Surface Hub 2S のポート/キーパッド概要

このページでは、有線、Wi-Fi、または Bluetooth メソッドを使用して Surface Hub 2S に接続するために不可欠なポート、物理ボタン、および構成情報について説明します。 また、主要な接続シナリオに関するベスト プラクティスの推奨事項も含まれています。

注意

シリアル番号は、パッケージの外側、電源コードによるディスプレイ、または Surface アプリを使用して確認できます。

次の図は、デバイスの下端に接続されたキーパッドのポートと物理ボタンの場所を示しています。 表には、各要素の詳細な説明が含まれています。

I/O 接続と物理ボタンの前面と下側のビュー。

ポートとキーパッドのコンポーネントリファレンス

キー コンポーネント 説明 主なパラメーター
1 USB C USB 3.1 Gen 1
サム ドライブなどの周辺機器を接続するウォークアップ ポートとして使用します。 ゲスト ポートはデバイスの各側にあります (4)。

注: これは、外部カメラを接続するための推奨ポートです。 追加のカメラ マウント機能がデザインに組み込まれるので、接続されているカメラの保持をサポートできます。

注: これらのポートでは、TouchBack とビデオの取り込みはサポートされていません。
タイプ C

15 W ポート (5V/3A)
2 AC 電源 100 ~ 240 V の入力
Connect AC 電源と Surface Hub 2S は、米国とカナダの 110 ボルトまたは英国の 220 ボルトなどのローカル電力標準に自動的に切り替えます。
IEC 60320 C14
3 DC 電源 24V DC 入力ポート
モバイル バッテリーへの接続に使用します。
Xbox1 デュアル バレルからアンダーソン コネクタ
4 Ethernet 1000/100/10 Base-T
企業環境と、最大の安定性または容量を必要とする関連シナリオで継続的な接続を提供するために使用します。
RJ45
5 USB-A USB 3.1 Gen 1
サム ドライブなどの周辺機器を接続するウォークアップ ポートとして使用します。
タイプ A
7.5 W ポート (5V/1.5A)
6 USB-C USB 3.1 Gen 1
外部 PC や関連デバイスを接続したり、サム ドライブなどの周辺機器を接続したりするためのウォークアップ ポートとして使用します。

注: これは、ビデオ、TouchBack、InkBack に推奨される入力ポートです。
タイプ C
18 W ポート (5V/3A、9V/2A)
7 HDMI-in HDMI 2.0、HDCP 2.2 /1.4
HDMI から HDMI へのゲスト入力を含む複数のシナリオに使用します。
標準 HDMI
8 ミニ DP-out ミニ DP 1.2 出力
2S ディスプレイを大きなプロジェクターにミラーリングSurface Hubビデオ出力シナリオに使用します。

注: これは、3840 x 2160 (4K UHD) の最大解像度をサポート@60Hz。
ミニ DP
9 Source 接続されているインジェスト ソース (外部 PC、HDMI、ミニ DP モード) を切り替える場合に使用します。 n/a
10 Volume +/- を使用して、デバイス上でオーディオをローカルに調整します。

注: 明るさコントロールに移動する場合は、音量スライダーで +/- を使用して表示の明るさを制御します。
n/a
11 Power 電源デバイスのオン/オフ。
表示メニューを移動し、アイテムを選択する場合にも使用します。
n/a

ワイヤレス、オーディオ、および関連コンポーネントの背面&ビュー。