SQL Server Native Client (OLE DB) インターフェイス

適用対象: SQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Database Azure SQL Managed Instance Azure Synapse Analytics Analytics Platform System (PDW)

重要

SQL Server Native Client (多くの場合、SNAC) は、SQL Server 2022 (16.x) および SQL Server Management Studio 19 (SSMS) から削除されました。 SQL Server Native Client OLE DB プロバイダー (SQLNCLI または SQLNCLI11) と従来の Microsoft OLE DB Provider for SQL Server (SQLOLEDB) は、新しい開発にはお勧めしません。 今後SQL Server、新しい Microsoft OLE DB Driver (MSOLEDBSQL) に切り替えます。

SQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、SQL Serverを実行している 1 つ以上のコンピューター上のデータにアクセスするコンシューマーにインターフェイスを公開します。 SQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、OLE DB バージョン 2.0 準拠のプロバイダーです。

このSQL Server Native Client OLE DB プロバイダー プログラミング リファレンスでは、すべての OLE DB インターフェイスとメソッドが文書化されるわけではありません。OLE DB プロバイダーを使用する場合、プロバイダー固有の動作を示すインターフェイスとメソッドのみが文書化SQL Server Native Client。

OLE DB の中核となるインターフェイスやメソッドの完全な説明については、OLE DB のプログラマー リファレンスに関するページをご覧ください。

このセクションの内容

参照

SQL Server Native Client (OLE DB)