ソリューション アーキテクト シリーズ: Power Apps のアーキテクチャを確認する

上級
ソリューション アーキテクト
Power Apps
Microsoft Power Platform
Microsoft Dataverse

注意

初の公式 Microsoft Power Platform カンファレンスにご参加ください。 このイベントには、Microsoft のシニア ソート リーダー、ソフトウェア エンジニア、コミュニティ エキスパートが多数登場します。これらはすべて、人とテクノロジの統合に焦点を当てています。 エキサイティングで楽しい対面のエクスペリエンスを、ぜひご体験ください。

今すぐ登録

ソリューション アーキテクトは、ソリューションの全体的な設計を担当します。 ソリューションのためのアプリを設計する際に Power Apps の機能の理解は不可欠です。 このモジュールでは、異なるタイプのアプリ、アプリ間の違い、およびアプリを使用するタイミングとどのタイプのアプリを使用するかについて説明します。

学習の目的

このモジュールの内容は次のとおりです。

  • アプリのオプションと開始場所の選択方法について確認する。
  • アプリ構成オプションについて確認する。
  • アプリのアーキテクチャの一部としてコンポーネントを使用する方法について説明する。
  • アーキテクチャにアプリとして Power Apps ポータルを含めるタイミングについて確認する。

前提条件

ジュニア ソリューション アーキテクト、シニア業務コンサルタント、またはシニア開発者として、Microsoft Power Platform のプロジェクトでの作業を体験する。