ODBC Visual FoxPro セットアップ ダイアログ ボックス

[ODBC Visual FoxPro セットアップ] ダイアログ ボックスを使用すると、Visual FoxPro データ ソースを追加または変更できます。

ドライバーをダウンロードするには、 Visual FoxPro ODBC ドライバーのダウンロード サイトを参照してください。

ダイアログ ボックス オプション

データ ソース名
データ ソースに使用する名前を入力します。

説明
データ ソースの説明を入力します。

データベースの種類
データ ソースに接続するデータベースの種類を選択できます。

Visual FoxPro データベース (.DBC)
データ ソースが Visual FoxPro データベース (.dbc ファイル) と データベース 内のすべてのテーブルとローカル ビューに接続することを指定します。

Free Table ディレクトリ
データ ソースが空きテーブルのディレクトリに接続することを指定 します。 同じディレクトリ内の データベース テーブルは、 SQLColumnsSQLTable などの ODBC カタログ関数によって無視されます。 データベース テーブルには、SQLExecuteSQLExecDirect を介して送信された SELECT ステートメントSQL使用してアクセスできます。

パス
データベースのパスと名前、またはデータ ソースが接続する空きテーブルのディレクトリを表示します。

[参照]
データ ソースを接続するデータベースまたはディレクトリをシステムとネットワークで検索できます。

[オプション]
Visual FoxPro ODBC Driver オプションを設定できるように、ダイアログ ボックスを展開します。

Driver

照合順序
フィールドが並べ替えられるシーケンス。 既定のシーケンスには、オペレーティング システムの言語バージョンでサポートされているシーケンスが反映されます。 サポートされている照合順序の一覧については、 SET COLLATE を参照してください。

[排他]
このチェック ボックスをオンにすると、データ ソースを使用してデータにアクセスするときに、ドライバーによって Visual FoxPro データベースが排他的に開きます。 データベースが排他的に開かれている間、他のユーザーはデータベースまたはデータベース内のテーブルにアクセスできません。 排他的に開かれたデータベース内のテーブルは SHARED として開かれます。 テーブルを排他的に開くには、 SET EXCLUSIVE コマンドを使用します。 データベースの種類Free Table ディレクトリに設定されている場合、このチェック ボックスは無効になります。

Null
ALTER TABLE と CREATE TABLE を使用して作成された列で null 値を許可するかどうかを決定します。 Null ON を設定した場合、INSERT - SQLは INSERT - SQL.. に含まれていない列に null 値を挿入します。VALUE 句。 Null が OFF の場合、空白が挿入されます。 次のコードのように、渡された接続文字列を使用してこのオプションを制御することもできます。

strCon = "DRIVER=MICROSOFT VISUAL FOXPRO DRIVER;  
SOURCETYPE=DBC;SOURCEDB=D:\Testdata.dbc;BACKGROUNDFETCH=NO;NULL=NO"  

削除済み
削除済みとしてマークされた行が返されるかどうかを決定します。 次のコードのように、渡された接続文字列を使用してこのオプションを制御することもできます。

strCon = "DRIVER=MICROSOFT VISUAL FOXPRO DRIVER;  
SOURCETYPE=DBC;SOURCEDB=D:\Testdata.dbc;BACKGROUNDFETCH=NO;  
DELETED=YES"  

バックグラウンドでデータをフェッチする
レコードをバックグラウンドでフェッチするか (プログレッシブ フェッチ)、またはアプリケーションが結果セット内のすべてのレコードがフェッチされるまで待機するかを決定します。