Share via


SSMA for Oracle クライアントのインストール (OracleToSQL)

SSMA クライアントは、次のタスクを実行するプログラム ファイルで構成されます。

  • Oracle データベースに接続します。
  • SQL Server のインスタンスに接続します。
  • Oracle データベース オブジェクトを Microsoft SQL に変換する
  • SQL Server にオブジェクトを読み込みます。
  • Linux 上の SQL Server にデータを移行する

この記事では、インストールの前提条件と SSMA をインストールするための手順について説明します。

前提条件

SSMA は、Oracle 9 以降のバージョンと SQL Server のすべてのエディションで動作するように設計されています。

SSMA をインストールする前に、コンピューターが次の要件を満たしていることを確認します。

  • Windows 7 以降のバージョン、または Windows サーバー 2008 以降のバージョン。
  • Microsoft Windows インストーラー 3.1 以降のバージョン。
  • Microsoft .NET Framework バージョン 4.7.2 またはそれ以降。 これは、.NET Framework デベロッパー センターから入手できます。
  • 移行する Oracle データベースへの接続。
  • データベース オブジェクトとデータを移行する SQL Server または Azure SQL Database のターゲット インスタンスをホストするコンピューターへのアクセスと十分なアクセス許可。 詳細については、「SQL サーバーへの接続] (OracleToSQL)」を参照してください。
  • 4 GB の RAM を推奨

Oracle クライアントの SSMA のインストール

SSMA は Web ダウンロードです。 最新バージョンをダウンロードするには、「SQL Server Migration Assistant のダウンロード ページ」を参照してください。

iOS Beta クライアントをインストールするには:

  1. SSMAforOracle_n.msi をダブルクリックします。n はビルド番号です。

  2. [ようこそ] ページで [次へ] をクリックします。

    前提条件がインストールされていない場合は、必須コンポーネントを最初にインストールする必要があることを示すメッセージが表示されます。 すべての前提条件がインストールされていることを確認し、インストール プログラムをもう一度実行します。

  3. エンド ユーザー ライセンス契約に同意します。 同意する場合は、[同意する] を選択し、[次へ を選択します。

  4. [セットアップの種類の選択] ページで、[標準] を選択します。

  5. [インストールの準備完了] ページでは、ツールが開始するたびに利用統計情報と自動更新チェックを有効または無効にすることができます。 [インストール] を選択すると、インストールが開始されます。

重要

新しいバージョンをインストールする前に、以前のバージョンの SSMA for Oracle をすべてアンインストールしてください。

既定のインストール場所は C:\Program Files\Microsoft SQL Server Migration Assistant for Oracle です。

SSMA プログラム ファイルに加えて、SSMA for Oracle 拡張機能パックも SQL Server にインストールする必要があります。 詳細については、「SQL Server に SSMA コンポーネントのインストール」を参照してください。

関連項目