SC-200: Microsoft Defender for Cloud を使用して脅威を軽減する

中級
セキュリティ運用アナリスト
Azure
Azure Security Center

Azure、ハイブリッド クラウド、およびオンプレミスのワークロード保護とセキュリティ向けの Microsoft Defender for Cloud を使用します。 このラーニング パスは、試験 SC-200: マイクロソフト セキュリティ運用アナリストに準拠しています。

前提条件

  • Azure サービス (特に Azure SQL Database と Azure Storage) の知識
  • Azure 仮想マシンと仮想ネットワークの知識
  • コンピューター ネットワークに関する基本的な知識

このラーニング パス内のモジュール

Microsoft Defender for Cloud の目的と、システムを有効にする方法について説明します。

さまざまな Azure 資産を Microsoft Defender for Cloud に接続して脅威を検出する方法について説明します。

Microsoft Defender for Cloud の機能をハイブリッド環境に追加する方法について説明します。

Microsoft Defender for Cloud、Cloud Security Posture Management (CSPM) では、脆弱なリソースを可視化して強化するためのガイダンスを提供します。

各クラウド ワークロードに対して Microsoft Defender for Cloud によって提供される保護と検出について説明します。

Microsoft Defender for Cloud でセキュリティ アラートを修復する方法について学習します。