073573603 DTS_E_BITASK_ERROR_IN_SAVE_TO_XML SaveToXML のタグ "%1" でエラーが発生しました。
0xC002911E -1073573602 DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_INVALID_CONNECTION 接続が無効です。
0xC002911F -1073573601 DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_EXECUTE_FAILED 実行に失敗しました。
0xC0029120 -1073573600 DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_CANNOT_RETRIEVE_TABLES データベースからテーブルを取得中にエラーが発生しました。
0xC0029121 -1073573599 DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_CANNOT_RETRIEVE_COLUMN_INFO テーブルの列を取得中にエラーが発生しました。
0xC0029122 -1073573598 DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_CANNOT_OPEN_FILE データ ファイルを開こうとして、エラーが発生しました。
0xC0029123 -1073573597 DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_OEM_CONVERSION_FAILED 指定された形式に入力 OEM ファイルを変換できません。
0xC0029124 -1073573596 DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_ERROR_IN_DB_OPERATION データベース操作でエラーが発生しました。
0xC0029125 -1073573595 DTS_E_DTSPROCTASK_NOCONNECTIONSPECIFIED 接続マネージャーが指定されていません。
0xC0029126 -1073573594 DTS_E_DTSPROCTASK_CONNECTIONMANAGERNOTOLAP 接続 "%1" は Analysis Services 接続ではありません。
0xC0029127 -1073573593 DTS_E_DTSPROCTASK_UNABLETOLOCATECONNECTIONMANAGER 接続 "%1" が見つかりません。
0xC0029128 -1073573592 DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDTASKDATANODEEXE Analysis Services DDL 実行タスクに無効なタスク データ ノードが返されました。
0xC0029129 -1073573591 DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDTASKDATANODEPROC Analysis Services 処理タスクに無効なタスク データ ノードが返されました。
0xC002912A -1073573590 DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDDDL DDL が無効です。
0xC002912B -1073573589 DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDDDLPROCESSINGCOMMANDS ProcessingCommands の DDL が無効です。
0xC002912C -1073573588 DTS_E_DTSPROCTASK_CANNOTWRITEINAREADONLYVARIABLE 実行結果を読み取り専用の変数に保存することはできません。
0xC002912D -1073573587 DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDVARIABLE 変数 "%1" は定義されていません。
0xC002912E -1073573586 DTS_E_DTSPROCTASK_CONNECTIONNOTFOUND 接続マネージャー "%1" は定義されていません。
0xC002912F -1073573585 DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDCONNECTION 接続マネージャー "%1" は FILE 接続マネージャーではありません。
0xC0029130 -1073573584 DTS_E_DTSPROCTASK_NONEXISTENTATTRIBUTE シリアル化解除中に "%1" が見つかりませんでした。
0xC0029131 -1073573583 DTS_E_DTSPROCTASK_TRACEHASBEENSTOPPED 例外が発生したため、トレースは停止しました。
0xC0029132 -1073573582 DTS_E_DTSPROCTASK_DDLEXECUTIONFAILED DDL を実行できませんでした。
0xC0029133 -1073573581 DTS_E_DTSPROCTASK_FILEDOESNOTEXIST 接続 "%1" に関連付けられたファイルがありません。
0xC0029134 -1073573580 DTS_E_DTSPROCTASK_VARIABLENOTDEFINED 変数 "%1" が定義されていません。
0xC0029135 -1073573579 DTS_E_DTSPROCTASK_FILECONNECTIONNOTDEFINED ファイル接続 "%1" が定義されていません。
0xC0029136 -1073573578 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT DTS 2000 パッケージ実行タスクが正しくない XML 要素を使用して開始されています。
0xC0029137 -1073573577 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_HANDLER_NOT_FOUND ハンドラーが見つかりませんでした。
0xC0029138 -1073573576 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_PACKAGE_NAME_NOT_SPECIFIED パッケージ名が指定されていません。
0xC0029139 -1073573575 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_PACKAGE_ID_NOT_SPECIFIED パッケージ ID が指定されていません。
0xC002913A -1073573574 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_PACKAGE_VERSIONGUID_NOT_SPECIFIED パッケージ バージョン GUID が指定されていません。
0xC002913B -1073573573 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_SQLSERVER_NOT_SPECIFIED SQL Server が指定されていません。
0xC002913C -1073573572 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_SQL_USERNAME_NOT_SPECIFIED SQL Server ユーザー名が指定されていません。
0xC002913D -1073573571 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_FILE_NAME_NOT_SPECIFIED ストレージ ファイル名が指定されていません。
0xC002913E -1073573570 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_DTS2000CANTBEEMPTY DTS 2000 パッケージ プロパティが空です。
0xC002913F -1073573569 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_PACKAGE_EXECUTE DTS 2000 パッケージの実行中にエラーが発生しました。
0xC0029140 -1073573568 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_SQLSERVER_NOT_AVAILABLE_NETWORK 使用できる SQL Server をネットワークから読み込めません。 ネットワーク接続を確認してください。
0xC0029141 -1073573567 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_DATATYPE_NULL データ型を NULL にすることはできません。 値の検証に使用できる正しいデータ型を指定してください。
0xC0029142 -1073573566 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_NULL_VALUE どのデータ型に対しても NULL を有効値とすることはできません。
0xC0029143 -1073573565 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_NULL_VALUE_ARGUMENT 必須の引数が NULL です。
0xC0029144 -1073573564 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_CLS_NOT_REGISTRED_EXCEPTION DTS 2000 パッケージ タスクを実行するには、SQL Server セットアップを起動し、[インストールするコンポーネント] ページの [詳細設定] を使用して、[レガシ コンポーネント] を選択します。
0xC0029145 -1073573563 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_NOT_PRIMITIVE_TYPE "%1" は値の型ではありません。
0xC0029146 -1073573562 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_CONVERT_FAILED "%1" を "%2" に変換できませんでした。
0xC0029147 -1073573561 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_VALIDATE "%1" を "%2" に対して検証できませんでした。
0xC0029148 -1073573560 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML LoadFromXML のタグ "%1" でエラーが発生しました。
0xC0029149 -1073573559 DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_SAVE_TO_XML SaveToXML のタグ "%1" でエラーが発生しました。
0xC002914A -1073573558 DTS_E_EXECPROCTASK_INVALIDTIMEOUT 指定されたタイムアウト値は無効です。 タスクでプロセスの実行を許可する時間を秒単位で指定してください。 タイムアウトの最小値は 0 です。これは、タイムアウト値を使用せず、プロセスを最後またはエラーが発生するまで実行することを示します。 タイムアウトの最大値は 2147483 (((2^31) - 1)/1000) です。
0xC002914B -1073573557 DTS_E_EXECPROCTASK_CANTREDIRECTIO タスクの有効期間が切れても処理を続行できる場合、ストリームをリダイレクトできません。
0xC002914C -1073573556 DTS_E_EXECPROCTASK_PROCESSHASTIMEDOUT プロセスがタイムアウトしました。
0xC002914D -1073573555 DTS_E_EXECPROCTASK_EXECUTABLENOTSPECIFIED 実行可能ファイルが指定されていません。
0xC002914E -1073573554 DTS_E_EXECPROCTASK_STDOUTVARREADONLY 標準的な外部変数は読み取り専用です。
0xC002914F -1073573553 DTS_E_EXECPROCTASK_STDERRVARREADONLY 標準的なエラー変数は読み取り専用です。
0xC0029150 -1073573552 DTS_E_EXECPROCTASK_RECEIVEDINVALIDTASKDATANODE プロセス実行タスクは無効なタスク データ ノードを受け取りました。
0xC0029151 -1073573551 DTS_E_EXECPROCTASK_PROCESSEXITCODEEXCEEDS "%1" で "%2" "%3" を実行中のプロセス終了コードは "%4" でしたが、予期されたコードは "%5" でした。
0xC0029152 -1073573550 DTS_E_EXECPROCTASK_WORKINGDIRDOESNOTEXIST ディレクトリ "%1" が存在しません。
0xC0029153 -1073573549 DTS_E_EXECPROCTASK_FILEDOESNOTEXIST ファイル/プロセス "%1" がディレクトリ "%2" に存在しません。
0xC0029154 -1073573548 DTS_E_EXECPROCTASK_FILENOTINPATH ファイル/プロセス "%1" がパス上にありません。
0xC0029156 -1073573546 DTS_E_EXECPROCTASK_WORKINGDIRECTORYDOESNOTEXIST 作業ディレクトリ "%1" が存在しません。
0xC0029157 -1073573545 DTS_E_EXECPROCTASK_ERROREXECUTIONVALUE プロセスはリターン コード "%1" で終了しましたが、 想定されていたのは "%2" です。
0xC0029158 -1073573544 DTS_E_FSTASK_SYNCFAILED 同期オブジェクトが失敗しました。
0xC0029159 -1073573543 DTS_E_FSTASK_INVALIDDATA ファイル システム タスクは無効なタスク データ ノードを受け取りました。
0xC002915A -1073573542 DTS_E_FSTASK_DIRECTORYEXISTS このディレクトリは既に存在します。
0xC002915B -1073573541 DTS_E_FSTASK_PATHNOTVALID "%1" は操作の種類 "%2" では無効です。
0xC002915C -1073573540 DTS_E_FSTASK_DESTINATIONNOTSET 操作 "%1" の対象になるプロパティが設定されていません。
0xC002915D -1073573539 DTS_E_FSTASK_SOURCENOTSET 操作 "%1" の基になるプロパティが設定されていません。
0xC002915E -1073573538 DTS_E_FSTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE 接続 "%1" の種類はファイルではありません。
0xC002915F -1073573537 DTS_E_FSTASK_VARIABLEDOESNTEXIST 変数 "%1" が存在しません。
0xC0029160 -1073573536 DTS_E_FSTASK_VARIABLENOTASTRING 変数 "%1" は文字列ではありません。
0xC0029163 -1073573533 DTS_E_FSTASK_FILEDOESNOTEXIST 接続 "%2" によって示されているファイルまたはディレクトリ "%1" が存在しません。
0xC0029165 -1073573531 DTS_E_FSTASK_DESTCONNUSAGETYPEINVALID 対象になるファイル接続マネージャー "%1" に無効な使用法の種類 "%2" が設定されています。
0xC0029166 -1073573530 DTS_E_FSTASK_SRCCONNUSAGETYPEINVALID 基になるファイル接続マネージャー "%1" に無効な使用法の種類 "%2" が設定されています。
0xC0029167 -1073573529 DTS_E_FSTASK_LOGENTRYGETTINGFILEOPERATION FileSystemOperation
0xC0029168 -1073573528 DTS_E_FSTASK_LOGENTRYGETTINGFILEOPERATIONDESC ファイル システム操作に関する情報を提供します。
0xC0029169 -1073573527 DTS_E_FSTASK_TASKDISPLAYNAME ファイル システム タスク
0xC002916A -1073573526 DTS_E_FSTASK_TASKDESCRIPTION ファイルのコピーや削除などのファイル システム操作を実行します。
0xC002916B -1073573525 DTS_E_FTPTASK_SYNCOBJFAILED 同期オブジェクトが失敗しました。
0xC002916C -1073573524 DTS_E_FTPTASK_UNABLETOOBTAINFILELIST ファイルの一覧を取得できません。
0xC002916D -1073573523 DTS_E_FTPTASK_LOCALPATHEMPTY ローカル パスが空です。
0xC002916E -1073573522 DTS_E_FTPTASK_REMOTEPATHEMPTY リモート パスが空です。
0xC002916F -1073573521 DTS_E_FTPTASK_LOCALVARIBALEEMPTY ローカル変数が空です。
0xC0029170 -1073573520 DTS_E_FTPTASK_REMOTEVARIBALEEMPTY リモート変数が空です。
0xC0029171 -1073573519 DTS_E_FTPTASK_FTPRCVDINVLDDATANODE FTP タスクは無効なタスク データ ノードを受け取りました。
0xC0029172 -1073573518 DTS_E_FTPTASK_CONNECTION_NAME_NULL 接続が空です。 有効な FTP 接続が指定されていることを確認してください。
0xC0029173 -1073573517 DTS_E_FTPTASK_CONNECTION_NOT_FTP 指定された接続は FTP 接続ではありません。 有効な FTP 接続が指定されていることを確認してください。
0xC0029175 -1073573515 DTS_E_FTPTASK__INITIALIZATION_WITH_NULL_XML_ELEMENT XML 要素が NULL であるタスクを初期化できません。
0xC0029176 -1073573514 DTS_E_FTPTASK_SAVE_TO_NULL_XML_ELEMENT NULL の XML ドキュメントにタスクを保存できません。
0xC0029177 -1073573513 DTS_E_FTPTASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML LoadFromXML のタグ "%1" でエラーが発生しました。
0xC0029178 -1073573512 DTS_E_FTPTASK_NOFILESATLOCATION "%1" にファイルが存在しません。
0xC0029179 -1073573511 DTS_E_FTPTASK_LOCALVARIABLEISEMPTY 変数 "%1" が空です。
0xC002917A -1073573510 DTS_E_FTPTASK_REMOTEVARIABLEISEMPTY 変数 "%1" が空です。
0xC002917B -1073573509 DTS_E_FTPTASK_NOFILESINCONNMGR ファイル "%1" にファイル パスが指定されていません。
0xC002917C -1073573508 DTS_E_FTPTASK_NOFILEPATHSINLOCALVAR 変数 "%1" にファイル パスが格納されていません。
0xC002917D -1073573507 DTS_E_FTPTASK_VARIABLENOTASTRING 変数 "%1" は文字列ではありません。
0xC002917E -1073573506 DTS_E_FTPTASK_VARIABLENOTFOUND 変数 "%1" が存在しません。
0xC002917F -1073573505 DTS_E_FTPTASK_INVALIDPATHONOPERATION 操作 "%1" のパスが無効です。
0xC0029180 -1073573504 DTS_E_FTPTASK_DIRECTORYEXISTS "%1" は既に存在します。
0xC0029182 -1073573502 DTS_E_FTPTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE 接続 "%1" の種類はファイルではありません。
0xC0029183 -1073573501 DTS_E_FTPTASK_FILEDOESNOTEXIST "%1" によって示されているファイルが存在しません。
0xC0029184 -1073573500 DTS_E_FTPTASK_INVALIDDIRECTORY 変数 "%1" にディレクトリが指定されていません。
0xC0029185 -1073573499 DTS_E_FTPTASK_NOFILESFOUND "%1" にファイルが見つかりません。
0xC0029186 -1073573498 DTS_E_FTPTASK_NODIRECTORYPATHINCONMGR ファイル接続マネージャー "%1" にディレクトリが指定されていません。
0xC0029187 -1073573497 DTS_E_FTPTASK_UNABLETODELETELOCALEFILE ローカル ファイル "%1" を削除できません。
0xC0029188 -1073573496 DTS_E_FTPTASK_UNABLETOREMOVELOCALDIRECTORY ローカル ディレクトリ "%1" を削除できません。
0xC0029189 -1073573495 DTS_E_FTPTASK_UNABLETOCREATELOCALDIRECTORY ローカル ディレクトリ "%1" を作成できません。
0xC002918A -1073573494 DTS_E_FTPTASK_UNABLETORECEIVEFILES "%1" を使用してファイルを受け取れません。
0xC002918B -1073573493 DTS_E_FTPTASK_UNABLETOSENDFILES "%1" を使用してファイルを送信できません。
0xC002918C -1073573492 DTS_E_FTPTASK_UNABLETOMAKEDIRREMOTE "%1" を使用してリモート ディレクトリを作成できません。
0xC002918D -1073573491 DTS_E_FTPTASK_UNABLETOREMOVEDIRREMOTE "%1" を使用してリモート ディレクトリを削除できません。
0xC002918E -1073573490 DTS_E_FTPTASK_UNABLETODELETEREMOTEFILES "%1" を使用してリモート ファイルを削除できません。
0xC002918F -1073573489 DTS_E_FTPTASK_UNABLETOCONNECTTOSERVER "%1" を使用して FTP サーバーに接続できません。
0xC0029190 -1073573488 DTS_E_FTPTASK_INVALIDVARIABLEVALUE 変数 "%1" の先頭が "/" ではありません。
0xC0029191 -1073573487 DTS_E_FTPTASK_INVALIDREMOTEPATH リモート パス "%1" の先頭が "/" ではありません。
0xC0029192 -1073573486 DTS_E_DTS_E_FTPTASK_CANNOT_ACQUIRE_CONNECTION FTP 接続の取得中にエラーが発生しました。 指定した接続の種類 "%1" が有効かどうかを確認してください。
0xC0029193 -1073573485 DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_OPEN_STORE_FAILED 証明書ストアを開けませんでした。
0xC0029194 -1073573484 DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_FAILED_GETTING_DISPLAY_NAME 証明書の表示名を取得中にエラーが発生しました。
0xC0029195 -1073573483 DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_FAILED_GETTING_ISSUER_NAME 証明書の発行者名を取得中にエラーが発生しました。
0xC0029196 -1073573482 DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_FAILED_GETTING_FRIENDLY_NAME 証明書の表示名を取得中にエラーが発生しました。
0xC0029197 -1073573481 DTS_E_MSMQTASK_NO_CONNECTION MSMQ 接続名が設定されていません。
0xC0029198 -1073573480 DTS_E_MSMQTASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT タスクは正しくない XML 要素を使用して初期化されました。
0xC0029199 -1073573479 DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_NAME_EMPTY データ ファイル名が空です。
0xC002919A -1073573478 DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_SAVE_NAME_EMPTY データ ファイルを保存するために指定された名前が空です。
0xC002919B -1073573477 DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_SIZE_ERROR ファイルのサイズは 4 MB 未満である必要があります。
0xC002919C -1073573476 DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_SAVE_FAILED データ ファイルを保存できませんでした。
0xC002919D -1073573475 DTS_E_MSMQTASK_STRING_COMPARE_VALUE_MISSING 文字列のフィルター値が空です。
0xC002919E -1073573474 DTS_E_MSMQTASK_INVALID_QUEUE_PATH キューのパスが無効です。
0xC002919F -1073573473 DTS_E_MSMQTASK_NOT_TRANSACTIONAL このメッセージ キュー タスクでは、分散トランザクションへの参加がサポートされていません。
0xC00291A0 -1073573472 DTS_E_MSMQTASK_INVALID_MESSAGE_TYPE メッセージ型が無効です。
0xC00291A1 -1073573471 DTS_E_MSMQTASK_TASK_TIMEOUT メッセージ キューがタイムアウトしました。メッセージは受信されませんでした。
0xC00291A2 -1073573470 DTS_E_MSMQTASK_INVALID_PROPERTY_VALUE 指定されたプロパティが無効です。 引数の型が正しいことを確認してください。
0xC00291A3 -1073573469 DTS_E_MSMQTASK_MESSAGE_NON_AUTHENTICATED メッセージが認証されていません。
0xC00291A4 -1073573468 DTS_E_MSMQTASK_INVALID_ENCRYPTION_ALGO_WRAPPER 暗号化アルゴリズムの値を無効なオブジェクトで設定しようとしています。
0xC00291A5 -1073573467 DTS_E_MSMQTASK_VARIABLE_TO_RECEIVE_STRING_MSG_EMPTY 文字列メッセージを受信するための変数が空です。
0xC00291A6 -1073573466 DTS_E_MSMQTASK_RECEIVE_VARIABLE_EMPTY 変数メッセージを受信する変数が空です。
0xC00291A7 -1073573465 DTS_E_MSMQTASK_CONNECTIONTYPENOTMSMQ 接続 "%1" の種類は MSMQ ではありません。
0xC00291A8 -1073573464 DTS_E_MSMQTASK_DATAFILE_ALREADY_EXISTS データ ファイル "%1" は指定した場所に既に存在します。 上書きオプションが False に設定されている場合はファイルを上書きできません。
0xC00291A9 -1073573463 DTS_E_MSMQTASK_STRING_MSG_TO_VARIABLE_NOT_FOUND 文字列メッセージを受信するために指定された変数 "%1" が、パッケージ変数のコレクションに見つかりません。
0xC00291AA -1073573462 DTS_E_MSMQTASK_CONNMNGRNULL 接続マネージャー "%1" が空です。
0xC00291AB -1073573461 DTS_E_MSMQTASK_CONNMNGRDOESNOTEXIST 接続マネージャー "%1" が存在しません。
0xC00291AC -1073573460 DTS_E_SCRIPTTASK_COMPILEERRORMSG エラー"%1": "%2"\r\n行 "%3" 列 "%4" - "%5".
0xC00291AD -1073573459 DTS_E_SCRIPTTASK_COMPILEERRORMSG2 スクリプトのコンパイル中にエラーが発生しました: "%1"。
0xC00291AE -1073573458 DTS_E_SCRIPTTASK_COMPILEERRORMSG3 エラー "%1": "%2"\r\n行 "%3" 列 "%4" ~ "%5"\r\n行のテキスト: "%6"。
0xC00291AF -1073573457 DTS_E_SCRIPTTASK_SCRIPTREPORTEDFAILURE ユーザー スクリプトでエラーが返されました。
0xC00291B0 -1073573456 DTS_E_SCRIPTTASK_SCRIPTFILESFAILEDTOLOAD ユーザー スクリプト ファイルを読み込むことができませんでした。
0xC00291B1 -1073573455 DTS_E_SCRIPTTASK_SCRIPTTHREWEXCEPTION ユーザー スクリプトで例外が返されました: "%1"。
0xC00291B2 -1073573454 DTS_E_SCRIPTTASK_COULDNOTCREATEENTRYPOINTCLASS エントリポイント クラス "%1" のインスタンスを作成できませんでした。
0xC00291B3 -1073573453 DTS_E_SCRIPTTASK_LOADFROMXMLEXCEPTION XML からスクリプト タスクを読み込み中に例外が発生しました: "%1"。
0xC00291B4 -1073573452 DTS_E_SCRIPTTASK_SOURCEITEMNOTFOUNDEXCEPTION ソース項目 "%1" がパッケージに見つかりませんでした。
0xC00291B5 -1073573451 DTS_E_SCRIPTTASK_BINARYITEMNOTFOUNDEXCEPTION バイナリ項目 "%1" がパッケージに見つかりませんでした。
0xC00291B6 -1073573450 DTS_E_SCRIPTTASK_UNRECOGNIZEDSCRIPTLANGUAGEEXCEPTION "%1" は有効なスクリプト言語として認識されませんでした。
0xC00291B7 -1073573449 DTS_E_SCRIPTTASK_ILLEGALSCRIPTNAME スクリプト名が無効です。 プロジェクト名に空白文字、スラッシュ、特殊文字を使用することはできません。また、数字で始まる名前も指定できません。
0xC00291B8 -1073573448 DTS_E_SCRIPTTASK_INVALIDSCRIPTLANGUAGE 指定されたスクリプト言語は無効です。
0xC00291B9 -1073573447 DTS_E_SCRIPTTASK_CANTINITNULLTASK NULL タスクに初期化できません。
0xC00291BA -1073573446 DTS_E_SCRIPTTASK_MUSTINITWITHRIGHTTASK スクリプト タスクのユーザー インターフェイスはスクリプト タスクに初期化する必要があります。
0xC00291BB -1073573445 DTS_E_SCRIPTTASK_WASNOTINITED スクリプト タスクのユーザー インターフェイスは初期化されていません。
0xC00291BC -1073573444 DTS_E_SCRIPTTASK_HOST_NAME_CANT_EMPTY 名前を空にすることはできません。
0xC00291BD -1073573443 DTS_E_SCRIPTTASK_INVALID_SCRIPT_NAME プロジェクト名が無効です。 プロジェクト名に空白文字、スラッシュ、特殊文字を使用することはできません。また、数字で始まる名前も指定できません。
0xC00291BE -1073573442 DTS_E_SCRIPTTASK_INVALID_SCRIPT_LANGUAGE 指定されたスクリプト言語は無効です。
0xC00291BF -1073573441 DTS_E_SCRIPTTASK_INVALID_ENTRY_POINT エントリ ポイントが見つかりません。
0xC00291C0 -1073573440 DTS_E_SCRIPTTASK_LANGUAGE_EMPTY スクリプト言語が指定されていません。 有効なスクリプト言語が指定されていることを確認してください。
0xC00291C1 -1073573439 DTS_E_SCRIPTTASK_INITIALIZATION_WITH_NULL_TASK ユーザー インターフェイスの初期化。タスクが NULL です。
0xC00291C2 -1073573438 DTS_E_SCRIPTTASK_UI_INITIALIZATION_WITH_WRONG_TASK スクリプト タスクのユーザー インターフェイスが、正しくないタスクで初期化されています。
0xC00291C3 -1073573437 DTS_E_SENDMAILTASK_RECIPIENT_EMPTY 受信者が指定されていません。
0xC00291C4 -1073573436 DTS_E_SENDMAILTASK_SMTP_SERVER_NOT_SPECIFIED 簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーが指定されていません。 SMTP サーバーの有効な名前または IP アドレスを指定してください。
0xC00291C5 -1073573435 DTS_E_SENDMAILTASK_TASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT メール送信タスクは、正しくない XML 要素を使用して開始されています。
0xC00291CB -1073573429 DTS_E_SENDMAILTASK_INVALIDATTACHMENT ファイル "%1" が存在しないか、このファイルにアクセスするための権限がありません。
0xC00291CD -1073573427 DTS_E_SENDMAILTASK_CHECK_VALID_SMTP_SERVER 指定した簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーが有効であることを確認してください。
0xC00291CE -1073573426 DTS_E_SENDMAILTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE 接続 "%1" の種類は "File" ではありません。
0xC00291CF -1073573425 DTS_E_SENDMAILTASK_FILEDOESNOTEXIST 操作 "%1" にファイル "%2" が存在しません。
0xC00291D0 -1073573424 DTS_E_SENDMAILTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING 変数 "%1" は文字列型ではありません。
0xC00291D1 -1073573423 DTS_E_SENDMAILTASK_CONNECTIONTYPENOTSMTP 接続 "%1" の種類は SMTP ではありません。
0xC00291D2 -1073573422 DTS_E_SENDMAILTASK_CONNMNGRNULL 接続 "%1" が空です。
0xC00291D3 -1073573421 DTS_E_SENDMAILTASK_NOCONNMNGR 指定された接続 "%1" が存在しません。
0xC00291D4 -1073573420 DTS_E_SQLTASK_NOSTATEMENTSPECIFIED Transact-SQL ステートメントが指定されていません。
0xC00291D5 -1073573419 DTS_E_SQLTASK_NOXMLSUPPORT この接続では、XML の結果セットがサポートされていません。
0xC00291D6 -1073573418 DTS_E_SQLTASK_NOHANDLERFORCONNECTION 指定された接続の種類のハンドラーが見つかりません。
0xC00291D7 -1073573417 DTS_E_SQLTASK_NOCONNECTIONMANAGER 接続マネージャーが指定されていません。
0xC00291D8 -1073573416 DTS_E_SQLTASK_CANNOTACQUIRECONNMANAGER 接続マネージャーからの接続を取得できません。
0xC00291D9 -1073573415 DTS_E_SQLTASK_NULLPARAMETERNAME NULL のパラメーター名は指定できません。
0xC00291DA -1073573414 DTS_E_SQLTASK_INVALIDPARAMETERNAME パラメーター名が無効です。
0xC00291DB -1073573413 DTS_E_SQLTASK_VALIDPARAMETERTYPES 有効なパラメーター名の型は Int または String です。
0xC00291DC -1073573412 DTS_E_SQLTASK_READONLYVARIABLE 変数 "%1" は読み取り専用なので、結果のバインドには使用できません。
0xC00291DD -1073573411 DTS_E_SQLTASK_INDESNOTINCOLLECTION このコレクションにはインデックスが割り当てられていません。
0xC00291DE -1073573410 DTS_E_SQLTASK_ROVARINOUTPARAMETER 変数 "%1" は読み取り専用なので、パラメーターのバインドで "out" パラメーターまたは戻り値としては使用できません。
0xC00291DF -1073573409 DTS_E_SQLTASK_OBJECTNOTINCOLLECTION このコレクションにはオブジェクトが存在しません。
0xC00291E0 -1073573408 DTS_E_SQLTASK_UNABLETOACQUIREMANAGEDCONN マネージド接続を取得できません。
0xC00291E1 -1073573407 DTS_E_UNABLETOPOPRESULT 単一行の結果の種類に結果列を作成できません。 クエリから空の結果セットが返されました。
0xC00291E2 -1073573406 DTS_E_SQLTASK_INVALIDNUMOFRESULTBINDINGS ResultSetType に返された結果バインドの数が無効です: "%1"。
0xC00291E3 -1073573405 DTS_E_SQLTASK_RESULTBINDTYPEFORROWSETXML 完全な結果セットおよび XML の結果に対する結果バインド名を 0 に設定する必要があります。
0xC00291E4 -1073573404 DTS_E_SQLTASK_INVALIDEPARAMDIRECTIONFALG パラメーター方向フラグが無効です。
0xC00291E5 -1073573403 DTS_E_SQLTASK_NOSQLTASKDATAINXMLFRAGMENT XML フラグメントに SQL タスク データが含まれていません。
0xC00291E6 -1073573402 DTS_E_SQLTASK_MULTIPLERETURNVALUEPARAM 戻り値型のパラメーターが第 1 パラメーターではないか、戻り値型のパラメーターが複数あります。
0xC00291E7 -1073573401 DTS_E_SQLTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE 接続 "%1" はファイル接続マネージャーではありません。
0xC00291E8 -1073573400 DTS_E_SQLTASK_FILEDOESNOTEXIST "%1" によって示されているファイルが存在しません。
0xC00291E9 -1073573399 DTS_E_SQLTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING 変数 "%1" は文字列型ではありません。
0xC00291EA -1073573398 DTS_E_SQLTASK_VARIABLENOTFOUND 変数 "%1" は存在しないか、ロックできませんでした。
0xC00291EB -1073573397 DTS_E_SQLTASK_CANNOTLOCATECONNMANAGER 接続マネージャー "%1" が存在しません。
0xC00291EC -1073573396 DTS_E_SQLTASK_FAILEDTOACQUIRECONNECTION 接続 "%1" を取得できませんでした。 接続が正しく構成されていないか、この接続に必要な権限が不足している可能性があります。
0xC00291ED -1073573395 DTS_E_SQLTASK_RESULTBYNAMENOTSUPPORTED この接続の種類では、名前 "%1" による結果バインドはサポートされていません。
0xC00291EE -1073573394 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_NO_ROWS 結果セットの種類に単一行が指定されましたが、行が返されませんでした。
0xC00291EF -1073573393 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_NO_DISCONNECTED_RS Transact-SQL ステートメントで、接続が切断されたレコードセットを使用できません。
0xC00291F0 -1073573392 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_UNSUPPORTED_TYPE サポートされていない型です。
0xC00291F1 -1073573391 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_UNKNOWN_TYPE 不明な型です。
0xC00291F2 -1073573390 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_PARAM_DATA_TYPE パラメーター バインド \"%s\" でサポートされていないデータ型です。
0xC00291F3 -1073573389 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_PARAM_NAME_MIX パラメーター名に序数と名前付きの型を混在させることはできません。
0xC00291F4 -1073573388 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_PARAM_DIR パラメーター バインド \"%s\" のパラメーター方向が無効です。
0xC00291F5 -1073573387 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_RESULT_DATA_TYPE 結果セットのバインド
0xC00291F6 -1073573386 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_RESULT_COL_INDEX 結果列インデックス %d が無効です。
0xC00291F7 -1073573385 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_UNKNOWN_RESULT_COL 結果セットに列 \"%s\" が見つかりません。
0xC00291F9 -1073573383 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_NOROWSET 結果行セットがこのクエリの実行に関連付けられていません。
0xC00291FA -1073573382 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_ODBC_DISCONNECTED 切断されているレコードセットは、ODBC 接続からは使用できません。
0xC00291FB -1073573381 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_RESULT_SET_DATA_TYPE 結果セットと列 %hd のデータ型はサポートされていません。
0xC00291FC -1073573380 DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_CANT_LOAD_XML クエリの結果を含む XML を読み込めません。
0xC00291FD -1073573379 DTS_E_TTGENTASK_NOCONNORVARIABLE パッケージの接続名または変数名を指定する必要があります。
0xC00291FE -1073573378 DTS_E_TTGENTASK_FAILEDCREATE パッケージの作成に失敗しました。
0xC00291FF -1073573377 DTS_E_TTGENTASK_BADTABLEMETADATA TableMetaDataNode は XMLNode ではありません。
0xC0029200 -1073573376 DTS_E_TTGENTASK_FAILEDCREATEPIPELINE パイプラインの作成に失敗しました。
0xC0029201 -1073573375 DTS_E_TTGENTASK_BADVARIABLETYPE 変数の型が正しくありません。
0xC0029202 -1073573374 DTS_E_TTGENTASK_NOTFILECONNECTION 指定された接続マネージャーは FILE 接続マネージャーではありません。
0xC0029203 -1073573373 DTS_E_TTGENTASK_BADFILENAME 接続マネージャー "%1" に指定されたファイル名が無効です。
0xC0029204 -1073573372 DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_NAME_NULL 接続が空です。 有効な HTTP 接続が指定されていることを確認してください。
0xC0029205 -1073573371 DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_NOT_FOUND 接続が存在しません。 指定された既存の HTTP 接続が有効であることを確認してください。
0xC0029206 -1073573370 DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_NOT_HTTP 指定された接続は HTTP 接続ではありません。 有効な HTTP 接続が指定されていることを確認してください。
0xC0029207 -1073573369 DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICE_NULL Web サービス名が空です。 有効な Web サービス名が指定されていることを確認してください。
0xC0029208 -1073573368 DTS_E_WEBSERVICETASK_METHODNAME_NULL Web メソッド名が空です。 有効な Web メソッド名が指定されていることを確認してください。
0xC0029209 -1073573367 DTS_E_WEBSERVICETASK_WEBMETHODINFO_NULL Web メソッドが空か、存在しない可能性があります。 指定可能な既存の Web メソッドが存在することを確認してください。
0xC002920A -1073573366 DTS_E_WEBSERVICETASK_OUTPUTLOC_NULL 出力場所が空です。 既存のファイル接続または変数が指定されていることを確認してください。
0xC002920B -1073573365 DTS_E_WEBSERVICETASK_VARIABLE_NOT_FOUND 変数が見つかりません。 パッケージ内に変数が存在することを確認してください。
0xC002920C -1073573364 DTS_E_WEBSERVICETASK_VARIABLE_READONLY 結果を保存できません。 変数が読み取り専用ではないことを確認してください。
0xC002920D -1073573363 DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML LoadFromXML のタグ "%1" でエラーが発生しました。
0xC002920E -1073573362 DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_SAVE_TO_XML SaveToXML のタグ "%1" でエラーが発生しました。
0xC002920F -1073573361 DTS_E_WEBSERVICETASK_TASK_SAVE_TO_NULL_XML_ELEMENT NULL の XML ドキュメントにタスクを保存できません。
0xC0029210 -1073573360 DTS_E_WEBSERVICETASK_TASK_INITIALIZATION_WITH_NULL_XML_ELEMENT XML 要素が NULL であるタスクを初期化できません。
0xC0029211 -1073573359 DTS_E_WEBSERVICETASK_TASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT 正しくない XML 要素を使用して、Web サービス タスクが開始されています。
0xC0029212 -1073573358 DTS_E_WEBSERVICETASK_UNEXPECTED_XML_ELEMENT 予期しない XML 要素が見つかりました。
0xC0029213 -1073573357 DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_ACQUIRE_CONNECTION HTTP 接続の取得中にエラーが発生しました。 有効な接続の種類が指定されていることを確認してください。
0xC0029214 -1073573356 DTS_E_WEBSERVICETASK_FILE_CONN_NOT_FOUND 結果を保存できません。 既存のファイル接続が存在することを確認してください。
0xC0029215 -1073573355 DTS_E_WEBSERVICETASK_FILE_NOT_FOUND 結果を保存できません。 ファイルが存在することを確認してください。
0xC0029216 -1073573354 DTS_E_WEBSERVICETASK_FILE_NULL 結果を保存できません。 ファイル名が空であるか、ファイルが別のプロセスによって使用されています。
0xC0029217 -1073573353 DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_ACQUIRE_FILE_CONNECTION ファイル接続の取得中にエラーが発生しました。 有効なファイル接続が指定されていることを確認してください。
0xC0029218 -1073573352 DTS_E_WEBSERVICETASK_DATATYPE_NOT_SUPPORTED プリミティブ型の値、プリミティブ型の配列、および列挙値を含む複合型のみがサポートされています。
0xC0029219 -1073573351 DTS_E_WEBSERVICETASK_PARAMTYPE_NOT_SUPPORTED Primitive 型、Enum 型、Complex 型、PrimitiveArray 型、および ComplexArray 型のみがサポートされています。
0xC002921A -1073573350 DTS_E_WEBSERVICETASK_WSDL_VERSION_NOT_SUPPORTED このバージョンの WSDL はサポートされていません。
0xC002921B -1073573349 DTS_E_WEBSERVICETASK_WRONG_XML_ELEMENT 正しくない XML 要素を使用して初期化されました。
0xC002921C -1073573348 DTS_E_WEBSERVICETASK_XML_ATTRIBUTE_NOT_FOUND 必須の属性が見つかりません。
0xC002921D -1073573347 DTS_E_WEBSERVICETASK_ENUM_NO_VALUES 列挙 "%1" は値を保持していません。 WSDL が壊れています。
0xC002921E -1073573346 DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTIONNOTFOUND 接続が見つかりません。
0xC002921F -1073573345 DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_ALREADY_EXISTS この名前の接続は既に存在します。
0xC0029220 -1073573344 DTS_E_WEBSERVICETASK_NULL_CONNECTION 接続を NULL または空にすることはできません。
0xC0029221 -1073573343 DTS_E_WEBSERVICETASK_NOT_HTTP_CONNECTION 指定された接続は HTTP 接続ではありません。 有効な HTTP 接続が指定されていることを確認してください。
0xC0029222 -1073573342 DTS_E_WEBSERVICETASK_WSDL_NOT_FOUND 指定された Uniform Resource Identifier (URI) には、有効な WSDL が含まれていません。
0xC0029223 -1073573341 DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_DOWNLOAD WSDL ファイルを読み取れませんでした。 入力 WSDL ファイルが無効です。 リーダーにより、次のエラーがスローされました: "%1"。
0xC0029224 -1073573340 DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICE_DESC_NULL サービスの説明を NULL にすることはできません。
0xC0029225 -1073573339 DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICENULL サービス名を NULL にすることはできません。
0xC0029226 -1073573338 DTS_E_WEBSERVICETASK_WSDL_NULL URL を NULL にすることはできません。
0xC0029227 -1073573337 DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICE_NOT_FOUND サービスは現在使用できません。
0xC0029228 -1073573336 DTS_E_WEBSERVICETASK_SOAPPORT_NOT_FOUND このサービスは SOAP ポートでは利用できません。
0xC0029229 -1073573335 DTS_E_WEBSERVICETASK_SOAPBINDING_NOT_FOUND Web サービス記述言語 (WSDL) を解析できませんでした。 SOAP ポートに対応するバインドが見つかりません。
0xC002922A -1073573334 DTS_E_WEBSERVICETASK_SOAPPORTTYPE_NOT_FOUND Web サービス記述言語 (WSDL) を解析できませんでした。 SOAP ポートに対応する PortType が見つかりません。
0xC002922B -1073573333 DTS_E_WEBSERVICETASK_MSG_NOT_FOUND 指定されたメソッドに対応するメッセージが見つかりません。
0xC002922C -1073573332 DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_GEN_PROXY 指定された Web サービスのプロキシを生成できませんでした。 プロキシ "%1" の生成中に次のエラーが発生しました。
0xC002922D -1073573331 DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_LOAD_PROXY 指定された Web サービスのプロキシを読み込めません。 正確なエラーは次のとおりです: "%1"。
0xC002922E -1073573330 DTS_E_WEBSERVICETASK_INVALID_SERVICE 指定されたサービスが見つかりませんでした。 正確なエラーは次のとおりです: "%1"。
0xC002922F -1073573329 DTS_E_WEBSERVICETASK_WEBMETHOD_INVOKE_FAILED メソッドの実行中に、Web サービスから次のエラーがスローされました: "%1"。
0xC0029230 -1073573328 DTS_E_WEBSERVICETASK_INVOKE_ERR Web メソッドを実行できませんでした。 正確なエラーは次のとおりです: "%1"。
0xC0029231 -1073573327 DTS_E_WEBSERVICETASK_METHODINFO_NULL MethodInfo を NULL にすることはできません。
0xC0029232 -1073573326 DTS_E_WEBSERVICETASK_VALUE_NOT_PRIMITIVE 指定された WebMethodInfo が正しくありません。 指定された ParamValue が ParamType と一致しません。 見つかった DTSParamValue の型が PrimitiveValue ではありません。
0xC0029233 -1073573325 DTS_E_WEBSERVICETASK_VALUE_NOT_ENUM 指定された WebMethodInfo が正しくありません。 指定された ParamValue が ParamType と一致しません。 見つかった DTSParamValue の型が EnumValue ではありません。
0xC0029234 -1073573324 DTS_E_VALUE_WEBSERVICETASK_NOT_COMPLEX 指定された WebMethodInfo が正しくありません。 指定された ParamValue が ParamType と一致しません。 見つかった DTSParamValue の型が ComplexValue ではありません。
0xC0029235 -1073573323 DTS_E_WEBSERVICETASK_VALUE_NOT_ARRAY 指定された WebMethodInfo が正しくありません。 指定された ParamValue が ParamType と一致しません。 見つかった DTSParamValue の型が ArrayValue ではありません。
0xC0029236 -1073573322 DTS_E_WEBSERVICETASK_TYPE_NOT_PRIMITIVE 指定された WebMethodInfo が正しくありません。 "%1" は Primitive 型ではありません。
0xC0029237 -1073573321 DTS_E_WEBSERVICETASK_ARRAY_VALUE_INVALID ArrayValue の形式が無効です。 配列には少なくとも 1 つの要素が必要です。
0xC0029238 -1073573320 DTS_E_WEBSERVICETASK_SELECTED_VALUE_NULL 列挙の値を NULL にすることはできません。 列挙の既定値を選択してください。
0xC0029239 -1073573319 DTS_E_WEBSERVICETASK_NULL_VALUE どのデータ型に対しても NULL を検証することはできません。
0xC002923A -1073573318 DTS_E_WEBSERVICETASK_ENUM_VALUE_NOT_FOUND 列挙値が正しくありません。
0xC002923B -1073573317 DTS_E_WEBSERVICETASK_PROP_NOT_EXISTS 指定されたクラスには、名前 "%1" のパブリック プロパティが含まれていません。
0xC002923C -1073573316 DTS_E_WEBSERVICETASK_CONVERT_FAILED "%1" を "%2" に変換できませんでした。
0xC002923D -1073573315 DTS_E_WEBSERVICETASK_CLEANUP_FAILED クリーンアップに失敗しました。 Web サービス用に作成されたプロキシが削除された可能性があります。
0xC002923E -1073573314 DTS_E_WEBSERVICETASK_CREATE_INSTANCE_FAILED 型 "%1" のオブジェクトを作成できませんでした。 既定のコンストラクターが存在するかどうかを確認してください。
0xC002923F -1073573313 DTS_E_WEBSERVICETASK_NOT_PRIMITIVE_TYPE "%1" は値の型ではありません。
0xC0029240 -1073573312 DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_VALIDATE "%1" を "%1" に対して検証できませんでした。
0xC0029241 -1073573311 DTS_E_WEBSERVICETASK_DATATYPE_NULL データ型を NULL にすることはできません。 検証するデータ型の値を指定してください。
0xC0029242 -1073573310 DTS_E_WEBSERVICETASK_INDEX_OUT_OF_BOUNDS ParamValue をこの位置に挿入できません。 指定されたインデックスが 0 未満であるか、最大の長さを超えています。
0xC0029243 -1073573309 DTS_E_WEBSERVICETASK_WRONG_WSDL 入力 WSDL ファイルが無効です。
0xC0029244 -1073573308 DTS_E_WMIDRTASK_SYNCOBJECTFAILED 同期オブジェクトが失敗しました。
0xC0029245 -1073573307 DTS_E_WMIDRTASK_MISSINGWQLQUERY WQL クエリがありません。
0xC0029246 -1073573306 DTS_E_WMIDRTASK_DESTINATIONMUSTBESET 変換先を指定する必要があります。
0xC0029247 -1073573305 DTS_E_WMIDRTASK_MISSINGCONNECTION WMI 接続が設定されていません。
0xC0029248 -1073573304 DTS_E_WMIDRTASK_INVALIDDATANODE WMI データ リーダー タスクは無効なタスク データ ノードを受け取りました。
0xC0029249 -1073573303 DTS_E_WMIDRTASK_FAILEDVALIDATION タスクが検証に失敗しました。
0xC002924A -1073573302 DTS_E_WMIDRTASK_FILEDOESNOTEXIST ファイル "%1" が存在しません。
0xC002924B -1073573301 DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONMNGRDOESNTEXIST 接続マネージャー "%1" が存在しません。
0xC002924C -1073573300 DTS_E_WMIDRTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRINGOROBJECT 変数 "%1" は文字列型またはオブジェクト型ではありません。
0xC002924D -1073573299 DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE 接続 "%1" の種類は "FILE" ではありません。
0xC002924E -1073573298 DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONTYPENOTWMI 接続 "%1" の種類は "WMI" ではありません。
0xC002924F -1073573297 DTS_E_WMIDRTASK_FILEALREADYEXISTS ファイル "%1" は既に存在します。
0xC0029250 -1073573296 DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONMANAGEREMPTY 接続マネージャー "%1" が空です。
0xC0029251 -1073573295 DTS_E_WMIDRTASK_VARNOTOBJECT 変数 "%1" をデータ テーブルに割り当てるには、オブジェクト型を指定する必要があります。
0xC0029252 -1073573294 DTS_E_WMIDRTASK_TASKFAILURE タスクは次の無効な WMI クエリにより失敗しました: "%1"。
0xC0029253 -1073573293 DTS_E_WMIDRTASK_CANTWRITETOVAR 変数 "%1" は元の値を保持するように設定されているので、この変数には書き込めません。
0xC0029254 -1073573292 DTS_E_WMIEWTASK_SYNCOBJECTFAILED 同期オブジェクトが失敗しました。
0xC0029255 -1073573291 DTS_E_WMIEWTASK_MISSINGWQLQUERY WQL クエリがありません。
0xC0029256 -1073573290 DTS_E_WMIEWTASK_MISSINGCONNECTION WMI 接続がありません。
0xC0029257 -1073573289 DTS_E_WMIEWTASK_QUERYFAILURE タスクが WMI クエリの実行に失敗しました。
0xC0029258 -1073573288 DTS_E_WMIEWTASK_INVALIDDATANODE WMI イベント監視タスクは無効なタスク データ ノードを受け取りました。
0xC0029259 -1073573287 DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONMNGRDOESNTEXIST 接続マネージャー "%1" が存在しません。
0xC002925A -1073573286 DTS_E_WMIEWTASK_FILEDOESNOTEXIST ファイル "%1" が存在しません。
0xC002925B -1073573285 DTS_E_WMIEWTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING 変数 "%1" は文字列型ではありません。
0xC002925C -1073573284 DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE 接続 "%1" の種類は "FILE" ではありません。
0xC002925D -1073573283 DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONTYPENOTWMI 接続 "%1" の種類は "WMI" ではありません。
0xC002925E -1073573282 DTS_E_WMIEWTASK_FILEALREADYEXISTS ファイル "%1" は既に存在します。
0xC002925F -1073573281 DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONMANAGEREMPTY 接続マネージャー "%1" が空です。
0xC0029260 -1073573280 DTS_E_WMIEWTASK_TIMEOUTOCCURRED "%1" 秒のタイムアウトが、"%2" によって示されているイベントの前に発生しました。
0xC0029261 -1073573279 DTS_E_WMIEWTASK_ERRMESSAGE Wql クエリの監視で、次のシステム例外が発生しました: "%1"。 クエリにエラーがないか、または WMI 接続にアクセス権があるかどうかを確認してください。
0xC0029262 -1073573278 DTS_E_XMLTASK_NODEFAULTOPERTION 指定された操作は定義されていません。
0xC0029263 -1073573277 DTS_E_XMLTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE 接続の種類が FILE ではありません。
0xC0029264 -1073573276 DTS_E_XMLTASK_CANTGETREADERFROMSOURCE 基になる XML ドキュメントから XmlReader を取得できません。
0xC0029265 -1073573275 DTS_E_XMLTASK_CANTGETREADERFROMDEST 変更された XML ドキュメントから XmlReader を取得できません。
0xC0029266 -1073573274 DTS_E_XMLTASK_CANTGETREADERFROMDIFFGRAM XDL DiffGram リーダーを XDL DiffGram XML から取得できません。
0xC0029268 -1073573272 DTS_E_XMLTASK_EMPTYNODELIST ノード リストが空です。
0xC0029269 -1073573271 DTS_E_XMLTASK_NOELEMENTFOUND 要素が見つかりませんでした。
0xC002926A -1073573270 DTS_E_XMLTASK_UNDEFINEDOPERATION 指定された操作は定義されていません。
0xC002926B -1073573269 DTS_E_XMLTASK_XPATHNAVERROR XPathNavigator の予期しないコンテンツ アイテムです。
0xC002926C -1073573268 DTS_E_XMLTASK_NOSCHEMAFOUND 検証の対象になるスキーマがありません。
0xC002926D -1073573267 DTS_E_XMLTASK_VALIDATIONERROR インスタンス ドキュメントの検証中に検証エラーが発生しました。
0xC002926E -1073573266 DTS_E_XMLTASK_SYNCOBJECTFAILED 同期オブジェクトが失敗しました。
0xC002926F -1073573265 DTS_E_XMLTASK_ROOTNOODESNOTMATCHED ルート ノードが一致しません。
0xC0029270 -1073573264 DTS_E_XMLTASK_INVALIDEDITSCRIPT 最後の編集スクリプトの編集スクリプト操作の種類が無効です。
0xC0029271 -1073573263 DTS_E_XMLTASK_CDATANODESISSUE CDATA ノードは、DiffgramAddSubtrees クラスを使用して追加する必要があります。
0xC0029272 -1073573262 DTS_E_XMLTASK_COMMENTSNODEISSUE コメント ノードは、DiffgramAddSubtrees クラスを使用して追加する必要があります。
0xC0029273 -1073573261 DTS_E_XMLTASK_TEXTNODEISSUES テキスト ノードは、DiffgramAddSubtrees クラスを使用して追加する必要があります。
0xC0029274 -1073573260 DTS_E_XMLTASK_WHITESPACEISSUE 意味のある空白ノードは、DiffgramAddSubtrees クラスを使用して追加する必要があります。
0xC0029275 -1073573259 DTS_E_XMLTASK_DIFFENUMISSUE XmlDiffOperation 列挙が反映されるように OperationCost 配列を修正してください。
0xC0029276 -1073573258 DTS_E_XMLTASK_TASKISEMPTY タスクに操作がありません。
0xC0029277 -1073573257 DTS_E_XMLTASK_DOCUMENTHASDATA ドキュメントに既にデータが含まれているため、再利用しないでください。
0xC0029278 -1073573256 DTS_E_XMLTASK_INVALIDENODETYPE ノードの種類が無効です。
0xC0029279 -1073573255 DTS_E_XMLTASK_INVALIDDATANODE XML タスクは無効なタスク データ ノードを受け取りました。
0xC002927B -1073573253 DTS_E_XMLTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING 変数データ型が文字列ではありません。
0xC002927C -1073573252 DTS_E_XMLTASK_COULDNOTGETENCODINGFROMDOCUMENT XML からエンコード情報を取得できません。
0xC002927D -1073573251 DTS_E_XMLTASK_MISSINGSOURCE ソースが指定されていません。
0xC002927E -1073573250 DTS_E_XMLTASK_MISSINGSECONDOPERAND 2 番目のオペランドが指定されていません。
0xC002927F -1073573249 DTS_E_XMLTASK_INVALIDPATHDESCRIPTOR XDL DiffGram が無効です。 "%1" は無効なパス記述子です。
0xC0029280 -1073573248 DTS_E_XMLTASK_NOMATCHINGNODE XDL DiffGram が無効です。 パス記述子 "%1" と一致するノードがありません。
0xC0029281 -1073573247 DTS_E_XMLTASK_EXPECTINGDIFFGRAMELEMENT XDL DiffGram が無効です。 名前空間 URI "%1" を持つルート要素としては xd:xmldiff が想定されています。
0xC0029282 -1073573246 DTS_E_XMLTASK_MISSINGSRCDOCATTRIBUTE XDL DiffGram が無効です。 xd:xmldiff 要素に srcDocHash 属性が見つかりません。
0xC0029283 -1073573245 DTS_E_XMLTASK_MISSINGOPTIONSATTRIBUTE XDL DiffGram が無効です。 xd:xmldiff 要素にオプションの属性が見つかりません。
0xC0029284 -1073573244 DTS_E_XMLTASK_INVALIDSRCDOCATTRIBUTE XDL DiffGram が無効です。 srcDocHash 属性に無効な値が指定されています。
0xC0029285 -1073573243 DTS_E_XMLTASK_INVALIDOPTIONSATTRIBUTE XDL DiffGram が無効です。 オプションの属性に無効な値が指定されています。
0xC0029286 -1073573242 DTS_E_XMLTASK_SRCDOCMISMATCH XDL DiffGram はこの XML ドキュメントには適用できません。 srcDocHash 値が一致しません。
0xC0029287 -1073573241 DTS_E_XMLTASK_MORETHANONENODEMATCHED XDL DiffGram が無効です。複数のノードが xd:node 要素または xd:change 要素の "%1" パス記述子と一致します。
0xC0029288 -1073573240 DTS_E_XMLTASK_XMLDECLMISMATCH XDL DiffGram はこの XML ドキュメントには適用できません。 新しい XML 宣言を追加できません。
0xC0029289 -1073573239 DTS_E_XMLTASK_INTERNALERRORMORETHANONENODEINLIST 内部エラー。 XmlDiffPathSingleNodeList は 1 つのノードのみを含むことができます。
0xC002928A -1073573238 DTS_E_XMLTASK_INTERNALERRORMORETHANONENODELEFT 内部エラー。 修正後に "%1" 個のノードが残っていますが、予期されたのは 1 個のノードでした。
0xC002928B -1073573237 DTS_E_XMLTASK_XSLTRESULTFILEISNOTXML XSLT で生成されたファイルやテキストは有効な XmlDocument ではないので、操作の結果として設定できません: "%1"。
0xC002928E -1073573234 DTS_E_XMLTASK_FILEDOESNOTEXIST 接続 "%1" に関連付けられたファイルがありません。
0xC002928F -1073573233 DTS_E_XMLTASK_XMLTEXTEMPTY プロパティ "%1" に、ソース XML テキストがありません。XML テキストが無効であるか、NULL または空の文字列です。
0xC0029290 -1073573232 DTS_E_XMLTASK_FILEALREADYEXISTS ファイル "%1" は既に存在します。
0xC0029293 -1073573229 DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCCONNECTIONREQUIRED 変換元接続を指定してください。
0xC0029294 -1073573228 DTS_E_TRANSFERTASKS_DESTCONNECTIONREQUIRED 変換先接続を指定してください。
0xC0029295 -1073573227 DTS_E_TRANSFERTASKS_CONNECTIONNOTFOUND パッケージに接続 "%1" が見つかりませんでした。
0xC0029296 -1073573226 DTS_E_TRANSFERTASKS_SERVERVERSIONNOTALLOWED 接続 "%1" では、転送がサポートされていないバージョンの SQL Server インスタンスが指定されています。 サポートされているバージョンは、7、2000、および 2005 だけです。
0xC0029297 -1073573225 DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCSERVERLESSEQUALDESTSERVER 転送元接続 "%1" には、転送先接続 "%2" 以前のバージョンの SQL Server インスタンスを指定する必要があります。
0xC0029298 -1073573224 DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCDBREQUIRED 転送元データベースを指定してください。
0xC0029299 -1073573223 DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCDBMUSTEXIST 転送元データベース "%1" は、転送先サーバーに存在する必要があります。
0xC002929A -1073573222 DTS_E_TRANSFERTASKS_DESTDBREQUIRED 転送先データベースを指定してください。
0xC002929B -1073573221 DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCDBANDDESTDBTHESAME 転送元データベースと転送先データベースには、同じデータベースを指定できません。
0xC002929C -1073573220 DTS_E_TRANSFERDBTASK_FILENAMEREQUIRED 転送ファイル情報 %1 にファイル名がありません。
0xC002929D -1073573219 DTS_E_TRANSFERDBTASK_FOLDERREQUIRED 転送ファイル情報 %1 にフォルダー部分がありません。
0xC002929E -1073573218 DTS_E_TRANSFERTASKS_NETSHAREREQUIRED 転送ファイル情報 %1 にネットワーク共有部分がありません。
0xC002929F -1073573217 DTS_E_TRANSFERTASKS_FILELISTSCOUNTMISMATCH 転送元の転送ファイルの数と転送先の転送ファイルの数は同じである必要があります。
0xC00292A0 -1073573216 DTS_E_DOESNOTSUPPORTTRANSACTIONS トランザクションの参加はサポートされていません。
0xC00292A1 -1073573215 DTS_E_TRANSFERDBTASK_OFFLINEERROR オフライン データベースの転送中に次の例外が発生しました: %1。
0xC00292A2 -1073573214 DTS_E_TRANSFERDBTASK_NETSHAREDOESNOTEXIST ネットワーク共有 "%1" が見つかりませんでした。
0xC00292A3 -1073573213 DTS_E_TRANSFERDBTASK_NETSHARENOACCESS ネットワーク共有 "%1" にアクセスできませんでした。 エラー: %2。
0xC00292A4 -1073573212 DTS_E_TRANSFERDBTASK_USERMUSTBEDBOORSYSADMIN オンライン データベース転送を実行するには、ユーザー "%1" は DBO または "%2" の sysadmin である必要があります。
0xC00292A5 -1073573211 DTS_E_TRANSFERDBTASK_USERMUSTBESYSADMIN オフライン データベース転送を実行するには、ユーザー "%1" は "%2" の sysadmin である必要があります。
0xC00292A6 -1073573210 DTS_E_TRANSFERDBTASK_FTCATALOGSOFFLINEYUKONONLY フルテキスト カタログを含めることができるのは、2 台の SQL Server 2005 サーバー間でオフライン データベース転送を実行しているときだけです。
0xC00292A7 -1073573209 DTS_E_TRANSFERDBTASK_NOOVERWRITEDB データベース "%1" は、転送先サーバー "%2" に既に存在します。
0xC00292A8 -1073573208 DTS_E_TRANSFERDBTASK_MUSTHAVESOURCEFILES 少なくとも 1 つの転送元ファイルを指定してください。
0xC00292A9 -1073573207 DTS_E_TRANSFERDBTASKS_SRCFILENOTFOUND 転送元データベース "%2" に、ファイル "%1" が見つかりませんでした。
0xC00292B3 -1073573197 DTS_E_MSMQTASK_FIPS1402COMPLIANCE U.S. FIPS 140-2 と互換性のあるシステムでは、要求された操作は許可されません。
0xC002F210 -1073548784 DTS_E_SQLTASK_ERROREXECUTINGTHEQUERY クエリ "%1" の実行が次のエラーで失敗しました: "%2"。 考えられるエラーの理由: クエリに問題がある、"ResultSet" プロパティが正しく設定されていない、パラメーターが正しく設定されていない、または接続が正しく確立されていない。
0xC002F300 -1073548544 DTS_E_TRANSFERSPTASK_ERRORREADINGSPNAMES XML ファイルからストアド プロシージャ名の読み取り中にエラーが発生しました。
0xC002F301 -1073548543 DTS_E_TRANSFERSPTASK_INVALIDDATANODE ストアド プロシージャ転送タスクでは無効なデータ ノードです。
0xC002F302 -1073548542 DTS_E_TRANSFERTASKS_CONNECTIONTYPEISNOTSMOSERVER 接続 "%1" の種類は、"SMOServer" ではありません。
0xC002F303 -1073548541 DTS_E_TRANSFERSPTASK_EXECUTIONFAILED 次のエラーにより実行が失敗しました: "%1"。
0xC002F304 -1073548540 DTS_E_ERROROCCURREDWITHFOLLOWINGMESSAGE エラーが次のエラー メッセージで発生しました: "%1"。
0xC002F305 -1073548539 DTS_E_BITASK_EXECUTION_FAILED 一括挿入の実行に失敗しました。
0xC002F306 -1073548538 DTS_E_FSTASK_INVALIDDESTPATH 対象になるパスが無効です。
0xC002F307 -1073548537 DTS_E_FSTASK_CANTCREATEDIR ディレクトリを作成できません。 ユーザーにより、ディレクトリが存在する場合にタスクを失敗させるように選択されました。
0xC002F308 -1073548536 DTS_E_SQLTASK_ODBCNOSUPPORTTRANSACTION タスクのトランザクション オプションは "Required" で、接続 "%1" の種類は "ODBC" です。 ODBC 接続では、トランザクションはサポートされません。
0xC002F309 -1073548535 DTS_E_SQLTASK_ERRORASSIGINGVALUETOVAR 変数 "%1" の値を割り当て中にエラーが発生しました: "%2"。
0xC002F30A -1073548534 DTS_E_FSTASK_SOURCEISEMPTY 転送元が空です。
0xC002F30B -1073548533 DTS_E_FSTASK_DESTINATIONISEMPTY 転送先が空です。
0xC002F30C -1073548532 DTS_E_FSTASK_FILEDIRNOTFOUND ファイルまたはディレクトリ "%1" が存在しません。
0xC002F30D -1073548531 DTS_E_FSTASK_VARSRCORDESTISEMPTY 転送元または転送先として変数 "%1" が使用されますが、空です。
0xC002F30E -1073548530 DTS_E_FSTASK_FILEDELETED ファイルまたはディレクトリ "%1" は削除されました。
0xC002F30F -1073548529 DTS_E_FSTASK_DIRECTORYDELETED ディレクトリ "%1" は削除されました。
0xC002F310 -1073548528 DTS_E_WMIDRTASK_VARIABLETYPEISNOTOBJECT 変数 "%1" をデータ テーブルに割り当てるには、オブジェクト型を指定する必要があります。
0xC002F311 -1073548527 DTS_E_WMIDRTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING 変数 "%1" は文字列データ型ではありません。
0xC002F312 -1073548526 DTS_E_FTPTASK_CANNOTACQUIRECONNECTION FTP 接続の取得中にエラーが発生しました。 有効な接続の種類が "%1" に指定されていることを確認してください。
0xC002F313 -1073548525 DTS_E_FTPTASK_CONNECTIONNOTFOUND FTP 接続マネージャー "%1" が見つかりません。
0xC002F314 -1073548524 DTS_E_FTPTASK_FILEUSAGETYPEERROR 操作 "%3" では、接続 "%1" のファイルの使用法の種類が "%2" である必要があります。
0xC002F315 -1073548523 DTS_E_TRANSFERTASKS_SOURCECANTBESAMEASDESTINATION 転送元のサーバーを転送先のサーバーと同じにすることはできません。
0xC002F316 -1073548522 DTS_E_ERRMSGTASK_EMPTYSOURCELIST 転送するエラー メッセージはありません。
0xC002F317 -1073548521 DTS_E_ERRMSGTASK_DIFFERENTMESSAGEANDLANGUAGESIZES エラー メッセージの一覧とそれに対応する言語の一覧のサイズが異なります。
0xC002F318 -1073548520 DTS_E_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGEOUTOFRANGE エラー メッセージ ID "%1" は、ユーザー定義エラー メッセージの許容範囲外です。 ユーザー定義エラー メッセージ ID は、50000 から 2147483647 までです。
0xC002F319 -1073548519 DTS_E_TRANSFERTASKS_NOTRANSACTIONSUPPORT このタスクはトランザクションに参加できません。
0xC002F320 -1073548512 DTS_E_ERRMSGTASK_FAILEDTOTRANSFERERRORMESSAGES 一部またはすべてのエラー メッセージを転送できませんでした。
0xC002F321 -1073548511 DTS_E_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGEALREADYEXISTS エラー メッセージ "%1" は、既に転送先サーバーに存在します。
0xC002F324 -1073548508 DTS_E_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGECANTBEFOUND 転送元のサーバーでエラー メッセージ "%1" が見つかりません。
0xC002F325 -1073548507 DTS_E_TRANSFERTASKS_EXECUTIONFAILED 次のエラーにより実行が失敗しました: "%1"。
0xC002F327 -1073548505 DTS_E_JOBSTASK_FAILEDTOTRANSFERJOBS ジョブを転送できませんでした。
0xC002F330 -1073548496 DTS_E_JOBSTASK_EMPTYSOURCELIST 転送するジョブはありません。
0xC002F331 -1073548495 DTS_E_JOBSTASK_JOBEXISTSATDEST ジョブ "%1" は、既に転送先サーバーに存在します。
0xC002F334 -1073548492 DTS_E_JOBSTASK_JOBCANTBEFOUND 転送元のサーバーでジョブ "%1" が見つかりません。
0xC002F337 -1073548489 DTS_E_LOGINSTASK_EMPTYLIST 転送する "ログイン" の一覧は空です。
0xC002F338 -1073548488 DTS_E_LOGINSTASK_CANTGETLOGINSNAMELIST 転送元サーバーから "ログイン" の一覧を取得できません。
0xC002F340 -1073548480 DTS_E_LOGINSTASK_ERRORLOGINEXISTS ログイン "%1" は、既に転送先サーバーに存在します。
0xC002F342 -1073548478 DTS_E_LOGINSTASK_LOGINNOTFOUND ログイン "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F344 -1073548476 DTS_E_LOGINSTASK_FAILEDTOTRANSFERLOGINS 一部またはすべてのログインを転送できませんでした。
0xC002F345 -1073548475 DTS_E_STOREDPROCSTASK_FAILEDTOTRANSFERSPS ストアド プロシージャの転送に失敗しました。 詳細な情報を示すエラーが発生している場合があります。
0xC002F346 -1073548474 DTS_E_STOREDPROCSTASK_STOREDPROCNOTFOUND ストアド プロシージャ "%1" が転送元にありません。
0xC002F349 -1073548471 DTS_E_STOREDPROCSTASK_ERRORSTOREDPROCEDUREEXISTS ストアド プロシージャ "%1" は、既に転送先サーバーに存在します。
0xC002F350 -1073548464 DTS_E_STOREDPROCSTASK_EMPTYSOURCELIST 転送するストアド プロシージャはありません。
0xC002F353 -1073548461 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_FAILEDTOTRANSFEROBJECTS オブジェクトを転送できませんでした。
0xC002F354 -1073548460 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_EMPTYLIST 転送する "オブジェクト" の一覧は空です。
0xC002F355 -1073548459 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOSPATSOURCE ストアド プロシージャ "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F356 -1073548458 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SPALREADYATDEST ストアド プロシージャ "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F357 -1073548457 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGSPS 転送するストアド プロシージャ一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F359 -1073548455 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NORULEATSOURCE ルール "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F360 -1073548448 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_RULEALREADYATDEST ルール "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F361 -1073548447 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGRULES 転送するルール一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F363 -1073548445 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOTABLEATSOURCE テーブル "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F364 -1073548444 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_TABLEALREADYATDEST テーブル "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F365 -1073548443 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGTABLES 転送するテーブル一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F367 -1073548441 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOVIEWATSOURCE ビュー "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F368 -1073548440 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_VIEWALREADYATDEST ビュー "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F369 -1073548439 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGVIEWS 転送するビュー一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F371 -1073548431 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOUDFATSOURCE ユーザー定義関数 "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F372 -1073548430 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_UDFALREADYATDEST ユーザー定義関数 "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F373 -1073548429 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGUDFS 転送するユーザー定義関数一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F375 -1073548427 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NODEFAULTATSOURCE 既定値 "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F376 -1073548426 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_DEFAULTALREADYATDEST 既定値 "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F377 -1073548425 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGDEFAULTS 転送する既定値一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F379 -1073548423 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOUDDTATSOURCE ユーザー定義データ型 "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F380 -1073548416 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_UDDTALREADYATDEST ユーザー定義データ型 "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F381 -1073548415 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGUDDTS 転送するユーザー定義データ型一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F383 -1073548413 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOPFATSOURCE パーティション関数 "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F384 -1073548412 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_PFALREADYATDEST パーティション関数 "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F385 -1073548411 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGPFS 転送するパーティション関数一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F387 -1073548409 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOPSATSOURCE パーティション構成 "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F388 -1073548408 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_PSALREADYATDEST パーティション構成 "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F389 -1073548407 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGPSS 転送するパーティション構成一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F391 -1073548399 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOSCHEMAATSOURCE スキーマ "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F392 -1073548398 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SCHEMAALREADYATDEST スキーマ "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F393 -1073548397 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGSCHEMAS 転送するスキーマ一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F395 -1073548395 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOSQLASSEMBLYATSOURCE SqlAssembly "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F396 -1073548394 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SQLASSEMBLYALREADYATDEST SqlAssembly "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F397 -1073548393 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGSQLASSEMBLIES 転送する SqlAssemblies 一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F399 -1073548391 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOAGGREGATEATSOURCE ユーザー定義集計 "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F400 -1073548288 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_AGGREGATEALREADYATDEST ユーザー定義集計 "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F401 -1073548287 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGAGGREGATES 転送するユーザー定義集計一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F403 -1073548285 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOTYPEATSOURCE ユーザー定義型 "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F404 -1073548284 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_TYPEALREADYATDEST ユーザー定義型 "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F405 -1073548283 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGTYPES 転送するユーザー定義型一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F407 -1073548281 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOXMLSCHEMACOLLECTIONATSOURCE XmlSchemaCollection "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F408 -1073548280 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_XMLSCHEMACOLLECTIONALREADYATDEST XmlSchemaCollection "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F409 -1073548279 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGXMLSCHEMACOLLECTIONS 転送する XmlSchemaCollections 一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F411 -1073548271 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SUPPORTEDONYUKONONLY 型 "%1" のオブジェクトは、SQL Server 2005 以降のサーバー間だけでサポートされています。
0xC002F413 -1073548269 DTS_E_LOGINSTASK_EMPTYDATABASELIST データベースの一覧が空です。
0xC002F414 -1073548268 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOLOGINATSOURCE ログイン "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F416 -1073548266 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_LOGINALREADYATDEST ログイン "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F417 -1073548265 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGLOGINS 転送するログイン一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F419 -1073548263 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOUSERATSOURCE ユーザー "%1" が転送元に存在しません。
0xC002F41B -1073548261 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_USERALREADYATDEST ユーザー "%1" は、既に転送先に存在します。
0xC002F41C -1073548260 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGUSERS 転送するユーザー一覧の設定中に次のエラーが発生しました: "%1"。
0xC002F41F -1073548257 DTS_E_BITASK_CANNOTRETAINCONNINTRANSACTION このタスクでは、接続が保持されている接続マネージャーをトランザクション内に含めることはできません。
0xC002F421 -1073548255 DTS_E_SQLTASKOUTPUTENCODINGNOTSUPPORTED プロバイダーが OUTPUTENCODING プロパティをサポートしていないため、SQL Server の XML データを Unicode として取得できません。
0xC002F426 -1073548250 DTS_E_FTPTASK_FILECONNECTIONNOTFOUND FTP 操作 "%1" で、FILE 接続マネージャー "%2" が見つかりません。
0xC002F428 -1073548248 DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_CANNOTDROPOBJECTS "ログイン" はサーバー レベルのオブジェクトで、転送元と転送先が同じサーバーなので最初に削除できません。 オブジェクトを最初に削除すると、転送元のログインも削除されます。
0xC002F429 -1073548247 DTS_E_SQLTASK_PARAMSIZEERROR パラメーター "%1" に負の値を指定することはできません。 (-1) が既定値として使用されます。
0xC0040019 -1073479655 DTS_E_UNREGISTEREDPIPELINEXML_LOAD データ フロー オブジェクトを読み込めません。 Microsoft.SqlServer.PipelineXml.dll が正しく登録されていることを確認してください。
0xC0040020 -1073479648 DTS_E_UNREGISTEREDPIPELINEXML_SAVE データ フロー オブジェクトを保存できません。 Microsoft.SqlServer.PipelineXml.dll が正しく登録されていることを確認してください。
0xC0040040 -1073479616 DTS_E_PIPELINE_SAVE データ フロー オブジェクトを保存できませんでした。
0xC0040041 -1073479615 DTS_E_PIPELINE_LOAD データ フロー オブジェクトを読み込めませんでした
0xC0040042 -1073479614 DTS_E_SAVE_PERSTFORMAT データ フロー オブジェクトを保存できませんでした。 指定した形式はサポートされていません。
0xC0040043 -1073479613 DTS_E_LOAD_PERSTFORMAT データ フロー オブジェクトを読み込めませんでした。 指定した形式はサポートされていません。
0xC0040044 -1073479612 DTS_E_SETPERSIST_PROPEVENTS データ フロー オブジェクトの XML 永続性イベント プロパティを設定できませんでした。
0xC0040045 -1073479611 DTS_E_SETPERSIST_XMLDOM データ フロー オブジェクトの永続性 XML DOM プロパティを設定できませんでした。
0xC0040046 -1073479610 DTS_E_SETPERSIST_XMLNODE データ フロー オブジェクトの永続性 XML ELEMENT プロパティを設定できませんでした。
0xC0040047 -1073479609 DTS_E_SETPERSISTPROP_FAILED データ フロー オブジェクトの xml 永続性プロパティを設定できませんでした。
0xC0040048 -1073479608 DTS_E_NOCUSTOMPROPCOL データ フロー コンポーネントのカスタム プロパティ コレクションを取得できませんでした。
0xC0047000 -1073451008 DTS_E_CYCLEINEXECUTIONTREE 実行ツリーに循環参照が含まれています。
0xC0047001 -1073451007 DTS_E_DISCONNECTEDOBJECT %1 オブジェクト "%2" (%3!d!) はレイアウトから切断されます。
0xC0047002 -1073451006 DTS_E_INVALIDOBJECTID レイアウト オブジェクトの ID が無効です。
0xC0047003 -1073451005 DTS_E_INPUTWITHOUTPATHS 必要な入力オブジェクトが、パス オブジェクトに接続されていません。
0xC0047005 -1073451003 DTS_E_INVALIDSYNCHRONOUSINPUT %1 の同期入力 ID %2!d! は無効です。
0xC0047006 -1073451002 DTS_E_INVALIDOUTPUTLINEAGEID %1 には系列 ID %2!d! が指定されていますが、%3!d! を指定する必要があります。
0xC0047008 -1073451000 DTS_E_DUPLICATENAMESINCOLLECTION パッケージには、同じ名前の 2 つのオブジェクト "%1" と "%2" が含まれています。
0xC0047009 -1073450999 DTS_E_INVALIDEXCLUSIONGROUP "%1" と "%2" は同一の除外グループに存在しますが、同じ同期入力がありません。
0xC004700A -1073450998 DTS_E_DUPLICATELINEAGEIDSINCOLLECTION 同一コレクション内の 2 つのオブジェクトが重複した系列 ID %1!d! を保持しています。 オブジェクトは %2 と %3 です。
0xC004700B -1073450997 DTS_E_VALIDATIONFAILEDONLAYOUT レイアウトで検証に失敗しました。
0xC004700C -1073450996 DTS_E_VALIDATIONFAILEDONCOMPONENTS 1 つ以上のコンポーネントで検証に失敗しました。
0xC004700D -1073450995 DTS_E_VALIDATIONFAILED レイアウトと 1 つ以上のコンポーネントで検証に失敗しました。
0xC004700E -1073450994 DTS_E_THREADSTARTUPFAILED 1 つ以上の必要なスレッドを作成できないので、データ フロー タスク エンジンはスタートアップ時に失敗しました。
0xC004700F -1073450993 DTS_E_CANTGETMUTEX 初期化時に、スレッドでミューテックスを作成できませんでした。
0xC0047010 -1073450992 DTS_E_CANTGETSEMAPHORE 初期化時に、スレッドでセマフォを作成できませんでした。
0xC0047011 -1073450991 DTS_E_BUFFERFAILUREDETAILS システムから %1!d! パーセントのメモリの読み込みが報告されています。 物理メモリは %2 バイトで %3 バイトの空き領域があります。 仮想メモリは %4 バイトで %5 の空き領域があります。 ページング ファイルは %6 バイトで %7 バイトの空き領域があります。
0xC0047012 -1073450990 DTS_E_BUFFERALLOCFAILED バッファーが %1!d! バイトです。
0xC0047013 -1073450989 DTS_E_CANTCREATEBUFFERMANAGER バッファー マネージャーを作成できませんでした。
0xC0047015 -1073450987 DTS_E_BUFFERBADSIZE バッファーの種類 %1!d! のサイズは %2!I64d! バイトです。
0xC0047016 -1073450986 DTS_E_DANGLINGWITHPATH %1 はぶら下がりとしてマークされていますが、パスがアタッチされています。
0xC0047017 -1073450985 DTS_E_INDIVIDUALVALIDATIONFAILED %1 が検証に失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC0047018 -1073450984 DTS_E_INDIVIDUALPOSTEXECUTEFAILED %1 が実行後フェーズに失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC0047019 -1073450983 DTS_E_INDIVIDUALPREPAREFAILED %1 が準備フェーズに失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC004701A -1073450982 DTS_E_INDIVIDUALPREEXECUTEFAILED %1 が実行前フェーズに失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC004701B -1073450981 DTS_E_INDIVIDUALCLEANUPFAILED %1 がクリーンアップ フェーズに失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC004701C -1073450980 DTS_E_INVALIDINPUTLINEAGEID %1 に、 以前データ フロー タスクで使用されなかった系列 ID %2!d! が指定されています。
0xC004701E -1073450978 DTS_E_EXECUTIONTREECYCLE 循環参照が作成されるので、%1 を %2 に接続できません。
0xC004701F -1073450977 DTS_E_CANTCOMPARE データ型 "%1" は比較できません。 このデータ型の比較はサポートされていないので、このデータ型を並べ替えたり、キーとして使用することはできません。
0xC0047020 -1073450976 DTS_E_REFUSEDFORSHUTDOWN このスレッドはシャットダウンされたので、入力バッファーを受け取りません。
0xC0047021 -1073450975 DTS_E_THREADFAILED SSIS エラー コード DTS_E_THREADFAILED。 エラー コード 0x%2!8.8X! により、スレッド "%1" は終了しました。 この前に、スレッドが終了した理由の詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。
0xC0047022 -1073450974 DTS_E_PROCESSINPUTFAILED SSIS エラー コード DTS_E_PROCESSINPUTFAILED。 入力 "%4" (%5!d!) の処理中に、コンポーネント "%1" (%2!d!) の ProcessInput メソッドがエラー コード 0x%3!8.8X! で失敗しました。 この識別されたコンポーネントは、ProcessInput メソッドからエラーを返しました。 このエラーはコンポーネントに固有のものですが、致命的なエラーであるため、データ フロー タスクの実行は停止されます。 この前に、エラーの詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。
0xC0047023 -1073450973 DTS_E_CANTREALIZEVIRTUALBUFFERS 一連の仮想バッファーを認識できません。
0xC0047024 -1073450972 DTS_E_PIPELINETOOCOMPLEX このパイプラインに必要なスレッド数は %1!d! ですが、これはシステムの制限値 %2!d! を超えています。 パイプラインに必要なスレッドが多すぎるため構成できません。 非同期出力の数が多すぎるか、EngineThreads プロパティに設定された値が大きすぎます。 パイプラインを複数のパッケージに分割するか、EngineThreads プロパティの値を減らしてください。
0xC0047028 -1073450968 DTS_E_SCHEDULERCOULDNOTCOUNTSOURCES データ フロー エンジン スケジューラがレイアウト内の変換元の数を取得できません。
0xC0047029 -1073450967 DTS_E_SCHEDULERCOULDNOTCOUNTDESTINATIONS データ フロー エンジン スケジューラがレイアウト内の変換先の数を取得できません。
0xC004702A -1073450966 DTS_E_COMPONENTVIEWISUNAVAILABLE コンポーネント ビューを使用できません。 コンポーネント ビューが作成されていることを確認してください。
0xC004702B -1073450965 DTS_E_INCORRECTCOMPONENTVIEWID コンポーネント ビュー ID が正しくありません。 コンポーネント ビューの同期が取れません。 コンポーネント ビューを解放して再作成してください。
0xC004702C -1073450964 DTS_E_BUFFERNOTLOCKED このバッファーはロックされていないので、操作できません。
0xC004702D -1073450963 DTS_E_CANTBUILDBUFFERTYPE データ フロー タスクは、バッファーの定義を作成するためのメモリを割り当てることができません。 バッファーの定義には %1!d! 含まれています。
0xC004702E -1073450962 DTS_E_CANTREGISTERBUFFERTYPE データ フロー タスクは、バッファーの種類を登録できません。 この種類には %1!d! 列含まれており、 これは実行ツリー %2!d! 用の種類です。
0xC004702F -1073450961 DTS_E_INVALIDUSESDISPOSITIONSVALUE UsesDispositions プロパティは初期値から変更できません。 XML が編集され、UsesDispositions 値が変更された場合に発生します。 この値は、パッケージに追加されるときにコンポーネントによって設定されるので、変更は許可されていません。
0xC0047030 -1073450960 DTS_E_THREADFAILEDINITIALIZE データ フロー タスクは、必要なスレッドを初期化できなかったため、実行を開始できません。 スレッドから、具体的なエラーが以前に報告されています。
0xC0047031 -1073450959 DTS_E_THREADFAILEDCREATE データ フロー タスクは、必要なスレッドを作成できなかったため、実行を開始できません。 このエラーは、通常、メモリが不足しているときに発生します。
0xC0047032 -1073450958 DTS_E_EXECUTIONTREECYCLEADDINGSYNCHRONOUSINPUT 循環参照が発生するので、"%1" の同期入力を "%2" に設定できません。
0xC0047033 -1073450957 DTS_E_INVALIDCUSTOMPROPERTYNAME 同じ名前のストック プロパティが存在するので、"%1" という名前のカスタム プロパティは無効です。 カスタム プロパティに、同じオブジェクトのストック プロパティと同じ名前を指定することはできません。
0xC0047035 -1073450955 DTS_E_BUFFERLOCKUNDERFLOW バッファーのロックは既に解除されています。
0xC0047036 -1073450954 DTS_E_INDIVIDUALCACHEINTERFACESFAILED %1 が初期化に失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC0047037 -1073450953 DTS_E_INDIVIDUALRELEASEINTERFACESFAILED %1 がシャットダウン中に失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。 コンポーネントがインターフェイスを解放できませんでした。
0xC0047038 -1073450952 DTS_E_PRIMEOUTPUTFAILED SSIS エラー コード DTS_E_PRIMEOUTPUTFAILED。 %1 の PrimeOutput メソッドからエラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。 パイプライン エンジンが PrimeOutput() を呼び出したときに、このコンポーネントからエラー コードが返されました。 このエラー コードの詳細はコンポーネントで定義されていますが、これは致命的なエラーであり、パイプラインの実行は停止されました。 この前に、エラーの詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。
0xC0047039 -1073450951 DTS_E_THREADCANCELLED SSIS エラー コード DTS_E_THREADCANCELLED。 スレッド "%1" はシャットダウンの通知を受け取ったので終了処理中です。 ユーザーがシャットダウンを要求したか、別のスレッド内でエラーが発生したため、パイプラインがシャットダウンされます。 このエラーの前に、スレッドが取り消された理由の詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。
0xC004703A -1073450950 DTS_E_DISTRIBUTORCANTSETPROPERTY エラー 0x%8.8X により、スレッド "%1" のディストリビューターが、コンポーネント "%3" のプロパティ "%2" を初期化できませんでした。 ディストリビューターがコンポーネントのプロパティを初期化できなかったので、続行できません。
0xC004703B -1073450949 DTS_E_CANTREGISTERVIEWBUFFERTYPE データ フロー タスクは、ビュー バッファーの種類を登録できません。 この種類には %1!d! 列含まれており、 これは入力 ID %2!d! 用の種類です。
0xC004703F -1073450945 DTS_E_CANTCREATEEXECUTIONTREE 実行ツリーを作成するために必要なメモリが不足しています。
0xC0047040 -1073450944 DTS_E_CANTINSERTINTOHASHTABLE ハッシュ テーブルにオブジェクトを挿入するために必要なメモリが不足しています。
0xC0047041 -1073450943 DTS_E_OBJECTNOTINHASHTABLE オブジェクトはハッシュ テーブルに存在しません。
0xC0047043 -1073450941 DTS_E_CANTCREATECOMPONENTVIEW コンポーネント ビューを作成できません。別のコンポーネント ビューが既に存在します。 コンポーネント ビューは、一度に 1 つしか存在できません。
0xC0047046 -1073450938 DTS_E_LAYOUTCANTSETUSAGETYPE 入力 "%1" (%2!d!) で、仮想入力列のコレクションに、系列 ID %3!d! の仮想入力列が含まれていません。
0xC0047047 -1073450937 DTS_E_WRONGOBJECTTYPE 要求されたオブジェクトで、オブジェクトの種類が正しくありません。
0xC0047048 -1073450936 DTS_E_CANTCREATESPOOLFILE バッファー マネージャーで、BufferTempStoragePath プロパティのどのパスにも一時ストレージ ファイルを作成できません。 ファイル名が無効であるか、権限がないか、すべてのパスが使用済みです。
0xC0047049 -1073450935 DTS_E_SEEKFAILED バッファー マネージャーはファイル "%2" のオフセット %1!d! に シークできませんでした。 ファイルが破損しています。
0xC004704A -1073450934 DTS_E_EXTENDFAILED バッファー マネージャーはファイル "%1" を長さ %2!lu! バイトです。 ディスク領域が不足しています。
0xC004704B -1073450933 DTS_E_FILEWRITEFAILED バッファー マネージャーはファイル "%2" に %1!d! バイトを %1!d! バイトを書き込めません。 ディスク領域またはクォータが不足しています。
0xC004704C -1073450932 DTS_E_FILEREADFAILED バッファー マネージャーはファイル "%2" から %1!d! バイトを 読み取れません。 ファイルが破損しています。
0xC004704D -1073450931 DTS_E_VIRTUALNOTSEQUENTIAL バッファー ID %1!d! は、 他の仮想バッファーをサポートしているので、シーケンシャル モードに設定できません。 仮想バッファーがサポートされているバッファーで IDTSBuffer100.SetSequentialMode が呼び出されました。
0xC004704E -1073450930 DTS_E_BUFFERISREADONLY バッファーは読み取り専用モードなので、この操作を実行できませんでした。 読み取り専用のバッファーは変更できません。
0xC004704F -1073450929 DTS_E_EXECUTIONTREECYCLESETTINGID 循環参照が作成されるので、ID %1 を %2!d! に 設定できません。
0xC0047050 -1073450928 DTS_E_NOMOREBUFFERTYPES バッファー マネージャーでバッファーの種類のテーブルを拡張中に、メモリが不足しました。 このエラーは、メモリ不足の状態が原因で発生します。
0xC0047051 -1073450927 DTS_E_CANTCREATENEWTYPE バッファー マネージャーは新しいバッファーの種類を作成できませんでした。
0xC0047053 -1073450925 DTS_E_SCHEDULERBADTREE データ フロー エンジン スケジューラはインデックス %1!d! の実行ツリーをレイアウトから 取得できませんでした。 スケジューラが、実在するよりも多くの実行ツリーを含んでいる数を受け取りました。
0xC0047056 -1073450922 DTS_E_CANTCREATEPRIMEOUTPUTBUFFER データ フロー タスクは、コンポーネント "%1" (%2!d!) の出力 "%3" (%4!d!) で PrimeOutput を呼び出すためのバッファーを作成できませんでした。 このエラーは、通常、メモリ不足の状態が原因で発生します。
0xC0047057 -1073450921 DTS_E_SCHEDULERTHREADMEMORY データ フロー エンジン スケジューラは、メモリ不足によりスレッド オブジェクトを作成できませんでした。 このエラーは、メモリ不足の状態が原因で発生します。
0xC004705A -1073450918 DTS_E_SCHEDULEROBJECT データ フロー エンジン スケジューラは、ID %1!d! のオブジェクトをレイアウトから 取得できませんでした。 以前は存在し、現在は使用できなくなったオブジェクトが、データ フロー エンジン スケジューラにあります。
0xC004705B -1073450917 DTS_E_PREPARETREENODEFAILED データ フロー タスクは、出力 "%1" (%2!d!) で始まる実行ツリー ノードのバッファーを準備できませんでした。
0xC004705C -1073450916 DTS_E_CANTCREATEVIRTUALBUFFER データ フロー タスクは、実行の準備のための仮想バッファーを作成できません。
0xC004705E -1073450914 DTS_E_NOMOREIDS ID の最大数に達しました。 オブジェクトへの割り当てに使用できる ID がありません。
0xC004705F -1073450913 DTS_E_ALREADYATTACHED %1 は既にアタッチされているので、再度アタッチすることはできません。 デタッチしてから再度アタッチしてください。
0xC0047060 -1073450912 DTS_E_OUTPUTCOLUMNNAMECONFLICT 出力 "%2" の列名 "%1" は、同期入力 "%3" の同じ名前の列と競合するので使用できません。
0xC0047061 -1073450911 DTS_E_EOFANNOUNCEMENTFAILED データ フロー タスクは、行セットの末尾を設定するためのバッファーを作成できません。
0xC0047062 -1073450910 DTS_E_USERCOMPONENTEXCEPTION マネージド ユーザー コンポーネントにより例外 "%1" がスローされました。
0xC0047063 -1073450909 DTS_E_SCHEDULERMEMORY データ フロー エンジン スケジューラの実行構造に十分なメモリを割り当てられません。 実行を開始する前に、システムのメモリが不足していました。
0xC0047064 -1073450908 DTS_E_BUFFERNOOBJECTMEMORY メモリ不足の状態により、バッファー オブジェクトを作成できませんでした。
0xC0047065 -1073450907 DTS_E_BUFFERNOMAPMEMORY メモリ不足の状態により、バッファーの系列 ID を DTP_HCOL インデックスにマップできません。
0xC0047066 -1073450906 DTS_E_INDIVIDUALPUTVARIABLESFAILED "%1!s!" が Variables コレクションをキャッシュできず、エラー コード 0x%2!8.8X が返されました。
0xC0047067 -1073450905 DTS_E_INDIVIDUALPUTCOMPONENTMETADATAFAILED "%1" がコンポーネント メタデータ オブジェクトをキャッシュできなかったので、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC0047068 -1073450904 DTS_E_SORTEDOUTPUTHASINVALIDSORTKEYPOSITION "%1" には 0 以外の SortKeyPosition がありますが、その値 (%2!ld!) が大きすぎます。 値は、列数以下である必要があります。
0xC004706A -1073450902 DTS_E_SORTEDOUTPUTHASINVALIDSORTKEYPOSITIONS %1 の IsSorted プロパティは True に設定されていますが、0 以外の出力列 SortKeyPositions の絶対値では、1 から始まり単調に増加するシーケンスが形成されません。
0xC004706B -1073450901 DTS_E_INDIVIDUALVALIDATIONSTATUSFAILED "%1" が検証に失敗し、検証状態 "%2" が返されました。
0xC004706C -1073450900 DTS_E_CANTCREATECOMPONENT コンポーネント "%1!s!" を作成できなかったので、エラー コード 0x%2!8.8X! " が返されました 。 コンポーネントが正しく登録されていることを確認してください。
0xC004706D -1073450899 DTS_E_COMPONENTNOTREGISTERED "%1" を含むモジュールは、登録されていないか、正しくインストールされていません。
0xC004706E -1073450898 DTS_E_COMPONENTNOTFOUND "%1" を含むモジュールは登録されていますが、見つかりません。
0xC004706F -1073450897 DTS_E_BINARYCODENOTFOUND スクリプト コンポーネントはスクリプトをプリコンパイルするように構成されていますが、バイナリ コードが見つかりません。 バイナリ コードを生成する [スクリプトのデザイン] ボタンをクリックして、スクリプト コンポーネント エディターの IDE にアクセスしてください。
0xC0047070 -1073450896 DTS_E_CANTCREATEBLOBFILE バッファー マネージャーはサイズの大きなオブジェクトをスプールするためのファイルを、BLOBTempStoragePath プロパティで指定されたディレクトリに作成できません。 指定されたファイル名が正しくないか、権限がないか、すべてのパスが使用済みです。
0xC0047071 -1073450895 DTS_E_SYNCHRONOUSIDMISMATCH "%1" の SynchronousInputID プロパティは %2!d! でしたが、%3!d! が 必要でした。
0xC0047072 -1073450894 DTS_E_OBJECTIDNOTFOUND ID が %1!d! のオブジェクトは存在しません。
0xC0047073 -1073450893 DTS_E_OBJECTIDLOOKUPFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、 ID が %1!d! のオブジェクトが見つかりません。
0xC0047074 -1073450892 DTS_E_INVALIDCODEPAGE 出力列 "%2" (%3!d!) で指定されている コード ページ %1!d! は無効です。 出力列 "%2" に別のコード ページを選択してください。
0xC0047075 -1073450891 DTS_E_INDIVIDUALPUTEVENTINFOSFAILED "%1" が EventInfos コレクションをキャッシュできなかったので、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC0047077 -1073450889 DTS_E_DUPLICATEOUTPUTCOLUMNNAMES "%1" の名前が重複しています。 すべての名前は一意である必要があります。
0xC0047078 -1073450888 DTS_E_NOOUTPUTCOLUMNFORINPUTCOLUMN 入力列 "%1" (%2!d!) に関連付けられた出力列がありません。
0xC0047079 -1073450887 DTS_E_EXCLGRPNOSYNCINP "%1" には、ルート ソースから拡張している仮想バッファーが存在します。 同期入力が 0 である、0 以外の除外グループが存在します。
0xC004707A -1073450886 DTS_E_ERROROUTCANTBEONSYNCNONEXCLUSIVEOUTPUT エラー出力は非排他的な同期出力に設定できないので、"%1" をエラー出力にすることはできません。
0xC004707B -1073450885 DTS_E_EXPREVALDIVBYZERO 0 除算エラーが発生しました。 右辺のオペランドが式 "%1" で 0 に評価されます。
0xC004707C -1073450884 DTS_E_EXPREVALLITERALOVERFLOW リテラル値 "%1" は、型 %2 には大きすぎます。 リテラル値が大きすぎて、型でオーバーフローが発生しています。
0xC004707D -1073450883 DTS_E_EXPREVALBINARYOPNUMERICOVERFLOW データ型 %2 と %3 のバイナリ演算 "%1" の結果が数値型の最大サイズを超えています。 オペランドの型を、有効桁数または小数点以下桁数を失うことなく、数値型 (DT_NUMERIC) の結果に暗黙的にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC004707E -1073450882 DTS_E_EXPREVALBINARYOPOVERFLOW バイナリ演算 "%1" の結果が、結果のデータ型 "%2" の最大サイズを超えています。 演算結果の大きさが、結果の型をオーバーフローしています。
0xC004707F -1073450881 DTS_E_EXPREVALFUNCTIONOVERFLOW 関数呼び出し "%1" の結果が、型 "%2" には大きすぎます。 関数呼び出し結果の大きさが、オペランドの型をオーバーフローしています。 より大きい型に明示的にキャストする必要があります。
0xC0047080 -1073450880 DTS_E_EXPREVALBINARYTYPEMISMATCH データ型 "%1" と "%2" は、バイナリ演算子 "%3" と互換性がありません。 オペランドの型を、この演算と互換性のある型に暗黙的にキャストできませんでした。 >この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC0047081 -1073450879 DTS_E_EXPREVALUNSUPPORTEDBINARYTYPE データ型 "%1" は、バイナリ演算子 "%2" と共に使用できません。 この演算では、一方または両方のオペランドの型がサポートされていません。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC0047082 -1073450878 DTS_E_EXPREVALBINARYSIGNMISMATCH 演算 "%2" のビットごとのバイナリ演算子 "%1" で符号が一致しません。 この演算子のオペランドは、いずれも正またはいずれも負である必要があります。
0xC0047083 -1073450877 DTS_E_EXPREVALBINARYOPERATIONFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、バイナリ演算 "%1" が失敗しました。 内部エラーが発生したか、メモリが不足しています。
0xC0047084 -1073450876 DTS_E_EXPREVALBINARYOPERATIONSETTYPEFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、バイナリ演算 "%1" の結果の型を設定できませんでした。
0xC0047085 -1073450875 DTS_E_EXPREVALSTRINGCOMPARISONFAILED 文字列 "%1" を文字列 "%2" と比較できませんでした。
0xC0047086 -1073450874 DTS_E_EXPREVALUNSUPPORTEDUNNARYTYPE データ型 "%1" は、単項演算子 "%2" と共に使用できません。 この演算では、このオペランドの型がサポートされていません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC0047087 -1073450873 DTS_E_EXPREVALUNARYOPERATIONFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、単項演算 "%1" が失敗しました。 内部エラーが発生したか、メモリが不足しています。
0xC0047088 -1073450872 DTS_E_EXPREVALUNARYOPERATIONSETTYPEFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、単項演算 "%1" の結果の型を設定できませんでした。
0xC0047089 -1073450871 DTS_E_EXPREVALPARAMTYPEMISMATCH 関数 "%1" は、パラメーター番号 %3!d! のデータ型 "%2" をサポートしていません。 パラメーターの型を、関数と互換性のある型に暗黙的にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC004708A -1073450870 DTS_E_EXPREVALINVALIDFUNCTION 関数 "%1" は認識されませんでした。 関数名が正しくないか、または存在しません。
0xC004708B -1073450869 DTS_E_EXPREVALFNSUBSTRINGINVALIDLENGTH 長さ %1!d! は、 関数 "%2" では無効です。 長さのパラメーターには、負の数を指定できません。 長さのパラメーターを 0 または正の値に変更してください。
0xC004708C -1073450868 DTS_E_EXPREVALFNSUBSTRINGINVALIDSTARTINDEX 開始インデックス %1!d! は、 関数 "%2" では無効です。 開始インデックスの値には、0 より大きい整数値を指定する必要があります。 開始インデックスは 0 からではなく、1 から始める必要があります。
0xC004708E -1073450866 DTS_E_EXPREVALCHARMAPPINGFAILED 関数 "%1" は、文字列 "%2" で文字マッピングを実行できません。
0xC004708F -1073450865 DTS_E_EXPREVALINVALIDDATEPART "%1" は、関数 "%2" に対して有効な日付部分ではありません。
0xC0047090 -1073450864 DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLPARAM データ型が "%2" である 関数 NULL の %1!d! 番目のパラメーターが無効です。 NULL() のパラメーターは静的である必要があり、入力列などの動的な要素を含めることはできません。
0xC0047091 -1073450863 DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLPARAMTYPE データ型が "%2" である 関数 NULL の %1!d! 番目のパラメーターが整数ではありません。 NULL() のパラメーターは、整数または整数に変換できる型である必要があります。
0xC0047092 -1073450862 DTS_E_EXPREVALFUNCTIONPARAMNOTSTATIC データ型が "%2" である 静的ではありません。 このパラメーターは静的である必要があり、入力列などの動的な要素を含めることはできません。
0xC0047093 -1073450861 DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTPARAM データ型が "%2" である パラメーターが無効です。 キャスト演算子のパラメーターは静的である必要があり、入力列などの動的な要素を含めることはできません。
0xC0047094 -1073450860 DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTPARAMTYPE データ型が "%2" である 整数ではありません。 キャスト演算子のパラメーターは、整数または整数に変換できる型である必要があります。
0xC0047095 -1073450859 DTS_E_EXPREVALINVALIDCAST 式 "%1" をデータ型 "%2" からデータ型 "%3" にキャストできません。 要求されたキャストはサポートされていません。
0xC0047096 -1073450858 DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKEN 式 "%1" を解析できませんでした。 行番号 "%3"、文字番号 "%4" のトークン "%2" が認識されませんでした。 この式は、指定された場所に無効な要素が含まれているので、解析できません。
0xC0047097 -1073450857 DTS_E_EXPREVALUNEXPECTEDPARSEERROR 式 "%1" の解析中にエラーが発生しました。 式を解析できませんでした。原因は不明です。
0xC0047098 -1073450856 DTS_E_EXPREVALFAILEDTOPARSEEXPRESSIONWITHHR 式 "%1" を解析できませんでした。エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。 この式を解析できません。 無効な要素が含まれているか、適切な形式ではない可能性があります。 また、メモリが不足している可能性もあります。
0xC0047099 -1073450855 DTS_E_EXPREVALFAILEDTOPARSEEXPRESSION 式 "%1" は無効なので解析できません。 この式に無効な要素が含まれているか、式が適切な形式ではない可能性があります。
0xC004709A -1073450854 DTS_E_EXPREVALEXPRESSIONEMPTY 計算する式がありませんでした。 空の式の文字列を計算または取得しようとしました。
0xC004709B -1073450853 DTS_E_EXPREVALCOMPUTEFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、式 "%1" を計算できませんでした。
0xC004709C -1073450852 DTS_E_EXPREVALBUILDSTRINGFAILED エラー コード 0x%1!8.8X! により、式の文字列表記を生成できませんでした。 式を表す表示可能な文字列の生成中に失敗しました。
0xC004709D -1073450851 DTS_E_EXPREVALCANNOTCONVERTRESULT 式の結果のデータ型 "%1" を列のデータ型 "%2" に変換できません。 式の結果は、入力列または出力列に書き込まれる必要がありますが、式のデータ型を列のデータ型に変換することができません。
0xC004709E -1073450850 DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPINVALIDCONDITIONTYPE 条件演算子の条件式 "%1" に無効なデータ型 "%2" が使用されています。 条件演算子の条件式は DT_BOOL 型のブール値を返す必要があります。
0xC004709F -1073450849 DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPTYPEMISMATCH データ型 "%1" と "%2" は、条件演算子と互換性がありません。 オペランドの型を暗黙的に条件演算子と互換性のある型にキャストできません。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC00470A0 -1073450848 DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPSETTYPEFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、条件演算 "%1" の結果の型を設定できませんでした。
0xC00470A1 -1073450847 DTS_E_BUFFERORPHANED このバッファーは孤立しています。 未解決のバッファーを残したまま、バッファー マネージャーがシャットダウンされたため、バッファーがクリーンアップされません。 メモリ リークや他の問題が発生する可能性があります。
0xC00470A2 -1073450846 DTS_E_EXPREVALINPUTCOLUMNNAMENOTFOUND エラー コード 0x%2!8.8X! により、"%1" という名前の入力列を検索できませんでした。 指定された入力列が入力列のコレクションに見つかりませんでした。
0xC00470A3 -1073450845 DTS_E_EXPREVALINPUTCOLUMNIDNOTFOUND エラー コード 0x%2!8.8X! により、系列 ID %1!d! の入力列を 検索できませんでした。 入力列が入力列のコレクションに見つかりませんでした。
0xC00470A4 -1073450844 DTS_E_EXPREVALNOINPUTCOLUMNCOLLECTIONFORCOLUMNNAME 式に、認識できないトークン "%1" が含まれています。 "%1" が変数の場合、トークンは "@%1" と表記される必要があります。 指定されたトークンが無効です。 >トークンが変数名である場合、先頭に @ 記号を付ける必要があります。
0xC00470A5 -1073450843 DTS_E_EXPREVALNOINPUTCOLUMNCOLLECTIONFORCOLUMNID 式に、認識できないトークン "#%1!d!" が含まれています。
0xC00470A6 -1073450842 DTS_E_EXPREVALVARIABLENOTFOUND 変数 "%1" が Variables コレクションに見つかりませんでした。 変数が正しいスコープに存在しない可能性があります。
0xC00470A7 -1073450841 DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKENSTATE 式 "%1" を解析できませんでした。 この式には無効なトークン、不完全なトークン、または無効な要素が含まれている可能性があります。 また、適切な形式ではないか、かっこなどの必要な要素の一部が不足している可能性があります。
0xC00470A8 -1073450840 DTS_E_BLANKOUTPUTCOLUMNNAME "%1" の名前が指定されていません。名前を空白にすることはできません。
0xC00470A9 -1073450839 DTS_E_HASSIDEEFFECTSWITHSYNCINP "%1" では HasSideEffects プロパティが True に設定されていますが、"%1" は同期型なので副作用は発生しません。 HasSideEffects プロパティを False に設定してください。
0xC00470AA -1073450838 DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTCODEPAGE データ型 "%2" へのキャストのコード ページ パラメーターに指定された値 %1!d! が無効です。 指定されたコード ページはコンピューターにインストールされていません。
0xC00470AB -1073450837 DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTPRECISION 値 %1!d! は キャストの有効桁数のパラメーターに指定された値 %1!d! が無効です。 有効桁数は %3!d! から %4!d! までの範囲で指定する 必要がありますが、 有効桁数の値が型キャストの範囲外です。
0xC00470AC -1073450836 DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTSCALE 値 %1!d! は キャストの小数点以下桁数のパラメーターに指定された値 %1!d! が無効です。 小数点以下桁数は %3!d! から %4!d! までの範囲で指定する 必要がありますが、 小数点以下桁数の値が型キャストの範囲外です。 小数点以下桁数は有効桁数よりも大きい値にすることはできず、正の値にする必要があります。
0xC00470AD -1073450835 DTS_E_NONSORTEDOUTPUTHASSORTKEYPOSITIONS "%1" の IsSorted プロパティは false に設定されていますが、 出力列 SortKeyPositions の %2!lu! は 0 以外です。
0xC00470AF -1073450833 DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPCODEPAGEMISMATCH 型 %2 の条件演算子 "%1" のオペランドでは、コード ページが一致している必要があります。 左辺オペランドのコード ページと右辺オペランドのコード ページが一致しません。 指定された型の条件演算子では、コード ページが同一である必要があります。
0xC00470B1 -1073450831 DTS_E_REFERENCEDMETADATABADCOUNT 入力 "%1" (%2!d!) は入力 "%3" (%4!d!) を参照しますが、両方の入力に含まれる列数が同じではありません。 入力 %5!d! には %6!d! 列が含まれていますが、 入力 %7!d! には %8!d! 列 が含まれています。
0xC00470B2 -1073450830 DTS_E_OBJECTLINEAGEIDNOTFOUND 系列 ID が %1!d! のオブジェクトは存在しません。
0xC00470B3 -1073450829 DTS_E_FILENAMEOUTPUTCOLUMNOTFOUND ファイル名の出力列が見つかりません。
0xC00470B4 -1073450828 DTS_E_FILENAMEOUTPUTCOLUMNINVALIDDATATYPE ファイル名の出力列のデータ型は DT_WSTR ですが、NULL 終端の Unicode 文字列ではありません。
0xC00470B5 -1073450827 DTS_E_DISTRIBUTORADDFAILED エラー 0x%2!8.8X! により、ディストリビューターはスレッド "%1" にバッファーを提供できませんでした。 対象のスレッドが終了する可能性があります。
0xC00470B6 -1073450826 DTS_E_LOCALENOTINSTALLED このシステムには、 LocaleID 1!ld! がインストールされていません。
0xC00470B7 -1073450825 DTS_E_EXPREVALILLEGALHEXESCAPEINSTRINGLITERAL 文字列リテラル "%1" に、無効な 16 進数のエスケープ シーケンス "\x%2" が含まれています。 このエスケープ シーケンスは、式エバリュエーターの文字列リテラルでサポートされていません。 16 進数のエスケープ シーケンスは、\xhhhh という形式で表す必要があります。ここで、h は有効な 16 進数の桁を示します。
0xC00470B8 -1073450824 DTS_E_EXPREVALILLEGALESCAPEINSTRINGLITERAL 文字列リテラル "%1" に、無効なエスケープ シーケンス "\%2!c!" が含まれています。 このエスケープ シーケンスは、式エバリュエーターの文字列リテラルでサポートされていません。 文字列に円記号が必要な場合は、2 つの円記号 "\\" を続けて入力してください。
0xC00470B9 -1073450823 DTS_E_NOOUTPUTCOLUMNS "%1" には出力列が含まれていません。 非同期出力には出力列が必要です。
0xC00470BA -1073450822 DTS_E_LOBDATATYPENOTSUPPORTED "%1" には、サポートされていない大きなサイズのオブジェクトのデータ型 (DT_TEXT、DT_NTEXT、または DT_IMAGE) があります。
0xC00470BB -1073450821 DTS_E_OUTPUTWITHMULTIPLEERRORS 出力 ID %1!d! が複数のエラー出力の構成に指定されました。 最初は %2!d! と %3!d!、次は %4!d! と %5!d! です。
0xC00470BC -1073450820 DTS_E_FAILEDDURINGOLEDBDATATYPECONVERSIONCHECK OLE DB プロバイダーが、"%1" のデータ型変換の確認中に失敗しました。
0xC00470BD -1073450819 DTS_E_BUFFERISEOR このバッファーは行セットの末尾を表すので、その行数を変更できません。 行セット フラグの末尾を保持するバッファーで AddRow または RemoveRow が呼び出されました。>
0xC00470BE -1073450818 DTS_E_EXPREVALUNSUPPORTEDTYPE データ型 "%1" は、式ではサポートされていません。 指定した型がサポートされていないか、無効です。
0xC00470BF -1073450817 DTS_E_PRIMEOUTPUTNOEOR "%1" の PrimeOutput メソッドからサクセス コードが返されましたが、行セットの末尾が報告されませんでした。 コンポーネントでエラーが発生しています。 通常は、このコンポーネントから行の末尾が報告されます。 予期されない結果が返されることを回避するため、パイプラインはシャットダウンされます。
0xC00470C0 -1073450816 DTS_E_EXPREVALDATACONVERSIONOVERFLOW データ型 "%1" からデータ型 "%2" への変換中にオーバーフローが発生しました。 変換先の型に対して変換元の型が大きすぎます。
0xC00470C1 -1073450815 DTS_E_EXPREVALDATACONVERSIONNOTSUPPORTED データ型 "%1" からデータ型 "%2" への変換はサポートされていません。 変換元のデータ型を変換先のデータ型に変換できません。
0xC00470C2 -1073450814 DTS_E_EXPREVALDATACONVERSIONFAILED データ型 %2 からデータ型 %3 への変換中に エラー コード 0x%1!8.8X! が返されました。
0xC00470C3 -1073450813 DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPERATIONFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、条件演算 "%1" が失敗しました。 内部エラーが発生したか、メモリが不足しています。
0xC00470C4 -1073450812 DTS_E_EXPREVALCASTFAILED エラー コード 0x%4!8.8X! により、データ型 "%2" からデータ型 "%3" に式 "%1" をキャストできませんでした。
0xC00470C5 -1073450811 DTS_E_EXPREVALFUNCTIONCOMPUTEFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、関数 "%1" を評価できませんでした。
0xC00470C6 -1073450810 DTS_E_EXPREVALFUNCTIONCONVERTPARAMTOMEMBERFAILED データ型が "%2" である 静的な値に変換できません。
0xC00470C7 -1073450809 DTS_E_REDIRECTROWUNAVAILABLEWITHFASTLOADANDZEROMAXINSERTCOMMITSIZE 高速読み込みオプションが有効で、挿入コミット サイズの最大値が 0 に設定されている場合、"%1" のエラー行の処理を行のリダイレクトに設定することはできません。
0xC00470CE -1073450802 DTS_E_EXPREVALBINARYOPERATORCODEPAGEMISMATCH 型 "%2" のバイナリ演算子 "%1" のオペランドに対するコード ページは一致する必要があります。 現在、左辺オペランドのコード ページと右辺オペランドのコード ページが一致しません。 指定された型の指定されたバイナリ演算子では、コード ページが同一である必要があります。
0xC00470CF -1073450801 DTS_E_EXPREVALVARIABLECOMPUTEFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、変数 "%1" の値を取得できませんでした。
0xC00470D0 -1073450800 DTS_E_EXPREVALVARIABLETYPENOTSUPPORTED 変数 "%1" のデータ型は、式ではサポートされていません。
0xC00470D1 -1073450799 DTS_E_EXPREVALCASTCODEPAGEMISMATCH 式 "%1" をデータ型 "%2" からデータ型 "%3" にキャストできません。キャストされている値のコード ページ (%4!d!) が、要求された結果コード ページ (%5!d!) と一致しないことが理由です。 キャスト元のコード ページは、キャスト先として要求されているコード ページと一致する必要があります。
0xC00470D2 -1073450798 DTS_E_BUFFERSIZEOUTOFRANGE 既定のバッファー サイズは、%1!d! から %2!d! バイトです。 DefaultBufferSize プロパティに設定しようとした値が小さすぎるか、大きすぎます。
0xC00470D3 -1073450797 DTS_E_BUFFERMAXROWSIZEOUTOFRANGE バッファー最大行数の既定値は、%1!d! キャッシュされました。 DefaultBufferMaxRows プロパティに設定しようとした値が小さすぎます。
0xC00470D4 -1073450796 DTS_E_EXTERNALCOLUMNMETADATACODEPAGEMISMATCH %1 のコード ページは %2!d! ですが、 %3!d! である必要があります。
0xC00470D5 -1073450795 DTS_E_THREADCOUNTOUTOFRANGE データ フロー タスクの EngineThreads プロパティに %3!d! を 割り当てることができませんでした。 %1!d! ~ %2!d! の値を 指定する必要があります。
0xC00470D6 -1073450794 DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKENSINGLEQUOTE 式 "%1" を解析できませんでした。 行番号 "%2"、文字番号 "%3" の単一引用符は予期されていませんでした。
0xC00470D7 -1073450793 DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKENSINGLEEQUAL 式 "%1" を解析できませんでした。 行番号 "%2"、文字番号 "%3" の等号 (=) は予期されていませんでした。 指定された場所に 2 つの等号 (==) が必要である可能性があります。
0xC00470DA -1073450790 DTS_E_INDIVIDUALPUTREFTRACKERFAILED コンポーネント "%1" はランタイム オブジェクト参照トラッカーのコレクションをキャッシュできませんでした。エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC00470DB -1073450789 DTS_E_EXPREVALAMBIGUOUSINPUTCOLUMNNAME 名前 "%1" の入力列が複数あります。 必要な入力列を [コンポーネント名].[%2] という形式で一意に指定するか、系列 ID で参照する必要があります。 現在、指定された入力列が複数のコンポーネントに存在します。
0xC00470DC -1073450788 DTS_E_EXPREVALDOTTEDINPUTCOLUMNNAMENOTFOUND エラー コード 0x%3!8.8X! により、"[%1].[%2]" という名前の入力列を検出できませんでした。 入力列が入力列のコレクションに見つかりませんでした。
0xC00470DD -1073450787 DTS_E_EXPREVALAMBIGUOUSVARIABLENNAME 名前 "%1" の変数が複数あります。 必要な変数を @[Namespace::%2] という形式で一意に指定する必要があります。 この変数が複数の名前空間に存在します。
0xC00470DE -1073450786 DTS_E_REDUCTIONFAILED データ フロー エンジン スケジューラがパイプラインの実行プランを短縮できませんでした。 OptimizedMode プロパティを False に設定してください。
0xC00470DF -1073450785 DTS_E_EXPREVALSQRTINVALIDPARAM 関数 SQRT は負の値では演算できませんが、SQRT 関数に負の値が渡されました。
0xC00470E0 -1073450784 DTS_E_EXPREVALLNINVALIDPARAM 関数 LN は 0 または負の値では演算できませんが、LN 関数に 0 または負の値が渡されました。
0xC00470E1 -1073450783 DTS_E_EXPREVALLOGINVALIDPARAM 関数 LOG は 0 または負の値では演算できませんが、LOG 関数に 0 または負の値が渡されました。
0xC00470E2 -1073450782 DTS_E_EXPREVALPOWERINVALIDPARAM 関数 POWER に渡されたパラメーターを評価できません。不確定な結果が生じます。
0xC00470E3 -1073450781 DTS_E_NOCANCELEVENT エラー 0x%1!8.8X! により、ランタイムがキャンセル イベントを提供できません。
0xC00470E4 -1073450780 DTS_E_CANCELRECEIVED パイプラインはキャンセル要求を受け取ったので、シャットダウンされています。
0xC00470E5 -1073450779 DTS_E_EXPREVALUNARYOPOVERFLOW 単項マイナス (否定) 演算 "%1" の結果が、結果のデータ型 "%2" の最大サイズを超えています。 演算結果の大きさが、結果の型をオーバーフローしています。
0xC00470E6 -1073450778 DTS_E_EXPREVALPLACEHOLDERINEXPRESSION 式にプレースホルダー "%1" が見つかりました。 このプレースホルダーは、実際のパラメーターまたはオペランドに置き換える必要があります。
0xC00470E7 -1073450777 DTS_E_EXPREVALFNRIGHTINVALIDLENGTH 長さ %1!d! は、 負の値なので無効です。 長さのパラメーターは正の値にする必要があります。
0xC00470E8 -1073450776 DTS_E_EXPREVALFNREPLICATEINVALIDREPEATCOUNT 繰り返し回数 %1!d! は 負の値なので、関数 "%2" には無効です。 繰り返し回数のパラメーターには負の値を指定できません。
0xC00470EA -1073450774 DTS_E_EXPREVALVARIABLECOULDNOTBEREAD エラー コード 0x%2!8.8X! により、変数 "%1" を読み取れませんでした。
0xC00470EC -1073450772 DTS_E_EXPREVALBINARYOPDTSTRNOTSUPPORTED バイナリ演算のオペランドでは、データ型 DT_STR は入力列およびキャスト演算のみでサポートされています。 式 "%1" には、入力列またはキャストの結果ではない DT_STR オペランドが含まれています。このオペランドはバイナリ演算では使用できません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC00470ED -1073450771 DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPDTSTRNOTSUPPORTED 条件演算子のオペランドでは、データ型 DT_STR は入力列およびキャスト演算のみでサポートされています。 式 "%1" には、入力列またはキャストの結果ではない DT_STR オペランドが含まれています。このオペランドは条件演算では使用できません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC00470EE -1073450770 DTS_E_EXPREVALFNFINDSTRINGINVALIDOCCURRENCECOUNT 発生回数 %1!d! は、 関数 "%2" では無効です。 このパラメーターには、0 より大きい値を指定する必要があります。
0xC00470EF -1073450769 DTS_E_INDIVIDUALPUTLOGENTRYINFOS "%1" は LogEntryInfos コレクションをキャッシュできませんでした。エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。
0xC00470F0 -1073450768 DTS_E_EXPREVALINVALIDDATEPARTNODE 関数 "%1" に指定された日付部分のパラメーターが無効です。 静的な文字列を指定する必要があります。 日付部分のパラメーターには、入力列などの動的な要素を含めることはできません。また、型は DT_WSTR である必要があります。
0xC00470F1 -1073450767 DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTLENGTH 値 %1!d! は キャストの長さのパラメーターに指定された値 %1!d! は、負の値なので無効です。 長さには正の値を指定してください。
0xC00470F2 -1073450766 DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLCODEPAGE 値 %1!d! は NULL 関数のコード ページ パラメーターに指定された値 %1!d! が無効です。 指定されたコード ページはコンピューターにインストールされていません。
0xC00470F3 -1073450765 DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLPRECISION 値 %1!d! は 指定された NULL 関数の有効桁数のパラメーターに指定された値 %1!d! が範囲外です。 有効桁数は %3!d! から %4!d! までの範囲で指定する 必要があります。
0xC00470F4 -1073450764 DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLSCALE 値 %1!d! は 指定された NULL 関数の小数点以下桁数のパラメーターに指定された値 %1!d! が範囲外です。 小数点以下桁数は %3!d! から %4!d! までの範囲で指定する必要があります。 小数点以下桁数は、有効桁数よりも大きい値にすることも負の値にすることもできません。
0xC00470F5 -1073450763 DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLLENGTH 値 %1!d! は 指定された "NULL" 関数の長さのパラメーターに指定された値 %1!d! は、負の値なので無効です。 長さには正の値を指定してください。
0xC00470F6 -1073450762 DTS_E_NEGATIVESNOTALLOWED %1 には負の値を代入できません。
0xC00470F7 -1073450761 DTS_E_FASTPARSENOTALLOWED "%2" の "%1" カスタム プロパティを True に設定できません。 列のデータ型には次のいずれかを指定する必要があります: DT_I1、DT_I2、DT_I4、DT_I8、DT_UI1、DT_UI2、DT_UI4、DT_UI8、DT_DBTIMESTAMP、DT_DBTIMESTAMP2、DT_DBTIMESTAMPOFFSET、DT_DATE、DT_DBDATE、DT_DBTIME、DT_DBTIME2、または DT_FILETIME。
0xC00470F8 -1073450760 DTS_E_CANNOTREATTACHPATH "%1" を再アタッチできません。 パスを削除し、新しいパスを追加してから、アタッチしてください。
0xC00470F9 -1073450759 DTS_E_EXPREVALINVALIDNUMBEROFPARAMSPLURALSINGULAR 関数 "%1" に必要なパラメーター数は %3!d! ではなく %2!d! です。 関数名は認識されましたが、パラメーター数が無効です。>
0xC00470FA -1073450758 DTS_E_EXPREVALINVALIDNUMBEROFPARAMSSINGULARPLURAL 関数 "%1" に必要なパラメーター数は %3!d! ではなく %2!d! です。 関数名は認識されましたが、パラメーター数が無効です。>
0xC00470FB -1073450757 DTS_E_EXPREVALINVALIDNUMBEROFPARAMSPLURALPLURAL 関数 "%1" に必要なパラメーター数は %3!d! ではなく %2!d! です。 関数名は認識されましたが、パラメーター数が無効です。>
0xC00470FC -1073450756 DTS_E_EXPREVALFAILEDTOPARSEEXPRESSIONOUTOFMEMORY 式 "%1" を解析しようとしましたが失敗しました。メモリが不足しています。
0xC00470FD -1073450755 DTS_E_INDIVIDUALCHECKPRODUCTLEVELFAILED %1 は、必要な製品レベル チェックを実行できず、エラー コード 0x%2!8.8X! を返しました。
0xC00470FE -1073450754 DTS_E_PRODUCTLEVELTOLOW SSIS エラー コード DTS_E_PRODUCTLEVELTOLOW。 インストールされている Integration Services %2 では %1 を実行できません。 %3 以上が必要です。
0xC00470FF -1073450753 DTS_E_EXPREVALSTRINGLITERALTOOLONG 式の文字列リテラルの長さが許容最大長の %1!d! 文字を 超えています。
0xC0047100 -1073450752 DTS_E_EXPREVALSTRINGVARIABLETOOLONG 変数 %1 に許容最大長の %2!d! 文字を超える文字列が 超えています。
0xC0047101 -1073450751 DTS_E_COMPONENT_NOINTERFACE %1 は検出されましたが、必要な Integration Services インターフェイス (IDTSRuntimeComponent100) をサポートしていません。 このコンポーネントの更新バージョンをコンポーネント プロバイダーから入手してください。
0xC0048000 -1073446912 DTS_E_CANNOTOPENREGISTRYKEY レジストリ キー "%1" を開けません。
0xC0048001 -1073446911 DTS_E_INVALIDCOMPONENTFILENAME CLSID "%1" のコンポーネントのファイル名を取得できません。 コンポーネントが正しく登録されていること、または指定された CLSID が正しいことを確認してください。
0xC0048002 -1073446910 DTS_E_UNKNOWNCOMPONENTHASINVALIDCLSID コンポーネントのいずれかの CLSID が無効です。 パイプラインに含まれているすべてのコンポーネントの CLSID が有効であることを確認してください。
0xC0048003 -1073446909 DTS_E_COMPONENTHASINVALIDCLSID ID %1!d! のコンポーネントのいずれかの CLSID が 無効です。
0xC0048004 -1073446908 DTS_E_INVALIDINDEX インデックスが無効です。
0xC0048005 -1073446907 DTS_E_CANNOTACCESSDTSAPPLICATIONOBJECT アプリケーション オブジェクトにアクセスできません。 SSIS が正しくインストールされていることを確認してください。
0xC0048006 -1073446906 DTS_E_ERROROCCURREDWHILERETRIEVINGFILENAME エラー コード 0x%1!8.8X! により、コンポーネントのファイル名を取得できませんでした。
0xC0048007 -1073446905 DTS_E_CANNOTRETRIEVEPROPERTYFORCOMPONENT ID %2!d! のコンポーネントからプロパティ "%1" を取得できません。
0xC0048008 -1073446904 DTS_E_DUPLICATEIDFOUND データ フロー タスクで ID %1!d! を 複数回使用しようとしています。
0xC0048009 -1073446903 DTS_E_CANNOTRETRIEVEBYLINEAGE 列を含まないコレクションから系列 ID で項目を取得できません。
0xC004800B -1073446901 DTS_E_CANNOTMAPRUNTIMECONNECTIONMANAGER エラー コード 0x%2!8.8X! により、接続マネージャー コレクションに ID "%1" の接続マネージャーが見つかりません。 この接続マネージャーは、"%4" の接続マネージャー コレクションに含まれる "%3" で必要です。 接続マネージャー コレクションである Connections に含まれる接続マネージャーが、同じ ID で作成されていることを確認してください。
0xC004800E -1073446898 DTS_E_INPUTNOTKNOWN スレッド "%1" で入力 %2!d! のバッファーを受け取りましたが、スレッドがこの入力に対応していません。 データ フロー エンジン スケジューラで正しくない実行プランが構築されたことが原因で、エラーが発生しました。
0xC004800F -1073446897 DTS_E_GETRTINTERFACEFAILED コンポーネント "%1" (%2!d!) により IDTSRuntimeComponent100 インターフェイスを提供できません。
0xC0048011 -1073446895 DTS_E_CANTGIVEAWAYBUFFER データ フロー タスク エンジンは、別のスレッドに割り当てるバッファーをコピーしようとして失敗しました。
0xC0048012 -1073446894 DTS_E_CANTCREATEVIEWBUFFER データ フロー タスク エンジンは、バッファー %3!d の 種類 %2!d! に対して種類 %1!d! のバッファー ビューを 作成できませんでした。
0xC0048013 -1073446893 DTS_E_UNUSABLETEMPORARYPATH バッファー マネージャーはパス "%1" に一時ファイルを作成できませんでした。 このパスは一時保存域として見なされません。
0xC0048014 -1073446892 DTS_E_DIRECTTONONERROROUTPUT バッファー マネージャーは、エラー出力として登録されていない出力に、エラー行を出力しようとしました。 IsErrorOut プロパティが True に設定されていない出力で DirectErrorRow が呼び出されました。
0xC0048015 -1073446891 DTS_E_BUFFERISPRIVATE プライベート バッファーでバッファー メソッドが呼び出されましたが、プライベート バッファーではこの操作がサポートされていません。
0xC0048016 -1073446890 DTS_E_BUFFERISFLAT プライベート モードのバッファーでは、この操作がサポートされていません。
0xC0048017 -1073446889 DTS_E_BUFFERISPRIMEOUTPUT PrimeOutput に渡されたバッファーではこの操作を呼び出せません。 PrimeOutput の間にバッファー メソッドが呼び出されましたが、この呼び出しを PrimeOutput の間に行うことはできません。
0xC0048018 -1073446888 DTS_E_BUFFERISPROCESSINPUT ProcessInput に渡されたバッファーではこの操作を呼び出せません。 ProcessInput の間にバッファー メソッドが呼び出されましたが、この呼び出しを ProcessInput の間に行うことはできません。
0xC0048019 -1073446887 DTS_E_BUFFERGETTEMPFILENAME バッファー マネージャーは一時ファイルの名前を取得できませんでした。
0xC004801A -1073446886 DTS_E_REFERENCECOLUMNTOOWIDE コードにより、幅が大きすぎる列が検出されました。
0xC004801B -1073446885 DTS_E_CANNOTGETRUNTIMECONNECTIONMANAGERID エラー コード 0x%3!8.8X! により、"%2" の接続マネージャー コレクション Connections の "%1" で指定されているランタイム接続マネージャーの ID を取得できません。 ランタイム接続オブジェクトの ConnectionManager.ID プロパティが、コンポーネントに設定されていることを確認してください。
0xC004801C -1073446884 DTS_E_EMPTYRUNTIMECONNECTIONMANAGERID "%2" の接続マネージャー コレクション Connections の "%1" には ID プロパティの値がありません。 このコンポーネントに、ランタイム接続オブジェクトの ConnectionManagerID プロパティが設定されていることを確認してください。
0xC004801D -1073446883 DTS_E_METADATAREADONLY 実行中にメタデータを変更することはできません。
0xC004801F -1073446881 DTS_E_UPGRADEFAILED "%1" のコンポーネント メタデータをコンポーネントの新しいバージョンにアップグレードできませんでした。 PerformUpgrade メソッドを実行できませんでした。
0xC0048020 -1073446880 DTS_E_COMPONENTVERSIONMISMATCH %1 のバージョンは、このバージョンの DataFlow と互換性がありません。
0xC0048021 -1073446879 DTS_E_ERRORCOMPONENT コンポーネントが見つからないか、登録されていないか、アップグレードできないか、コンポーネントに必要なインターフェイスが見つかりません。 このコンポーネントの連絡先情報は "%1" です。
0xC0048022 -1073446878 DTS_E_BUFFERISNOTPRIMEOUTPUT 正しくないバッファーでメソッドが呼び出されました。 コンポーネントの出力に使用されていないバッファーでは、この操作はサポートされていません。
0xC0049014 -1073442796 DTS_E_EXPREVALSTATIC_COMPUTATIONFAILED 式の計算中にエラーが発生しました。
0xC0049030 -1073442768 DTS_E_EXPREVALSTATIC_DIVBYZERO 式で 0 除算が発生しました。
0xC0049031 -1073442767 DTS_E_EXPREVALSTATIC_LITERALOVERFLOW リテラル値の大きさが、大きすぎて要求された型に収まりませんでした。
0xC0049032 -1073442766 DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPNUMERICOVERFLOW バイナリ演算の結果が数値型の最大サイズに対して大きすぎます。 オペランドの型を、有効桁数または小数点以下桁数を失うことなく、数値型 (DT_NUMERIC) の結果に暗黙的にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC0049033 -1073442765 DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPOVERFLOW バイナリ演算結果の大きさが、結果のデータ型の最大サイズをオーバーフローしています。
0xC0049034 -1073442764 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONOVERFLOW 関数呼び出し結果の大きさが、大きすぎて結果の型に収まらず、オペランドの型をオーバーフローしました。 より大きい型に明示的にキャストする必要があります。
0xC0049035 -1073442763 DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYTYPEMISMATCH 互換性のないデータ型がバイナリ演算子と一緒に使用されました。 オペランドの型を、この演算と互換性のある型に暗黙的にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC0049036 -1073442762 DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNSUPPORTEDBINARYTYPE サポートされていないデータ型が、バイナリ演算子と共に使用されました。 この演算では、一方または両方のオペランドの型がサポートされていません。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC0049037 -1073442761 DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYSIGNMISMATCH ビットごとのバイナリ演算子の符号が一致しません。 この演算子のオペランドは、いずれも正またはいずれも負である必要があります。
0xC0049038 -1073442760 DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPERATIONFAILED バイナリ演算が失敗しました。 メモリが不足していたか、内部エラーが発生しました。
0xC0049039 -1073442759 DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPERATIONSETTYPEFAILED バイナリ演算の結果の型を設定できませんでした。
0xC004903A -1073442758 DTS_E_EXPREVALSTATIC_STRINGCOMPARISONFAILED 2 つの文字列を比較できません。
0xC004903B -1073442757 DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNSUPPORTEDUNNARYTYPE サポートされていないデータ型が、単項演算子と共に使用されました。 この演算では、このオペランドの型がサポートされていません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC004903C -1073442756 DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNARYOPERATIONFAILED 単項演算が失敗しました。 メモリが不足しているか、内部エラーが発生しました。
0xC004903D -1073442755 DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNARYOPERATIONSETTYPEFAILED 単項演算の結果の型を設定できませんでした。
0xC004903E -1073442754 DTS_E_EXPREVALSTATIC_PARAMTYPEMISMATCH 関数にサポートされていないデータ型を持つパラメーターがあります。 パラメーターの型を、関数と互換性のある型に暗黙的にキャストできません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC004903F -1073442753 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDFUNCTION 式に無効な関数名があります。 関数名が正しく、存在することを確認してください。
0xC0049040 -1073442752 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNSUBSTRINGINVALIDLENGTH 長さのパラメーターが、関数 SUBSTRING では無効です。 長さのパラメーターには、負の数を指定できません。
0xC0049041 -1073442751 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNSUBSTRINGINVALIDSTARTINDEX 開始インデックスは、関数 SUBSTRING では無効です。 開始インデックスの値には、0 より大きい整数値を指定する必要があります。 開始インデックスは 0 からではなく、1 から始まります。
0xC0049042 -1073442750 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNUMBEROFPARAMS 関数に指定されたパラメーターの数が正しくありませんでした。 関数名は認識されましたが、パラメーター数が正しくありませんでした。
0xC0049043 -1073442749 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CHARMAPPINGFAILED 文字マッピング関数が失敗しました。
0xC0049044 -1073442748 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDDATEPART 日付関数に無効な日付部分のパラメーターが指定されました。
0xC0049045 -1073442747 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLPARAM 関数 NULL に無効なパラメーターが指定されました。 NULL のパラメーターは静的である必要があります。入力列などの動的な要素を含めることはできません。
0xC0049046 -1073442746 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLPARAMTYPE 関数 NULL に無効なパラメーターが指定されました。 NULL のパラメーターは、整数または整数に変換できる型である必要があります。
0xC0049047 -1073442745 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONPARAMNOTSTATIC 関数に無効なパラメーターが指定されました。 このパラメーターは静的である必要があります。入力列などの動的な要素を含めることはできません。
0xC0049048 -1073442744 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTPARAM キャスト演算に無効なパラメーターが指定されました。 キャスト演算子のパラメーターは静的である必要があります。入力列などの動的な要素を含めることはできません。
0xC0049049 -1073442743 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTPARAMTYPE キャスト演算に無効なパラメーターが指定されました。 キャスト演算子のパラメーターは、整数または整数に変換できる型である必要があります。
0xC004904A -1073442742 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCAST サポートされていない型のキャストが式に含まれていました。
0xC004904B -1073442741 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKEN 式に認識されないトークンが含まれていました。 無効な要素が含まれているので、式を解析できませんでした。
0xC004904C -1073442740 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FAILEDTOPARSEEXPRESSION 式が無効なので、解析できませんでした。 無効な要素が含まれているか、または適切な形式ではない可能性があります。
0xC004904D -1073442739 DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNARYOPOVERFLOW 単項マイナス (否定) 演算が、結果のデータ型の最大サイズをオーバーフローしました。 演算結果の大きさが、結果の型をオーバーフローしています。
0xC004904E -1073442738 DTS_E_EXPREVALSTATIC_COMPUTEFAILED 式を計算できませんでした。
0xC004904F -1073442737 DTS_E_EXPREVALSTATIC_BUILDSTRINGFAILED 式の文字列表記を生成できませんでした。
0xC0049050 -1073442736 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CANNOTCONVERTRESULT 式の結果のデータ型を列のデータ型に変換できません。 式の結果は、入力列または出力列に書き込まれる必要がありますが、式のデータ型を列のデータ型に変換することができません。
0xC0049051 -1073442735 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPINVALIDCONDITIONTYPE 条件演算子の条件式に無効なデータ型が使用されています。 この条件式は DT_BOOL 型である必要があります。
0xC0049052 -1073442734 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPTYPEMISMATCH 条件演算子のオペランドのデータ型に互換性がありませんでした。 オペランドの型を暗黙的に条件演算と互換性のある型にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC0049053 -1073442733 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPSETTYPEFAILED 条件演算の結果の型を設定できませんでした。
0xC0049054 -1073442732 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INPUTCOLUMNNAMENOTFOUND 指定された入力列が入力列のコレクションに見つかりませんでした。
0xC0049055 -1073442731 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INPUTCOLUMNIDNOTFOUND 系列 ID で入力列を検索できませんでした。 入力列が入力列のコレクションに見つかりませんでした。
0xC0049056 -1073442730 DTS_E_EXPREVALSTATIC_NOINPUTCOLUMNCOLLECTION 入力列のコレクションは入力列の処理には使用できませんが、式には、入力列の参照と見なされる認識できないトークンが含まれています。 入力列のコレクションは式エバリュエーターに指定されていませんが、入力列が式に含まれていました。
0xC0049057 -1073442729 DTS_E_EXPREVALSTATIC_VARIABLENOTFOUND 指定された変数が、コレクションに見つかりませんでした。 正しいスコープに存在しない可能性があります。 変数が存在すること、およびスコープが正しいことを確認してください。
0xC0049058 -1073442728 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKENSTATE この式を解析できませんでした。 この式には無効または不完全なトークンが含まれています。 この式には、無効な要素が含まれているか、閉じかっこなどの必要な要素の一部が不足している可能性があります。または、適切な形式ではない可能性があります。
0xC0049059 -1073442727 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTCODEPAGE データ型 DT_STR または DT_TEXT へのキャストのコード ページ パラメーターに指定された値が無効です。 指定されたコード ページは、コンピューターにインストールされていません。
0xC004905A -1073442726 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTPRECISION キャスト演算の有効桁数のパラメーターに指定された値が、型キャストの範囲外です。
0xC004905B -1073442725 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTSCALE キャスト演算の小数点以下桁数のパラメーターに指定された値が、型キャストの範囲外です。 小数点以下桁数は、有効桁数よりも大きい値にすることも負の値にすることもできません。
0xC004905C -1073442724 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPCODEPAGEMISMATCH 条件演算のコード ページが一致しません。 左辺オペランドのコード ページと右辺オペランドのコード ページが一致しません。 >この型の条件演算子では、コード ページが同一である必要があります。
0xC004905D -1073442723 DTS_E_EXPREVALSTATIC_ILLEGALHEXESCAPEINSTRINGLITERAL 文字列リテラルに、無効な 16 進数のエスケープ シーケンスが含まれています。 このエスケープ シーケンスは、式エバリュエーターの文字列リテラルでサポートされていません。 16 進数のエスケープ シーケンスは、\xhhhh という形式で表す必要があります。ここで、h は有効な 16 進数の桁を示します。
0xC004905E -1073442722 DTS_E_EXPREVALSTATIC_ILLEGALESCAPEINSTRINGLITERAL 文字列リテラルに、無効なエスケープ シーケンスが含まれています。 このエスケープ シーケンスは、式エバリュエーターの文字列リテラルでサポートされていません。 文字列に円記号が必要な場合は、二重の円記号 "\\" として書式を設定してください。
0xC004905F -1073442721 DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNSUPPORTEDTYPE 式で、サポートされていないデータ型または認識できないデータ型が使用されました。
0xC0049060 -1073442720 DTS_E_EXPREVALSTATIC_DATACONVERSIONOVERFLOW データ型の変換中にオーバーフローが発生しました。 変換元の型が大きすぎて、変換先の型に収まりません。
0xC0049061 -1073442719 DTS_E_EXPREVALSTATIC_DATACONVERSIONNOTSUPPORTED 式にサポートされていないデータ型の変換が含まれています。 変換元のデータ型を変換先のデータ型に変換できません。
0xC0049062 -1073442718 DTS_E_EXPREVALSTATIC_DATACONVERSIONFAILED データ変換の実行中にエラーが発生しました。 変換元の型を変換先の型に変換できませんでした。
0xC0049063 -1073442717 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPERATIONFAILED 条件演算が失敗しました。
0xC0049064 -1073442716 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CASTFAILED 型キャストの実行中にエラーが発生しました。
0xC0049065 -1073442715 DTS_E_EXPREVALFAILEDTOCONVERTSTRCOLUMNTOWSTR エラー コード 0x%2!8.8X! により、型 DT_STR から型 DT_WSTR に "%1" を変換できませんでした。 入力列で暗黙的な変換を実行中にエラーが発生しました。
0xC0049066 -1073442714 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FAILEDTOCONVERTSTRCOLUMNTOWSTR 型 DT_STR から型 DT_WSTR に入力列を変換できませんでした。 入力列で暗黙的な変換を実行中にエラーが発生しました。
0xC0049067 -1073442713 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONCOMPUTEFAILED 関数の評価中にエラーが発生しました。
0xC0049068 -1073442712 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONCONVERTPARAMTOMEMBERFAILED 関数のパラメーターを静的な値に変換できません。 このパラメーターは静的である必要があります。入力列などの動的な要素を含めることはできません。
0xC0049088 -1073442680 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNRIGHTINVALIDLENGTH 長さのパラメーターは、関数 RIGHT では無効です。 長さのパラメーターには、負の数を指定できません。
0xC0049089 -1073442679 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNREPLICATEINVALIDREPEATCOUNT 繰り返し回数のパラメーターは、関数 REPLICATE では無効です。 このパラメーターには負の数を指定できません。
0xC0049096 -1073442666 DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPERATORCODEPAGEMISMATCH バイナリ演算のコード ページが一致しません。 左辺オペランドのコード ページと右辺オペランドのコード ページが一致しません。 このバイナリ演算では、コード ページが同一である必要があります。
0xC0049097 -1073442665 DTS_E_EXPREVALSTATIC_VARIABLECOMPUTEFAILED 変数の値を取得できませんでした。
0xC0049098 -1073442664 DTS_E_EXPREVALSTATIC_VARIABLETYPENOTSUPPORTED 式にサポートされていないデータ型の変数が含まれています。
0xC004909B -1073442661 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CASTCODEPAGEMISMATCH 式をキャストできません。キャストされている値のコード ページが、要求された結果コード ページと一致しません。 キャスト元のコード ページは、キャスト先として要求されているコード ページと一致する必要があります。
0xC004909C -1073442660 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKENSINGLEQUOTE 式に予期しない単一引用符が含まれています。 二重引用符が必要な可能性があります。
0xC004909D -1073442659 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKENSINGLEEQUAL 式に予期しない等号 (=) が含まれています。 このエラーは通常、連続する 2 つの等号 (==) が必要な場合に発生します。
0xC00490AA -1073442646 DTS_E_EXPREVALSTATIC_AMBIGUOUSINPUTCOLUMNNAME 指定された入力列名があいまいです。 この列は、[コンポーネント名].[列名] という形式で修飾するか、または系列 ID によって参照される必要があります。 このエラーは、入力列が複数のコンポーネントに存在する場合で、コンポーネント名を追加するか、系列 ID を使用して入力列を区別する必要がある場合に発生します。
0xC00490AB -1073442645 DTS_E_EXPREVALSTATIC_PLACEHOLDERINEXPRESSION 式内にプレースホルダー関数のパラメーターまたはオペランドが見つかりました。 実際のパラメーターまたはオペランドに置き換える必要があります。
0xC00490AC -1073442644 DTS_E_EXPREVALSTATIC_AMBIGUOUSVARIABLENNAME 指定された変数名があいまいです。 必要な変数を @[Namespace::Variable] という形式で修飾する必要があります。 このエラーは、変数が複数の名前空間に存在する場合に発生します。
0xC00490D3 -1073442605 DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPDTSTRNOTSUPPORTED バイナリ演算のオペランドでは、入力列およびキャスト演算にデータ型 DT_STR のみがサポートされています。 入力列またはキャストの結果ではない DT_STR オペランドは、バイナリ演算では使用できません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC00490D4 -1073442604 DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPDTSTRNOTSUPPORTED 条件演算子のオペランドでは、入力列およびキャスト演算にデータ型 DT_STR のみがサポートされています。 入力列またはキャストの結果ではない DT_STR オペランドは、条件演算では使用できません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。
0xC00490D5 -1073442603 DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNFINDSTRINGINVALIDOCCURRENCECOUNT 発生回数パラメーターは、関数 FINDSTRING では有効ではありません。 このパラメーターには、0 より大きい値を指定する必要があります。
0xC00490DD -1073442595 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDDATEPARTNODE 日付関数に指定された "日付部分" のパラメーターが無効です。 "日付部分" のパラメーターには、静的な文字列を指定する必要があり、入力列などの動的な要素を含めることはできません。 型は DT_WSTR である必要があります。
0xC00490DE -1073442594 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTLENGTH キャスト演算の長さのパラメーターに指定された値が無効です。 長さには正の値を指定してください。 型キャストに指定された長さが負の値になっています。 正の値に変更してください。
0xC00490DF -1073442593 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLLENGTH NULL 関数の長さのパラメーターに指定された値が無効です。 長さには正の値を指定してください。 NULL 関数に指定された長さが負の値になっています。 正の値に変更してください。
0xC00490E0 -1073442592 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLCODEPAGE データ型 DT_STR または DT_TEXT が指定された NULL 関数のコード ページ パラメーターに指定された値が無効です。 指定されたコード ページは、コンピューターにインストールされていません。 指定したコード ページを変更するか、コード ページをコンピューターにインストールしてください。
0xC00490E1 -1073442591 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLPRECISION NULL 関数の有効桁数のパラメーターに指定された値が無効です。 指定された有効桁数は、NULL 関数の範囲外です。
0xC00490E2 -1073442590 DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLSCALE NULL 関数の小数点以下桁数のパラメーターに指定された値が無効です。 指定された小数点以下桁数は、NULL 関数の範囲外です。 小数点以下桁数は有効桁数よりも大きい値にすることはできず、正の値にする必要があります。
0xC00490E8 -1073442584 DTS_E_XMLSRCERRORSETTINGERROROUTPUTCOLUMNDATA %1 はデータを %2 (%3 上) に書き込めませんでした。 %4
0xC00490F5 -1073442571 DTS_E_TXLOOKUP_CANCEL_REQUESTED 参照変換がユーザーからキャンセル要求を受け取りました。
0xC00490F6 -1073442570 DTS_E_LOBLENGTHLIMITEXCEEDED 4 GB の制限に達したため、文字またはバイナリ ラージ オブジェクト (LOB) の処理が停止しました。
0xC00490F7 -1073442569 DTS_E_CANNOTLOADCOMPONENT マネージド パイプライン コンポーネント "%1" を読み込めませんでした。 例外: %2。
0xC00F9304 -1072721148 DTS_E_OLEDB_EXCEL_NOT_SUPPORTED SSIS エラー コード DTS_E_OLEDB_EXCEL_NOT_SUPPORTED: 64 ビット バージョンの SSIS では OLE DB プロバイダーを使用できないため、Excel 接続マネージャーがサポートされません。>
0xC00F9310 -1072721136 DTS_E_CACHEBADHEADER キャッシュ ファイルが破損しているか、ファイルがキャッシュ接続マネージャーを使用して作成されませんでした。 有効なキャッシュ ファイルを指定してください。
0xC0202001 -1071636479 DTS_E_MISSINGSQLCOMMAND SQL コマンドが正しく設定されていません。 SQLCommand プロパティを確認してください。
0xC0202002 -1071636478 DTS_E_COMERROR COM エラー オブジェクト情報があります。 ソース: "%1" エラー コード: 0x%2!8.8X! 説明: "%3"。
0xC0202003 -1071636477 DTS_E_ACQUIREDCONNECTIONUNAVAILABLE 取得した接続にアクセスできません。
0xC0202004 -1071636476 DTS_E_INCORRECTCOLUMNCOUNT 列数が正しくありません。
0xC0202005 -1071636475 DTS_E_COLUMNNOTFOUND 列 "%1" がデータ ソースに見つかりません。
0xC0202007 -1071636473 DTS_E_OLEDBRECORD OLE DB レコードを使用できます。 ソース: "%1" Hresult: 0x%2!8.8X! 説明: "%3"。
0xC0202009 -1071636471 DTS_E_OLEDBERROR SSIS エラー コード DTS_E_OLEDBERROR。 OLE DB エラーが発生しました。 エラー コード:0x%1!8.8X!。
0xC020200A -1071636470 DTS_E_ALREADYCONNECTED コンポーネントの接続は完了しています。 コンポーネントに接続する前に、接続を切断する必要があります。
0xC020200B -1071636469 DTS_E_INCORRECTSTOCKPROPERTYVALUE プロパティ "%1" の値が正しくありません。
0xC020200E -1071636466 DTS_E_CANNOTOPENDATAFILE データ ファイル "%1" を開けません。
0xC0202010 -1071636464 DTS_E_DESTINATIONFLATFILEREQUIRED 対象になるフラット ファイル名が指定されませんでした。 フラット ファイル接続マネージャーが接続文字列を使用して構成されていることを確認してください。 フラット ファイル接続マネージャーが複数のコンポーネントで使用されている場合は、接続文字列に確実に十分なファイル名が含まれているようにします。
0xC0202011 -1071636463 DTS_E_TEXTQUALIFIERNOTFOUND 列 "%1" のテキスト修飾子が見つかりません。
0xC0202014 -1071636460 DTS_E_CANNOTCONVERTTYPES "%1" から "%2" への変換はサポートされていません。
0xC0202015 -1071636459 DTS_E_PROBLEMDETECTINGTYPECOMPATIBILITY %2 から %3 への型変換の検証中に、 エラー コード 0x%1!8.8X! が返されました。
0xC0202016 -1071636458 DTS_E_CANNOTMAPINPUTCOLUMNTOOUTPUTCOLUMN %2 で必要とされている系列 ID "%1!d!" の入力列が見つかりません。 出力列の SourceInputColumnLineageID カスタム プロパティを確認してください。
0xC0202017 -1071636457 DTS_E_INCORRECTMINIMUMNUMBEROFOUTPUTS 出力件数が正しくありません。 少なくとも %1!d! 件の 出力が必要です。
0xC0202018 -1071636456 DTS_E_INCORRECTEXACTNUMBEROFOUTPUTS 出力件数が正しくありません。 正しくは、%1!d! 件の 出力が必要です。
0xC0202019 -1071636455 DTS_E_STRINGCONVERSIONTOOLONG 文字列が長すぎて変換できません。
0xC020201A -1071636454 DTS_E_INCORRECTEXACTNUMBEROFINPUTS 入力件数が正しくありません。 正しくは、%1!d! 件の 入力が必要です。
0xC020201B -1071636453 DTS_E_CANNOTHAVEZEROINPUTCOLUMNS %1 の入力列数を 0 にすることはできません。
0xC020201C -1071636452 DTS_E_CANNOTHAVEINPUTS このコンポーネントには %1!d! 件の 入力が必要です。 このコンポーネントでは入力が許可されていません。
0xC020201D -1071636451 DTS_E_PROCESSINPUTCALLEDWITHINVALIDINPUTID 無効な入力 ID %1!d! を指定して ProcessInput が呼び出されました。
0xC020201F -1071636449 DTS_E_INCORRECTCUSTOMPROPERTYTYPE カスタム プロパティ "%1" は、%2 型にする必要があります。
0xC0202020 -1071636448 DTS_E_INVALIDBUFFERTYPE バッファーの種類が無効です。 パイプラインのレイアウトおよびすべてのコンポーネントが検証に合格していることを確認してください。
0xC0202021 -1071636447 DTS_E_INCORRECTCUSTOMPROPERTYVALUE カスタム プロパティ "%1" の値が正しくありません。
0xC0202022 -1071636446 DTS_E_CONNECTIONREQUIREDFORMETADATA 接続が確立されていないのでエラーが発生しました。 メタデータを要求するときは、接続を確立する必要があります。 オフラインで作業している場合は、[SSIS] メニューの [オフライン作業] をオフにし、接続を有効にしてください。
0xC0202023 -1071636445 DTS_E_CANTCREATECUSTOMPROPERTY カスタム プロパティ "%1" を作成できません。
0xC0202024 -1071636444 DTS_E_CANTGETCUSTOMPROPERTYCOLLECTION 初期化用にカスタム プロパティのコレクションを取得できません。
0xC0202025 -1071636443 DTS_E_CANNOTCREATEACCESSOR OLE DB アクセサーを作成できません。 列のメタデータが有効であることを確認してください。
0xC0202026 -1071636442 DTS_E_PRIMEOUTPUTCALLEDWITHINVALIDOUTPUTID 無効な出力 ID %1!d! を指定して PrimeOutput が呼び出されました。
0xC0202027 -1071636441 DTS_E_INCORRECTSTOCKPROPERTY "%2" のプロパティ "%1" の値が無効です。
0xC0202028 -1071636440 DTS_E_CONNECTIONREQUIREDFORREAD データを読み取るには接続する必要があります。
0xC020202C -1071636436 DTS_E_ERRORWHILEREADINGHEADERROWS ヘッダー行の読み取り中にエラーが発生しました。
0xC020202D -1071636435 DTS_E_DUPLICATECOLUMNNAME 列名 "%1" が重複しています。
0xC0202030 -1071636432 DTS_E_CANNOTGETCOLUMNNAME ID %1!d! の列の名前を取得できません。
0xC0202031 -1071636431 DTS_E_CANTDIRECTROW 出力 "%1" (%2!d!) への行の出力指定に失敗しました。
0xC020203A -1071636422 DTS_E_CANNOTCREATEBULKINSERTHREAD エラー "%1" により、一括挿入スレッドを作成できません。
0xC020203B -1071636421 DTS_E_BULKINSERTHREADINITIALIZATIONFAILED SSIS 一括挿入タスクのスレッドの初期化に失敗しました。
0xC020203E -1071636418 DTS_E_BULKINSERTTHREADALREADYRUNNING SSIS 一括挿入タスクのスレッドは、既に実行されています。
0xC020203F -1071636417 DTS_E_BULKINSERTTHREADABNORMALCOMPLETION エラーまたは警告が発生したため、SSIS 一括挿入タスクのスレッドが終了されました。
0xC0202040 -1071636416 DTS_E_CANNOTGETIROWSETFASTLOAD "%1" の Fastload 行セットを開けませんでした。 オブジェクトがデータベース内に存在することを確認してください。
0xC0202041 -1071636415 DTS_E_CONNECTREQUIREDFORMETADATAVALIDATION 接続されていないのでエラーが発生しました。 メタデータの検証を続行する前に、接続する必要があります。
0xC0202042 -1071636414 DTS_E_DESTINATIONTABLENAMENOTPROVIDED 対象になるテーブルの名前が指定されていません。
0xC0202043 -1071636413 DTS_E_ICONVERTTYPEUNAVAILABLE OLE DB アダプターで使用される OLE DB プロバイダーでは、IConvertType はサポートされていません。 アダプターの ValidateColumnMetaData プロパティを False に設定してください。
0xC0202044 -1071636412 DTS_E_OLEDBPROVIDERDATATYPECONVERSIONUNSUPPORTED OLE DB アダプターで使用される OLE DB プロバイダーでは、"%3" を "%1" 型と "%2" 型の間で変換できません。
0xC0202045 -1071636411 DTS_E_VALIDATECOLUMNMETADATAFAILED 列のメタデータを検証できませんでした。
0xC0202047 -1071636409 DTS_E_ATTEMPTINGTOINSERTINTOAROWIDCOLUMN "%1" は行 ID 列なので、データの挿入操作に含めることはできません。
0xC0202048 -1071636408 DTS_E_ATTEMPTINGTOINSERTINTOAROWVERCOLUMN 行バージョン列 "%1" に挿入しようとしています。 行バージョン列には挿入できません。
0xC0202049 -1071636407 DTS_E_ATTEMPTINGTOINSERTINTOAREADONLYCOLUMN 読み取り専用の列 "%1" に挿入できませんでした。
0xC020204A -1071636406 DTS_E_UNABLETORETRIEVECOLUMNINFO データ ソースから列情報を取得できません。 データベース内の取得先のテーブルが使用できることを確認してください。
0xC020204B -1071636405 DTS_E_CANTLOCKBUFFER バッファーをロックできませんでした。 システムのメモリが不足しているか、バッファー マネージャーがクォータに達しました。
0xC020204C -1071636404 DTS_E_INVALIDCOMPARISONFLAGS %1 の ComparisonFlags プロパティに、値が %2!d! の余分なフラグが含まれています。
0xC020204D -1071636403 DTS_E_COLUMNMETADATAUNAVAILABLEFORVALIDATION 列のメタデータを検証に使用できませんでした。
0xC0202053 -1071636397 DTS_E_CANNOTWRITETODATAFILE データ ファイルに書き込めません。
0xC0202055 -1071636395 DTS_E_COLUMNDELIMITERNOTFOUND 列 "%1" の列区切り記号が見つかりませんでした。
0xC0202058 -1071636392 DTS_E_COLUMNPARSEFAILED データ ファイルの列 "%1" を解析できませんでした。
0xC020205A -1071636390 DTS_E_RAWFILENAMEREQUIRED ファイル名が正しく指定されていません。 FileName プロパティに直接指定するか、FileNameVariable プロパティに変数を指定して、RAW ファイルにパスと名前を指定してください。
0xC020205B -1071636389 DTS_E_RAWFILECANTOPEN ファイル "%1" を書き込み用に開けません。 権限がないか、ディスクがいっぱいのときに、エラーが発生することがあります。
0xC020205C -1071636388 DTS_E_RAWFILECANTBUFFER 出力ファイルの I/O バッファーを作成できません。 権限がないか、ディスクがいっぱいのときに、エラーが発生することがあります。
0xC020205D -1071636387 DTS_E_RAWCANTWRITE ファイル "%2" に %1!d! バイトを書き込めません。 詳細については、以前のエラー メッセージを参照してください。
0xC020205E -1071636386 DTS_E_RAWBADHEADER ファイル ヘッダーに無効なメタデータが見つかりました。 ファイルが破損しているか、SSIS で生成された未加工のデータ ファイルではありません。
0xC020205F -1071636385 DTS_E_RAWEXISTSCREATEONCE 出力ファイルが既に存在していて、WriteOption が [1 回だけ作成する] に設定されているので、エラーが発生しました。 WriteOption プロパティを [常に作成する] に設定するか、ファイルを削除してください。
0xC0202060 -1071636384 DTS_E_RAWCANTAPPENDTRUNCATE プロパティ設定の競合により、エラーが発生しました。 AllowAppend プロパティと ForceTruncate プロパティの両方が True に設定されています。 両方のプロパティを True に設定することはできません。 >2 つのプロパティのいずれかを False に設定してください。
0xC0202061 -1071636383 DTS_E_RAWBADVERSION ファイルには、バージョンとフラグに関する無効な情報が含まれています。 ファイルが破損しているか、SSIS で生成された未加工のデータ ファイルではありません。
0xC0202062 -1071636382 DTS_E_RAWVERSIONINCOMPATIBLEAPPEND 出力ファイルは、互換性のないバージョンで書き込まれているので、追加できません。 ファイルは、使用できなくなった古いファイル形式の可能性があります。
0xC0202064 -1071636380 DTS_E_RAWMETADATAMISMATCH 既存のファイルには、入力からの列 "%1" と一致する列がないので、出力ファイルは追加できません。 古いファイルがメタデータと一致しません。
0xC0202065 -1071636379 DTS_E_RAWMETADATACOUNTMISMATCH 出力ファイルの列数は、追加先のファイルの列数と一致しないので、出力ファイルは追加できません。 古いファイルがメタデータと一致しません。
0xC0202067 -1071636377 DTS_E_ERRORRETRIEVINGCOLUMNCODEPAGE 列コード ページ情報を取得中にエラーが発生しました。
0xC0202068 -1071636376 DTS_E_RAWCANTREAD ファイル "%2" から 読み取れません。 このエラーの原因は、これ以前に報告されています。
0xC0202069 -1071636375 DTS_E_RAWUNEXPECTEDEOF ファイル "%2" から %1!d! バイトを読み取り中に予期しないファイルの末尾が 読み取れません。 ファイルに無効な書式が含まれていたため、ファイルが途中で終了しました。
0xC020206A -1071636374 DTS_E_RAWNOLONGTYPES 列 %1 を使用できません。 未加工アダプターでは、image、text、ntext データはサポートされていません。
0xC020206B -1071636373 DTS_E_RAWUNEXPECTEDTYPE アダプターにより、認識できないデータ型 %1!d! が検出されました。 入力ファイル (ソース) が破損しているか、バッファーの種類 (出力先) が無効である可能性があります。
0xC020206C -1071636372 DTS_E_RAWSTRINGTOOLONG 文字列が長すぎます。 アダプターが読み取った文字列の長さは %1!d! バイトでしたが、 想定した文字列はオフセットが %3!d! で %2!d! バイト未満でした。 これは、入力ファイルが破損していることを示しています。 このファイルに書き込まれている文字列の長さは、バッファー列に対して大きすぎます。
0xC020206E -1071636370 DTS_E_RAWSKIPFAILED 未加工アダプターで、入力ファイルから 系列 ID %3!d! の参照されない列 "%2" の %1!d! バイトをスキップ中にエラーが発生しました。 オペレーティング システムから、これ以前にエラーが報告されています。
0xC020206F -1071636369 DTS_E_RAWREADFAILED 未加工アダプターで、入力ファイルから 系列 ID %3!d! の列 "%2" の %1!d! バイトを読み取り中にエラーが発生しました。 オペレーティング システムから、これ以前にエラーが報告されています。
0xC0202070 -1071636368 DTS_E_RAWFILENAMEINVALID ファイル名のプロパティが無効です。 ファイル名がデバイス名であるか、ファイル名に無効な文字が使用されています。
0xC0202071 -1071636367 DTS_E_BULKINSERTAPIPREPARATIONFAILED データを挿入するための SSIS 一括挿入を準備できません。
0xC0202072 -1071636366 DTS_E_INVALIDDATABASEOBJECTNAME データベース オブジェクト名 "%1" は有効ではありません。
0xC0202073 -1071636365 DTS_E_INVALIDORDERCLAUSE ORDER 句が有効ではありません。
0xC0202074 -1071636364 DTS_E_RAWFILECANTOPENREAD ファイル "%1" を読み取り用に開けません。 権限がないか、ファイルが見つからないときに、エラーが発生することがあります。 正確な原因は、これ以前のエラー メッセージで報告されています。
0xC0202075 -1071636363 DTS_E_TIMEGENCANTCREATE Microsoft.AnalysisServices.TimeDimGenerator.TimeDimGenerator を作成できません。
0xC0202076 -1071636362 DTS_E_TIMEGENCANTCONFIGURE Microsoft.AnalysisServices.TimeDimGenerator を構成できません。
0xC0202077 -1071636361 DTS_E_TIMEGENCANTCONVERT 列 %1!d! に対してサポートされていないデータ型です。
0xC0202079 -1071636359 DTS_E_TIMEGENCANTREAD エラー コード 0x%1!8.8X! で Microsoft.AnalysisServices.TimeDimGenerator からの読み取りに失敗しました。
0xC020207A -1071636358 DTS_E_TIMEGENCANTREADCOLUMN エラー コード 0x%2!8.8X! により、Microsoft.AnalysisServices.TimeDimGenerator から列 "%2!d!" のデータを読み取れませんでした。
0xC020207B -1071636357 DTS_E_RSTDESTBADVARIABLENAME VariableName プロパティが有効な変数の名前に設定されていません。 書き込み先のランタイム変数の名前が必要です。
0xC020207C -1071636356 DTS_E_RSTDESTRSTCONFIGPROBLEM ADODB.Recordset オブジェクトを作成または構成できません。
0xC020207D -1071636355 DTS_E_RSTDESTRSTWRITEPROBLEM ADODB.Recordset オブジェクトへの書き込み中にエラーが発生しました。
0xC020207E -1071636354 DTS_E_FILENAMEINVALID ファイル名が無効です。 ファイル名がデバイス名であるか、ファイル名に無効な文字が使用されています。
0xC020207F -1071636353 DTS_E_FILENAMEINVALIDWITHPARAM ファイル名 "%1" が無効です。 ファイル名がデバイス名であるか、ファイル名に無効な文字が使用されています。
0xC0202080 -1071636352 DTS_E_CMDDESTNOPARAMS SQL コマンドのパラメーターから変換先列の説明を取得できません。
0xC0202081 -1071636351 DTS_E_CMDDESTNOTBOUND パラメーターがバインドされていません。 SQL コマンドのすべてのパラメーターを入力列にバインドする必要があります。
0xC0202082 -1071636350 DTS_E_TXPIVOTBADUSAGE 入力列 "%1" (%2!d!) の PivotUsage 値が無効です。
0xC0202083 -1071636349 DTS_E_TXPIVOTTOOMANYPIVOTKEYS 見つかったピボット キーが多すぎます。 1 つの入力列のみをピボット キーとして使用できます。
0xC0202084 -1071636348 DTS_E_TXPIVOTNOPIVOTKEY ピボット キーが見つかりませんでした。 1 つの入力列をピボット キーとして使用する必要があります。
0xC0202085 -1071636347 DTS_E_TXPIVOTINPUTALREADYMAPPED 1 つ以上の出力列 ("%1" (%2!d!) など) が、 入力列 "%3" (%4!d!) にマップされています。
0xC0202086 -1071636346 DTS_E_TXPIVOTCANTMAPPIVOTKEY 出力列 "%1" (%2!d!) を PivotKey 入力列にマップできません。
0xC0202087 -1071636345 DTS_E_TXPIVOTCANTMAPPINGNOTFOUND 出力列 "%1" (%2!d!) に、入力列の系列 ID が 無効な SourceColumn %3!d! があります。
0xC0202088 -1071636344 DTS_E_TXPIVOTEMPTYPIVOTKEYVALUE 出力列 "%1" (%2!d!) は、ピボット値の入力列にマップされますが、その PivotKeyValue プロパティの値がありません。
0xC0202089 -1071636343 DTS_E_TXPIVOTDUPLICATEPIVOTKEYVALUE 出力列 "%1" (%2!d!) には、一意ではない PivotKeyValue プロパティ値が指定されたピボット値の入力列がマップされます。
0xC020208A -1071636342 DTS_E_TXPIVOTOUTPUTNOTMAPPED 入力列 "%1" (%2!d!) はどの出力列にもマップされません。
0xC020208B -1071636341 DTS_E_TXPIVOTCANTCOMPARESETKEYS 設定キーの値を比較しているときに、エラーが発生しました。
0xC020208D -1071636339 DTS_E_TXPIVOTNOBLOB 入力列 "%1" (%2!d!) には長い形式のデータが含まれているため、設定キー、ピボット キー、またはピボット値として使用できません。
0xC020208E -1071636338 DTS_E_TXPIVOTBADOUTPUTTYPE 出力の種類が無効です。 出力列 "%1" (%2!d!) には、マップ先の入力列と同じデータ型およびメタデータが設定されている必要があります。
0xC020208F -1071636337 DTS_E_TXPIVOTPROCESSERROR 基になるレコードでピボットを実行中にエラーが発生しました。
0xC0202090 -1071636336 DTS_E_TXPIVOTBADPIVOTKEYVALUE ピボット キーの値 "%1" は無効です。
0xC0202091 -1071636335 DTS_E_ERRORWHILESKIPPINGDATAROWS データ行のスキップ中にエラーが発生しました。
0xC0202092 -1071636334 DTS_E_ERRORWHILEREADINGDATAROWS データ行 %2!I64d! で、ファイル "%1" の処理中にエラーが発生しました。
0xC0202093 -1071636333 DTS_E_FAILEDTOINITIALIZEFLATFILEPARSER フラット ファイル パーサーの初期化中にエラーが発生しました。
0xC0202094 -1071636332 DTS_E_UNABLETORETRIEVECOLUMNINFOFROMFLATFILECONNECTIONMANAGER フラット ファイル接続マネージャーから列情報を取得できません。
0xC0202095 -1071636331 DTS_E_FAILEDTOWRITEOUTCOLUMNNAME 列 "%1" の列名を書き出せませんでした。
0xC0202096 -1071636330 DTS_E_INVALIDFLATFILECOLUMNTYPE 列 "%1" の列の型が無効です。 列の型が "%2" になっています。 この列に指定できる型は、"%3" または "%4" のみです。
0xC0202097 -1071636329 DTS_E_DISKIOBUFFEROVERFLOW ディスク I/O に %1!d! バイトの データを書き込めませんでした。 ディスク I/O バッファーには、%2!d! バイトの 空き容量があります。
0xC0202098 -1071636328 DTS_E_FAILEDTOWRITEOUTHEADER ファイル ヘッダーの書き出し中にエラーが発生しました。
0xC0202099 -1071636327 DTS_E_FAILEDTOGETFILESIZE ファイル "%1" のファイル サイズを取得中にエラーが発生しました。
0xC020209A -1071636326 DTS_E_FAILEDTOSETFILEPOINTER ファイル "%1" のファイル ポインターを設定中にエラーが発生しました。
0xC020209B -1071636325 DTS_E_UNABLETOSETUPDISKIOBUFFER ディスク I/O バッファーの設定中にエラーが発生しました。
0xC020209C -1071636324 DTS_E_COLUMNDATAOVERFLOWDISKIOBUFFER 列 "%1" の列データによって、ディスク I/O バッファーがオーバーフローしました。
0xC020209D -1071636323 DTS_E_DISKIOFAILED ファイルの読み取り中に予期しないディスク I/O エラーが発生しました。
0xC020209E -1071636322 DTS_E_DISKIOTIMEDOUT ファイルの読み取り中にディスク I/O タイムアウトが発生しました。
0xC020209F -1071636321 DTS_E_INPUTSNOTREADONLY この変換に対する入力列に指定された使用法の種類を読み取り/書き込みにすることはできません。 使用法の種類を読み取り専用に変更してください。
0xC02020A0 -1071636320 DTS_E_CANNOTCOPYORCONVERTFLATFILEDATA 列 "%1" のフラット ファイル データをコピーまたは変換できません。
0xC02020A1 -1071636319 DTS_E_FAILEDCOLUMNDATACONVERSIONSTATUS データ変換に失敗しました。 列 "%1" のデータ変換から、状態値 %2!d! と 状態を示すテキスト "%3" が返されました。
0xC02020A2 -1071636318 DTS_E_VARIABLESCOLLECTIONUNAVAILABLE Variables コレクションを使用できません。
0xC02020A3 -1071636317 DTS_E_TXUNPIVOTDUPLICATEPIVOTKEYVALUE PivotKeyValue が重複しています。 入力列 "%1" (%2!d!) は、ピボット値の出力列にマップされ、一意ではない PivotKeyValue が指定されています。
0xC02020A4 -1071636316 DTS_E_TXUNPIVOTNOUNPIVOTDESTINATION ピボット解除されていない出力先が見つかりませんでした。 PivotKeyValue を使用して、少なくとも 1 つの入力列を出力の DestinationColumn にマップする必要があります。
0xC02020A5 -1071636315 DTS_E_TXUNPIVOTBADKEYLIST PivotKeyValue が無効です。 UnPivot が解除された複数の DestinationColumn を使用するピボット解除変換では、各変換先の PivotKeyValues のセットが完全に一致する必要があります。
0xC02020A6 -1071636314 DTS_E_TXUNPIVOTBADUNPIVOTMETADATA UnPivot メタデータが正しくありません。 UnPivot 変換では、同じ DestinationColumn を参照する PivotKeyValue が設定されたすべての入力列において、DestinationColumn と完全に一致するメタデータが必要です。
0xC02020A7 -1071636313 DTS_E_TXPIVOTBADPIVOTKEYCONVERT ピボット キーの値 "%1" をピボット キー列のデータ型に変換できません。
0xC02020A8 -1071636312 DTS_E_TXUNPIVOTTOOMANYPIVOTKEYS 指定されたピボット キーが多すぎます。 1 つの出力列のみをピボット キーとして使用できます。
0xC02020A9 -1071636311 DTS_E_TXUNPIVOTUNMAPPEDOUTPUT 出力列 "%1" (%2!d!) には、どの入力列の DestinationColumn プロパティによってもマップされません。
0xC02020AA -1071636310 DTS_E_TXUNPIVOTNOPIVOT PivotKey として設定されている出力列はありません。
0xC02020AB -1071636309 DTS_E_TXUNPIVOTNOTINPUTMAP 入力列 "%1" (%2!d!) には、有効な出力列の LineageID を参照しない DestinationColumn プロパティ値が指定されています。
0xC02020AC -1071636308 DTS_E_TXUNPIVOTDUPLICATEDESTINATION マップ先の重複エラー。 複数のピボットが行われていない入力列が同じマップ先の出力列にマップされます。
0xC02020AD -1071636307 DTS_E_TOTALINPUTCOLSCANNOTBEZERO 入力列が見つかりませんでした。 少なくとも 1 つの入力列を出力列にマップする必要があります。
0xC02020AE -1071636306 DTS_E_TXMERGEJOINMUSTHAVESAMENUMBEROFINPUTANDOUTPUTCOLS 入力列と出力列の数が等しくありません。 すべての入力の合計入力列数は、合計出力列数と同じである必要があります。
0xC02020AF -1071636305 DTS_E_INPUTMUSTBESORTED 入力が並べ替えられていません。 "%1" を並べ替える必要があります。
0xC02020B0 -1071636304 DTS_E_TXMERGEJOININVALIDJOINTYPE %1 の JoinType カスタム プロパティに、無効な値 %2!ld! が含まれています。 有効な値は 0 (完全)、1 (左)、または 2 (内部) です。
0xC02020B1 -1071636303 DTS_E_TXMERGEJOININVALIDNUMKEYCOLS NumKeyColumns の値が無効です。 %1 では、NumKeyColumns カスタム プロパティの値は 1 から %2!lu! までの範囲で指定する必要があります。
0xC02020B2 -1071636302 DTS_E_NOKEYCOLS キー列が見つかりませんでした。 %1 には、SortKeyPosition の値が 0 以外の列が少なくとも 1 列必要です。
0xC02020B3 -1071636301 DTS_E_TXMERGEJOINNOTENOUGHKEYCOLS キー列が不足しています。 %1 には、 SortKeyPosition の値が 0 以外の列が少なくとも %2!ld! 列必要です。
0xC02020B4 -1071636300 DTS_E_TXMERGEJOINDATATYPEMISMATCH データ型の不一致が発生しました。 SortKeyPosition 値が %1!ld! である列のデータ型が 一致しません。
0xC02020B5 -1071636299 DTS_E_TXMERGEJOININVALIDSORTKEYPOS SortKeyPosition 値が %1!ld! の列は 無効です。 適切な値は %2!ld! です。
0xC02020B6 -1071636298 DTS_E_TXMERGEJOINSORTDIRECTIONMISMATCH 並べ替え方向が一致しません。 SortKeyPosition 値 %1!ld! である列の並べ替え方向が 一致しません。
0xC02020B7 -1071636297 DTS_E_TXMERGEJOINOUTPUTCOLMUSTHAVEASSOCIATEDINPUTCOL 列がありません。 %1 を入力列に関連付ける必要があります。
0xC02020B8 -1071636296 DTS_E_TXMERGEJOINREADONLYINPUTCOLSWITHNOOUTPUTCOL 入力列には出力列が必要です。 使用法の種類が読み取り専用で、出力列に関連付けられていない入力列があります。
0xC02020B9 -1071636295 DTS_E_TXMERGEJOINNONSTRINGCOMPARISONFLAGSNOTZERO 比較フラグが 0 ではありません。 文字列型でない列の比較フラグは、0 にする必要があります。
0xC02020BA -1071636294 DTS_E_TXMERGEJOINCOMPARISONFLAGSMISMATCH SortKeyPosition 値 %1!ld! を持つ列の比較フラグが 一致しません。
0xC02020BB -1071636293 DTS_E_TXPIVOTBADPIVOTKEYVALUENOSTRING ピボット キーの値を認識できませんでした。
0xC02020BC -1071636292 DTS_E_TXLINEAGEINVALIDLINEAGEITEM 系列項目の値 %1!ld! が 無効です。 有効範囲は %2!ld! から %3!ld! までです。
0xC02020BD -1071636291 DTS_E_CANNOTHAVEANYINPUTCOLUMNS 入力列は許可されていません。 入力列数を 0 にする必要があります。
0xC02020BE -1071636290 DTS_E_TXLINEAGEDATATYPEMISMATCH "%1" のデータ型は、指定された系列項目に対して無効です。
0xC02020BF -1071636289 DTS_E_TXLINEAGEINVALIDLENGTH "%1" の長さは、指定された系列項目に対して無効です。
0xC02020C1 -1071636287 DTS_E_METADATAMISMATCHWITHOUTPUTCOLUMN "%1" のメタデータは、関連付けられている出力列のメタデータと一致しません。
0xC02020C3 -1071636285 DTS_E_TXMERGESORTKEYPOSMISMATCH SortKeyPosition 値が、関連付けられた入力列の SortKeyPosition と一致しない出力列があります。
0xC02020C4 -1071636284 DTS_E_ADDROWTOBUFFERFAILED エラー コード 0x%1!8.8X! により、データ フロー タスク バッファーに行を追加できませんでした。
0xC02020C5 -1071636283 DTS_E_DATACONVERSIONFAILED 列 "%1" (%2!d!) を列 "%3" (%4!d!) に変換しているときに、データ変換に失敗しました。 この変換により、状態値 %5!d! と 状態を示すテキスト "%6" が返されました。
0xC02020C6 -1071636282 DTS_E_FAILEDTOALLOCATEROWHANDLEBUFFER エラー コード 0x%1!8.8X! により、行ハンドルのバッファーを割り当てることができませんでした。
0xC02020C7 -1071636281 DTS_E_FAILEDTOSENDROWTOSQLSERVER エラー コード 0x%1!8.8X! により、SQL Server に行を送信できませんでした。
0xC02020C8 -1071636280 DTS_E_FAILEDTOPREPAREBUFFERSTATUS エラー コード 0x%1!8.8X! により、バッファー状態を準備できませんでした。
0xC02020C9 -1071636279 DTS_E_FAILEDTOBUFFERROWSTARTS エラー コード 0x%1!8.8X! により、バッファー行の先頭を取得できませんでした。
0xC02020CA -1071636278 DTS_E_BULKINSERTTHREADTERMINATED SSIS 一括挿入スレッドは実行されていません。 これ以上行を挿入できません。 一括挿入スレッドのタイムアウトを増やしてください。
0xC02020CB -1071636277 DTS_E_RAWTOOMANYCOLUMNS 変換元ファイルは無効です。 変換元ファイルにより、131,072 列より多くの列数が返されています。 このエラーは通常、変換元ファイルが RAW ファイルの変換先で生成されないときに発生します。
0xC02020CC -1071636276 DTS_E_TXUNIONALL_EXTRADANGLINGINPUT %1 はアタッチされていない余分な入力なので削除されます。
0xC02020CD -1071636275 DTS_E_TXUNIONALL_NONDANGLINGUNATTACHEDINPUT %1 はアタッチされていませんが、ぶら下がりとしてもマークされていません。 ぶら下がりとしてマークされます。
0xC02020CF -1071636273 DTS_E_TXPIVOTRUNTIMEDUPLICATEPIVOTKEYVALUE ピボット キーの値 "%1" が重複しています。
0xC02020D0 -1071636272 DTS_E_TXPIVOTRUNTIMEDUPLICATEPIVOTKEYVALUENOSTRING ピボット キーの値が重複しています。
0xC02020D1 -1071636271 DTS_E_FAILEDTOGETCOMPONENTLOCALEID コンポーネントのロケール ID を取得中にエラーが発生しました。 エラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC02020D2 -1071636270 DTS_E_MISMATCHCOMPONENTCONNECTIONMANAGERLOCALEID ロケール ID が一致しません。 コンポーネントのロケール ID (%1!d!) が接続マネージャーのロケール ID (%2!d!) と一致しません。
0xC02020D3 -1071636269 DTS_E_LOCALEIDNOTSET コンポーネントのロケール ID が設定されていません。 フラット ファイル アダプターによって、フラット ファイル接続マネージャーのロケール ID を設定する必要があります。
0xC02020D4 -1071636268 DTS_E_RAWBYTESTOOLONG バイナリ フィールドが大きすぎます。 アダプターが読み取ろうとしたバイナリ フィールドの長さは %1!d! バイトでしたが、想定したフィールドはオフセットが %3!d! で %2!d! バイト未満でした。 >このエラーは通常、入力ファイルが無効であるときに発生します。 このファイルに書き込まれている文字列の長さは、バッファー列に対して大きすぎます。
0xC02020D5 -1071636267 DTS_E_TXSAMPLINGINVALIDPCT "%1" プロパティの比率 %2!ld! が無効です。 0 から 100 の範囲である必要があります。
0xC02020D6 -1071636266 DTS_E_TXSAMPLINGINVALIDROWS 行数 %2!ld! は、"%1" プロパティでは有効ではありません。 行数は 0 よりも大きな値にする必要があります。
0xC02020D7 -1071636265 DTS_E_RAWSTRINGINPUTTOOLONG アダプターは、長さ %1!I64d! バイトの文字列を書き込むように要求されましたが、 すべてのデータの長さは 4,294,967,295 バイト未満である必要があります。
0xC02020D9 -1071636263 DTS_E_ATLEASTONEINPUTMUSTBEMAPPEDTOOUTPUT 入力が出力にマップされませんでした。 "%1" は、少なくとも 1 つの入力列を出力列にマップする必要があります。
0xC02020DB -1071636261 DTS_E_CANNOTCONVERTDATATYPESWITHDIFFERENTCODEPAGES コード ページ %2!d! の "%1" から コード ページ %4!d! の "%3" への変換は はサポートされていません。
0xC02020DC -1071636260 DTS_E_COLUMNNOTMAPPEDTOEXTERNALMETADATACOLUMN %1 に対する外部メタデータ列マッピングは無効です。 外部メタデータ列 ID を 0 にすることはできません。
0xC02020DD -1071636259 DTS_E_COLUMNMAPPEDTONONEXISTENTEXTERNALMETADATACOLUMN %1 が、存在しない外部メタデータ列にマップされています。
0xC02020E5 -1071636251 DTS_E_UNABLETOWRITELOBDATATOBUFFER DT_TEXT、DT_NTEXT、または DT_IMAGE 型の大きなサイズのオブジェクト データを、列 "%1" のデータ フロー タスク バッファーに書き込めませんでした。
0xC02020E8 -1071636248 DTS_E_CANNOTGETIROWSET "%1" の行セットを開けませんでした。 オブジェクトがデータベース内に存在することを確認してください。
0xC02020E9 -1071636247 DTS_E_VARIABLEACCESSFAILED 変数 "%1" にアクセスできませんでした。エラー コード 0x%2!8.8X!。
0xC02020EA -1071636246 DTS_E_CONNECTIONMANAGERNOTFOUND 接続マネージャー "%1" が見つかりません。 コンポーネントが接続のコレクションから接続マネージャーを検索できませんでした。
0xC02020EB -1071636245 DTS_E_VERSIONUPGRADEFAILED バージョン "%1" からバージョン %2!d! にアップグレード できませんでした。
0xC02020EC -1071636244 DTS_E_RSTDESTBIGBLOB 入力列の値が、大きすぎて ADODB.Recordset オブジェクトに格納できません。
0xC02020ED -1071636243 DTS_E_CANNOTCONVERTBETWEENUNICODEANDNONUNICODESTRINGCOLUMNS 列 "%1" と列 "%2" では、Unicode 形式の文字列データ型と Unicode 以外の形式の文字列データ型を変換できません。
0xC02020EE -1071636242 DTS_E_ROWCOUNTBADVARIABLENAME VariableName プロパティで指定された変数 "%1" は、有効な変数ではありません。 書き込み先の有効な変数の名前が必要です。
0xC02020EF -1071636241 DTS_E_ROWCOUNTBADVARIABLETYPE VariableName プロパティで指定された変数 "%1" は、整数型ではありません。 変数を VT_I4、VT_UI4、VT_I8、または VT_UI8 型に変更してください。
0xC02020F0 -1071636240 DTS_E_NOCOLUMNADVANCETHROUGHFILE ファイルによりコンポーネントを強化できるようにする列が指定されませんでした。
0xC02020F1 -1071636239 DTS_E_MERGEJOINSORTEDOUTPUTHASNOSORTKEYPOSITIONS "%1" では IsSorted が True に設定されていますが、すべての出力列の SortKeyPosition が 0 です。 IsSorted を False に変更するか、0 以外の SortKeyPosition を含む出力列を少なくとも 1 つ選択してください。
0xC02020F2 -1071636238 DTS_E_METADATAMISMATCHWITHINPUTCOLUMN "%1" のメタデータは、入力列のメタデータと一致しません。
0xC02020F3 -1071636237 DTS_E_RSTDESTBADVARIABLE 指定された変数の値が見つからないか、ロックまたは設定できません。
0xC02020F4 -1071636236 DTS_E_CANTPROCESSCOLUMNTYPECODEPAGE 列 "%1" には複数のコード ページ (%2!d! と %3!d!) が指定されているので、処理できません。
0xC02020F5 -1071636235 DTS_E_CANTINSERTCOLUMNTYPE 型 %2 および %3 の間での変換がサポートされていないため、列 "%1" を挿入できません。
0xC02020F6 -1071636234 DTS_E_CANNOTCONVERTBETWEENUNICODEANDNONUNICODESTRINGCOLUMN 列 "%1" では、Unicode 形式の文字列データ型と Unicode 以外の形式の文字列データ型を変換できません。
0xC02020F8 -1071636232 DTS_E_COULDNOTFINDINPUTBUFFERCOLUMNBYLINEAGE %1 で、入力バッファーに LineageID %2!ld! が指定された列が 見つかりません。
0xC02020F9 -1071636231 DTS_E_COULDNOTGETCOLUMNINFOFORINPUTBUFFER %1 で、コピー バッファーから列 %2!lu! の列情報を 取得できません。
0xC02020FA -1071636230 DTS_E_COULDNOTGETCOLUMNINFOFORCOPYBUFFER %1 で、コピー バッファーから列 "%2!lu!" の列情報を取得できません。
0xC02020FB -1071636229 DTS_E_COULDNOTREGISTERCOPYBUFFER %1 で、コピー バッファーのバッファーの種類を登録できません。
0xC02020FC -1071636228 DTS_E_COULDNOTCREATECOPYBUFFER %1 で、並べ替えに使用するデータのコピー先のバッファーを作成できません。
0xC02020FD -1071636227 DTS_E_DATAREADERDESTREADFAILED DataReader クライアントが Read の呼び出しに失敗したか、DataReader が閉じられています。
0xC02020FE -1071636226 DTS_E_NOSCHEMAINFOFOUND SQL コマンドによって列情報が返されませんでした。
0xC02020FF -1071636225 DTS_E_GETSCHEMATABLEFAILED %1 は SQL コマンドの列情報を取得できませんでした。 次のエラーが発生しました: %2
0xC0202100 -1071636224 DTS_E_SOURCETABLENAMENOTPROVIDED 変換元テーブルの名前が指定されていません。
0xC0203110 -1071632112 DTS_E_CACHE_INVALID_INDEXPOS キャッシュのインデックス位置 %1!d! が無効です。 インデックス以外の列では、インデックス位置を 0 にする必要があります。 インデックス列では、インデックス位置に連続する正の数値を指定する必要があります。
0xC0203111 -1071632111 DTS_E_CACHE_DUPLICATE_INDEXPOS インデックス位置 %1!d! が重複しています。 インデックス以外の列では、インデックス位置を 0 にする必要があります。 インデックス列では、インデックス位置に連続する正の数値を指定する必要があります。
0xC0203112 -1071632110 DTS_E_CACHE_TOO_FEW_INDEX_COLUMNS キャッシュ接続マネージャーには少なくとも 1 つのインデックス列を指定する必要があります。 インデックス列を指定するには、キャッシュ列のインデックス位置プロパティを設定してください。
0xC0203113 -1071632109 DTS_E_CACHE_INDEXPOS_NOT_CONTINUOUS キャッシュのインデックス位置は連続している必要があります。 インデックス以外の列では、インデックス位置を 0 にする必要があります。 インデックス列では、インデックス位置に連続する正の数値を指定する必要があります。
0xC0204000 -1071628288 DTS_E_PROPERTYNOTSUPPORTED プロパティ "%1" は "%2" に設定できません。 設定しているプロパティは、指定したオブジェクトでサポートされていません。 プロパティの名前、大文字と小文字、綴りを確認してください。
0xC0204002 -1071628286 DTS_E_CANTCHANGEPROPERTYTYPE プロパティの型を、コンポーネントによって設定された型から変更できません。
0xC0204003 -1071628285 DTS_E_CANTADDOUTPUTID 出力 ID %1!d! を挿入できませんでした。 新しい出力は作成されませんでした。
0xC0204004 -1071628284 DTS_E_CANTDELETEOUTPUTID 出力 ID %1!d! を 出力のコレクションから削除できません。 この ID は無効であったか、既定の出力またはエラー出力であった可能性があります。
0xC0204006 -1071628282 DTS_E_FAILEDTOSETPROPERTY "%2" のプロパティ "%1" を設定できませんでした。
0xC0204007 -1071628281 DTS_E_FAILEDTOSETOUTPUTCOLUMNTYPE %1 の型を、型 "%2"、長さ %3!d!、有効桁数 %4!d!、小数点以下桁数 %5!d!、コード ページ %6!d! に設定できませんでした。
0xC0204008 -1071628280 DTS_E_MORETHANONEERROROUTPUTFOUND 複数のエラー出力がコンポーネントに見つかりました。エラー出力は 1 つしか存在できません。
0xC020400A -1071628278 DTS_E_CANTSETOUTPUTCOLUMNPROPERTY 出力列のプロパティを設定できません。
0xC020400B -1071628277 DTS_E_CANTMODIFYERROROUTPUTCOLUMNDATATYPE エラー "%2" で、"%1" のデータ型を変更できません。
0xC020400E -1071628274 DTS_E_CANONLYSETISSORTEDONSOURCE "%1" はソース出力ではないので、その IsSorted プロパティを True に設定することはできません。 ソース出力は SynchronousInputID 値が 0 です。
0xC020400F -1071628273 DTS_E_CANONLYSETSORTKEYONSOURCE "%2" はソース出力ではないので、"%1" の SortKeyPosition プロパティを 0 以外に設定することはできません。 出力 "outputname" (ID) がソース出力ではないので、出力列 "colname" (ID) の SortKeyPosition プロパティを 0 以外に設定することはできません。
0xC0204010 -1071628272 DTS_E_CANONLYSETCOMPFLAGSONSOURCE "%2" はソース出力ではないので、"%1" の ComparisonFlags プロパティを 0 以外の値に設定することはできません。 出力 "outputname" (ID) がソース出力ではないので、出力列 "colname" (ID) の ComparisonFlags プロパティを 0 以外に設定することはできません。
0xC0204011 -1071628271 DTS_E_NONSTRINGCOMPARISONFLAGSNOTZERO "%1" は文字列型でないため、比較フラグを 0 にする必要があります。 文字列型の列では ComparisonFlags を 0 以外にしか設定できません。
0xC0204012 -1071628270 DTS_E_COMPFLAGSONLYONSORTCOL "%1" の SortKeyPosition が 0 に設定されているため、ComparisonFlags プロパティを 0 以外に設定することはできません。 出力列の SortKeyPosition が 0 以外の場合のみ、ComparisonFlags も 0 以外に設定できます。
0xC0204013 -1071628269 DTS_E_READONLYSTOCKPROPERTY このプロパティは読み取り専用です。
0xC0204014 -1071628268 DTS_E_INVALIDDATATYPE %1 には無効なデータ型の値 (%2!ld!) が設定されています。
0xC0204015 -1071628267 DTS_E_CODEPAGEREQUIRED "%1" にはコード ページを設定する必要がありますが、渡された値は 0 でした。
0xC0204016 -1071628266 DTS_E_INVALIDSTRINGLENGTH "%1" の長さは無効です。 %2!ld! から %3!ld! までの長さにする %3!ld! までです。
0xC0204017 -1071628265 DTS_E_INVALIDSCALE "%1" の小数点以下桁数は無効です。 %2!ld! から %3!ld! までの小数点以下桁数にする %3!ld! までです。
0xC0204018 -1071628264 DTS_E_INVALIDPRECISION "%1" の有効桁数は無効です。 %2!ld! から %3!ld! までの有効桁数にする %3!ld! までです。
0xC0204019 -1071628263 DTS_E_PROPVALUEIGNORED "%1" では長さ、有効桁数、小数点以下桁数、またはコード ページの値が 0 以外に設定されていますが、このデータ型では値を 0 にする必要があります。
0xC020401A -1071628262 DTS_E_CANTSETOUTPUTCOLUMNDATATYPEPROPERTIES %1 では出力列のデータ型プロパティの設定を行うことができません。
0xC020401B -1071628261 DTS_E_INVALIDDATATYPEFORERRORCOLUMNS "%1" に無効なデータ型が含まれています。 "%1" は特殊なエラー列であり、有効なデータ型は DT_I4 のみです。
0xC020401C -1071628260 DTS_E_NOERRORDESCFORCOMPONENT コンポーネントからエラー コードの説明が提供されていません。
0xC020401D -1071628259 DTS_E_UNRECOGNIZEDERRORCODE 指定されたエラー コードはこのコンポーネントに関連付けられていません。
0xC020401F -1071628257 DTS_E_TRUNCATIONTRIGGEREDREDIRECTION 切り捨てにより、切り捨て処理の設定に基づいて行がリダイレクトされました。
0xC0204020 -1071628256 DTS_E_CANTSETUSAGETYPETOREADWRITE "%1" では、系列 ID が %2!d! の入力列を読み取り/書き込みに設定できません。 この列でその使用法の種類は使用できません。 入力列の使用法の種類を、このコンポーネントではサポートされていない種類 UT_READWRITE に変更しようとしました。
0xC0204023 -1071628253 DTS_E_CANTSETUSAGETYPE %1 は、系列 ID が %2!d! の入力列を、要求された使用法の種類で使用することを禁止されています。
0xC0204024 -1071628252 DTS_E_FAILEDTOSETUSAGETYPE "%1" は、系列 ID が %2!d! の入力列に対して、要求された変更を行うことができませんでした。 エラー コード 0x%3!8.8X! により、要求が失敗しました。 指定されたエラーは、入力列の使用法の種類を設定しようとして発生しました。
0xC0204025 -1071628251 DTS_E_FAILEDTOSETOUTPUTCOLUMNDATATYPEPROPERTIES エラー コード 0x%2!8.8X! により、"%1" にデータ型のプロパティを設定できませんでした。 出力列の 1 つ以上のデータ型のプロパティを設定中に、エラーが発生しました。
0xC0204026 -1071628250 DTS_E_UNABLETORETRIEVEMETADATA "%1" のメタデータを取得できません。 オブジェクト名が正しくて、オブジェクトが存在することを確認してください。
0xC0204027 -1071628249 DTS_E_CANNOTMAPOUTPUTCOLUMN 出力列は、外部メタデータ列にマッピングできません。
0xC0204028 -1071628248 DTS_E_UNSUPPORTEDVARIABLETYPE 変数 %1 は、"%2" 型にする必要があります。
0xC020402A -1071628246 DTS_E_CANTSETEXTERNALMETADATACOLUMNDATATYPEPROPERTIES %1 では外部メタデータ列のデータ型プロパティの設定を行うことができません。
0xC020402B -1071628245 DTS_E_IDNOTINPUTNOROUTPUT ID %1!lu! は入力 ID でも出力 ID でもありません。 指定された ID は、外部メタデータのコレクションが関連付けられている入力 ID または出力 ID である必要があります。
0xC020402C -1071628244 DTS_E_METADATACOLLECTIONNOTUSED "%1" の外部メタデータのコレクションは、使用しないように設定されています。そのため、実行できる操作がありません。
0xC020402D -1071628243 DTS_E_NOBUFFERTYPEONSYNCOUTPUT %1 は同期出力なので、同期出力のバッファーの種類を取得できません。
0xC0207000 -1071616000 DTS_E_INPUTCOLUMNUSAGETYPENOTREADONLY 入力列 "%1" は読み取り専用にする必要があります。 入力列が、許可されていない読み取り専用以外の種類の使用法になっています。
0xC0207001 -1071615999 DTS_E_MISSINGCUSTOMPROPERTY 要求されたプロパティ "%2" は "%1" にありません。 このオブジェクトには、ここで示されたカスタム プロパティが必要です。
0xC0207002 -1071615998 DTS_E_ILLEGALCUSTOMOUTPUTPROPERTY 出力 %1 ではプロパティ "%2" を使用できませんが、現在はこのプロパティが割り当てられています。
0xC0207003 -1071615997 DTS_E_INVALIDOUTPUTEXCLUSIONGROUP %1 は、除外グループ %2!d! に存在する必要があります。 すべての出力は、この除外グループに存在する必要があります。
0xC0207004 -1071615996 DTS_E_PROPERTYISEMPTY プロパティ "%1" が空です。 プロパティを空にすることはできません。
0xC0207005 -1071615995 DTS_E_CREATEEXPRESSIONOBJECTFAILED 式 "%1" にメモリを割り当てられません。 式を保持する内部オブジェクトを作成中にメモリ不足になりました。
0xC0207006 -1071615994 DTS_E_EXPRESSIONPARSEFAILED 式 "%1" を解析できません。 式が無効であったか、メモリが不足しています。
0xC0207007 -1071615993 DTS_E_EXPRESSIONCOMPUTEFAILED エラー コード 0x%2!8.8X! により、式 "%1" を計算できませんでした。 式に、解析時に検出できなかった 0 除算などのエラーが含まれているか、メモリが不足している可能性があります。
0xC0207008 -1071615992 DTS_E_FAILEDTOCREATEEXPRESSIONARRAY 式オブジェクトにメモリを割り当てられません。 式オブジェクト ポインターの配列を作成中にメモリ不足になりました。
0xC020700A -1071615990 DTS_E_FAILEDTOCREATEEXPRESSIONMANANGER エラー コード 0x%2!8.8X! により、 式マネージャーの作成中に %1 に失敗しました。
0xC020700B -1071615989 DTS_E_SPLITEXPRESSIONNOTBOOLEAN 式 "%1" はブール式ではありません。 この式の結果は、ブール型になる必要があります。
0xC020700C -1071615988 DTS_E_EXPRESSIONVALIDATIONFAILED "%2" の式 "%1" が無効です。
0xC020700E -1071615986 DTS_E_COLUMNNOTMATCHED 列 "%1" (%2!d!) が、入力ファイルのどの列とも一致しません。 出力列名または入力列名が、ファイル内に見つかりません。
0xC020700F -1071615985 DTS_E_SETRESULTCOLUMNFAILED エラー コード 0x%3!8.8X! により、式 "%1" の結果列を %2 に設定できませんでした。 この式の結果を受け取る予定であった入力列または出力列を判断できないか、列の型にこの式の結果をキャストできません。
0xC0207011 -1071615983 DTS_E_FAILEDTOGETLOCALEIDFROMPACKAGE %1 はパッケージからロケール ID を取得できませんでした。
0xC0207012 -1071615982 DTS_E_INCORRECTPARAMETERMAPPINGFORMAT パラメーター マッピング文字列の形式が正しくありません。
0xC0207013 -1071615981 DTS_E_NOTENOUGHPARAMETERSPROVIDED SQL コマンドには %1!d! 個の パラメーターが必要ですが、パラメーター マッピングには %2!d! 個の %2!d! です。
0xC0207014 -1071615980 DTS_E_PARAMETERNOTFOUNDINMAPPING SQL コマンドには "%1" という名前のパラメーターが必要ですが、パラメーター マッピングに見つかりません。
0xC0207015 -1071615979 DTS_E_DUPLICATEDATASOURCECOLUMNNAME 名前 "%1" のデータ ソース列が複数あります。 データ ソース列の名前は一意である必要があります。
0xC0207016 -1071615978 DTS_E_DATASOURCECOLUMNWITHNONAMEFOUND 名前が指定されていないデータ ソース列があります。 各データ ソース列には名前を付ける必要があります。
0xC0208001 -1071611903 DTS_E_DISCONNECTEDCOMPONENT コンポーネントがレイアウトから切断されています。
0xC0208002 -1071611902 DTS_E_INVALIDCOMPONENTID レイアウト コンポーネントの ID が無効です。
0xC0208003 -1071611901 DTS_E_INVALIDINPUTCOUNT コンポーネントの入力数が無効です。
0xC0208004 -1071611900 DTS_E_INVALIDOUTPUTCOUNT コンポーネントの出力数が無効です。
0xC0208005 -1071611899 DTS_E_NOINPUTSOROUTPUTS コンポーネントに入力または出力がありません。
0xC0208007 -1071611897 DTS_E_CANTALLOCATECOLUMNINFO メモリ不足のため、このコンポーネントで操作されている列の一覧を割り当てることができませんでした。
0xC0208008 -1071611896 DTS_E_OUTPUTCOLUMNNOTININPUT 出力列 "%1" (%2!d!) は、系列 ID が %3!d! の入力列を参照しますが、その系列 ID が指定された入力が見つかりませんでした。
0xC0208009 -1071611895 DTS_E_SORTNEEDSONEKEY 少なくとも 1 つの入力列が並べ替えキーとして設定されている必要がありますが、キーが見つかりませんでした。
0xC020800A -1071611894 DTS_E_SORTDUPLICATEKEYWEIGHT 列 "%1" (%2!d!) と列 "%3" (%4!d!) はどちらも並べ替えキーの加重値 %5!d! が設定されました。
0xC020800D -1071611891 DTS_E_CANTMODIFYINVALID この検証問題が解決されるまでは、このコンポーネントで要求されたメタデータの変更を実行できません。
0xC020800E -1071611890 DTS_E_CANTADDINPUT 入力のコレクションに入力を追加できません。
0xC020800F -1071611889 DTS_E_CANTADDOUTPUT 出力のコレクションに出力を追加できません。
0xC0208010 -1071611888 DTS_E_CANTDELETEINPUT 入力のコレクションから入力を削除できません。
0xC0208011 -1071611887 DTS_E_CANTDELETEOUTPUT 出力のコレクションから出力を削除できません。
0xC0208014 -1071611884 DTS_E_CANTCHANGEUSAGETYPE 列の使用法の種類を変更できません。
0xC0208016 -1071611882 DTS_E_INVALIDUSAGETYPEFORCUSTOMPROPERTY カスタム プロパティ "%2" を使用するには、%1 を読み取り/書き込みに設定する必要があります。 入力列または出力列にはこのカスタム プロパティが存在しますが、読み取り/書き込みではありません。 プロパティを削除するか、この列を読み取り/書き込みに設定してください。
0xC0208017 -1071611881 DTS_E_READWRITECOLUMNMISSINGREQUIREDCUSTOMPROPERTY %1 には、読み取り/書き込みが設定されているので、カスタム プロパティ "%2" が必要です。 プロパティを追加するか、列から読み取り/書き込み属性を削除してください。>
0xC0208018 -1071611880 DTS_E_CANTDELETECOLUMN 列を削除できません。 このコンポーネントでは、この入力または出力から列を削除できません。
0xC0208019 -1071611879 DTS_E_CANTADDCOLUMN このコンポーネントでは、この入力または出力に列を追加できません。
0xC020801A -1071611878 DTS_E_CANNOTTFINDRUNTIMECONNECTIONOBJECT 接続 "%1" が見つかりません。 接続マネージャーに、同じ名前の接続が存在することを確認してください。
0xC020801B -1071611877 DTS_E_CANNOTFINDRUNTIMECONNECTIONMANAGER ID "%1" のランタイム接続マネージャーが見つかりません。 接続マネージャー コレクションに、同じ ID の接続マネージャーが存在することを確認してください。
0xC020801C -1071611876 DTS_E_CANNOTACQUIRECONNECTIONFROMCONNECTIONMANAGER SSIS エラー コード DTS_E_CANNOTACQUIRECONNECTIONFROMCONNECTIONMANAGER。 エラー コード 0x%2!8.8X! により、接続マネージャー "%1" に対する AcquireConnection メソッドの呼び出しが失敗しました。 このエラーの前に、AcquireConnection メソッドの呼び出しが失敗した理由の詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。
0xC020801D -1071611875 DTS_E_ACQUIREDCONNECTIONISINVALID 接続マネージャー "%1" から取得した接続は無効です。
0xC020801E -1071611874 DTS_E_INCORRECTCONNECTIONMANAGERTYPE 接続マネージャー "%1" は種類が正しくありません。 必要な種類は "%2" です。 コンポーネントに使用できる種類は "%3" です。
0xC020801F -1071611873 DTS_E_CANNOTACQUIREMANAGEDCONNECTIONFROMCONNECTIONMANAGER ランタイム接続マネージャーからマネージド接続を取得できません。
0xC0208020 -1071611872 DTS_E_CANTINITINPUT 入力のコレクションを初期化するために入力を作成できません。
0xC0208021 -1071611871 DTS_E_CANTINITOUTPUT 出力のコレクションを初期化するために出力を作成できません。
0xC0208023 -1071611869 DTS_E_EXTRACTORCANTWRITE エラー コード 0x%2!8.8X! により、ファイル "%1" に書き込めませんでした。
0xC0208024 -1071611868 DTS_E_INCORRECTCONNECTIONOBJECTTYPE 接続マネージャー "%1" によって、AcquireConnection メソッドから種類の正しくないオブジェクトが返されました。
0xC0208025 -1071611867 DTS_E_INPUTCOLPROPERTYNOTFOUND 入力列 "%1" (%2!d!) の "%3" プロパティが要求されましたが、見つかりません。 見つからないプロパティを追加してください。
0xC0208026 -1071611866 DTS_E_EXTRACTORUNREFERENCED "%1" は読み取り専用に設定されていますが、他のどの列からも参照されていません。 参照されていない列は許可されません。
0xC0208027 -1071611865 DTS_E_EXTRACTORREFERENCEDCOLUMNNOTFOUND "%1" は列 ID %2!d! を参照していますが、この列は入力にありません。 存在しない列を参照しています。
0xC0208028 -1071611864 DTS_E_EXTRACTORDATACOLUMNNOTBLOB "%1" は "%2" を参照していますが、この列は BLOB 型ではありません。
0xC0208029 -1071611863 DTS_E_INSERTERREFERENCEDCOLUMNNOTFOUND "%1" は ID が %2!d! の出力列を参照していますが、この列は出力にありません。
0xC020802A -1071611862 DTS_E_INSERTERCANTREAD エラー コード 0x%2!8.8X! により、ファイル "%1" から読み取れませんでした。
0xC020802B -1071611861 DTS_E_TXSCD_NOTYPEDCOLUMNSATINPUT 緩やかに変化するディメンション変換では、入力の種類が固定属性、変化する属性、または履歴属性である列が少なくとも 1 列必要です。 少なくとも 1 つの列が FixedAttribute、ChangingAttribute、または HistoricalAttribute であることを確認してください。
0xC020802C -1071611860 DTS_E_TXSCD_INVALIDINPUTCOLUMNTYPE "%1" の ColumnType プロパティが無効です。 現在の値が、許容される値の範囲内にありません。
0xC020802D -1071611859 DTS_E_TXSCD_CANNOTMAPDIFFERENTTYPES 入力列 "%1" を外部列 "%2" にマップできません。列のデータ型が異なります。 緩やかに変化するディメンション変換では、DT_STR および DT_WSTR 以外の型の列間でマッピングを行えません。
0xC020802E -1071611858 DTS_E_NTEXTDATATYPENOTSUPPORTEDWITHANSIFILES "%1" のデータ型は DT_NTEXT ですが、この型は ANSI 形式のファイルではサポートされていません。 代わりに、DT_TEXT 型を使用し、データ変換コンポーネントでデータを DT_NTEXT 型に変換してください。
0xC020802F -1071611857 DTS_E_TEXTDATATYPENOTSUPPORTEDWITHUNICODEFILES "%1" のデータ型は DT_TEXT ですが、この型は Unicode 形式のファイルではサポートされていません。 代わりに、DT_NTEXT 型を使用し、データ変換コンポーネントでデータを DT_TEXT 型に変換してください。
0xC0208030 -1071611856 DTS_E_IMAGEDATATYPENOTSUPPORTED "%1" のデータ型は DT_IMAGE ですが、この型はサポートされていません。 代わりに、DT_TEXT 型または DT_NTEXT 型を使用し、データ変換コンポーネントでデータを DT_IMAGE 型との間で変換してください。
0xC0208031 -1071611855 DTS_E_FLATFILEFORMATNOTSUPPORTED 形式 "%1" はフラット ファイル接続マネージャーでサポートされていません。 サポートされている形式は、Delimited、FixedWidth、RaggedRight、および Mixed です。
0xC0208032 -1071611854 DTS_E_EXTRACTORFILENAMECOLUMNNOTSTRING "%1" にはファイル名を含める必要がありますが、文字列型ではありません。
0xC0208033 -1071611853 DTS_E_EXTRACTORCANTAPPENDTRUNCATE プロパティ設定の競合により、エラーが発生しました。 "%1" では、AllowAppend プロパティと ForceTruncate プロパティの両方が True に設定されています。 両方のプロパティを True に設定することはできません。 2 つのプロパティのいずれかを False に設定してください。
0xC0208034 -1071611852 DTS_E_EXTRACTORCOLUMNALREADYREFERENCED %1 は列 ID %2!d! を参照していますが、この列は既に %3 が参照しています。 列への 2 つの参照のうち、いずれかを削除してください。
0xC0208035 -1071611851 DTS_E_CONNECTIONMANANGERNOTASSIGNED %1 に接続マネージャーが割り当てられていません。
0xC0208036 -1071611850 DTS_E_INSERTERCOLUMNALREADYREFERENCED %1 は ID が %2!d! の出力列を参照していますが、この列は既に %3 が参照しています。
0xC0208037 -1071611849 DTS_E_INSERTERCOLUMNNOTREFERENCED "%1" はどの入力列からも参照されていません。 各出力列は、1 つの入力列によって参照される必要があります。
0xC0208038 -1071611848 DTS_E_INSERTERDATACOLUMNNOTBLOB "%1" は "%2" を参照していますが、この列は型が正しくありません。 DT_TEXT、DT_NTEXT、DT_IMAGE のいずれかにする必要があります。 BLOB である必要がある列を参照しています。>
0xC0208039 -1071611847 DTS_E_INSERTERFILENAMECOLUMNNOTSTRING "%1" にはファイル名を含める必要がありますが、文字列型ではありません。
0xC020803A -1071611846 DTS_E_INSERTEREXPECTBOMINVALIDTYPE "%1" では %2 の ExpectBOM プロパティが True に設定されていますが、この列は NT_NTEXT 型ではありません。 ExpectBOM により、列インポート変換でバイト順マーク (BOM) が予期されることが示されます。 ExpectBOM プロパティを False に設定するか、出力列のデータ型を DT_NTEXT に変更してください。
0xC020803B -1071611845 DTS_E_INSERTERINVALIDDATACOLUMNSETTYPE データ出力列には、DT_TEXT、DT_NTEXT、または DT_IMAGE を指定する必要があります。 データ出力列は BLOB 型にのみ設定できます。
0xC020803C -1071611844 DTS_E_TXSCD_FIXEDATTRIBUTECHANGE FailOnFixedAttributeChange プロパティが True に設定されている場合、固定属性の変更が検出されると変換が行われません。 行を固定属性の出力に送信するには、FailOnFixedAttributeChange プロパティを False に設定します。
0xC020803D -1071611843 DTS_E_TXSCD_LOOKUPFAILURE 参照変換で行を取得できませんでした。 FailOnLookupFailure が True に設定されている場合は、変換が行われず、行が取得されません。
0xC020803E -1071611842 DTS_E_TXSCD_INVALIDNUMBERSOFPARAMETERS 緩やかに変化するディメンション変換では、入力列の種類がキーである列が少なくとも 1 列必要です。 少なくとも 1 列の種類をキーに設定してください。
0xC020803F -1071611841 DTS_E_TXSCD_CANNOTFINDEXTERNALCOLUMN 名前 "%1" の外部列が見つかりません。
0xC0208040 -1071611840 DTS_E_TXSCD_INFFEREDINDICATORNOTBOOL 推定インジケーター列 "%1" の型は DT_BOOL である必要があります。
0xC0208107 -1071611641 DTS_E_ERRORROWDISPMUSTBENOTUSED %1 は、エラー行の処理の値を RD_NotUsed に設定する必要があります。
0xC0208108 -1071611640 DTS_E_TRUNCROWDISPMUSTBENOTUSED %1 は、切り捨て行の処理の値を RD_NotUsed に設定する必要があります。
0xC0208201 -1071611391 DTS_E_TXAGG_INPUTNOTFOUNDFOROUTPUT ID %2!d! の出力列で必要とされている 系列 ID %1!d! の入力列が見つかりません。
0xC0208202 -1071611390 DTS_E_TXAGG_INVALIDOUTPUTDATATYPEFORAGGREGATE 出力列 ID %1!d! で指定された集計の型に対する出力データ型が無効です。
0xC0208203 -1071611389 DTS_E_TXAGG_INVALIDINPUTDATATYPEFORAGGREGATE %2 で指定された集計に使用される %1 の入力データ型が無効です。
0xC0208204 -1071611388 DTS_E_TXAGG_INPUTOUTPUTDATATYPEMISMATCH 入力列の系列 ID %1!d! と 出力列の ID %2!d! のデータ型が 一致しません。
0xC0208205 -1071611387 DTS_E_UNABLETOGETINPUTBUFFERHANDLE 入力 ID %1!d! の入力バッファー ハンドルを取得できません。
0xC0208206 -1071611386 DTS_E_UNABLETOGETOUTPUTBUFFERHANDLE 出力 ID %1!d! の出力バッファー ハンドルを取得できません。
0xC0208207 -1071611385 DTS_E_UNABLETOFINDCOLUMNHANDLEINOUTPUTBUFFER 出力バッファーに系列 ID %1!d! の列が 見つかりません。
0xC0208208 -1071611384 DTS_E_UNABLETOFINDCOLUMNHANDLEININPUTBUFFER 出力バッファーに系列 ID %1!d! の列が 見つかりません。
0xC0208209 -1071611383 DTS_E_CANNOTHAVEZEROOUTPUTCOLUMNS %1 の出力列数を 0 にすることはできません。
0xC020820A -1071611382 DTS_E_CONNECTIONMANAGERCOLUMNCOUNTMISMATCH フラット ファイル接続マネージャー内の列数は、フラット ファイル アダプター内の列数と一致している必要があります。 フラット ファイル接続マネージャーには %1!d! 列ありますが、フラット ファイル アダプターには %2!d! 列あります。
0xC020820B -1071611381 DTS_E_MISMATCHCONNECTIONMANAGERCOLUMN フラット ファイル接続マネージャーの インデックス %2!d! の列 "%1" が、フラット ファイル アダプターの 列コレクションのインデックス %3!d! にありませんでした。
0xC020820D -1071611379 DTS_E_EXTERNALMETADATACOLUMNISALREADYMAPPED ID %1!d! の外部メタデータ列は、 %2 に既にマップされています。
0xC020820E -1071611378 DTS_E_TXAGG_STRING_TOO_LONG 変換で、%1!u! 文字を超えるキー列が 超えています。
0xC020820F -1071611377 DTS_E_DERIVEDRESULT_TOO_LONG 変換で、%1!u! バイトを超える結果値が バイトです。
0xC0208210 -1071611376 DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERROUTPUTDESCRIPTORS メモリを割り当てられません。
0xC0208211 -1071611375 DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACEDESCRIPTORS メモリを割り当てられません。
0xC0208212 -1071611374 DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRSORTORDERDESCRIPTORS メモリを割り当てられません。
0xC0208213 -1071611373 DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRNUMERICDESCRIPTORS メモリを割り当てられません。
0xC0208214 -1071611372 DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRCOUNTDISTINCTDESCRIPTOR メモリを割り当てられません。
0xC0208215 -1071611371 DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACESORTORDERDESCRIPTORS メモリを割り当てられません。
0xC0208216 -1071611370 DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACENUMERICDESCRIPTORS メモリを割り当てられません。
0xC0208217 -1071611369 DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACEBUFFCOLS メモリを割り当てられません。
0xC0208218 -1071611368 DTS_E_UNREFERENCEDINPUTCOLUMN 入力列 "%1" は参照されていません。
0xC0208219 -1071611367 DTS_E_CANTBUILDTHREADPOOL 並べ替え変換で、%1!d! 個のスレッドを持つスレッド プールを 作成できませんでした。 メモリが不足しています。
0xC020821A -1071611366 DTS_E_QUEUEWORKITEMFAILED 並べ替え変換では、作業項目をスレッド プールのキューに登録できません。 メモリが不足しています。
0xC020821B -1071611365 DTS_E_SORTTHREADSTOPPED エラー コード 0x%1!8.8X! により、並べ替え変換のワーカー スレッドが停止しました。 バッファーの並べ替え中に致命的なエラーが発生しました。
0xC020821E -1071611362 DTS_E_SORTBADTHREADCOUNT MaxThreads は %1!ld! でした。1 から %2!ld! までの値を指定するか、または -1 を指定して CPU の既定の数が設定されるようにする必要があります。
0xC020821F -1071611361 DTS_E_DTPXMLLOADFAILURE XML から読み込めません。
0xC0208220 -1071611360 DTS_E_DTPXMLSAVEFAILURE XML に保存できません。
0xC0208221 -1071611359 DTS_E_DTPXMLINT32CONVERTERR 値 "%1" を整数値に変換できません。
0xC0208222 -1071611358 DTS_E_DTPXMLBOOLCONVERTERR 値 "%1" をブール値に変換できません。
0xC0208223 -1071611357 DTS_E_DTPXMLPARSEERRORNEARID ID %1!d! のオブジェクト付近で読み込みエラーが発生しました。
0xC0208226 -1071611354 DTS_E_DTPXMLPROPERTYTYPEERR 値 "%1" は属性 "%2" に対しては無効です。
0xC0208228 -1071611352 DTS_E_DTPXMLSETUSAGETYPEERR 値 "%1" は属性 "%2" に対しては無効です。
0xC0208229 -1071611351 DTS_E_DTPXMLDATATYPEERR 値 "%1" は属性 "%2" に対しては無効です。
0xC020822A -1071611350 DTS_E_UNMAPPEDINPUTCOLUMN %1 は出力列にマップされません。
0xC020822B -1071611349 DTS_E_INPUTCOLUMNBADMAP %1 に無効なマッピングがあります。 このコンポーネントには ID が %2!ld! の出力列は 存在しません。
0xC020822D -1071611347 DTS_E_MULTIPLYMAPPEDOUTCOL %1 が出力列にマップされていますが、この出力列には、この入力へのマッピングが既に存在しています。
0xC020822E -1071611346 DTS_E_TXAGG_STRINGPROMOTIONFAILED エラー 0x%2!8.8X! により、系列 ID %1!ld! の 入力列を DT_WSTR に変換できませんでした。
0xC0208230 -1071611344 DTS_E_DTPXMLIDLOOKUPERR ID が %1!d! の参照先オブジェクトが パッケージに見つかりませんでした。
0xC0208231 -1071611343 DTS_E_DTPXMLINVALIDXMLPERSISTPROPERTY pipelinexml モジュールに必要な永続プロパティを読み取れません。 このプロパティは、パイプラインで指定されていませんでした。
0xC0208232 -1071611342 DTS_E_DTPXMLPROPERTYSTATEERR 値 "%1" は属性 "%2" に対しては無効です。
0xC0208233 -1071611341 DTS_E_CANTGETCUSTOMPROPERTY カスタム プロパティ "%1" を取得できません。
0xC0208234 -1071611340 DTS_E_UNABLETOLOCATEINPUTCOLUMNID 位置番号 %2!d! のパラメーターの ParameterMap カスタム プロパティで参照される系列 ID %1!d! の入力列が入力列のコレクションに見つかりません。
0xC0208235 -1071611339 DTS_E_TXLOOKUP_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN 参照列 "%1!s!" が見つかりません。
0xC0208236 -1071611338 DTS_E_TXLOOKUP_INCOMPATIBLEDATATYPES %1 および "%2" という名前の参照列に、互換性のないデータ型が設定されています。
0xC0208237 -1071611337 DTS_E_TXLOOKUP_PARAMMETADATAMISMATCH パラメーター化 SQL ステートメントによって、メインの SQL ステートメントに一致しないメタデータが生成されました。
0xC0208238 -1071611336 DTS_E_TXLOOKUP_INCORRECTNUMOFPARAMETERS パラメーター化 SQL ステートメントに含まれているパラメーターの数が正しくありません。 必要なのは %1!d! 個ですが、%2!d! 個あります。
0xC0208239 -1071611335 DTS_E_TXLOOKUP_INVALIDJOINTYPE %1 に、結合できないデータ型が設定されています。
0xC020823A -1071611334 DTS_E_TXLOOKUP_INVALIDCOPYTYPE %1 に、コピーできないデータ型が設定されています。
0xC020823B -1071611333 DTS_E_INSERTERINVALIDCOLUMNDATATYPE %1 には、サポートされていないデータ型が含まれています。 DT_STR または DT_WSTR を指定する必要があります。
0xC020823C -1071611332 DTS_E_EXTRACTORINVALIDCOLUMNDATATYPE %1 には、サポートされていないデータ型が含まれています。 DT_STR、DT_WSTR、DT_TEXT、DT_NTEXT、DT_IMAGE のいずれかを指定する必要があります。
0xC020823D -1071611331 DTS_E_TXCHARMAPINVALIDCOLUMNDATATYPE %1 には、サポートされていないデータ型が含まれています。 DT_STR、DT_WSTR、DT_TEXT、DT_NTEXT のいずれかを指定する必要があります。
0xC020823E -1071611330 DTS_E_SORTCANTCREATEEVENT 並べ替え変換では、ワーカー スレッドと通信するイベントを作成できません。 並べ替え変換に使用できるシステム ハンドルが不足しています。
0xC020823F -1071611329 DTS_E_SORTCANTCREATETHREAD 並べ替え変換では、ワーカー スレッドを作成できません。 並べ替え変換に使用できるメモリが不足しています。
0xC0208240 -1071611328 DTS_E_SORTCANTCOMPARE 並べ替え変換で、バッファー ID %2!d! の行 %1!d! を バッファー ID %4!d! の 行 %3!d! と 比較できませんでした。
0xC0208242 -1071611326 DTS_E_TXLOOKUP_TOOFEWREFERENCECOLUMNS 参照変換の参照メタデータに含まれている列が少なすぎます。 SQLCommand プロパティを確認してください。 SELECT ステートメントから、少なくとも 1 つの列が返される必要があります。>
0xC0208243 -1071611325 DTS_E_TXLOOKUP_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNINFO ColumnInfo 構造体の配列にメモリを割り当てられません。
0xC0208244 -1071611324 DTS_E_TXLOOKUP_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNPAIR ColumnPair 構造体の配列にメモリを割り当てられませんでした。
0xC0208245 -1071611323 DTS_E_TXLOOKUP_MALLOCERR_BUFFCOL メイン ワークスペースを作成するために、BUFFCOL 構造体の配列にメモリを割り当てられません。
0xC0208246 -1071611322 DTS_E_TXLOOKUP_MAINWORKSPACE_CREATEERR メイン ワークスペース バッファーを作成できません。
0xC0208247 -1071611321 DTS_E_TXLOOKUP_HASHTABLE_MALLOCERR ハッシュ テーブルにメモリを割り当てられません。
0xC0208248 -1071611320 DTS_E_TXLOOKUP_HASHNODEHEAP_CREATEERR ハッシュ ノードのヒープを作成するために、メモリを割り当てられません。
0xC0208249 -1071611319 DTS_E_TXLOOKUP_HASHNODEHEAP_MALLOCERR ハッシュ ノード ヒープにメモリを割り当てられません。
0xC020824A -1071611318 DTS_E_TXLOOKUP_LRUNODEHEAP_CREATEERR LRU ノードのヒープを作成できません。 メモリ不足になりました。
0xC020824B -1071611317 DTS_E_TXLOOKUP_LRUNODEHEAP_MALLOCERR LRU ノード ヒープにメモリを割り当てられません。 メモリ不足になりました。
0xC020824C -1071611316 DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_LOADCOLUMNMETADATA 列のメタデータを読み込み中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。
0xC020824D -1071611315 DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_GETIROWSET 行セットをフェッチ中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。
0xC020824E -1071611314 DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_FILLBUFFER 内部キャッシュを設定中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。
0xC020824F -1071611313 DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_BINDPARAMETERS パラメーターのバインド中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。
0xC0208250 -1071611312 DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_CREATEBINDING バインドの作成中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。
0xC0208251 -1071611311 DTS_E_TXLOOKUP_INVALID_CASE 実行時に switch ステートメントで無効なケースが発生しました。
0xC0208252 -1071611310 DTS_E_TXLOOKUP_MAINWORKSPACE_MALLOCERR メイン ワークスペース バッファーの新しい行にメモリを割り当てられません。 メモリ不足になりました。
0xC0208253 -1071611309 DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_GETPARAMIROWSET パラメーター化された行セットをフェッチ中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。
0xC0208254 -1071611308 DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_GETPARAMSINGLEROW パラメーター化された行をフェッチ中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。
0xC0208255 -1071611307 DTS_E_TXAGG_MAINWORKSPACE_MALLOCERR メイン ワークスペース バッファーの新しい行にメモリを割り当てられません。 メモリ不足になりました。
0xC0208256 -1071611306 DTS_E_TXAGG_MAINWORKSPACE_CREATEERR メイン ワークスペース バッファーを作成できません。
0xC0208257 -1071611305 DTS_E_TXAGG_HASHTABLE_MALLOCERR ハッシュ テーブルにメモリを割り当てられません。
0xC0208258 -1071611304 DTS_E_TXAGG_HASHNODEHEAP_CREATEERR ハッシュ ノードのヒープを作成するために、メモリを割り当てられません。
0xC0208259 -1071611303 DTS_E_TXAGG_HASHNODEHEAP_MALLOCERR ハッシュ ノード ヒープにメモリを割り当てられません。
0xC020825A -1071611302 DTS_E_TXAGG_CDNODEHEAP_CREATEERR CountDistinct ノードのヒープを作成するために、メモリを割り当てられません。
0xC020825B -1071611301 DTS_E_TXAGG_CDNODEHEAP_MALLOCERR CountDistinct ノード ヒープにメモリを割り当てられません。
0xC020825C -1071611300 DTS_E_TXAGG_CDCHAINHEAP_CREATEERR CountDistinct チェーンのヒープを作成するために、メモリを割り当てられません。
0xC020825D -1071611299 DTS_E_TXAGG_CDHASHTABLE_CREATEERR CountDistinct ハッシュ テーブルにメモリを割り当てられません。
0xC020825E -1071611298 DTS_E_TXAGG_CDWORKSPACE_MALLOCERR CountDistinct ワークスペース バッファーの新しい行にメモリを割り当てられません。
0xC020825F -1071611297 DTS_E_TXAGG_CDWORKSPACE_CREATEERR CountDistinct ワークスペース バッファーを作成できません。
0xC0208260 -1071611296 DTS_E_TXAGG_CDCOLLASSEARRAY_MALLOCERR CountDistinct 折りたたみ配列にメモリを割り当てられません。
0xC0208261 -1071611295 DTS_E_TXAGG_CDCHAINHEAP_MALLOCERR CountDistinct チェーンにメモリを割り当てられません。
0xC0208262 -1071611294 DTS_E_TXCOPYMAP_MISMATCHED_COLUMN_METADATA 系列 ID %1!d! の列と系列 ID %2!d! の列のメタデータが一致していません。 copymap の出力列にマップされた入力列に、同じメタデータ (データ型、有効桁数、小数点以下桁数、長さ、またはコード ページ) がありません。
0xC0208263 -1071611293 DTS_E_TXCOPYMAP_INCORRECT_OUTPUT_COLUMN_MAPPING 系列 ID が "%1!d!" の出力列が入力列に正しくマップされません。 出力列の CopyColumnId プロパティが正しくありません。
0xC0208265 -1071611291 DTS_E_CANTGETBLOBDATA 列 "%1" の長い形式のデータを取得できませんでした。
0xC0208266 -1071611290 DTS_E_CANTADDBLOBDATA 列の長い形式のデータを取得しましたが、データ フロー タスク バッファーに追加できません。
0xC0208267 -1071611289 DTS_E_MCASTOUTPUTCOLUMNS 出力 "%1" (%2!d!) には出力列がありますが、マルチキャストの出力は列を宣言していません。 パッケージが破損しています。
0xC0208273 -1071611277 DTS_E_UNABLETOGETLOCALIZEDRESOURCE ローカライズされたリソース ID %1!d! を読み込めません。 RLL ファイルが存在するかどうかを確認してください。
0xC0208274 -1071611276 DTS_E_DTPXMLEVENTSCACHEERR イベント インターフェイスを取得できません。 XML に保存するためにデータ フロー モジュールに渡されたイベント インターフェイスが無効です。
0xC0208275 -1071611275 DTS_E_DTPXMLPATHLOADERR XML 読み込み中にパス オブジェクトを設定したときに、エラーが発生しました。
0xC0208276 -1071611274 DTS_E_DTPXMLINPUTLOADERR XML 読み込み中に入力オブジェクトを設定したときに、エラーが発生しました。
0xC0208277 -1071611273 DTS_E_DTPXMLOUTPUTLOADERR XML 読み込み中に出力オブジェクトを設定したときに、エラーが発生しました。
0xC0208278 -1071611272 DTS_E_DTPXMLINPUTCOLUMNLOADERR XML 読み込み中に入力列オブジェクトを設定したときに、エラーが発生しました。
0xC0208279 -1071611271 DTS_E_DTPXMLOUTPUTCOLUMNLOADERR XML 読み込み中に出力列オブジェクトを設定したときに、エラーが発生しました。
0xC0208280 -1071611264 DTS_E_DTPXMLPROPERTYLOADERR XML 読み込み中にプロパティ オブジェクトを設定したときに、エラーが発生しました。
0xC0208281 -1071611263 DTS_E_DTPXMLCONNECTIONLOADERR XML 読み込み中に接続オブジェクトを設定したときに、エラーが発生しました。
0xC0208282 -1071611262 DTS_E_FG_MISSING_OUTPUT_COLUMNS 特殊変換に固有の列は存在しないか、正しくない型が含まれています。
0xC0208283 -1071611261 DTS_E_FG_PREPARE_TABLES_AND_ACCESSORS あいまいグループ化変換は、必要なテーブルおよびアクセサーの作成に失敗しました。
0xC0208284 -1071611260 DTS_E_FG_COPY_INPUT あいまいグループ化変換は、入力のコピーに失敗しました。
0xC0208285 -1071611259 DTS_E_FG_GENERATE_GROUPS あいまいグループ化変換は、グループの生成に失敗しました。
0xC0208286 -1071611258 DTS_E_FG_LEADING_TRAILING プロパティ '%1' の設定を適用しているときに、あいまいグループ化で予期しないエラーが発生しました。
0xC0208287 -1071611257 DTS_E_FG_PICK_CANONICAL あいまいグループ化変換は、データを標準化するときに使用するデータの正規行の選択に失敗しました。
0xC0208288 -1071611256 DTS_E_FG_NOBLOBS あいまいグループ化は、IMAGE、TEXT、または NTEXT 型の入力列をサポートしていません。
0xC0208289 -1071611255 DTS_E_FG_FUZZY_MATCH_ON_NONSTRING DT_STR 型または DT_WSTR 型ではない列 "%1" (%2!d!) にあいまい一致が指定されました。
0xC020828A -1071611254 DTS_E_FUZZYGROUPINGINTERNALPIPELINEERROR あいまいグループ化変換のパイプライン エラーが発生し、エラー コード 0x%1!8.8X! が返されました: "%2"。
0xC020828B -1071611253 DTS_E_CODE_PAGE_NOT_SUPPORTED 出力列 "%2" (%3!d!) で指定されている コード ページ %1!d! はサポートされていません。 最初にこの列を DT_WSTR に変換する必要があります。変換を行うには、この列の前にデータ変換を挿入します。
0xC0208294 -1071611244 DTS_E_SETEODFAILED バッファーによる出力 "%1" (%2!d!) のデータの終了フラグを設定中にエラーが発生しました。
0xC0208296 -1071611242 DTS_E_CANTCLONE 入力バッファーを複製できませんでした。 メモリが不足しているか、内部エラーが発生しました。
0xC02082F9 -1071611143 DTS_E_TXCHARMAP_CANTKATAKANAHIRAGANA 列 "%1" で、カタカナ文字列とひらがな文字列を同時に生成するように要求しています。
0xC02082FA -1071611142 DTS_E_TXCHARMAP_CANTSIMPLECOMPLEX 列 "%1" で、簡体中国語と繁体中国語を同時に生成するように要求しています。
0xC02082FB -1071611141 DTS_E_TXCHARMAP_CANTFULLHALF 列 "%1" で、全角文字列と半角文字列の両方を生成する操作を要求しています。
0xC02082FC -1071611140 DTS_E_TXCHARMAP_CANTCHINAJAPAN 列 "%1" で、日本語文字列での操作と中国語文字列での操作を組み合わせています。
0xC02082FD -1071611139 DTS_E_TXCHARMAP_CANTCASECHINESE 列 "%1" で、中国語文字列の操作と、大文字および小文字の操作を組み合わせています。
0xC02082FE -1071611138 DTS_E_TXCHARMAP_CANTCASEJAPANESE 列 "%1" で、日本語文字列での操作と、大文字および小文字の操作を組み合わせています。
0xC02082FF -1071611137 DTS_E_TXCHARMAP_CANTBOTHCASE 列 "%1" で、この列が大文字と小文字の両方にマップされています。
0xC0208300 -1071611136 DTS_E_TXCHARMAP_CANTLINGUISTIC 列 "%1" で、大文字と小文字以外のフラグと言語の文字種操作を組み合わせています。
0xC0208301 -1071611135 DTS_E_TXCHARMAP_INVALIDMAPFLAGANDDATATYPE 列 "%1" のデータ型を指定どおりにマップできません。
0xC0208302 -1071611134 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNSUPPORTED_MATCH_INDEX_VERSION 既存の一致インデックス "%2" のバージョン (%1) はサポートされていません。 予期していたバージョンは "%3" です。 このエラーは、インデックス メタデータに保存されているバージョンが現在のコードが構築されたときのバージョンと一致しない場合に発生します。 現在のバージョンのコードを使用してインデックスを再構築することで、エラーを修正してください。
0xC0208303 -1071611133 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INVALID_MATCH_INDEX テーブル "%1" は、構築済みの有効な一致インデックスではないようです。 このエラーは、メタデータ レコードを指定された構築済みのインデックスから読み込めない場合に発生します。
0xC0208304 -1071611132 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNABLE_TO_READ_MATCH_INDEX 指定された構築済みの一致インデックス "%1" を読み取れません。 OLEDB エラー コード: 0x%2!8.8X!。
0xC0208305 -1071611131 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_NO_JOIN_COLUMNS 参照テーブル列への有効な結合が指定された入力列はありませんでした。 少なくとも 1 つの結合が、入力列プロパティ JoinToReferenceColumn および JoinType で定義されていることを確認してください。
0xC0208306 -1071611130 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INDEX_DOES_NOT_CONTAIN_COLUMN 指定された既存の一致インデックス "%1" は、もともと列 "%2" のあいまい一致情報を使用して構築されていませんでした。 この情報を含めるために、再構築する必要があります。 このエラーは、インデックスがあいまい結合列以外の列を使用して構築された場合に発生します。
0xC0208307 -1071611129 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_IDENTIFIER_PROPERTY プロパティ "%2" に指定された名前 "%1" は、有効な SQL 識別子名ではありません。 このエラーは、プロパティの名前が、有効な SQL 識別子名の仕様に準拠していない場合に発生します。
0xC0208309 -1071611127 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_MINSIMILARITY_INVALID あいまい参照変換の MinSimilarity しきい値プロパティには、0.0 以上かつ 1.0 未満の値を指定する必要があります。
0xC020830A -1071611126 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INVALID_PROPERTY_VALUE プロパティ "%2" の値 "%1" が無効です。
0xC020830B -1071611125 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_FUZZY_JOIN_DATATYPES あいまい結合は DT_STR 型と DT_WSTR 型の文字列間でのみサポートされているので、入力列 "%1" と参照列 "%2" の間に指定されているあいまい参照は無効です。
0xC020830C -1071611124 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_EXACT_JOIN_DATATYPES 完全な参照列 "%1" と "%2" のデータ型が同じでないか、比較可能な文字列型ではありません。 完全結合は、列のデータ型が同一の場合、または DT_STR 型と DT_WSTR 型の組み合わせの場合にサポートされています。
0xC020830D -1071611123 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_COPYCOLUMN_DATATYPES コピー列 "%1" と "%2" のデータ型が同じでないか、または普通に変換できる文字列型ではありません。 参照から出力へのコピーは、列のデータ型が同一の場合または DT_STR 型と DT_WSTR 型の組み合わせの場合にサポートされていますが、他のデータ型ではサポートされていません。これは、このことが原因で発生します。
0xC020830E -1071611122 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_PASSTHRUCOLUMN_DATATYPES パススルー列 "%1" と "%2" のデータ型が一致しません。 入力から出力へのパススルー列としてサポートされているのは、データ型が一致する列のみです。
0xC020830F -1071611121 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN 参照列 "%1" が見つかりません。
0xC0208311 -1071611119 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_OUTPUT_COLUMN_MUST_BE_PASSTHRU_COLUMN_OR_A_COPY_COLUMN 出力列には、CopyColumn プロパティまたは PassThruColumn プロパティのいずれか 1 つだけが指定されている必要があります。 このエラーは、CopyColumn および PassThruColumn プロパティのどちらにも空でない値が設定されていない場合、またはこれら両方のプロパティに空でない値が設定されている場合に発生します。
0xC0208312 -1071611118 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_PASSTHRU_COLUMN_NOT_FOUND 出力列 '%3' でプロパティ '%2' に指定された変換元系列 ID '%1!d!' が 入力列のコレクションに見つかりませんでした。 これは、出力列にパススルー列として指定された入力列 ID が入力のセットに見つからない場合に発生します。
0xC0208313 -1071611117 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INDEXED_COLUMN_NOT_FOUND_IN_REF_TABLE 構築済みのインデックス "%2" の列 "%1" が参照テーブルまたはクエリに見つかりませんでした。 これは、参照テーブルのスキーマまたはクエリが、既存の一致インデックスの構築後に変更された場合に発生します。
0xC0208314 -1071611116 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_TOKEN_TOO_LONG コンポーネントで 2147483647 文字より大きいトークンが検出されました。
0xC0208315 -1071611115 DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHTYPE 出力ファイルを追加できません。 列 "%1" の名前は一致していますが、出力ファイルの列の型は %2 で、入力列の型は %3 です。 列のメタデータのデータ型が一致しません。
0xC0208316 -1071611114 DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHSIZE 出力ファイルを追加できません。 列 "%1" の名前は一致していますが、出力ファイルの列の最大長は %2!d! で、 入力列の最大長は %3!d! です。 列のメタデータの長さが一致しません。
0xC0208317 -1071611113 DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHCODEPAGE 出力ファイルを追加できません。 列 "%1" の名前は一致していますが、出力ファイルの列のコード ページは %2!d! で、 入力列のコード ページは %3!d! です。 指定された列のメタデータのコード ページが一致しません。
0xC0208318 -1071611112 DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHPRECISION 出力ファイルを追加できません。 列 "%1" の名前は一致していますが、出力ファイルの列の有効桁数は %2!d! で、 入力列の有効桁数は %3!d! です。 指定された列のメタデータの有効桁数が一致しません。
0xC0208319 -1071611111 DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHSCALE 出力ファイルを追加できません。 列 "%1" の名前は一致していますが、出力ファイルの列の小数点以下桁数は %2!d! で、 入力列の小数点以下桁数は %3!d! です。 指定された列のメタデータの小数点以下桁数が一致しません。
0xC020831A -1071611110 DTS_E_COULD_NOT_DETERMINE_DATASOURCE_DBMSNAME "%1" の DBMS 名とバージョンを特定できません。 これは、接続の IDBProperties によって、DBMS 名とバージョンを確認するのに必要な情報が返されなかった場合に発生します。
0xC020831B -1071611109 DTS_E_INCORRECT_SQL_SERVER_VERSION "%1" の DBMS の種類またはバージョンは、サポートされていません。 Microsoft SQL Server Version 8.0 (2000) 以降への接続が必要です。 これは、接続の IDBProperties から正しいバージョンが返されなかった場合に発生します。
0xC020831D -1071611107 DTS_E_CANTDELETEERRORCOLUMNS %1 は特殊なエラー出力列なので、削除できません。
0xC020831E -1071611106 DTS_E_UNEXPECTEDCOLUMNDATATYPE 列 "%1" に指定されたデータ型が予期された型 "%2" ではありません。
0xC020831F -1071611105 DTS_E_INPUTCOLUMNNOTFOUND 出力列 "%3" でプロパティ "%2" によって参照されている入力列の系列 ID "%1" が入力列のコレクションに見つかりませんでした。
0xC0208320 -1071611104 DTS_E_TXGROUPDUPS_INPUTCOLUMNNOTJOINED 出力列 "%3" でプロパティ "%2" によって参照されている入力列 "%1" には、プロパティ ToBeCleaned=True と有効な ExactFuzzy プロパティ値を指定する必要があります。
0xC0208322 -1071611102 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_REF_TABLE_MISSING_IDENTITY_INDEX 参照テーブル '%1' の整数型の ID 列にクラスター化インデックスがありません。これは、プロパティ 'CopyRefTable' が False に設定されている場合に必要です。 CopyRefTable が False の場合、参照テーブルの整数型の ID 列にクラスター化インデックスが必要です。
0xC0208323 -1071611101 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_REF_CONTAINS_NON_INTEGER_IDENT_COLUMN 参照テーブル '%1' には整数型ではない ID 列が含まれていますが、それはサポートされていません。 列 '%2' を含まないテーブルのビューを使用してください。 このエラーは、コピーが参照テーブルで作成されているときに、整数型の ID 列が追加されますが、テーブルごとに 1 つの ID 列しか保持できないことが原因で発生します。
0xC0208324 -1071611100 DTS_E_TXFUZZY_MATCHCONTRIBUTION_AND_HIERARCHY_SPECIFIED MatchContribution と階層情報の両方を同時に指定することはできません。 これらのプロパティはどちらもスコアに対する重み係数なので、許可されていません。
0xC0208325 -1071611099 DTS_E_TXFUZZY_HIERARCHY_INCORRECT 階層内のレベルには一意の数字を指定する必要があります。 階層値の有効なレベルは 1 以上の整数です。 数値が小さくなるほど、階層の下位の列になります。 既定値は 0 で、列が階層の一部でないことを示します。 レベルが重なり合ったり、レベル間にギャップがあることは許可されません。
0xC0208326 -1071611098 DTS_E_TXFUZZYGROUPING_INSUFFICIENT_FUZZY_JOIN_COLUMNS あいまいグループ化の対象となる列が定義されませんでした。 列プロパティ ToBeCleaned=true および ExactFuzzy=2 が設定された入力列が少なくとも 1 つ必要です。
0xC0208329 -1071611095 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_COLUMNINVALID 何らかの理由により、ID '%1!d!' の列 が有効ではありませんでした。
0xC020832A -1071611094 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNSUPPORTEDDATATYPE 列 '%1' のデータ型はサポートされていません。
0xC020832C -1071611092 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_OUTPUTLENGTHMISMATCH 出力列 '%1' の長さは、基になる列 '%2' の長さよりも短くなっています。
0xC020832F -1071611089 DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTEXACTNUMBEROFINPUTCOLUMNS 入力列は 1 つだけ存在する必要があります。
0xC0208330 -1071611088 DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTEXACTNUMBEROFOUTPUTCOLUMNS 出力列は 2 つだけ存在する必要があります。
0xC0208331 -1071611087 DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTDATATYPEOFINPUTCOLUMN 入力列に指定できるデータ型は DT_WSTR または DT_NTEXT のみです。
0xC0208332 -1071611086 DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTDATATYPEOFOUTPUTCOLUMN 出力列 [%1!d!] に データ型として設定できるのは、'%2' のみです。
0xC0208333 -1071611085 DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTDATATYPEOFREFERENCECOLUMN 参照列に指定できるデータ型は DT_STR または DT_WSTR のみです。
0xC0208334 -1071611084 DTS_E_TERMEXTRACTION_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN 参照列 '%1' を検索中にエラーが発生しました。
0xC0208335 -1071611083 DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTTERMTYPE 変換の用語の種類には WordOnly、PhraseOnly、または WordPhrase のみを指定できます。
0xC0208336 -1071611082 DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTFREQUENCYTHRESHOLD 頻度のしきい値の値には、'%1!d!' 以上を指定する必要があります。
0xC0208337 -1071611081 DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTMAXLENOFTERM 用語の最大長の値には、'%1!d!' 以上を指定する必要があります。
0xC0208338 -1071611080 DTS_E_TERMEXTRACTION_TOOFEWREFERENCECOLUMNS 用語抽出参照メタデータに含まれている列が少なすぎます。
0xC0208339 -1071611079 DTS_E_TERMEXTRACTION_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNINFO メモリの割り当て中にエラーが発生しました。
0xC020833A -1071611078 DTS_E_TERMEXTRACTION_MAINWORKSPACE_CREATEERR ワークスペース バッファーの作成中にエラーが発生しました。
0xC020833B -1071611077 DTS_E_TERMEXTRACTION_OLEDBERR_CREATEBINDING バインドの作成中に OLEDB エラーが発生しました。
0xC020833C -1071611076 DTS_E_TERMEXTRACTION_OLEDBERR_GETIROWSET 行セットをフェッチ中に OLEDB エラーが発生しました。
0xC020833D -1071611075 DTS_E_TERMEXTRACTION_OLEDBERR_FILLBUFFER 内部キャッシュの設定中に OLEDB エラーが発生しました。
0xC020833E -1071611074 DTS_E_TERMEXTRACTION_PROCESSERR 行 %1!ld!、列 %2!ld! の用語を抽出中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。 回避策として、入力からこの用語を削除してください。>
0xC020833F -1071611073 DTS_E_TERMEXTRACTIONORLOOKUP_PROCESSERR_DEPOSITFULL 用語の候補数が制限の 4G を超えています。
0xC0208340 -1071611072 DTS_E_TERMEXTRACTION_INVALIDOUTTERMTABLEORCOLUMN 除外用語に使用される参照テーブル、ビュー、または列が無効です。
0xC0208341 -1071611071 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_STRINGCOLUMNTOOLONG 文字列型の列 '%1' の長さが 4,000 文字を超えています。 DT_STR から DT_WSTR に変換する必要があるため、切り捨てが発生します。 列幅を縮小するか、または DT_WSTR 型の列のみを使用してください。
0xC0208342 -1071611070 DTS_E_TERMEXTRACTION_OUTTERMTABLEANDCOLUMNNOTSET 除外用語に使用される参照テーブル、ビュー、または列が設定されていません。
0xC0208343 -1071611069 DTS_E_TERMLOOKUP_TOOFEWOUTPUTCOLUMNS 用語参照に含まれている出力列が少なすぎます。
0xC0208344 -1071611068 DTS_E_TERMLOOKUP_INCORRECTDATATYPEOFREFERENCECOLUMN 参照列に指定できるデータ型は DT_STR または DT_WSTR のみです。
0xC0208345 -1071611067 DTS_E_TERMLOOKUP_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN 参照列 '%1' を検索中にエラーが発生しました。
0xC0208346 -1071611066 DTS_E_TERMLOOKUP_TOOFEWREFERENCECOLUMNS 用語参照の参照メタデータに含まれている列が少なすぎます。
0xC0208347 -1071611065 DTS_E_TERMEXTRACTIONORLOOKUP_TESTOFFSETERROR 単語の正規化中にエラーが発生しました。
0xC0208348 -1071611064 DTS_E_TERMLOOKUP_MAINWORKSPACE_CREATEERR ワークスペース バッファーの作成中にエラーが発生しました。
0xC0208349 -1071611063 DTS_E_TERMLOOKUP_OLEDBERR_CREATEBINDING バインドの作成中に OLEDB エラーが発生しました。
0xC020834A -1071611062 DTS_E_TERMLOOKUP_OLEDBERR_GETIROWSET 行セットをフェッチ中に OLEDB エラーが発生しました。
0xC020834B -1071611061 DTS_E_TERMLOOKUP_OLEDBERR_FILLBUFFER 内部キャッシュの設定中に OLEDB エラーが発生しました。
0xC020834C -1071611060 DTS_E_TERMLOOKUP_PROCESSERR 行 %1!ld!、列 %2!ld! の用語を参照中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。 回避策として、入力からこの用語を削除してください。
0xC020834D -1071611059 DTS_E_TERMLOOKUP_TEXTIDINPUTCOLUMNNOTMAPPEDWITHOUTPUTCOLUMN 少なくとも 1 つのパススルー列が出力列にマップされません。
0xC020834E -1071611058 DTS_E_TERMLOOKUP_INCORRECTEXACTNUMBEROFTEXTCOLUMNS 1 つの参照列には入力列が 1 つだけマップされている必要があります。
0xC020834F -1071611057 DTS_E_TERMLOOKUP_TEXTINPUTCOLUMNHAVEINCORRECTDATATYPE 参照列にマップされている入力列に指定できるデータ型は、DT_NTXT または DT_WSTR のみです。
0xC0208354 -1071611052 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INVALID_MATCH_INDEX_NAME 参照テーブル名 "%1" は有効な SQL 識別子ではありません。 このエラーは、入力文字列からテーブル名を解析できない場合に発生します。 名前に含まれているスペースが引用符で囲まれていない可能性があります。 テーブル名が正しく引用符で囲まれていることを確認してください。
0xC0208355 -1071611051 DTS_E_TERMEXTRACTION_TERMFILTERSTARTITERATIONERROR 用語フィルターの繰り返しの開始中にエラーが発生しました。
0xC0208356 -1071611050 DTS_E_TERMEXTRACTION_EMPTYTERMRESULTERROR 用語のキャッシュに使用するバッファーの再要求中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208357 -1071611049 DTS_E_TERMEXTRACTION_STDLENGTHERROR STL コンテナーから std::length_error が発生しました。
0xC0208358 -1071611048 DTS_E_TERMLOOKUP_SAVEWORDWITHPUNCTERROR 句読点が含まれている単語の保存中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208359 -1071611047 DTS_E_TERMLOOKUP_ADDREFERENCETERM %1!ld! 番目の参照用語を処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%2!8.8X! です。 回避策として、その参照用語を参照テーブルから削除してください。
0xC020835A -1071611046 DTS_E_TERMLOOKUP_SORREFERENCETERM 参照用語の並べ替え中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020835B -1071611045 DTS_E_TERMLOOKUP_COUNTTERM 用語の候補数をカウント中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020835C -1071611044 DTS_E_FUZZYLOOKUP_REFERENCECACHEFULL あいまい参照によって、参照テーブル全体をメイン メモリに読み込めませんでした。これは、Exhaustive プロパティが有効なときに必要なことです。 システム メモリが不足していたか、参照テーブルを読み込むには十分でない制限が MaxMemoryUsage に指定されていました。 MaxMemoryUsage を 0 に設定するか、設定値を大幅に増やしてください。 または、Exhaustive プロパティを無効にしてください。
0xC020835D -1071611043 DTS_E_TERMLOOKUP_INITIALIZE 用語参照のエンジンの初期化中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020835E -1071611042 DTS_E_TERMLOOKUP_PROCESSSENTENCE 文の処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020835F -1071611041 DTS_E_TEXTMININGBASE_APPENDTOTEMPBUFFER 内部バッファーに文字列を追加中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208360 -1071611040 DTS_E_TERMEXTRACTION_SAVEPOSTAG 内部バッファーの品詞タグを保存中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208361 -1071611039 DTS_E_TERMEXTRACTION_COUNTTERM 用語の候補数をカウント中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208362 -1071611038 DTS_E_TERMEXTRACTION_INITPOSPROCESSOR 品詞プロセッサを初期化中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208363 -1071611037 DTS_E_TERMEXTRACTION_INITFSA 有限状態オートマトンの読み込み中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208364 -1071611036 DTS_E_TERMEXTRACTION_INITIALIZE 用語抽出のエンジンを初期化中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208365 -1071611035 DTS_E_TERMEXTRACTION_PROCESSSENTENCE 文の内部を処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208366 -1071611034 DTS_E_TERMEXTRACTION_INITPOSTAGVECTOR 品詞プロセッサを初期化中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208367 -1071611033 DTS_E_TERMEXTRACTION_SAVEPTRSTRING 内部バッファーに文字列を追加中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208368 -1071611032 DTS_E_TERMEXTRACTION_ADDWORDTODECODER 統計デコーダーへ単語を追加中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC0208369 -1071611031 DTS_E_TERMEXTRACTION_DECODE 文のデコード中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020836A -1071611030 DTS_E_TERMEXTRACTION_SETEXCLUDEDTERM 除外用語の設定中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020836B -1071611029 DTS_E_TERMEXTRACTION_PROCESSDOCUMENT 入力内のドキュメントを処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020836C -1071611028 DTS_E_TEXTMININGBASE_TESTPERIOD ピリオドが頭字語に含まれているかどうかをテストしているときにエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020836D -1071611027 DTS_E_TERMLOOKUP_ENGINEADDREFERENCETERM 参照用語の設定中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020836E -1071611026 DTS_E_TERMLOOKUP_PROCESSDOCUMENT 入力内のドキュメントを処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。
0xC020836F -1071611025 DTS_E_INVALIDBULKINSERTPROPERTYVALUE プロパティ %1 の値は %2!d! ですが、許可されていません。 値には、%3!d! 以上の値を指定する必要があります。
0xC0208370 -1071611024 DTS_E_INVALIDBULKINSERTFIRSTROWLASTROWVALUES プロパティ %1 の値は %2!d! ですが、プロパティ %4 の値 %3!d! 以下の値である 必要があります。
0xC0208371 -1071611023 DTS_E_FUZZYLOOKUPUNABLETODELETEEXISTINGMATCHINDEX "%1" という名前の既存のあいまい一致インデックスを削除中にエラーが発生しました。 このテーブルはあいまい参照 (またはこのバージョンのあいまい参照) によって作成されなかったか、壊れているか、または別の問題がある可能性があります。 "%2" という名前のテーブルを手動で削除するか、MatchIndexName プロパティに別の名前を指定してください。
0xC0208372 -1071611022 DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTSCORETYPE 変換のスコアの種類に設定できるのは、頻度または TFIDF のみです。
0xC0208373 -1071611021 DTS_E_FUZZYLOOKUPREFTABLETOOBIG 指定された参照テーブルの行数が多すぎます。 あいまい参照は、10 億行未満の参照テーブルでのみ機能します。 参照テーブルで、より小さいビューを使用することを検討してください。
0xC0208374 -1071611020 DTS_E_FUZZYLOOKUPUNABLETODETERMINEREFERENCETABLESIZE 参照テーブル '%1' のサイズを特定できません。 このオブジェクトがビューであり、テーブルではない可能性があります。 あいまい参照では、CopyReferentaceTable が False に設定されたビューをサポートしていません。 テーブルが存在し、CopyReferenceTable が True に設定されていることを確認してください。
0xC0208377 -1071611017 DTS_E_XMLSRCOUTPUTCOLUMNDATATYPENOTSUPPORTED %2 の SSIS データ フロー タスクのデータ型 "%1" は、%3 に対してはサポートされていません。
0xC0208378 -1071611016 DTS_E_XMLSRCCANNOTFINDCOLUMNTOSETDATATYPE ID が %2!d! の出力に ID が %1!d! の出力列のデータ型のプロパティを 設定できません。 出力または列が見つかりませんでした。
0xC0208379 -1071611015 DTS_E_CUSTOMPROPERTYISREADONLY %2 のカスタム プロパティ "%1" の値を変更できません。
0xC020837A -1071611014 DTS_E_OUTPUTCOLUMNHASNOERRORCOLUMN エラー以外の出力の %1 には、エラー出力上に対応する出力列がありません。
0xC020837B -1071611013 DTS_E_ERRORCOLUMNHASNOOUTPUTCOLUMN エラー出力の %1 には、エラー以外の出力上に対応する出力列がありません。
0xC020837C -1071611012 DTS_E_ERRORCOLUMNHASINCORRECTPROPERTIES エラー出力の %1 には、対応するデータ ソース列のプロパティと一致しないプロパティがあります。
0xC020837D -1071611011 DTS_E_ADOSRCOUTPUTCOLUMNDATATYPECANNOTBECHANGED DT_WSTR 列と DT_NTEXT 列を除き、%1 の出力列のデータ型は変更できません。
0xC020837F -1071611009 DTS_E_ADOSRCDATATYPEMISMATCH "%1" のデータ型が変換元の列 "%3" のデータ型 "%2" と一致しません。
0xC0208380 -1071611008 DTS_E_ADOSRCCOLUMNNOTINSCHEMAROWSET %1 は、一致する変換元の列がスキーマにありません。
0xC0208381 -1071611007 DTS_E_TERMLOOKUP_INVALIDREFERENCETERMTABLEORCOLUMN 参照用語に使用される参照テーブル/ビューまたは列が無効です。
0xC0208382 -1071611006 DTS_E_TERMLOOKUP_REFERENCETERMTABLEANDCOLUMNNOTSET 参照用語に使用される参照テーブル/ビューまたは列が設定されていません。
0xC0208383 -1071611005 DTS_E_COLUMNMAPPEDTOALREADYMAPPEDEXTERNALMETADATACOLUMN %1 は ID %2!ld! の外部メタデータ列にマップされますが、既に別の列にマップされています。
0xC0208384 -1071611004 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_TOOMANYPREFIXES プロパティ '%2' に指定されている SQL オブジェクト名 '%1' には、最大数よりも多くのプレフィックスが含まれています。 最大数は 2 です。
0xC0208385 -1071611003 DTS_E_MGDSRCSTATIC_OVERFLOW 値が大きすぎて、列に収まりませんでした。
0xC0208386 -1071611002 DTS_E_DATAREADERDESTREADERISCLOSED SSIS IDataReader は閉じています。
0xC0208387 -1071611001 DTS_E_DATAREADERDESTREADERISATEND SSIS IDataReader は結果セットの末尾に到達しました。
0xC0208388 -1071611000 DTS_E_DATAREADERDESTINVALIDCOLUMNORDINAL 列の位置を表す序数が無効です。
0xC0208389 -1071610999 DTS_E_DATAREADERDESTCANNOTCONVERT %1 をデータ型 "%2" からデータ型 "%3" に変換できません。
0xC020838A -1071610998 DTS_E_DATAREADERDESTINVALIDCODEPAGE %1 には、サポートされていないコード ページ %2!d! があります。
0xC020838B -1071610997 DTS_E_XMLSRCEXTERNALMETADATACOLUMNNOTINSCHEMA %1 には、XML スキーマへのマッピングがありません。
0xC020838D -1071610995 DTS_E_TXTERMLOOKUP_MISMATCHED_COLUMN_METADATA 系列 ID %1!d! の列と系列 ID %2!d! の列のメタデータが一致していません。 出力列にマップされた入力列に、同じメタデータ (データ型、有効桁数、小数点以下桁数、長さ、またはコード ページ) がありません。
0xC020838E -1071610994 DTS_E_DATAREADERDESTREADERTIMEOUT SSIS IDataReader は閉じています。 読み取りのタイムアウトの期限が切れています。
0xC020838F -1071610993 DTS_E_ADOSRCINVALIDSQLCOMMAND 指定された SQL コマンドの実行中にエラーが発生しました: "%1"。 %2
0xC0208390 -1071610992 DTS_E_JOINTYPEDOESNTMATCHETI 入力列 '%1' に指定された JoinType プロパティは、一致インデックスが最初に作成されたときに、対応する参照テーブル列に指定された JoinType プロパティと異なります。 指定された JoinType で一致インデックスを再構築するか、または一致インデックスが作成されたときに使用される型と一致するように JoinType を変更してください。
0xC0208392 -1071610990 DTS_E_SQLCEDESTDATATYPENOTSUPPORTED 列 "%2" のデータ型 "%1" は、%3 に対してはサポートされていません。
0xC0208393 -1071610989 DTS_E_DATAREADERDESTDATATYPENOTSUPPORTED "%2" のデータ型 "%1" は、%3 に対してはサポートされていません。
0xC0208394 -1071610988 DTS_E_RECORDSETDESTDATATYPENOTSUPPORTED %1 のデータ型は、%2 に対してはサポートされていません。
0xC0208446 -1071610810 DTS_E_TXSCRIPTMIGRATIONCOULDNOTADDREFERENCE %2 の移行中にプロジェクト参照 "%1" を追加できませんでした。 移行を手動で完了することが必要になる場合があります。
0xC0208447 -1071610809 DTS_E_TXSCRIPTMIGRATIONMULTIPLEENTRYPOINTSFOUND %2 の移行中に名前が "%1" のエントリ ポイントが複数見つかりました。 移行を手動で完了することが必要になる場合があります。
0xC0208448 -1071610808 DTS_E_TXSCRIPTMIGRATIONNOENTRYPOINTFOUND %1 の移行中にエントリ ポイントが見つかりませんでした。 移行を手動で完了することが必要になる場合があります。
0xC020844B -1071610805 DTS_E_ADODESTINSERTIONFAILURE データの挿入中に例外が発生しました。プロバイダーから返されたメッセージは次のとおりです: %1
0xC020844C -1071610804 DTS_E_ADODESTCONNECTIONTYPENOTSUPPORTED %1 からプロバイダー固定名を取得できませんでした。これは、現在、ADO NET 変換先コンポーネントでサポートされていません
0xC020844D -1071610803 DTS_E_ADODESTARGUMENTEXCEPTION データ プロバイダーが変換先にデータを挿入中に引数例外が発生しました。 返されたメッセージは次のとおりです: %1
0xC020844E -1071610802 DTS_E_ADODESTWRONGBATCHSIZE BatchSize プロパティには、負でない整数を指定してください
0xC020844F -1071610801 DTS_E_ADODESTERRORUPDATEROW 変換先のデータ ソースにこの行を送信中にエラーが発生しました。
0xC0208450 -1071610800 DTS_E_ADODESTEXECUTEREADEREXCEPTION tSQL コマンドを実行すると例外がスローされます。メッセージは次のとおりです: %1
0xC0208451 -1071610799 DTS_E_ADODESTDATATYPENOTSUPPORTED 列 "%2" のデータ型 "%1" は、%3 に対してはサポートされていません。
0xC0208452 -1071610798 DTS_E_ADODESTFAILEDTOACQUIRECONNECTION ADO NET 変換先では、接続 %1 を取得できませんでした。 接続が壊れている可能性があります。
0xC0208453 -1071610797 DTS_E_ADODESTNOTMANAGEDCONNECTION 指定した接続 %1 が管理されていません。ADO NET 変換先にマネージド接続を使用してください。
0xC0208454 -1071610796 DTS_E_ADODESTNOERROROUTPUT 変換先コンポーネントにはエラー出力がありません。 コンポーネントが壊れている可能性があります。
0xC0208455 -1071610795 DTS_E_ADODESTNOLINEAGEID 外部列 %2 に関連付けられている lineageID %1 は実行時に存在しません。
0xC0208456 -1071610794 DTS_E_ADODESTEXTERNALCOLNOTEXIST %1 はデータベースに存在しません。 削除または名前が変更された可能性があります。
0xC0208457 -1071610793 DTS_E_ADODESTGETSCHEMATABLEFAILED 外部列のプロパティを取得できませんでした。 入力したテーブル名が存在しない可能性があります。または、テーブル オブジェクトに対して SELECT 権限がないため、接続を使用して列のプロパティの取得を試みましたが失敗しました。 エラー メッセージの詳細は次のとおりです: %1
0xC0208458 -1071610792 DTS_E_ADODESTCOLUMNERRORDISPNOTSUPPORTED 入力列エラーの処理は、ADO NET 変換先コンポーネントでサポートされていません。
0xC0208459 -1071610791 DTS_E_ADODESTCOLUMNTRUNDISPNOTSUPPORTED 入力列切り捨ての処理は、ADO NET 変換先コンポーネントでサポートされていません。
0xC020845A -1071610790 DTS_E_ADODESTINPUTTRUNDISPNOTSUPPORTED 入力切り捨て行の処理は、ADO NET 変換先コンポーネントでサポートされていません。
0xC020845B -1071610789 DTS_E_ADODESTTABLENAMEERROR テーブル名またはビュー名が不適切です。 \n\t テーブル名を引用符で囲んでいる場合は、選択したデータ プロバイダーのプレフィックス %1 とサフィックス %2 を引用符に使用してください。 \n\t マルチパート名を使用している場合は、テーブル名を最大で 3 部構成にしてください。
0xC0209001 -1071607807 DTS_E_FAILEDTOFINDCOLUMNINBUFFER 系列 ID %2!d! の列 "%1" が バッファーに見つかりませんでした。 バッファー マネージャーにより、エラー コード 0x%3!8.8X! が返されました。
0xC0209002 -1071607806 DTS_E_FAILEDTOGETCOLUMNINFOFROMBUFFER バッファーから列 "%1" (%2!d!) の情報を取得できませんでした。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。
0xC0209011 -1071607791 DTS_E_TXAGG_ARITHMETICOVERFLOW "%1" の集計中に算術オーバーフローが発生しました。
0xC0209012 -1071607790 DTS_E_FAILEDTOGETCOLINFO バッファーから行 %1!ld!、列 %2!ld! の情報を 取得できませんでした。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。
0xC0209013 -1071607789 DTS_E_FAILEDTOSETCOLINFO 行 %1!ld!、列 %2!ld! の情報を バッファーに設定できませんでした。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。
0xC0209015 -1071607787 DTS_E_REQUIREDBUFFERISNOTAVAILBLE 必要なバッファーが使用できません。
0xC0209016 -1071607786 DTS_E_FAILEDTOGETBUFFERBOUNDARYINFO エラー コード 0x%1!8.8X! により、バッファーの境界情報を取得できませんでした。
0xC0209017 -1071607785 DTS_E_FAILEDTOSETBUFFERENDOFROWSET エラー コード 0x%1!8.8X! により、バッファーの行セットの末尾を設定できませんでした。
0xC0209018 -1071607784 DTS_E_FAILEDTOGETDATAFORERROROUTPUTBUFFER エラー出力バッファーのデータを取得できませんでした。
0xC0209019 -1071607783 DTS_E_FAILEDTOREMOVEROWFROMBUFFER エラー コード 0x%1!8.8X! により、バッファーから行を削除できませんでした。
0xC020901B -1071607781 DTS_E_FAILEDTOSETBUFFERERRORINFO エラー コード 0x%1!8.8X! により、バッファーのエラー情報を設定できませんでした。
0xC020901C -1071607780 DTS_E_COLUMNSTATUSERROR %2 の %1 にエラーがありました。 返された列の状態は "%3" でした。
0xC020901D -1071607779 DTS_E_TXLOOKUP_METADATAXMLCACHEERR 参照メタデータをキャッシュできません。
0xC020901E -1071607778 DTS_E_TXLOOKUP_ROWLOOKUPERROR 参照中に一致する行が見つかりませんでした。
0xC020901F -1071607777 DTS_E_INVALIDERRORDISPOSITION %1 には無効なエラーまたは切り捨て行の処理があります。
0xC0209022 -1071607774 DTS_E_FAILEDTODIRECTERRORROW エラー コード 0x%1!8.8X! により、エラー出力への行の出力指定に失敗しました。
0xC0209023 -1071607773 DTS_E_FAILEDTOPREPARECOLUMNSTATUSESFORINSERT エラー コード 0x%1!8.8X! により、挿入用に列の状態を準備できませんでした。
0xC0209024 -1071607772 DTS_E_FAILEDTOFINDCOLUMNBYLINEAGEID エラー コード 0x%3!8.8X! により、 データ フロー タスク バッファーで系列 ID %2!d! の %1 を検索できませんでした。
0xC0209025 -1071607771 DTS_E_FAILEDTOFINDNONSPECIALERRORCOLUMN %1 に特殊なエラー列以外の列が見つかりませんでした。
0xC0209029 -1071607767 DTS_E_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONERROR SSIS エラー コード DTS_E_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONERROR。 エラー コード 0x%2!8.8X! により、"%1" が失敗しました。 "%3" のエラー行の処理により、エラーによる失敗が示されます。 ここに示されたコンポーネントのオブジェクトでエラーが発生しました。 このエラーの前に、エラーの詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。
0xC020902A -1071607766 DTS_E_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONTRUNCATION "%1" が切り捨ての発生により失敗しました。"%2" の切り捨て行の処理により、切り捨てによる失敗が示されます。 ここに示されたコンポーネントの指定のオブジェクトで切り捨てエラーが発生しました。
0xC020902B -1071607765 DTS_E_TXSPLITEXPRESSIONEVALUATEDTONULL "%2" の式 "%1" は NULL と評価されましたが、"%3" ではブール型の結果が必要です。 出力でのエラー行の処理を変更して、これを無効な結果として処理する (エラーを無視する) か、この行をエラー出力にリダイレクトしてください (行のリダイレクト)。 条件分割式の結果は、ブール型にする必要があります。 式の結果が NULL の場合は、エラーになります。
0xC020902C -1071607764 DTS_E_TXSPLITSTATIC_EXPRESSIONEVALUATEDTONULL 式は NULL と評価されましたが、ブール型の結果が必要です。 出力でのエラー行の処理を変更して、これを無効な結果として処理する (エラーを無視する) か、この行をエラー出力にリダイレクトしてください (行のリダイレクト)。 条件分割式の結果は、ブール型にする必要があります。 式の結果が NULL の場合は、エラーになります。
0xC020902D -1071607763 DTS_E_UTF16BIGENDIANFORMATNOTSUPPORTED UTF-16 Big Endian 形式のファイルはサポートされていません。 UTF-16 Little Endian 形式のみがサポートされています。
0xC020902E -1071607762 DTS_E_UTF8FORMATNOTSUPPORTEDASUNICODE UTF-8 のファイル形式は Unicode としてサポートされていません。
0xC020902F -1071607761 DTS_E_DTPXMLCANTREADIDATTR ID 属性を読み取れません。
0xC020903E -1071607746 DTS_E_TXLOOKUP_INDEXCOLUMNREUSED キャッシュのインデックス列 %1 が複数の参照入力列によって参照されています。
0xC020903F -1071607745 DTS_E_TXLOOKUP_INDEXCOLUMNSMISMATCH 参照では、キャッシュ接続マネージャーのインデックス列の一部が参照されていません。 参照内で結合された列の数: %1!d!。 インデックス列の数: %2!d!。
0xC0209069 -1071607703 DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE 符号の不一致またはデータのオーバーフロー以外の原因により、データ値を変換できません。
0xC020906A -1071607702 DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_SCHEMAVIOLATION データ値がスキーマの制約に違反しました。
0xC020906B -1071607701 DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_TRUNCATED データが切り捨てられました。
0xC020906C -1071607700 DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH データ値は符号付きで、プロバイダーで使用された型は符号なしであったため、変換できませんでした。
0xC020906D -1071607699 DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW プロバイダーで使用された型ではデータ値がオーバーフローしたので、変換できませんでした。
0xC020906E -1071607698 DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE 状態を示す情報はありません。
0xC020906F -1071607697 DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_PERMISSIONDENIED ユーザーにこの列への正しい書き込み権限がありませんでした。
0xC0209070 -1071607696 DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_INTEGRITYVIOLATION データ値が列の整合性制約に違反しました。
0xC0209071 -1071607695 DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE 状態を示す情報はありません。
0xC0209072 -1071607694 DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE 符号の不一致またはデータのオーバーフロー以外の原因により、データ値を変換できません。
0xC0209073 -1071607693 DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_TRUNCATED データが切り捨てられました。
0xC0209074 -1071607692 DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH データ値は符号付きで、プロバイダーで使用された型は符号なしであったため、変換できませんでした。
0xC0209075 -1071607691 DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW プロバイダーで使用された型ではデータ値がオーバーフローしたので、変換できませんでした。
0xC0209076 -1071607690 DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_SCHEMAVIOLATION データ値がスキーマの制約に違反しました。
0xC0209077 -1071607689 DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE 符号の不一致またはデータのオーバーフロー以外の原因により、データ値を変換できません。
0xC0209078 -1071607688 DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_TRUNCATED データが切り捨てられました。
0xC0209079 -1071607687 DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH データ値は符号付きで、プロバイダーで使用された型は符号なしであったため、変換できませんでした。
0xC020907A -1071607686 DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW プロバイダーで使用された型ではデータ値がオーバーフローしたので、変換できませんでした。
0xC020907B -1071607685 DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE 状態を示す情報はありません。
0xC020907C -1071607684 DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_PERMISSIONDENIED ユーザーにこの列への正しい書き込み権限がありませんでした。
0xC020907D -1071607683 DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_INTEGRITYVIOLATION データ値が整合性制約に違反しています。
0xC020907F -1071607681 DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_CANTCONVERTVALUE 符号の不一致またはデータのオーバーフロー以外の原因により、データ値を変換できません。
0xC0209080 -1071607680 DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_TRUNCATED データが切り捨てられました。
0xC0209081 -1071607679 DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_SIGNMISMATCH データ値は符号付きで、プロバイダーで使用された型は符号なしであったため、変換できませんでした。
0xC0209082 -1071607678 DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_DATAOVERFLOW データ変換で使用された型ではデータ値がオーバーフローしたので、変換できませんでした。
0xC0209083 -1071607677 DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE 状態を示す情報はありません。
0xC0209084 -1071607676 DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE 符号の不一致またはデータのオーバーフロー以外の原因により、データ値を変換できません。
0xC0209085 -1071607675 DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_TRUNCATED データが切り捨てられました。
0xC0209086 -1071607674 DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH データ値は符号付きで、フラット ファイル ソース アダプターで使用された型は符号なしであったため、変換できませんでした。
0xC0209087 -1071607673 DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW フラット ファイル ソース アダプターで使用された型ではデータ値がオーバーフローしたので、変換できませんでした。
0xC020908E -1071607666 DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_UNAVAILABLE 状態を示す情報はありません。
0xC0209090 -1071607664 DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD エラー コード 0x%2!8.8X! により、読み取り用にファイル "%1" を開けませんでした。
0xC0209091 -1071607663 DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD 読み取り用にファイルを開けませんでした。
0xC0209092 -1071607662 DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE エラー コード 0x%2!8.8X! により、書き込み用にファイル "%1" を開けませんでした。
0xC0209093 -1071607661 DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE 書き込み用にファイルを開けませんでした。
0xC0209094 -1071607660 DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_INSERTERCANTREAD ファイルから読み取れませんでした。
0xC0209095 -1071607659 DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_EXTRACTORCANTWRITE ファイルに書き込めませんでした。
0xC0209099 -1071607655 DTS_E_DTPXMLINVALIDPROPERTYARRAYTOOMANYVALUES 配列型のプロパティを解析中に見つかった配列要素が多すぎます。 elementCount は見つかった配列要素の数より小さくなっています。
0xC020909A -1071607654 DTS_E_DTPXMLINVALIDPROPERTYARRAYNOTENOUGHVALUES 配列型のプロパティを解析中に見つかった配列要素が少なすぎます。 elementCount は見つかった配列要素の数より大きくなっています。
0xC020909E -1071607650 DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_FILENOTFOUND 書き込み用にファイル "%1" を開けませんでした。 ファイルが見つかりません。
0xC020909F -1071607649 DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_FILENOTFOUND 書き込み用にファイルを開けませんでした。 ファイルが見つかりません。
0xC02090A0 -1071607648 DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_PATHNOTFOUND 書き込み用にファイル "%1" を開けませんでした。 パスが見つかりません。
0xC02090A1 -1071607647 DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_PATHNOTFOUND 書き込み用にファイルを開けませんでした。 パスが見つかりません。
0xC02090A2 -1071607646 DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_TOOMANYOPENFILES 書き込み用にファイル "%1" を開けませんでした。 開いているファイルが多すぎます。
0xC02090A3 -1071607645 DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_TOOMANYOPENFILES 書き込み用にファイルを開けませんでした。 開いているファイルが多すぎます。
0xC02090A4 -1071607644 DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_ACCESSDENIED 書き込み用にファイル "%1" を開けませんでした。 正しい権限がありません。
0xC02090A5 -1071607643 DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_ACCESSDENIED 書き込み用にファイルを開けませんでした。 正しい権限がありません。
0xC02090A6 -1071607642 DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_FILEEXISTS 書き込み用にファイル "%1" を開けませんでした。 ファイルが存在していて、上書きできません。 AllowAppend プロパティが False で、ForceTruncate プロパティも False に設定されている場合、ファイルが存在することが原因で、このエラーが発生します。
0xC02090A7 -1071607641 DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_FILEEXISTS 書き込み用にファイルを開けませんでした。 ファイルが既に存在していて、上書きできません。 AllowAppend プロパティおよび ForceTruncate プロパティが両方とも False に設定されている場合、ファイルが存在することが原因で、このエラーが発生します。
0xC02090A8 -1071607640 DTS_E_INCORRECTCUSTOMPROPERTYVALUEFOROBJECT %2 のカスタム プロパティ "%1" の値が正しくありません。
0xC02090A9 -1071607639 DTS_E_COLUMNSHAVEINCOMPATIBLEMETADATA 列 "%1" と列 "%2" のメタデータには互換性がありません。
0xC02090AD -1071607635 DTS_E_FILEWRITEERR_DISKFULL ディスクがいっぱいなので、書き込み用にファイル "%1" を開けませんでした。 このファイルを保存するには、ディスク領域が不足しています。
0xC02090AE -1071607634 DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEWRITEERR_DISKFULL ディスクがいっぱいなので、書き込み用にファイルを開けませんでした。
0xC02090B9 -1071607623 DTS_E_TXAGG_SORTKEYGENFAILED エラー 0x%1!8.8X! により、並べ替えキーを生成できませんでした。 ComparisonFlags が有効になっているので、LCMapString を使用して並べ替えキーを生成できませんでした。
0xC02090BA -1071607622 DTS_E_TXCHARMAPLCMAPFAILED 文字列をマップする変換が失敗し、エラー 0x%1!8.8X! が返されました。 LCMapString が失敗しました。
0xC02090BB -1071607621 DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_FILENOTFOUND 読み取り用にファイル "%1" を開けませんでした。 ファイルが見つかりませんでした。
0xC02090BC -1071607620 DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_FILENOTFOUND 読み取り用にファイルを開けませんでした。 ファイルが見つかりませんでした。
0xC02090BD -1071607619 DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_PATHNOTFOUND 読み取り用にファイル "%1" を開けませんでした。 パスが見つかりません。
0xC02090BE -1071607618 DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_PATHNOTFOUND 読み取り用にファイルを開けませんでした。 パスが見つかりませんでした。
0xC02090BF -1071607617 DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_TOOMANYOPENFILES 読み取り用にファイル "%1" を開けませんでした。 開いているファイルが多すぎます。
0xC02090C0 -1071607616 DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_TOOMANYOPENFILES 読み取り用にファイルを開けませんでした。 開いているファイルが多すぎます。
0xC02090C1 -1071607615 DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_ACCESSDENIED 読み取り用にファイル "%1" を開けませんでした。 アクセスが拒否されました。
0xC02090C2 -1071607614 DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_ACCESSDENIED 読み取り用にファイルを開けませんでした。 正しい権限がありません。
0xC02090C3 -1071607613 DTS_E_INSERTERINVALIDBOM ファイル "%1" のバイト順マーク (BOM) 値は 0x%2!4.4X! ですが、予期された値は 0x%3!4.4X! です。 このファイルに対して ExpectBOM プロパティが設定されていましたが、ファイルに BOM 値がないか、無効です。
0xC02090C4 -1071607612 DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_INSERTERINVALIDBOM ファイルのバイト順マーク (BOM) 値が無効です。 このファイルに対して ExpectBOM プロパティが設定されていましたが、ファイルに BOM 値がないか、無効です。
0xC02090C5 -1071607611 DTS_E_NOCOMPONENTATTACHED %1 はコンポーネントにアタッチされていません。 コンポーネントをアタッチする必要があります。
0xC02090C9 -1071607607 DTS_E_TXLOOKUP_INVALIDMAXMEMORYPROP カスタム プロパティ %1 の値が正しくありません。 値には、%2!d! から %3!I64d! までの数値を指定する 必要があります。
0xC02090CA -1071607606 DTS_E_TXAGG_COMPFLAGS_BADAGGREGATIONTYPE カスタム プロパティ "%1" を、この列で選択されている集計の種類に指定することはできません。 比較フラグのカスタム プロパティを指定できるのは、集計の種類がグループ化または個別のカウントの場合のみです。
0xC02090CB -1071607605 DTS_E_TXAGG_COMPFLAGS_BADDATATYPE 比較フラグのカスタム プロパティ "%1" は、データ型が DT_STR または DT_WSTR の列にのみ指定できます。
0xC02090CD -1071607603 DTS_E_TXAGG_AGGREGATION_FAILURE エラー コード 0x%2!8.8X! により、%1 を集計できませんでした。
0xC02090CF -1071607601 DTS_E_MAPPINGSETUPERROR マッピングを設定中にエラーが発生しました。 %1
0xC02090D0 -1071607600 DTS_E_XMLSRCUNABLETOREADXMLDATA %1 は XML データを読み取れませんでした。
0xC02090D1 -1071607599 DTS_E_XMLSRCUNABLETOGETXMLDATAVARIABLE %1 は "%2" プロパティで指定された変数を取得できませんでした。
0xC02090D2 -1071607598 DTS_E_NODATATABLEMATCHROWID %1 に含まれている値 %2 の RowsetID がスキーマのデータ テーブルを参照していません。
0xC02090D6 -1071607594 DTS_E_TXAGG_BADKEYSVALUE プロパティ %1 は空にするか、または %2!u! から %3!u! までの数値を指定する 必要があります。 Keys プロパティまたは CountDistinctKeys プロパティに無効な値が指定されています。 このプロパティには、0 から ULONG_MAX までの数値を指定するか、プロパティ自体を設定しないでください。
0xC02090D7 -1071607593 DTS_E_TXAGG_TOOMANYKEYS 集計コンポーネントにより、個別のキーの組み合わせが多数検出されました。 格納できる個別の値は %1!u! 個 以下です。 メイン ワークスペースに ULONG_MAX を超える個別のキー値があります。
0xC02090D8 -1071607592 DTS_E_TXAGG_TOOMANYCOUNTDISTINCTVALUES 集計コンポーネントにより、個別のカウントの集計を計算中に、個別の値を多数検出しました。 格納できる個別の値は %1!u! 個 未満です。 個別のカウントの集計を計算中に、ULONG_MAX を超える個別の値が検出されました。
0xC02090D9 -1071607591 DTS_E_FAILEDTOWRITETOTHEFILENAMECOLUMN エラー コード 0x%1!8.8X! により、ファイル名列に書き込めませんでした。
0xC02090DC -1071607588 DTS_E_FAILEDTOFINDERRORCOLUMN エラーが発生しましたが、エラー原因の列を特定できません。
0xC02090E3 -1071607581 DTS_E_TXLOOKUP_FAILEDUPGRADE_BAD_VERSION 参照メタデータのバージョンを %1!d! から %2!d! に アップグレードできません。 参照変換は、PerformUpgrade() への呼び出しで、メタデータを既存のバージョン番号からアップグレードできませんでした。
0xC02090E5 -1071607579 DTS_E_TERMEXTRACTIONORLOOKUP_NTEXTSPLITED 文の終了部分が見つかりませんでした。
0xC02090E6 -1071607578 DTS_E_TERMEXTRACTION_EXCEED_MAXWORDNUM 入力テキストに長すぎる文があるので、用語抽出変換で入力テキストを処理できません。 対象の文は、複数の文に分割されます。
0xC02090E7 -1071607577 DTS_E_XMLSRCFAILEDTOCREATEREADER %1 は XML データを読み取れませんでした。 %2
0xC02090F0 -1071607568 DTS_E_TXLOOKUP_REINITMETADATAFAILED 参照変換メソッド ReinitializeMetadata への呼び出しに失敗しました。
0xC02090F1 -1071607567 DTS_E_TXLOOKUP_NOJOINS 参照変換では、参照列に結合された少なくとも 1 つの入力列が必要ですが、指定されていませんでした。 少なくとも 1 つの結合列を指定する必要があります。
0xC02090F2 -1071607566 DTS_E_MANAGEDERR_BADFORMATSPECIFICATION マネージド エラー インフラストラクチャによって通知されているメッセージ文字列に、正しくない書式が含まれています。 これは内部エラーです。
0xC02090F3 -1071607565 DTS_E_MANAGEDERR_UNSUPPORTEDTYPE マネージド エラー インフラストラクチャを使用してメッセージ文字列の書式を設定中に、サポートされていない書式であるバリアント型が見つかりました。 これは内部エラーです。
0xC02090F5 -1071607563 DTS_E_DATAREADERSRCUNABLETOPROCESSDATA %1 はデータを処理できませんでした。 %2
0xC02090F6 -1071607562 DTS_E_XMLSRCEMPTYPROPERTY %2 のプロパティ "%1" が空でした。
0xC02090F7 -1071607561 DTS_E_XMLSRCINVALIDOUTPUTNAME パス "%2" の XML テーブルに名前 "%1" の出力を作成しようとしましたが、この名前は無効なので作成できませんでした。
0xC02090F8 -1071607560 DTS_E_MGDSRC_OVERFLOW 値が大きすぎて、%1 に収まりませんでした。
0xC02090F9 -1071607559 DTS_E_DATAREADERDESTUNABLETOPROCESSDATA %1 はデータを処理できませんでした。
0xC02090FA -1071607558 DTS_E_XMLSRC_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONTRUNCATION "%1" が切り捨ての発生により失敗しました。"%3" の "%2" の切り捨て行の処理により、切り捨てによる失敗が示されます。 ここに示されたコンポーネントの指定のオブジェクトで切り捨てエラーが発生しました。
0xC02090FB -1071607557 DTS_E_XMLSRC_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONERROR エラー コード 0x%2!8.8X! により、"%1" が失敗しました。 "%4" の "%3" のエラー行の処理により、エラーによる失敗が示されます。 ここに示されたコンポーネントの指定のオブジェクトでエラーが発生しました。
0xC0209291 -1071607151 DTS_E_SQLCEDESTSTATIC_FAILEDTOSETVALUES 対象になる SQLCE で行に列の値を設定できませんでした。
0xC0209292 -1071607150 DTS_E_SQLCEDESTSTATIC_FAILEDTOINSERT 対象になる SQLCE で行を挿入できませんでした。
0xC0209293 -1071607149 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_OLEDBERR_LOADCOLUMNMETADATA 列のメタデータを読み込み中に OLEDB エラーが発生しました。
0xC0209294 -1071607148 DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_TOOFEWREFERENCECOLUMNS 参照の参照メタデータに含まれている列が少なすぎます。
0xC0209295 -1071607147 DTS_E_TXSCD_OLEDBERR_LOADCOLUMNMETADATA 列のメタデータを読み込み中に OLEDB エラーが発生しました。
0xC0209296 -1071607146 DTS_E_TXSCD_TOOFEWREFERENCECOLUMNS 参照の参照メタデータに含まれている列が少なすぎます。
0xC0209297 -1071607145 DTS_E_TXSCD_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNINFO メモリを割り当てられません。
0xC0209298 -1071607144 DTS_E_TXSCD_MALLOCERR_BUFFCOL メモリを割り当てられません。
0xC0209299 -1071607143 DTS_E_TXSCD_MAINWORKSPACE_CREATEERR ワークスペース バッファーを作成できません。
0xC020929A -1071607142 DTS_E_DTPXMLDOMCREATEERROR XML DOM ドキュメントのインスタンスを作成できません。MSXML バイナリが正しくインストールおよび登録されていることを確認してください。
0xC020929B -1071607141 DTS_E_DTPXMLDOMLOADERROR 処理用にローカル DOM に XML データを読み込めません。
0xC020929C -1071607140 DTS_E_RSTDESTBADVARIABLETYPE ランタイム変数 "%1" の型が正しくありません。 ランタイム変数の型は、Object である必要があります。
0xC020929E -1071607138 DTS_E_XMLDATAREADERMULTIPLEINLINEXMLSCHEMASNOTSUPPORTED XML ソース アダプターは XML データを処理できませんでした。 インライン スキーマは複数使用できません。
0xC020929F -1071607137 DTS_E_XMLDATAREADERANYTYPENOTSUPPORTED XML ソース アダプターは XML データを処理できませんでした。 要素のコンテンツは anyType として宣言できません。
0xC02092A0 -1071607136 DTS_E_XMLDATAREADERGROUPREFNOTSUPPORTED XML ソース アダプターは XML データを処理できませんでした。 要素内に、グループへの参照 (ref) を含めることはできません。
0xC02092A1 -1071607135 DTS_E_XMLDATAREADERMIXEDCONTENTFORCOMPLEXTYPESNOTSUPPORTED XML ソース アダプターは複合型の混合コンテンツ モデルをサポートしていません。
0xC02092A2 -1071607134 DTS_E_XMLDATAREADERINLINESCHEMAFOUNDINSOURCEXML XML ソース アダプターは XML データを処理できませんでした。 インライン スキーマはソース XML の最初の子ノードである必要があります。
0xC02092A3 -1071607133 DTS_E_XMLDATAREADERNOINLINESCHEMAFOUND XML ソース アダプターは XML データを処理できませんでした。 ソース XML にインライン スキーマはありませんが、"UseInlineSchema" プロパティが True に設定されています。
0xC02092A4 -1071607132 DTS_E_CONNECTIONMANAGERTRANSACTEDANDRETAINEDINBULKINSERT このコンポーネントでは、FastLoad または一括挿入を伴うトランザクション中に接続を保持する接続マネージャーを使用できません。
0xC02092A5 -1071607131 DTS_E_OUTPUTREDIRECTINTRANSACTIONNOTALLOWED %1 は、トランザクション内で接続を使用してエラーにリダイレクトするように設定できません。
0xC02092A6 -1071607130 DTS_E_FOUNDORPHANEDEXTERNALMETADATACOLUMN %1 には対応する入力列または出力列がありません。
0xC02092A9 -1071607127 DTS_E_RAWDESTNOINPUTCOLUMNS ファイルに書き込まれる列が選択されていません。
0xC02092AA -1071607126 DTS_E_RAWDESTBLOBDATATYPE %1 のデータ型が無効です。 データ型が DT_IMAGE、DT_TEXT、および DT_NTEXT の列は、RAW ファイルに書き込めません。
0xC02092AB -1071607125 DTS_E_RAWDESTWRONGEXTERNALMETADATAUSAGE このコンポーネントでは、外部メタデータ コレクションが正しく使用されていません。 既存のファイルを追加または切り捨てている場合、コンポーネントでは外部メタデータを使用する必要があります。 それ以外の場合、外部メタデータは必要ありません。
0xC02092AC -1071607124 DTS_E_RAWDESTMAPPEDINPUTCOLUMN %1 は ID %2!d! の外部メタデータ列にマップされています。 書き込みオプションの値が [常に作成する] に設定されている場合、入力列を外部メタデータ列にマップする必要はありません。
0xC02092AD -1071607123 DTS_E_RAWFILECANTOPENFORMETADATA メタデータを読み取るファイルを開けません。 ファイルが存在しない場合、およびコンポーネントで既に外部メタデータが定義されている場合、"ValidateExternalMetadata" プロパティを "false" に設定できます。ファイルは、実行時に作成されます。
0xC02092AE -1071607122 DTS_E_FAILEDTOACCESSLOBCOLUMN エラー コード 0x%2!8.8X! により、データ ソース列 "%1" のデータ フロー バッファーから LOB データにアクセスできませんでした。
0xC02092AF -1071607121 DTS_E_XMLSRCUNABLETOPROCESSXMLDATA %1 は XML データを処理できませんでした。 %2
0xC02092B0 -1071607120 DTS_E_XMLSRCSTATIC_UNABLETOPROCESSXMLDATA XML ソース アダプターは XML データを処理できませんでした。
0xC02092B1 -1071607119 DTS_E_RAWINVALIDACCESSMODE 値 %1!d! は 有効なアクセス モードとして認識されません。
0xC02092B2 -1071607118 DTS_E_INCOMPLETEDATASOURCECOLUMNFOUND データ ソース列 "%1" の完全なメタデータ情報が使用できません。 列がデータ ソースで正しく定義されていることを確認してください。
0xC02092B3 -1071607117 DTS_E_TXAUDIT_ONLYSTRINGLENGTHCHANGEALLOWED [ユーザー名] 列、[パッケージ名] 列、[タスク名] 列、および [コンピューター名] 列の長さだけを変更できます。 他の監査列データ型情報は読み取り専用です。
0xC02092B4 -1071607116 DTS_E_ROWSETUNAVAILABLE この SQL コマンドに基づく行セットが、OLE DB プロバイダーによって返されませんでした。
0xC02092B5 -1071607115 DTS_E_COMMITFAILED コミットに失敗しました。
0xC02092B6 -1071607114 DTS_E_USEBINARYFORMATREQUIRESANSIFILE カスタム プロパティ "%1" (%2 上) は ANSI ファイルでのみ使用できます。
0xC02092B7 -1071607113 DTS_E_USEBINARYFORMATREQUIRESBYTES カスタム プロパティ "%1" (%2 上) は DT_BYTES でのみ使用できます。
0xC0209302 -1071607038 DTS_E_OLEDB_NOPROVIDER_ERROR SSIS エラー コード DTS_E_OLEDB_NOPROVIDER_ERROR。 要求された OLE DB プロバイダー %2 は登録されていません。 エラー コード:0x%1!8.8X!。
0xC0209303 -1071607037 DTS_E_OLEDB_NOPROVIDER_64BIT_ERROR SSIS エラー コード DTS_E_OLEDB_NOPROVIDER_64BIT_ERROR。 要求された OLE DB プロバイダー %2 は登録されていません。使用できる 64 ビット プロバイダーが存在しない可能性があります。 エラー コード: 0x%1!8.8X!。
0xC0209306 -1071607034 DTS_E_MULTICACHECOLMAPPINGS キャッシュ列 "%1" が複数の列にマップされています。 重複する列マッピングを削除してください。
0xC0209307 -1071607033 DTS_E_COLNOTMAPPEDTOCACHECOL %1 は有効なキャッシュ列にマップされていません。
0xC0209308 -1071607032 DTS_E_CACHECOLDATATYPEINCOMPAT 入力列 "%1" とキャッシュ列 "%2" は、データ型が一致しないため、マップすることができません。
0xC0209309 -1071607031 DTS_E_INCORRECTINPUTCACHECOLCOUNT 入力列の数がキャッシュ列の数と一致しません。
0xC020930A -1071607030 DTS_E_INVALIDCACHEFILENAME キャッシュ ファイル名が指定されていないか、無効です。 有効なキャッシュ ファイル名を指定してください。
0xC020930B -1071607029 DTS_E_CACHECOLINDEXPOSMISMATCH 列 "%1" のインデックス位置がキャッシュ接続マネージャーの列 "%2" のインデックス位置と異なります。
0xC020930C -1071607028 DTS_E_FAILEDTOLOADCACHE ファイル "%1" からキャッシュを読み込むことができませんでした。
0xC020930D -1071607027 DTS_E_TXLOOKUP_REFCOLUMNISNOTINDEX 参照入力列 %1 はインデックス以外のキャッシュ列 %2 を参照します。
0xC020930E -1071607026 DTS_E_FAILEDTOGETCONNECTIONSTRING 接続文字列を取得できませんでした。
0xC020930F -1071607025 DTS_E_CACHECOLDATATYPEPROPINCOMPAT 入力列 "%1" とキャッシュ列 "%2" をマップできません。1 つ以上のデータ型のプロパティが一致していません。
0xC0209311 -1071607023 DTS_E_CACHECOLUMNOTFOUND キャッシュ列 "%1" がキャッシュに見つかりませんでした。
0xC0209312 -1071607022 DTS_E_CACHECOLUMNMAPPINGFAILED %1 をキャッシュ列にマップできませんでした。 hresult は 0x%2!8.8X! です。
0xC0209313 -1071607021 DTS_E_CACHELOADEDFROMFILE キャッシュは %2 によってファイルから読み込まれているため、%1 が書き込むことはできません。
0xC0209314 -1071607020 DTS_E_CACHERELOADEDDIFFERENTFILES キャッシュは既にファイル "%3" から読み込まれているため、%1 がファイル "%2" から読み込むことはできません。
0xC0209316 -1071607018 DTS_E_OUTPUTNOTUSED 集計コンポーネントの出力 (ID %1!d!) が どのコンポーネントでも使用されていません。 この出力を削除するか、いずれかのコンポーネントの入力に関連付けてください。
0xC0209317 -1071607017 DTS_E_CACHEFILEWRITEFAILED %1 がファイル "%2" にキャッシュを書き込めませんでした。 hresult は 0x%3!8.8X! です。
0xC0209318 -1071607016 DTS_E_XMLDATATYPECHANGED 要素 "%2" で、"%1" の XML スキーマ データ型情報が変更されています。 このコンポーネントのメタデータを再度初期化して、列マッピングを確認してください。
0xC0209319 -1071607015 DTS_E_TXLOOKUP_UNUSEDINPUTCOLUMN %1 は、結合またはコピーで使用されていません。 入力列の一覧から未使用の列を削除してください。
0xC020931A -1071607014 DTS_E_SORTSTACKOVERFLOW 入力バッファーの並べ替え中に、スタック オーバーフローによって並べ替えが失敗しました。 データ フロー タスクの DefaultBufferMaxRows プロパティを小さくしてください。
0xC020F42A -1071582166 DTS_E_OLEDB_OLDPROVIDER_ERROR 接続文字列の PROVIDER を %1 に変更することを検討するか、 https://www.microsoft.com/downloads にアクセスして %2 のサポートを探しインストールしてください。
DTS_E_INITTASKOBJECTFAILED タスク オブジェクトを初期化できませんでした。タスク "%1!s!"、型 "%2!s!"。エラー: 0x%3!8.8X! %4!s!"。
DTS_E_GETRTINTERFACEFAILED COM コンポーネント カテゴリ マネージャーを作成できませんでした。エラー: 0x%1!8.8X! "%2!s!"。
DTS_E_COMPONENTINITFAILED エラー 0x%2!8.8X! " %3!s!" によって コンポーネント %1!s! の初期化に失敗しました 。

警告メッセージ

Integration Services の警告メッセージのシンボル名は、 DTS_W_ で始まります。

16 進コード 10 進コード シンボル名 説明
0x80000036 -2147483594 DTS_W_COUNTDOWN 評価期間は あと %1!lu! 日間残っています。 評価期間が終了すると、パッケージを実行できなくなります。
0x80010015 -2147418091 DTS_W_GENERICWARNING 警告が発生しました。 この警告の前に、より具体的な警告が発生しており、その警告で詳細が説明されています。
0x80012010 -2147409904 DTS_W_FAILEDXMLDOCCREATION XML ドキュメント オブジェクト インスタンスを作成できません。 MSXML がインストールされていて、正しく登録されていることを確認してください。
0x80012011 -2147409903 DTS_W_FAILEDCONFIGLOAD XML 構成ファイルを読み込めません。 XML 構成ファイルの形式が正しくないか、無効である可能性があります。
0x80012012 -2147409902 DTS_W_CONFIGFILENAMEINVALID 構成ファイルの名前 "%1" が無効です。 構成ファイルの名前を確認してください。
0x80012013 -2147409901 DTS_W_CONFIGFILEINVALID 構成ファイルは読み込まれましたが、無効です。 ファイルの形式が正しくありません。要素がないか、破損しています。
0x80012014 -2147409900 DTS_W_CONFIGFILENOTFOUND 構成ファイル "%1" が見つかりません。 ディレクトリとファイル名を確認してください。
0x80012015 -2147409899 DTS_W_CONFIGKEYNOTFOUND 構成レジストリ キー "%1" が見つかりませんでした。 構成エントリで使用できないレジストリ キーが指定されました。 レジストリにキーが存在することを確保してください。
0x80012016 -2147409898 DTS_W_CONFIGTYPEINVALID 構成エントリに、無効な構成の種類が含まれていました。 有効な種類は DTSConfigurationType 列挙の一覧に記載されています。
0x80012017 -2147409897 DTS_W_CANNOTFINDOBJECT パッケージ パスで参照されたオブジェクト "%1" が見つかりません。 これは、見つからないオブジェクトのパッケージ パスを解決しようとした場合に発生します。
0x80012018 -2147409896 DTS_W_CONFIGFORMATINVALID_PACKAGEDELIMITER 構成エントリ "%1" は、パッケージ区切り記号で開始されていないため、形式が正しくありません。 >パッケージ パスの先頭に "\package" を追加してください。
0x80012019 -2147409895 DTS_W_CONFIGFORMATINVALID 構成エントリ "%1" の形式が正しくありませんでした。 これは、区切り記号がないか、配列の区切り記号が無効であるなどの形式エラーが原因で発生する可能性があります。
0x8001201A -2147409894 DTS_W_NOPARENTVARIABLES 親変数のコレクションがなかったので、親変数 "%1" からの構成が行われませんでした。
0x8001201B -2147409893 DTS_W_CONFIGFILEFAILEDIMPORT 次の構成ファイルをインポート中にエラーが発生しました: "%1"。
0x8001201C -2147409892 DTS_W_PARENTVARIABLENOTFOUND 親変数がなかったので、親変数 "%1" からの構成が行われませんでした。 エラー コード:0x%2!8.8X!。
0x8001201D -2147409891 DTS_W_CONFIGFILEEMPTY 構成ファイルは空であり、構成エントリが含まれていませんでした。
0x80012023 -2147409885 DTS_W_INVALIDCONFIGURATIONTYPE 構成 "%1" の構成の種類が無効です。 これは、構成オブジェクトの種類プロパティを無効な構成の種類に設定しようとしたときに発生することがあります。
0x80012025 -2147409883 DTS_W_REGISTRYCONFIGURATIONTYPENOTFOUND レジストリ構成の構成の種類が、キー "%1" に見つかりませんでした。 レジストリ キーに ConfigType という値を追加し、"Variable"、"Property"、"ConnectionManager"、"LoggingProvider"、"ForEachEnumerator" のいずれかの文字列値を設定してください。
0x80012026 -2147409882 DTS_W_REGISTRYCONFIGURATIONVALUENOTFOUND レジストリ構成の構成値が、キー "%1" に見つかりませんでした。 種類が DWORD または文字列のレジストリ キーに Value という値を追加してください。
0x80012028 -2147409880 DTS_W_PROCESSCONFIGURATIONFAILEDSET プロセス構成は、パッケージ パス "%1" で対象を設定できませんでした。 これは、対象になるプロパティまたは変数の設定に失敗したときに発生します。 対象になるプロパティまたは変数を確認してください。
0x80012032 -2147409870 DTS_W_CONFIGUREDVALUESECTIONEMPTY .ini ファイルから値を取得できませんでした。 ConfiguredValue セクションが空であるか、または存在しません: "%1"。
0x80012033 -2147409869 DTS_W_CONFIGUREDTYPESECTIONEMPTY .ini ファイルから値を取得できませんでした。 ConfiguredType セクションが空であるか、または存在しません: "%1"。
0x80012034 -2147409868 DTS_W_PACKAGEPATHSECTIONEMPTY .ini ファイルから値を取得できませんでした。 PackagePath セクションが空であるか、または存在しません: "%1"。
0x80012035 -2147409867 DTS_W_CONFIGUREDVALUETYPE .ini ファイルから値を取得できませんでした。 ConfiguredValueType セクションが空であるか、または存在しません: "%1"。
0x80012051 -2147409839 DTS_W_SQLSERVERFAILEDIMPORT 構成が SQL Server から正常にインポートされませんでした: "%1"。
0x80012052 -2147409838 DTS_W_INICONFIGURATIONPROBLEM .ini 構成ファイルは、空白フィールドまたは見つからないフィールドがあるので無効です。
0x80012054 -2147409836 DTS_W_NORECORDSFOUNDINTABLE テーブル "%1" には構成用のレコードがありません。 これは、構成用のレコードが存在しない SQL Server テーブルから構成を行った場合に発生します。
0x80012055 -2147409835 DTS_W_DUPLICATECUSTOMEVENT 異なるカスタム イベントに同じ名前を使用しているエラーが発生しました。 カスタム イベント "%1" は、このコンテナーの異なる子によって別々に定義されました。 イベント ハンドラーの実行時にエラーが発生する可能性があります。
0x80012057 -2147409833 DTS_W_CONFIGREADONLYVARIABLE 構成により、読み取り専用の変数を変更しようとしました。 変数はパッケージ パス "%1" にあります。
0x80012058 -2147409832 DTS_W_CONFIGPROCESSCONFIGURATIONFAILED パッケージの ProcessConfiguration を呼び出すことができませんでした。 構成により、パッケージ パス "%1" のプロパティを変更しようとしました。
0x80012059 -2147409831 DTS_W_ONEORMORECONFIGLOADFAILED パッケージの少なくとも 1 つの構成エントリを読み込めませんでした。 "%1" の構成エントリとそれ以前に発生した警告を確認して、読み込めなかった構成に関する説明を参照してください。
0x8001205A -2147409830 DTS_W_CONFIGNODEINVALID 構成ファイルの構成エントリ "%1" が無効であるか、変数を構成できませんでした。 名前は問題のあるエントリを示します。 ただし、名前がわからない場合もあります。
0x80014058 -2147401640 DTS_W_FAILURENOTRESTARTABLE このタスクまたはコンテナーが失敗しましたが、FailPackageOnFailure プロパティが False なのでパッケージの処理は続行されます。 この警告は、パッケージの SaveCheckpoints プロパティが True で、タスクまたはコンテナーが失敗した場合に通知されます。
0x80017101 -2147389183 DTS_W_EMPTYPATH パスが空です。
0x80019002 -2147381246 DTS_W_MAXIMUMERRORCOUNTREACHED SSIS 警告コード DTS_W_MAXIMUMERRORCOUNTREACHED。 Execution メソッドは成功しましたが、発生したエラーの数 (%1!d!) が最大許容値 (%2!d!) に達したため、処理が失敗しました。 これは、エラーの数が MaximumErrorCount で指定された数値に達した場合に発生します。 MaximumErrorCount を変更するか、エラーを解決してください。
0x80019003 -2147381245 DTS_W_CONFIGENVVARNOTFOUND 構成の環境変数が見つかりませんでした。 環境変数: "%1"。 これは、パッケージにより構成を設定するための環境変数が指定されていても、この変数を検出できなかった場合に発生します。 パッケージの構成コレクションを調べて、指定された環境変数が使用可能で有効であることを確認してください。
0x80019316 -2147380458 DTS_W_CONNECTIONPROVIDERCHANGE 接続マネージャー "%1" のプロバイダー名が "%2" から "%3" に変更されました。
0x80019317 -2147380457 DTS_W_READEXTMAPFAILED アップグレード マッピング ファイルの読み取り中に例外が発生しました。 例外: "%1"。
0x80019318 -2147380456 DTS_W_DUPLICATEMAPPINGKEY ファイル "%1" に重複するマッピングがあります。 タグ: "%2"、キー: "%3"。
0x80019319 -2147380455 DTS_W_IMPLICITUPGRADEMAPPING 拡張機能 "%1" は "%2" へ暗黙的にアップグレードされました。 この拡張機能のマッピングを UpgradeMappings ディレクトリに追加してください。
0x8001931A -2147380454 DTS_W_INVALIDEXTENSIONMAPPING ファイル "%1" のマッピングは無効です。 値を NULL または空にすることはできません。 タグ: "%2"、キー: "%3"、値: "%4"。
0x8001931C -2147380452 DTS_W_ADOCONNECTIONDATATYPECOMPATCHANGE ADO 型の接続マネージャー "%1" の DataTypeCompatibility プロパティは、旧バージョンとの互換性のために 80 に設定されました。
0x8001C004 -2147368956 DTS_W_FILEENUMEMPTY For Each File 列挙子が空です。 For Each File 列挙子が、ファイルのパターンに一致するファイルを見つけられなかったか、または指定されたディレクトリが空でした。
0x8001F02F -2147356625 DTS_W_COULDNOTRESOLVEPACKAGEPATH パッケージ "%1" のオブジェクトへのパッケージ パスを解決できません。 パッケージ パスが有効であることを確認してください。
0x8001F203 -2147356157 DTS_W_ITERATIONEXPRESSIONISNOTASSIGNMENT 反復式が代入式ではありません: "%1"。 このエラーは、通常 ForLoop の代入式の式が代入式ではない場合に発生します。
0x8001F204 -2147356156 DTS_W_INITIALIZATIONEXPRESSIONISNOTASSIGNMENT 初期化式が代入式ではありません: "%1"。 このエラーは、通常 ForLoop の反復式の式が代入式ではない場合に発生します。
0x8001F205 -2147356155 DTS_W_LOGPROVIDERNOTDEFINED 実行可能ファイル "%1" は正常に貼り付けられました。 ただし、この実行可能ファイルに関連付けられたログ プロバイダーがコレクション "LogProviders" に見つかりませんでした。 この実行可能ファイルは、ログ プロバイダー情報なしで貼り付けられました。
0x8001F300 -2147355904 DTS_W_PACKAGEUPGRADED パッケージのアップグレードに成功しました。
0x8001F42B -2147355605 DTS_W_LEGACYPROGID "%1" ProgID は非推奨とされます。 代わりに、このコンポーネント "%2" の新しい ProgID を使用してください。
0x80020918 -2147350248 DTS_W_FTPTASK_OPERATIONFAILURE 操作 "%1" に失敗しました。
0x800283A5 -2147318875 DTS_W_MSMQTASK_USE_WEAK_ENCRYPTION 暗号化アルゴリズム "%1" には、弱い暗号が使われています。
0x80029164 -2147315356 DTS_W_FSTASK_OPERATIONFAILURE タスクが操作 "%1" を実行できませんでした。
0x80029185 -2147315323 DTS_W_EXECPROCTASK_FILENOTINPATH ファイル/プロセス "%1" がパス上にありません。
0x800291C6 -2147315258 DTS_W_SENDMAILTASK_SUBJECT_MISSING 件名が空です。
0x800291C7 -2147315257 DTS_W_SENDMAILTASK_ERROR_IN_TO_LINE [宛先] 行に指定されたアドレスの形式が正しくありません。 "\@" 記号がないか、無効です。
0x800291C8 -2147315256 DTS_W_SENDMAILTASK_AT_MISSING_IN_FROM [差出人] 行に指定されたアドレスの形式が正しくありません。 "\@" 記号がないか、無効です。
0x8002927A -2147315078 DTS_W_XMLTASK_DIFFFAILURE 2 つの XML ドキュメントが異なっています。
0x8002928C -2147315060 DTS_W_XMLTASK_DTDVALIDATIONWARNING DTD の検証には、XML ドキュメント内の DOCTYPE 行で定義されている DTD ファイルが使用されます。 プロパティ "%1" に割り当てられているものは使用されません。
0x8002928D -2147315059 DTS_W_XMLTASK_VALIDATIONFAILURE タスクが "%1" を検証できませんでした。
0x80029291 -2147315055 DTS_W_TRANSFERDBTASK_ACTIONSETTOCOPY 転送アクションの値が無効です。 コピーするように設定されています。
0x80029292 -2147315054 DTS_W_TRANSFERDBTASK_METHODSETTOONLINE 転送方法の値が無効です。 オンライン転送に設定されています。
0x8002F304 -2147290364 DTS_W_PROBLEMOCCURREDWITHFOLLOWINGMESSAGE 問題が次のメッセージで発生しました: "%1"。
0x8002F322 -2147290334 DTS_W_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGEALREADYEXISTS エラー メッセージ "%1" は、既に転送先サーバーに存在します。
0x8002F331 -2147290319 DTS_W_JOBSTASK_JOBEXISTSATDEST ジョブ "%1" は、既に転送先サーバーに存在します。
0x8002F332 -2147290318 DTS_W_JOBSTASK_SKIPPINGJOBEXISTSATDEST ジョブ "%1" は転送先に既に存在するので、転送をスキップしています。
0x8002F333 -2147290317 DTS_W_JOBSTASK_OVERWRITINGJOB 転送先のサーバーでジョブ "%1" を上書きしています。
0x8002F339 -2147290311 DTS_W_LOGINSTASK_ENUMVALUEINCORRECT プロパティ "FailIfExists" の保存された列挙値が変更され、無効になりました。 既定値にリセットしています。
0x8002F343 -2147290301 DTS_W_LOGINSTASK_OVERWRITINGLOGINATDEST 転送先でログイン "%1" を上書きしています。
0x8002F356 -2147290282 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_SPALREADYATDEST ストアド プロシージャ "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F360 -2147290272 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_RULEALREADYATDEST ルール "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F364 -2147290268 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_TABLEALREADYATDEST テーブル "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F368 -2147290264 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_VIEWALREADYATDEST ビュー "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F372 -2147290254 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_UDFALREADYATDEST ユーザー定義関数 "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F376 -2147290250 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_DEFAULTALREADYATDEST 既定値 "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F380 -2147290240 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_UDDTALREADYATDEST ユーザー定義データ型 "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F384 -2147290236 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_PFALREADYATDEST パーティション関数 "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F388 -2147290232 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_PSALREADYATDEST パーティション構成 "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F391 -2147290223 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_SCHEMAALREADYATDEST スキーマ "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F396 -2147290218 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_SQLASSEMBLYALREADYATDEST SqlAssembly "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F400 -2147290112 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_AGGREGATEALREADYATDEST ユーザー定義集計 "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F404 -2147290108 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_TYPEALREADYATDEST ユーザー定義型 "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F408 -2147290104 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_XMLSCHEMACOLLECTIONALREADYATDEST XmlSchemaCollection "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F412 -2147290094 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_NOELEMENTSPECIFIEDTOTRANSFER 転送するように指定された要素はありません。
0x8002F415 -2147290091 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_LOGINALREADYATDEST ログイン "%1" は、既に転送先に存在します。
0x8002F41A -2147290086 DTS_W_TRANSOBJECTSTASK_USERALREADYATDEST ユーザー "%1" は、既に転送先に存在します。
0x80047007 -2147192825 DTS_W_NOLINEAGEVALIDATION 実行ツリーに循環参照が含まれているので、入力列の系列 ID を検証できません。
0x80047034 -2147192780 DTS_W_EMPTYDATAFLOW DataFlow タスクにはコンポーネントがありません。 コンポーネントを追加するか、タスクを削除してください。
0x80047069 -2147192727 DTS_W_SORTEDOUTPUTHASNOSORTKEYPOSITIONS %1 の IsSorted プロパティは True に設定されていますが、すべての出力列の SortKeyPositions が 0 に設定されています。
0x8004706F -2147192721 DTS_W_SOURCEREMOVED データ フロー タスクの外部に表示されるデータがないので、基になる "%1" (%2!d!) は読み取られません。
0x80047076 -2147192714 DTS_W_UNUSEDOUTPUTDATA 出力 "%3" (%4!d!) とコンポーネント "%5" (%6!d!) の出力列 "%1" (%2!d!) は、その後のデータ フロー タスクで使用されません。 >この使用されない出力列を削除すると、データ フロー タスクのパフォーマンスが向上する可能性があります。
0x800470AE -2147192658 DTS_W_COMPONENTREMOVED コンポーネント "%1" (%2!d!) は、出力が使用されておらず、入力に副作用がないか入力が他のコンポーネントの出力に接続されていないので、データ フロー タスクから削除されました。 このコンポーネントが必要な場合は、少なくとも 1 つの入力の HasSideEffects プロパティを True に設定するか、または出力を任意のオブジェクトに接続する必要があります。
0x800470B0 -2147192656 DTS_W_NOWORKTODO スレッドに行が渡されましたが、そのスレッドには実行する処理がありません。 レイアウトには切断された出力があります。 RunInOptimizedMode プロパティを True に設定したパイプラインは、実行時間が短く、この警告を解消できます。
0x800470C8 -2147192632 DTS_W_EXTERNALMETADATACOLUMNSOUTOFSYNC %1 の外部列は、データ ソースの列と同期が取れていません。 %2
0x800470C9 -2147192631 DTS_W_EXTERNALMETADATACOLUMNCOLLECTIONNEEDSADDITION 外部列に列 "%1" を追加する必要があります。
0x800470CA -2147192630 DTS_W_EXTERNALMETADATACOLUMNCOLLECTIONNEEDSUPDATE 外部列 "%1" を更新する必要があります。
0x800470CB -2147192629 DTS_W_EXTERNALMETADATACOLUMNCOLLECTIONNEEDSREMOVAL 外部列から %1 を削除する必要があります。
0x800470D8 -2147192616 DTS_W_EXPREVALPOTENTIALSTRINGTRUNCATION 式 "%1" の結果文字列は、最大文字数の %2!d! 文字を超えた場合に切り捨てられることが 超えています。 この式では、結果値が DT_WSTR 型の最大サイズを超える可能性があります。
0x800470E9 -2147192599 DTS_W_COMPONENTLEAKPROCESSINPUT %2 の入力 %1!d! に対する ProcessInput メソッドへの呼び出しで、 メソッドに渡されたバッファーへの参照が予期せず保持されました。 呼び出し前のそのバッファーの参照カウントは %3!d! で、 呼び出しが返された後に %4!d! に なりました。
0x800470EB -2147192597 DTS_W_EXPREVALUNREFERENCEDINPUTCOLUMN "%2" の "%1" の使用法の種類は READONLY ですが、式によって参照されていません。 使用できる入力列の一覧からその列を削除するか、式でその列を参照してください。
0x8004801E -2147188706 DTS_W_COULDNOTFINDCURRENTVERSION コンポーネント %2 の "%1" 値が見つかりません。 コンポーネントの CurrentVersion 値が見つかりません。 このエラーは、DTSInfo セクションに CurrentVersion 値を含むようにコンポーネントのレジストリ情報が設定されていない場合に発生します。 このメッセージは、コンポーネントが正しく登録されていない状態で、コンポーネントを開発していたり、コンポーネントをパッケージで使用したりしている場合に表示されます。
0x80049300 -2147183872 DTS_W_BUFFERGETTEMPFILENAME バッファー マネージャーは一時ファイルの名前を取得できませんでした。
0x80049301 -2147183871 DTS_W_UNUSABLETEMPORARYPATH バッファー マネージャーはパス "%1" に一時ファイルを作成できませんでした。 このパスは一時保存域として再度見なされることはありません。
0x80049304 -2147183868 DTS_W_DF_PERFCOUNTERS_DISABLED 警告: パフォーマンス DLL と通信するためのグローバル共有メモリを開けなかったため、データ フロー パフォーマンス カウンターは使用できません。 解決するには、このパッケージを管理者として実行するか、システムのコンソールで実行してください。
0x8020200F -2145378289 DTS_W_PARTIALROWFOUNDATENDOFFILE ファイルの末尾に不完全な行があります。
0x8020202B -2145378261 DTS_W_ENDOFFILEREACHWHILEREADINGHEADERROWS ヘッダー行の読み取り中に、データ ファイルの末尾に到達しました。 ヘッダー行の区切り記号とスキップするヘッダー行数が正しいことを確認してください。
0x80202066 -2145378202 DTS_W_CANTRETRIEVECODEPAGEFROMOLEDBPROVIDER OLE DB プロバイダーから列コード ページ情報を取得できません。 コンポーネントで "%1" プロパティがサポートされている場合は、そのプロパティのコード ページを使用します。 現在の文字列のコード ページの値が正しくない場合は、プロパティの値を変更してください。 コンポーネントでこのプロパティがサポートされていない場合は、コンポーネントのロケール ID のコード ページを使用します。
0x802020F7 -2145378057 DTS_W_TXSORTSORTISTHESAME データは指定どおりに既に並べ替えられているので、変換を削除できます。
0x8020400D -2145370099 DTS_W_NOPIPELINEDATATYPEMAPPINGAVAILABLE %1 から、データ フロー タスクのデータ型にマップできない外部のデータ型を参照しています。 データ フロー タスクのデータ型 DT_WSTR が代用されます。
0x802070CC -2145357620 DTS_W_STATICTRUNCATIONINEXPRESSION 式 "%1" では、常にデータの切り捨てが行われます。 この式には、静的な切り捨て (固定値の切り捨て) が含まれています。
0x8020820C -2145353204 DTS_W_UNMAPPEDINPUTCOLUMN インデックス %3!d! にある ID %2!d! の 入力列 "%1" は マップ解除されています。 この列の系列 ID は 0 です。
0x80208305 -2145352955 DTS_W_TXFUZZYLOOKUP_DELIMITERS_DONT_MATCH 指定された区切り記号が、既存の一致インデックス "%1" を構築するために使用された区切り記号と一致しません。 このエラーは、フィールドのトークン作成に使用された区切り記号が一致しない場合に発生します。 照合の動作や結果に未知の影響が出る可能性があります。
0x80208308 -2145352952 DTS_W_TXFUZZYLOOKUP_MAXRESULTS_IS_ZERO あいまい参照変換の MaxOutputMatchesPerInput プロパティは 0 です。 結果は生成されません。
0x80208310 -2145352944 DTS_W_TXFUZZYLOOKUP_NO_FUZZY_JOIN_COLUMNS JoinType 列のプロパティが Fuzzy に設定された、有効な入力列がありませんでした。 FuzzyLookup の代わりに参照変換を使用すると、完全結合のパフォーマンスが向上する可能性があります。
0x8020831C -2145352932 DTS_W_TXFUZZYLOOKUP_TIMESTAMPCAVEAT 参照列 "%1" が SQL timestamp 列になっている可能性があります。 あいまい一致インデックスが構築され、参照テーブルのコピーが作成されるときに、すべての参照テーブルのタイムスタンプにコピー時のテーブルの状態が反映されます。 CopyReferenceTable を False に設定している場合は、予期しない動作が発生することがあります。
0x80208321 -2145352927 DTS_W_MATCHINDEXALREADYEXISTS MatchIndexName に指定された名前 '%1' を持つテーブルが既に存在し、DropExistingMatchIndex が False に設定されています。 このテーブルが削除されるか、別の名前が指定されるか、または DropExistingMatchIndex が True に設定されない限り、変換の実行は失敗します。
0x8020832B -2145352917 DTS_W_TXFUZZYLOOKUP_JOINLENGTHMISMATCH 入力列 '%1' の長さは、比較対照の参照列 '%2' の長さと異なります。
0x8020832D -2145352915 DTS_W_TXFUZZYLOOKUP_CODEPAGE_MISMATCH 基になる DT_STR 列 "%1" と対象になる DT_STR 列 "%2" のコード ページが一致していないため、 予期しない結果が生じる可能性があります。
0x8020832E -2145352914 DTS_W_FUZZYLOOKUP_TOOMANYEXACTMATCHCOLUMNS 完全一致結合が 17 個以上あるため、パフォーマンスが最適でない可能性があります。 完全一致結合の数を減らして、パフォーマンスを向上させてください。 SQL Server には、各インデックスに保持できる列は 16 列までという制限があるので、すべての参照に反転されたインデックスが使用されます。
0x80208350 -2145352880 DTS_W_FUZZYLOOKUP_MEMLIMITANDEXHAUSTIVESPECIFIED Exhaustive オプションを使用すると、参照全体がメイン メモリに読み込まれます。 メモリ制限が MaxMemoryUsage プロパティに指定されているので、参照テーブル全体がこの制限内に収まらなかったり、実行時に一致操作が失敗したりする可能性があります。
0x80208351 -2145352879 DTS_W_FUZZYLOOKUP_EXACTMATCHCOLUMNSEXCEEDBYTELIMIT 完全一致結合で指定した列の累積長が、インデックス キーの制限値である 900 バイトを超えました。 あいまい参照では、参照のパフォーマンスを向上させるため、完全一致列にインデックスが作成されますが、このインデックスの作成に失敗したり、一致する列の参照に別の低速な検索方法が使用されたりする場合があります。 パフォーマンスを向上させる必要がある場合は、いくつかの完全一致の結合列を削除するか、完全一致列の可変長の最大値を小さくしてください。
0x80208352 -2145352878 DTS_W_FUZZYLOOKUP_EXACTMATCHINDEXCREATIONFAILED 完全一致列にインデックスを作成できませんでした。 代替のあいまい参照方法に戻しています。
0x80208353 -2145352877 DTS_W_FUZZYGROUPINGINTERNALPIPELINEWARNING 警告コード 0x%1!8.8X! により、次のあいまいグループ化の内部パイプライン警告が発生しました: "%2"。
0x80208375 -2145352843 DTS_W_XMLSRCOUTPUTCOLUMNLENGTHSETTODEFAULT %1 の最大長が外部のデータ型 %2 で指定されませんでした。 長さ %4!d! の SSIS データ フロー タスクのデータ型 "%3" が 使用されます。
0x80208376 -2145352842 DTS_W_XMLSRCOUTPUTCOLUMNDATATYPEMAPPEDTOSTRING %1 から、SSIS データ フロー タスクのデータ型にマップできない外部のデータ型 %2 を参照しています。 代わりに、長さ %3!d! の SSIS データ フロー タスクのデータ型 DT_WSTR が 使用されます。
0x80208385 -2145352827 DTS_W_NOREDIRECTWITHATTACHEDERROROUTPUTS エラー出力に行が送信されません。 エラー出力に行をリダイレクトするようにエラーまたは切り捨て処理を構成するか、エラー出力にアタッチされるデータ フロー変換または変換先を削除してください。
0x80208386 -2145352826 DTS_W_REDIRECTWITHNOATTACHEDERROROUTPUTS エラー出力に送信される行は失われます。 新しいデータ フロー変換または変換先を追加してエラー行を受け取るか、エラー出力への行のリダイレクトを停止するようにコンポーネントを再構成してください。
0x80208391 -2145352815 DTS_W_XMLSRCOUTPUTCOLUMNLENGTHSETTOMAXIMUM %1 (外部のデータ型 %2) に、XML スキーマで maxLength 制約 %3!d! が指定されています。これは最大許容列長の %4!d! を超えています。 長さ %6!d! の SSIS データ フロー タスクのデータ型 "%5" が 使用されます。
0x802090E4 -2145349404 DTS_W_TXLOOKUP_DUPLICATE_KEYS 参照データをキャッシュしているときに、%1 により重複した参照キー値が検出されました。 このエラーはフル キャッシュ モードの場合にだけ発生する可能性があります。 >重複したキーの値を削除するか、キャッシュ モードを PARTIAL または NO_CACHE に変更してください。
0x802092A7 -2145348953 DTS_W_POTENTIALTRUNCATIONFROMDATAINSERTION 長さ %2!d! のデータ フロー列 "%1" から、長さ %4!d! のデータベース列 "%3" にデータを挿入することにより、 切り捨てが行われる可能性があります。
0x802092A8 -2145348952 DTS_W_POTENTIALTRUNCATIONFROMDATARETRIEVAL 長さ %2!d! のデータベース列 "%1" から、長さ %4!d! のデータ フロー列 "%3" にデータを取得することにより、 切り捨てが行われる可能性があります。
0x802092AA -2145348950 DTS_W_ADODESTBATCHNOTSUPPORTEDFORERRORDISPOSITION バッチ モードは、現在、エラー行の処理の使用時にサポートされていません。 BatchSize プロパティには 1 が設定されます。
0x802092AB -2145348949 DTS_W_ADODESTNOROWSINSERTED 行が変換先に正常に挿入されませんでした。 これは、列間のデータ型の不一致、または ADO.NET プロバイダーでサポートされていないデータ型の使用が原因である可能性があります。 このコンポーネントのエラー処理は "エラー コンポーネント" ではないため、ここではエラー メッセージが表示されません。エラー メッセージを表示するには、エラー処理を "エラー コンポーネント" に設定してください。
0x802092AC -2145348948 DTS_W_ADODESTPOTENTIALDATALOSS データ型 "%2" の入力列 "%1" のデータをデータ型 "%4" の外部列 "%3" に挿入することにより、データが失われる可能性があります。 この操作を意図している場合、変換を行う別の方法として、ADO NET 変換先コンポーネントの前にデータ変換コンポーネントを使用するという方法もあります。
0x802092AD -2145348947 DTS_W_ADODESTEXTERNALCOLNOTMATCHSCHEMACOL %1 はデータベース列と同期が取れていません。 最新の列には %2 があります。 必要に応じて、詳細エディターを使用し、使用できる変換先列を更新してください。
0x802092AE -2145348946 DTS_W_ADODESTEXTERNALCOLNOTEXIST %1 はデータベースに存在しません。 削除または名前が変更された可能性があります。 必要に応じて、詳細エディターを使用し、使用できる変換先列を更新してください。
0x802092AF -2145348945 DTS_W_ADODESTNEWEXTCOL %1 という名前の新しい列が外部データベース テーブルに追加されました。 必要に応じて、詳細エディターを使用し、使用できる変換先列を更新してください。
0x8020930C -2145348852 DTS_W_NOMATCHOUTPUTGETSNOROWS 不一致出力に送信される行はありません。 一致するエントリがない行を不一致出力にリダイレクトするように変換を構成するか、不一致出力にアタッチされるデータ フロー変換または変換先を削除してください。
0x8020931B -2145348837 DTS_W_ADODESTINVARIANTEXCEPTION ADO.Net プロバイダーの列挙中に例外を受け取りました。 不変: "%1"。 例外メッセージは "%2" です。
0xC020822C -1071611348 DTS_W_UNMAPPEDOUTPUTCOLUMN %1 はマップされている入力列がありません。
0x930D 37645 DTS_W_EXTERNALTABLECOLSOUTOFSYNC テーブル "%1" は変更されています。 このテーブルに新しい列が追加されている可能性があります。

情報メッセージ

Integration Services の情報メッセージのシンボル名は、 DTS_I_ で始まります。

16 進コード 10 進コード シンボル名 説明
0x4001100A 1073811466 DTS_I_STARTINGTRANSACTION このコンテナーの分散トランザクションを開始しています。
0x4001100B 1073811467 DTS_I_COMMITTINGTRANSACTION このコンテナーで開始された分散トランザクションをコミットしています。
0x4001100C 1073811468 DTS_I_ABORTINGTRANSACTION 現在の分散トランザクションを中止しています。
0x40013501 1073820929 DTS_I_GOTMUTEXFROMWAIT ミューテックス "%1" が正常に取得されました。
0x40013502 1073820930 DTS_I_RELEASEACQUIREDMUTEX ミューテックス "%1" が正常に解放されました。
0x40013503 1073820931 DTS_I_NEWMUTEXCREATED ミューテックス "%1" が正常に作成されました。
0x40015101 1073828097 DTS_I_DUMP_ON_ANY_ERR エラー イベントに対してデバッグ ダンプ ファイルが生成されます。
0x40015102 1073828098 DTS_I_DUMP_ON_CODES 次のイベント コードに対してデバッグ ダンプ ファイルが生成されます: "%1"
0x40015103 1073828099 DTS_I_START_DUMP イベント コード 0x%1!8.8X! により、デバッグ ダンプ ファイルがフォルダー "%2" に生成されました。
0x40015104 1073828100 DTS_I_SSIS_INFO_DUMP SSIS 情報ダンプ ファイル "%1" を作成しています。
0x40015106 1073828102 DTS_I_FINISH_DUMP デバッグ ダンプ ファイルが正常に作成されました。
0x40016019 1073831961 DTS_I_PACKAGEMIGRATED パッケージ形式がバージョン %1!d! から %2!d! に 移行されました。 移行による変更を保持するためにパッケージを保存する必要があります。
0x4001601A 1073831962 DTS_I_SCRIPTSMIGRATED パッケージのスクリプトが移行されました。 移行による変更を保持するためにパッケージを保存する必要があります。
0x40016025 1073831973 DTS_I_FTPRECEIVEFILE ファイル "%1" を受信しています。
0x40016026 1073831974 DTS_I_FTPSENDFILE ファイル "%1" を送信しています。
0x40016027 1073831975 DTS_I_FTPFILEEXISTS ファイル "%1" は既に存在します。
0x40016028 1073831976 DTS_I_FTPERRORLOADINGMSG 内部エラーにより、追加のエラー情報を取得できません。
0x40016036 1073831990 DTS_I_FTPDELETEFILE ファイル "%1" の削除に失敗しました。 このエラーは、ファイルが存在しない場合、ファイル名の綴りが間違っている場合、またはファイルを削除する権限がない場合に発生することがあります。
0x40016037 1073831991 DTS_I_CONFIGFROMREG レジストリ キー "%1" を使用して、パッケージをレジストリ エントリから構成しようとしています。
0x40016038 1073831992 DTS_I_CONFIGFROMENVVAR パッケージを環境変数 "%1" から構成しようとしています。
0x40016039 1073831993 DTS_I_CONFIGFROMINIFILE パッケージを .INI ファイル "%1" から構成しようとしています。
0x40016040 1073832000 DTS_I_CONFIGFROMSQLSERVER 構成文字列 "%1" を使用して、パッケージを SQL Server から構成しようとしています。
0x40016041 1073832001 DTS_I_CONFIGFROMFILE パッケージを XML ファイル "%1" から構成しようとしています。
0x40016042 1073832002 DTS_I_CONFIGFROMPARENTVARIABLE パッケージを親変数 "%1" から構成しようとしています。
0x40016043 1073832003 DTS_I_ATTEMPTINGUPGRADEOFDTS バージョン "%1" から "%2" に SSIS をアップグレードしようとしています。 パッケージは、ランタイムをアップグレードしようとしています。
0x40016044 1073832004 DTS_I_ATTEMPTINGUPGRADEOFANEXTOBJ "%1" をアップグレードしようとしています。 パッケージは、拡張可能なオブジェクトをアップグレードしようとしています。
0x40016045 1073832005 DTS_I_SAVECHECKPOINTSTOFILE パッケージは、実行中にチェックポイントをファイル "%1" に保存します。 パッケージは、チェックポイントを保存するように構成されています。
0x40016046 1073832006 DTS_I_RESTARTFROMCHECKPOINTFILE パッケージは、チェックポイント ファイル "%1" から再開されました。 パッケージは、チェックポイントから再開されるように構成されました。
0x40016047 1073832007 DTS_I_CHECKPOINTSAVEDTOFILE チェックポイント ファイル "%1" が更新され、このコンテナーの完了を記録しました。
0x40016048 1073832008 DTS_I_CHECKPOINTFILEDELETED パッケージが正常に完了した後、チェックポイント ファイル "%1" が削除されました。
0x40016049 1073832009 DTS_I_CHECKPOINTSAVINGTOFILE チェックポイント ファイル "%1" の更新を開始しています。
0x40016051 1073832017 DTS_I_CHOSENMAXEXECUTABLES システムの構成に基づいて、同時実行可能ファイルの最大数は %1!d! に設定されています。
0x40016052 1073832018 DTS_I_MAXEXECUTABLES 同時実行可能ファイルの最大数は %1!d! に設定されています。
0x40016053 1073832019 DTS_I_PACKAGESTART パッケージ実行の開始です。
0x40016054 1073832020 DTS_I_PACKAGEEND パッケージ実行の終了です。
0x40029161 1073910113 DTS_I_FSTASK_DIRECTORYDELETED ディレクトリ "%1" は削除されました。
0x40029162 1073910114 DTS_I_FSTASK_FILEDELETED ファイルまたはディレクトリ "%1" は削除されました。
0x400292A8 1073910440 DTS_I_TRANSFERDBTASK_OVERWRITEDB 転送先サーバー "%2" のデータベース "%1" を上書きしています。
0x4002F304 1073935108 DTS_I_SOMETHINGHAPPENED "%1"。
0x4002F323 1073935139 DTS_I_ERRMSGTASK_SKIPPINGERRORMESSAGEALREADYEXISTS エラー メッセージ "%1" は既に転送先サーバーに存在するので、このエラー メッセージをスキップしています。
0x4002F326 1073935142 DTS_I_ERRMSGTASK_TRANSFEREDNERRORMESSAGES "%1" 個のエラー メッセージが転送されました。
0x4002F351 1073935185 DTS_I_STOREDPROCSTASKS_TRANSFEREDNSPS このタスクで "%1" 個のストアド プロシージャが転送されました。
0x4002F352 1073935186 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_TRANSFEREDNOBJECTS "%1" 個のオブジェクトが転送されました。
0x4002F358 1073935192 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOSPSTOTRANSFER 転送するストアド プロシージャはありません。
0x4002F362 1073935202 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NORULESTOTRANSFER 転送するルールはありません。
0x4002F366 1073935206 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOTABLESTOTRANSFER 転送するテーブルはありません。
0x4002F370 1073935216 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOVIEWSTOTRANSFER 転送するビューはありません。
0x4002F374 1073935220 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOUDFSTOTRANSFER 転送するユーザー定義関数はありません。
0x4002F378 1073935224 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NODEFAULTSTOTRANSFER 転送する既定値はありません。
0x4002F382 1073935234 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOUDDTSTOTRANSFER 転送するユーザー定義データ型はありません。
0x4002F386 1073935238 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOPFSTOTRANSFER 転送するパーティション関数はありません。
0x4002F390 1073935248 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOPSSTOTRANSFER 転送するパーティション構成はありません。
0x4002F394 1073935252 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOSCHEMASTOTRANSFER 転送するスキーマはありません。
0x4002F398 1073935256 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOSQLASSEMBLIESTOTRANSFER 転送する SqlAssemblies はありません。
0x4002F402 1073935362 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOAGGREGATESTOTRANSFER 転送するユーザー定義集計はありません。
0x4002F406 1073935366 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOTYPESTOTRANSFER 転送するユーザー定義型はありません。
0x4002F410 1073935376 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOXMLSCHEMACOLLECTIONSTOTRANSFER 転送する XmlSchemaCollections はありません。
0x4002F418 1073935384 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOLOGINSTOTRANSFER 転送するログインはありません。
0x4002F41D 1073935389 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_NOUSERSTOTRANSFER 転送するユーザーはありません。
0x4002F41E 1073935390 DTS_I_TRANSOBJECTSTASK_TRUNCATINGTABLE テーブル "%1" を切り捨てています
0x40043006 1074016262 DTS_I_EXECUTIONPHASE_PREPAREFOREXECUTE 実行フェーズの準備を開始しています。
0x40043007 1074016263 DTS_I_EXECUTIONPHASE_PREEXECUTE 実行前フェーズを開始しています。
0x40043008 1074016264 DTS_I_EXECUTIONPHASE_POSTEXECUTE 実行後フェーズを開始しています。
0x40043009 1074016265 DTS_I_EXECUTIONPHASE_CLEANUP クリーンアップ フェーズを開始しています。
0x4004300A 1074016266 DTS_I_EXECUTIONPHASE_VALIDATE 検証フェーズを開始しています。
0x4004300B 1074016267 DTS_I_ROWS_WRITTEN "%1" により、%2!ld! 行が キャッシュされました。
0x4004300C 1074016268 DTS_I_EXECUTIONPHASE_EXECUTE 実行フェーズを開始しています。
0x4004800C 1074036748 DTS_I_CANTRELIEVEPRESSURE バッファー マネージャーは、システムの仮想メモリが不足していることを検出しましたが、バッファーをスワップ アウトできませんでした。 %1!d! 個の バッファーが考慮され、%2!d! 個が ロックされました。 メモリの搭載量が不十分なのでパイプラインが十分なメモリを使用できないか、他のプロセスで消費されているか、ロックされているバッファーが多すぎます。
0x4004800D 1074036749 DTS_I_CANTALLOCATEMEMORYPRESSURE バッファー マネージャーは、%3!d! バイトのメモリ割り当て呼び出しに失敗しましたが、 バッファーをスワップ アウトしてメモリの負荷を下げることができませんでした。 %1!d! 個の バッファーが考慮され、%2!d! 個が ロックされました。 メモリの搭載量が不十分なのでパイプラインが十分なメモリを使用できないか、他のプロセスで消費されているか、ロックされているバッファーが多すぎます。
0x4004800E 1074036750 DTS_I_ALLOCATEDDURINGMEMORYPRESSURE メモリ不足が検出され、バッファーのスワップが繰り返し試行されて 失敗しましたが、バッファー マネージャーにより %1!d! バイト割り当てられました。
0x400490F4 1074041076 DTS_I_TXLOOKUP_CACHE_PROGRESS %1 により、%2!d! 行がキャッシュ キャッシュされました。
0x400490F5 1074041077 DTS_I_TXLOOKUP_CACHE_FINAL %1 により、合計 %2!d! 行が キャッシュされました。
0x4020206D 1075847277 DTS_I_RAWSOURCENOCOLUMNS 生データ ソース アダプターでファイルを開きましたが、列がありませんでした。 アダプターではデータは生成されません。 これはファイルが破損しているか、ファイルに列がなくデータがないことを意味する可能性があります。
0x402020DA 1075847386 DTS_I_OLEDBINFORMATIONALMESSAGE OLE DB の情報メッセージがあります。
0x40208327 1075872551 DTS_I_TXFUZZYLOOKUP_EXACT_MATCH_PERF_COLLATIONS_DONT_MATCH 入力列 "%1" の完全結合 FuzzyComparisonFlags が、参照テーブルの列 "%2" の既定の SQL 照合順序に一致するように設定すると、あいまい一致のパフォーマンスが向上する可能性があります。 また、FuzzyComparisonFlagsEx に、FuzzyComparisonFlags と重ならないフラグを設定する必要があります。
0x40208328 1075872552 DTS_I_TXFUZZYLOOKUP_EXACT_MATCH_PERF_INDEX_MISSING 指定されたすべての完全一致列の参照テーブルでインデックスを作成すると、あいまい一致のパフォーマンスが向上する可能性があります。
0x40208387 1075872647 DTS_I_DISPSNOTREVIEWED エラー処理および切り捨て処理が確認されませんでした。 行をさらに転送する場合は、このコンポーネントがエラー出力に行をリダイレクトするように構成されていることを確認してください。
0x402090DA 1075876058 DTS_I_TXAGG_WORKSPACE_REHASH 集計変換により、キーの組み合わせが %1!d! 個 検出されました。 キーの組み合わせの数が予期された数よりも多いので、データを再ハッシュする必要があります。 コンポーネントは、Keys、KeyScale、および AutoExtendFactor プロパティを調整することで、データを再ハッシュしない構成にすることができます。
0x402090DB 1075876059 DTS_I_TXAGG_COUNTDISTINCT_REHASH 集計変換により、キーの組み合わせが %1!d! 個 %1!d! 個の個別の値が検出されました。 個別の値の数が予期された数よりも多いので、変換でデータが再ハッシュされます。 コンポーネントは、CountDistinctKeys、CountDistinctKeyScale、および AutoExtendFactor プロパティを調整することで、データを再ハッシュしない構成にすることができます。
0x402090DC 1075876060 DTS_I_STARTPROCESSINGFILE ファイル "%1" の処理が開始されました。
0x402090DD 1075876061 DTS_I_FINISHPROCESSINGFILE ファイル "%1" の処理が終了しました。
0x402090DE 1075876062 DTS_I_TOTALDATAROWSPROCESSEDFORFILE ファイル "%1" に対して処理されたデータ行の合計数は %2!I64d! です。
0x402090DF 1075876063 DTS_I_FINALCOMMITSTARTED "%1" にデータを挿入するための最後のコミットを開始しました。
0x402090E0 1075876064 DTS_I_FINALCOMMITENDED "%1" にデータを挿入するための最後のコミットが終了しました。
0x402090E1 1075876065 DTS_I_BEGINHASHINGCACHE %1!u! 行がキャッシュに追加されます。 システムはその行を処理しています。
0x402090E2 1075876066 DTS_I_SUCCEEDEDHASHINGCACHE %1 により、キャッシュ内で %2!u! 行を 処理しました。 処理時間は %3 秒でした。 キャッシュは %4!I64u! バイトのメモリを 使用しました。
0x402090E3 1075876067 DTS_I_FAILEDHASHINGCACHE %1 により、キャッシュ内の行を処理できませんでした。 処理時間は %2 秒でした。
0x402090E4 1075876068 DTS_I_SUCCEEDEDPREPARINGCACHE %1 により、キャッシュの準備に成功しました。 準備時間は %2 秒でした。
0x40209314 1075876628 DTS_I_TXLOOKUP_PARTIALPERF %1 は次の操作を実行しました: %2!I64u! 行の処理、 参照データベースへの %3!I64u! データベース コマンドの発行、部分的なキャッシュを使用した %4!I64u! 参照。
0x40209315 1075876629 DTS_I_TXLOOKUP_PARTIALPERF2 %1 は次の操作を実行しました: %2!I64u! 行の処理、 参照データベースへの %3!I64u! データベース コマンドの発行、 部分的なキャッシュを使用した %4!I64u! 参照、 および初期の参照に一致するエントリがない行のキャッシュを使用した %5!I64u! 参照。
0x40209316 1075876630 DTS_I_CACHEFILEWRITESTARTED %1 により、ファイル "%2" にキャッシュを書き込んでいます。
0x40209317 1075876631 DTS_I_CACHEFILEWRITESUCCEEDED %1 により、ファイル "%2" にキャッシュを書き込みました。
0x4020F42C 1075901484 DTS_I_OLEDBDESTZEROMAXCOMMITSIZE OLE DB 変換先 "%1" の挿入コミット サイズの最大値プロパティは 0 に設定されています。 このプロパティの設定により、実行中のパッケージは応答を停止する可能性があります。 詳細については、[OLE DB 変換先エディター] ([接続マネージャー] ページ) の F1 ヘルプ トピックを参照してください。

一般的なメッセージおよびイベント メッセージ

Integration Services のエラー メッセージのシンボル名は、 DTS_MSG_ で始まります。

16 進コード 10 進コード シンボル名 説明
0x1 1 DTS_MSG_CATEGORY_SERVICE_CONTROL 関数が正しくありません。
0x2 2 DTS_MSG_CATEGORY_RUNNING_PACKAGE_MANAGEMENT 指定されたファイルが見つかりません。
0x100 256 DTS_MSG_SERVER_STARTING Microsoft SSIS サービスを起動しています。

サーバーのバージョン %1
0x101 257 DTS_MSG_SERVER_STARTED Microsoft SSIS サービスが開始されました。

サーバーのバージョン %1
0x102 258 DTS_MSG_SERVER_STOPPING 待ち操作がタイムアウトになりました。
0x103 259 DTS_MSG_SERVER_STOPPED データはこれ以上ありません。
0x104 260 DTS_MSG_SERVER_START_FAILED Microsoft SSIS サービスを開始できませんでした。

エラー: %1
0x105 261 DTS_MSG_SERVER_STOP_ERROR Microsoft SSIS サービスの停止中にエラーが発生しました。

エラー: %1
0x110 272 DTS_MSG_SERVER_MISSING_CONFIG Microsoft SSIS サービス構成ファイルが存在しません。

既定の設定を使用して読み込んでいます。
0x111 273 DTS_MSG_SERVER_BAD_CONFIG Microsoft SSIS サービス構成ファイルが正しくありません。

構成ファイルの読み取り中にエラーが発生しました: %1

既定の設定を使用してサーバーを読み込んでいます。
0x112 274 DTS_MSG_SERVER_MISSING_CONFIG_REG Microsoft SSIS サービス:

構成ファイルを指定するレジストリ設定がありません。

既定の構成ファイルを読み込もうとしています。
0x150 336 DTS_MSG_SERVER_STOPPING_PACKAGE Microsoft SSIS サービス: 実行中のパッケージを停止しています。

パッケージ インスタンス ID: %1

パッケージ ID: %2

パッケージ名: %3

パッケージの説明: %4

パッケージを起動したユーザー: %5。
0x40013000 1073819648 DTS_MSG_PACKAGESTART パッケージ "%1" が起動されました。
0x40013001 1073819649 DTS_MSG_PACKAGESUCCESS パッケージ "%1" が正常に完了しました。
0x40013002 1073819650 DTS_MSG_PACKAGECANCEL パッケージ "%1" は取り消されました。
0x40013003 1073819651 DTS_MSG_PACKAGEFAILURE パッケージ "%1" は失敗しました。
0x40013004 1073819652 DTS_MSG_CANTDELAYLOADDLL エラー %4 により、モジュール %1 は、DLL %2 を読み込んでエントリ ポイント %3 を呼び出すことができません。 製品では、この DLL を実行する必要がありますが、DLL がパスに見つかりませんでした。
0x40013005 1073819653 DTS_MSG_CANTDELAYLOADDLLFUNCTION エラー %4 により、モジュール %1 は DLL %2 を読み込みましたが、エントリ ポイント %3 を見つけることができません。 指定した DLL がパスに見つかりませんでした。製品では、この DLL を実行する必要があります。
0x40103100 1074802944 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x40103101 1074802945 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_PREEXECUTE イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x40103102 1074802946 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_POSTEXECUTE イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x40103103 1074802947 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_PREVALIDATE イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x40103104 1074802948 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_POSTVALIDATE イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x40103105 1074802949 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_WARNING イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x40103106 1074802950 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_ERROR イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x40103107 1074802951 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_TASKFAILED イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x40103108 1074802952 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_PROGRESS イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x40103109 1074802953 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_EXECSTATCHANGE イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x4010310A 1074802954 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_VARVALCHANGE イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x4010310B 1074802955 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_CUSTOMEVENT イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x4010310C 1074802956 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_PACKAGESTART イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x4010310D 1074802957 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_PACKAGEEND イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8
0x4010310E 1074802958 DTS_MSG_EVENTLOGENTRY_INFORMATION イベント名: %1

メッセージ: %9

演算子: %2

ソース名: %3

ソース ID: %4

実行 ID: %5

開始時刻: %6

終了時刻: %7

データ コード: %8

成功時のメッセージ

Integration Services の成功時のメッセージのシンボル名は、 DTS_S_ で始まります。

16 進コード 10 進コード シンボル名 説明
0x40003 262147 DTS_S_NULLDATA 値が NULL です。
0x40005 262149 DTS_S_TRUNCATED 文字列値が切り捨てられました。 バッファーで列には長すぎる文字列を受け取ったため、バッファーにより文字列が切り捨てられました。
0x200001 2097153 DTS_S_EXPREVALTRUNCATIONOCCURRED 式の評価中に切り捨てが発生しました。 評価中に切り捨てが発生しました。たとえば、中間手順のある時点で発生した可能性があります。

データ フロー コンポーネントのエラー メッセージ

Integration Services のエラー メッセージのシンボル名は、 DTSBC_E_ で始まります。"BC" は、ほとんどの Microsoft データ フロー コンポーネントが派生しているネイティブ基本クラスであることを示します。

16 進コード 10 進コード シンボル名 説明
0xC8000002 -939524094 DTSBC_E_INCORRECTEXACTNUMBEROFTOTALOUTPUTS 出力とエラー出力の合計件数 %1!lu! が正しくありません。 正しくは、%2!lu! 件である必要があります。
0xC8000003 -939524093 DTSBC_E_FAILEDTOGETOUTPUTBYINDEX インデックス %1!lu! で出力を取得できません。
0xC8000005 -939524091 DTSBC_E_INCORRECTEXACTNUMBEROFERROROUTPUTS エラー出力の件数 %1!lu! が正しくありません。 正しくは、%2!lu! 件である必要があります。
0xC8000006 -939524090 DTSBC_E_INVALIDVALIDATIONSTATUSVALUE 検証状態値 "%1!lu!" が正しくありません ". 値は DTSValidationStatus 列挙に見つかったいずれかの値である必要があります。
0xC8000007 -939524089 DTSBC_E_INPUTHASNOOUTPUT 入力 "%1!lu!" には、同期出力はありません。
0xC8000008 -939524088 DTSBC_E_INPUTHASNOERROROUTPUT 入力 "%1!lu!" には、同期エラー出力はありません。
0xC8000009 -939524087 DTSBC_E_INVALIDHTPIVALUE HowToProcessInput 値 %1!lu! が無効です。 この値は、HowToProcessInput 列挙のいずれかの値である必要があります。
0xC800000A -939524086 DTSBC_E_FAILEDTOGETCOLINFO バッファーから行 "%1!ld!"、列 "%2!ld!" の情報を取得できませんでした。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。
0xC800000B -939524085 DTSBC_E_FAILEDTOSETCOLINFO 行 "%1!ld!"、列 "%2!ld!" の情報をバッファーに設定できませんでした。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。
0xC800000C -939524084 DTSBC_E_INVALIDPROPERTY プロパティ "%1" が無効です。
0xC800000D -939524083 DTSBC_E_PROPERTYNOTFOUND プロパティ "%1" が見つかりませんでした。
0xC8000010 -939524080 DTSBC_E_READONLYPROPERTY 値を読み取り専用プロパティ "%1" に割り当てるときにエラーが発生しました。
0xC8000011 -939524079 DTSBC_E_CANTINSERTOUTPUTCOLUMN %1 では出力列を挿入できません。
0xC8000012 -939524078 DTSBC_E_OUTPUTCOLUMNSMETADATAMISMATCH 出力列のメタデータは、関連付けられている入力列のメタデータと一致しません。 出力列のメタデータが更新されます。
0xC8000013 -939524077 DTSBC_E_OUTPUTCOLUMNSMISSING 出力列に関連付けられていない入力列があります。 出力列が追加されます。
0xC8000014 -939524076 DTSBC_E_TOOMANYOUTPUTCOLUMNS 入力列に関連付けられていない出力列があります。 出力列が削除されます。
0xC8000015 -939524075 DTSBC_E_OUTPUTCOLUMNSMETADATAMISMATCHUNMAP 出力列のメタデータは、関連付けられている入力列のメタデータと一致しません。 入力列はマップ解除されます。
0xC8000016 -939524074 DTSBC_E_UNMAPINPUTCOLUMNS 出力列に関連付けられていない入力列があります。 入力列はマップ解除されます。
0xC8000017 -939524073 DTSBC_E_MULTIPLEINCOLSTOOUTCOL 同じ入力で、入力列が関連付けられている出力列に対して、別の入力列が既に関連付けられています。
0xC8000018 -939524072 DTSBC_E_CANTINSERTEXTERNALMETADATACOLUMN %1 では外部メタデータ列を挿入できません。