まとめ

完了

Custom Vision サービスを使用すると、カスタム画像分類モデルの作成と AI ソリューションのデプロイのプロセスが簡略化されます。 このサービスを使用すれば、ディープ ラーニング手法に関する最小限の知識でプロセスを自動化できます。

Custom Vision サービスの詳細については、サービスに関するドキュメントを参照してください。

クリーンアップ

プロジェクトの最後に、作成したリソースがまだ必要かどうかを確認することをお勧めします。 リソースを実行したままにすると、お金がかかる場合があります。

このラーニング パスの他のモジュールに進む場合は、リソースを他のラボで使用できるように保持することができます。

学習を終了した場合は、Azure サブスクリプションからリソース グループまたは個々のリソースを削除できます。

  1. Azure portal[リソース グループ] ページで、リソースの作成時に指定したリソース グループを開きます。

  2. [リソース グループの削除] をクリックし、リソース グループ名を入力して削除することを確認し、[削除] を選択します。 また、リソースを選択し、3 つのドットをクリックしてその他のオプションを表示し、[削除] をクリックすることで、個々のリソースを削除することもできます。