CPU Threshold Exceeded イベント クラス

適用対象:データベース Azure SQL Managed Instance Azure SQL SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

CPU Threshold Exceeded イベント クラスは、REQUEST_MAX_CPU_TIME_SEC に指定されている CPU しきい値を超えるクエリがリソース ガバナーによって検出されたことを示します。

注意

このイベントの検出間隔は 5 秒です。 クエリが指定の制限を超えた時間が 5 秒以上の場合は、このイベントの生成が保証されます。 クエリが指定のしきい値を超えた時間が 5 秒未満の場合、クエリのタイミングと前回の検出スイープの時間によっては検出されない場合もあります。

CPU Threshold Exceeded のデータ列

データ列名 データ型 説明 列 ID フィルターの適用
CPU int CPU 使用率 (ミリ秒単位)。 18 はい
EventClass int 214 27 いいえ
EventSubClass int CPU 制限違反。 21 はい
GroupID int 違反が発生したグループ ID。 66 はい
OwnerID int 違反の原因となったプロセスの SPID。 58 はい
SPID int このイベントを発生させたサーバー プロセスの ID。

注: システム スレッドが CPU 使用率をバックグラウンド タスクとして検証する場合は、この ID が実際のユーザー SPID と異なることがあります。
12 はい
StartTime datetime このイベントが発生した時刻。 14 はい

参照

sp_trace_setevent (Transact-SQL)