sp_helparticlecolumns (Transact-SQL)

適用対象: SQL Server Azure SQL Managed Instance

基になるテーブル内のすべての列を返します。 このストアド プロシージャは、パブリッシャー側のパブリケーション データベースで実行されます。 Oracle パブリッシャーの場合、このストアド プロシージャは、任意のデータベースのディストリビューターで実行されます。

Transact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_helparticlecolumns [ @publication = ] 'publication'   
        , [ @article = ] 'article'  
    [ , [ @publisher = ] 'publisher' ]  

引数

[ @publication = ] 'publication' アーティクルを含むパブリケーションの名前を指定します。 publicationsysname で、既定値はありません。

[ @article = ] 'article' 列が返されるアーティクルの名前を指定します。 articlesysname で、既定値はありません。

[ @publisher = ] 'publisher'Microsoft 以外の SQL Server Publisher を指定します。 publishersysname で、既定値は NULL です。

Note

要求されたアーティクルが SQL Server パブリッシャーによって発行される場合は、publisher を指定しないでください。

リターン コードの値

0 (発行されていない列) または 1 (パブリッシュされた列)

結果セット

列名 データ型 説明
列 ID int 列の識別子です。
column sysname 列の名前です。
公開 bit 列をパブリッシュしたかどうかを示します。

0 = いいえ

1 = はい
パブリッシャーの種類 sysname パブリッシャーの列のデータ型。
サブスクライバーの種類 sysname サブスクライバーの列のデータ型。

解説

sp_helparticlecolumns は、スナップショット レプリケーションとトランザクション レプリケーションで使用されます。

sp_helparticlecolumns は、垂直パーティションのチェックに役立ちます。

アクセス許可

sysadmin 固定サーバー ロール、db_owner固定データベース ロール、または現在のパブリケーションのパブリケーション アクセス リストのメンバーのみが、sp_helparticlecolumns実行できます。

参照

列フィルターの定義および変更
sp_addarticle (Transact-SQL)
sp_articlecolumn (Transact-SQL)
sp_changearticle (Transact-SQL)
sp_droparticle (Transact-SQL)
sp_droppublication (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)