Power Apps のモデル駆動型アプリケーションを作成する

初級
ビジネス ユーザー
機能コンサルタント
アプリ作成者
Microsoft Power Platform
Power Apps

このラーニング パスでは、Dataverse を使用するモデル駆動型アプリを Power Apps で作成する手順について説明します。

このラーニング パスは、Microsoft Certified: Microsoft Power Platform App Maker Associate 認定資格 を受ける準備をする上で役に立ちます。

前提条件

  • Power Apps、Excel、Power Automate に関する知識。

このラーニング パス内のモジュール

コードを極力使用せずにアプリをすばやく作成したいと思いませんか? このモジュールでは、Dataverse とモデル駆動型アプリの構成要素に焦点を当てます。 これらの主要なコンポーネントは、組織内の簡単なビジネス アプリを構築するのに役立ちます。

Dataverse では、ビジネス アプリケーションで使用するデータを安全に保存し、管理することができます。 Dataverse 内の標準エンティティとカスタム テーブルには、セキュリティで保護されたクラウド ベースのデータ用ストレージ オプションが用意されています。

モデル駆動型アプリの設計は、アプリにすばやくコンポーネントを追加することに重点を置いた方法です。 これらのコンポーネントには、ダッシュボード、フォーム、ビュー、グラフが含まれます。 コードがないか、ほとんどなくても、単純なアプリや非常に複雑なアプリを作成できます。

このモジュールでは、モデル駆動型アプリで使用できるフォーム、グリッド、ビュー、グラフ、およびダッシュボードについて説明します。