SQL Server 管理オブジェクト (SMO) プログラミング ガイド

適用対象:Database Azure SQL Managed Instance Azure Synapse Analytics Azure SQL SQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

SQL Server管理オブジェクト (SMO) は、Microsoft SQL Serverの管理のすべての側面をプログラミングするために設計されたオブジェクトのコレクションです。 SQL Server レプリケーション管理オブジェクト (RMO) は、レプリケーション管理SQL Serverカプセル化するオブジェクトのコレクションです。

トピック 説明
SMO の概要 SMO アプリケーションの開発を開始する方法について説明します
SMO プログラムの作成

プログラミング特有のタスク
Microsoft.SqlServer.management、Microsoft.SqlServer.Management.NotificationServices、Microsoft.SqlServer.Management.Smo、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Agent、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Broker、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Mail、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.RegisteredServers、Microsoft.SqlServer.Management.Smo.Wmi、および Microsoft.SqlServer.Management.Trace 名前空間内の SMO オブジェクトのプログラミングについての情報を提供します。

これには、データベースを定義し、SQL Serverを管理するプログラムを記述する手順が含まれます。 SMO を使用すると、データベースの作成、バックアップの実行、ジョブの作成、SQL Serverの構成、アクセス許可の割り当て、その他の多くの管理タスクの実行を行うことができます。
レプリケーション開発者のドキュメント Microsoft.SqlServer.Replication 名前空間内の RMO オブジェクトのプログラミングについての情報を提供します。

関連項目

レプリケーション開発者のドキュメント