Bicep と GitHub Actions を使用して複数の環境を管理する

中級
DevOps エンジニア
開発者
管理者
Azure Resource Manager
GitHub

Bicep コードを複数の環境にデプロイすることで、デプロイの品質を向上させます。 再利用可能なワークフローを使用して、コードの重複を減らし、各環境のパラメーター値を設定します。

学習の目的

このモジュールを終了すると、次のことができるようになります。

  • ワークフローから複数の Azure 環境に Bicep ファイルをデプロイする
  • 再利用可能なワークフローを使用して、繰り返しを回避する
  • 環境ごとのパラメーターを使用し、セキュリティで保護する

前提条件

次の使用方法について理解している必要があります。

  • Bicep。基本のファイル、パラメーター ファイル、プレフライト検証、What-If 操作の作成とデプロイを含む。
  • Azure (Azure portal、サブスクリプション、リソース グループ、リソースなど)。
  • 基本的な Git コマンド (クローン、ファイルのコミット、GitHub への変更のプッシュなど)。
  • ジョブやシークレットなど、GitHub Actions を使用したワークフロー。

このモジュールの演習を進めるには、次が必要です。

  • リソース グループおよび Azure Active Directory アプリケーションを作成できる Azure アカウント。
  • GitHub アカウント。

また、以下がローカルにインストールされている必要もあります。