Microsoft 認証ライブラリを使用して認証を実装する

中級
開発者
SDK

Microsoft 認証ライブラリを使用して認証を実装する方法について説明します。

学習の目的

このモジュールを終了すると、次のことができるようになります。

  • Microsoft 認証ライブラリを使用する利点と、それによってサポートされるアプリケーションの種類およびシナリオについて説明する
  • コードからパブリックおよび機密クライアント アプリの両方をインスタンス化する
  • アプリを Microsoft ID プラットフォーム登録する
  • MSAL.NET ライブラリを使用してトークンを取得するアプリを作成する

前提条件

  • 開発者向けの概念と用語について理解している必要があります。
  • クラウド コンピューティングに関する理解と、ある程度の Azure portal に関する経験。